千葉の『街の屋根やさん』は千葉 市原 袖ヶ浦 木更津 君津を中心に 千葉県全域で屋根工事や屋根リフォーム、軽微な屋根の修理、屋根の塗り替え(屋根塗装)、古くなった屋根の葺き替え工事(屋根葺き替え)をおこなっていま す。
街の屋根やさん千葉

点検・調査・お見積りなど無料で承ります!お気軽にお問い合わせください

電話 お電話でのお問い合わせ[8時30分~20時まで受付]
0120-989-936
メール メールでのお問い合わせ
24時間受付
ホーム 施工事例一覧 会社概要 施工の流れ 屋根工事の種類 屋根の豆知識 屋根お役立ち情報 本日の現場ブログ お客様の声 お問い合わせ
お客様の声
施工事例
現場ブログ
専門家が教える屋根の基礎知識
専門家が教える
屋根の基礎知識
街の屋根やサンの施工実績
街の屋根やさん
施工実績
 下に挙げたものは、1999年5月~2022年3月までに街の屋根やさんが直接施工した件数と地域です。小規模な屋根修理から大規模な屋根の葺き替え、一般のお住まいだけでなく大きな工場等の建築物の屋根にも幅広く対応しております。
最近の屋根工事事例やお客様の声は右側の各種メニューからご覧ください。

東葛飾エリア
市川・・298
松戸・・265
習志野・・162
流山・・119
鎌ヶ谷・・188
船橋・・448
野田・・120
柏・・171
我孫子・・102
浦安・・199


北総エリア
銚子・・79
佐倉・・177
四街道・・154
印西・・124
富里・・203
香取・・123
成田・・292
旭・・191
八街・・388
白井・・191
匝瑳・・117
印旛郡酒々井町・・100
印旛郡印旛村・・13
印旛郡本埜町・・14
印旛郡栄町・・35
香取郡神崎町・・27
香取郡多古町・・35
香取郡東庄町・・17

千葉エリア
千葉市中央区・・291
千葉市稲毛区・・210
千葉市緑区・・231
千葉市花見川区・・222
千葉市若葉区・・202
千葉市美浜区・・131
八千代市・・199
市原市・・802

九十九里エリア
茂原市・・181
勝浦市・・49
いすみ市・・112
東金市・・169
山武市・・103
山武郡大網白里町・・33
山武郡九十九里町・・71
山武郡芝山町・・29
山武郡横芝光町・・46
長生郡一宮町・・52
長生郡睦沢町・・16
長生郡長生村・・43
長生郡白子町・・57
長生郡長柄町・・23
長生郡長南町・・13
夷隅郡大多喜町・・21
夷隅郡御宿町・・26

南房総エリア
袖ケ浦・・283
木更津・・633
君津・・355
富津・・154
南房総・・80
安房郡鋸南町・・45
館山・・71
鴨川・・40

新型コロナウィルス
対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

屋根裏・天井裏・小屋裏はどう違う?構造と役割を分かりやすく解説!

「屋根裏」「小屋裏」 言葉は違いますが同じ空間を指しています
屋根裏や天井裏、小屋裏などの言葉。よく耳にしますが、具体的にどんな違いがあるのでしょうか?
実は、すべて同じ意味を持つ言葉で、「天井の上」と「屋根の下」にあるスペース全体を表しています。

 

 

 
 確かに、屋根側から見ると「屋根裏」、天井側から見ると「天井裏」ですから、言葉通りの空間ですよね。それに、家という建物を小屋に例えれば、その裏側として「小屋裏」というのもイメージできるのではないでしょうか。すべて同じ空間を表しているものの、言い回しが異なると少しややこしい感じがするかもしれませんね。
屋根の裏側だから屋根裏、天井の裏側だから天井裏、建物を小屋と見立てて小屋の見えない部分だから小屋裏、結局は同じところを指しているのにややこしいですね。 
 
今回の記事では、すべてを同じ意味としたうえで、「小屋裏」と統一して解説していきます。

 
 
  小屋裏の広さは屋根の勾配によって変わります
 小屋裏のスペースの広さは、屋根の勾配によって変わります。屋根の勾配(傾斜、傾き)がきついほど、小屋裏は広くなります。逆に、屋根にあまり傾きがなく、緩やかな場合には、小屋裏は狭くなるでしょう。
 ただし、建物によっては小屋裏と呼ばれるスペースは存在しません。屋根が急勾配な建物の例としてログハウスがありますが、天井部分がないことから「小屋裏」と言えるような空間はないのです。その分、お部屋全体がかなり広くなっています。
小屋裏は収納スペースやロフトなど使い方は様々
 屋根が急勾配だと小屋裏も広くなるので、そのままではもったいない気がしますよね。小屋裏は、実はさまざまな使い方ができる空間です。小屋裏の活用法として、特によく見られるのはロフトや小屋裏収納ではないでしょうか。ロフトや小屋裏収納は、正式な部屋とは違います。ただ、はしごなどを設ければお部屋からの移動もしやすく、いろいろな使い方ができて重宝します。
  小屋裏の広さは屋根の勾配によって変わります
 小屋裏のスペースの広さは、屋根の勾配によって変わります。屋根の勾配(傾斜、傾き)がきついほど、小屋裏は広くなります。逆に、屋根にあまり傾きがなく、緩やかな場合には、小屋裏は狭くなるでしょう。
 ただし、建物によっては小屋裏と呼ばれるスペースは存在しません。屋根が急勾配な建物の例としてログハウスがありますが、天井部分がないことから「小屋裏」と言えるような空間はないのです。その分、お部屋全体がかなり広くなっています。
小屋裏は収納スペースやロフトなど使い方は様々
 この小屋裏、は時として収納スペースを作っていらっしゃる家もあったり、「ロフト」と称してお部屋にしているお住まいも見受けられます。
 

小屋裏の持つ本当の意味とは?

太陽の熱に暖められた小屋裏の空気が室内に伝わることで2階の部屋は暑くなります
2階の部屋が暑くなるメカニズム
 小屋裏は、部屋の暑さに直接関係する重要な空間です。屋根は太陽の熱を直接受けている部分ですから、その熱は直下の小屋裏へと伝わり、空間全体を暖めます。そして、小屋裏の暖気は、さらにその下の室内へと…。夏になると2階の部屋が暑いというのは、屋根から小屋裏、そして小屋裏から室内へと暖められた空気が伝わるというメカニズムが背景にあるのです。
 
結露は冷気で冷えた小屋裏と暖房で湿気を帯びた室内との温度差で生じます
結露が発生するメカニズム

 小屋裏は、冬になると結露の問題とも深く関係しています。近年の屋根材には、結露が発生することがあります。屋根の下には「野地板」や「防水紙」がありますが、すべて密着しているので外気は伝わってきます。屋根材からだけでなく、隙間からも冬のひんやりした冷気が小屋裏に伝わってくるでしょう。
 しかし、暖房で暖かい室内側からは、冷気とは真逆の湿気を帯びた暖気が伝わってきます。屋根材の外側の空気と小屋裏の空気の温度差が大きくなるほどに、結露が発生しやすくなっているのです。ただ、雨漏りとは違い、小屋裏で起こっている結露は、ふだんの生活では発見できず、いつの間にか「木材にカビが発生していた」「屋根の下地が腐っていた」など、後から気づくことも多いでしょう。

 
 

小屋裏の換気はどのような仕組みなの?

有孔板やガラリで小屋裏は換気をしています
 前述したような夏の暑さや冬の結露は、小屋裏の換気が不十分で起こるケースがほとんどです。それでは、いったい小屋裏はどのように換気するのでしょうか?
 小屋裏の換気は、特別な機械を設置するわけでもなく、だいたいのお住まいについています。
 まずは「有孔板(有孔ボード)」と言われるものです。板の一面に、等間隔で穴が開いていて、空気の出入り口になっています。壁よりも外側に出っ張っている屋根の端部分の裏となる「軒裏天井」によく見られる建材です。  また、小屋裏の外側となる外壁部分にスリットの入った飾りや穴のような部分の「ガラリ」が設けられているケースもあります。
 有孔板やガラリによって、小屋裏の空気を対流させることができます。これらの換気の仕組みが上手く機能していれば、小屋裏に溜まった熱気や湿気を逃がすことが可能です。
 しかし、夏の暑さがひどい、冬には湿気で結露が悩み…などの場合は、これらの小屋裏換気がうまくいっていないのかもしれません。
 
棟板金に換気装置が付いた換気棟というものがあります
 また、コロニアル屋根や金属屋根に、換気棟と言われる部材を取り付けることもあります。換気棟が空気の通り道となり、小屋裏の夏の熱気や冬の湿気を逃がす仕組みです。
 換気棟は、一般的な住まいについている「有孔板」や「ガラリ」よりも高い位置に取り付けられるため、空気の対流が活発になり、換気効果も高まります。空気の出入りだけできるものなので、穴が開いていても雨は入りません。このように、小屋裏の暑さや湿気の対策は建物を長く持たせる上で重要です。

 

 

 

屋根裏に関連するブログ一覧

2022-03-26  千葉市花見川区幕張本郷にお住まいのお客様より、屋根の経年劣化が気になるということでご相談をいただき現地調査へ伺いました。スレート屋根の耐用年数は25年~30年程です。一部、スレート屋根材の種類にもよりますが、定期的なメンテナンスを実施されているかどうかで耐用…続きを読む
2022-03-19  お住まいに使用されている屋根材には、スレート・瓦・金属など様々な種類があります。屋根材にも様々な種類があるように、屋根の形状にも種類があります。一般的によく見かけるのがいわゆる三角屋根である切妻屋根です。皆様のお住まい、屋根はどんな形をして…続きを読む
2022-01-20  皆様のお住まいの屋根はどのような形状をしているでしょうか。屋根の形状にも様々な種類があります。一般的に見かけることが多いのが切妻屋根、いわゆる三角屋根ですが、近年では「片流れ屋根」も人気となり、見かけることも多くなってきました。では、片流れ…続きを読む

屋根裏に関連する施工事例一覧

屋根裏に関連するお客様の声一覧

屋根葺き替え工事が竣工した千葉県松戸市のI様

【施工内容】
破風板板金巻き工事
【一言メッセージ】
今回の工事で悩みがすべて解決できてとても満足です。

築30年以上で屋根からの雨漏りが 発生してしまったという野田市清水のO様の、 屋根カバー工事

【施工内容】
屋根カバー工事
【一言メッセージ】
今後も末永くよろしくお願いします

袖ケ浦市長浦駅前のお客様は屋根裏に入り込むスズメにお困りでした

【施工内容】
その他の工事
【一言メッセージ】
対応がしっかりしていて安心感がありました。

街の屋根やさんは千葉県以外にも東京都、神奈川県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方の地域の街の屋根さんをお選びください。

点検・お見積り・ご相談無料!

街の屋根やさん千葉

点検・調査・お見積りなど無料で承ります!お気軽にお問い合わせください!

電話 お電話でのお問い合わせ[8時30分~20時まで受付]
0120-989-936
メール メールでのお問い合わせ
24時間受付中!

点検・調査・お見積りなど無料で承ります!
お気軽にお問い合わせください!

ご不明点やご相談など屋根のことなら何でもお問い合わせください

お電話でのお問い合わせは

メールでのお問い合わせは

屋根工事が初めての方へ
街の屋根やさんの10のお約束
オンライン見積もり
最短1日!LINEで概算見積もり
雨漏りでお困りの方、お任せください
散水試験で雨漏りの原因を徹底追及
被害に遭う前に台風対策
屋根を軽くして地震に強い屋根に
屋根工事の料金プラン
リフォームローン
火災保険を屋根工事に適用できます
屋根塗装・外壁塗装の塗料について
株式会社シェアテック
ご連絡先はこちら
ご連絡先はこちら
株式会社シェアテック

千葉県木更津市文京5-11-16
ST×BASE
TEL:0438-38-3373
FAX:0438-38-3310
E-mail:info@sharetech.co.jp

株式会社シェアテック
建設業許可:千葉県知事許可(般-29) 第 48193 号
〒292-0804 千葉県木更津市文京5-11-16 ST×BASE
TEL:0120-989-936 FAX:0438-38-3310
E-mail:info@sharetech.co.jp
千葉県・市原市・袖ケ浦市・木更津市・君津市を中心に千葉県全エリア対応中です。
(その他の地域の方もご相談ください)
屋根リフォーム / 屋根工事 / 屋根修理 / 屋根塗装 / 屋根葺き替え / 漆喰(しっくい)工事 / 雨樋(あまどい)工事 / 雨漏り修理 / 雨漏り工事 / 防水工事