千葉の『街の屋根やさん』は千葉 市原 袖ヶ浦 木更津 君津を中心に 千葉県全域で屋根工事や屋根リフォーム、軽微な屋根の修理、屋根の塗り替え(屋根塗装)、古くなった屋根の葺き替え工事(屋根葺き替え)をおこなっています。
街の屋根やさん千葉

点検・調査・お見積りなど無料で承ります!お気軽にお問い合わせください

電話 お電話でのお問い合わせ[8時30分~20時まで受付]
0120-989-936
メール メールでのお問い合わせ
24時間受付
ホーム 施工事例一覧 会社概要 施工の流れ 屋根工事の種類 屋根の豆知識 屋根お役立ち情報 本日の現場ブログ お客様の声 お問い合わせ
お客様の声
施工事例
現場ブログ
専門家が教える屋根の基礎知識
専門家が教える
屋根の基礎知識
街の屋根やサンの施工実績
街の屋根やさん
施工実績
 下に挙げたものは、1999年5月~2024年3月までに街の屋根やさんが直接施工した件数と地域です。小規模な屋根修理から大規模な屋根の葺き替え、一般のお住まいだけでなく大きな工場等の建築物の屋根にも幅広く対応しております。
最近の屋根工事事例やお客様の声は右側の各種メニューからご覧ください。

東葛飾エリア
市川市・・525
松戸市・・356
習志野市・・205
流山市・・137
鎌ヶ谷市・・190
船橋市・・597
野田市・・157
柏市・・252
我孫子市・・124
浦安市・・233


北総エリア
銚子市・・84
佐倉市・・211
四街道市・・182
印西市・・138
富里市・・214
香取市・・131
成田市・・306
旭市・・198
八街市・・409
白井市・・201
匝瑳市・・120
印旛郡酒々井町・・101
印旛郡印旛村・・13
印旛郡本埜町・・14
印旛郡栄町・・39
香取郡神崎町・・27
香取郡多古町・・36
香取郡東庄町・・17

千葉エリア
千葉市中央区・・325
千葉市稲毛区・・251
千葉市緑区・・265
千葉市花見川区・・258
千葉市若葉区・・244
千葉市美浜区・・152
八千代市・・246
市原市・・897

九十九里エリア
茂原市・・202
勝浦市・・54
いすみ市・・121
東金市・・191
山武市・・115
大網白里市・・48
山武郡九十九里町・・77
山武郡芝山町・・30
山武郡横芝光町・・52
長生郡一宮町・・54
長生郡睦沢町・・17
長生郡長生村・・48
長生郡白子町・・61
長生郡長柄町・・24
長生郡長南町・・16
夷隅郡大多喜町・・24
夷隅郡御宿町・・33

南房総エリア
袖ケ浦市・・332
木更津市・・786
君津市・・411
富津市・・179
南房総市・・90
安房郡鋸南町・・47
館山市・・80
鴨川市・・43

雨が多くなる夏に向けて!夏のAmazonギフト券プレゼントキャンペーン実施中

雨が多くなる夏に向けて!夏のAmazonギフト券プレゼントキャンペーン実施中

屋根リフォームするなら地震に強い屋根にしてみませんか

更新日 : 2024年05月05日

更新日 : 2024年05月05日

被害を拡げないためにも、雨漏りには早急な対応が必要です!このような症状には要注意!天井の不気味な雨染み、壁紙の剥がれ、気味の悪い壁の染み、異様な木材の変色

 まずは写真をご覧ください。これは2011年3月11日の東日本大震災で被災した屋根の様子です。 こちらのお住まいは棟瓦が倒壊し、違うお住まいでは多数の瓦が周りに落下しました。  実は一方で、同じ被災地でも家屋にほとんど被害を受けていないお住まいもあります。この違いは何なのでしょうか。

棟瓦の崩壊

瓦の落下

 屋根の重量によってお住まいの耐震性は激変します。見た目だけでも、「瓦屋根は重そう」というイメージを受けると思います。スレートや金属の屋根は軽そうです。屋根の重さは一般的に次のようになっています。

地震時の揺れは家屋の重心の位置に大きく左右される

 地震時の家屋の揺れはその重心位置に大きく左右されます。屋根が重いと必然的に重心位置も高くなってしまうため、不安定さも増します。そのため、揺れも大きくなってしまうのです。 また、実際の揺れでは先端になればなるほど遠心力が大きく働くため、重さの数倍以上の力が加わることになります。  つまり、軽ければ軽いほど、重心の位置も下がり、減震も期待できるのです。

重量が大きい瓦屋根が抱える「耐震性のリスク」

瓦屋根

 屋根材と一口で言ってもその種類は様々で特徴・景観も大きく異なります!
 その中でも、屋根材として日本国内で古くから使用されてきたのが「瓦」です!

 瓦は日本の伝統を感じさせる形状や、屋根材の中でもトップクラスの耐久性が大きな魅力の屋根材です!
 しかし、その一方でデメリットと言えるのが瓦の重量からくる「耐震性のリスク」です!

 瓦はアスファルトシングルやスレート屋根材と比較しても重量があり、特に屋根材の中でも最軽量であるガルバリウム鋼板屋根材などの金属屋根材と比較して約10倍の重さがあります。

 その為、瓦屋根は他の屋根材と比較して「耐震性のリスク」が大きい屋根と言えます!

 もちろん、他の屋根材には無い景観・耐久性・断熱性や遮音性など瓦ならではの魅力はあります!
 しかし、近年ではやはり耐震性への不安を感じられて軽量な屋根材へ葺き替える方が増加傾向にあります!

「築年数が経過しているお住まい」は特に耐震性に注意が必要!

 上記の様に、屋根の重量は耐震性に大きな影響を及ぼします。
 また、そうした中でも特に注意が必要なのが「築年数が経過しているお住まい」です!

 日本における建築物の耐震基準は、過去の大地震の教訓を基に進化してきました。

 まず、1981年以前に建設された建物は「旧耐震基準」に基づいており、これらの建物は震度5程度の地震では倒壊しない耐震設計とされています。
 ですが「旧耐震基準」では大きな地震には対応しきれない可能性があることから、1981年~2000年にかけてより厳しい設計基準である「新耐震基準」が導入され、震度6強程度の地震によって倒壊されない耐震基準が制定されました。

 さらに、1995年の阪神・淡路大震災を機に「2000年基準」が導入され、これにより震度7クラスの地震によって倒壊されない耐震基準となります。

 「2000年基準」であれば震度7クラスでも絶対に倒壊しない訳ではありません。 しかし、近年建設された「2000年基準」を採用した建物と比較して「旧耐震基準」「新耐震基準」で建てられたお住まいの方が耐震性が低い可能性は非常に高いと言えます。

 さらに、「旧耐震基準」「新耐震基準」と「2000年基準」の大きな違いが地盤調査の有無です。
 「旧耐震基準」「新耐震基準」で建てられたお住まいが、地震の影響を受けやすい地盤の上に建設された可能性もゼロではありません。

 そうした背景から築年数が経過しているお住まいの場合、特に瓦屋根から金属屋根材に葺き替える事による耐震性向上が非常に大きなリスク低減に繋がると言えます!

瓦屋根から金属屋根に葺き替えた場合の耐震性能

 建築基準法には一般住宅の耐震基準が定められており、その目安となるのが耐震等級です。等級2、等級3と上がるほど耐震性が高くなります。各等級の地震係数は家屋の構造に対する耐震補強性能を表しています。

※記載の地震係数は屋根の種類(瓦屋根もしくはそれ以外)によって各等級を取得するための数値です。

 地震係数とはそれぞれの等級を満たすために必要な耐力壁などの係数を表したものです。 当然ですが重い物を支えるには柱がたくさんあった方が安定します。その柱や壁の数と考えてください。重い瓦の屋根のお住まいで等級3の耐震性能を得たい場合は柱や壁の数が必要となります。 軽い金属屋根ではその数が少なくなります。 瓦屋根のお住まいは重い屋根を支えるよう設計されています。 そのお住まいを金属屋根に葺き替えた場合、既存の柱や壁はそのままで屋根の重量は10分の1になりますから、確実に耐震性能はアップします。

 前述の通り、一般的な家屋で用いられる屋根材で一番軽いのは金属です。瓦屋根の約10分の1という驚異的な軽さです。瓦と違い、一枚一枚を屋根に積んでいるわけではないので、地震時に落下する危険性もありません。強風で飛ばされる心配もありません。 金属屋根は「暑い」、「雨音がうるさい」、「安っぽい」など、ネガティブなイメージを持たれている方もいらっしゃるでしょうが、それはもう過去のことです。近年のものは予め遮熱塗料を塗布しているものもありますし、消音性に優れているものもあります。またデザインも多彩で安っぽさとも無縁です。さらに、ほとんどの製品がガルバリウム鋼板から造られていますので、サビに強いことも特徴です。

瓦屋根から金属屋根に葺き替えた施工事例をご紹介!

 続いて、実際に施工させて頂いた瓦屋根から金属屋根に葺き替えた施工事例をご紹介致します!

瓦屋根から金属屋根への葺き替え工事をご依頼いただいたK様

〇瓦屋根から金属屋根材への葺き替えをご依頼いただいたK様

 K様のお住まいは瓦屋根であり、当初は漆喰の剥がれをご心配されてご相談をいただきました。
 しかし、同時に瓦屋根の耐震性もご心配されていましたので軽量な金属屋根材を使用した屋根葺き替え工事をご提案させて頂き、工事のご依頼を承りました。

 屋根葺き替え工事は屋根材・屋根下地材の交換、及び屋根材の固定先である野地板のメンテナンスを行う工事です!  その為、屋根の耐久性を新品同様に回復させることが出来ます。

 特に野地板のメンテナンスは屋根葺き替え工事のタイミングしか出来ませんので、屋根材を新しいものに交換しながら屋根の構造部を強く出来る事が屋根葺き替え工事の大きなメリットです!

野地板を増し張りしていく様子 スーパーガルテクトを敷設していく様子

 まずは、既存の屋根材・防水紙を撤去した上で野地板の増し張りを行っていきます!
 その後、新規の防水紙・屋根材の敷設作業に入ります。

 今回使用させて頂きましたのは、アイジー工業「スーパーガルテクト」です!
 ガルバリウム鋼板を改良した「SGL鋼板」が使用されており、従来のガルバリウム鋼板と比較してさらに3倍錆に強いと言われています。

 もちろん、金属屋根材特有のメリットである軽量性も兼ね備える為、耐震性も大きく向上されます!

スーパーガルテクトを使用した屋根葺き替え工事の完了

 無事、スーパーガルテクトを使用した屋根葺き替え工事が完了致しました!
 重厚感のある瓦屋根も素敵でしたが、スタイリッシュでお洒落なお住まいに生まれ変わりました。

 地震に強い屋根になったことで、お客様にも大変お喜び頂けました!

 私達、街の屋根やさんは金属屋根材を使用した瓦屋根の葺き替え工事の施工実績も豊富です!
 点検~お見積りの作成・ご相談まで無料にて承っておりますので、葺き替え工事をご検討されている方や葺き替え工事についてご相談をしたいと言う方がおられましたら、ぜひお気軽にご相談下さい!

屋根材のご紹介

スーパーガルテクト スーパーガルテクト 旧製品の3倍以上の耐候性を実現したガルバリウム鋼板を使用
ルーガ雅・ルーガ鉄平 ルーガ雅・ルーガ鉄平 練り込んだ気泡と繊維で軽さと割れ難さを追求したハイブリッド瓦
エコグラーニ 高級感のある自然石粒仕上げ、基材は何と30年のメーカー保証
横暖ルーフ 横暖ルーフ 住宅用屋根材の中で最も軽量、軽さで貴方のお住まいを守る!
スーパーヒランビーきわみ スーパーヒランビーきわみ 鉄鋼大手JFEのカラーGLきわみとガラス繊維断熱材の合わせ技

地震に強い屋根に関連するブログ一覧

2024-03-13 屋根葺き替え工事は、既存の屋根材を撤去して新しい屋根材を設置する屋根リフォームです。 近年、瓦屋根のお住まいの方から屋根葺き替えリフォームをご相談・ご用命いただく機会が増えています。 そこで今回は、瓦屋根から葺き替えを行う時におすすめの屋根…続きを読む
2011-06-25 今回は屋根のカバー工事のご依頼を頂いたS様宅にお打ち合わせに伺いました。 瓦棒の屋根ですが、確認したところ、下地は問題がなさそうでしたので カバー工法をご提案いたしました。     &#…続きを読む

地震に強い屋根に関連する施工事例一覧

街の屋根やさんは千葉県以外にも東京都、神奈川県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方の地域の街の屋根さんをお選びください。

お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 東京都 神奈川県 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県

点検・お見積り・ご相談無料!

街の屋根やさん千葉

点検・調査・お見積りなど無料で承ります!お気軽にお問い合わせください!

電話 お電話でのお問い合わせ[8時30分~20時まで受付]
0120-989-936
メール メールでのお問い合わせ
24時間受付中!

点検・調査・お見積りなど無料で承ります!
お気軽にお問い合わせください!

ご不明点やご相談など屋根のことなら何でもお問い合わせください

お電話でのお問い合わせは

メールでのお問い合わせは

その業者、違法かも!?違法業者を避けるために知っておきたい足場の法改正
2024年最新情報!補助金でお得にリフォーム!
住まいの外壁リフォーム無料相談受付中!屋根材外壁材のショールームはこちら
屋根工事が初めての方へ
街の屋根やさんの10のお約束
オンライン見積もり
最短1日!LINEで概算見積もり
雨漏りでお困りの方、お任せください
散水試験で雨漏りの原因を徹底追及
被害に遭う前に台風対策
屋根を軽くして地震に強い屋根に
屋根工事の料金プラン
リフォームローン
火災保険を屋根工事に適用できます
知って得する屋根工事の基礎知識
知って得する
屋根工事の基礎知識
屋根塗装・外壁塗装の塗料について
対応エリア
対応エリア一覧
株式会社シェアテック
ご連絡先はこちら
ご連絡先はこちら
株式会社シェアテック

千葉県木更津市文京5-11-16
ST×BASE
TEL:0438-38-3373
FAX:0438-38-3310
E-mail:info@sharetech.co.jp
ショールーム:木更津支店はこちら

点検・調査・お見積りなど無料で承ります!!お電話でのお問い合わせは0120-989-936へ。8時半から20時まで受付中!メールでのお問合せは24時間受付中。

株式会社シェアテック
建設業許可:千葉県知事許可(般-29) 第 48193 号
〒292-0804 千葉県木更津市文京5-11-16 ST×BASE
TEL:0120-989-936 FAX:0438-38-3310
E-mail:info@sharetech.co.jp
ショールーム:木更津支店はこちら
千葉県・市原市・袖ケ浦市・木更津市・君津市を中心に千葉県全エリア対応中です。
(その他の地域の方もご相談ください)
屋根リフォーム / 屋根工事 / 屋根修理 / 屋根塗装 / 屋根葺き替え / 漆喰(しっくい)工事 / 雨樋(あまどい)工事 / 雨漏り修理 / 雨漏り工事 / 防水工事