千葉の『街の屋根やさん』は千葉 市原 袖ヶ浦 木更津 君津を中心に 千葉県全域で屋根工事や屋根リフォーム、軽微な屋根の修理、屋根の塗り替え(屋根塗装)、古くなった屋根の葺き替え工事(屋根葺き替え)をおこなっています。
街の屋根やさん千葉

点検・調査・お見積りなど無料で承ります!お気軽にお問い合わせください

電話 お電話でのお問い合わせ[8時30分~20時まで受付]
0120-989-936
メール メールでのお問い合わせ
24時間受付
ホーム 施工事例一覧 会社概要 施工の流れ 屋根工事の種類 屋根の豆知識 屋根お役立ち情報 本日の現場ブログ お客様の声 お問い合わせ
お客様の声
施工事例
現場ブログ
専門家が教える屋根の基礎知識
専門家が教える
屋根の基礎知識
街の屋根やサンの施工実績
街の屋根やさん
施工実績
 下に挙げたものは、1999年5月~2024年3月までに街の屋根やさんが直接施工した件数と地域です。小規模な屋根修理から大規模な屋根の葺き替え、一般のお住まいだけでなく大きな工場等の建築物の屋根にも幅広く対応しております。
最近の屋根工事事例やお客様の声は右側の各種メニューからご覧ください。

東葛飾エリア
市川市・・525
松戸市・・356
習志野市・・205
流山市・・137
鎌ヶ谷市・・190
船橋市・・597
野田市・・157
柏市・・252
我孫子市・・124
浦安市・・233


北総エリア
銚子市・・84
佐倉市・・211
四街道市・・182
印西市・・138
富里市・・214
香取市・・131
成田市・・306
旭市・・198
八街市・・409
白井市・・201
匝瑳市・・120
印旛郡酒々井町・・101
印旛郡印旛村・・13
印旛郡本埜町・・14
印旛郡栄町・・39
香取郡神崎町・・27
香取郡多古町・・36
香取郡東庄町・・17

千葉エリア
千葉市中央区・・325
千葉市稲毛区・・251
千葉市緑区・・265
千葉市花見川区・・258
千葉市若葉区・・244
千葉市美浜区・・152
八千代市・・246
市原市・・897

九十九里エリア
茂原市・・202
勝浦市・・54
いすみ市・・121
東金市・・191
山武市・・115
大網白里市・・48
山武郡九十九里町・・77
山武郡芝山町・・30
山武郡横芝光町・・52
長生郡一宮町・・54
長生郡睦沢町・・17
長生郡長生村・・48
長生郡白子町・・61
長生郡長柄町・・24
長生郡長南町・・16
夷隅郡大多喜町・・24
夷隅郡御宿町・・33

南房総エリア
袖ケ浦市・・332
木更津市・・786
君津市・・411
富津市・・179
南房総市・・90
安房郡鋸南町・・47
館山市・・80
鴨川市・・43

塗装工事に最適な春の工事を応援!春限定のAmazonギフト券プレゼントキャンペーン実施中

塗装工事に最適な春の工事を応援!春限定のAmazonギフト券プレゼントキャンペーン実施中

最も安い屋根材を徹底比較!屋根材の価格と特徴から最適な屋根材を選びましょう

更新日 : 2024年04月30日

更新日 : 2024年04月30日

 屋根材とは屋根を作る時に使用される建築資材で、その種類は素材と形状別に大きく分けると瓦(粘土、セメント)・スレート・金属の3つになります。
 このページでは「安い」屋根材ということに言及するだけでなく、その屋根材のメリットやデメリット、さらに安い部分は材料なのか、それとも施工費なのか、はたまたランニング費用なのかなど、様々な視点からお話しいたします!(^▽^)/

 
※この記事は6分程度で読了が可能です。



屋根材の基本知識

お住まい

 屋根材は、家を自然の厳しい条件から守っています。雨、雪、風、さらには紫外線や熱から、お住まいを保護する役割を果たしてくれているのです!屋根の機能性を維持することは、建物全体の耐久性を保つ上で極めて重要です。屋根が損傷すると、雨漏りが発生しやすくなり、これが建物の構造や内部の仕上げにさまざまな問題を引き起こす可能性があります(>_<;)
 また、屋根材は建物の熱効率にも大きく影響します。適切な屋根材を使用することで、夏は涼しく、冬は暖かく保つことができ、エネルギーコストの削減に寄与するのです。

屋根リフォーム

 屋根の色材質、そして構造は、家の外観にも大きく影響し、物件の美観と市場価値を高める要素となります。
 このように屋根材は、単に家を覆うだけでなく、その耐久性、効率性、そして美観を大きく左右するため、選択には慎重を期す必要があるのです!(^^)/

屋根材の選び方

耐久性の考慮

 屋根材を選ぶ際に最も重要な要素の一つが耐久性です。

 耐久性の高い屋根材は、長期間にわたって家を保護し、頻繁な修理や交換の必要性を減少させるため、長期的に見てもコストを下げることに繋がります。耐久性は材料の質構造、そして施工技術に大きく依存しますが、各屋根材の固有の特性も大きな役割を果たします

金属屋根を徹底比較 ガルバリウム鋼板の屋根

 
 たとえば、ガルバリウム鋼板銅板などの金属屋根は、耐候性や耐腐食性に優れており、一般的に30年から50年以上の寿命が期待できます!(゜o゜)

アスファルトシングル

 これに対し、アスファルトシングルや一部の軽量スレート材は、20年から30年の耐用年数が一般的です。耐久性を考慮する際には、屋根材メーカーが提供する保証期間にも注目し、長期間の保証が提供されている材料を選ぶことが重要です。

 また、耐久性を評価する際には、屋根材が地元の気候条件にどのように適応するかを検討する必要があります。例えば、頻繁に強風や台風が発生する地域では、風に強い屋根材を選ぶことが求められます!

地域の気候

 屋根材を選ぶ際には、地域の気候条件を考慮することが非常に重要です。

 地域によって降水量温度風の強さ、そして雪の量が異なるため、これらの環境因子に最適な屋根材を選択することが、屋根の寿命を最大化し、メンテナンスコストを最小限に抑える鍵となります(^_^)b

 例えば、高温多湿の気候では、熱を反射しやすく、湿気に強い材料が望ましいです。金属屋根や特定の処理が施されたスレートが適しています。寒冷地では、雪の重みに耐えることができ、断熱性に優れた屋根材が求められます。これには、厚型のスレート瓦や特定の種類の金属屋根が適しています。

降雪 降雪量の多い地域

 海岸地域では、塩分に強い材質が必要です。このような環境では、亜鉛やアルミニウムのコーティングが施されたガルバリウム鋼板が適しているとされます。

 また、屋根材が日常的に強い風にさらされる場合は、飛ばされにくい重い材料や特別な固定方法が必要です!

デザインとの調和
デザイン デザイン性のある住宅

 屋根は家の外観に大きな影響を与えるため、デザインとの調和も重要な選択基準です。

 建物のスタイルに合わせて屋根材を選ぶことで、見た目の美しさだけでなく、不動産の価値を高めることができます。例えば、伝統的な日本家屋には和瓦が、モダンな住宅には金属屋根やスレートが適しています。

 屋根の色や形状も考慮に入れ、建物の外壁や周囲の環境と調和することが望ましいです。また、屋根材が地域の建築規範やデザイン基準に適合しているかを確認することも重要です。

価格とコストパフォーマンス

 屋根材の選択において価格は避けて通れない要素ですが、初期コストだけでなく、長期的なコストパフォーマンスも考慮することが賢明です。安価な屋根材でも、メンテナンスや交換が頻繁に必要な場合は、長期的には高価になる可能性があります(>_<;)

屋根塗装

 一方で、初期投資が高い屋根材であっても、メンテナンスの手間が少なく、耐久性が高ければ、時間と共にその価値を十分に発揮します!

 たとえば、ガルバリウム鋼板は初期費用が高いものの、その耐候性とメンテナンスの容易さから、長期的なコストパフォーマンスは非常に高いと評価されています。


最も安い屋根材は?

 屋根材は雨を屋内に侵入浸入させないために、非常に重要な部材であることがお分かりいただけたかと思います!

 

 屋根材を単純に安さだけで選ぶというのも躊躇してしまうかもしれませんが、それでもやっぱり材料の費用は気になるとこですよね(*^-^*)

 

 ここでは材料と工賃としての「安さ」について考えてみましょう。

コロニアル屋根材

1位:コロニアル(スレート、カラーベスト)

 瓦、コロニアル(スレート、カラーベスト)、金属の中で一番価格が安いのはコロニアルやカラーベストと呼ばれる化粧スレートです。

 スレートは、セメントや繊維素材を混合して作られる屋根材で、多様な色や形状が特徴です。耐火性に優れ、比較的低コストで提供されることが多いため、広く一般の住宅で採用されています。

 

 街の屋根やさんでは屋根葺き替え工事を行った場合、コロニアル(スレート、カラーベスト)は㎡あたり5,500円~となっております。

>>スレートの詳細ページはこちら<<
 
金属屋根

2位:金属

 コロニアル(スレート、カラーベスト)に続いて安いのは金属屋根材になります(^^)v

 ガルバリウム鋼板は、アルミニウムと亜鉛の合金でコーティングされた鋼板で、その耐久性とメンテナンスの容易さから高い人気を誇っています。特に、軽量でありながら優れた耐候性と耐腐食性を持つため、様々な気候条件下での使用に適しています。また、そのスタイリッシュな外観は現代的な住宅デザインにもよく合います。

 屋根葺き替え工事で金属屋根材のスーパーガルテクトは㎡あたり6,800円~になります。

 とても軽量なので、地震対策で重い瓦から金属屋根に変える方も多いことが特徴です。

 

 どんなものでも高い部分が重いと不安定になりますが、これは建物も同じなんです(^▽^)/

 単純に屋根の重量を減らすだけでも耐震性は高まります。

 

>>金属屋根の詳細ページはこちら<<

 

瓦

3位:瓦

 日本瓦は、粘土を焼いて作る伝統的な屋根材で、その耐久性と美観から多くの伝統的な建物に用いられています。重厚感があり、風雨に強いことが特徴です。

 瓦はインターネット通販などでも売られていますが、その価格は安いと一枚あたり150円~400円ほどです。

 しかし、瓦によっては非常に高額なものもあり、一枚1500円以上するものもあります(>_<)

 これが㎡あたり15枚ほど使用されます。

 が、瓦の施工は専門技術が必要で加工や設置までの工賃を考えると一番高額になっております。

>>瓦についての詳細ページはこちら<<

 

 価格の安さでいうとコロニアルスレートが一位です!

 

 屋根に必要とされる機能性については雨を防いだり、強烈な夏場の紫外線にも耐えうる屋根材であることから近年、新築にも多く使われている屋根材です。

 続いて金属、瓦と価格は上がっていきますが、その分長持ちであったり軽量といった利点があります(*^-^*)

 屋根材によってメンテナンスによっても費用が変わります!(^▽^)/

 新築時に選んだ屋根材もランニング10年、20年と年月を経ていくとどうしてもメンテナンスが必要になります。

 それで屋根材ごとのメンテナンス費用について考えてみましょう。

コロニアル(スレート、カラーベスト)のメンテナンスについて

 まず価格で一番安いコロニアル(スレート、カラーベスト)ですが、このラインナップの中では一番耐用年数が短く20年~25年程になります。

 経年による変化として、まずは苔や藻などの付着、変色、さらに時間が経つと割れや変形といった問題が出てきます(-_-;)

 

 そこで10年ほどの周期で屋根塗装を行っていくことで寿命を延ばすことができますが、25年以上になると屋根材自体がダメになり屋根材の交換として屋根葺き替え工事や屋根カバー工法を行う必要があります!

 

 屋根塗装は使う塗料によって金額は変わりますが、街の屋根やさんでは弱溶剤シリコン塗料の場合は168,000円からです(*^^)v

 

 もちろん高圧洗浄、縁切りのタスペーサー設置、計3回塗り(下塗り、中塗り、上塗り)が入った金額です(屋根面積60㎡までとなります)!

 スレート屋根の塗装塗装で重要な下地処理の一つ、高圧洗浄の様子です。

 

 苔が生えた屋根も塗装をすればご覧の通り輝きを取り戻します。

金属屋根材のメンテナンスについて

 現在、金属屋根材で主流な材はガルバリウム鋼板です!

 この金属は錆びに強く、とても長持ちです。

 

 スーパーガルテクトを例にしますと、赤さび15年、穴あきは25年のメーカー保証が付いていますので安心ですね(*^-^*)

 耐用年数で言えば30年以上はゆうにあるといえるでしょう(*_*)

 耐用年数が長といってもやはり定期的な塗装は必要で、その場合は事前のさび落としや錆び止めの塗布。

 その上で下塗り、中塗り、上塗りと仕上げていきます。

 

金属屋根材は定期的な塗装をしないと、塗膜が無くなったところから錆が発生します。

錆止めを塗布している様子です。この作業の前にケレンといって研磨用たわしなどで錆を除去してから錆止めを塗ります。

瓦屋根のメンテナンスについて

 瓦には以下の種類があります。

・釉薬瓦(陶器瓦)

 粘土瓦ですが、表面に釉薬を施しているため、光沢があり表面を触るとつるつるとしています。

 

 陶磁器にも釉薬処理されていることから釉薬瓦のことを陶器瓦ともいいます。

 釉薬で表面が覆われているため耐用年数がとても長く60年以上持ちます。

 

・無釉薬瓦

 一般的に多くみられるのがこの瓦ですね(^▽^)/

 シンプルで素朴な素材感を持つのが無釉薬瓦です。

 釉薬処理されていない素焼きの瓦で、素焼き瓦とも言われます。

 

 釉薬されていない分若干耐用年数が短く50年程ですが、それでもかなり長持ちと言えるでしょう。

 

・いぶし瓦

 釉薬を使わず、いぶすことでギングロやいぶし銀と呼ばれる色をつけた瓦です。

 ギングロやいぶし銀と呼ばれる色は炭素被膜で釉薬と同じくらいの強さがあります。

 この炭素被膜は表面だけでなく、内部にも染みわたっており、割ってみると表面も中身も同じ色をしていることが分かります。

 経年によってこの炭素被膜が色を変えることも特徴でだんだんと薄くなっていきます

 耐用年数は40年以上と言われており、いぶし工程の良し悪しで寿命が変わるともいわれています(^▽^)/

 

 経年で色が薄くなってくることを楽しむ方もおられます。

 

・セメント瓦

 粘土ではなくセメントで作られた瓦です。耐久性を高めるために表面に塗装がされていることが多く、なかには釉薬を施したものもあります。

 しかし瓦だけで比較すると耐用年数は20年程度とちょっと短いです(-_-;)

 

・ハイブリッド瓦

 ハイブリッドの名の通り、複数の主成分から作られた瓦です。

 街の屋根やさんではROOGAシリーズのハイブリッド瓦を使用しています!

 特徴は樹脂混入繊維補強軽量セメントで軽くて割れにくい、まさに粘土瓦の弱点を解消した屋根材といえるでしょう。

 粘土瓦(釉薬、無釉薬)、ハイブリッド瓦は塗装などのメンテナンスが不要で、とても長持ちです。

 台風で飛来物が飛んできたりすると割れることもありますが、そのようなケースを除けば100年以上持つ場合もあります(*_*)

>>ROOGAシリーズについて詳しくはこちら<<

 

 セメント瓦に関してはスレートや金属屋根材と同様、屋根塗装を定期的に行っていく必要があります。

 釉薬瓦はご覧の通り光沢があり、太陽光が当たると光が反射しています。

 

 とても長持ちで60年以上ノーメンテナンスですが、屋根材の下の防水紙は20年ほどで交換が必要になります。

 

 年数が経ったセメント瓦です。表面の塗装が剥がれて苔なども生えています!

 この状態は屋根塗装を行う必要があります。


スレートから金属屋根へ、屋根カバー工事の施工事例をご紹介!

屋根カバー工事をご依頼いただいた、八千代市のC様

屋根カバー工事を行ったC様

 C様より、スレートが剥がれてしまっているとのご相談をいただいたのが今回の工事のきっかけでした。

before
horizontal
after
 コロニアルNEOを、アイジー工業スーパーガルテクトを使ってカバー工事!
 お色はSシェイドブラウンをお選びいただき、お洒落な印象の屋根へと生まれ変わりました(^^♪
 街の屋根やさんは、カバー工法での施工経験が豊富です。屋根材でお悩みの方、リフォームをご検討中の方は、是非お気軽にお問合せください!(^^)/
 
→施工事例の詳しい内容はこちらからご覧いただけます
→工事のご感想はこちらからご覧いただけます

【まとめ】屋根材は価格以外に特徴や用途によって選びましょう

 屋根材を選ぶ時はやはり価格だけでなく、その後のメンテナンスや特徴を考える必要があります!

 特に最近は地震や台風などの自然災害に強いお住まいを検討している方が多いです(*^^)v

 

 地震については屋根の重さがあると、揺れによるダメージが大きくなるため、軽量な屋根材がお勧めです。

 また、台風による強風に対して瓦はずれやすいため、屋根材が固定できるタイプが望ましいと言えるでしょう。

 つまりは軽くて、固定するタイプがお薦めということですね(^▽^)/

 軽量でさらに強風にも強い屋根材となると、一つは金属屋根材、もしくはROOGAなどのハイブリッド瓦などがお勧めです。

 

 もちろん、価格や機能だけでなく屋根はお住まいの印象を決める部分でもあるため、意匠性に優れた屋根材をご希望の方もいるでしょう。

 

 街の屋根やさんではそれらのご要望に合わせ、屋根のタイプや今後のメンテナンスも考慮したご提案をいたします!

 これから屋根リフォームをご検討中で、屋根材選びにお困りの方はお気軽にご相談ください。

 記事内に記載されている金額は2024年04月30日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。
2024年最新情報!補助金でお得にリフォーム!

関連動画をチェック!

屋根塗装が雨漏りを引き起こす!?スレート屋根の方は必見!【プロが解説!アメピタ!】

 今回の記事で登場した工事やお住まいのトラブルに関連する動画をご紹介します!


 こちらの動画では、工事の内容やお住まいのトラブルの対処方法などをより詳しく説明しています。
 お役立ち情報が満載ですのでぜひご覧になってみてください。


このページに関連するコンテンツをご紹介

瓦・スレート・金属 あなたの屋根はどのタイプ?
瓦・スレート・金属 あなたの屋根はどのタイプ?
 和風と洋風のテイスト、現代的と伝統的の時代感、現在はそれらの枠を飛び越えた様々なデザインの建築が増えました。一般的なお住まいも実に多彩です。 また、それに合わせて屋根の形状も多様になってきました。オーソドックスな三角屋根、地球環境に配慮し太陽光発電を数多く載せられるように南斜面…続きを読む
各種屋根材の耐久性ランキング
各種屋根材の耐久性ランキング
 お住まいの中で最も過酷な環境に晒されている部位を問われたら、多くの方が屋根だと答えるでしょう。 高いから強風の影響を受けやすく、寒暖・雨・直射日光といった天候の影響をダイレクトに受ける、本当にとんでもないところです。 寒い地方になれば、降雪や降雹はもちろんのこと、軒に氷柱ができます。積雪の重みに…続きを読む

お問い合わせはこちらから

街の屋根やさんは千葉県以外にも東京都、神奈川県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方の地域の街の屋根さんをお選びください。

お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 東京都 神奈川県 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県

屋根葺き替え 瓦屋根工事 スレート屋根工事 金属屋根工事 屋根カバー工事 防水工事 屋根塗装 ガルバリウム鋼板に関連する新着ブログ

近年では金属屋根の人気が高まっていますが、日本国内ではまだまだスレート屋根の普及率が高い状態です。 この記事を読まれている方の中にも、自宅の屋根はスレートだという方が多いのではないでしょうか? ...続きを読む
2022年以降、全ての新築住宅では瓦屋根の瓦を一枚一枚全て釘またはビスで固定することが義務化されました。 従来では、瓦を釘やビスで固定することは義務化されておらず、地震や台風で瓦が脱落してしまう ...続きを読む
瓦屋根のメリットとデメリット    松戸市北松戸で瓦屋根の現地調査にお伺いさせていただきました!  瓦屋根にはいくつかのメリットがあります。まず、瓦屋根は断熱性や遮音性に優れています。こ ...続きを読む
 鎌ヶ谷市南初富でスレート屋根のカバー施工についてご相談を頂き、無料点検調査にお伺いさせて頂きました。    こちらのお宅は建てられてから約30年を経過している状況で、年代的にア ...続きを読む

最も安い 屋根材に関連する新着ブログ

 屋根材はたくさんの種類があり、いざリフォームで使用するものを決めるとなると迷うポイントではないでしょうか? そのため、まずは何を重視したいか決めてみると、屋根材も選択しやすくなります。  そこで多く ...続きを読む
耐久性、耐震性の高い金属屋根材は、屋根リフォームで高い人気を誇っています(^_^)/ こちらの記事では軽くて丈夫な金属屋根材の中から、ジンカリウム鋼板屋根材である「ディーズルーフィング」の魅力を ...続きを読む
みなさん、屋根の点検はお済みですか? だんだんと春の陽気が近づいてきましたが、油断しているとすぐに梅雨シーズンがやってきます(+_+) 毎年、梅雨のシーズンには雨漏り修理のお問い合わせが増 ...続きを読む
屋根葺き替え工事は、既存の屋根材を撤去して新しい屋根材を設置する屋根リフォームです。 近年、瓦屋根のお住まいの方から屋根葺き替えリフォームをご相談・ご用命いただく機会が増えています。 そこ ...続きを読む

屋根葺き替え 瓦屋根工事 スレート屋根工事 金属屋根工事 屋根カバー工事 防水工事 屋根塗装 ガルバリウム鋼板に関連する新着施工事例

千葉市花見川区柏井で棟板金の交換工事、ギングロ色のガルバリウム鋼板で施工

施工内容

棟板金交換 ガルバリウム鋼板

使用材料

ガルバリウム鋼板 樹脂製貫板

松戸市和名ケ谷でスレート屋根に(高耐候ガルバ)を使用した屋根カバー工事を行いました

施工内容

屋根カバー工事 換気棟

使用材料

アイジー工業 スーパーガルテクト

屋根葺き替え 瓦屋根工事 スレート屋根工事 金属屋根工事 屋根カバー工事 防水工事 屋根塗装 ガルバリウム鋼板を行ったお客様の声一覧

船橋市芝山にて1階屋根カバー、戸袋板金カバー工事を実施!完了後のお客様の声

お客様写真

工事前アンケート画像

Q2.工事を検討したきっかけは何ですか?どんなことで悩まれていましたか?

雨水が天井にもれた為。

Q3.弊社をどのように探しましたか?

インターネット

Q4.弊社を知りすぐにお問合せをされましたか?もし悩まれたとしたらどんなことがご不安でしたか?

すぐに問合せた。

Q5.何が決め手となり弊社にお問合せをされましたか?

人柄が良かった為。

Q6.実際に弊社担当者がお伺いしていかがでしたでしょうか?

仕事がていねい。

工事後アンケート画像

Q2.当初、工事を依頼する会社にどんなことを期待されていましたか?

しっかりした会社

Q3.弊社にご依頼いただく際に他社と比較しました方はどこの会社と比較しましたか?

比較していない。

Q4.弊社に工事をご依頼いただいた決め手は何ですか?

ていねい。

Q5.工事が終わってみていかがですか?良かった事・嬉しかったことを忌憚なく頂戴出来ましたら幸いです。

満足している

Q6.街の屋根やさんを他の方に紹介するとしたらなんと紹介しますか?

紹介する。(仕事がていねい人柄が良い)

お問い合わせフォーム

お名前 必須

ふりがな 【任意】

ご住所(工事地住所) 必須 ※郵便番号入力で町名まで自動入力されます。

郵便番号

番地・ビル・マンション名

E-mail (半角英数) 必須

電話番号 (半角英数) 【任意】

お問い合わせ内容 【任意】

点検・お見積り・ご相談無料!

街の屋根やさん千葉

点検・調査・お見積りなど無料で承ります!お気軽にお問い合わせください!

電話 お電話でのお問い合わせ[8時30分~20時まで受付]
0120-989-936
メール メールでのお問い合わせ
24時間受付中!

点検・調査・お見積りなど無料で承ります!
お気軽にお問い合わせください!

ご不明点やご相談など屋根のことなら何でもお問い合わせください

お電話でのお問い合わせは

メールでのお問い合わせは

その業者、違法かも!?違法業者を避けるために知っておきたい足場の法改正
2024年最新情報!補助金でお得にリフォーム!
住まいの外壁リフォーム無料相談受付中!屋根材外壁材のショールームはこちら
屋根工事が初めての方へ
街の屋根やさんの10のお約束
オンライン見積もり
最短1日!LINEで概算見積もり
雨漏りでお困りの方、お任せください
散水試験で雨漏りの原因を徹底追及
被害に遭う前に台風対策
屋根を軽くして地震に強い屋根に
屋根工事の料金プラン
リフォームローン
火災保険を屋根工事に適用できます
知って得する屋根工事の基礎知識
知って得する
屋根工事の基礎知識
屋根塗装・外壁塗装の塗料について
対応エリア
対応エリア一覧
株式会社シェアテック
ご連絡先はこちら
ご連絡先はこちら
株式会社シェアテック

千葉県木更津市文京5-11-16
ST×BASE
TEL:0438-38-3373
FAX:0438-38-3310
E-mail:info@sharetech.co.jp
ショールーム:木更津支店はこちら

点検・調査・お見積りなど無料で承ります!お電話でのお問い合わせは0120-989-936へ。8時半から20時まで受付中!メールでのお問合せは24時間受付中。

株式会社シェアテック
建設業許可:千葉県知事許可(般-29) 第 48193 号
〒292-0804 千葉県木更津市文京5-11-16 ST×BASE
TEL:0120-989-936 FAX:0438-38-3310
E-mail:info@sharetech.co.jp
ショールーム:木更津支店はこちら
千葉県・市原市・袖ケ浦市・木更津市・君津市を中心に千葉県全エリア対応中です。
(その他の地域の方もご相談ください)
屋根リフォーム / 屋根工事 / 屋根修理 / 屋根塗装 / 屋根葺き替え / 漆喰(しっくい)工事 / 雨樋(あまどい)工事 / 雨漏り修理 / 雨漏り工事 / 防水工事