千葉の『街の屋根やさん』は千葉 市原 袖ヶ浦 木更津 君津を中心に 千葉県全域で屋根工事や屋根リフォーム、軽微な屋根の修理、屋根の塗り替え(屋根塗装)、古くなった屋根の葺き替え工事(屋根葺き替え)をおこなっていま す。
街の屋根やさん千葉

点検・調査・お見積りなど無料で承ります!お気軽にお問い合わせください

電話 お電話でのお問い合わせ[8時30分~20時まで受付]
0120-989-936
メール メールでのお問い合わせ
24時間受付
ホーム 施工事例一覧 会社概要 施工の流れ 屋根工事の種類 屋根の豆知識 屋根お役立ち情報 本日の現場ブログ お客様の声 お問い合わせ
お客様の声
施工事例
現場ブログ
専門家が教える屋根の基礎知識
専門家が教える
屋根の基礎知識
街の屋根やサンの施工実績
街の屋根やさん
施工実績
 下に挙げたものは、1999年5月~2021年3月までに街の屋根やさんが直接施工した件数と地域です。小規模な屋根修理から大規模な屋根の葺き替え、一般のお住まいだけでなく大きな工場等の建築物の屋根にも幅広く対応しております。
最近の屋根工事事例やお客様の声は右側の各種メニューからご覧ください。

東葛飾エリア
市川・・234
松戸・・224
習志野・・146
流山・・102
鎌ヶ谷・・187
船橋・・387
野田・・103
柏・・125
我孫子・・88
浦安・・186


北総エリア
銚子・・75
佐倉・・158
四街道・・135
印西・・118
富里・・193
香取・・120
成田・・278
旭・・146
八街・・377
白井・・184
匝瑳・・115
印旛郡酒々井町・・96
印旛郡印旛村・・13
印旛郡本埜町・・14
印旛郡栄町・・33
香取郡神崎町・・27
香取郡多古町・・34
香取郡東庄町・・16

千葉エリア
千葉市中央区・・267
千葉市稲毛区・・192
千葉市緑区・・224
千葉市花見川区・・200
千葉市若葉区・・185
千葉市美浜区・・120
八千代市・・175
市原市・・741

九十九里エリア
茂原市・・173
勝浦市・・48
いすみ市・・104
東金市・・152
山武市・・100
山武郡大網白里町・・33
山武郡九十九里町・・70
山武郡芝山町・・26
山武郡横芝光町・・41
長生郡一宮町・・49
長生郡睦沢町・・14
長生郡長生村・・42
長生郡白子町・・54
長生郡長柄町・・22
長生郡長南町・・12
夷隅郡大多喜町・・19
夷隅郡御宿町・・20

南房総エリア
袖ケ浦・・253
木更津・・539
君津・・331
富津・・133
南房総・・74
安房郡鋸南町・・45
館山・・67
鴨川・・35

新型コロナウィルス
対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

台風14号接近中、ご注意ください!

台風14号接近中、ご注意ください!

山武市木原にて台風被害により欠損した瓦屋根を下地の復旧、棟取り直し工事で改善

before
horizontal
after

工事のきっかけを伺いました!

施工内容屋根補修工事 屋根葺き替え 瓦屋根葺き替え

築年数不明

平米数屋根面2㎡、棟4m

施工期間実質5日間

使用材料なんばん漆喰、瓦

費用詳しくはお問い合わせください

ハウスメーカー

保証部分補修のためお付けしておりません

【施工内容】
屋根補修工事 屋根葺き替え 瓦屋根葺き替え

築年数

不明

平米数

屋根面2㎡、棟4m

施工期間

実質5日間

使用材料

なんばん漆喰、瓦

費用

詳しくはお問い合わせください

ハウスメーカー

保証

部分補修のためお付けしておりません

点検の様子

屋根に開いた雨漏り 押し入れ上部に雨漏り

 調査にお伺いしたのは台風による被害を受けてからすでに1年近く経過している状態でした。雨漏りを起こしてからは別宅で生活をされていたようですが、補助金申請ができる今のうちに補修ができればとご相談をいただきました。台風時に屋根に穴が開いてしまったようで、室内から外の光が確認できる状態でした。今回雨漏りの原因としてはわかりやすい状態にはなりますが、そのお住まいも雨漏りが発生した際には大なり小なりこのような現象が起きているのです。
 雨漏りが起きるとどうなるのか、それは雨漏りに気づいたタイミングや雨漏り箇所によっても異なりますが、雨水が室内に浸入してしまいます。当然屋根から雨漏りが起きれば下に伝っていくだけですので、屋根から天井裏や押し入れといった部分に被害が生じてしまいます。

天井への雨漏り 畳のカビ

 しばらくすると生活空間にまで雨水が入り込んでしまいますが、多くの方がここで雨漏りの発生に気が付きます。天井や壁のシミがない限り雨漏りが起きているとは思わないからです。ただしここで雨漏りに気づいてもすでに生活空間が危険に晒されていますので早急に補修しなければなりません。この状態を放置するとカビが発生し健康へも害を生じてしまいます。今回は別宅への避難ができたから良いものの、そこで生活をし続けなければならないという方は、いかに早く補修できるかということがお住まいの寿命を決めるポイントにもなります。

軒天の穴あき 軒天から差し込む光

 同様に被害を受けたのが軒天です。軒天は通常屋根の裏側ですので雨水が直接あたるような場所ではありません。しかし経年により傷んでいたり吹き込むような雨風で急に剥がれてしまったりすることがあります。軒天の役割は屋根構造材を隠し美観性を向上させること、延焼を防ぐことが主ですが、剥がれたことでこちらも光が見えてしまう状況になってしまいました。また軒天がなくなることで小動物が侵入しやすい状況を作り、気づけば生活をされているということにもなりかねません。特に野生動物の場合臭いはもちろん感染症を持っていたり、糞尿などの被害も受けてしまうため、気づいた段階で応急処置としてでもふさいでおくことが重要です。

瓦屋根全体

 光が差し込んでいる原因でもある瓦屋根はというと、全体的に見ればそれほど大きなゆがみや破損はないように感じます。

棟瓦の崩壊と防水テープでの養生 漆喰の剥がれ

 しかし問題の面では棟瓦がなくなり雨養生済み、漆喰も剥がれ内部の土が流出してしまっている状態でした。漆喰は瓦の固定及び雨水の侵入防止にも役立ちますが、築10年ほどからひび割れが起き剥がれやすくなります。すると内部の土が流れ出てしまい土台がなくなることで、棟の歪み・破損を引き起こしてしまいます。またこの角は瓦が欠損し内部で確認した通り屋根の下地がなくなってしまっていました。
 今回はこの2点、瓦と軒天部分の補修として市役所に補助金申請及び補修を進めていきたいと思います。

落下してしまった瓦 谷板金部分のコケ

 ちなみに瓦屋根は吸水性が低く、割れない限り塗装しなくとも半永久的に使用できます。今回も破損していなければ補修に使用することができるため、落下した瓦を残していただけたことで補修費用を抑えることができます。また既存瓦を再利用することでできるだけ仕上がりの色を変えずに済むこともできます。

 今回は破損部分の補修工事を行いますが、谷板金部分や棟に植物が繁殖してしまっていました。瓦以外の漆喰部分や板金部分は経年劣化してしまうためメンテナンスが必要ですが、森が近いからこそ植物が繁殖しやすい環境だったのでしょう。植物は排水を妨げるだけでなく根を伸ばし下地に食い込んでしまうこともあります。あまりにひどい場合は防水紙まで破り室内に入り込む恐れもありますので、定期的な清掃を心がけていきましょう。

ご提案内容

品目 数量 単位 単価 金額 備考
仮設足場工事 100,000
部分掛け仮設足場工事 1 100,000
屋根復旧工事 320,000
既存屋根撤去 1 15,000
下地補修工事 瓦桟・野地板・防水紙 2 45,000 90,000
瓦葺き戻し 2 18,000 36,000
棟瓦新規 3段 4 m 26,000 104,000
不足分瓦 1 50,000 50,000
残差撤去 1 25,000 25,000
施工費 1 60,000
軒天工事 55,000
軒天補修工事 ケイカル5mm 1 10,000
加工施工工事 1 45,000
           
           

 瓦棟の復旧は段数によって大きく異なります。昔ながらのお住まいでは特に多いのですが6段・7段になればコストも工期も異なりますので、あらかじめご相談ください。また足場仮設工事は部分的であっても10万円程度、全面であれば15~20万円ほどかかってしまいます。屋根工事や外壁工事といった高所作業の場合はほぼ必要になりますので、できる限りメンテナンスの時期を合わせてまとめて工事が行えるようしておきましょう。

施工の様子

足場仮設 棟部分の撤去

 屋根と軒天の復旧工事開始です。今回は被害箇所の範囲がまとまっていましたので部分仮設にて準備を行いました。早速被害を受け穴が開いている部分を補修できるよう棟を解体していきます。見るとわかる通り下地には土が使用されており昔ながらの施工ですが、乾燥してしまうと密着性が低下してしまうのが難点です。また重量としても住宅の負担になってしまいますので、リフォーム時は軽量で防水性も高い南蛮漆喰を使用することがほとんどです。

屋根下地の確認 屋根下地の補強

 最も被害が大きかった屋根部分です。瓦だけでなく下地材もすっかりなくなり穴が開いてしまっていますが、だからと言って全面葺き替え工事でなければ補修できないということはありません。もちろん全面改修を行ったほうが耐久性としても良いのですが、しっかりポイントを押さえて補修していけば問題はありません。
 まずは復旧したい部分の下地木材が傷んでしまっていますので、木材を足して補強を行います。今後屋根の下地となるのは新たに取り付けた木材のほうになりますので強度等に心配はありません。

野地板の復旧 瓦屋根下地

 続いて野地板を敷設していきます。構造用合板を破損した屋根の形に合わせて加工し隙間がないように固定していきます。ひと昔前はバラ板と呼ばれる細長い板を隙間を設けながら設置していたのですが、これは雨漏りを起こしても早く乾燥するようにという工夫でした。現在は防水紙で雨水の侵入を防いでいますのでわざわざ隙間を作る必要はないということです。

防水紙の敷設 瓦桟設置

 続いては防水紙と瓦を取り付けるための桟木の取り付けです。防水紙にも種類があり多用されるのがアスファルトルーフィング・改質アスファルトルーフィングです。アスファルトルーフィングは主に新築時に使用されており、現在リフォームでも主流は改質アスファルトルーフィングです。この2種類の違いは耐久性とシール性です。ルーフィングは粘着性でない限り剥がれないようタッカーやステープルで留めていきます。その際にどうしても穴をあけてしまうのですが、経年により穴部分から雨水が浸入しやすくなってしまいます。シール性の高い改質アスファルトルーフィングはその点、穴をふさいでくれ雨漏りリスクを格段に低下させます。

瓦屋根の復旧 平瓦の復旧

 桟木を取り付け、瓦を固定しながら元の形に直していきます。現在新築時に瓦屋根の全数釘止めを義務化にという方針も考えられているようですが、決定には至っておりません。しかし今後その規制があることでリフォーム時に全数釘止めをしなければならないお住まいも出てくると思いますので、瓦屋根を維持したい、瓦屋根で建てたいとお考えの方は、随時チェックしていくようにしましょう。

漆喰土台の形成 漆喰土台の完成

 続いては棟の形成です。まずは南蛮漆喰で土台を形成していきます。無駄に盛らないよう木枠で型を作り漆喰を詰めていきます。これが瓦の下地部分になりますが、従来の土よりも防水性に優れていますので長期間にわたって状態を維持することができます。

棟取り直し工事 棟取り直し工事

 1段目の棟は外側に設置していき銅線で固定しながらまっすぐ並べていきます。2段目はもう少し内側に設置し、瓦同士の継ぎ目は1段目と被らないようにずらしていきます。そうすることで雨水が入り込むリスクをしっかり抑えることができるのです。そして3段目、半丸状の瓦ですが冠瓦と呼ばれる頂部です。上下で継ぎ目を重ねて保護しながら最後は中央で銅線を丸めるように片付けていきます。銅線を丸めるのはビニール袋などが飛んできて銅線に引っかからないようにするためだそうです。

棟取り直し工事完成 平瓦欠損部の復旧

 施工を行ったのは降雨後のため足元が滑りやすい状態でしたが、無事綺麗に復旧することができました。不足分の瓦は近似色の瓦を使用させていただきますが、やはり多少の差異が出てしまうこと、あらかじめご了承ください。同様に平瓦も足りない分を差し替えて屋根復旧工事は終了いたしました。

軒天撤去 軒天張替

 最後に軒天張替工事です。今回は剥がれた部分とその周りを剥がして新たな軒天材での補修を行いました。ベニヤを使用しているお住まいは雨水や風でぺりぺり表面が剥がれてしまうこともありますので、屋根や外壁のメンテナンスと合わせてケイカル板での張替工事も検討してみましょう。

工事を終えて

棟取り直し工事完了

 今まで補修費用をどうしようかと考えられていたようですが、今回は激甚災害にも認定された台風で補助金が利用できるということで補修に踏み切ることができました。雨漏りを起こしている部分を補修しなければ、屋内の補修工事も行えないため、まずは屋根工事だけでも復旧できたと安心されていました。
 台風による被害に関しては火災保険や共済を使用して復旧工事を行うことも可能です。申請に関しての疑問や火災保険の利用条件など、ご不明な点がございましたらお気軽に私たち街の屋根やさんへご相談ください。点検(ドローン点検も可)・お見積りは無料ですのでご安心ください。

工事を行なったM様のご感想をご紹介いたします

【工事前】

工事前お客様写真

Q1.工事を検討したきっかけは何ですか?どんなことで悩まれていましたか?
一昨年の台風15、19号、大雨大災害(10/25)で被災した事がきっかけです。一気に壊れ、屋内が浸水し壊れた所から強風が入った事で、部屋の各所が壊れたのには悩みました。

Q2.弊社をどのように探しましたか?
色々と当たりましたが専門外(家の修理でも「リフォーム中心」「ペンキ塗り」等、屋根の修理はメインではない)ばかりで、最終的には家内から借りたPCでインターネットを使って貴社を見つけました。

Q3.弊社を知りすぐにお問合せをされましたか?もし悩まれたとしたらどんなことがご不安でしたか?
国の支援金を使う予定であり、締め切りの期日が迫っていたので直ぐに電話させて頂きました。HP記載の住所が近所だったので直ぐに訪問できると考えたのですが、住所が木更津と聞き?でした。

Q4.何が決め手となり弊社にお問合せをされましたか?
問い合わせしたものの、役所から当初は「年内に何とか・・・」と言われ1ヶ月も無い為、これは現実的に無理かと断念の方向に気持ちが傾いていました。ところが担当の谷さんが役所に詳しく問い合わせて下さってて、可能性が見えたのでお願いしました。

Q5.実際に弊社担当者がお伺いしていかがでしたでしょうか?
担当して下さった谷さんが本当に素晴らしい人でした。柔らかく、落ち着いていて誠実さがにじみ出ていました。話せば話す程に(その後も)”この人は信用できる”と思ったものです。

【工事後】

Q1.当初、工事を依頼する会社にどんなことを期待されていましたか?
家の修理に関しては全くの素人で、右も左も分からないレベルですので、お客様の立場に立って予想される質問、疑問や予算、スケジュールを、そちらから教えて下さる事を期待します。

Q2.弊社にご依頼いただく際に他社と比較しました方はどこの会社と比較しましたか?
八街の工務店1社だけ(社名は何だったか・・・)現調に来てもらいました。でも屋内は全く見ず、外からもハシゴも掛けずただ眺めるだけで、「出来るところまでで・・・」と具体的な話が無いので断りました。

Q3.弊社に工事をご依頼いただいた決め手は何ですか?
最初の現調時から担当者の印象や対応が良かった事。事前に役所に問い合わせて調べていた事。現調時も屋根に上ってメジャーを使って詳しく見て下さって「調査報告書」を下さり、具体的だった事。

Q4.工事が終わってみていかがですか?良かった事・嬉しかったことを忌憚なく頂戴出来ましたら幸いです。
残念ながら未だ工事完了後の自宅を見ていません。でも「完工写真書」を見たところ、修理が必ず求められる箇所は完了しているのは確認できました。この予算でよくぞここまでやってくれました!!!

Q5.街の屋根やさんを他の方に紹介するとしたらなんと紹介しますか?
もちろん紹介する機会があれば喜んで紹介します!そして今後も何かあればお願いしたいと思います。紹介するとしたら「対応が早い」(可能な限り直ぐ来てもらえたと思う)「対応が丁寧」(受付の女性が直ぐ取り持って、電話くれる)etc...

M様のアンケートを詳しく見る→

このページに関連するコンテンツをご紹介

保険が適用される屋根工事
保険が適用される屋根工事
 保険が適用される屋根工事、ってどういうことをイメージされるでしょうか?  実は皆さんがご加入されている火災保険の中には、自然災害による建物被害の場合、その修繕費用を補助してくれる特約が付いているものがあります。  その場合、雪害や風害などで建物に被害が出た場合、保険の種類にもよりますが元…続きを読む
台風被害に遭う前に屋根とお住まいの対策をしておきましょう
台風被害に遭う前に屋根とお住まいの対策をしておきましょう
 私たちの住んでいる日本は世界的に見ても台風や地震といった自然災害が非常に多い地域です。台風の数で言うと気象庁の発表では2000年以降462(年間平均24)の台風が発生し、58もの台風が日本に上陸しました。年間平均で3、最も多い2004年には10を超える台風が日本に上陸し私たちの生活を脅かしました。…続きを読む
瓦屋根のさまざまな補修とリフォームの費用と価格
瓦屋根のさまざまな補修とリフォームの費用と価格
 瓦に飛来物が当たり割れてしまった場合、また風によって少しずれてしまっている場合、雨漏りが起きていなくとも防水紙の劣化に繋がりますので、補修は必要です。 瓦の差し替え工事 瓦の並び戻し工事  漆喰が剥がれることによって内部の土が露出し、雨…続きを読む
4つのチェックポイントで瓦屋根の点検・メンテナンスのタイミングを知ろう
4つのチェックポイントで瓦屋根の点検・メンテナンスのタイミングを知ろう
 瓦屋根というと半世紀、またはそれ以上もの耐用年数を期待できる大変寿命の長い屋根材ですよね。そのため瓦屋根にお住まいの方の中にはどうしてもメンテナンスが怠りがちになってしまっているという方もいらっしゃるのではないでしょうか。 しかし瓦屋根と言えども経年劣化がまったくないかというと…続きを読む
台風や地震の後は屋根にのぼらないこと、災害便乗商法に注意すること
台風や地震の後は屋根にのぼらないこと、災害便乗商法に注意すること
 日本全土のほとんどが台風の通り道であり、地震大国でもあるという日本、豊かな気候など温泉やメリットもあるのですが、災害が多いというデメリットもあります。 地震や台風で被災してしまった場合、最も大切なのは二次被害を防ぐということです。二次被害は心掛け次第でゼロにすることができるはず…続きを読む
令和元年台風15号・19号で被災され、屋根工事をお待ちいただいている方へ
令和元年台風15号・19号で被災され、屋根工事をお待ちいただいている方へ
令和2年6月1日更新  現在、台風に関するお問い合わせはだいぶ落ち着いてきており、現地調査や工事着工についても通常通りとなっております。台風による被害がなかったと思っても、時間が経つことで発覚する問題もございます。お住まいのことで気になることがありましたらお気軽にご相談ください。現在の千葉県(木更津…続きを読む
その台風による屋根への被災、予防できたかもしれません
その台風による屋根への被災、予防できたかもしれません
 台風銀座と呼ばれている沖縄・九州・地方・近畿地方南部だけでなく、毎年のようにさまざまな地域に被害をもたらす台風。台風の通過により各地で被害が発生し、毎年多くのお問合せをいただきます。また、台風の通過からかなりの日数が経っているというのに街の屋根…続きを読む
重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要
重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要
 台風などの強風で被害に遭いやすく、他の部分へ被害を拡大してしまうケースも多いのが瓦屋根です。ずれてしまうだけならまだしも、災害の規模が大きいと屋根から瓦が落下してきます。重くて固い瓦が落下すると、まず間違いなく落下地点のものを傷つけ、破壊します。2階屋根から1階屋根に落下すれば、その部分の瓦がほぼ…続きを読む

街の屋根やさん本社

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒292-0804
        千葉県木更津市文京5-11-16
        ST×BASE 1F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん本社のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      街の屋根やさんは千葉県以外にも東京都、神奈川県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方の地域の街の屋根さんをお選びください。

      屋根補修工事 屋根葺き替え 瓦屋根葺き替えに関連する新着ブログ

       鎌ケ谷市東鎌ケ谷にお住まいのお客様は、ご自宅が築34年を迎えたため、屋根のリフォーム工事をご検討していました。地震に備え、軽量な屋根材を使用した葺き替え又はカバー工事をご要望です。  私たち街の屋 ...続きを読む
      調査の様子  千葉市若葉区若松町にて行ったスレート屋根の調査の様子をご紹介致します。築年数は27年になります。「築27年が経っており、屋根の塗装が剥がれているのでどのようなメンテナンスが必要か相談し ...続きを読む
      調査の様子  千葉市中央区生実町にて行ったセメント瓦屋根の調査の様子をご紹介致します。「雨漏りしているので見に来てほしい。」と、お問い合わせをいただき調査にお伺い致しました。  私たち街の屋根やさ ...続きを読む
      倉庫屋根の調査    千葉市花見川区大日町で倉庫の屋根の不具合があり現地調査に伺ってきました。先ずは倉庫内から確認していきますと穴が空いている状態でいくつも破損していました。穴が空いていれば雨 ...続きを読む

      屋根補修工事 屋根葺き替え 瓦屋根葺き替えに関連する新着施工事例

      千葉市中央区生実町のアパートにてスーパーガルテクト(ブラウン)で屋根カバー工法を実施し台風被害を復旧

      施工内容

      屋根補修工事 スレート屋根工事 スレート屋根補修工事 屋根カバー工事 金属屋根カバー工事

      使用材料

      IG工業スーパーガルテクト(Sシェイドブラウン)

      屋根補修工事 屋根葺き替え 瓦屋根葺き替えを行ったお客様の声一覧

      多古町高津原坊ノ下にある倉庫の屋根から雨漏り発生、現地調査に伺いました

      工事前アンケート画像

      Q2.工事を検討したきっかけは何ですか?どんなことで悩まれていましたか?

      雨漏り

      Q3.弊社をどのように探しましたか?

      ネット

      Q4.弊社を知りすぐにお問合せをされましたか?もし悩まれたとしたらどんなことがご不安でしたか?

      下記の理由により一番に連絡しました他社との価格?

      Q5.何が決め手となり弊社にお問合せをされましたか?

      アスファルトシングルの取扱いが有った為(部分補修のつもりだったので)

      Q6.実際に弊社担当者がお伺いしていかがでしたでしょうか?

      丁寧で的確な説明でした

      点検・お見積り・ご相談無料!

      街の屋根やさん千葉

      点検・調査・お見積りなど無料で承ります!お気軽にお問い合わせください!

      電話 お電話でのお問い合わせ[8時30分~20時まで受付]
      0120-989-936
      メール メールでのお問い合わせ
      24時間受付中!

      点検・調査・お見積りなど無料で承ります!
      お気軽にお問い合わせください!

      ご不明点やご相談など屋根のことなら何でもお問い合わせください

      お電話でのお問い合わせは

      メールでのお問い合わせは

      屋根工事が初めての方へ
      街の屋根やさんの10のお約束
      オンライン見積もり
      最短1日!LINEで概算見積もり
      雨漏りでお困りの方、お任せください
      散水試験で雨漏りの原因を徹底追及
      被害に遭う前に台風対策
      屋根を軽くして地震に強い屋根に
      屋根工事の料金プラン
      リフォームローン
      火災保険を屋根工事に適用できます
      屋根塗装・外壁塗装の塗料について
      株式会社シェアテック
      ご連絡先はこちら
      ご連絡先はこちら
      株式会社シェアテック

      千葉県木更津市文京5-11-16
      ST×BASE
      TEL:0438-38-3373
      FAX:0438-38-3310
      E-mail:info@sharetech.co.jp

      株式会社シェアテック
      建設業許可:千葉県知事許可(般-29) 第 48193 号
      〒292-0804 千葉県木更津市文京5-11-16 ST×BASE
      TEL:0120-989-936 FAX:0438-38-3310
      E-mail:info@sharetech.co.jp
      千葉県・市原市・袖ケ浦市・木更津市・君津市を中心に千葉県全エリア対応中です。
      (その他の地域の方もご相談ください)
      屋根リフォーム / 屋根工事 / 屋根修理 / 屋根塗装 / 屋根葺き替え / 漆喰(しっくい)工事 / 雨樋(あまどい)工事 / 雨漏り修理 / 雨漏り工事 / 防水工事