千葉の『街の屋根やさん』は千葉 市原 袖ヶ浦 木更津 君津を中心に 千葉県全域で屋根工事や屋根リフォーム、軽微な屋根の修理、屋根の塗り替え(屋根塗装)、古くなった屋根の葺き替え工事(屋根葺き替え)をおこなっています。
街の屋根やさん千葉

点検・調査・お見積りなど無料で承ります!お気軽にお問い合わせください

電話 お電話でのお問い合わせ[8時30分~20時まで受付]
0120-989-936
メール メールでのお問い合わせ
24時間受付
ホーム 施工事例一覧 会社概要 施工の流れ 屋根工事の種類 屋根の豆知識 屋根お役立ち情報 本日の現場ブログ お客様の声 お問い合わせ
お客様の声
施工事例
現場ブログ
専門家が教える屋根の基礎知識
専門家が教える
屋根の基礎知識
街の屋根やサンの施工実績
街の屋根やさん
施工実績
 下に挙げたものは、1999年5月~2024年3月までに街の屋根やさんが直接施工した件数と地域です。小規模な屋根修理から大規模な屋根の葺き替え、一般のお住まいだけでなく大きな工場等の建築物の屋根にも幅広く対応しております。
最近の屋根工事事例やお客様の声は右側の各種メニューからご覧ください。

東葛飾エリア
市川市・・525
松戸市・・356
習志野市・・205
流山市・・137
鎌ヶ谷市・・190
船橋市・・597
野田市・・157
柏市・・252
我孫子市・・124
浦安市・・233


北総エリア
銚子市・・84
佐倉市・・211
四街道市・・182
印西市・・138
富里市・・214
香取市・・131
成田市・・306
旭市・・198
八街市・・409
白井市・・201
匝瑳市・・120
印旛郡酒々井町・・101
印旛郡印旛村・・13
印旛郡本埜町・・14
印旛郡栄町・・39
香取郡神崎町・・27
香取郡多古町・・36
香取郡東庄町・・17

千葉エリア
千葉市中央区・・325
千葉市稲毛区・・251
千葉市緑区・・265
千葉市花見川区・・258
千葉市若葉区・・244
千葉市美浜区・・152
八千代市・・246
市原市・・897

九十九里エリア
茂原市・・202
勝浦市・・54
いすみ市・・121
東金市・・191
山武市・・115
大網白里市・・48
山武郡九十九里町・・77
山武郡芝山町・・30
山武郡横芝光町・・52
長生郡一宮町・・54
長生郡睦沢町・・17
長生郡長生村・・48
長生郡白子町・・61
長生郡長柄町・・24
長生郡長南町・・16
夷隅郡大多喜町・・24
夷隅郡御宿町・・33

南房総エリア
袖ケ浦市・・332
木更津市・・786
君津市・・411
富津市・・179
南房総市・・90
安房郡鋸南町・・47
館山市・・80
鴨川市・・43

塗装工事に最適な春の工事を応援!春限定のAmazonギフト券プレゼントキャンペーン実施中

塗装工事に最適な春の工事を応援!春限定のAmazonギフト券プレゼントキャンペーン実施中

カラーベストとは?カラーベストの特徴とメンテナンスについてご紹介

更新日 : 2024年04月23日

更新日 : 2024年04月23日

 こちらの記事ではカラーベストについてご紹介しております。
 おおよそ8分で読むことができます。

 

スレート屋根

 屋根工事、屋根リフォームの記事を読んでいると偶に「カラーベスト」という単語を目にすることはないでしょうか。
 カラーベストとは何か?と疑問に思う方も少なくないのではないでしょうか。そこで本日はカラーベストの特徴やメリット、デメリットについてご紹介をしていきたいと思います。

カラーベストとは

マルーンのカラーベスト カラーベスト

 カラーベストとは、スレート屋根のことを指します。カラーベストは屋根材メーカーであるケイミュー株式会社が販売している平型化粧スレートの製品名でセメント、ケイ石を原料としており、繊維質で補強ののち成型される屋根材になります。カラーベストのほかにも、コロニアルと呼ばれていることもあります。

カラーベストとコロニアルの違い

 前述の通りカラーベストはスレート屋根材であり、コロニアルと呼ばれることがあります。
 その為、カラーベストとコロニアルの違いが分からず、混乱してしまう方も多い印象です。

 しかし、「カラーベスト」も「コロニアル」も同じスレート屋根材を指す言葉ですのでご安心ください!

 具体的にご説明いたしますと「カラーベスト」はケイミュー株式会社のブランド名であり、「コロニアル」はその中に含まれる商品名の一つです。
 現行の商品ラインナップには、「コロニアルクァッド」「コロニアルグラッサ」といった商品がありますが、これらはカラーベストの商品ラインナップとされています!

 また、ケイミュー株式会社が発売する「コロニアル」「カラーベスト」は、現在販売されている「スレート屋根材」の中で非常に高いシェアを誇ります。
 その為、逆に「コロニアル」「カラーベスト」が「スレート屋根材」を表す言葉として使用される事もあります!

カラーベストのメリット、デメリット

 カラーベストのメリットとデメリットをご紹介していきたいと思います。
 まずはカラーベストのメリットについてです。

カラーベストのメリット

耐震性 費用

デザインや色が豊富
 波型デザインや石材調、レンガ調などのデザインや色が豊富です。その為、洋風や和風など様々なお住いに合わせやすいです。
 ちなみに、2色から3色の違う色のカラーベストを混ざ合わせることもできる種類があり、個性的なデザインにすることも可能です。

価格が安い
 カラーベスト以外の屋根材として、瓦屋根やガルバリウム鋼板というような金属屋根などがありますが、その中でも特に価格が安い屋根材になります。そのため工事費用を抑えたい方にはおすすめです。

耐震性が高い
 日本瓦に比べて屋根材の重さは軽く、お住いにかかる負担を減らすことができます。
 また、屋根の軽量化は耐震性の向上にも繋がります。

 

カラーベストのデメリット

メンテナンス ひび割れ

定期的なメンテナンスが必要
 カラーベストの主な主成分であるセメントは防水性が低いため、塗装によるメンテナンスは必須です。塗装が劣化してしまったまま放置しておくと防水機能が低下している状態のままのため、雨漏り発生の原因になったり、屋根の寿命が短くなってしまうのです。

凍害に弱い
 気温差によって屋根材にひび割れが生じてしまう現象のことを凍害と呼びます。
 カラーベストの主成分となるセメントは水分を吸収しやすく、この吸収してしまった水分が寒さで凍ったり溶けたりしてしまい膨張することでスレートの割れやヒビが入ってしまうことがあるのです。

カラーベストのサイズ・費用目安

 カラーベストのサイズや価格は、製品によって変動します。

 例えば、「コロニアルクァッド」の場合、1枚当たりのサイズは働き寸法910×182mmで、厚さ5.2mmです。
 また、1枚当たりの重量は約3.4kgです。

 金属屋根材には劣りますが、薄く軽量な屋根材であることが分かります。

 また、カラーベストの費用目安は、1㎡あたり約5,000~7,000円と言われています。
 他の屋根材と比較して安価と言えますので、やはり屋根材の価格はカラーベストの大きな魅力です!

カラーベストの種類

◆プレミアムグラッサ
 カラーベストの中で最高級のグレードのプレミアムグラッサは、グラッサコートと呼ばれる屋根材表面のコーティングにより、紫外線による色あせを防ぐのが特徴です。本物の自然石のような質感で重厚感があります。

◆グランデグラッサ
 木目調が特徴で、様々な色の石を使って焼き物のようなグラデーションを作っておりオシャレな印象を与えます。耐候性・色持ちにも優れています。

◆遮熱グラッサ
 名前の通り、遮熱性があるのが特徴です。暑さの原因である赤外線を反射する顔料が含まれているため、屋根で日光を反射し夏場の室温上昇を抑えます。この効果は、遮熱グラッサの遮熱効果は、環境省の環境技術実証事業でも実証されています。

◆コロニアルクァッド
 「費用を抑えたい!」という方におすすめのカラーベストです。カラーは12色と豊富で、デザインもシンプルなので和風・洋風どんなお住まいにもマッチします。

◆シャッフルカラー
 コロニアルグラッサ(16色)とグラッサ(6色)の中から、好きな色を自由に組み合わせて作ります。シンプルなデザインであるため個性を出しにくいといったカラーベストのデメリットをカバーし、他のお住まいとは違った屋根ににすることができます。


ノンアスベストの屋根「コロニアルNEO」にご注意!

 上記の様に、一口に「コロニアル」と言っても様々な種類が存在します。
 ですが、そうした中で注意が必要なのが「コロニアルNEO」などのノンアスベスト屋根材です。
1990年後半~2004年頃までに施工された塗装出来ない状態のノンアスベスト屋根材

 2000年代前半に製造されたカラーベストの中には、アスベストを含有しない屋根材の先駆けである「ノンアスベストの屋根材」が販売されていました。
 しかし、ノンアスベスト屋根材の製造技術が確立されていなかったことで、ノンアスベスト屋根材は問題・欠陥を抱えた製品として知られています。

 「コロニアルNEO」はそうした製品の一つであり、新築から10年~20年程度で屋根材に著しい割れ・欠けの症状が発生してしまう欠陥を抱えています。
 その為、他のノンアスベスト屋根材と同様にコロニアルNEOの塗装メンテナンスは意味をなさず、無駄になってしまうと言われています。

 コロニアルNEOをご使用されている場合、屋根のメンテナンス方法はカバー工法や葺き替え工事が選択肢となりますので注意しましょう!

 また、ノンアスベスト屋根材には他にもニチハ「パミール」クボタ「アーバニー」などの種類もありますので、特に1990~2000年前代前半にスレート屋根の設置を行われた方がおられましたら、一度確認しておきましょう。

カラーベストの劣化症状

・色あせ
 カラーベストは防水機能を持っていないため、塗料を塗ることで雨からお住まいを守っています。しかし毎日当たり続ける紫外線によって塗料が劣化し、色あせが発生します。塗料の劣化はさまざまな不具合を引き起こす原因となりますので、「屋根が色あせてきた」と感じたら塗り替えを検討しましょう。

・苔や藻、カビ
 カラーベストが黄色く変色しまっているのを見たことある方は多いのではないでしょうか?変色の原因は苔や藻、カビが発生してしまっているからです。塗料が劣化すると、カラーベストが雨を吸収してしまい、そこへ苔などが発生します。特に日光の当たりにくい北側に発生しやすいです。

・ひび割れ、欠け
 カラーベストのひび割れ欠けもよく起こる劣化症状の一つです。カラーベストが雨を吸収すると膨張します。そこへ日光があたり、乾燥するとカラーベストは収縮するのですが、膨張と収縮を何度も繰り返すと、ひび割れや欠けが発生します。ひび割れたり欠けた場所には隙間が開くので、雨の侵入口となってしまうのでコーキング材で隙間を防ぐ補修が必要です。

 このように、カラーベストの劣化症状のほとんどは、塗料の劣化が原因で起こります。定期的に点検や塗装によるメンテナンスを行い、長持ちさせましょう。

メンテナンスの種類

劣化 軽い屋根材

 カラーベストを使用した屋根のメンテナンスには、主に屋根塗装工事、葺き替え工事、重ね葺き工事の3つがあります。
 屋根の劣化状態によってどのメンテナンスを行うか決めることがお勧めです。

 それぞれのメンテナンスについてご紹介していきたいと思います。

◆屋根塗装工事
 屋根塗装を行うことで屋根の防水機能を持続させています。

 屋根塗装によるメンテナンスは約10年に1度の間隔で行うことが大切です。上記でもご説明したように、定期的に塗装を行わずに放置しておくと雨漏りが発生する可能性が高くなりますので気を付けなくてはいけません。

塗装 塗装後

◆屋根葺き替え工事
 葺き替え工事は、既存の屋根を撤去し新しい屋根材に葺き替える工事になります。
 屋根葺き替え工事は既存の屋根を撤去するため、屋根材に敷かれている防水シートや下地の状態も一緒に確認することができるため、必要であれば下地や防水シートのメンテナンスも一緒に行うことができます。

 塗装に比べると撤去費用なども発生し費用は高くなりますが、お住いを長持ちさせることができます。

下地 防水紙

◆屋根カバー工法
 重ね葺きとも呼ばれている屋根カバー工法は、屋根葺き替え工事とは異なり、既存の屋根を撤去せずそのままにし、上から新しい軽量の屋根材を被せる工事になります。
 屋根材が二重になることになりますので、重量のある瓦屋根は屋根カバー工法は行えません。

 また、二重にすることでお住いに掛かる負担が大きくなりますが、工事期間や費用は安くなります。

まとめ

 いかがでしたでしょうか。本日はカラーベストについてご紹介をいたしました。

お住いの屋根を普段から気にされている方は少ないのではないでしょうか。しかし、屋根は一年を通して紫外線や雨、風の影響を受けており、お住いの中でも特に劣化のしやすい箇所です。

 そのため必ず定期的にメンテナンスを行うことが大切です。
 街の屋根やさん千葉では、屋根の点検やお見積もり、工事のご提案、屋根に関するご相談を無料で承っております。ぜひお気軽にご相談ください。

コロニアルNEOの屋根リフォームも街の屋根やさんにお任せください!

コロニアルNEOが使用された屋根のリフォームをご依頼頂いたK様

 ⇒K様よりご依頼いただいたコロニアルNEOが使用された屋根リフォーム方法事例

 今回はスレート屋根材であるコロニアルと併せて、「コロニアルNEO」の抱えている欠陥や塗装メンテナンスが出来ない理由についてご紹介させていただきました!
 1990~2000年代前半にスレート屋根材を使用した葺き替え・新設されたと言う方がおられましたら、一度専門業者に点検をされることがおすすめです。

 私達、街の屋根やさんはコロニアルNEOなど、ノンアスベスト屋根材が使用された屋根リフォーム工事も豊富な実績がございます。
 特に、ノンアスベスト屋根の屋根リフォーム方法は、葺き替え工事・カバー工法の二択が選択肢となりますので迷われる方も多い印象です。

 お住まいを拝見させて頂いた上で最適な施工方法をご提案させて頂きますので、ぜひお気軽にご相談下さい。
 点検~お見積りの作成まで無料にて承っております!

 記事内に記載されている金額は2024年04月23日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。
2024年最新情報!補助金でお得にリフォーム!

関連動画をチェック!

屋根塗装が雨漏りを引き起こす!?スレート屋根の方は必見!【プロが解説!アメピタ!】

 今回の記事で登場した工事やお住まいのトラブルに関連する動画をご紹介します!


 こちらの動画では、工事の内容やお住まいのトラブルの対処方法などをより詳しく説明しています。
 お役立ち情報が満載ですのでぜひご覧になってみてください。


このページに関連するコンテンツをご紹介

お住まいの寿命を延ばす!季節別・築年数別のメンテナンスポイント
お住まいの寿命を延ばす!季節別・築年数別のメンテナンスポイント
 「マイホームの手入れって、いつがちょうどなのか分からない…」  一生に一度の投資と言われるお家、手に入れて終わりではないのです。  昔は新築だったお住まいも、歳月を経ると、どんなに大事にしていても定期的なメンテナンスが必要となります。  お手入れのタイミングを見逃すと、後になって高…続きを読む

お問い合わせはこちらから

街の屋根やさんは千葉県以外にも東京都、神奈川県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方の地域の街の屋根さんをお選びください。

お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 東京都 神奈川県 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県

屋根葺き替え 瓦屋根工事 スレート屋根工事 金属屋根工事 屋根カバー工事 雨漏り修理 防水工事 屋根塗装 ガルバリウム鋼板 赤外線調査に関連する新着ブログ

住まいの中で雨漏りの原因となりやすい部位の一つに、「サッシ」があります。 今回の記事では、サッシから雨漏りが起こる原因と対策、補修方法について紹介します(^_^)/ サッシの構造 ま ...続きを読む
 市川市新田で陸屋根屋上に設置してあるドーム型のトップライトから雨漏りがするようになってしまったとのご相談から、無料点検調査にお伺いさせて頂きました。    この天窓はタキロン社 ...続きを読む
近年では金属屋根の人気が高まっていますが、日本国内ではまだまだスレート屋根の普及率が高い状態です。 この記事を読まれている方の中にも、自宅の屋根はスレートだという方が多いのではないでしょうか? ...続きを読む
2022年以降、全ての新築住宅では瓦屋根の瓦を一枚一枚全て釘またはビスで固定することが義務化されました。 従来では、瓦を釘やビスで固定することは義務化されておらず、地震や台風で瓦が脱落してしまう ...続きを読む

カラーベストに関連する新着ブログ

 屋根材には、様々な種類があります。今回ご紹介するカラーベストは、デザインや色の種類が豊富なうえに重量も軽いので、非常に人気のある屋根材です。  しかし、「カラーベスト」と言っても、あまりイメージが ...続きを読む
 屋根の寿命は瓦屋根を除きおおよそ30年程度とされています。もちろんお住まいの立地環境やメンテナンスの頻度によって寿命は変わってきますが、屋根材の寿命とともに屋根カバー工法や屋根葺き替え工事といったメ ...続きを読む

屋根葺き替え 瓦屋根工事 スレート屋根工事 金属屋根工事 屋根カバー工事 雨漏り修理 防水工事 屋根塗装 ガルバリウム鋼板 赤外線調査に関連する新着施工事例

千葉市花見川区柏井で棟板金の交換工事、ギングロ色のガルバリウム鋼板で施工

施工内容

棟板金交換 ガルバリウム鋼板

使用材料

ガルバリウム鋼板 樹脂製貫板

松戸市和名ケ谷でスレート屋根に(高耐候ガルバ)を使用した屋根カバー工事を行いました

施工内容

屋根カバー工事 換気棟

使用材料

アイジー工業 スーパーガルテクト

屋根葺き替え 瓦屋根工事 スレート屋根工事 金属屋根工事 屋根カバー工事 雨漏り修理 防水工事 屋根塗装 ガルバリウム鋼板 赤外線調査を行ったお客様の声一覧

船橋市芝山にて1階屋根カバー、戸袋板金カバー工事を実施!完了後のお客様の声

お客様写真

工事前アンケート画像

Q2.工事を検討したきっかけは何ですか?どんなことで悩まれていましたか?

雨水が天井にもれた為。

Q3.弊社をどのように探しましたか?

インターネット

Q4.弊社を知りすぐにお問合せをされましたか?もし悩まれたとしたらどんなことがご不安でしたか?

すぐに問合せた。

Q5.何が決め手となり弊社にお問合せをされましたか?

人柄が良かった為。

Q6.実際に弊社担当者がお伺いしていかがでしたでしょうか?

仕事がていねい。

工事後アンケート画像

Q2.当初、工事を依頼する会社にどんなことを期待されていましたか?

しっかりした会社

Q3.弊社にご依頼いただく際に他社と比較しました方はどこの会社と比較しましたか?

比較していない。

Q4.弊社に工事をご依頼いただいた決め手は何ですか?

ていねい。

Q5.工事が終わってみていかがですか?良かった事・嬉しかったことを忌憚なく頂戴出来ましたら幸いです。

満足している

Q6.街の屋根やさんを他の方に紹介するとしたらなんと紹介しますか?

紹介する。(仕事がていねい人柄が良い)

お問い合わせフォーム

お名前 必須

ふりがな 【任意】

ご住所(工事地住所) 必須 ※郵便番号入力で町名まで自動入力されます。

郵便番号

番地・ビル・マンション名

E-mail (半角英数) 必須

電話番号 (半角英数) 【任意】

お問い合わせ内容 【任意】

点検・お見積り・ご相談無料!

街の屋根やさん千葉

点検・調査・お見積りなど無料で承ります!お気軽にお問い合わせください!

電話 お電話でのお問い合わせ[8時30分~20時まで受付]
0120-989-936
メール メールでのお問い合わせ
24時間受付中!

点検・調査・お見積りなど無料で承ります!
お気軽にお問い合わせください!

ご不明点やご相談など屋根のことなら何でもお問い合わせください

お電話でのお問い合わせは

メールでのお問い合わせは

その業者、違法かも!?違法業者を避けるために知っておきたい足場の法改正
2024年最新情報!補助金でお得にリフォーム!
住まいの外壁リフォーム無料相談受付中!屋根材外壁材のショールームはこちら
屋根工事が初めての方へ
街の屋根やさんの10のお約束
オンライン見積もり
最短1日!LINEで概算見積もり
雨漏りでお困りの方、お任せください
散水試験で雨漏りの原因を徹底追及
被害に遭う前に台風対策
屋根を軽くして地震に強い屋根に
屋根工事の料金プラン
リフォームローン
火災保険を屋根工事に適用できます
知って得する屋根工事の基礎知識
知って得する
屋根工事の基礎知識
屋根塗装・外壁塗装の塗料について
対応エリア
対応エリア一覧
株式会社シェアテック
ご連絡先はこちら
ご連絡先はこちら
株式会社シェアテック

千葉県木更津市文京5-11-16
ST×BASE
TEL:0438-38-3373
FAX:0438-38-3310
E-mail:info@sharetech.co.jp
ショールーム:木更津支店はこちら

点検・調査・お見積りなど無料で承ります!お電話でのお問い合わせは0120-989-936へ。8時半から20時まで受付中!メールでのお問合せは24時間受付中。

株式会社シェアテック
建設業許可:千葉県知事許可(般-29) 第 48193 号
〒292-0804 千葉県木更津市文京5-11-16 ST×BASE
TEL:0120-989-936 FAX:0438-38-3310
E-mail:info@sharetech.co.jp
ショールーム:木更津支店はこちら
千葉県・市原市・袖ケ浦市・木更津市・君津市を中心に千葉県全エリア対応中です。
(その他の地域の方もご相談ください)
屋根リフォーム / 屋根工事 / 屋根修理 / 屋根塗装 / 屋根葺き替え / 漆喰(しっくい)工事 / 雨樋(あまどい)工事 / 雨漏り修理 / 雨漏り工事 / 防水工事