千葉の『街の屋根やさん』は千葉 市原 袖ヶ浦 木更津 君津を中心に 千葉県全域で屋根工事や屋根リフォーム、軽微な屋根の修理、屋根の塗り替え(屋根塗装)、古くなった屋根の葺き替え工事(屋根葺き替え)をおこなっていま す。
街の屋根やさん千葉

点検・調査・お見積りなど無料で承ります!お気軽にお問い合わせください

電話 お電話でのお問い合わせ[8時30分~20時まで受付]
0120-989-936
メール メールでのお問い合わせ
24時間受付
ホーム 施工事例一覧 会社概要 施工の流れ 屋根工事の種類 屋根の豆知識 屋根お役立ち情報 本日の現場ブログ お客様の声 お問い合わせ
お客様の声
施工事例
現場ブログ
専門家が教える屋根の基礎知識
専門家が教える
屋根の基礎知識
街の屋根やサンの施工実績
街の屋根やさん
施工実績
 下に挙げたものは、1999年5月~2021年3月までに街の屋根やさんが直接施工した件数と地域です。小規模な屋根修理から大規模な屋根の葺き替え、一般のお住まいだけでなく大きな工場等の建築物の屋根にも幅広く対応しております。
最近の屋根工事事例やお客様の声は右側の各種メニューからご覧ください。

東葛飾エリア
市川・・234
松戸・・224
習志野・・146
流山・・102
鎌ヶ谷・・187
船橋・・387
野田・・103
柏・・125
我孫子・・88
浦安・・186


北総エリア
銚子・・75
佐倉・・158
四街道・・135
印西・・118
富里・・193
香取・・120
成田・・278
旭・・146
八街・・377
白井・・184
匝瑳・・115
印旛郡酒々井町・・96
印旛郡印旛村・・13
印旛郡本埜町・・14
印旛郡栄町・・33
香取郡神崎町・・27
香取郡多古町・・34
香取郡東庄町・・16

千葉エリア
千葉市中央区・・267
千葉市稲毛区・・192
千葉市緑区・・224
千葉市花見川区・・200
千葉市若葉区・・185
千葉市美浜区・・120
八千代市・・175
市原市・・741

九十九里エリア
茂原市・・173
勝浦市・・48
いすみ市・・104
東金市・・152
山武市・・100
山武郡大網白里町・・33
山武郡九十九里町・・70
山武郡芝山町・・26
山武郡横芝光町・・41
長生郡一宮町・・49
長生郡睦沢町・・14
長生郡長生村・・42
長生郡白子町・・54
長生郡長柄町・・22
長生郡長南町・・12
夷隅郡大多喜町・・19
夷隅郡御宿町・・20

南房総エリア
袖ケ浦・・253
木更津・・539
君津・・331
富津・・133
南房総・・74
安房郡鋸南町・・45
館山・・67
鴨川・・35

新型コロナウィルス
対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

流山市野々下で廃盤セメント瓦からガルバリウム鋼板の平葺きヒランビーに葺き替えモスグリーンの屋根へ

before
horizontal
after

工事のきっかけを伺いました!


担当:渡辺


 屋根材には様々な種類があり、中には既に廃盤となってしまっているものもあります。
 流山市野々下にお住まいのお客様は、セメント瓦の部分補修を検討されていました。全面的な屋根リフォーム工事は考えていなかったようですが、屋根材が廃盤となり、部分補修が困難な旨をお伝えしましたところ、金属屋根材を使用した屋根葺き替え工事のご依頼を頂きました。
 私たち街の屋根やさんでは、廃盤となってしまった屋根のリフォーム工事も数多く行っておりますので、メンテナンスをご検討の際には、お気軽にご相談ください。
 屋根材には様々な種類があり、中には既に廃盤となってしまっているものもあります。
 流山市野々下にお住まいのお客様は、セメント瓦の部分補修を検討されていました。全面的な屋根リフォーム工事は考えていなかったようですが、屋根材が廃盤となり、部分補修が困難な旨をお伝えしましたところ、金属屋根材を使用した屋根葺き替え工事のご依頼を頂きました。
 私たち街の屋根やさんでは、廃盤となってしまった屋根のリフォーム工事も数多く行っておりますので、メンテナンスをご検討の際には、お気軽にご相談ください。


担当:渡辺

施工内容屋根葺き替え

築年数40年

平米数102㎡

施工期間

使用材料平葺きヒランビー(モスグリーン)

費用詳しくはお尋ねください

ハウスメーカー

保証10年

【施工内容】
屋根葺き替え

築年数

40年

平米数

102㎡

施工期間

使用材料

平葺きヒランビー(モスグリーン)

費用

詳しくはお尋ねください

ハウスメーカー

保証

10年

点検の様子

セメント瓦には藻が発生していました セメント瓦の屋根には苔が発生していました

 お問い合わせを頂き、まずは現地調査へお伺いしました。セメント瓦の見た目は、陶器瓦とほとんど変わりませんが、主原料が異なる為、劣化症状やメンテナンス方法が異なります。
 粘土を主原料とする陶器瓦に対し、セメント瓦の主原料はセメントですので、定期的な塗装メンテナンスが必要不可欠です。お客様邸の屋根を見ると、藻や苔が繁殖しています。塗膜の保護機能が低下している状態です。

棟瓦の様子 屋根には漆喰の破片が落ちていました

 こちらは棟瓦の様子です。棟瓦に崩れや蛇行は見られず、良好な状態でした。しかし、屋根には、漆喰の破片が落ちていました。棟瓦の土台である漆喰が、経年劣化により剥がれてしまったようです。
 漆喰は、20年前後で剥がれることが多い為、それを目安にメンテナンスしましょう。症状が軽ければ漆喰詰め直し工事、棟瓦全体にズレや蛇行が見られる場合には棟瓦取り直し工事を行います。

防水紙の確認 防水紙が破れ、劣化しています

 下地の状態も確認しましょう。防水紙(ルーフィング材)が劣化し、破れています。防水紙は、屋根材で防ぎきれなかった雨水が内部に浸入しないよう、敷かれています。破れたり捲れてしまうと、雨漏りを引き起こすリスクが高まるのですが、お客様邸は雨漏りは発生していませんでした。

工事の様子

足場とメッシュシートの取り付け セメント瓦を撤去

 お客様のご希望により、金属屋根材を使用した屋根葺き替え工事を実施します。まずは、足場とメッシュシートを取り付けていきます。工事前には勿論、近隣住民へのご挨拶にもお伺いしますが、周囲への配慮と施工スタッフの安全確保を怠ってはいけません。
 メッシュシートまで取り付けましたら、セメント瓦を撤去していきます。瓦は、桟木と呼ばれる木材に固定されていますので、桟木も一緒に取り外します。

撤去したセメント瓦 下地の防水紙が傷んでいる様子

 お住まい一軒分の廃材となれば、かなりの量です。屋根葺き替え工事では、既存の屋根材を撤去する為の労力と費用を要します。セメント瓦と桟木を撤去すると、防水紙があらわれます。経年によって、かなり傷んでいる様子です。

野地板貼り ルーフィング敷設

 防水紙同様、屋根を支えている野地板も劣化しますので、新しいものを増張りして、補強する必要があります。野地板には、厚さ12mmの構造用合板を使用しました。厚さは、9~15mmまであり、劣化の状況に応じて適切なものを選びます。
 野地板を固定後、上から防水紙を敷設していきます。防水紙にも様々な種類があるのですが、今回は、改質アスファルトルーフィングのカッパ23を使用しました。改質アスファルトルーフィングとは、アスファルトに合成ゴムや合成樹脂を加えたもので、温度変化に強く、耐久性にも優れています。防水紙をお手入れする機会は限られていますので、耐久性や機能性で選ぶことをお薦めします。

新規屋根材設置 新規屋根材設置2

 続いて、新規屋根材を葺いていきます。こちらの屋根材は、平葺きヒランビーです。高耐久のガルバリウム鋼板製で、コストパフォーマンスに優れています。全7色の中からお客様は、モスグリーンをお選びになりました。
 軒先から頂上に向かって取り付けていきます。軒先付近を取り付ける際には、雪止め金物の設置を忘れてはいけません。雪止め金物は、後付けできない屋根材もありますので、施工前に確認しておきましょう。

仕上げに棟板金を設置 屋根と外壁の取り合い部分

 仕上げに木材の貫板を取り付け、棟板金を固定します。固定する際には、鉄製の釘よりも抜けにくく錆びにくいステンレス製のビスを使用しています。貫板は、木材以外にプラスチック樹脂製もあります。腐食や劣化を防ぎたい方にはお薦めです。
 屋根と外壁の取り合い部は、外壁からの伝い雨が内部に浸入することも考えられます。防水紙を立ち上げ、役物でしっかりとカバーしていきます。更に、隙間をシーリング材で処理し、雨水の浸入をブロックします。

工事を終えて

屋根葺き替え工事が完了

 平葺きヒランビーを使用した屋根葺き替え工事が無事、竣工となりました。工事を終えて、屋根の軽量化を図ることもできました。瓦屋根から金属・スレートといった屋根に葺き替えた場合、耐震性が向上しますので、地震が来ても安心ですよね。
 屋根のリフォーム工事をお考えの際には是非、街の屋根やさんへご相談ください。現在では、新型コロナウィルス対策を講じて、点検・工事を実施しております。

工事を行なったお客様のご感想をご紹介いたします

columns
W様 流山市 工事前アンケート
セメント瓦 補修
Q1.屋根工事を検討したきっかけは何ですか?どんなことで悩まれていましたか?
屋根の修理・外壁塗装のセールスが最近多く、特に屋根の漆喰の破片が落ちていて不安になり相談しました。

Q2.屋根工事会社をどのように探しましたか?
セールスは不安な面もあり、インターネットで業者さんを探す事にしました。

Q3.街の屋根やさんを知りすぐお問合せ頂けましたか?もし悩まれたとしたらどんなことがご不安でしたか?
インターネットで「街の屋根やさん」はすぐ目に付き連絡しました。
ちゃんと見てくれるのか、多少不安はありました。

Q4.何が決め手となり街の屋根やさんにお問い合わせ頂きましたか?
「街の屋根やさん」という名に、親しみを感じました。

Q5.実際に弊社担当者がお伺いしていかがでしたか?
思った以上にきめ細かな屋根・外壁の調査をして頂き、又、納得いく説明で信頼できる業者さんと思いました。

お客様のアンケートを詳しく見る→

このページに関連するコンテンツをご紹介

セメント瓦とモニエル瓦、塗り替えを必要とする瓦の最適なメンテナンス方法
セメント瓦とモニエル瓦、塗り替えを必要とする瓦の最適なメンテナンス方法
 一般的な日本家屋に使用される陶器瓦と比較しても価格の安いセメント瓦やモニエル瓦。これらの瓦は高度経済成長期の住宅不足を解消する一端を担い、1980年代から1990年代にかけて国内で広く普及しました。 現在ではすっかり影をひそめ、新築でも使用されることがなくなり、手に入れることも困難になってきた屋根…続きを読む
セメント瓦とモニエル瓦、塗り替えを必要とする瓦の最適なメンテナンス方法
セメント瓦とモニエル瓦、塗り替えを必要とする瓦の最適なメンテナンス方法
 一般的な日本家屋に使用される陶器瓦と比較しても価格の安いセメント瓦やモニエル瓦。これらの瓦は高度経済成長期の住宅不足を解消する一端を担い、1980年代から1990年代にかけて国内で広く普及しました。 現在ではすっかり影をひそめ、新築でも使用されることがなくなり、手に入れることも困難になってきた屋根…続きを読む
屋根材や外壁材の素材であるガルバリウム鋼板とは?特徴とメリットを徹底解説
屋根材や外壁材の素材であるガルバリウム鋼板とは?特徴とメリットを徹底解説
 一般的な戸建て住宅においては今や使われていない建物を探す方が難しいと思わせる素材がガルバリウム鋼板です。軽いことから屋根リフォームで人気の高い屋根カバー工法の選択肢となりやすい屋根材ですし、耐用年数が長いことから屋根葺き替えでも選ばれることが多くなってきました。2014年には従来のガルバリウム鋼…続きを読む
お家の屋根材が廃盤・生産終了になってしまった場合屋根のメンテナンスはどうすべき
お家の屋根材が廃盤・生産終了になってしまった場合屋根のメンテナンスはどうすべき
 多くの屋根材が工場で生産されるようになってから久しく、さらに現在では現場での切削・加工が極端に少なくなるようプレカットまでされるようになってきました。そのことによって新築でも、リフォームでも、工期が短くなり、人権費の削減にも繋がっています。施工期間の短縮と費用の削減はどちらもお施主様の負担が軽くな…続きを読む
瓦屋根のさまざまな補修とリフォームの費用と価格
瓦屋根のさまざまな補修とリフォームの費用と価格
・瓦工事の補修方法と概算費用  -瓦の割れやズレ  -漆喰の剥がれ  -棟のズレや破損  -雨漏りを起こした場合の屋根葺きなおし工事  -雨漏りの状態が酷い場合の屋根葺き替え工事 ・瓦屋根の耐震について…続きを読む
金属屋根(ガルバリウム)のチェックポイントとメンテナンス方法
金属屋根(ガルバリウム)のチェックポイントとメンテナンス方法
 お住まいもお体と同じです。悪いところは早期に発見し、迅速にケアして上げれば、大事に至ることはありませんし、費用もお安くなります。定期的な点検の他、悪天候後も検査してあげれば完璧でしょう。しかし、屋根に上るのは危険ですし、体の病状の判断と同じように、その道の専門家でなければ不具合を見逃してしまうこと…続きを読む
重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要
重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要
 台風などの強風で被害に遭いやすく、他の部分へ被害を拡大してしまうケースも多いのが瓦屋根です。ずれてしまうだけならまだしも、災害の規模が大きいと屋根から瓦が落下してきます。重くて固い瓦が落下すると、まず間違いなく落下地点のものを傷つけ、破壊します。2階屋根から1階屋根に落下すれば、その部分の瓦がほぼ…続きを読む
主材にJFEカラーGL鋼板を使用 スーパーヒランビーきわみ
主材にJFEカラーGL鋼板を使用 スーパーヒランビーきわみ
 屋根葺き替えや屋根カバー工法、屋根リフォームで屋根が新しくなるのですから、屋根材も良いものを選びたいですよね。  屋根葺き替えでとにかく屋根を軽くしたいという方や屋根カバー工法で屋根を二重にしたいという方にお勧めなのが「スーパーヒランビーきわみ」です。  大手鉄鋼メーカーJFE…続きを読む

街の屋根やさん本社

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒292-0804
        千葉県木更津市文京5-11-16
        ST×BASE 1F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん本社のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      街の屋根やさんは千葉県以外にも東京都、神奈川県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方の地域の街の屋根さんをお選びください。

      屋根葺き替えに関連する新着ブログ

      調査の様子  習志野市津田沼にて行ったスレート屋根の調査の様子をご紹介致します。「築28年程のスレート屋根になります。15年程前に屋根塗装工事を行ったが、塗装が剥がれて色褪せているのでどのようなメン ...続きを読む
       印旛郡酒々井町東酒々井にお住まいのお客様より「棟板金が剥がれていると指摘を受けたので見て欲しい」とのご連絡をいただき現地調査へ伺いました。このような指摘を受けて、私たち街の屋根やさんへ点検のご依頼を ...続きを読む
       松戸市常盤平で屋根からの雨漏りにお悩みのお客様邸を調査しました。雨漏りは2階の天井(3箇所)から発生しているとの事で、お問合せを頂きすぐに現地調査に伺いました。  現在、街の屋根やさんでは、新型コ ...続きを読む
      調査の様子  千葉市緑区平山町にて行った瓦屋根の調査の様子をご紹介致します。「強風で瓦が落ちてきた。屋根の修理をしたいので一度点検してほしい。」と、お問い合わせをいただき調査にお伺い致しました。 ...続きを読む

      屋根葺き替えに関連する新着施工事例

      千葉市花見川区大日町にて倉庫の屋根破損、明り取りをポリカで葺き替え工事

      施工内容

      屋根葺き替え

      使用材料

      大波ポリカーボネート

      屋根葺き替えを行ったお客様の声一覧

      他業者様に瓦屋根の劣化についてご指摘を受けた我孫子市新木野のS様

      工事前アンケート画像

      Q2.工事を検討したきっかけは何ですか?どんなことで悩まれていましたか?

      訪問業者に屋根の劣化を指摘されて修理にかかる費用を確めたかったため

      Q3.弊社をどのように探しましたか?

      友人にサイトを教えてもらった

      Q4.弊社を知りすぐにお問合せをされましたか?もし悩まれたとしたらどんなことがご不安でしたか?

      すぐに問合せました

      Q5.何が決め手となり弊社にお問合せをされましたか?

      サイトを見て問い合わせしやすそうだった

      Q6.実際に弊社担当者がお伺いしていかがでしたでしょうか?

      丁寧で説明もわかりやすかったです

      点検・お見積り・ご相談無料!

      街の屋根やさん千葉

      点検・調査・お見積りなど無料で承ります!お気軽にお問い合わせください!

      電話 お電話でのお問い合わせ[8時30分~20時まで受付]
      0120-989-936
      メール メールでのお問い合わせ
      24時間受付中!

      点検・調査・お見積りなど無料で承ります!
      お気軽にお問い合わせください!

      ご不明点やご相談など屋根のことなら何でもお問い合わせください

      お電話でのお問い合わせは

      メールでのお問い合わせは

      屋根工事が初めての方へ
      街の屋根やさんの10のお約束
      オンライン見積もり
      最短1日!LINEで概算見積もり
      雨漏りでお困りの方、お任せください
      散水試験で雨漏りの原因を徹底追及
      被害に遭う前に台風対策
      屋根を軽くして地震に強い屋根に
      屋根工事の料金プラン
      リフォームローン
      火災保険を屋根工事に適用できます
      屋根塗装・外壁塗装の塗料について
      株式会社シェアテック
      ご連絡先はこちら
      ご連絡先はこちら
      株式会社シェアテック

      千葉県木更津市文京5-11-16
      ST×BASE
      TEL:0438-38-3373
      FAX:0438-38-3310
      E-mail:info@sharetech.co.jp

      株式会社シェアテック
      建設業許可:千葉県知事許可(般-29) 第 48193 号
      〒292-0804 千葉県木更津市文京5-11-16 ST×BASE
      TEL:0120-989-936 FAX:0438-38-3310
      E-mail:info@sharetech.co.jp
      千葉県・市原市・袖ケ浦市・木更津市・君津市を中心に千葉県全エリア対応中です。
      (その他の地域の方もご相談ください)
      屋根リフォーム / 屋根工事 / 屋根修理 / 屋根塗装 / 屋根葺き替え / 漆喰(しっくい)工事 / 雨樋(あまどい)工事 / 雨漏り修理 / 雨漏り工事 / 防水工事