千葉の『街の屋根やさん』は千葉 市原 袖ヶ浦 木更津 君津を中心に 千葉県全域で屋根工事や屋根リフォーム、軽微な屋根の修理、屋根の塗り替え(屋根塗装)、古くなった屋根の葺き替え工事(屋根葺き替え)をおこなっていま す。
街の屋根やさん千葉

点検・調査・お見積りなど無料で承ります!お気軽にお問い合わせください

電話 お電話でのお問い合わせ[8時30分~20時まで受付]
0120-989-936
メール メールでのお問い合わせ
24時間受付
ホーム 施工事例一覧 会社概要 施工の流れ 屋根工事の種類 屋根の豆知識 屋根お役立ち情報 本日の現場ブログ お客様の声 お問い合わせ
お客様の声
施工事例
現場ブログ
専門家が教える屋根の基礎知識
専門家が教える
屋根の基礎知識
街の屋根やサンの施工実績
街の屋根やさん
施工実績
 下に挙げたものは、1999年5月~2021年3月までに街の屋根やさんが直接施工した件数と地域です。小規模な屋根修理から大規模な屋根の葺き替え、一般のお住まいだけでなく大きな工場等の建築物の屋根にも幅広く対応しております。
最近の屋根工事事例やお客様の声は右側の各種メニューからご覧ください。

東葛飾エリア
市川・・234
松戸・・224
習志野・・146
流山・・102
鎌ヶ谷・・187
船橋・・387
野田・・103
柏・・125
我孫子・・88
浦安・・186


北総エリア
銚子・・75
佐倉・・158
四街道・・135
印西・・118
富里・・193
香取・・120
成田・・278
旭・・146
八街・・377
白井・・184
匝瑳・・115
印旛郡酒々井町・・96
印旛郡印旛村・・13
印旛郡本埜町・・14
印旛郡栄町・・33
香取郡神崎町・・27
香取郡多古町・・34
香取郡東庄町・・16

千葉エリア
千葉市中央区・・267
千葉市稲毛区・・192
千葉市緑区・・224
千葉市花見川区・・200
千葉市若葉区・・185
千葉市美浜区・・120
八千代市・・175
市原市・・741

九十九里エリア
茂原市・・173
勝浦市・・48
いすみ市・・104
東金市・・152
山武市・・100
山武郡大網白里町・・33
山武郡九十九里町・・70
山武郡芝山町・・26
山武郡横芝光町・・41
長生郡一宮町・・49
長生郡睦沢町・・14
長生郡長生村・・42
長生郡白子町・・54
長生郡長柄町・・22
長生郡長南町・・12
夷隅郡大多喜町・・19
夷隅郡御宿町・・20

南房総エリア
袖ケ浦・・253
木更津・・539
君津・・331
富津・・133
南房総・・74
安房郡鋸南町・・45
館山・・67
鴨川・・35

新型コロナウィルス
対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

柏市今谷上町で雨漏りしている瓦屋根をディートレーディングのディプロマット(オニキス)で屋根葺き替え工事

工事のきっかけを伺いました!


担当:岡野


 柏市今谷上町にお住いのT様より「雨漏りがしているので点検してほしい。」と、お問い合わせをいただきました。築30年で2階建てのお住いになります。2階の廊下天井部分より雨漏りがしているという事でご案内していただくと天井に雨染みが発生している状態でした。
 以前、増築を行ったとの事ですが既存のお住いと増築したお住まいを繋ぐ廊下の天井部分になります。その他にも2階のお部屋の天井と壁から雨漏りしているという事で壁紙が剥がれている状態でした。梯子を使い屋根に上がると、増築した部分の廊下上部は防水塗装を実施しており、塗装が劣化している状態でした。また、屋根は瓦屋根になるのですが、ひび割れが発生している瓦を発見しました。また、雨漏りしているお部屋の上部分の棟の漆喰が傷んでおり棟と棟の取合い部分に隙間が出来ている状態でした。漆喰は他の箇所にもひび割れ等の傷みが発生している状態でした。漆喰がひび割れなどで傷んでしまうと雨水が瓦の下に侵入しやすくなり、瓦の下に敷設されている防水紙の穴開きや捲れなどの不具合が原因で雨漏りが発生してしまうのです。
 T様のご希望は「雨漏りを止めてほしい。」という事です。現在の状況で雨漏りを止めるには防水紙のメンテナンスが必要になりますので屋根葺き替え工事をご提案しました。耐震性や耐久性に優れている金属屋根材での屋根葺き替え工事をご提案したところ、「デザインが気に入った。」という事で屋根材はディートレーディングのディプロマットのオニキス(黒色)をお選びいただき工事のご依頼をいただきました。屋根葺き替え工事は足場を仮設しますので、軒天や付帯部の塗装が劣化しておりましたので付帯部塗装工事をご提案したところ、「以前から気になっていたので屋根葺き替え工事とあわせてお願いします。」と、付帯部塗装工事のご依頼もいただきました。足場を仮設する工事を行なう際には足場仮設が必要な工事とあわせて行う事で、今後のメンテナンス費用が安く抑えられます。
 柏市今谷上町にお住いのT様より「雨漏りがしているので点検してほしい。」と、お問い合わせをいただきました。築30年で2階建てのお住いになります。2階の廊下天井部分より雨漏りがしているという事でご案内していただくと天井に雨染みが発生している状態でした。
 以前、増築を行ったとの事ですが既存のお住いと増築したお住まいを繋ぐ廊下の天井部分になります。その他にも2階のお部屋の天井と壁から雨漏りしているという事で壁紙が剥がれている状態でした。梯子を使い屋根に上がると、増築した部分の廊下上部は防水塗装を実施しており、塗装が劣化している状態でした。また、屋根は瓦屋根になるのですが、ひび割れが発生している瓦を発見しました。また、雨漏りしているお部屋の上部分の棟の漆喰が傷んでおり棟と棟の取合い部分に隙間が出来ている状態でした。漆喰は他の箇所にもひび割れ等の傷みが発生している状態でした。漆喰がひび割れなどで傷んでしまうと雨水が瓦の下に侵入しやすくなり、瓦の下に敷設されている防水紙の穴開きや捲れなどの不具合が原因で雨漏りが発生してしまうのです。
 T様のご希望は「雨漏りを止めてほしい。」という事です。現在の状況で雨漏りを止めるには防水紙のメンテナンスが必要になりますので屋根葺き替え工事をご提案しました。耐震性や耐久性に優れている金属屋根材での屋根葺き替え工事をご提案したところ、「デザインが気に入った。」という事で屋根材はディートレーディングのディプロマットのオニキス(黒色)をお選びいただき工事のご依頼をいただきました。屋根葺き替え工事は足場を仮設しますので、軒天や付帯部の塗装が劣化しておりましたので付帯部塗装工事をご提案したところ、「以前から気になっていたので屋根葺き替え工事とあわせてお願いします。」と、付帯部塗装工事のご依頼もいただきました。足場を仮設する工事を行なう際には足場仮設が必要な工事とあわせて行う事で、今後のメンテナンス費用が安く抑えられます。


担当:岡野

足場アイコン 屋根葺き替えアイコン 雨樋交換アイコン 防水工事アイコン

施工内容屋根葺き替え、雨樋交換、防水工事

築年数築30年

平米数103㎡

施工期間20日間

使用材料ディートレーディング ディプロマット

費用2,740,000円

保証10年保証

ハウスメーカーハウスメーカー不明

beforeafter
before
施工前の屋根
horizontal
after
屋根施工後の写真
headlinesbyline columns
柏市今谷上町で行った雨漏り調査で廊下天井に雨染み
柏市今谷上町で行った雨漏り調査で室内天井と壁に雨染み
texts
柏市今谷上町のT様邸の室内雨漏りの様子です。お問い合わせのきっかけとなった雨漏りは室内の天井や壁に染みが出来ており、クロスが剥がれている状態です。このままですと天井材や躯体の腐食に繋がりますので早期対応が必要になります。
headlinesbyline columns
柏市今谷上町で行った雨漏り調査で防水塗装の劣化
柏市今谷上町で行った雨漏り調査で防水塗装の立上り部分の剥がれが原因で雨漏り
texts
以前、増築した部分の防水塗装の調査の様子です。雨漏りが発生している廊下天井の上部になります。立上り部分が剥がれており素地が露出しております。雨漏りの原因は防水塗装が剥がれている事が原因です。塗装は太陽光や紫外線、風雨や砂埃等の外的影響により劣化し、剥がれてしまいますので定期的にメンテナンスが必要になります。屋根の上は普段から目に付く場所ではありませんのでT様のように雨漏りが発生してから不具合に気が付くケースも少なくありません。立上り部分の防水塗装が剥がれたことにより、雨水が躯体を伝い建物内部へと浸入してしまったのです。躯体が腐食し、建物の耐久性を低下させてしまいますので早期に対応する事が重要ですので、屋根葺き替え工事と防水塗装工事で雨漏りを解消します。
headlinesbyline columns
柏市今谷上町で行った雨漏り調査で瓦のひび割れを発見
柏市今谷上町で行った雨漏り調査で瓦屋根の棟と棟の取合い部分の漆喰の傷みを発見
texts
瓦屋根の調査の様子です。瓦はセメント瓦になり、ひび割れが多数発生しています。セメント瓦は塗装で保護されており、定期的に塗装メンテナンスを行う必要があります。塗装は太陽光や紫外線、風雨などの外的影響で徐々に剥がれてしまい、塗装が剥がれてしまうと素地が露出し雨水を吸収しやすくなってしまいます。セメントは雨水に弱いのでひび割れが発生しやすいのです。棟を固定するために使用されている漆喰も同様で、紫外線や風雨などの外的影響により劣化してしまい割れたり、剥がれたりしてしまいます。瓦のひび割れや漆喰の割れた隙間から雨水が浸入すると、瓦の下に敷設されている防水紙の劣化に繋がり雨漏りの原因となってしまうのです。
headlinesbyline columns
屋根葺き替え工事で既存の屋根材の瓦を解体・撤去します
屋根葺き替え工事の既存屋根材解体・撤去の様子
texts
屋根葺き替え工事の既存屋根材解体・撤去の様子です。屋根葺き替え工事の初めに行う工程が屋根材の解体・撤去です。屋根の上は勾配があり、傾斜がついていますので剥がした瓦が滑落しないように整理しながら作業を行います。剥がして整理した瓦は、足場に取付けた昇降機を用い降ろしてトラックへ積んでいきます。
headlinesbyline columns
屋根葺き替え工事の野地板張りの様子
屋根葺き替え工事で屋根の下を補強するための野地板を張ります
texts
野地板張りの様子です。築年数が経過していると野地板の傷みが生じている場合がありますので、下地の強度を保持するために野地板を既存の野地板の上に張っていきます。野地板を張る際には固定用の釘やビスを使用し、垂木等の躯体に留めていきます。
headlinesbyline columns
屋根葺き替え工事で新しい防水紙を敷設
屋根葺き替え工事で新しい防水紙を野地板に敷設
texts
防水紙敷設の様子です。野地板張りの工程が終了しましたら、野地板の上に新しい防水紙を敷設していきます。雨水は上から下へと流れて行きますので、軒先(屋根の下部)から棟(屋根の頂点)へと重ねて敷設していきます。棟から敷設してしまうと防水紙が重なる部分から雨水が浸入する危険性があり、雨漏りの原因になってしまいますので、必ず下から上へと重ねる事により雨水の浸入を防ぎます。
headlinesbyline columns
屋根葺き替え工事で役物のケラバ水切りを設置
屋根葺き替え工事でケラバ水切りを設置
texts
役物設置の様子です。役物とは建材のうち特定の位置や用途に使用する材料を指し、屋根材本体以外のものを指します。屋根材本体を設置する前に軒先には軒先唐草を設置します。スターターとも呼ばれ、軒先に流れてきた雨水が裏の木部に流れていかないよう確実に雨樋に流してくれる建材になります。切妻屋根のケラバ部分にはケラバ唐草を設置していきます。ケラバ水切りとも呼ばれるもので、こちらもケラバに流れてきた雨水を屋根内部へと浸入させない重要な役割を果たします。
headlinesbyline columns
屋根葺き替え工事で新しい屋根材を設置していきます
屋根葺き替え工事で軒先から屋根材を設置していきます
texts
屋根材本体設置の様子です。屋根材本体も防水紙と同様に軒先から棟へと重ねて設置していきます。新しい屋根材はディートレーディングのディプロマットで色はオニキスです。素材はジンカリウム鋼板で表面には自然石粒仕上げになっております。
columns
屋根葺き替え工事でジンカリウム鋼板のディプロマットを設置
ディートレーディングのディプロマットで屋根葺き替え工事
texts
ジンカリウム鋼板はガルバリウム鋼板とほぼ同じ成分で、天然石のチップを吹き付けることにより金属屋根材で懸念されている雨音による騒音と錆を抑制していますので、遮音性や耐久性に優れた金属屋根材になります。また、瓦と比較すると1㎡あたりの重量が約1/10になりますので大変軽量で耐震性にも優れております。
headlinesbyline columns
屋根葺き替え工事で屋根材の設置終了後、棟板金の貫板を設置
屋根葺き替え工事で棟板金の下地材の貫板を設置
texts
棟板金設置の様子です。屋根材設置終了後、棟板金の下地材となる貫板を設置していきます。貫板は棟板金を固定する下地材になり、専用のビスで屋根に固定していきます。
columns
屋根葺き替え工事で棟板金設置
屋根葺き替え工事で棟板金を固定するビスは横方向に留めていきます
columns
屋根葺き替え工事で棟板金の設置完了
texts
下地材の貫板設置完了後、棟板金を設置していきます。棟板金をビスで留める際には必ず横方向から下地材の貫板に留めていきます。棟板金の上部からビスを留めてしまうと「脳天打ち」と呼ばれる施工になってしまい、雨水がビス穴から浸入し雨漏りの原因になってしまうからです。棟板金設置完了後は大棟と隅棟の継目などから雨水の浸入を防ぐために必ずシーリング材で処理を行い、棟板金設置と屋根葺き替え工事が完了になります。
headlinesbyline columns
防水工事で下地を設置
防水工事で野地板にプライマー塗布
texts
防水工事の様子です。お問い合わせのきっかけとなった雨漏り箇所の上部になります。防水工事の種類はFRP防水になります。FRP防水は強度や耐水性に優れていますので船舶やバスタブ、自動車等に幅広く使用されており、ガラス繊維などの強化材で補強されたプラスチックになります。FRPの土台となる下地材を張り、シーリング材で処理した後、プライマーを塗布していきます。
columns
FRP防水でガラスマットを設置
FRP防水でガラスマットで防水層を作ります
columns
防水工事のFRP防水工事が完了です
texts
プライマー塗布後、ガラスマットを貼り付けていきます。ガラスマットの間にポリエステル樹脂を浸透させ、サンドイッチ状にし、防水層を作ったら、防水層を保護するために表面にトップコートを塗布し、FRP防水工事は完了になります。
headlinesbyline columns
付帯部塗装工事で高圧洗浄を行います
付帯部塗装工事で行った高圧洗浄で出た汚れを洗い流します
texts
付帯部塗装工事の様子です。屋根や外壁、付帯部などを塗装する際は、まず初めに高圧洗浄でお住いの汚れや古い塗膜を落としていきます。汚れや古い塗膜が残っている上から塗装を行うと、汚れや古い塗膜が剥がれてしまった際に新しく塗装した部分が一緒に剥がれてしまうのを防ぐためです。高圧洗浄を行う日は、洗浄で飛散した飛沫がどうしても出てしまいますので、お客様やご近隣の方に工事前挨拶として、お洗濯物を室内へ入れていただくようお願いをしております。雨量にもよりますが、今回は雨天時に高圧洗浄を実施したのでお洗濯物への心配もありませんでした。
columns
付帯部塗装工事で軒天塗装
付帯部塗装工事で破風板塗装
texts
高圧洗浄の工程が終了したら、軒天や破風板などの付帯部を塗装していきます。外壁や窓などに塗料が付かないよう、養生専用のマスキングテープやマスカーを使用して養生をし、塗装を行います。塗装する際には専用のローラーや刷毛などで細かい部分や大きな面に合わせて使い分けて塗装していきます。
columns
柏市今谷上町行った屋根葺き替え工事、防水工事、雨樋交換工事、付帯部塗装工事が完了しました
texts
付帯部塗装工事終了後、お客様に確認をしていただき足場の解体になります。足場の解体完了後、雨漏りが発生していた瓦屋根の屋根葺き替え工事、FRP防水工事、付帯部塗装工事が竣工となります。雨漏りの原因となっていた防水塗装の劣化や、漆喰、防水紙の傷みもメンテナンスし、雨漏りを解消する事ができましたのでお客様に大変満足していただけました。屋根の仕上がりや付帯部の色もイメージ通りと仰っていただけました。
今後は新しく葺き替えたディートレーディングのディプロマットの錆や傷みの確認、防水塗装の剥がれやひび割れがないか、また付帯部塗装の状態を点検するため定期点検にお伺いします。

工事を行なったお客様のご感想をご紹介いたします

columns
髙野様とスタッフ
headlinesbyline simple
髙野様 千葉市稲毛区 工事前アンケート
Q1.屋根工事を検討したきっかけは何ですか?どんなことで悩まれていましたか?
雨漏りに気が付いた。室の中の内装がいたんでしまった。

Q2.業者や工事会社をどのように探しましたか?
インターネットにより検索 屋根工事をする会社がわからなかったため。

Q3.当社を知りすぐお問合せをされましたか?もし悩まれたとしたらどんなことがご不安でしたか?
千葉市内に街の屋根やさんという会社がある事を知りすぐに問合せの電話をしました。

Q4.何が決め手となり当社にお問い合わせをされましたか?
会社が千葉市内にある事と客が満足する12の約束がある事で安心しておねがい出来ると思いました。

Q5.実際に当社担当者がお伺いしていかがでしたでしょうか?
親切丁寧で話の仕方も好感持てる方でした。

お客様のアンケートを詳しく見る→

このページに関連するコンテンツをご紹介

雨漏り修理・雨漏り改修工事は街の屋根やさん千葉
雨漏り修理・雨漏り改修工事は街の屋根やさん千葉
※梯子をかけず、高所作業とならない(下屋・陸屋根・屋上・バルコニー) 詳細:明らかに破損していたり、穴が開いていたりする箇所に対しコーキングまたは防水テープにて、訪問担当者が即時対応・補修が可能な場合に限る。  皆さんは常に大切なお住まいで雨漏りが起きる事を想像しながら想像して生活している訳では…続きを読む
屋根葺き替えと屋根カバー工法 どちらを選ぶのが正解?
屋根葺き替えと屋根カバー工法 どちらを選ぶのが正解?
 屋根工事の中で大型リフォームと言えば屋根葺き替えと屋根カバー工法が挙げられます。いずれも屋根材を新設するリフォームですが、工期やコストの違いがあるなどそれぞれにメリットやデメリット、特徴があります。 こうした大型の屋根葺き替えや屋根カバー工法を検討するタイミングとしては経年劣化により屋根…続きを読む
屋根葺き替えで不安を解消しませんか?
屋根葺き替えで不安を解消しませんか?
 これまでの屋根を解体・撤去し、新しい屋根材に葺き替える工事です。屋根材を取り外しますので、その下の防水紙や野地板といった手の入れにくい部分も同時にメンテナンスや補修を行うことができます。屋根の葺き替えというと老朽化した屋根というイメージがありますが、最近では耐震対策としての軽い屋根へ葺き…続きを読む
瓦屋根のさまざまな補修とリフォームの費用と価格
瓦屋根のさまざまな補修とリフォームの費用と価格
 瓦に飛来物が当たり割れてしまった場合、また風によって少しずれてしまっている場合、雨漏りが起きていなくとも防水紙の劣化に繋がりますので、補修は必要です。 瓦の差し替え工事 瓦の並び戻し工事  漆喰が剥がれることによって内部の土が露出し、雨…続きを読む
4つのチェックポイントで瓦屋根の点検・メンテナンスのタイミングを知ろう
4つのチェックポイントで瓦屋根の点検・メンテナンスのタイミングを知ろう
 瓦屋根というと半世紀、またはそれ以上もの耐用年数を期待できる大変寿命の長い屋根材ですよね。そのため瓦屋根にお住まいの方の中にはどうしてもメンテナンスが怠りがちになってしまっているという方もいらっしゃるのではないでしょうか。 しかし瓦屋根と言えども経年劣化がまったくないかというと…続きを読む
重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要
重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要
 台風などの強風で被害に遭いやすく、他の部分へ被害を拡大してしまうケースも多いのが瓦屋根です。ずれてしまうだけならまだしも、災害の規模が大きいと屋根から瓦が落下してきます。重くて固い瓦が落下すると、まず間違いなく落下地点のものを傷つけ、破壊します。2階屋根から1階屋根に落下すれば、その部分の瓦がほぼ…続きを読む

街の屋根やさん本社

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒292-0804
        千葉県木更津市文京5-11-16
        ST×BASE 1F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん本社のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      街の屋根やさんは千葉県以外にも東京都、神奈川県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方の地域の街の屋根さんをお選びください。

      屋根葺き替え 雨樋交換 防水工事に関連する新着ブログ

       鎌ケ谷市東鎌ケ谷にお住まいのお客様は、ご自宅が築34年を迎えたため、屋根のリフォーム工事をご検討していました。地震に備え、軽量な屋根材を使用した葺き替え又はカバー工事をご要望です。  私たち街の屋 ...続きを読む
      調査の様子  千葉市若葉区若松町にて行ったスレート屋根の調査の様子をご紹介致します。築年数は27年になります。「築27年が経っており、屋根の塗装が剥がれているのでどのようなメンテナンスが必要か相談し ...続きを読む
      調査の様子  千葉市中央区生実町にて行ったセメント瓦屋根の調査の様子をご紹介致します。「雨漏りしているので見に来てほしい。」と、お問い合わせをいただき調査にお伺い致しました。  私たち街の屋根やさ ...続きを読む
      倉庫屋根の調査    千葉市花見川区大日町で倉庫の屋根の不具合があり現地調査に伺ってきました。先ずは倉庫内から確認していきますと穴が空いている状態でいくつも破損していました。穴が空いていれば雨 ...続きを読む

      屋根葺き替え 雨樋交換 防水工事に関連する新着施工事例

      屋根葺き替え 雨樋交換 防水工事を行ったお客様の声一覧

      トップライトから雨漏りが発生していた大網白里市木崎のK様邸

      工事前アンケート画像

      Q2.工事を検討したきっかけは何ですか?どんなことで悩まれていましたか?

      トップライトから雨漏りがしていまして他社で修理をお願いしたんですが直らずネットで工事業社さんを探していた時、御社のホームページを拝見し口コミを読ませて頂きお電話させて頂きました

      Q3.弊社をどのように探しましたか?

      インターネット

      Q4.弊社を知りすぐにお問合せをされましたか?もし悩まれたとしたらどんなことがご不安でしたか?

      すぐお電話させて頂きました

      Q5.何が決め手となり弊社にお問合せをされましたか?

      口コミを読んで決めました

      Q6.実際に弊社担当者がお伺いしていかがでしたでしょうか?

      まずお電話頂いた時、とても誠実そうな方に感じました そしてお会いしたらとても真面目そうで信頼出来る方に感じました

      工事後アンケート画像

      Q2.当初、工事を依頼する会社にどんなことを期待されていましたか?

      今まで他社で修理をお願いしましたが直らなかったのでとにかく雨漏りを直して頂きたい それだけです

      Q3.弊社にご依頼いただく際に他社と比較しました方はどこの会社と比較しましたか?

      問い合わせした所はありますが、感じが悪かったので電話しただけです

      Q4.弊社に工事をご依頼いただいた決め手は何ですか?

      谷さんのお人柄です

      Q5.工事が終わってみていかがですか?良かった事・嬉しかったことを忌憚なく頂戴出来ましたら幸いです。

      工事中の写真を拝見したら雨漏りしていた原因もわかりましたし工事の過程もわかり安心しました

      Q6.街の屋根やさんを他の方に紹介するとしたらなんと紹介しますか?

      信頼の出来る会社です

      点検・お見積り・ご相談無料!

      街の屋根やさん千葉

      点検・調査・お見積りなど無料で承ります!お気軽にお問い合わせください!

      電話 お電話でのお問い合わせ[8時30分~20時まで受付]
      0120-989-936
      メール メールでのお問い合わせ
      24時間受付中!

      点検・調査・お見積りなど無料で承ります!
      お気軽にお問い合わせください!

      ご不明点やご相談など屋根のことなら何でもお問い合わせください

      お電話でのお問い合わせは

      メールでのお問い合わせは

      屋根工事が初めての方へ
      街の屋根やさんの10のお約束
      オンライン見積もり
      最短1日!LINEで概算見積もり
      雨漏りでお困りの方、お任せください
      散水試験で雨漏りの原因を徹底追及
      被害に遭う前に台風対策
      屋根を軽くして地震に強い屋根に
      屋根工事の料金プラン
      リフォームローン
      火災保険を屋根工事に適用できます
      屋根塗装・外壁塗装の塗料について
      株式会社シェアテック
      ご連絡先はこちら
      ご連絡先はこちら
      株式会社シェアテック

      千葉県木更津市文京5-11-16
      ST×BASE
      TEL:0438-38-3373
      FAX:0438-38-3310
      E-mail:info@sharetech.co.jp

      株式会社シェアテック
      建設業許可:千葉県知事許可(般-29) 第 48193 号
      〒292-0804 千葉県木更津市文京5-11-16 ST×BASE
      TEL:0120-989-936 FAX:0438-38-3310
      E-mail:info@sharetech.co.jp
      千葉県・市原市・袖ケ浦市・木更津市・君津市を中心に千葉県全エリア対応中です。
      (その他の地域の方もご相談ください)
      屋根リフォーム / 屋根工事 / 屋根修理 / 屋根塗装 / 屋根葺き替え / 漆喰(しっくい)工事 / 雨樋(あまどい)工事 / 雨漏り修理 / 雨漏り工事 / 防水工事