千葉の『街の屋根やさん』は千葉 市原 袖ヶ浦 木更津 君津を中心に 千葉県全域で屋根工事や屋根リフォーム、軽微な屋根の修理、屋根の塗り替え(屋根塗装)、古くなった屋根の葺き替え工事(屋根葺き替え)をおこなっています。
街の屋根やさん千葉

点検・調査・お見積りなど無料で承ります!お気軽にお問い合わせください

電話 お電話でのお問い合わせ[8時30分~20時まで受付]
0120-989-936
メール メールでのお問い合わせ
24時間受付
ホーム 施工事例一覧 会社概要 施工の流れ 屋根工事の種類 屋根の豆知識 屋根お役立ち情報 本日の現場ブログ お客様の声 お問い合わせ
お客様の声
施工事例
現場ブログ
専門家が教える屋根の基礎知識
専門家が教える
屋根の基礎知識
街の屋根やサンの施工実績
街の屋根やさん
施工実績
 下に挙げたものは、1999年5月~2024年3月までに街の屋根やさんが直接施工した件数と地域です。小規模な屋根修理から大規模な屋根の葺き替え、一般のお住まいだけでなく大きな工場等の建築物の屋根にも幅広く対応しております。
最近の屋根工事事例やお客様の声は右側の各種メニューからご覧ください。

東葛飾エリア
市川市・・525
松戸市・・356
習志野市・・205
流山市・・137
鎌ヶ谷市・・190
船橋市・・597
野田市・・157
柏市・・252
我孫子市・・124
浦安市・・233


北総エリア
銚子市・・84
佐倉市・・211
四街道市・・182
印西市・・138
富里市・・214
香取市・・131
成田市・・306
旭市・・198
八街市・・409
白井市・・201
匝瑳市・・120
印旛郡酒々井町・・101
印旛郡印旛村・・13
印旛郡本埜町・・14
印旛郡栄町・・39
香取郡神崎町・・27
香取郡多古町・・36
香取郡東庄町・・17

千葉エリア
千葉市中央区・・325
千葉市稲毛区・・251
千葉市緑区・・265
千葉市花見川区・・258
千葉市若葉区・・244
千葉市美浜区・・152
八千代市・・246
市原市・・897

九十九里エリア
茂原市・・202
勝浦市・・54
いすみ市・・121
東金市・・191
山武市・・115
大網白里市・・48
山武郡九十九里町・・77
山武郡芝山町・・30
山武郡横芝光町・・52
長生郡一宮町・・54
長生郡睦沢町・・17
長生郡長生村・・48
長生郡白子町・・61
長生郡長柄町・・24
長生郡長南町・・16
夷隅郡大多喜町・・24
夷隅郡御宿町・・33

南房総エリア
袖ケ浦市・・332
木更津市・・786
君津市・・411
富津市・・179
南房総市・・90
安房郡鋸南町・・47
館山市・・80
鴨川市・・43

塗装工事に最適な春の工事を応援!春限定のAmazonギフト券プレゼントキャンペーン実施中

塗装工事に最適な春の工事を応援!春限定のAmazonギフト券プレゼントキャンペーン実施中

千葉市中央区にて棟の漆喰(しっくい)が剥がれた瓦屋根の棟取り直し工事を実施

before
horizontal
after

工事のきっかけを伺いました!


担当:岡野


 千葉市中央区にお住まいのA様邸にて行った棟取り直し工事の様子をご紹介致します。「屋根の漆喰が落ちてきたので点検してほしい。」と、お問い合わせをいただき調査にお伺いしたところ瓦屋根の棟の漆喰が剥がれていました。漆喰が剥がれた箇所は棟の土台になっている葺き土が露出している状態でした。葺き土が雨水に晒されてしまうと雨水が浸透してしまいますので建物内部に雨水が浸入し雨漏りに繋がります。
 また、雨水に晒された葺き土は固定する力が弱くなってしまいますので葺き土が崩れてしまうと棟自体の崩れに繋がります。棟自体が崩れてしまうと、棟の冠瓦やのし瓦が滑落してしまい、滑落する際に周囲の瓦を割ってしまいます。このまま放置してしまうと様々な不具合が発生し、二次被害に繋がりますのでお客様に調査のご報告をし、棟取り直し工事をご提案したところ工事のご依頼をいただきました。
 千葉市中央区にお住まいのA様邸にて行った棟取り直し工事の様子をご紹介致します。「屋根の漆喰が落ちてきたので点検してほしい。」と、お問い合わせをいただき調査にお伺いしたところ瓦屋根の棟の漆喰が剥がれていました。漆喰が剥がれた箇所は棟の土台になっている葺き土が露出している状態でした。葺き土が雨水に晒されてしまうと雨水が浸透してしまいますので建物内部に雨水が浸入し雨漏りに繋がります。
 また、雨水に晒された葺き土は固定する力が弱くなってしまいますので葺き土が崩れてしまうと棟自体の崩れに繋がります。棟自体が崩れてしまうと、棟の冠瓦やのし瓦が滑落してしまい、滑落する際に周囲の瓦を割ってしまいます。このまま放置してしまうと様々な不具合が発生し、二次被害に繋がりますのでお客様に調査のご報告をし、棟取り直し工事をご提案したところ工事のご依頼をいただきました。


担当:岡野

施工内容
棟瓦取り直し  漆喰取り直し
築年数
築30年
平米数
棟取り直し工事:34.2m
施工期間
3日間
使用材料
なんばん漆喰
費用
詳しくはお問い合わせください
ハウスメーカー
ハウスメーカー不明
保証
お付けしておりません

調査の様子

漆喰が剥がれた瓦屋根の調査   漆喰が剥がれて葺き土が露出した瓦屋根の棟

 屋根調査の様子です。屋根の形状は寄棟屋根です。梯子を使い屋根に上がると隅棟の漆喰が剥がれているのを発見しました。漆喰は瓦と瓦を固定する接着剤のような役割を果たしていますが、紫外線や風雨等の影響を受けると劣化してしまい剥がれてしまいます。

漆喰が剥がれて葺き土が露出

 棟の土台になっている葺き土が露出している様子です。葺き土は当初は粘土状で固まっていますが、経年により砂状になってしまいます。棟の面戸の漆喰が剥がれてしまう事により雨水に晒されてしまいます雨水が葺き土に浸透すると雨漏りに繋がります。また、雨水に晒される事により棟を固定する力が弱くなってしまいます。棟を固定する力が低下してしまうと台風などの強風や突風の影響や地震などの揺れにより棟自体が崩れやすくなってしまいます。葺き土が露出したままの状態ですと、瓦の落下による事故や雨漏りの発生など二次被害に繋がりますので棟取り直し工事をご提案したところ工事のご依頼をいただきました。

棟取り直し工事の様子

棟取り直し工事にて既存の棟を解体撤去   棟取り直し工事にて既存の棟を解体

 棟取り直し工事の様子です。棟取り直し工事は先ず、既存の棟を解体する工程から行います。大棟が4段積み、隅棟が3段積みなっていますので冠瓦やのし瓦を解体していきます。解体する際は既存の瓦に割れや欠け等の不具合が無ければ再利用できますので確認しながら取外していきます。再利用できる冠瓦やのし瓦は、屋根から降ろさずに屋根の上に仮置きをしておくことで作業効率が上がります。

棟取り直し工事にて既存の棟を解体後、清掃致します   棟取り直し工事にて水糸を張ります

 既存の棟を解体致しましたら、綺麗に清掃を行い次の工程の水糸を張る工程に移ります。水糸は棟の幅を確認するためや直線になる目安となります。

棟取り直し工事にてなんばん漆喰を使用致します   棟取り直し工事でなんばん漆喰を使用致します

 水糸を張りましたら漆喰で瓦と瓦の接合部を埋めていき棟の土台を造っていきます。既存の棟の土台は葺き土でしたが、新しい棟は「なんばん漆喰」で造っていきます。なんばん漆喰は葺き土が不要になりますので一回で仕上げる事ができます。特殊なシリコンを配合し、吸水率を低減していますので雨水に強く耐久性に優れています。

銅線を仕込みながら棟の土台を造ります   銅線を仕込みながら棟の土台を造ります

 なんばん漆喰で棟の土台を造る様子です。瓦を固定するための銅線を仕込みながら専用のコテを使用し、水糸を目安に棟を形成していきます。

棟取り直し工事にて冠瓦とのし瓦を積んでいきます   棟取り直し工事にてのし瓦と冠瓦を積んでいきます

 のし瓦と冠瓦を積んでいく様子です。棟の土台を造りましたらのし瓦と冠瓦を積んでいきます。のし瓦を積む際は雨水を棟の外側へと流すために片仮名の「ハの字型」になるように設置し積んでいきます。ハの字型にしないと雨水が棟の中心部へ流れてしまい雨漏りの原因になる場合があります。のし瓦が積み終わりましたら、棟の最上部の冠瓦を積んで予め仕込んでおいた銅線で固定していきます。

棟取り直し工事にて大棟ののし瓦と冠瓦を積んでいきます   棟取り直し工事にて鬼瓦を固定

 大棟も隅棟と同様にのし瓦や冠瓦を積んで銅線で固定していきます。また、端部の鬼瓦も設置し銅線で固定していきます。銅線を結ぶ事により、風や地震などの揺れに耐えられる強固な棟になります。

棟取り直し工事が完了致しました

棟取り直し工事が完了致しました

 棟取り直し工事が完了致しました。漆喰が剥がれて葺き土が露出していましたが、棟取り直し工事を行った事により、雨漏りや棟の崩壊を未然に防げましたのでお客様に大変満足していただけました。

 私たち街の屋根やさんでは引き続き新型コロナウィルス対策を行っており、必ずマスク着用でお伺いさせていただいております。ソーシャルディスタンスを徹底し、お客様やスタッフの安全管理を徹底致します。

2024年最新情報!補助金でお得にリフォーム!

関連動画をチェック!

和瓦?セメント瓦?漆喰補修や塗装などのメンテナンス【街の屋根やさん】

 今回の記事で登場した工事やお住まいのトラブルに関連する動画をご紹介します!


 こちらの動画では、工事の内容やお住まいのトラブルの対処方法などをより詳しく説明しています。
 お役立ち情報が満載ですのでぜひご覧になってみてください。


このページに関連するコンテンツをご紹介

屋根のメンテナンス・屋根工事・屋根リフォームはなぜ必要?
屋根のメンテナンス・屋根工事・屋根リフォームはなぜ必要?
 どんな屋根であっても、避けて通れないのがメンテナンスやリフォームの必要な時期です。  雨漏りなどの被害に遭う前に屋根のメンテナンスを行って、大切なお住まいを守りましょう。  このページでは、スレート、瓦、金属屋根それぞれの寿命の目安やメンテナンス手順をわかりやすくまとめています。屋根リフォーム…続きを読む
瓦屋根の方へ、漆喰詰め直し・漆喰取直しで長寿命な屋根を目指しましょう
瓦屋根の方へ、漆喰詰め直し・漆喰取直しで長寿命な屋根を目指しましょう
 漆喰の歴史は古く、約5000年前から世界中で使われています。瓦や石材の接着、目地の充填、壁の上塗りなど漆喰は様々な場面に用いられてきました。日本が世界に誇る世界遺産「姫路城」、その白鷺と形容される美しい白壁にも漆喰が用いられています。 瓦屋根では瓦の固定や接着に漆喰が用いられています。この漆喰も…続きを読む
瓦屋根のさまざまな補修とリフォームの費用と価格
瓦屋根のさまざまな補修とリフォームの費用と価格
・瓦工事の補修方法と概算費用  -瓦の割れやズレ  -漆喰の剥がれ  -棟のズレや破損  -雨漏りを起こした場合の屋根葺きなおし工事  -雨漏りの状態が酷い場合の屋根葺き替え工事 ・瓦屋根の耐震について…続きを読む
4つのチェックポイントで瓦屋根の点検・メンテナンスのタイミングを知ろう
4つのチェックポイントで瓦屋根の点検・メンテナンスのタイミングを知ろう
 「瓦屋根は手入れ不要で安心」と思っていませんか?  瓦屋根は非常に長持ちする屋根材で、半世紀以上もの耐用年数が期待できます。しかし、台風や強風が吹くと、多くの補修や点検が必要となる場合があります。  長寿命の瓦屋根をより安全かつ安心してご利用いただくために、瓦屋根のメンテナンスについて解説します…続きを読む
重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要
重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要
 台風などの強風で被害に遭いやすく、他の部分へ被害を拡大してしまうケースも多いのが瓦屋根です。ずれてしまうだけならまだしも、災害の規模が大きいと屋根から瓦が落下してきます。重くて固い瓦が落下すると、まず間違いなく落下地点のものを傷つけ、破壊します。2階屋根から1階屋根に落下すれば、その部…続きを読む

お問い合わせはこちらから

街の屋根やさんは千葉県以外にも東京都、神奈川県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方の地域の街の屋根さんをお選びください。

お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 東京都 神奈川県 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県

棟瓦取り直し  漆喰取り直しに関連する新着ブログ

 浦安市島尻で築年数30年を迎えたお宅の瓦屋根の調査依頼を承りました。    ご相談のきっかけは瓦にズレが生じているとの事からのご訪問となります。   瓦屋根の ...続きを読む
セメント瓦の現地調査です  松戸市松戸でセメント瓦の現地調査に伺いさせていただきました!  数日前の強風で屋根の一部が落ちてしまい大変お困りでしたので私達、街の屋根やさんが詳しく現地調 ...続きを読む
 千葉市花見川区横戸台で和形の瓦屋根のお住まいのメンテナンスについてご相談を承り、出張費無料の点検調査にお伺いさせて頂きました。    瓦は和形の陶器瓦で状態も維持しており、引き ...続きを読む
 千葉市花見川区花園町の瓦屋根のお客様で、訪問業者より屋根がずれてしまっているとの指摘を受けた為、瓦屋根の補修を検討したいとのご相談を頂き、屋根調査(出張費、検査費無料)にお伺いさせて頂きました。 ...続きを読む

棟瓦取り直し  漆喰取り直しに関連する新着施工事例

船橋市丸山で棟瓦の取り直し工事(税込200,000円)、不具合の生じた瓦の交換も含めてご対応させて頂きました

施工内容

瓦屋根補修工事 棟瓦取り直し 

使用材料

シルガード 株式会社馬場商店

市川市下貝塚でセメント瓦の棟取り直しと雨樋交換工事(税込約600,000円)を施工致しました

施工内容

棟瓦取り直し  雨樋交換

使用材料

シルガード 馬場商店 シビルスケアPC50 パナソニック

棟瓦取り直し  漆喰取り直しを行ったお客様の声一覧

船橋市丸山で棟取り直し工事が完了!お客様よりアンケートをいただきました

お客様写真

工事前アンケート画像

Q2.工事を検討したきっかけは何ですか?どんなことで悩まれていましたか?

瓦の割れやずれが発生していた

Q3.弊社をどのように探しましたか?

インターネットで検索

Q4.弊社を知りすぐにお問合せをされましたか?もし悩まれたとしたらどんなことがご不安でしたか?

信頼出来るかどうかが気になりました

Q5.何が決め手となり弊社にお問合せをされましたか?

ホームページの内容や実績

Q6.実際に弊社担当者がお伺いしていかがでしたでしょうか?

詳しく説明してくれました

工事後アンケート画像

Q2.当初、工事を依頼する会社にどんなことを期待されていましたか?

不具合を解消しきちんとした工事の実施

Q3.弊社にご依頼いただく際に他社と比較しました方はどこの会社と比較しましたか?

訪問してきた業者と比較しました

Q4.弊社に工事をご依頼いただいた決め手は何ですか?

営業さんの対応を含めた会社の対応

Q5.工事が終わってみていかがですか?良かった事・嬉しかったことを忌憚なく頂戴出来ましたら幸いです。

写真も送って頂き工事内容が確認出来ました

Q6.街の屋根やさんを他の方に紹介するとしたらなんと紹介しますか?

きちんとした対応をしてくれる会社です

点検・お見積り・ご相談無料!

街の屋根やさん千葉

点検・調査・お見積りなど無料で承ります!お気軽にお問い合わせください!

電話 お電話でのお問い合わせ[8時30分~20時まで受付]
0120-989-936
メール メールでのお問い合わせ
24時間受付中!

点検・調査・お見積りなど無料で承ります!
お気軽にお問い合わせください!

ご不明点やご相談など屋根のことなら何でもお問い合わせください

お電話でのお問い合わせは

メールでのお問い合わせは

その業者、違法かも!?違法業者を避けるために知っておきたい足場の法改正
2024年最新情報!補助金でお得にリフォーム!
住まいの外壁リフォーム無料相談受付中!屋根材外壁材のショールームはこちら
屋根工事が初めての方へ
街の屋根やさんの10のお約束
オンライン見積もり
最短1日!LINEで概算見積もり
雨漏りでお困りの方、お任せください
散水試験で雨漏りの原因を徹底追及
被害に遭う前に台風対策
屋根を軽くして地震に強い屋根に
屋根工事の料金プラン
リフォームローン
火災保険を屋根工事に適用できます
知って得する屋根工事の基礎知識
知って得する
屋根工事の基礎知識
屋根塗装・外壁塗装の塗料について
対応エリア
対応エリア一覧
株式会社シェアテック
ご連絡先はこちら
ご連絡先はこちら
株式会社シェアテック

千葉県木更津市文京5-11-16
ST×BASE
TEL:0438-38-3373
FAX:0438-38-3310
E-mail:info@sharetech.co.jp
ショールーム:木更津支店はこちら

点検・調査・お見積りなど無料で承ります!お電話でのお問い合わせは0120-989-936へ。8時半から20時まで受付中!メールでのお問合せは24時間受付中。

株式会社シェアテック
建設業許可:千葉県知事許可(般-29) 第 48193 号
〒292-0804 千葉県木更津市文京5-11-16 ST×BASE
TEL:0120-989-936 FAX:0438-38-3310
E-mail:info@sharetech.co.jp
ショールーム:木更津支店はこちら
千葉県・市原市・袖ケ浦市・木更津市・君津市を中心に千葉県全エリア対応中です。
(その他の地域の方もご相談ください)
屋根リフォーム / 屋根工事 / 屋根修理 / 屋根塗装 / 屋根葺き替え / 漆喰(しっくい)工事 / 雨樋(あまどい)工事 / 雨漏り修理 / 雨漏り工事 / 防水工事