千葉の『街の屋根やさん』は千葉 市原 袖ヶ浦 木更津 君津を中心に 千葉県全域で屋根工事や屋根リフォーム、軽微な屋根の修理、屋根の塗り替え(屋根塗装)、古くなった屋根の葺き替え工事(屋根葺き替え)をおこなっています。
街の屋根やさん千葉

点検・調査・お見積りなど無料で承ります!お気軽にお問い合わせください

電話 お電話でのお問い合わせ[8時30分~20時まで受付]
0120-989-936
メール メールでのお問い合わせ
24時間受付
ホーム 施工事例一覧 会社概要 施工の流れ 屋根工事の種類 屋根の豆知識 屋根お役立ち情報 本日の現場ブログ お客様の声 お問い合わせ
お客様の声
施工事例
現場ブログ
専門家が教える屋根の基礎知識
専門家が教える
屋根の基礎知識
街の屋根やサンの施工実績
街の屋根やさん
施工実績
 下に挙げたものは、1999年5月~2024年3月までに街の屋根やさんが直接施工した件数と地域です。小規模な屋根修理から大規模な屋根の葺き替え、一般のお住まいだけでなく大きな工場等の建築物の屋根にも幅広く対応しております。
最近の屋根工事事例やお客様の声は右側の各種メニューからご覧ください。

東葛飾エリア
市川市・・525
松戸市・・356
習志野市・・205
流山市・・137
鎌ヶ谷市・・190
船橋市・・597
野田市・・157
柏市・・252
我孫子市・・124
浦安市・・233


北総エリア
銚子市・・84
佐倉市・・211
四街道市・・182
印西市・・138
富里市・・214
香取市・・131
成田市・・306
旭市・・198
八街市・・409
白井市・・201
匝瑳市・・120
印旛郡酒々井町・・101
印旛郡印旛村・・13
印旛郡本埜町・・14
印旛郡栄町・・39
香取郡神崎町・・27
香取郡多古町・・36
香取郡東庄町・・17

千葉エリア
千葉市中央区・・325
千葉市稲毛区・・251
千葉市緑区・・265
千葉市花見川区・・258
千葉市若葉区・・244
千葉市美浜区・・152
八千代市・・246
市原市・・897

九十九里エリア
茂原市・・202
勝浦市・・54
いすみ市・・121
東金市・・191
山武市・・115
大網白里市・・48
山武郡九十九里町・・77
山武郡芝山町・・30
山武郡横芝光町・・52
長生郡一宮町・・54
長生郡睦沢町・・17
長生郡長生村・・48
長生郡白子町・・61
長生郡長柄町・・24
長生郡長南町・・16
夷隅郡大多喜町・・24
夷隅郡御宿町・・33

南房総エリア
袖ケ浦市・・332
木更津市・・786
君津市・・411
富津市・・179
南房総市・・90
安房郡鋸南町・・47
館山市・・80
鴨川市・・43

塗装工事に最適な春の工事を応援!春限定のAmazonギフト券プレゼントキャンペーン実施中

塗装工事に最適な春の工事を応援!春限定のAmazonギフト券プレゼントキャンペーン実施中

スレート屋根のカバー工法について、メリットやデメリットをご紹介

更新日 : 2024年04月28日

更新日 : 2024年04月28日

 現在、一般的なお住まいの中で一番普及している屋根材がスレート屋根であり、軽量で価格の安さが大きな魅力です。

 しかし、その一方でスレート屋根は定期的な塗装メンテナンスが必要であり、さらに塗り替えによる屋根機能の復旧が困難な場合には屋根カバー工事葺き替え工事による屋根リフォームが必要となります!

 今回は、スレート屋根のリフォーム方法の一つである、屋根カバー工法について詳しくご紹介させて頂きます!

 

屋根材

スレート屋根について

 スレートは大きく分けて2種類あります。
 1つ目は天然スレートと呼ばれるもので、天然の粘板岩を板状に薄く加工した屋根材をいいます。
 高級感のある屋根材として知られていますが、天然石を使用しているため価格が高く一般の住宅ではほとんど使用されていません。

 2つ目が化粧スレートであり、一般的に多くのお住まいで使用されているスレート屋根は化粧スレートです。

 化粧スレートは、セメントに繊維状の素材を混ぜて薄い板状に加工したものです。

 また、一昔前に製造されたスレートにはアスベストが含まれているものも存在しますので、注意が必要です。
 アスベストは平成18年から健康被害が懸念されるとしてアスベストを重量の0.1%を超えて含んでいるものの使用や製造、提供を禁止しました。

 そのため、平成18年以前のスレートにはアスベストが含まれている可能性があるのです。

スレート劣化 スレート瓦

カバー工法とは

 屋根カバー工法は既存の屋根の上に新しい屋根材を被せる工法になります。
 屋根葺き替えのように既存の屋根を撤去する必要がないため廃材がほとんど出ません。

その為、工期が比較的短くメンテナンス費用が屋根葺き替えよりも安く済みます!

また、屋根が二重になることで断熱性・遮音性が向上することがメリットとしてあげられます。

 

 しかし、カバー工法は瓦屋根のお住まいには施工が出来ません。
 また、太陽光発電の設置が難しくなることや、屋根の劣化状態によってもカバー工法によるメンテナンスが採用できないことがデメリットとして挙げられます。

太陽光 太陽光パネル

スレート屋根のカバー工法

 スレート屋根は比較的安価で重量も軽く、耐震性に優れているといったメリットがあります。
 しかし、耐久性や防水性が低いため、約10年に一度は定期的なメンテナンスが必須です。

 また、スレート屋根の寿命は約20~30年とされています。
 そのため、約30年経ったスレートにはカバー工法や屋根葺き替え工事をおすすめされることがほとんどです。

 スレート屋根のカバー工法には「直接下葺き材カバー工法」「野地板増し張りカバー工法」の2種類があります。それぞれご紹介していきます。

・直接下葺き材カバー工法
 直接下葺きカバー工法は屋根材を支える為に張ってある板、野地板の状態が良い時に施工されます。古い屋根の上に直接防水シートを張り新しい屋根を重ねていきます。
 この施工補法は下地となる古い屋根の状態が良い時のみこの方法を行うことができます。

・野地板増し張りカバー工法
 野地板増し張りカバー工法は既存の野地板の状態が悪い際に施工されます。古い屋根の上に野地板を張りその後防水シート、新規の屋根材をカバーしていきます。

 どちらの工法で行った方が良いのかは、点検に来てくれた専門の屋根業者の方に屋根の状態をしっかり確認してみらったうえで判断してもらうことが大切です。

スレート屋根カバー工法のメリットについて

 カバー工法のメリットは、なんといっても工期・費用を抑えて屋根リフォームを行えることです!
 既存の屋根を撤去する必要が無いため、それに掛かる手間廃材の撤去費用を削減する事が出来ます。

 特に、既存屋根にアスベスト含有屋根材が使用されている場合には、その撤去費用は高額です!
 既存の屋根材にアスベストが含有されているケースでは、そのメリットもさらに大きくなります。

 また、カバー工法は既存の屋根をそのままの状態で施工を進める為、施工中も屋内で変わらず生活する事が可能です!
 その為、一般家庭はもちろん生産・作業を止める事が出来ない工場や倉庫などにもおすすめの工事方法と言えます。

 

防水紙 工事

スレート屋根カバー工法のデメリットについて

 一方、カバー工法のデメリットとしてまず挙げられるのが、「屋根の重量増加」です。
 既存の屋根に新規屋根材の重さが加わる事から、屋根はその分重くなってしまいます。

 屋根の重さは耐震性の低下に繋がる為、築年数が経過している場合や元々耐震性に不安のあるお住いへの施工は注意する必要があります。

 また、 カバー工法は葺き替え工事と違い野地板のメンテナンスは行われず、新規屋根材を被せる様に設置する工事です。
 その為、表面の凹凸が大きい瓦屋根野地板が著しく劣化・損傷した屋根に採用する事は出来ません。

 さらに、意外なデメリットとしては太陽光発電の設置が困難になる事が挙げられます。
 太陽光発電機は非常に重量があり、一般的に野地板・垂木に固定されます。

 しかし、カバー工法施工後の屋根は2重構造となっている事から、施工が非常に難しくなります。
 将来的に太陽光発電機の設置をご検討されている方には、屋根カバー工法はおすすめ出来ません!

 

かわら 瓦

スレート屋根のカバー工法で使用可能な屋根材

 基本的に屋根カバー工法で使用されている屋根材は軽い金属屋根が基本とされています。

・ガルバリウム鋼板
 アルミニウム55%、亜鉛43.4%、シリコン1.6%で出来ているアルミ亜鉛合金めっき鋼板です。
 アルミニウムの特徴である耐食性や加工性、耐熱性、熱反射性。亜鉛の特徴である犠牲防食機能によって耐久性に優れているのがガルバリウム鋼板です。

・SGL鋼板
 ガルバリウム鋼板を進化させた金属屋根で、ガルバリウム鋼板に較べて防錆効果と耐食性が向上しています。

スレート屋根のカバー工法が向いていないケース

・雨漏りしている
 雨漏りしている場合、カバー工法はあまりおすすめではありません。
 屋根からの雨漏りは、屋根材ではなく防水紙など下地の不具合が原因であることが多いです。

 そのため、カバー工法ではなく葺き替えで下地も交換・補修することで安心してお過ごしいただけます。
 また、台風などの突発的な自然災害で屋根の一部に被害を受けて雨漏りした場合、部分補修で済む場合もあります。

・屋根裏に結露が発生している
 屋根裏の換気不足により、結露が発生している場合はカバー工法では改善できません。
 結露が発生しているのは既存の屋根材の下ですので、屋根材の上に新しい屋根材を重ねてもあまり意味がありません。

 結露にお悩みの方は、換気棟をつけるなどして屋根裏の通気性を高めることが必要です。

・耐久性を求める
 寿命を迎えた屋根にカバー工法を行えばもちろん耐久性はありますが、下地ごと交換する葺き替え工事に比べると耐久性は劣ってしまいます。
 今後、長い間安心して過ごしたいという方にはカバー工法よりも葺き替え工事のほうがおすすめです。

スレート屋根の世代ごとによる注意点

 スレートは長らくシェア率の高かった屋根材ですが、製造された年代ごとに特徴やメンテナンスの注意点も変わってきます。一括りにスレートと捉えることはできず、それぞれの特徴に合わせたメンテンナンスを考えることが大切です。

・第一世代
 第一世代はアスベストが含まれている化粧スレートであり、他の世代に比べて長寿命であることが特徴です。アスベストは別名「石綿」と呼ばれ、「石綿スレート」として表記されることもあります。

 アスベストを含んだスレートは耐久性や防音性、耐火性などに優れますが、葺き替え時には廃材処理費用が高くなるため、屋根カバー工法でのメンテナンスを選択する方も多いです。
 ですが、以前に比べてその廃材処理費も高くなっている傾向があり、今後のことも踏まえてメンテナンス方法を選ぶ必要があります。

・第二世代
 アスベストの健康問題が話題になった2000年代初頭に製造されたスレートで、「コロニアルNEO」「パミール」「レサス」などが代表的です。
 ノンアスベストの屋根材として当初は人気でしたが、アスベストを抜いたことで急速に劣化症状が現れるようになり、表面が剥がれたり割れてしまったりといった問題を抱える世代です。

 塗装によるメンテナンスができないため、パミールなどには必然的に葺き替えか屋根カバー工法かの選択を迫られます。

・第三世代
 現在製造されているスレートは、この第三世代に区分されます。第二世代の問題を改良し、耐用年数も長期間が期待できるものが登場しました。
 現在では新築時に使用されることが多く、この世代のスレートを使用した屋根はまだ築年数も浅いため、屋根カバー工法ではなく塗装によるメンテナンスが必要な時期です。

 近年では耐震性を上げるために屋根の軽量化を求める傾向が強く、シェア率では金属屋根にトップを譲る結果となっています。

施工業者選定のポイント

 スレート屋根のカバー工法を検討される上で、一番最初に必要となるのが業者の選定です。
 しかし、お住まいのリフォームを依頼される方の大半が、初めてご自宅の工事をされる方です。

 その為、業者の選定は非常に難しいと感じられる方も多いのではないでしょうか。

 そこで、以下に施工業者選びのポイントをご紹介致します!

信頼できる施工業者のポイント

 まずは、信頼できる施工業者のポイントをご紹介させて頂きます!

〇施工実績・経験が豊富
 施工実績・経験が豊富な施工業者「信頼できる施工業者」と言えます。
 これは、施工品質が高いということもありますが、お住まいの問題を解決する提案力にも直結します!

〇口コミ・評判が良い
 例え技術・経験が豊富な業者でも、それだけで良い業者とは言えません!
 仕上がり品質はもちろんですが、コミニケーション能力・問題が生じた際の対応力の高さも重要です。

 口コミ・評判をチェックする事で、顧客満足度の高い業者を選定しましょう。

業者選定は施工業者のHPをチェックする事がおすすめ!

 ここまで、信頼できる施工業者のポイントをご紹介させて頂きました!
 ですが、施工実績や口コミをどこで確認して良いか迷われる方もいらっしゃると思います。

 そこでお勧めなのが、施工業者のHPをチェックする事です!

 施工業者のHPには、実際に施工された「施工事例」「お客様の声」が掲載されています。
 施工事例を確認する事で工事の流れや仕上がり品質をチェックできますし、お客様の声を確認する事で顧客満足度も併せて確認する事が可能です。

 業者選定に迷われている方がおられましたら、ぜひ施工業者のHPをチェックされることがおすすめです。
 街の屋根やさんのHPにも多くの「施工事例」「お客様の声」を掲載しておりますので、是非ご覧ください!

まとめ

無料点検

 いかがでしたでしょうか。本日はスレート屋根のカバー工法についてご紹介いたしました。
 スレート屋根の寿命は約30年とされています。定期的に点検やメンテナンスが必要となります。

 ご自宅の屋根の点検やメンテナンスをされたことのない方はぜひ、一度街の屋根やさん千葉の無料点検をご活用ください。

 街の屋根やさん千葉では、屋根の点検やお見積り、屋根工事に関するご質問を無料で承っております。お気軽にご相談ください。

スレート屋根のカバー工事も街の屋根やさんにお任せください!

スレート屋根のカバー工事をご依頼頂いたH様
〇スレート屋根のカバー工事をご依頼頂いたH様

 私達、街の屋根やさんはスレート屋根のカバー工事による屋根リフォームの施工実績も豊富にございます!
 点検~お見積りの作成まで無料にて承っておりますので、屋根リフォームをご検討されている方がおられましたら、ぜひお気軽にご相談下さい!

2024年最新情報!補助金でお得にリフォーム!

関連動画をチェック!

瓦屋根の雨漏り原因とは?屋根の構造をもとに詳しく解説!【アメピタ!】

 今回の記事で登場した工事やお住まいのトラブルに関連する動画をご紹介します!


 こちらの動画では、工事の内容やお住まいのトラブルの対処方法などをより詳しく説明しています。
 お役立ち情報が満載ですのでぜひご覧になってみてください。


お問い合わせはこちらから

街の屋根やさんは千葉県以外にも東京都、神奈川県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方の地域の街の屋根さんをお選びください。

お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 東京都 神奈川県 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県

屋根葺き替え 瓦屋根工事 スレート屋根工事 金属屋根工事 屋根カバー工事 スレート屋根工事カバー 雨漏り修理 防水工事 ガルバリウム鋼板 換気棟に関連する新着ブログ

住まいの中で雨漏りの原因となりやすい部位の一つに、「サッシ」があります。 今回の記事では、サッシから雨漏りが起こる原因と対策、補修方法について紹介します(^_^)/ サッシの構造 ま ...続きを読む
 市川市新田で陸屋根屋上に設置してあるドーム型のトップライトから雨漏りがするようになってしまったとのご相談から、無料点検調査にお伺いさせて頂きました。    この天窓はタキロン社 ...続きを読む
近年では金属屋根の人気が高まっていますが、日本国内ではまだまだスレート屋根の普及率が高い状態です。 この記事を読まれている方の中にも、自宅の屋根はスレートだという方が多いのではないでしょうか? ...続きを読む
2022年以降、全ての新築住宅では瓦屋根の瓦を一枚一枚全て釘またはビスで固定することが義務化されました。 従来では、瓦を釘やビスで固定することは義務化されておらず、地震や台風で瓦が脱落してしまう ...続きを読む

屋根葺き替え 瓦屋根工事 スレート屋根工事 金属屋根工事 屋根カバー工事 スレート屋根工事カバー 雨漏り修理 防水工事 ガルバリウム鋼板 換気棟に関連する新着施工事例

千葉市花見川区柏井で棟板金の交換工事、ギングロ色のガルバリウム鋼板で施工

施工内容

棟板金交換 ガルバリウム鋼板

使用材料

ガルバリウム鋼板 樹脂製貫板

松戸市和名ケ谷でスレート屋根に(高耐候ガルバ)を使用した屋根カバー工事を行いました

施工内容

屋根カバー工事 換気棟

使用材料

アイジー工業 スーパーガルテクト

屋根葺き替え 瓦屋根工事 スレート屋根工事 金属屋根工事 屋根カバー工事 スレート屋根工事カバー 雨漏り修理 防水工事 ガルバリウム鋼板 換気棟を行ったお客様の声一覧

船橋市芝山にて1階屋根カバー、戸袋板金カバー工事を実施!完了後のお客様の声

お客様写真

工事前アンケート画像

Q2.工事を検討したきっかけは何ですか?どんなことで悩まれていましたか?

雨水が天井にもれた為。

Q3.弊社をどのように探しましたか?

インターネット

Q4.弊社を知りすぐにお問合せをされましたか?もし悩まれたとしたらどんなことがご不安でしたか?

すぐに問合せた。

Q5.何が決め手となり弊社にお問合せをされましたか?

人柄が良かった為。

Q6.実際に弊社担当者がお伺いしていかがでしたでしょうか?

仕事がていねい。

工事後アンケート画像

Q2.当初、工事を依頼する会社にどんなことを期待されていましたか?

しっかりした会社

Q3.弊社にご依頼いただく際に他社と比較しました方はどこの会社と比較しましたか?

比較していない。

Q4.弊社に工事をご依頼いただいた決め手は何ですか?

ていねい。

Q5.工事が終わってみていかがですか?良かった事・嬉しかったことを忌憚なく頂戴出来ましたら幸いです。

満足している

Q6.街の屋根やさんを他の方に紹介するとしたらなんと紹介しますか?

紹介する。(仕事がていねい人柄が良い)

お問い合わせフォーム

お名前 必須

ふりがな 【任意】

ご住所(工事地住所) 必須 ※郵便番号入力で町名まで自動入力されます。

郵便番号

番地・ビル・マンション名

E-mail (半角英数) 必須

電話番号 (半角英数) 【任意】

お問い合わせ内容 【任意】

点検・お見積り・ご相談無料!

街の屋根やさん千葉

点検・調査・お見積りなど無料で承ります!お気軽にお問い合わせください!

電話 お電話でのお問い合わせ[8時30分~20時まで受付]
0120-989-936
メール メールでのお問い合わせ
24時間受付中!

点検・調査・お見積りなど無料で承ります!
お気軽にお問い合わせください!

ご不明点やご相談など屋根のことなら何でもお問い合わせください

お電話でのお問い合わせは

メールでのお問い合わせは

その業者、違法かも!?違法業者を避けるために知っておきたい足場の法改正
2024年最新情報!補助金でお得にリフォーム!
住まいの外壁リフォーム無料相談受付中!屋根材外壁材のショールームはこちら
屋根工事が初めての方へ
街の屋根やさんの10のお約束
オンライン見積もり
最短1日!LINEで概算見積もり
雨漏りでお困りの方、お任せください
散水試験で雨漏りの原因を徹底追及
被害に遭う前に台風対策
屋根を軽くして地震に強い屋根に
屋根工事の料金プラン
リフォームローン
火災保険を屋根工事に適用できます
知って得する屋根工事の基礎知識
知って得する
屋根工事の基礎知識
屋根塗装・外壁塗装の塗料について
対応エリア
対応エリア一覧
株式会社シェアテック
ご連絡先はこちら
ご連絡先はこちら
株式会社シェアテック

千葉県木更津市文京5-11-16
ST×BASE
TEL:0438-38-3373
FAX:0438-38-3310
E-mail:info@sharetech.co.jp
ショールーム:木更津支店はこちら

点検・調査・お見積りなど無料で承ります!お電話でのお問い合わせは0120-989-936へ。8時半から20時まで受付中!メールでのお問合せは24時間受付中。

株式会社シェアテック
建設業許可:千葉県知事許可(般-29) 第 48193 号
〒292-0804 千葉県木更津市文京5-11-16 ST×BASE
TEL:0120-989-936 FAX:0438-38-3310
E-mail:info@sharetech.co.jp
ショールーム:木更津支店はこちら
千葉県・市原市・袖ケ浦市・木更津市・君津市を中心に千葉県全エリア対応中です。
(その他の地域の方もご相談ください)
屋根リフォーム / 屋根工事 / 屋根修理 / 屋根塗装 / 屋根葺き替え / 漆喰(しっくい)工事 / 雨樋(あまどい)工事 / 雨漏り修理 / 雨漏り工事 / 防水工事