千葉の『街の屋根やさん』は千葉 市原 袖ヶ浦 木更津 君津を中心に 千葉県全域で屋根工事や屋根リフォーム、軽微な屋根の修理、屋根の塗り替え(屋根塗装)、古くなった屋根の葺き替え工事(屋根葺き替え)をおこなっていま す。
街の屋根やさん千葉

点検・調査・お見積りなど無料で承ります!お気軽にお問い合わせください

電話 お電話でのお問い合わせ[8時30分~20時まで受付]
0120-989-936
メール メールでのお問い合わせ
24時間受付
ホーム 施工事例一覧 会社概要 施工の流れ 屋根工事の種類 屋根の豆知識 屋根お役立ち情報 本日の現場ブログ お客様の声 お問い合わせ
お客様の声
施工事例
現場ブログ
専門家が教える屋根の基礎知識
専門家が教える
屋根の基礎知識
街の屋根やサンの施工実績
街の屋根やさん
施工実績
 下に挙げたものは、1999年5月~2022年3月までに街の屋根やさんが直接施工した件数と地域です。小規模な屋根修理から大規模な屋根の葺き替え、一般のお住まいだけでなく大きな工場等の建築物の屋根にも幅広く対応しております。
最近の屋根工事事例やお客様の声は右側の各種メニューからご覧ください。

東葛飾エリア
市川・・298
松戸・・265
習志野・・162
流山・・119
鎌ヶ谷・・188
船橋・・448
野田・・120
柏・・171
我孫子・・102
浦安・・199


北総エリア
銚子・・79
佐倉・・177
四街道・・154
印西・・124
富里・・203
香取・・123
成田・・292
旭・・191
八街・・388
白井・・191
匝瑳・・117
印旛郡酒々井町・・100
印旛郡印旛村・・13
印旛郡本埜町・・14
印旛郡栄町・・35
香取郡神崎町・・27
香取郡多古町・・35
香取郡東庄町・・17

千葉エリア
千葉市中央区・・291
千葉市稲毛区・・210
千葉市緑区・・231
千葉市花見川区・・222
千葉市若葉区・・202
千葉市美浜区・・131
八千代市・・199
市原市・・802

九十九里エリア
茂原市・・181
勝浦市・・49
いすみ市・・112
東金市・・169
山武市・・103
山武郡大網白里町・・33
山武郡九十九里町・・71
山武郡芝山町・・29
山武郡横芝光町・・46
長生郡一宮町・・52
長生郡睦沢町・・16
長生郡長生村・・43
長生郡白子町・・57
長生郡長柄町・・23
長生郡長南町・・13
夷隅郡大多喜町・・21
夷隅郡御宿町・・26

南房総エリア
袖ケ浦・・283
木更津・・633
君津・・355
富津・・154
南房総・・80
安房郡鋸南町・・45
館山・・71
鴨川・・40

新型コロナウィルス
対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

台風15号によりお住まいに被害を受けた、受けたかもしれない方は街の屋根やさんの無料点検をご利用ください

台風15号によりお住まいに被害を受けた、受けたかもしれない方は街の屋根やさんの無料点検をご利用ください

柏市松葉町でセメント瓦屋根の棟瓦を強風対策補修工事を施工致しました

before
horizontal
after

工事のきっかけを伺いました!


担当:藤崎


 柏市松葉町で築年数約30年程経過しているお住まいのセメント瓦屋根の棟瓦の補修工事を施工致しました。訪問業者からズレや落下の危険性を指摘された事がご相談のきっかけとなります。

 そこで現地調査にお伺いさせて頂いたところ、指摘を受ける程の棟瓦の落下の危険性は無い物の、棟瓦を打ち付けている釘の緩み等が見受けられる状況でした。

 年数的に言えば屋根の全体施工や棟瓦の取り直し工事を為される事も一つの方法ですが、お客様より今回は当面の耐久力強化を図るべく、部分的な補修施工での意向で承りました。

 それこそこの先夏場に向けた台風シーズンの到来も有る事から、棟瓦の緩み箇所のビス止め補強と釘抜け対策のシーリング補修工事のご提案を行い、施工させて頂く事となりましたので、今回はその施工の流れについてご紹介させて頂きます。
 柏市松葉町で築年数約30年程経過しているお住まいのセメント瓦屋根の棟瓦の補修工事を施工致しました。訪問業者からズレや落下の危険性を指摘された事がご相談のきっかけとなります。

 そこで現地調査にお伺いさせて頂いたところ、指摘を受ける程の棟瓦の落下の危険性は無い物の、棟瓦を打ち付けている釘の緩み等が見受けられる状況でした。

 年数的に言えば屋根の全体施工や棟瓦の取り直し工事を為される事も一つの方法ですが、お客様より今回は当面の耐久力強化を図るべく、部分的な補修施工での意向で承りました。

 それこそこの先夏場に向けた台風シーズンの到来も有る事から、棟瓦の緩み箇所のビス止め補強と釘抜け対策のシーリング補修工事のご提案を行い、施工させて頂く事となりましたので、今回はその施工の流れについてご紹介させて頂きます。


担当:藤崎

施工内容屋根補修工事

築年数約30年

平米数30m分

施工期間屋根補修工事1日

使用材料瓦用ステンレスパワープラスビス(パッキン付)

費用詳しくはお問い合わせ下さい

ハウスメーカー

保証お付けしておりません

【施工内容】
屋根補修工事

築年数

約30年

平米数

30m分

施工期間

屋根補修工事1日

使用材料

瓦用ステンレスパワープラスビス(パッキン付)

費用

詳しくはお問い合わせ下さい

ハウスメーカー

保証

お付けしておりません

現地調査

セメント瓦屋根

 こちらがセメント瓦屋根の全体状況となります。築30年程経過していると言う事で、全体的な汚れやコケ等の付着も見られますが、大きく瓦がズレたり割れたりしていると言った場所は見受けられません。訪問販売の業者さんの中には、特に年数を経過しているお住まいについては、少しの症状を大げさに伝えて指摘するケースもあるそうですので注意が必要です。

釘抜けの発生

釘抜けの発生  棟瓦の釘抜け

 但し実際に年数の経過も有る事から、この様な釘抜け症状も有るのは間違い有りません。こう言った場所についてはやはりお手入れをしておくことが理想と言えます。全体的な棟瓦の取り直し工事等がベストですが、最低限の釘抜け箇所の再取り付け等は行っておいた方が得策です。

ビス止め補強で強風対策を行います

釘の抜け始めている棟瓦

 今回、当面の台風対策としての補強工事の方向でお話が進み、当社の方で施工させて頂く運びとなりました。具体的に言うと抜けている釘や取り付け状態が緩い箇所については、既存釘を取り外してビス止めによる固定を行い、更に既存釘の強度を未だ維持している箇所についても釘頭にシーリングを入れて釘抜け対策を施して作業を進めて参ります。

既存の釘抜き作業

既存釘抜き作業  劣化した釘

 釘の緩み箇所の釘抜作業から作業スタートとなります。この棟の冠瓦の下に心木と呼ばれる下地木材が有りその心木に釘を打ち込んで固定されております。どうしても釘の場合緩みが生じやすい特性がるので、既存釘を抜いた箇所については新たにビス止め固定で強度向上を図ります。

パッキン付きのビスで固定

瓦用パッキン付きビス  棟瓦のビス止め固定

 使用するビスは瓦専用のビスでパッキン付きのタイプの物となります。パッキンが有る事で釘穴から水の浸入を避けられる様になります。屋根の上からのビス止めの場合、水の浸入防止対策は非常に重要な要素となります。

既存釘を活かす箇所は釘頭のシーリング補修で釘抜け防止措置

棟瓦のシーリング補修  瓦のシーリング補修後

 そして既存釘が未だしっかりと固定されている箇所は無理に釘を外しません。と言うのも返って強度低下に繋がるか、若しくは力ずくで釘抜き作業を行うと冠瓦そのものを割ってしまう恐れも懸念されるからです。ですのでこの様な既存釘を活かす箇所については、釘抜け防止対策として釘頭にシーリングを施して耐久性の向上を図って参りました。

ケラバの取り付け釘頭もシーリング補修を実施

ケラバのシーリング補修  ケラバ補修施工完了

 その一環として、屋根袖のケラバ部分の袖瓦についても釘止め箇所のシーリングを行います。今回は棟瓦の補修のご依頼でしたが、この様な箇所ついても出来る事はご対応させて頂きます。

補修工事の完了

ビス止め補修の完了

 これで屋根補修工事の完了となります。大棟瓦は大半が釘抜け症状を来たしておりましたので、ほぼ全て新しいビス止め固定で耐久力の強化を図りました。

隅棟補修の完了

 隅棟各所についても同様で、釘抜け箇所はビス止め再固定、既存釘を活かす箇所はシーリング補修、棟全30メートル分の全てに亘りメンテナンス作業を行っております。

大棟の補修完了

 お客様にもご覧頂いて、台風シーズンの前に補強が出来、これで安心しましたとのお声掛けを頂けました。私たち街の屋根やさんでは屋根の現状とお客様のご要望に沿って、全体工事から部分的な施工まで幅広くご対応させて頂いております(瓦屋根の様々な補修費用の目安はこちらから)。新型コロナウイルス対策も継続しておりますので、屋根の事でしたら何なりとお問い合わせご相談下さい。

 記事内に記載されている金額は2022年04月22日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。

このページに関連するコンテンツをご紹介

セメント瓦とモニエル瓦、塗り替えを必要とする瓦の最適なメンテナンス方法
セメント瓦とモニエル瓦、塗り替えを必要とする瓦の最適なメンテナンス方法
 一般的な日本家屋に使用される陶器瓦と比較しても価格の安いセメント瓦やモニエル瓦。これらの瓦は高度経済成長期の住宅不足を解消する一端を担い、1980年代から1990年代にかけて国内で広く普及しました。 現在ではすっかり影をひそめ、新築でも使用されることがなくなり、手に入れることも困難になってきた屋根…続きを読む
瓦屋根のさまざまな補修とリフォームの費用と価格
瓦屋根のさまざまな補修とリフォームの費用と価格
・瓦工事の補修方法と概算費用  -瓦の割れやズレ  -漆喰の剥がれ  -棟のズレや破損  -雨漏りを起こした場合の屋根葺きなおし工事  -雨漏りの状態が酷い場合の屋根葺き替え工事 ・瓦屋根の耐震について…続きを読む
4つのチェックポイントで瓦屋根の点検・メンテナンスのタイミングを知ろう
4つのチェックポイントで瓦屋根の点検・メンテナンスのタイミングを知ろう
 瓦屋根というと半世紀、またはそれ以上もの耐用年数を期待できる大変寿命の長い屋根材ですよね。そのため瓦屋根にお住まいの方の中にはどうしてもメンテナンスが怠りがちになってしまっているという方もいらっしゃるのではないでしょうか。 しかし瓦屋根と言えども経年劣化がまったくないかというとそうではありません…続きを読む
重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要
重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要
 台風などの強風で被害に遭いやすく、他の部分へ被害を拡大してしまうケースも多いのが瓦屋根です。ずれてしまうだけならまだしも、災害の規模が大きいと屋根から瓦が落下してきます。重くて固い瓦が落下すると、まず間違いなく落下地点のものを傷つけ、破壊します。2階屋根から1階屋根に落下すれば、その部分の瓦がほぼ…続きを読む

街の屋根やさん本社

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒292-0804
        千葉県木更津市文京5-11-16
        ST×BASE 1F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん本社のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      街の屋根やさんは千葉県以外にも東京都、神奈川県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方の地域の街の屋根さんをお選びください。

      屋根補修工事に関連する新着ブログ

       船橋市中野木にお住まいのお客様より点検のご依頼をいただきました。築15以上経過していることから、状態を把握して最適なメンテナンス方法を知りたいと仰せでした。私たち街の屋根やさんは、点検・お見積りを無 ...続きを読む
       流山市東深井にて屋根の袖部分の瓦が数枚落ちてしまったので点検して欲しいとのご要望を頂きました。瓦は現在では手に入りにくいセメント系の洋瓦です。屋根全体の葺き替えは考えていないとの事でしたので、点検の ...続きを読む
       市川市宮久保にて強風によって屋根に被害を受けたお住まいの点検を行いました。お話を伺うと瓦屋根の袖部分の瓦が数枚落ちてしまったとのことで、点検の日程調整し現地調査に向かいます。  こちらのお住まいは ...続きを読む
      瓦屋根の調査    習志野市実籾で訪問業者さんから屋根の指摘を受けご心配になり私達、街の屋根やさんにお問い合わせをいただいております。近所で工事をしている時にたまたま見つけたや今すぐ工事をしな ...続きを読む

      屋根補修工事に関連する新着施工事例

      千葉市中央区生実町のアパートにてスーパーガルテクト(ブラウン)で屋根カバー工法を実施し台風被害を復旧

      施工内容

      屋根補修工事 スレート屋根工事 スレート屋根補修工事 屋根カバー工事 金属屋根カバー工事

      使用材料

      IG工業スーパーガルテクト(Sシェイドブラウン)

      山武市木原にて台風被害により欠損した瓦屋根を下地の復旧、棟取り直し工事で改善

      施工内容

      屋根補修工事 屋根葺き替え 瓦屋根葺き替え

      使用材料

      なんばん漆喰 瓦

      屋根補修工事を行ったお客様の声一覧

      令和元年房総半島台風でコロニアル屋根が一部飛散、いすみ市岬町江場土のお客様の声

      工事前アンケート画像

      Q2.工事を検討したきっかけは何ですか?どんなことで悩まれていましたか?

      台風で屋根が壊れて、雨漏れが心配でした。

      Q3.弊社をどのように探しましたか?

      ネットで探しました。

      Q4.弊社を知りすぐにお問合せをされましたか?もし悩まれたとしたらどんなことがご不安でしたか?

      雨漏れが心配ですぐに電話しました。

      Q5.何が決め手となり弊社にお問合せをされましたか?

      ネットで見た写真や評価で決めました。

      Q6.実際に弊社担当者がお伺いしていかがでしたでしょうか?

      担当者に直接会ってないが、電話の対応が良かった。

      工事後アンケート画像

      Q2.当初、工事を依頼する会社にどんなことを期待されていましたか?

      雨漏等無く屋根が直る事です。

      Q3.弊社にご依頼いただく際に他社と比較しました方はどこの会社と比較しましたか?

      比較してないです。

      Q4.弊社に工事をご依頼いただいた決め手は何ですか?

      工事が丁寧そうでした。

      Q5.工事が終わってみていかがですか?良かった事・嬉しかったことを忌憚なく頂戴出来ましたら幸いです。

      屋根がきれいになった事

      Q6.街の屋根やさんを他の方に紹介するとしたらなんと紹介しますか?

      丁寧に仕事をしてもらいました。

      点検・お見積り・ご相談無料!

      街の屋根やさん千葉

      点検・調査・お見積りなど無料で承ります!お気軽にお問い合わせください!

      電話 お電話でのお問い合わせ[8時30分~20時まで受付]
      0120-989-936
      メール メールでのお問い合わせ
      24時間受付中!

      点検・調査・お見積りなど無料で承ります!
      お気軽にお問い合わせください!

      ご不明点やご相談など屋根のことなら何でもお問い合わせください

      お電話でのお問い合わせは

      メールでのお問い合わせは

      屋根工事が初めての方へ
      街の屋根やさんの10のお約束
      オンライン見積もり
      最短1日!LINEで概算見積もり
      雨漏りでお困りの方、お任せください
      散水試験で雨漏りの原因を徹底追及
      被害に遭う前に台風対策
      屋根を軽くして地震に強い屋根に
      屋根工事の料金プラン
      リフォームローン
      火災保険を屋根工事に適用できます
      屋根塗装・外壁塗装の塗料について
      株式会社シェアテック
      ご連絡先はこちら
      ご連絡先はこちら
      株式会社シェアテック

      千葉県木更津市文京5-11-16
      ST×BASE
      TEL:0438-38-3373
      FAX:0438-38-3310
      E-mail:info@sharetech.co.jp

      点検・調査・お見積りなど無料で承ります!お電話でのお問い合わせは0120-989-936へ。8時半から20時まで受付中!メールでのお問合せは24時間受付中。

      株式会社シェアテック
      建設業許可:千葉県知事許可(般-29) 第 48193 号
      〒292-0804 千葉県木更津市文京5-11-16 ST×BASE
      TEL:0120-989-936 FAX:0438-38-3310
      E-mail:info@sharetech.co.jp
      千葉県・市原市・袖ケ浦市・木更津市・君津市を中心に千葉県全エリア対応中です。
      (その他の地域の方もご相談ください)
      屋根リフォーム / 屋根工事 / 屋根修理 / 屋根塗装 / 屋根葺き替え / 漆喰(しっくい)工事 / 雨樋(あまどい)工事 / 雨漏り修理 / 雨漏り工事 / 防水工事