千葉の『街の屋根やさん』は千葉 市原 袖ヶ浦 木更津 君津を中心に 千葉県全域で屋根工事や屋根リフォーム、軽微な屋根の修理、屋根の塗り替え(屋根塗装)、古くなった屋根の葺き替え工事(屋根葺き替え)をおこなっていま す。
街の屋根やさん千葉

点検・調査・お見積りなど無料で承ります!お気軽にお問い合わせください

電話 お電話でのお問い合わせ[8時30分~20時まで受付]
0120-989-936
メール メールでのお問い合わせ
24時間受付
ホーム 施工事例一覧 会社概要 施工の流れ 屋根工事の種類 屋根の豆知識 屋根お役立ち情報 本日の現場ブログ お客様の声 お問い合わせ
お客様の声
施工事例
現場ブログ
専門家が教える屋根の基礎知識
専門家が教える
屋根の基礎知識
街の屋根やサンの施工実績
街の屋根やさん
施工実績
 下に挙げたものは、1999年5月~2022年3月までに街の屋根やさんが直接施工した件数と地域です。小規模な屋根修理から大規模な屋根の葺き替え、一般のお住まいだけでなく大きな工場等の建築物の屋根にも幅広く対応しております。
最近の屋根工事事例やお客様の声は右側の各種メニューからご覧ください。

東葛飾エリア
市川・・298
松戸・・265
習志野・・162
流山・・119
鎌ヶ谷・・188
船橋・・448
野田・・120
柏・・171
我孫子・・102
浦安・・199


北総エリア
銚子・・79
佐倉・・177
四街道・・154
印西・・124
富里・・203
香取・・123
成田・・292
旭・・191
八街・・388
白井・・191
匝瑳・・117
印旛郡酒々井町・・100
印旛郡印旛村・・13
印旛郡本埜町・・14
印旛郡栄町・・35
香取郡神崎町・・27
香取郡多古町・・35
香取郡東庄町・・17

千葉エリア
千葉市中央区・・291
千葉市稲毛区・・210
千葉市緑区・・231
千葉市花見川区・・222
千葉市若葉区・・202
千葉市美浜区・・131
八千代市・・199
市原市・・802

九十九里エリア
茂原市・・181
勝浦市・・49
いすみ市・・112
東金市・・169
山武市・・103
山武郡大網白里町・・33
山武郡九十九里町・・71
山武郡芝山町・・29
山武郡横芝光町・・46
長生郡一宮町・・52
長生郡睦沢町・・16
長生郡長生村・・43
長生郡白子町・・57
長生郡長柄町・・23
長生郡長南町・・13
夷隅郡大多喜町・・21
夷隅郡御宿町・・26

南房総エリア
袖ケ浦・・283
木更津・・633
君津・・355
富津・・154
南房総・・80
安房郡鋸南町・・45
館山・・71
鴨川・・40

新型コロナウィルス
対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

市原市辰巳台で台風被害を受けた瓦屋根の復旧として、なんばん漆喰を使用した棟瓦取り直し工事を実施

before
horizontal
after

工事のきっかけを伺いました!


担当:神子


 2019年の令和元年房総半島台風(台風15号)の影響により瓦屋根の被害を受けてしまわれていました。T様のお宅は建てた工務店さんがあり工事のご依頼をされていましたが、なかなか進捗が無かったそうです。近所の大工さんが居られて雨養生はされていましたが瓦は専門外でした。
インターネットで検索されていると施工実績が豊富で同じような瓦工事をしているお宅がありお問い合わせをいただいております。T様のお宅は瓦屋根の最上部にある棟瓦が大きくズレてしまった状態でした。雨漏りは勿論の事、棟瓦の落下をしてしまえば二次災害も考えれました。漆喰の経年劣化もありましたので土台から造り変える工事の棟取り直し工事をさせて頂く運びとなりました。
 2019年の令和元年房総半島台風(台風15号)の影響により瓦屋根の被害を受けてしまわれていました。T様のお宅は建てた工務店さんがあり工事のご依頼をされていましたが、なかなか進捗が無かったそうです。近所の大工さんが居られて雨養生はされていましたが瓦は専門外でした。
インターネットで検索されていると施工実績が豊富で同じような瓦工事をしているお宅がありお問い合わせをいただいております。T様のお宅は瓦屋根の最上部にある棟瓦が大きくズレてしまった状態でした。雨漏りは勿論の事、棟瓦の落下をしてしまえば二次災害も考えれました。漆喰の経年劣化もありましたので土台から造り変える工事の棟取り直し工事をさせて頂く運びとなりました。


担当:神子

施工内容棟瓦取り直し 

築年数30年

平米数

施工期間2日間

使用材料なんばん漆喰

費用30万円

ハウスメーカーハウスメーカー不明

保証お付けしておりません

【施工内容】
棟瓦取り直し 

築年数

30年

平米数

施工期間

2日間

使用材料

なんばん漆喰

費用

30万円

ハウスメーカー

ハウスメーカー不明

保証

お付けしておりません

近くの大工さんに雨養生をされていました

棟瓦の調査を実施 棟瓦の被害、養生をされていました

 市原市辰巳台で棟瓦の調査を行いました。昨年の台風15号により瓦屋根の被害を受けてしまってとの事で私達、街の屋根やさんにお問い合わせをいただいております。近くの大工さんがご厚意で棟瓦に養生をしていただいたそうで雨の心配はございませんでした。元々お知り合いの方に工事の依頼をされていた様ですが、まったく進捗も無く大変お困りになられていました。

調査の様子

丸棟のズレ、雨漏りや落下の危険 既存漆喰の経年劣化

※養生を剝がしませんと瓦屋根の状態を把握出来ませんので現状に戻す事をお伝えしてから剝がしております。

 こちらは棟瓦と言われる瓦の総称で瓦屋根の最上部にある瓦となります。棟瓦の土台がみえていて大きくズレている事がわかると思います。瓦は重く落下をしてしまえば人や車に当たり二次災害の可能性もあり大変危険な状態でした。また棟瓦を支える漆喰が剥がれ落ちていて漆喰の経年劣化が進んでいました。お話を伺っていると漆喰工事は築30年近くですが、工事をされてこなかったとの事でした。年数が経過すると漆喰にヒビや剥がれの症状が出てきます。それを放置してしまいますと土台の土が外部に少しづつ流れ出てしまうので棟のズレや雨漏りを引き起こしてしまいます。棟瓦の強度が無い状態で台風の強風で被害が出てしまったのでしょう。

棟取り直し工事を実施致します

棟瓦の解体作業

 強度の落ちてしまった棟瓦は棟取り直し工事を行う事で解消されます。棟取り直し工事とは土台の漆喰から造り変える工事で防水性も上がる工事です。内容をご説明させていただき今回棟取り直し工事をさせて頂く運びとなりました。先ずは既存の棟瓦の解体を行いますが土などのガラが多く出ますので丁寧に作業いたします。

なんばん漆喰を使用します

瓦の仮置き なんばん漆喰を使用

 既存の漆喰は防水性はなく現在漆喰工事のほとんどがなんばん漆喰を使用しております。石灰が主成分になっていて油脂や粘土が混ぜ込まれていますので防水性や透湿性が高く人気があります。仕上がりもセメントの様に固まり強度も抜群です。

棟部の隙間のなんばん漆喰を敷き詰めます

漆喰詰め開始 漆喰詰め番線仕込み

 棟部の隙間になんばん漆喰を敷き詰めをおこないます。雨水の浸入を防ぐ為と土台を造っていきます。内部に銅線をビスで固定し最後に棟瓦を固定する為です。

熨斗瓦(のしかわら)の設置をおこないます

一段目、のし瓦 のし瓦一段目完了となります

 なんばん漆喰の上に熨斗瓦(のしかわら)を設置していきます。熨斗瓦は少し傾けてハの字型にして設置をおこないます。熨斗瓦に雨が当たり内部に侵入を防ぐ為・外部に排水する為になります。

5段棟の設置完了

のし瓦4段目 冠瓦設置完了

 こちらの棟瓦は5段ありますので1段目と同様にして積み上げていきます。最後の冠瓦(かんむりがわら)を設置を行い仕込んでおいた銅番線を締めて棟取り直し工事の完了となります。

棟取り直し工事の完了となりました

棟取り直し工事の完了となります

 安心して頂ける棟取り直し工事が完了となりました。瓦自体の経年劣化はほぼしませんが漆喰は経年劣化を必ずしてきますので定期的に調査やメンテナンスを行う事が必要となります。

 現在、新型コロナウイルスにより色々ご不安になられる事が多いと思いますが、私達、街の屋根やさんでは対策を行っております。

 

2022年1月27日追記

瓦屋根に欠かせない漆喰の重要性

瓦屋根に欠かせない漆喰

 今回、工事を行った棟瓦や、土居熨斗(どいのし)※の土台として使われる漆喰は経年とともに劣化する為、定期的にメンテナンスを行う必要があります。
 瓦屋根は耐久性に優れており、”メンテナンスフリーな屋根材”とも言われている事から、意外と漆喰のメンテナンス時期を見逃してしまう方も多いのではないでしょうか。
 漆喰の劣化を放置すると最悪の場合、雨漏りを起こす危険性がありますので、漆喰の役割やメンテナンス・補修のタイミングを理解しておくことが大切です。また、工事を行うにあたり、漆喰が使用されている箇所も把握しておきましょう。

※土居熨斗(どいのし)…外壁と屋根の取り合い部分に使用される瓦。

漆喰の役割

棟瓦の漆喰 土居熨斗の土台にも漆喰や南蛮漆喰が使われます
 漆喰は屋根の頂上に取り付けられた棟瓦、土居熨斗瓦の土台に使われています。瓦の間の隙間を埋めることで、雨水の浸入や小動物の侵入を防いでいます。また、瓦が滑り落ちないように敷かれた”葺き土(ふきつち)”を雨水から守っているのも漆喰です(現在では、土を使わない工法が主流となっています)。
 通常の漆喰は透湿性が高く、湿度の調節機能に優れていますが、防水性はそれほど高くはありません。現在では、防水性を高める為に粘土や油脂を混ぜてつくられた”南蛮漆喰(なんばんしっくい)”が主流になっています。
 

漆喰や南蛮漆喰の寿命

 お住いの環境によって異なりますが、一般的に漆喰や南蛮漆喰は、15~20年程度で朽ちたり剥がれてきます。
 とはいえ、屋根の上の状態を確認することは困難です。築年数や前回のメンテナンスからどのくらいの期間が経過しているのかを目安に、点検・メンテナンスを行っていきましょう。
 劣化が軽い段階でメンテナンスをすれば、工事の費用や時間をかけずに済みます。10年に一度は、信頼のできる業者さんに屋根を見てもらいましょう。漆喰だけではなく、瓦や防水紙の状態を見てもらうことで、安心できると思います。
 私たち街の屋根やさんでは、お住いの調査から必要な工事のお見積り、ご提案まで無料で承っております。劣化症状やお客様のご要望に合わせて、適切な工事をご提案していますので、安心してご相談ください。

 記事内に記載されている金額は2022年01月27日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。

工事を行なったT様のご感想をご紹介いたします

【工事前】

Q1.工事を検討したきっかけは何ですか?どんなことで悩まれていましたか?
台風15号の被害で瓦が破損したため

Q2.業者や工事会社をどのように探されましたか?
インターネットで検索した

Q3.当社を知りすぐにお問合せをされましたか?もし悩まれたとしたらどんなことがご不安でしたか?
はい。きちんと来てもらえるかどうかを心配した。

Q4.何が決め手となり当社にお問合せをされましたか?
電話をしてみて決めた

Q5.実際に当社担当者がお伺いしていかがでしたでしょうか?
丁寧な説明で安心できた。御社に頼んで良かったです。

T様のアンケートを詳しく見る→

このページに関連するコンテンツをご紹介

台風被害に遭う前に屋根とお住まいの対策をしておきましょう
台風被害に遭う前に屋根とお住まいの対策をしておきましょう
 私たちの住んでいる日本は世界的に見ても台風や地震といった自然災害が非常に多い地域です。台風の数で言うと気象庁の発表では2000年以降462(年間平均24)の台風が発生し、58もの台風が日本に上陸しました。年間平均で3、最も多い2004年には10を超える台風が日本に上陸し私たちの生活を脅かしました。…続きを読む
瓦屋根の方へ、漆喰詰め直し・漆喰取直しで長寿命な屋根を目指しましょう
瓦屋根の方へ、漆喰詰め直し・漆喰取直しで長寿命な屋根を目指しましょう
 漆喰の歴史は古く、約5000年前から世界中で使われています。瓦や石材の接着、目地の充填、壁の上塗りなど漆喰は様々な場面に用いられてきました。日本が世界に誇る世界遺産「姫路城」、その白鷺と形容される美しい白壁にも漆喰が用いられています。 瓦屋根では瓦の固定や接着に漆喰が用いられています。この漆喰も…続きを読む
瓦屋根のさまざまな補修とリフォームの費用と価格
瓦屋根のさまざまな補修とリフォームの費用と価格
・瓦工事の補修方法と概算費用  -瓦の割れやズレ  -漆喰の剥がれ  -棟のズレや破損  -雨漏りを起こした場合の屋根葺きなおし工事  -雨漏りの状態が酷い場合の屋根葺き替え工事 ・瓦屋根の耐震について…続きを読む
4つのチェックポイントで瓦屋根の点検・メンテナンスのタイミングを知ろう
4つのチェックポイントで瓦屋根の点検・メンテナンスのタイミングを知ろう
 瓦屋根というと半世紀、またはそれ以上もの耐用年数を期待できる大変寿命の長い屋根材ですよね。そのため瓦屋根にお住まいの方の中にはどうしてもメンテナンスが怠りがちになってしまっているという方もいらっしゃるのではないでしょうか。 しかし瓦屋根と言えども経年劣化がまったくないかというとそうではありません…続きを読む
台風や地震の後は屋根にのぼらないこと、災害便乗商法に注意すること
台風や地震の後は屋根にのぼらないこと、災害便乗商法に注意すること
 日本全土のほとんどが台風の通り道であり、地震大国でもあるという日本、豊かな気候など温泉やメリットもあるのですが、災害が多いというデメリットもあります。 地震や台風で被災してしまった場合、最も大切なのは二次被害を防ぐということです。二次被害は心掛け次第でゼロにすることができるはず…続きを読む
令和元年台風15号・19号で被災され、屋根工事をお待ちいただいている方へ
令和元年台風15号・19号で被災され、屋根工事をお待ちいただいている方へ
令和2年6月1日更新  現在、台風に関するお問い合わせはだいぶ落ち着いてきており、現地調査や工事着工についても通常通りとなっております。台風による被害がなかったと思っても、時間が経つことで発覚する問題もございます。お住まいのことで気になることがありましたらお気軽にご相談ください。現在の千葉県(木更津…続きを読む
その台風による屋根への被災、予防できたかもしれません
その台風による屋根への被災、予防できたかもしれません
 台風銀座と呼ばれている沖縄・九州・地方・近畿地方南部だけでなく、毎年のようにさまざまな地域に被害をもたらす台風。台風の通過により各地で被害が発生し、毎年多くのお問合せをいただきます。また、台風の通過からかなりの日数が経っているというのに街の屋根…続きを読む
重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要
重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要
 台風などの強風で被害に遭いやすく、他の部分へ被害を拡大してしまうケースも多いのが瓦屋根です。ずれてしまうだけならまだしも、災害の規模が大きいと屋根から瓦が落下してきます。重くて固い瓦が落下すると、まず間違いなく落下地点のものを傷つけ、破壊します。2階屋根から1階屋根に落下すれば、その部分の瓦がほぼ…続きを読む

街の屋根やさん本社

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒292-0804
        千葉県木更津市文京5-11-16
        ST×BASE 1F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん本社のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      街の屋根やさんは千葉県以外にも東京都、神奈川県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方の地域の街の屋根さんをお選びください。

      お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 東京都 神奈川県 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県

      棟瓦取り直し に関連する新着ブログ

       松戸市松戸にてセメント瓦を使用したお宅の屋根点検調査にお伺い致しました。このセメント瓦は陶器瓦とは異なりメンテンンスフリーとは言えません。今回もあの辺りも含めて相談したいとのご要望からのご訪問となり ...続きを読む
       市川市新井で瓦屋根の棟部分のお手入れについてご相談頂き現地調査にお伺い致しました。建物は約40年弱経過したお住まいで日本瓦を使用されております。 瓦屋根の点検調査  全体的には瓦のずれ等 ...続きを読む
       船橋市三咲で築40年の瓦屋根のお住まいの棟取り直し工事を施工させて頂きました。きっかけは棟のズレ等が気になるとのお話しから調査にお伺いし、確認したところ年数から来る漆喰の剥がれやズレが見受けられた事 ...続きを読む
       木更津市太田へ瓦屋根の点検に伺いました。以前から漆喰が剥がれてきていたそうで、天井に雨染みのような跡が出てきたため点検のご依頼をいただきました。近年は、台風被害などで屋根工事の詐欺や飛び込み営業も多 ...続きを読む

      棟瓦取り直し に関連する新着施工事例

      柏市豊住で瓦屋根棟の取り直し工事、シルガードで施工致しました

      施工内容

      棟瓦取り直し 

      使用材料

      シルガード 株式会社馬場商店

      船橋市宮本にて棟漆喰の経年劣化、被害が出てしまう前に棟取り直し工事

      施工内容

      棟瓦取り直し 

      使用材料

      シルガード漆喰

      棟瓦取り直し を行ったお客様の声一覧

      船橋市高根台で棟取り直し工事を実施、お客様のご感想

      工事前アンケート画像

      Q2.工事を検討したきっかけは何ですか?どんなことで悩まれていましたか?

      漆喰がはがれているのが下からでも見えたこと 人から指摘を受けることが何度もあったことがきっかけです

      Q3.弊社をどのように探しましたか?

      インターネットで県内の屋根修理を請け負ってくれる所を探して見つけました

      Q4.弊社を知りすぐにお問合せをされましたか?もし悩まれたとしたらどんなことがご不安でしたか?

      すぐに問い合わせました

      Q5.何が決め手となり弊社にお問合せをされましたか?

      メールでの気軽な問い合わせが可能だったこと 何よりHP上に写真が多く、サンプルとして参考になりましたし、実績と施行技術に自信があるように感じられたからです

      Q6.実際に弊社担当者がお伺いしていかがでしたでしょうか?

      素人にも分かるように丁寧に説明して頂き、工事を無理に勧めるようなそぶりも全くなくて好印象でした こちらの質問にも分かりやすく答えて頂けましたし、また何かあれば同じ方に来て頂きたいくらいです

      工事後アンケート画像

      Q2.当初、工事を依頼する会社にどんなことを期待されていましたか?

      丁寧な仕上がり

      Q3.弊社にご依頼いただく際に他社と比較しました方はどこの会社と比較しましたか?

      R社、Y社

      Q4.弊社に工事をご依頼いただいた決め手は何ですか?

      HPからお客さんを大切にしていて、持っている技術よりも会社柄に好印象を持ったからです

      Q5.工事が終わってみていかがですか?良かった事・嬉しかったことを忌憚なく頂戴出来ましたら幸いです。

      仕上がりは素目で見ても一目瞭然にきれいで、作業員の印象も良かったので大満足です 何より、自分らでは見えない施行過程の写真を計10枚も、メールと現物の両方で送ってくれたのが良かった

      Q6.街の屋根やさんを他の方に紹介するとしたらなんと紹介しますか?

      とても感じの良い会社があるので為しに見積りだけでもするのをオススメするよ

      点検・お見積り・ご相談無料!

      街の屋根やさん千葉

      点検・調査・お見積りなど無料で承ります!お気軽にお問い合わせください!

      電話 お電話でのお問い合わせ[8時30分~20時まで受付]
      0120-989-936
      メール メールでのお問い合わせ
      24時間受付中!

      点検・調査・お見積りなど無料で承ります!
      お気軽にお問い合わせください!

      ご不明点やご相談など屋根のことなら何でもお問い合わせください

      お電話でのお問い合わせは

      メールでのお問い合わせは

      屋根工事が初めての方へ
      街の屋根やさんの10のお約束
      オンライン見積もり
      最短1日!LINEで概算見積もり
      雨漏りでお困りの方、お任せください
      散水試験で雨漏りの原因を徹底追及
      被害に遭う前に台風対策
      屋根を軽くして地震に強い屋根に
      屋根工事の料金プラン
      リフォームローン
      火災保険を屋根工事に適用できます
      屋根塗装・外壁塗装の塗料について
      株式会社シェアテック
      ご連絡先はこちら
      ご連絡先はこちら
      株式会社シェアテック

      千葉県木更津市文京5-11-16
      ST×BASE
      TEL:0438-38-3373
      FAX:0438-38-3310
      E-mail:info@sharetech.co.jp

      点検・調査・お見積りなど無料で承ります!お電話でのお問い合わせは0120-989-936へ。8時半から20時まで受付中!メールでのお問合せは24時間受付中。

      株式会社シェアテック
      建設業許可:千葉県知事許可(般-29) 第 48193 号
      〒292-0804 千葉県木更津市文京5-11-16 ST×BASE
      TEL:0120-989-936 FAX:0438-38-3310
      E-mail:info@sharetech.co.jp
      千葉県・市原市・袖ケ浦市・木更津市・君津市を中心に千葉県全エリア対応中です。
      (その他の地域の方もご相談ください)
      屋根リフォーム / 屋根工事 / 屋根修理 / 屋根塗装 / 屋根葺き替え / 漆喰(しっくい)工事 / 雨樋(あまどい)工事 / 雨漏り修理 / 雨漏り工事 / 防水工事