千葉の『街の屋根やさん』は千葉 市原 袖ヶ浦 木更津 君津を中心に 千葉県全域で屋根工事や屋根リフォーム、軽微な屋根の修理、屋根の塗り替え(屋根塗装)、古くなった屋根の葺き替え工事(屋根葺き替え)をおこなっています。
街の屋根やさん千葉

点検・調査・お見積りなど無料で承ります!お気軽にお問い合わせください

電話 お電話でのお問い合わせ[8時30分~20時まで受付]
0120-989-936
メール メールでのお問い合わせ
24時間受付
ホーム 施工事例一覧 会社概要 施工の流れ 屋根工事の種類 屋根の豆知識 屋根お役立ち情報 本日の現場ブログ お客様の声 お問い合わせ
お客様の声
施工事例
現場ブログ
専門家が教える屋根の基礎知識
専門家が教える
屋根の基礎知識
街の屋根やサンの施工実績
街の屋根やさん
施工実績
 下に挙げたものは、1999年5月~2023年3月までに街の屋根やさんが直接施工した件数と地域です。小規模な屋根修理から大規模な屋根の葺き替え、一般のお住まいだけでなく大きな工場等の建築物の屋根にも幅広く対応しております。
最近の屋根工事事例やお客様の声は右側の各種メニューからご覧ください。

東葛飾エリア
市川市・・460
松戸市・・307
習志野市・・187
流山市・・132
鎌ヶ谷市・・190
船橋市・・529
野田市・・140
柏市・・207
我孫子市・・114
浦安市・・217


北総エリア
銚子市・・81
佐倉市・・189
四街道市・・170
印西市・・134
富里市・・211
香取市・・128
成田市・・299
旭市・・194
八街市・・398
白井市・・196
匝瑳市・・117
印旛郡酒々井町・・100
印旛郡印旛村・・13
印旛郡本埜町・・14
印旛郡栄町・・35
香取郡神崎町・・27
香取郡多古町・・36
香取郡東庄町・・17

千葉エリア
千葉市中央区・・303
千葉市稲毛区・・229
千葉市緑区・・248
千葉市花見川区・・238
千葉市若葉区・・220
千葉市美浜区・・139
八千代市・・219
市原市・・844

九十九里エリア
茂原市・・195
勝浦市・・50
いすみ市・・116
東金市・・176
山武市・・113
大網白里市・・36
山武郡九十九里町・・76
山武郡芝山町・・30
山武郡横芝光町・・49
長生郡一宮町・・53
長生郡睦沢町・・16
長生郡長生村・・44
長生郡白子町・・59
長生郡長柄町・・24
長生郡長南町・・15
夷隅郡大多喜町・・24
夷隅郡御宿町・・30

南房総エリア
袖ケ浦市・・308
木更津市・・705
君津市・・381
富津市・・165
南房総市・・84
安房郡鋸南町・・47
館山市・・79
鴨川市・・42

屋根リフォームにはどんな方法がある?塗装や葺き替え、カバー工法など種類ごとに特徴を詳しく解説

更新日 : 2023年02月10日

更新日 : 2023年02月10日

屋根リフォームの種類と費用

 新築から数年は気にならなくても、10年ほどが経過して屋根の汚れが目立ってくるケースは多いです。
 「屋根に汚れがあるけど放っておいてよいものか」「屋根リフォームした方がいいのだろうか」などメンテナンスについて気になってくる頃でしょう。
 屋根は、素材によって耐用年数が異なりますが、だいたい10年を目安として点検することをおすすめします。もしかしたら、地上からは見えないダメージがあるかもしれません。

 今回は、屋根リフォームの必要性を詳しくお伝えしていきます。
 また、屋根リフォームには、塗装やカバー工事、葺き替えという3つの方法があります。どの方法での屋根リフォームが最適かは、屋根材の違いや現在の状況によって異なります。ご自宅の屋根リフォームをご検討中の方は、ぜひご参考ください。

屋根リフォームってやっぱり必要なの?

 「屋根リフォームはやった方がいいの?」と、その必要性について疑問に感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか。お金がかかるのはもちろん、そのタイミングについても迷いますよね。

 屋根リフォームの主な目的は、屋根の劣化をおさえて、お住まい全体の寿命を延ばすことです。もちろん、見た目が綺麗になるメリットもあります。埃や砂、雨、雪など、毎日のようにさまざまなダメージを受け続けている屋根。新築で屋根が取り付けられた当日から、それは始まっています。日本は四季があり、気候の変化も激しい国です。夏には、強い日差しによって屋根の表面温度は高くなり、屋根は過酷な状態です。強風時には、屋根材が煽られるように、風を受けています。冬になれば積雪や凍害の被害を受けてしまうこともあるでしょう。これが年間を通して続くので、少しずつではありますが、屋根は年々老朽化していきます

屋根は毎日紫外線や雨風にさらされ少しずつ劣化が進んでいます

 私たちは、屋根があるおかげで、家のなかでは安心して過ごせます。劣化が激しく、「屋根としての機能」がなくなれば、毎日の暮らしも安心なものとは言えないでしょう。屋根の劣化を防ぐには、定期的に点検をして、そのダメージに合わせて屋根のリフォームをすることが大事です。

屋根の劣化を防ぐにはメンテナンスが重要です

 劣化の進み具合は、それぞれのお住まいによって変わります。そのため、現在の状況を知り、最適なメンテナンスをしなければなりません。傷んでいるのに放置していれば、当然ながら「塗装では改善できない状態になった」「防水紙が劣化して雨漏りした」「下地が腐食して改修工事が必要になった」といった大きな被害へとつながります。

 点検をせずに、実際に被害が起こってから屋根リフォームをする方も多いです。

 しかし、被害が起こった後の屋根リフォームは大がかりな工事になるケースも多く、予想外の高額なお金がかかってしまったということになりかねません。

 しかも、突発的な被害が起こった場合、「どこに依頼したらいいか」と業者選びに慌ててしまうものです。それに、連絡したからと言って、工事がすぐに始まるわけではありません。特に、台風や地震などで起こった被害は、同様にほかの家でも屋根トラブルが起きていて、業者は混み合います。これらの理由から、屋根は大きな被害になる前に、定期的に点検をしておくことが重要です

被害に遭う前に屋根リフォームをご検討ください

 このページでは、屋根リフォームの時期目安についてもお伝えしていきます。大きな被害が起こって慌てない前に、早めに屋根リフォームを計画しておきましょう。

お住まいのメンテナンスサイクル

 また、耐震性をアップさせる目的で屋根リフォームをする方も増えています。日本は、地震が多い国。重い屋根によって重心が高くなると揺れが大きく、建物への負荷もかかります。重い屋根から、軽い屋根への葺き替えは、耐震性の向上につながります

軽い屋根と重い屋根の地震による揺れの大きさの違い

 屋根の耐用年数は、屋根材の素材はもちろんですが、周辺環境や地域の気候でも変わります。

 例えば、毎年のように台風が直撃する地域は、雨風の刺激を受けるので劣化も早いでしょう。雪が多い地域なら、積もった雪によってダメージを受けます。
 「我が家の屋根はいつごろメンテナンスをすればいいのだろう」というご心配があるときは、街の屋根やさんにご相談ください。無料の点検で、お客様の屋根を確認し、現在の状況に合ったリフォームの提案をいたします。

点検・お見積り無料
お問い合わせはこちら

代表的な屋根リフォーム3種類とは

 屋根リフォームには、「屋根塗装」「屋根カバー工法」「屋根葺き替え」という3つの代表的な種類があります。

屋根塗装

屋根塗装

 3種類の屋根リフォームのなかでも、費用面でリーズナブルなのが屋根塗装です。ほかの2つの方法よりも費用をおさえた屋根リフォームができるでしょう。
 スレート屋根や金属屋根の場合、表面を保護するために塗装で覆われています。塗膜が防水性を保っているうちは、水の浸入を防げるので、屋根材の劣化が進みません。でも、塗膜は年々衰えていくため、再塗装が必要です。塗膜が劣化したまま時期が過ぎると、内部に入り込んで雨漏りのリスクが高まります。雨漏り対策として、定期的に塗膜の状態をチェックしておくことが大事です。
 また、屋根塗装は、外壁塗装と同じタイミングがおすすめです。どちらの工事にも必要な「足場」の仮設には、少なくない費用がかかるからです。次回の屋根塗装と外壁塗装メンテナンスが同時期となるよう、塗料の耐久性を考慮しておくことで同じタイミングで塗装工事をすることができます。その際、屋根の方が外壁よりも劣化が早いため、塗料は外壁より高性能なものを選択しましょう

屋根カバー工法

屋根カバー工法

 カバー工法は、現在の屋根を撤去せず、新しい屋根を載せるようにカバーする工事です。スレート屋根や金属屋根(トタン屋根・ガルバリウム鋼板など)で選ぶことができる屋根リフォームです。
 ただ、「古い屋根の上に新しい屋根で覆う」ため、凹凸の瓦屋根など、既存屋根の形状によっては施工ができません

葺き替え

葺き替え

 3種類の屋根リフォームのうち、大規模で費用がかかるのが葺き替えです。既存の屋根を撤去してから、新たな屋根を取り付けます。工程が増えるので、その分、金額にも影響します。
 葺き替え工事が選ばれるのは、「劣化が激しいケース」です。スレート屋根金属屋根は塗装によって屋根材の防水性を復活させることができます。ただ、すでに屋根材が損傷している、雨漏りが発生しているという場合には塗装で防水性を高めても事態の改善ができません。

 日本瓦やセメント瓦・コンクリート瓦なども老朽化によって割れや欠けが目立つ場合は、すでに下地へのリスクも高まっている状態となります。劣化がひどい場合は、葺き替え工事が必要なケースが多いです。

屋根塗装

屋根材の寿命を延ばします。

築10年~20年程度の屋根
雨漏りなどの重大な問題が起こっていない屋根

屋根塗装が必要な屋根材、推奨時期、費用目安

 数ある屋根材のうち、塗装メンテナンスが必要なのは、スレートや、トタン・ガルバリウム鋼板の金属屋根、セメント・コンクリート瓦などです。日本瓦の陶器瓦は、塗装メンテナンスは不要です。

塗装が必要な屋根材と塗装が不要な屋根材

 もともと、スレート屋根や金属屋根、セメント瓦などは色付けや保護のために塗装されています。色がしっかりと入っていれば、塗膜の劣化はそれほどありません。でも、経年劣化で「色あせ」が起これば、保護力がなくなってきているサインです。屋根材の耐久性が弱まり、金属屋根なら錆が広がってしまうでしょう。

経年劣化による色あせ

 屋根材は種類ごとに耐用年数が異なります。ただ、それは正しくメンテナンスを行った場合の年数です。屋根材本来の耐久性を実現するためにも、定期的に塗り替えをしていきましょう。

新築から10年で検討したい屋根塗装リフォーム、屋根材の寿命を延ばします
屋根塗装でのリフォーム費用の相場

 塗料の種類によっても変動はありますが、延べ床面積30坪という一般的な建物の場合、屋根塗装のリフォーム費用の相場は約40~60万円程度です。塗料のグレードが高くなるほど高額になりますが、その分耐用年数も長くなり、メンテナンスコストが軽減されます。

塗料のグレードと耐用年数

 塗装リフォームの時期は、まずは「新築後10年」を目安に検討していきましょう。この頃になると色あせも見られる頃です。屋根塗装は、これまでとは違ったカラーを選べば、外観がだいぶ変わります。遮熱塗料など機能性のある塗料なら、快適な暮らしにもつながります

新築後10年が経過したタイミングで業者の点検を行い、塗装が必要な状況か判断しましょう!
屋根塗装について詳しくはこちら

屋根塗装の施工事例をご紹介

棟板金の補修に併せ苔の生えたスレート屋根を塗装

Before
beforeから
After
Before
beforeから
After

建坪 約48坪 築年数 18年 施工期間 8日間 費用 71.5万円

棟板金が緩んでいる
棟板金の状態を調査

 「強い風が吹くと屋根の上から変な音がする」と不安を抱いたというお客様のご相談でした。点検をしたところ、頂部にある棟板金に緩みがみられました。しかも、スレート屋根の色あせが激しく、表面には苔が発生しています。すでに、このまま放置できない劣化状況でした。緩んだ棟板金は補修し、全体の屋根塗装、そして一部スレート屋根の差し替えをご提案しました。

エポキシ樹脂系下塗り材を使用
遮熱塗料で上塗り

 屋根材の劣化は進んでいる状況でしたのでエポキシ樹脂系下塗り材を使って、傷みをカバーして補強しました。そして、遮熱効果のある塗料を上塗り塗料として選びました。3階建ての建物のため太陽光を浴びやすいようですが、遮熱塗料の効果によって室内の温度も快適に保つことができるようになります。

塗装10年目、錆の目立ち始めた折板屋根を塗装

Before
beforeから
After
Before
beforeから
After

建坪 約15坪 築年数 25年 施工期間 3日間 費用 35万円

折板屋根調査
折板屋根の塗膜が劣化し錆が目立っている

 こちらの折板屋根は、10年前に塗装メンテナンスを行ったとのことで、塗膜の劣化による錆が見られました。

錆と古い塗膜をワイヤーブラシなどでしっかり削り取る
錆止め下塗りと中塗りを行う

 サンドペーパー、ワイヤーブラシで、錆びや古い塗膜を削っていきます。整えた後、下塗りとして錆止め材を塗ります。そして、中塗り、上塗りと丁寧に仕上げていきます。

塗装後にボルトキャップを被せる
折板屋根の塗り替え工事が完了

 錆は、すべてのボルトにも見られました。屋根塗装が終わった後、ボルト用キャップを被せて保護しています。今回の屋根塗装工事によって、10~15年の耐候性が望めます。

屋根カバー工法

現在の屋根の上から新しい屋根材でカバーします。

築20年~30年程度の屋根
大きな破損などなく野地板が丈夫な屋根

屋根カバーの推奨時期と費用目安

 屋根カバー工法は、スレート屋根や金属屋根など、フラットな形状の屋根材に可能です。表面が凸凹している瓦屋根の場合、カバー工法はできません。

屋根カバー工法が可能な屋根材と不可能な屋根材

 屋根カバー工法では現在の屋根材を撤去せずに、新しい防水紙と屋根材を上から敷いていきます。既存屋根を下地に利用でき、撤去費用がかからないという点がメリットです。工事期間も短いので、「工事費用を安くしたい・早く工事を終わらせたい」という人に向いている方法です
 ただ、下地となる野地板の劣化が激しい場合は向いていません。「健全な下地+新しい屋根材」でなければ、工事後の耐久性も弱まるでしょう。カバー工事を検討している際には、既存の下地状態によっては施工が難しい場合があるということを押さえておきましょう。

屋根カバー工事の図
カバー工法を検討する際は下地が劣化していると長持ちしないため必ず状態を確認しましょう!

 また、2005年よりも前に建てられた住宅では、アスベスト入りのスレート屋根のケースがあります。撤去するときは手作業でやらなければならず、産廃処理費用が高額になりやすいです。予算があれば撤去後に葺き替え工事をすることが望ましいですが、コストをおさえるためにカバー工法を選ぶこともできます。
 しかし、現実的にアスベスト入りの屋根が残ったままのため、根本的な解決とはならないことを考慮したうえで選択していきましょう。

アスベスト

 また、アスベストに関する法律改正が行われ、令和4年4月1日からは、建築物を解体・改修工事を行う施工業者に、「事前に石綿(アスベスト)が含まれていないか調査すること」と「その結果を都道府県等に報告すること」が義務づけられました。 街の屋根やさんは、正しい基準に沿って調査し、報告を実施しておりますのでご安心ください

アスベスト含有屋根材の対応方法
新築から20~30年で検討したいリフォーム、屋根カバー工法
カバー工法でのリフォーム費用の相場

 カバー工法でのリフォームは一般的な30坪の建物で約100~200万円程度が相場の目安です。しかし、どんな屋根材でカバーするかで価格には幅があるので、詳しい価格はお見積もりをご依頼いただくことをおすすめします。
 現在の屋根の上から新しい屋根をかぶせる屋根カバー工法では、屋根が二重になるため断熱効果も期待できる方法です。屋根の重量が上乗せされることで耐震性が低下してしまうことが考えらますが、新しい屋根に軽量のガルバリウム鋼板を選ぶことで負担を少なくすることができます。

屋根カバー工事について詳しくはこちら

屋根カバー工法の施工事例をご紹介

塗装できない屋根材パミールをガルバリウムでカバー工事

Before
beforeから
After
Before
beforeから
After

建坪 約27坪 築年数 22年 施工期間 8日間 費用 139.7万円

表面が剥がれてしまったパミール
パミール

 「屋根が剥がれているようだ」とご近所の方に教えてもらって、屋根のダメージに気づいたそうです。これは、パミールという屋根材です。写真をご覧いただくと分かりやすいと思いますが、素材の劣化によって屋根に剥がれが目立ってくる特徴があります。築20年以上経過していること、そして屋根の剥がれは塗装では直せないこともあり、カバー工法の提案をしました。

凹凸を無くすため棟板金を撤去
十分な重ね代を設けて敷設

 カバー工法は既存屋根をフラットにしなければならないため、まずは棟板金だけを撤去しました。既存屋根材の上から新しい防水紙を敷き、雨漏りが入り込むことのないよう施工していきます。

ガルバリウム鋼板の断面
ガルバリウム鋼板での屋根カバー工事が完了

 カバーする屋根材には、ガルバリウム鋼板製の金属屋根を選びました。断熱材入りで、しかも遮熱塗装もされています。熱くなりがちな金属素材ですが、室温への影響をおさえられるでしょう。これまでの剥がれの目立つ屋根から一転、綺麗な屋根に生まれ変わりました。お客様には大変ご満足いただけました。

風で剥がれかけた立平葺き屋根をカバー工法でリフォーム

Before
beforeから
After
Before
beforeから
After

建坪 部分工事 築年数 40年 施工期間 1日間 費用 18.5万円

ケラバ水切りが歪んでしまった屋根
外れてしまったケラバ水切り

 屋根からバタバタと聞こえる音に「何か異変があるのでは…」と感じたというお客様からご相談をいただきました。点検したところ、「ケラバ水切り」という屋根の端にある金属部分が歪みで外れた状態でした。屋根自体には雨漏りなどがなかったので、不具合がある箇所だけに、丈夫で軽量なガルバリウム鋼板を覆って補修しました。

新しい水切りの取り付け
既存の屋根材と上から被せた新しい屋根材

 今回問題のあった屋根の端はとても風の影響を受ける箇所ですから、このように外れることがあります。新しい水切りを取り付けてから、新しい屋根材を葺いて補修は完成です。屋根からの異音と壊れた部分により、とても不安を感じていらっしゃったお客様ですが、事前の調査で部分補修でも対応できると分かり、金額的な面でもおさえられたとご満足いただけました。

屋根葺き替え

屋根を下地から新しくします。

築20年~30年以上の屋根
カバー工事出来ない瓦屋根
下地までダメージがある屋根

屋根葺き替え工事の推奨時期と30坪戸建てでの費用目安

 古い屋根をすべて取り壊し、新しい屋根を取り付けるのが屋根の葺き替え工事です。野地板や防水シートなどの下地も新しくしていきます

野地板と防水シートの耐用年数は20~30年程度

 屋根の下地である「野地板」と「防水シート」の耐用年数は20~30年程度です。そのため、そのころに屋根材の葺き替え工事をするのがおすすめとなります。屋根リフォームのなかでも最もコストが高いですが、屋根の問題がすべて解決できる方法です。

葺き替えリフォームは最も費用が掛かりますが、屋根の問題を全て解決できます

 葺き替え工事は、下地が激しく傷んでいる場合や、日本瓦などカバー工事ができない場合に選ばれる方法です。ただ、日本瓦でも屋根材自体が「まだ健全」というときは、瓦をいったん降ろし、下地などを補修してから、再び同じ瓦を載せる「葺き直し工事」という方法もあります。
→屋根葺き直しについて詳しくはこちら

葺き替えの工程
葺き直しの工程
新築から20~30年以上で検討したい葺き替えリフォーム
葺き替えでのリフォーム費用の相場

 葺き替え工事は、一般的な30坪の建物なら約100~300万円程度が費用の相場です。下地の劣化状況、葺き替え後に取り付ける屋根材の種類で金額が変わるため、価格帯に幅が感じられるかもしれません。屋根葺き替え工事についてもやはり予算を正確にたてるには、しっかりと見積もりを取ることをおすすめします。
 葺き替えは価格こそ高額になりますが、「雨漏りをしている」「屋根のことで心配したくない」という場合に最適な施工方法です。下地から屋根材まで全てが新しくなるため、文字通り屋根が生まれ変わり寿命もよみがえります。これまで瓦屋根だった方は、耐震性アップのために住宅の軽量化を図る意味で金属屋根を選んでもいいでしょう。

屋根材ごとの1㎡辺りの重さの比較

スレートからスレートへの葺き替えも可能です

 屋根の軽量化が図れることが葺き替えのメリットの一つですが、今の屋根材が気に入っていて葺き替え後も同じ屋根材が良いというご要望も多くいただきます。その中でも多いのが日本で一番普及しているスレートからスレートへの葺き替えです。
 建物の構造に大きな負担となるため、葺き替え前よりも重い屋根材への葺き替えはできませんが同じ屋根材への葺き替えであれば問題ありません

 メリットの大きさから軽い屋根材への葺き替えをおすすめいたしますが、今の外観が気に入っていてどうしても雰囲気を変えたくないといった場合にはスレートからスレートなど、同じ屋根材への葺き替えもお選びいただけます。

現状よりも重い屋根材は葺き替えられない
屋根葺き替えについて詳しくはこちら

屋根葺き替えの施工事例をご紹介

雨漏りのあるセメント瓦屋根を葺き替えリフォーム

Before
beforeから
After
Before
beforeから
After

建坪 約18坪 築年数 40年 施工期間 6日間 費用 150万円

老朽化したセメント瓦

 こちらのセメント屋根はかなり老朽化し、すでに雨漏りという問題も起こっています。葺き替え工事をご選択いただき、耐震性も気になるとのことで、軽い金属屋根材に葺き替えることになりました。

元々の野地板(バラ板)
上から合板を増し張りし強化した野地板

 元々の野地板は、通気性のために隙間を設けながら細い板を並べて取り付けた「バラ板」でした。ただ、バラ板の耐久性は弱いため、合板を上から増し貼りすることで強化しました。新しく取り付ける金属素材の屋根は軽いので軽量化が図れます。以前のコンクリート瓦と比べると、4分の1から5分の1程度の軽さになります。

新規防水紙
金属屋根材への葺き替え工事が完了

 葺き替えによって、雨漏りが解消されました。新しい屋根材は落ち着いた雰囲気のあるカラーを選び、“和”の印象を持ちつつも、現代風なスタイリッシュさも持ち合わせた屋根となりました。

軽量瓦ルーガに葺き替えで耐震性アップ

Before
beforeから
After
Before
beforeから
After

建坪 約32坪 築年数 30年 施工期間 14日間 費用 270万円

既存瓦の撤去
既存の棟を撤去

 今回は、屋根リフォームによって耐震性を向上させたいというご相談をいただきました。これまでの瓦は土を使った工法だったため、1坪あたり約300kgという重さでした。今回のリフォームでは、軽量瓦への葺き替えをご提案させていただきました。

経年で破れた防水紙と野地板
補強した新規野地板と新規防水紙

 瓦の下地となっていた葺き土や杉皮を撤去したところ、長年の劣化で傷んでいた防水紙と野地板が見えました。こちらも、新しいものへと交換していきます。新規防水紙の設置の前に、野地板を補強します。野地板・防水紙ともにこれまで30年間も長く積み重なった傷みがなくなり、今後しばらく安心です。

新しい屋根材ルーガを敷設
ルーガによる屋根葺き替え工事が完了

 こちらの軽量瓦の「ルーガ」は、通常の瓦と比べて半分ほどの重さです。しかも、葺き土もなくなったことで、建物へかかる負荷がだいぶ軽減できました。地震の不安が軽減されたと、お客様にもお喜びいただけました。

スレートからスレートへの葺き替えで直らない雨漏りを解決

Before
beforeから
After
Before
beforeから
After

築年数 40年程 施工期間 3週間 費用 約200万~300万

以前の雨漏りで補修された形跡のあるスレート屋根

 何度補修しても解消しない雨漏りにお困りでした。雨漏りは原因が1か所ではないことも多く、全ての原因を取り除かないと解消できないため、何度も何度も補修を行うといったケースが良くあります。点検の結果、経年で板金や屋根材に多数の不具合が見つかったため、全体的な屋根の葺き替えを行うこととなりました。

既存のスレートを剥がし、破れた防水紙と雨染みのできた野地板を確認
ケイミューのコロニアルグラッサで屋根を一新

 既存のスレートをはがすと、破れた防水紙と雨を吸い込み染みのできた野地板が現れました。既存下地を撤去した跡に新しい下地を施工し、ケイミューのコロニアルグラッサで屋根を葺き替えました。

ご家族や将来のことを考え計画的なリフォームを

 屋根リフォームには、ここまでお伝えしたように3つの選択肢があります。どれを選ぶべきか迷われると思いますが、「あと何年我が家を維持したいか」という、将来を見据えた選択が大切です。

 たとえば、「もう10年未満維持できればOK」という場合なら、塗装や瓦の差し替えなどのメンテナンスでも大丈夫でしょう。しかし、「子供に家を譲りたい」「今後長く資産価値を保ちたい」など、15年~それ以上と長く維持することをご希望の場合、葺き替えやカバー工法の選択がおすすめです。
 屋根リフォームを考えるときは、ご家族とも話し合いながら、今後のライフプランに合ったメンテナンス計画を立てましょう

屋根リフォームはご家族や将来のことも考慮し検討しましょう!

 また、カバー工法や葺き替えをしたいけど予算が少ないという方もいるかもしれません。その場合は、リフォームローン自治体の助成金を活用できるケースもあります。リフォームローンを上手に活用することで、最適なタイミングで施工することができます。

リフォームローンの活用

10年に一度の屋根の定期点検をおすすめ

今回は、屋根リフォーム方法の3つの方法と費用相場をお伝えしました。
屋根リフォームを検討する際は、
・現在どんな屋根材か
・何年くらい経過した屋根材なのか
・ダメージはどのくらいあるか
・これからお住まいをどのように維持したいか

などをチェックして整理しておくことが大切です。


ただ、屋根の状況はご自身では分からないことが多いですよね。正しいリフォーム方法を選択するためにも、専門業者へご相談ください。街の屋根やさんは無料で調査やお見積りを承っておりますので、屋根のことでお悩みの際はお気軽にご相談ください

10年に一度は屋根の点検をおすすめします!点検は街の屋根やさんにお任せください!

 見た目に傷みがない場合、「うちの屋根はダメージがないから大丈夫」という気持ちになるかもしれません。ただ、屋根の色あせや傷が表面上なくても、実は「棟板金を固定する釘が抜けて隙間が発生している」「屋根が部分的に剥がれている・浮いている」などにより雨水が浸入して下地が劣化してしまうケースもあります。屋根の上のことは、地上からはなかなか気づけないことも多いです。問題なさそうに思える場合でも、「10年に一度」を目安として点検することをおすすめします
 街の屋根やさんは、無料点検をしたうえで、お見積もりを作成しています。屋根に関する疑問や不安がある方は、まずはお気軽にご相談ください。

屋根は大丈夫?リフォームした方がいい?と感じたら私たち街の屋根やさんに是非ご相談ください!

屋根リフォームの種類と費用まとめ

  • ●紫外線や雨風などの刺激を受け続ける屋根は、日々のように劣化しているものです。実際に雨漏りが起こってからでは、補修工事が大掛かりになり、費用も高額です。雨漏りが起こる前に屋根リフォームをしましょう。
  • ●屋根リフォームは、主に3種類の方法があります。
  • ◆屋根塗装
  • ・新築から10年後を目安に「屋根塗装」を検討しましょう。
  • ・10年経過すると、塗膜が劣化して屋根材の防水性も落ちている頃です。塗装によって、屋根の耐久性を向上させることができます。
  • ◆屋根カバー工法
  • ・新築から20~30年経過した頃は、屋根カバー工法の検討をおすすめします。
  • ・既存の屋根をそのままの状態で、上から新しい屋根を施工していきます。撤去する手間がないため、葺き替えよりも金額がおさえられます。
  • ◆屋根葺き替え
  • ・新築から20~30年以上経過したら、屋根材の寿命を迎える頃です。葺き替え工事によって下地から生まれ変わらせてあげましょう。
  • ・屋根リフォームの3つの方法のなかでも費用は高額ですが、傷んだ部分をすべて新しくリセットできる方法で屋根の問題が一気に解決できます。
  • ●屋根リフォームをする際は、ご家族みなさんの将来的なライフプランと併せてご検討いただくことをおすすめします。
  • ●屋根に不安があるときはもちろんですが、何事もなくても10年に一度のタイミングで屋根の定期点検をしましょう。

屋根リフォームに関連するブログ一覧

2024-02-18 屋根リフォームの中でも大掛かりな工事になるのが屋根葺き替え工事です。 劣化、または耐用年数を迎えた屋根材・屋根下地を新しい材に葺き替える工事ですので、屋根が抱えるトラブルや問題を一挙に解決することができます。 基本的には、屋根が寿命を迎えた…続きを読む
2024-02-06 屋根のメンテナンスが必要なのは、一般住宅だけではありません。 商業施設はもちろん、工場や倉庫などの施設であっても、屋根のメンテナンスが必要ない建物はほとんどありません。 今回のブログでは、倉庫や工場の屋根工事を検討されている企業様、オーナー…続きを読む

屋根リフォームに関連する施工事例一覧

屋根リフォームに関連するお客様の声一覧

築20年屋根リフォームのご相談|千葉市緑区S様

【施工内容】
屋根補修工事
【一言メッセージ】
ていねいに説明していただき納得できました

千葉市花見川区|屋根葺き替え工事、ルーガ(雅)|M様

【施工内容】
屋根葺き替え
【一言メッセージ】
助かりました

木更津市|太陽光発電設置工事|石原様

【施工内容】

【一言メッセージ】
今後とも長いおつき合いをお願いします。アフターフォローもよろしく!!

街の屋根やさんは千葉県以外にも東京都、神奈川県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方の地域の街の屋根さんをお選びください。

お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 東京都 神奈川県 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県

点検・お見積り・ご相談無料!

街の屋根やさん千葉

点検・調査・お見積りなど無料で承ります!お気軽にお問い合わせください!

電話 お電話でのお問い合わせ[8時30分~20時まで受付]
0120-989-936
メール メールでのお問い合わせ
24時間受付中!

点検・調査・お見積りなど無料で承ります!
お気軽にお問い合わせください!

ご不明点やご相談など屋根のことなら何でもお問い合わせください

お電話でのお問い合わせは

メールでのお問い合わせは

住まいの外壁リフォーム無料相談受付中!屋根材外壁材のショールームはこちら
屋根工事が初めての方へ
街の屋根やさんの10のお約束
オンライン見積もり
最短1日!LINEで概算見積もり
雨漏りでお困りの方、お任せください
散水試験で雨漏りの原因を徹底追及
被害に遭う前に台風対策
屋根を軽くして地震に強い屋根に
屋根工事の料金プラン
リフォームローン
火災保険を屋根工事に適用できます
知って得する屋根工事の基礎知識
知って得する
屋根工事の基礎知識
屋根塗装・外壁塗装の塗料について
対応エリア
対応エリア一覧
株式会社シェアテック
ご連絡先はこちら
ご連絡先はこちら
株式会社シェアテック

千葉県木更津市文京5-11-16
ST×BASE
TEL:0438-38-3373
FAX:0438-38-3310
E-mail:info@sharetech.co.jp
ショールーム:木更津支店はこちら

点検・調査・お見積りなど無料で承ります!お電話でのお問い合わせは0120-989-936へ。8時半から20時まで受付中!メールでのお問合せは24時間受付中。

株式会社シェアテック
建設業許可:千葉県知事許可(般-29) 第 48193 号
〒292-0804 千葉県木更津市文京5-11-16 ST×BASE
TEL:0120-989-936 FAX:0438-38-3310
E-mail:info@sharetech.co.jp
ショールーム:木更津支店はこちら
千葉県・市原市・袖ケ浦市・木更津市・君津市を中心に千葉県全エリア対応中です。
(その他の地域の方もご相談ください)
屋根リフォーム / 屋根工事 / 屋根修理 / 屋根塗装 / 屋根葺き替え / 漆喰(しっくい)工事 / 雨樋(あまどい)工事 / 雨漏り修理 / 雨漏り工事 / 防水工事