千葉の『街の屋根やさん』は千葉 市原 袖ヶ浦 木更津 君津を中心に 千葉県全域で屋根工事や屋根リフォーム、軽微な屋根の修理、屋根の塗り替え(屋根塗装)、古くなった屋根の葺き替え工事(屋根葺き替え)をおこなっています。
街の屋根やさん千葉

点検・調査・お見積りなど無料で承ります!お気軽にお問い合わせください

電話 お電話でのお問い合わせ[8時30分~20時まで受付]
0120-989-936
メール メールでのお問い合わせ
24時間受付
ホーム 施工事例一覧 会社概要 施工の流れ 屋根工事の種類 屋根の豆知識 屋根お役立ち情報 本日の現場ブログ お客様の声 お問い合わせ
お客様の声
施工事例
現場ブログ
専門家が教える屋根の基礎知識
専門家が教える
屋根の基礎知識
街の屋根やサンの施工実績
街の屋根やさん
施工実績
 下に挙げたものは、1999年5月~2024年3月までに街の屋根やさんが直接施工した件数と地域です。小規模な屋根修理から大規模な屋根の葺き替え、一般のお住まいだけでなく大きな工場等の建築物の屋根にも幅広く対応しております。
最近の屋根工事事例やお客様の声は右側の各種メニューからご覧ください。

東葛飾エリア
市川市・・525
松戸市・・356
習志野市・・205
流山市・・137
鎌ヶ谷市・・190
船橋市・・597
野田市・・157
柏市・・252
我孫子市・・124
浦安市・・233


北総エリア
銚子市・・84
佐倉市・・211
四街道市・・182
印西市・・138
富里市・・214
香取市・・131
成田市・・306
旭市・・198
八街市・・409
白井市・・201
匝瑳市・・120
印旛郡酒々井町・・101
印旛郡印旛村・・13
印旛郡本埜町・・14
印旛郡栄町・・39
香取郡神崎町・・27
香取郡多古町・・36
香取郡東庄町・・17

千葉エリア
千葉市中央区・・325
千葉市稲毛区・・251
千葉市緑区・・265
千葉市花見川区・・258
千葉市若葉区・・244
千葉市美浜区・・152
八千代市・・246
市原市・・897

九十九里エリア
茂原市・・202
勝浦市・・54
いすみ市・・121
東金市・・191
山武市・・115
大網白里市・・48
山武郡九十九里町・・77
山武郡芝山町・・30
山武郡横芝光町・・52
長生郡一宮町・・54
長生郡睦沢町・・17
長生郡長生村・・48
長生郡白子町・・61
長生郡長柄町・・24
長生郡長南町・・16
夷隅郡大多喜町・・24
夷隅郡御宿町・・33

南房総エリア
袖ケ浦市・・332
木更津市・・786
君津市・・411
富津市・・179
南房総市・・90
安房郡鋸南町・・47
館山市・・80
鴨川市・・43

雨が多くなる夏に向けて!夏のAmazonギフト券プレゼントキャンペーン実施中

雨が多くなる夏に向けて!夏のAmazonギフト券プレゼントキャンペーン実施中

パラペットとは?パラペットのメリット・デメリットとメンテナンスについて

更新日 : 2024年05月02日

更新日 : 2024年05月02日

 ビルの外周を囲む壁は、歩行可能な屋上として使用するために設けられているものではないのがほとんどなのをご存知でしょうか?

 じつはこの屋上や陸屋根の外周に囲まれている壁、パラペットは外壁やサッシ周辺の防水性を高めることを目的としたものなのです(*^-^*)

 このようなパラペットは陸屋根以外にも一般的な戸建て住宅の屋根にも取り付けられることがあります!

 今回はパラペットのメリットや役割、メンテナンスについてご紹介していきたいと思います。

 こちらの記事はおおよそ5分で読むことができます(^▽^)/

陸屋根

パラペットとは

パラペットは建物の屋根、屋上のバルコニーの一番外側にの外周に設けられた壁のことです!

 パラペットは、建物の屋上やバルコニー・ベランダなどの外周部に設けられる立ち上がり部分であり、手すりのような構造をしています!
 その歴史は古く、当初は城壁の一部として敵軍の遠距離攻撃を退ける役割を担っていました(#^^#)

 しかし、現代においてはその用途が大きく変化し、防水性・安全性・排水性の向上を担っています!

パラペットの役割

パラペット 高さのないパラペット

 まず、パラペットの主な役割として挙げられるのが、「排水性の向上」です。

 パラペットが設置されるベランダや屋上はほぼ傾斜が無い事から、生活空間として活用できます!
 しかし、平らな屋根やバルコニーに雨が降った場合、外周に遮るものが無ければ雨水は外壁に流出してしまいますよね(>_<)

 そこで、外周に設置されたパラペットは、雨水をせき止める事で雨水を排水口から適切に排水する役割を担っています。

 また、安全性の向上も重要な役割です!
 ベランダやビルの屋上は高所ですので大変危険な場所と言えます。

 パラペットを設置する事で、高所からの落下リスクを低減する事が出来ます!

 さらに、パラペットは外観のデザインにも大きく影響します。
 特に、近年流行しているモダンでスタイリッシュなキューブ型の建物では、デザイン性を重視してパラペットの素材・形状が選定される事が多いです!

 

 上記の様に、パラペットは設置個所の安全性・排水性・デザイン性を大きく向上させる役割を担っています。

パラペットの材質と選定ポイントとは

 パラペットの材質はコンクリート・金属素材・ガラス・石材など様々です。

 例えば、商業ビルや高層住宅のベランダ・バルコニーでは室内からの眺望を妨げないように透明感のあるガラス製のパラペットが採用されることがあります。
 一方で工場・倉庫では機能性が重視されることから、シンプルなコンクリート製のパラペットが設置されることが多い印象です。

 上記の様に、パラペットの材質選定は設置個所・用途を考慮して検討する必要があります!

パラペットのメリット・デメリット

 続いて、パラペットのメリット・デメリットを詳しくご紹介致します!

パラペットのメリット

 まず、パラペットには以下のようなメリットがあります!

〇外壁やサッシの防水性の確保

 陸屋根のような四角いビルに雨が降ってきた場合、高さや風向きにもよりますが、大量の雨を受けるのは陸屋根になりますよね。
 陸屋根が受けた雨はどうなるか想像してみてください。

 もしパラペットが無い場合はの陸屋根では、勾配が無くほぼ平らな状態の為そのまま陸屋根から外壁を伝って雨が流れ落ちます(-_-;)

 また、外壁の途中にあるサッシの部分に雨水が差し掛かれば雨水が滞留しやすくなります。
 少しでも隙間があればそこから室内に雨水が浸入する場合もあります。

 しかし、パラペットが存在している陸屋根の場合は、陸屋根が雨水を受け止め、パラペットが外壁に伝うことを防いでくれます(*^^)v

 雨樋などを用いて受け止めら雨水を適切に排水してくれます。

 このようにパラペットがあるのとないのとでは、かなり防水性が異なるのです!

屋上 防水

〇外壁のデザイン性向上

 街中でキューブ型のお住まいを見かけたことはありますでしょうか?

 キューブ型のお住まいはシンプル、モダンでかっこいい印象を持つ方は多いのではないでしょうか。

 キューブ型住宅の場合の屋根形状にはさまざまなパターンがあります。

 見た目通りで陸屋根のものと外観はキューブ型ですがパラペットに囲まれているだけでその内側は片流れ屋根の場合があります。

 片流れ屋根の下端にはもちろん雨樋が備えられており、勾配がある屋根を水平に見せるためにパラペットを設置するというアイデアなんですね(*_*)

〇店舗などの看板を設置しやすい

 小売業などを営んでおり、そのような店舗では看板を掲げるためにパラペットを設置されたという建物も多いです。

 現在ではあまりそういった建物は減少傾向にありますが、昔ながらの商店街にはまだ残っていたりもします。

パラペットのデメリット

 続いてパラペットのデメリットについてご紹介致します。

 パラペットのデメリットには、主に雨漏りしやすいことがあげられます。

 一時的とはいえ、パラペットは雨水を屋根の勾配や自然の流れに任せず、その内側の雨樋や陸屋根の排水口に治める仕組みです。

 一般的な屋根も勾配に沿って流れてきた雨水を雨樋に治めるのですが、設置されている位置が大きく異なってきます。

 パラペット内側の排水溝や箱樋の真下は室内です。

 そのため、軒樋とはことなり位置関係を考えるとパラペットは雨漏りのリスクが高いのです(>_<)。

笠木 笠木メンテナンス

パラペット上面を保護する「笠木」とは

パラペット最上部に被せる仕上げ材を「笠木」と言います。

 笠木は主に金属・石材・木材・プラスチックなどを主原料として製造され、パラペット最上部に設置される仕上げ材です!
 パラペット上部からの雨水の侵入を防ぎ、壁内や躯体部への浸水を防ぐ大切な役割を担っています。

 また、耐風性を向上させる役割を持つ為、そうした意味でも高い場所に設置されるパラペットには欠かせない存在と言えます。

 しかし、その一方で笠木は劣化が進行しやすく、ベランダ・バルコニーの中でも雨漏りリスクが高い箇所として知られています
 雨漏りを未然に防ぐ為にもパラペットと併せて、必ず笠木の定期的な点検・メンテナンスを行う様にしましょうね(^^♪

メンテナンスについて

 パラペットは上端の笠木、外壁から立ち上げられた壁、パラペットの内側(屋根側)の排水溝や箱樋(箱谷・内樋)から構成されています。

 これら3か所はいずれもメンテナンスを行う必要があります。

 また、雨漏りが発生している場合はこれら複数個所の補修が必要となることもあります(-_-;)

メンテナンス 塗装

・笠木
 最も傷みやすい笠木のメンテナンス方法には、塗装や漏水箇所の補修、交換が主にあげられます。

・笠木下部
 笠木の下の部分、胸壁のメンテナンスには塗装、漏水箇所の補修、重ね張り(カバー工法)・張り替えを行います。

・谷樋
 パラペットの内側、谷樋のメンテナンスには、掃除・塗装・交換を行います。

・排水溝
 排水溝のメンテナンスは陸屋根の防水工事とほぼ同じになります。

 FRP防水、シート防水、ウレタン防水など、表面のトップコートが色褪せてきたら、そろそろ塗り替え時になります。

排水溝 劣化

パラペットと笠木の間には雨漏りを防ぐために通気口が必要

 パラペットの上部にある被せ材を笠木(かさぎ)と言うのですが、実は雨漏りの原因となりやすい場所です。

 笠木同士のつなぎ目部分や、笠木を固定するための釘やビスの穴から雨水は入り込んでしまいますので、定期的なメンテナンスが必要です。

 コーキングを使った補修であれば自分でできそうな気がしますが、正しく行わないとかえって雨漏りを促進させてしまう可能性があるので注意が必要です

 「隙間=雨水の侵入口」というイメージありませんか?確かに小さな隙間から雨水は侵入し雨漏りを引き起こします。

 しかし、お住まいには「必要な隙間」が存在します。

 パラペットと笠木の間の隙間は実は雨漏りを防ぐために必要なのです。

 笠木は内部に雨水が侵入しないことを想定していません。

 そのため入り込んだ雨や湿気を外へ排出させるための通気口が必要です!

 ここをコーキング材で埋めてしまうと、内部に入り込んだ雨や湿気は逃げ場を失い、笠木やパラペットの劣化、雨漏りへとつながってしまうのです(-_-;)

 
 もしご自身で笠木、パラペットの補修をする際は通気に注意して行うようにしましょう(^^♪

ベランダ・バルコニーの雨漏り補修・防水工事もお任せください!

 いかがでしたでしょうか(・・?
 今回はパラペットについてのご紹介を行いました。

 前述の通り、パラペットは排水性・デザイン性・安全性において非常に大きな役割を担っています(#^^#)
 しかし、その一方で上部に設置されている笠木雨漏りリスクが高い場所としても知られています。

 また、ベランダ・バルコニー・陸屋根におきましても防水層の劣化などを原因として、雨漏り被害が起きやすい場所と言えます。

 雨漏り被害を未然に防ぐ為にもパラペットを含めてベランダ・バルコニー・陸屋根の定期的な点検・メンテナンスを行うように心がけましょう!

雨漏り被害が生じている屋上の防水工事をご依頼いただいたK様

〇雨漏り被害が生じている屋上の防水工事をご依頼頂いたK様

 

 私達、街の屋根やさんはベランダ・バルコニーで生じた雨漏り被害修理の施工実績も豊富にございます。
 防水工事やパラペットのメンテナンスについても承っておりますので、ぜひお気軽にご相談ください!

 点検~お見積りの作成まで無料にて承っておりますので、ご安心ください(^^)/

 

2024年最新情報!補助金でお得にリフォーム!

関連動画をチェック!

防水工事で雨漏り防止!陸屋根・屋上のチェックポイント【プロが解説!街の屋根やさん】

 今回の記事で登場した工事やお住まいのトラブルに関連する動画をご紹介します!


 こちらの動画では、工事の内容やお住まいのトラブルの対処方法などをより詳しく説明しています。
 お役立ち情報が満載ですのでぜひご覧になってみてください。


このページに関連するコンテンツをご紹介

お住まいの寿命を延ばす!季節別・築年数別のメンテナンスポイント
お住まいの寿命を延ばす!季節別・築年数別のメンテナンスポイント
 「マイホームの手入れって、いつがちょうどなのか分からない…」  一生に一度の投資と言われるお家、手に入れて終わりではないのです。  昔は新築だったお住まいも、歳月を経ると、どんなに大事にしていても定期的なメンテナンスが必要となります。  お手入れのタイミングを見逃すと、後になって高…続きを読む

お問い合わせはこちらから

街の屋根やさんは千葉県以外にも東京都、神奈川県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方の地域の街の屋根さんをお選びください。

お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 東京都 神奈川県 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県

陸屋根工事 雨漏り修理 防水工事に関連する新着ブログ

 雨漏りを止めるためには、当然ですが雨水がお住い内部へ浸入してきている原因の特定が不可欠です(^▽^)/  ですが、お住いには雨水が入り込んでしまう箇所の候補が多く存在しますので、浸入経路の特定 ...続きを読む
住まいの中で雨漏りの原因となりやすい部位の一つに、「サッシ」があります。 今回の記事では、サッシから雨漏りが起こる原因と対策、補修方法について紹介します(^_^)/ サッシの構造 ま ...続きを読む
 市川市新田で陸屋根屋上に設置してあるドーム型のトップライトから雨漏りがするようになってしまったとのご相談から、無料点検調査にお伺いさせて頂きました。    この天窓はタキロン社 ...続きを読む
ベランダやバルコニーなどの雨が直接吹き込む設備には防水工事が欠かせません。 これらの設備はほとんどの場合、床面に傾斜がなく雨水が排水されにくい+内側は日当たりが悪く乾きにくいといった構造になって ...続きを読む

陸屋根工事 雨漏り修理 防水工事に関連する新着施工事例

市川市北方町で棟板金の飛散、腐食に強い樹脂貫を使った棟板金交換工事

施工内容

棟板金交換 雨漏り修理

使用材料

ガルバリウム鋼板0.35mm 樹脂製貫板

陸屋根工事 雨漏り修理 防水工事を行ったお客様の声一覧

雨漏りについてご相談いただいた千葉市中央区赤井町のY様のアンケート

工事前アンケート画像

Q2.工事を検討したきっかけは何ですか?どんなことで悩まれていましたか?

1Fの雨漏り

Q3.弊社をどのように探しましたか?

ネット検索

Q4.弊社を知りすぐにお問合せをされましたか?もし悩まれたとしたらどんなことがご不安でしたか?

すぐお願いした

Q5.何が決め手となり弊社にお問合せをされましたか?

雨漏り診断士と住所

Q6.実際に弊社担当者がお伺いしていかがでしたでしょうか?

親切に説明して戴いた

お問い合わせフォーム

お名前 必須

ふりがな 【任意】

ご住所(工事地住所) 必須 ※郵便番号入力で町名まで自動入力されます。

郵便番号

番地・ビル・マンション名

E-mail (半角英数) 必須

電話番号 (半角英数) 【任意】

お問い合わせ内容 【任意】

点検・お見積り・ご相談無料!

街の屋根やさん千葉

点検・調査・お見積りなど無料で承ります!お気軽にお問い合わせください!

電話 お電話でのお問い合わせ[8時30分~20時まで受付]
0120-989-936
メール メールでのお問い合わせ
24時間受付中!

点検・調査・お見積りなど無料で承ります!
お気軽にお問い合わせください!

ご不明点やご相談など屋根のことなら何でもお問い合わせください

お電話でのお問い合わせは

メールでのお問い合わせは

その業者、違法かも!?違法業者を避けるために知っておきたい足場の法改正
2024年最新情報!補助金でお得にリフォーム!
住まいの外壁リフォーム無料相談受付中!屋根材外壁材のショールームはこちら
屋根工事が初めての方へ
街の屋根やさんの10のお約束
オンライン見積もり
最短1日!LINEで概算見積もり
雨漏りでお困りの方、お任せください
散水試験で雨漏りの原因を徹底追及
被害に遭う前に台風対策
屋根を軽くして地震に強い屋根に
屋根工事の料金プラン
リフォームローン
火災保険を屋根工事に適用できます
知って得する屋根工事の基礎知識
知って得する
屋根工事の基礎知識
屋根塗装・外壁塗装の塗料について
対応エリア
対応エリア一覧
株式会社シェアテック
ご連絡先はこちら
ご連絡先はこちら
株式会社シェアテック

千葉県木更津市文京5-11-16
ST×BASE
TEL:0438-38-3373
FAX:0438-38-3310
E-mail:info@sharetech.co.jp
ショールーム:木更津支店はこちら

点検・調査・お見積りなど無料で承ります!!お電話でのお問い合わせは0120-989-936へ。8時半から20時まで受付中!メールでのお問合せは24時間受付中。

株式会社シェアテック
建設業許可:千葉県知事許可(般-29) 第 48193 号
〒292-0804 千葉県木更津市文京5-11-16 ST×BASE
TEL:0120-989-936 FAX:0438-38-3310
E-mail:info@sharetech.co.jp
ショールーム:木更津支店はこちら
千葉県・市原市・袖ケ浦市・木更津市・君津市を中心に千葉県全エリア対応中です。
(その他の地域の方もご相談ください)
屋根リフォーム / 屋根工事 / 屋根修理 / 屋根塗装 / 屋根葺き替え / 漆喰(しっくい)工事 / 雨樋(あまどい)工事 / 雨漏り修理 / 雨漏り工事 / 防水工事