千葉の『街の屋根やさん』は千葉 市原 袖ヶ浦 木更津 君津を中心に 千葉県全域で屋根工事や屋根リフォーム、軽微な屋根の修理、屋根の塗り替え(屋根塗装)、古くなった屋根の葺き替え工事(屋根葺き替え)をおこなっています。
街の屋根やさん千葉

点検・調査・お見積りなど無料で承ります!お気軽にお問い合わせください

電話 お電話でのお問い合わせ[8時30分~20時まで受付]
0120-989-936
メール メールでのお問い合わせ
24時間受付
ホーム 施工事例一覧 会社概要 施工の流れ 屋根工事の種類 屋根の豆知識 屋根お役立ち情報 本日の現場ブログ お客様の声 お問い合わせ
お客様の声
施工事例
現場ブログ
専門家が教える屋根の基礎知識
専門家が教える
屋根の基礎知識
街の屋根やサンの施工実績
街の屋根やさん
施工実績
 下に挙げたものは、1999年5月~2024年3月までに街の屋根やさんが直接施工した件数と地域です。小規模な屋根修理から大規模な屋根の葺き替え、一般のお住まいだけでなく大きな工場等の建築物の屋根にも幅広く対応しております。
最近の屋根工事事例やお客様の声は右側の各種メニューからご覧ください。

東葛飾エリア
市川市・・525
松戸市・・356
習志野市・・205
流山市・・137
鎌ヶ谷市・・190
船橋市・・597
野田市・・157
柏市・・252
我孫子市・・124
浦安市・・233


北総エリア
銚子市・・84
佐倉市・・211
四街道市・・182
印西市・・138
富里市・・214
香取市・・131
成田市・・306
旭市・・198
八街市・・409
白井市・・201
匝瑳市・・120
印旛郡酒々井町・・101
印旛郡印旛村・・13
印旛郡本埜町・・14
印旛郡栄町・・39
香取郡神崎町・・27
香取郡多古町・・36
香取郡東庄町・・17

千葉エリア
千葉市中央区・・325
千葉市稲毛区・・251
千葉市緑区・・265
千葉市花見川区・・258
千葉市若葉区・・244
千葉市美浜区・・152
八千代市・・246
市原市・・897

九十九里エリア
茂原市・・202
勝浦市・・54
いすみ市・・121
東金市・・191
山武市・・115
大網白里市・・48
山武郡九十九里町・・77
山武郡芝山町・・30
山武郡横芝光町・・52
長生郡一宮町・・54
長生郡睦沢町・・17
長生郡長生村・・48
長生郡白子町・・61
長生郡長柄町・・24
長生郡長南町・・16
夷隅郡大多喜町・・24
夷隅郡御宿町・・33

南房総エリア
袖ケ浦市・・332
木更津市・・786
君津市・・411
富津市・・179
南房総市・・90
安房郡鋸南町・・47
館山市・・80
鴨川市・・43

塗装工事に最適な春の工事を応援!春限定のAmazonギフト券プレゼントキャンペーン実施中

塗装工事に最適な春の工事を応援!春限定のAmazonギフト券プレゼントキャンペーン実施中

屋根勾配と屋根材の関係、屋根勾配のそれぞれのメリット・デメリットをご紹介

更新日 : 2024年04月23日

更新日 : 2024年04月23日

 この記事は屋根勾配についてご紹介しております。
 おおよそ10分で読むことができます。

勾配

 普段生活している中で、屋根のことを気にされて過ごしている方は少ないかと思います。
 また、屋根といわれて思い浮かべるほとんどは三角屋根ではないでしょうか。

 周りの住宅を見回してみてもほとんどの屋根は勾配(傾斜)が付けられていると思いますが、屋根勾配は雨水を効率よく流すためにも必要なものです。
 また、積雪地では屋根勾配が大きくなっており、雪が自然に落下するように屋根を作っています。

 屋根勾配は屋根材の種類や降雨量、積雪量などを考慮し決められています!
 本日は勾配が急な屋根、なだらかな屋根、平らな屋根のそれぞれのメリットやデメリットをご紹介いたします。

街並み 瓦

屋根勾配とは

 屋根勾配とは、屋根が水平面からどれだけ傾いているかを「勾配数」で示す指標です。
 屋根勾配は美観に及ぼす影響はもちろん、雨水の流れや機能性にも大きな影響を与えます。

 その為、お住まいの屋根に求める景観や機能によって屋根勾配を適切に設定する必要があります!

 また、地域の気候条件にマッチした屋根勾配にする事も大切です。
 たとえば、降水量が著しく多い地域では雨水の排水効率を高める必要があり、勾配が緩やかで排水性のと乏しい屋根は雨漏りリスクが高まります。

 屋根材の選定も大切ですが、適切な屋根勾配の設定も非常に重要です!

勾配数の表し方

 勾配数は屋根の角度を示す表し方です。
 勾配数といわれる屋根の傾斜の度合いの表し方には、尺貫法勾配(寸法勾配)・分数勾配・角度勾配の3つがあります。それぞれご紹介していきます。

・尺貫法勾配(寸法勾配)
 水平距離10寸(303.03㎜)に対して高さが何寸あるかで表します。最近では尺や寸といった単位は一般的とはされませんが、建設業界では今でもこの呼び方が使われています。

・分数勾配
 水平距離の高さの比率を分数で表しています。
 上記の尺貫法勾配と基本的に考え方は同じですが、こちらは約分された数字で表されること、『5/10』を『1/2』と表すこともあります。

・角度勾配
 屋根の勾配の角度そのものを表記したものですので、上記の中でも特にイメージが伝わりやすいかと思います。しかし、建築業界の中でも一般的ではありません。
 例えば、5寸(151.515mm)勾配だと、「26.5650゜」と小数点以下の細かい数字になってしまうのです。

勾配の想定方法

 屋根勾配の測定は、屋根の設計やリフォームの際に非常に重要と言えます。
 勾配の測定方法にも種類がありますが、それぞれ特定の道具や専門的な技術が必要です。

 その中で最も基本的な方法は、屋根の水平面と垂直面の長さを測る方法です。
 水平距離を基準として、その距離に対する垂直の上昇距離を測定します。

 例えば、水平に10メートルの点を取り、そこから垂直にどれだけ上昇しているかを測ります。
 この測定から、「寸」での勾配を算出することができます!

 また、最近ではデジタル技術「レーザー距離計」や「デジタル傾斜計」が使用されることもあります。
 距離・角度などの精密なデータを短時間で取得できるため、作業効率を大幅に向上させることができます!

 特に傾斜計は、屋根の最も高い点と最も低い点の角度を直接読み取ることができるため、屋根勾配の測定には非常に有効です。

 施工技術も大きく進化していますが、同様に測定技術も大きく進歩しています!

屋根勾配と屋根材の関係

屋根角度 スレート

 屋根勾配によっては使用できる屋根材も異なってきます。
 例えば、瓦屋根の場合厚みがある瓦を重ねていくため実際の屋根の勾配に対しそれぞれの瓦の勾配は緩くなります。上記でもご説明したように、雨水の流れや水切れの関係で屋根材ごとに屋根の最低勾配が決まっているのです。これは雨漏りの発生を回避するためにもとても大切なことです。

 以下は各屋根材の最低勾配です。

・金属屋根
 必要最低勾配→1寸勾配以上 ※平葺き・横葺きの場合は3寸勾配以上

・スレート
 必要最低勾配→3寸勾配以上

・瓦
 必要最低勾配→4寸勾配以上

 基本4寸勾配以上の屋根であれば度の屋根材でも使用できます。

各勾配の特徴

急勾配 こうばい

 続いて急勾配、並勾配、緩勾配と呼ばれる勾配のそれぞれのメリットとデメリットをご紹介いたします。

急勾配

 角度があるので雨水が屋根に溜まりにくく雨漏りの危険性が低いですが屋根面性が大きくなるため、コスト面で高くなってしまいます。

〇メリット
 →雨漏りのリスクが低い
 →デザイン性が高い
 →屋根裏や収納、天窓なの利用価値が高い
 →小屋裏の空間が大きいため断熱効果がある

〇デメリット
 →屋根面積が大きくなるため施工などの面でコストがかかる
 →耐風性が低下する

並勾配

一般的な屋根勾配で最も普及されている屋根です。水はけ・デザイン性・コスト面などでいろいろと利点があります。

〇メリット
 →一般的な屋根のほとんどは並勾配であるため、施工できる業者が多い
 →必ずしもではないが、工事面で足場が不要になることもある
 →4寸勾配以上であればほとんどの屋根材が適用可能

緩勾配

他の勾配に比べて雨水が屋根に溜まりやすく、雨漏りの危険性も心配されがちですが、積雪地では落雪防止のために採用されやすいです。

〇メリット
→風の影響を受けにくい
→面積が小さいためコスト面で抑えられる
→落雪しにくい

〇デメリット
 →雨漏りのリスクが高まる
 →ほこりやゴミが付着しやすく劣化が進みやすい

家 瓦屋根

耐風性に優れているのは?

 屋根勾配は、とも関係があります!

 日本には毎年台風がやってきて、大きな被害をもたらします。
 令和元年房総半島台風は千葉県の多くのお住まいで被害を受けました。

 台風が多い地域や風の強い地域にお住まいの方は、ぜひ屋根勾配について知っていただきたく思います。

 前述の通り、耐風性が強いのは緩勾配の屋根です。
 一方、急勾配は風が当たる面積が大きいので風の影響を受けやすく、台風時には注意が必要です。

 屋根勾配は見た目のデザインで決められる方が多いと思いますが、それぞれのメリットやデメリット、地域の気候などをよく知った上で検討することをおすすめします!

屋根勾配の選定ポイント

 ここまで、それぞれの屋根勾配の特徴についてご説明させて頂きました。
 ですが、「適切な屋根勾配」を迷われている方も多いのではないでしょうか。

 そこで、下記に屋根勾配の選定ポイントを詳しくご紹介いたします。

お住まいの景観から見る屋根勾配

急勾配な屋根 緩勾配な屋根

 前述の通り、屋根勾配は屋根機能に大きな影響を及ぼしますが、同時に「屋根の景観」にも大きく関係しています。
 屋根の機能性が大切なのはもちろんですが、お住まいの景観も大事にしたいですよね。

 まず、急勾配の屋根は非常に強い個性を演出する事が可能で、伝統的なヨーロッパスタイルや日本の古民家とも取れる独特な外観となります。
 お住まいに個性を出したい方や、ヨーロッパテイストを好まれる方におすすめです。

 一方で、緩勾配の屋根はよりモダンで洗練された印象を与え、現代的なデザインに適しています。
 建物全体が低く抑えられるため、風景に溶け込む自然な外観となります。

 

 上記のことから、個性的なデザインをお求めの方には「急勾配」、自然で洗練された印象を演出したい場合には「緩勾配」が適していると言えます。

屋根機能・メンテナンス性からみる屋根勾配

屋根足場

 屋根の勾配は屋根機能に大きな影響を及ぼします。
 例えば、急勾配な屋根は雨漏りリスクを抑えられますが、いざ屋根工事が必要となりますと「屋根足場」が必要となりますので工事費用が大きくなってしまうリスクがあります。

 反対に緩勾配では落雪がしにくく風の影響を受けにくいメリットがありますが、急勾配と比較して排水性が低く雨漏りリスクが大きいと言えます。

 

 さらに、お住まいの地域環境にマッチした屋根勾配の選定も大切です!

 冒頭でもお伝え致しましたが、降水量が多い地域では水の排水効率を高めるために比較的急な勾配が適切と言えます。
 雨水が滞留する事を防ぎ、雨漏りのリスクや屋根材の劣化を最小限に抑えることができます。

 また、雪国では屋根から雪を効率良く排除することが重要です。
 その為、わざと雪を落雪させるために急勾配な屋根が選択されるケースがあります。

 

 上記の様に、屋根勾配の選定は機能面でのメリット・デメリットと併せて、お住まいの地域環境に考慮して検討される必要があります!

屋根勾配にお悩みの方へおすすめな「4寸勾配」

 機能面・景観面のポイントでご検討された上でも、適切な屋根勾配に迷われている方がいらっしゃると思います。

 そんな方にはぜひ「4寸勾配」の屋根をおすすめします!

 4寸勾配であれば、緩勾配のように屋根に雨がたまることもなく下へ流れるので雨漏りのリスクが低くなります。
 また、急勾配のように風があたる面が少ないので耐風性もあり、台風時には安心です。先ほどもご紹介いたしましたが、4寸勾配以上であればどの屋根材にも適応できます。

 新築時だけでなく、将来屋根葺き替え工事を行なった際に他の屋根材に変更し、お住まいの雰囲気を変えることもできます。
 屋根のメンテナンス時には、通常の足場の他に屋根足場を必要としない場合があるので、足場の架設費用を抑えることができます!

 以上の様に、急勾配・緩勾配の両方のメリットを持っているのが4寸勾配の屋根です。
 多くのお住まいが4寸勾配の屋根なので、「個性を出すことができない」、「デザイン性にかける」といったデメリットもありますが、長い時間を過ごすお住まいではデザイン性よりも機能性を重視することをおすすめいたします

まとめ

 以上、今回は屋根の勾配についてのご紹介でした。
 屋根の勾配によって使用できる屋根材が変わるということを知っている方は少なかったのではないでしょうか。また、屋根の勾配ごとにメリットやデメリットがそれぞれあります。
 これからお住いを購入する、新築を建てようとお考えの方は是非、屋根の勾配について知っておくと良いかもしれません。

 街の屋根やさん千葉では、お住いの屋根に関するご質問やご相談を無料で承っております。また、屋根の点検や必要な工事のご提案、お見積もりも無料で承っておりますのでお気軽にご相談ください。

ご相談

街の屋根やさんは急勾配屋根の施工実績も豊富です!

屋根足場を使用した工事をご依頼頂いたH様

H様よりご依頼いただいた屋根足場を使用した屋根カバー工事の施工事例

 今回は、屋根の勾配について詳しくご紹介させていただきました!
 急勾配な屋根は個性的な景観を演出する事が可能で、さらに雨水の排水性の高さから雨漏りリスクを抑える事が出来ます。

 しかし、屋根工事を行う場合「屋根足場」が必要であり、施工業者によっては急勾配を理由に施工を断られてしまうケースも少なくありません!

 私達、街の屋根やさんは、急こう配屋根の施工実績も豊富にございます。
 急勾配な屋根のお困り・ご不安事も街の屋根やさんにお任せください!

 点検~お見積りの作成まで無料にて承っておりますので、お気軽にご相談下さい。

2024年最新情報!補助金でお得にリフォーム!

関連動画をチェック!

瓦屋根の雨漏り原因とは?屋根の構造をもとに詳しく解説!【アメピタ!】

 今回の記事で登場した工事やお住まいのトラブルに関連する動画をご紹介します!


 こちらの動画では、工事の内容やお住まいのトラブルの対処方法などをより詳しく説明しています。
 お役立ち情報が満載ですのでぜひご覧になってみてください。


このページに関連するコンテンツをご紹介

瓦・スレート・金属 あなたの屋根はどのタイプ?
瓦・スレート・金属 あなたの屋根はどのタイプ?
 和風と洋風のテイスト、現代的と伝統的の時代感、現在はそれらの枠を飛び越えた様々なデザインの建築が増えました。一般的なお住まいも実に多彩です。 また、それに合わせて屋根の形状も多様になってきました。オーソドックスな三角屋根、地球環境に配慮し太陽光発電を数多く載せられるように南斜面…続きを読む
各種屋根材の耐久性ランキング
各種屋根材の耐久性ランキング
 お住まいの中で最も過酷な環境に晒されている部位を問われたら、多くの方が屋根だと答えるでしょう。 高いから強風の影響を受けやすく、寒暖・雨・直射日光といった天候の影響をダイレクトに受ける、本当にとんでもないところです。 寒い地方になれば、降雪や降雹はもちろんのこと、軒に氷柱ができます。積雪の重みに…続きを読む
屋根リフォームの際に注意したい屋根勾配のお話
屋根リフォームの際に注意したい屋根勾配のお話
 普段、生活している限り、屋根のことはあまり気にしない方がほとんどだと思います。それでも、屋根というと大半の方は三角屋根を思い浮かべるのではないでしょうか。見慣れた街並みを思い出してください。大方の屋根には勾配(傾斜)が付けられています。 屋根勾配は雨水を効率良く流すのに必要です。積雪地ではその勾配…続きを読む

お問い合わせはこちらから

街の屋根やさんは千葉県以外にも東京都、神奈川県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方の地域の街の屋根さんをお選びください。

お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 東京都 神奈川県 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県

屋根葺き替え 瓦屋根工事 金属屋根工事 雨漏り修理 天窓工事に関連する新着ブログ

住まいの中で雨漏りの原因となりやすい部位の一つに、「サッシ」があります。 今回の記事では、サッシから雨漏りが起こる原因と対策、補修方法について紹介します(^_^)/ サッシの構造 ま ...続きを読む
 市川市新田で陸屋根屋上に設置してあるドーム型のトップライトから雨漏りがするようになってしまったとのご相談から、無料点検調査にお伺いさせて頂きました。    この天窓はタキロン社 ...続きを読む
2022年以降、全ての新築住宅では瓦屋根の瓦を一枚一枚全て釘またはビスで固定することが義務化されました。 従来では、瓦を釘やビスで固定することは義務化されておらず、地震や台風で瓦が脱落してしまう ...続きを読む
瓦屋根のメリットとデメリット    松戸市北松戸で瓦屋根の現地調査にお伺いさせていただきました!  瓦屋根にはいくつかのメリットがあります。まず、瓦屋根は断熱性や遮音性に優れています。こ ...続きを読む

屋根葺き替え 瓦屋根工事 金属屋根工事 雨漏り修理 天窓工事に関連する新着施工事例

千葉市中央区村田町で雨漏り解消の為、瓦屋根部分葺き直し工事(税込み289,000円)

施工内容

屋根補修工事 瓦屋根工事 屋根葺き直し 雨漏り修理

使用材料

シルガード漆喰

屋根葺き替え 瓦屋根工事 金属屋根工事 雨漏り修理 天窓工事を行ったお客様の声一覧

屋根の葺き替えまたはカバー工法をご検討中の野田市山崎梅の台W様邸で点検!アンケートをご紹介

工事前アンケート画像

Q2.工事を検討したきっかけは何ですか?どんなことで悩まれていましたか?

中古物件を買ってメンテナンスの時期が来ていたので他の箇所のリフォームを併せて屋根もやろうかと思い。

Q3.弊社をどのように探しましたか?

インターネット

Q4.弊社を知りすぐにお問合せをされましたか?もし悩まれたとしたらどんなことがご不安でしたか?

はい

Q5.何が決め手となり弊社にお問合せをされましたか?

多数の工事をされていて経験豊富そうだったので。

Q6.実際に弊社担当者がお伺いしていかがでしたでしょうか?

聞きたかったことに答えて下さりありがたかったです。

お問い合わせフォーム

お名前 必須

ふりがな 【任意】

ご住所(工事地住所) 必須 ※郵便番号入力で町名まで自動入力されます。

郵便番号

番地・ビル・マンション名

E-mail (半角英数) 必須

電話番号 (半角英数) 【任意】

お問い合わせ内容 【任意】

点検・お見積り・ご相談無料!

街の屋根やさん千葉

点検・調査・お見積りなど無料で承ります!お気軽にお問い合わせください!

電話 お電話でのお問い合わせ[8時30分~20時まで受付]
0120-989-936
メール メールでのお問い合わせ
24時間受付中!

点検・調査・お見積りなど無料で承ります!
お気軽にお問い合わせください!

ご不明点やご相談など屋根のことなら何でもお問い合わせください

お電話でのお問い合わせは

メールでのお問い合わせは

その業者、違法かも!?違法業者を避けるために知っておきたい足場の法改正
2024年最新情報!補助金でお得にリフォーム!
住まいの外壁リフォーム無料相談受付中!屋根材外壁材のショールームはこちら
屋根工事が初めての方へ
街の屋根やさんの10のお約束
オンライン見積もり
最短1日!LINEで概算見積もり
雨漏りでお困りの方、お任せください
散水試験で雨漏りの原因を徹底追及
被害に遭う前に台風対策
屋根を軽くして地震に強い屋根に
屋根工事の料金プラン
リフォームローン
火災保険を屋根工事に適用できます
知って得する屋根工事の基礎知識
知って得する
屋根工事の基礎知識
屋根塗装・外壁塗装の塗料について
対応エリア
対応エリア一覧
株式会社シェアテック
ご連絡先はこちら
ご連絡先はこちら
株式会社シェアテック

千葉県木更津市文京5-11-16
ST×BASE
TEL:0438-38-3373
FAX:0438-38-3310
E-mail:info@sharetech.co.jp
ショールーム:木更津支店はこちら

点検・調査・お見積りなど無料で承ります!お電話でのお問い合わせは0120-989-936へ。8時半から20時まで受付中!メールでのお問合せは24時間受付中。

株式会社シェアテック
建設業許可:千葉県知事許可(般-29) 第 48193 号
〒292-0804 千葉県木更津市文京5-11-16 ST×BASE
TEL:0120-989-936 FAX:0438-38-3310
E-mail:info@sharetech.co.jp
ショールーム:木更津支店はこちら
千葉県・市原市・袖ケ浦市・木更津市・君津市を中心に千葉県全エリア対応中です。
(その他の地域の方もご相談ください)
屋根リフォーム / 屋根工事 / 屋根修理 / 屋根塗装 / 屋根葺き替え / 漆喰(しっくい)工事 / 雨樋(あまどい)工事 / 雨漏り修理 / 雨漏り工事 / 防水工事