千葉の『街の屋根やさん』は千葉 市原 袖ヶ浦 木更津 君津を中心に 千葉県全域で屋根工事や屋根リフォーム、軽微な屋根の修理、屋根の塗り替え(屋根塗装)、古くなった屋根の葺き替え工事(屋根葺き替え)をおこなっていま す。
街の屋根やさん千葉

点検・調査・お見積りなど無料で承ります!お気軽にお問い合わせください

電話 お電話でのお問い合わせ[8時30分~20時まで受付]
0120-989-936
メール メールでのお問い合わせ
24時間受付
ホーム 施工事例一覧 会社概要 施工の流れ 屋根工事の種類 屋根の豆知識 屋根お役立ち情報 本日の現場ブログ お客様の声 お問い合わせ
お客様の声
施工事例
現場ブログ
専門家が教える屋根の基礎知識
専門家が教える
屋根の基礎知識
街の屋根やサンの施工実績
街の屋根やさん
施工実績
 下に挙げたものは、1999年5月~2022年3月までに街の屋根やさんが直接施工した件数と地域です。小規模な屋根修理から大規模な屋根の葺き替え、一般のお住まいだけでなく大きな工場等の建築物の屋根にも幅広く対応しております。
最近の屋根工事事例やお客様の声は右側の各種メニューからご覧ください。

東葛飾エリア
市川・・298
松戸・・265
習志野・・162
流山・・119
鎌ヶ谷・・188
船橋・・448
野田・・120
柏・・171
我孫子・・102
浦安・・199


北総エリア
銚子・・79
佐倉・・177
四街道・・154
印西・・124
富里・・203
香取・・123
成田・・292
旭・・191
八街・・388
白井・・191
匝瑳・・117
印旛郡酒々井町・・100
印旛郡印旛村・・13
印旛郡本埜町・・14
印旛郡栄町・・35
香取郡神崎町・・27
香取郡多古町・・35
香取郡東庄町・・17

千葉エリア
千葉市中央区・・291
千葉市稲毛区・・210
千葉市緑区・・231
千葉市花見川区・・222
千葉市若葉区・・202
千葉市美浜区・・131
八千代市・・199
市原市・・802

九十九里エリア
茂原市・・181
勝浦市・・49
いすみ市・・112
東金市・・169
山武市・・103
山武郡大網白里町・・33
山武郡九十九里町・・71
山武郡芝山町・・29
山武郡横芝光町・・46
長生郡一宮町・・52
長生郡睦沢町・・16
長生郡長生村・・43
長生郡白子町・・57
長生郡長柄町・・23
長生郡長南町・・13
夷隅郡大多喜町・・21
夷隅郡御宿町・・26

南房総エリア
袖ケ浦・・283
木更津・・633
君津・・355
富津・・154
南房総・・80
安房郡鋸南町・・45
館山・・71
鴨川・・40

新型コロナウィルス
対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

千葉市美浜区にて令和元年房総半島台風の被害を受けたスレート屋根の棟板金交換工事と屋根塗装工事を実施

before
horizontal
after

工事のきっかけを伺いました!


担当:岡野


 千葉市美浜区にお住いのI様邸にて行ったスレート屋根の棟板金交換工事と屋根塗装工事のお様子をご紹介致します。「台風で屋根の板金が破損してしまったので点検してほしい。」と、お問い合わせをいただきました。
 I様に状況をお伺いすると、令和元年房総半島台風の影響で棟板金が捲れてしまったそうです。台風通過後にご自身で屋根の上に上がり、捲れた部分を固定して応急処置をしてあるとの事でした。屋根の上は高所になり大変危険ですので一般の方は屋根に上がる事はお控えになり、私たち街の屋根やさんにお気軽にお問い合わせください。I様に該当箇所を教えていただき、梯子を使い屋根に上がると寄棟屋根の隅棟部分が破損しており棟板金交換工事が必要な状態でした。
 台風などの風害や大雪などの雪害など自然災害でご自宅が被害を受けた場合はご自宅に掛けている火災保険で対応できます。保険の種類にもよりますが、元の状態に復旧するために掛かる費用は保険会社が負担してくれますので、工事とあわせて申請する事で費用が抑えられます。
 棟板金の下地材の貫板は木製という事もあり経年により劣化してしまいますので固定する力が弱くなってしまいます。また、屋根材のスレートは塗膜が剥がれている状態で防水性が低下している状態でした。スレートは防水性が低下し、雨水を吸収しやすくなると耐久性の低下に繋がりひび割れや欠け、反り等の不具合に繋がります。
 I様に調査のご報告をし、被害を受けた箇所の棟板金交換工事と日本ペイント株式会社のファインパーフェクトベストを使用した屋根塗装工事をご提案したところ工事のご依頼をいただきました。
 千葉市美浜区にお住いのI様邸にて行ったスレート屋根の棟板金交換工事と屋根塗装工事のお様子をご紹介致します。「台風で屋根の板金が破損してしまったので点検してほしい。」と、お問い合わせをいただきました。
 I様に状況をお伺いすると、令和元年房総半島台風の影響で棟板金が捲れてしまったそうです。台風通過後にご自身で屋根の上に上がり、捲れた部分を固定して応急処置をしてあるとの事でした。屋根の上は高所になり大変危険ですので一般の方は屋根に上がる事はお控えになり、私たち街の屋根やさんにお気軽にお問い合わせください。I様に該当箇所を教えていただき、梯子を使い屋根に上がると寄棟屋根の隅棟部分が破損しており棟板金交換工事が必要な状態でした。
 台風などの風害や大雪などの雪害など自然災害でご自宅が被害を受けた場合はご自宅に掛けている火災保険で対応できます。保険の種類にもよりますが、元の状態に復旧するために掛かる費用は保険会社が負担してくれますので、工事とあわせて申請する事で費用が抑えられます。
 棟板金の下地材の貫板は木製という事もあり経年により劣化してしまいますので固定する力が弱くなってしまいます。また、屋根材のスレートは塗膜が剥がれている状態で防水性が低下している状態でした。スレートは防水性が低下し、雨水を吸収しやすくなると耐久性の低下に繋がりひび割れや欠け、反り等の不具合に繋がります。
 I様に調査のご報告をし、被害を受けた箇所の棟板金交換工事と日本ペイント株式会社のファインパーフェクトベストを使用した屋根塗装工事をご提案したところ工事のご依頼をいただきました。


担当:岡野

施工内容棟板金交換 屋根塗装

築年数築25年

平米数111.7㎡

施工期間6日間

使用材料屋根塗装工事:パーフェクトベスト

費用詳しくはお問い合わせください

ハウスメーカーハウスメーカー不明

保証10年

【施工内容】
棟板金交換 屋根塗装

築年数

築25年

平米数

111.7㎡

施工期間

6日間

使用材料

屋根塗装工事:パーフェクトベスト

費用

詳しくはお問い合わせください

ハウスメーカー

ハウスメーカー不明

保証

10年

調査の様子

令和元年房総半島台風の影響で隅棟の棟板金が破損 令和元年房総半島台風の影響で棟板金が破損

棟板金の調査の様子です。令和元年房総半島台風の影響で隅棟の棟板金が破損してしまったとの事で調査を行いました。破損した棟板金はお家の周りに落下していたので、I様ご自身でベランダから梯子を架けて屋根の上に上がり応急処置として元に戻されたそうですが、破損しているという事もあり棟板金が歪んでしまっています。
棟板金の飛散、落下は下地材の貫板の劣化によるものが原因として考えられますので、交換せずにこのままの状態ですと再度、飛散や落下に繋がりますので新しい貫板に交換する必要があります。また、破損した棟板金も歪んでおり再利用する事は推奨できませんので棟板金も新しく交換する必要があります。

スレート屋根調査の様子 下屋根の調査の様子

破損した箇所以外の棟板金には特に不具合は見られませんでした。下屋根の棟板金も特に被害はありませんでしたので、I様のご希望により被害を受けた箇所のみの棟板金交換工事を行なう運びとなりました。

スレートの塗膜の剥がれ

スレート屋根の塗膜の剥がれは防水性の低下や耐久性の低下に繋がります スレートの塗膜の劣化により防水性が低下し苔・藻・カビが発生

スレート屋根の塗膜が剥がれ素地が露出しているので耐久性の低下に繋がります

スレート屋根の屋根全体の調査の様子です。屋根材のスレートは塗膜で保護されており、防水性や耐久性を保持していますが、経年の劣化により塗膜が剥がれて素地が露出している状態でした。素地が露出している部分は防水性を失っている状態ですので雨水を吸収してしまいます。
スレートは雨水を含むと膨張し、乾燥すると収縮しますので膨張と収縮を繰り返すとスレートに負荷が掛かりますので耐久性の低下に繋がります。耐久性が低下するとひび割れや欠け、反り等の不具合が発生してしまい、塗装メンテナンスでは対応できなくなってしまいますので屋根塗装工事を行なう運びとなりました。

棟板金交換工事の様子

棟板金交換工事で既存の棟板金を解体撤去 棟板金交換工事で下地材の貫板にタフモックを使用

棟板金交換工事の様子です。棟板金交換工事は、先ず既存の棟板金と下地材の貫板を解体・撤去致します。解体し撤去が終わりましたら、下地材の貫板を屋根に固定していきます。

棟板金交換工事で下地材にタフモックを使用 下地材にタフモックを使用した棟板金交換工事が完了

貫板と棟板金設置の様子です。既存の貫板は木製でしたが、新しい貫板には樹脂製のタフモックを使用致します。既存の貫板は木製の為、湿気や雨水などの水分により腐食等の劣化が発生していましたが、新しい貫板のタフモックは樹脂製の為、腐食に強く耐久性に優れた下地材になりますので風に強い棟板金になります。

タフモックを設置致しましたら、新しい棟板金を設置していきます。棟板金を固定する際には従来の釘ではなくSUSビスで固定していきます。SUSビスはステンレス製で、ねじ込み式になります。錆にも強く抜けにくいのでタフモックと併用する事により風に強く強固な棟板金になります。

屋根塗装工事の様子

屋根塗装工事で屋根洗浄の様子 屋根塗装工事で屋根洗浄の様子

屋根塗装工事の様子です。屋根塗装工事では先ず、高圧洗浄で旧塗膜や苔・藻・カビ汚れを落としていきます。高圧洗浄で旧塗膜や苔等を落とさないと新しい塗料が密着せず、使用する塗料の耐用年数が発揮できません。

タスペーサーを設置

屋根塗装工事でタスペーサーを設置 屋根塗装工事でタスペーサーを設置

タスペーサー設置の様子です。屋根全体の高圧洗浄が終わりましたら屋根材と屋根材が重なる部分にタスペーサーを設置していきます。タスペーサーはスレート屋根を塗装する際に必要な縁切り作業に使用される部材になります。縁切りは屋根材と屋根材の縁を切る作業を指し、塗装の際に縁切りを行わないと塗料で屋根材の重なり部分が密着してしまうため雨漏りや内部結露が発生してしまう原因になります。従来の縁切り作業は塗装完了後、皮スキやカッター等で屋根材の重なり部分の塗料を1枚1枚剥がしていましたので手間と時間の掛かる作業でしたが、タスペーサーは屋根材と屋根材の重なり部分に差し込むだけですので時間も掛からず屋根材を傷める心配がなく、雨漏りのリスクも抑えられます。

棟板金の継目の処理

棟板金の継目をコーキング処理 棟板金の継目をコーキング処理

棟板金の継目の処理の様子です。棟板金の継目にはコーキング材が打設されていますが、既存のコーキング材は劣化しておりひび割れ等が発生していましたので、コーキング材を打ち替える事により雨水の浸入を防ぎ、耐久性の保持に繋がります。

下塗りの様子

屋根塗装工事の下塗り材にファイン浸透シーラーを使用 屋根塗装工事で下塗りの様子

下塗りの工程の様子です。上塗り塗料に日本ペイント株式会社のファインパーフェクトベストを使用致しますので、下塗り塗料は専用のファイン浸透シーラーを使用致します。
塗装工事は基本的に下塗り・中塗り・上塗りの3回塗りを行います。下塗りは塗装工事において下地と塗料を密着させるための重要な工程になり、接着剤のような役割を果たしたり塗装面の吸い込みを止めますので仕上がりを綺麗にするだけではなく、使用する塗料の耐用年数に関わる重要な工程になりますので必ず行います。

中塗り・上塗りの様子

屋根塗装工事で日本ペイント株式会社のファインパーフェクトベストを使用 屋根塗装工事で中塗りの様子

中塗りの様子です。使用する塗料は日本ペイント株式会社のファインパーフェクトベストになります。色はI様ご希望のマルーンになります。ファインパーフェクトベストはラジカル制御形ハイブリッド高耐候屋根用塗料になります。シリコングレードを超える優れた耐候性を備えており、防藻・防カビ性能も備えていますので藻やカビの発生を抑制し、美観の維持も期待できます。

上塗りの様子

屋根塗装工事で上塗りの様子 屋根塗装工事で上塗りの様子

上塗りの様子です。中塗りと同様にローラーで丁寧に塗装していきます。ファインパーフェクトベストは下地への塗着性が良好でローラー塗装の作業性に優れており、初期乾燥性が良いので足跡が付着するのを防ぎます。

屋根塗装工事で下屋根塗装の様子 屋根塗装工事で雨押えを刷毛で塗装していきます

下屋根の塗装の様子です。下屋根もローラーで塗装していくのですが、外壁の取り合いなどローラーで届かない箇所は刷毛を使用して丁寧に仕上げていきます。

工事が完了致しました

棟板金交換工事と屋根塗装工事が完了

中塗り・上塗り、細かいところのタッチアップが終わりましたら棟板金交換工事と屋根塗装工事が完了となります。破損した棟板金が新しくなり、屋根塗装工事も行いましたので防水性、耐久性の保持に繋がります。屋根の色もI様のイメージ通りという事で大変満足していただけました。

私たち街の屋根やさんでは引き続き新型コロナウィルス対策を行っており、必ずマスク着用でお伺いさせていただいております。ソーシャルディスタンスを徹底し、お客様やスタッフの安全管理を徹底致します。

 記事内に記載されている金額は2021年05月13日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。

工事を行なったI様のご感想をご紹介いたします

【工事前】

工事前お客様写真

Q1.工事を検討したきっかけは何ですか?どんなことで悩まれていましたか?
台風による屋根工事の必要性です

Q2.業者や工事会社をどのように探されましたか?
インターネット

Q3.当社を知りすぐにお問合せをされましたか?もし悩まれたとしたらどんなことがご不安でしたか?
今回千葉県全体で数多くの

Q4.何が決め手となり当社にお問合せをされましたか?
早く来てくれた事

Q5.実際に当社担当者がお伺いしていかがでしたでしょうか?
対応良し

I様のアンケートを詳しく見る→

このページに関連するコンテンツをご紹介

台風被害に遭う前に屋根とお住まいの対策をしておきましょう
台風被害に遭う前に屋根とお住まいの対策をしておきましょう
 私たちの住んでいる日本は世界的に見ても台風や地震といった自然災害が非常に多い地域です。台風の数で言うと気象庁の発表では2000年以降462(年間平均24)の台風が発生し、58もの台風が日本に上陸しました。年間平均で3、最も多い2004年には10を超える台風が日本に上陸し私たちの生活を脅かしました。…続きを読む
棟板金の飛散がご心配な方へ、棟板金交換工事でお悩み解決!
棟板金の飛散がご心配な方へ、棟板金交換工事でお悩み解決!
 毎年9月、10月の台風の時期になると特に増えるお問い合わせがあります。それは「棟板金交換」です。こちらのページをお読みの方でも「屋根の上から異音がする」など屋根の上の異変に不安を抱えていらっしゃる方はいらっしゃいませんでしょうか? 台風に限らず春一番や竜巻、木枯らしなど突発性の強風でも被害を受…続きを読む
スレート屋根(コロニアル、カラーベスト)のチェックポイントとメンテナンス方法
スレート屋根(コロニアル、カラーベスト)のチェックポイントとメンテナンス方法
 国内でもっとも使用されている屋根材の一つが今回のテーマにもなっているスレート(化粧スレート)と呼ばれる屋根材です。コロニアルやカラーベストとも呼ばれることも多く、「我が家も屋根材にスレートを使っている」という方も多いかもしれませんね。仮に瓦や金属といった他の屋根材のお住まいに住んでいらっ…続きを読む
防水性の低くなった屋根は危険!屋根塗装で防水性を回復
防水性の低くなった屋根は危険!屋根塗装で防水性を回復
屋根塗装と外壁塗装はメンテナンスと美観保持のために行います。屋根や外壁は風雨に曝され定期的なメンテナンスが必要です。屋根・外壁とも使われている材料によって使用する塗料が変わってきます。…続きを読む
台風や地震の後は屋根にのぼらないこと、災害便乗商法に注意すること
台風や地震の後は屋根にのぼらないこと、災害便乗商法に注意すること
 日本全土のほとんどが台風の通り道であり、地震大国でもあるという日本、豊かな気候など温泉やメリットもあるのですが、災害が多いというデメリットもあります。 地震や台風で被災してしまった場合、最も大切なのは二次被害を防ぐということです。二次被害は心掛け次第でゼロにすることができるはず…続きを読む
令和元年台風15号・19号で被災され、屋根工事をお待ちいただいている方へ
令和元年台風15号・19号で被災され、屋根工事をお待ちいただいている方へ
令和2年6月1日更新  現在、台風に関するお問い合わせはだいぶ落ち着いてきており、現地調査や工事着工についても通常通りとなっております。台風による被害がなかったと思っても、時間が経つことで発覚する問題もございます。お住まいのことで気になることがありましたらお気軽にご相談ください。現在の千葉県(木更津…続きを読む
スレート屋根は破損してませんか?ノンアスベストでも危険です
スレート屋根は破損してませんか?ノンアスベストでも危険です
 かつてスレート屋根は耐久性が高く、瓦より価格が安いため、現在までかなりの量が普及してきました。しかし、アスベスト問題が発生し、途中の時代からはアスベスト抜き(代替品を使用したもの)が普及しました。初期のものは急にアスベストを抜いたため、耐久性が低くなってしまっているものが普及してしまっています。7…続きを読む
スレート屋根へのカバー工法の選択肢
スレート屋根へのカバー工法の選択肢
【動画で確認「スレート屋根へのカバー工法の選択肢」】 長い文章のページとなっていますので、内容を動画でもまとめています。動画で見たいという方はこちらをご覧ください! ↓ ↓ ↓ 【動画で確認「スレート屋根へのカバー工法の選択肢」】 …続きを読む
その台風による屋根への被災、予防できたかもしれません
その台風による屋根への被災、予防できたかもしれません
 台風銀座と呼ばれている沖縄・九州・地方・近畿地方南部だけでなく、毎年のようにさまざまな地域に被害をもたらす台風。台風の通過により各地で被害が発生し、毎年多くのお問合せをいただきます。また、台風の通過からかなりの日数が経っているというのに街の屋根…続きを読む

街の屋根やさん本社

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒292-0804
        千葉県木更津市文京5-11-16
        ST×BASE 1F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん本社のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      街の屋根やさんは千葉県以外にも東京都、神奈川県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方の地域の街の屋根さんをお選びください。

      棟板金交換 屋根塗装に関連する新着ブログ

       浦安市海楽にて、屋根塗装を検討しているというお客様から調査のご依頼をいただきました。ご自宅の屋根が色褪せているように感じ始めたことが塗装をご検討されたきっかけのようです。  お客様のお ...続きを読む
       千葉市若葉区東寺山町へ、スレート屋根が一部飛散してしまったとのご相談をいただき現地調査にお伺いしました。街の屋根やさんでは無料で現地調査とお見積もりの作成を承っておりますので、屋根のことでお困りの際 ...続きを読む
       野田市中里にて化粧スレート屋根の点検を実施いたしました。お住まいは築20年以上が経過し、屋根塗装ができるかどうか確かめたいというお問い合わせをお客様から頂いたのが、今回の調査のきっかけです。スレート ...続きを読む
       市川市国分にてお住いのお客様より、「屋根の状態を確認したいので、点検に来てもらえないでしょうか」とのご依頼を承りました。近所でリフォームをする家が増えてきたことで、ご自宅の屋根の様子が気になるように ...続きを読む

      棟板金交換 屋根塗装に関連する新着施工事例

      柏市藤心でスレート屋根の部分欠損の修繕に伴う棟板金部分交換工事を施工

      施工内容

      スレート屋根補修工事 棟板金交換

      使用材料

      屋根材:コロニアルクアッド   棟板金:ガルバリウム鋼板(樹脂製貫板仕様)

      千葉市若葉区貝塚にて棟板金交換工事と日本ペイントのパーフェクトベスト(色はダークチョコレート)を使用した屋根塗装工事を実施

      施工内容

      棟板金交換 屋根塗装

      使用材料

      棟板金 GL鋼板・屋根塗装 日本ペイント パーフェクトベスト ダークチョコレート

      棟板金交換 屋根塗装を行ったお客様の声一覧

      君津市宮下のN様より和室天井からの雨漏りについてご相談をいただきました

      工事前アンケート画像

      Q2.工事を検討したきっかけは何ですか?どんなことで悩まれていましたか?

      雨漏り

      Q3.弊社をどのように探しましたか?

      インターネット

      Q4.弊社を知りすぐにお問合せをされましたか?もし悩まれたとしたらどんなことがご不安でしたか?

      した。予算です

      Q5.何が決め手となり弊社にお問合せをされましたか?

      近所だったから

      Q6.実際に弊社担当者がお伺いしていかがでしたでしょうか?

      ていねいで礼儀正しいかんじでした 説明もわかりやすかったです

      点検・お見積り・ご相談無料!

      街の屋根やさん千葉

      点検・調査・お見積りなど無料で承ります!お気軽にお問い合わせください!

      電話 お電話でのお問い合わせ[8時30分~20時まで受付]
      0120-989-936
      メール メールでのお問い合わせ
      24時間受付中!

      点検・調査・お見積りなど無料で承ります!
      お気軽にお問い合わせください!

      ご不明点やご相談など屋根のことなら何でもお問い合わせください

      お電話でのお問い合わせは

      メールでのお問い合わせは

      屋根工事が初めての方へ
      街の屋根やさんの10のお約束
      オンライン見積もり
      最短1日!LINEで概算見積もり
      雨漏りでお困りの方、お任せください
      散水試験で雨漏りの原因を徹底追及
      被害に遭う前に台風対策
      屋根を軽くして地震に強い屋根に
      屋根工事の料金プラン
      リフォームローン
      火災保険を屋根工事に適用できます
      屋根塗装・外壁塗装の塗料について
      株式会社シェアテック
      ご連絡先はこちら
      ご連絡先はこちら
      株式会社シェアテック

      千葉県木更津市文京5-11-16
      ST×BASE
      TEL:0438-38-3373
      FAX:0438-38-3310
      E-mail:info@sharetech.co.jp

      株式会社シェアテック
      建設業許可:千葉県知事許可(般-29) 第 48193 号
      〒292-0804 千葉県木更津市文京5-11-16 ST×BASE
      TEL:0120-989-936 FAX:0438-38-3310
      E-mail:info@sharetech.co.jp
      千葉県・市原市・袖ケ浦市・木更津市・君津市を中心に千葉県全エリア対応中です。
      (その他の地域の方もご相談ください)
      屋根リフォーム / 屋根工事 / 屋根修理 / 屋根塗装 / 屋根葺き替え / 漆喰(しっくい)工事 / 雨樋(あまどい)工事 / 雨漏り修理 / 雨漏り工事 / 防水工事