千葉の『街の屋根やさん』は千葉 市原 袖ヶ浦 木更津 君津を中心に 千葉県全域で屋根工事や屋根リフォーム、軽微な屋根の修理、屋根の塗り替え(屋根塗装)、古くなった屋根の葺き替え工事(屋根葺き替え)をおこなっていま す。
街の屋根やさん千葉

点検・調査・お見積りなど無料で承ります!お気軽にお問い合わせください

電話 お電話でのお問い合わせ[8時30分~20時まで受付]
0120-989-936
メール メールでのお問い合わせ
24時間受付
ホーム 施工事例一覧 会社概要 施工の流れ 屋根工事の種類 屋根の豆知識 屋根お役立ち情報 本日の現場ブログ お客様の声 お問い合わせ
お客様の声
施工事例
現場ブログ
専門家が教える屋根の基礎知識
専門家が教える
屋根の基礎知識
街の屋根やサンの施工実績
街の屋根やさん
施工実績
 下に挙げたものは、1999年5月~2021年3月までに街の屋根やさんが直接施工した件数と地域です。小規模な屋根修理から大規模な屋根の葺き替え、一般のお住まいだけでなく大きな工場等の建築物の屋根にも幅広く対応しております。
最近の屋根工事事例やお客様の声は右側の各種メニューからご覧ください。

東葛飾エリア
市川・・234
松戸・・224
習志野・・146
流山・・102
鎌ヶ谷・・187
船橋・・387
野田・・103
柏・・125
我孫子・・88
浦安・・186


北総エリア
銚子・・75
佐倉・・158
四街道・・135
印西・・118
富里・・193
香取・・120
成田・・278
旭・・146
八街・・377
白井・・184
匝瑳・・115
印旛郡酒々井町・・96
印旛郡印旛村・・13
印旛郡本埜町・・14
印旛郡栄町・・33
香取郡神崎町・・27
香取郡多古町・・34
香取郡東庄町・・16

千葉エリア
千葉市中央区・・267
千葉市稲毛区・・192
千葉市緑区・・224
千葉市花見川区・・200
千葉市若葉区・・185
千葉市美浜区・・120
八千代市・・175
市原市・・741

九十九里エリア
茂原市・・173
勝浦市・・48
いすみ市・・104
東金市・・152
山武市・・100
山武郡大網白里町・・33
山武郡九十九里町・・70
山武郡芝山町・・26
山武郡横芝光町・・41
長生郡一宮町・・49
長生郡睦沢町・・14
長生郡長生村・・42
長生郡白子町・・54
長生郡長柄町・・22
長生郡長南町・・12
夷隅郡大多喜町・・19
夷隅郡御宿町・・20

南房総エリア
袖ケ浦・・253
木更津・・539
君津・・331
富津・・133
南房総・・74
安房郡鋸南町・・45
館山・・67
鴨川・・35

新型コロナウィルス
対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

千葉市花見川区にて令和元年房総半島台風の被害を受けた瓦屋根の屋根部分葺き直し工事を実施

before
horizontal
after

工事のきっかけを伺いました!


担当:岡野


 千葉市花見川区にお住いのS様より「台風で屋根の瓦が落ちてきました。雨樋に引っ掛かって落ちそうな瓦もあるので屋根を点検してほしい。」と、お問い合わせをいただきました。S様邸にお伺いし、瓦が落下していた場所をご案内していただきました。続いて、雨樋に引っ掛かり落ちそうな瓦の場所をご案内していただくと軒樋に軒瓦が乗っている状態でした。梯子を使い屋根の調査を行うと、令和元年房総半島台風の影響で切妻屋根の半面に桟瓦や軒瓦が剥がれている箇所を発見しました。剥がれた部分は防水紙が露出しており、確認すると防水紙が破れている状態でした。幸い、雨漏りは発生していないとの事ですが、防水紙が破れた箇所から雨水が浸入し、雨漏りの原因になります。また、台風の影響で棟の下部の瓦が割れているのを発見しました。台風などの自然災害でご自宅が被害を受けた場合は火災保険が適用されます。保険の種類にもよりますが、元の状態に復旧するために掛かる工事費用を保険会社が負担してくれますので工事と併せて申請する事で工事費用が抑えられます。瓦が剥がれた屋根面は台風の影響によりずれている状態でしたので防水紙のメンテナンスも含めて被害を受けた屋根面の屋根部分葺き直し工事をS様にご提案したところ工事のご依頼をいただきました。
 千葉市花見川区にお住いのS様より「台風で屋根の瓦が落ちてきました。雨樋に引っ掛かって落ちそうな瓦もあるので屋根を点検してほしい。」と、お問い合わせをいただきました。S様邸にお伺いし、瓦が落下していた場所をご案内していただきました。続いて、雨樋に引っ掛かり落ちそうな瓦の場所をご案内していただくと軒樋に軒瓦が乗っている状態でした。梯子を使い屋根の調査を行うと、令和元年房総半島台風の影響で切妻屋根の半面に桟瓦や軒瓦が剥がれている箇所を発見しました。剥がれた部分は防水紙が露出しており、確認すると防水紙が破れている状態でした。幸い、雨漏りは発生していないとの事ですが、防水紙が破れた箇所から雨水が浸入し、雨漏りの原因になります。また、台風の影響で棟の下部の瓦が割れているのを発見しました。台風などの自然災害でご自宅が被害を受けた場合は火災保険が適用されます。保険の種類にもよりますが、元の状態に復旧するために掛かる工事費用を保険会社が負担してくれますので工事と併せて申請する事で工事費用が抑えられます。瓦が剥がれた屋根面は台風の影響によりずれている状態でしたので防水紙のメンテナンスも含めて被害を受けた屋根面の屋根部分葺き直し工事をS様にご提案したところ工事のご依頼をいただきました。


担当:岡野

施工内容屋根葺き直し

築年数築30年

平米数36.4㎡

施工期間5日間 足場仮設工事含む

使用材料シルガード

費用詳しくはお問い合わせください

ハウスメーカーハウスメーカー不明

保証お付けしておりません

【施工内容】
屋根葺き直し

築年数

築30年

平米数

36.4㎡

施工期間

5日間 足場仮設工事含む

使用材料

シルガード

費用

詳しくはお問い合わせください

ハウスメーカー

ハウスメーカー不明

保証

お付けしておりません

調査の様子

令和元年房総半島台風の影響で軒瓦が剥がれて落下する危険性があります   令和元年房総半島台風の影響で軒瓦が剥がれて軒樋に引っ掛かっています

 S様邸にお伺いし、瓦が落下しそうな箇所をご案内していただくと軒瓦が外れて軒樋に引っ掛かっている状態でした。このままですと、落下してしまい人身事故に繋がったり、飛散してしまうとご近隣の建物に被害を与えてしまいますので早期対応が必要になります。

屋根調査の様子

令和元年房総半島台風の影響で瓦が剥がれてしまいました   令和元年房総半島台風の影響で瓦が剥がれてしまいました

 屋根調査の様子です。梯子を使い屋根に上がると桟瓦や軒瓦が剥がれており、防水紙が露出している状態でした。通常、桟瓦は瓦桟に引っ掛けて設置されていますが剥がれてしまうと瓦桟から外れてしまい落下してしまうのです。台風などの自然災害でご自宅が被害を受けた場合はご自宅に掛けてある火災保険が適用されます。保険の種類にもよりますが、元の状態に戻すために掛かる工事費用を保険会社が負担してくれますので、工事と併せて申請する事で工事費用が抑えられます。

防水紙が破れていました

桟瓦が剥がれて防水紙を破いてしまいました   令和元年房総半島台風の影響で桟瓦が捲れてしまい防水紙を破いてしまいました

 桟瓦が剥がれた箇所の調査の様子です。剥がれた桟瓦に立掛かっている桟瓦がありましたので確認すると角部が防水紙に刺さっており、防水紙が破れていました。防水紙は雨水の浸入を防ぐ重要な役割を果たしていますので、このままですと雨漏りの原因になってしまいますので防水紙のメンテナンスが必要になります。

棟の下部の瓦が割れていました

令和元年房総半島台風の影響で棟の漆喰が剥がれていました   令和元年房総半島台風の影響で棟の下部の瓦が割れていました

 棟の調査の様子です。屋根の上に棟の漆喰が剥がれて落ちていましたので棟を調査すると、棟の下部の瓦が割れているのを発見しました。屋根の棟部分は台風などの強風や突風の影響を受けやすいので下部の瓦にも負荷が掛かり割れてしまったと考えられます。瓦が割れている状態ですと、割れた箇所から雨水が浸入してしまいますので瓦差し替え工事が必要になります。

屋根部分葺き直し工事の様子

屋根葺き直し工事で既存の棟を解体致します   屋根葺き直し工事で既存の棟を解体致します

 屋根部分葺き直し工事の様子です。令和元年房総半島台風の被害を受けた切妻屋根の半面を葺き直していきます。屋根葺き直し工事は既存の瓦を解体し、新しい防水紙を敷設して既存の瓦を葺き直す工事になりますので、先ずは既存の棟を解体する作業から行います。続いて、既存の桟瓦や袖瓦、軒瓦を解体していきます。新しい防水紙は棟部分に被せるように敷設致しますので、反対の面の上部の瓦も解体していきます。既存の瓦を解体する際には瓦にひび割れ等の不具合が無いか確認し、問題が無ければ再利用できますので確認しながら取外していきます。取外した瓦は下まで降ろしてしまうと時間が掛かり、効率が悪くなってしまいますので屋根の上に仮置きをして作業を進めます。

新しい防水紙を敷設致します

屋根葺き直し工事で新規防水紙を敷設   屋根葺き直し工事で防水紙を敷設

 防水紙の敷設の様子です。防水紙を敷設する際には軒先から屋根上部へと重ねて敷設していきます。重ねて固定する際には建築用のホッチキスのタッカーで野地板に固定していきます。雨水は屋根の上部から下部へと流れて行きますので、上から下へと重ねてしまうと雨漏りの原因になります。

瓦桟を設置致します

屋根葺き直し工事で瓦桟を設置   屋根葺き直し工事で瓦桟を設置

 瓦桟の設置の様子です。防水紙の敷設が完了致しましたら、新しい瓦桟を設置し、固定していきます。瓦桟を設置する際には真っ直ぐ桟瓦を葺く為の目安となる墨出しを行い、墨出しで出した直線に合わせて瓦桟を固定します。瓦桟は桟木とも呼ばれ、桟瓦を引っ掛けて落下しないように固定する役割を果たしております。

既存の瓦を葺き直します

屋根葺き直し工事で既存の瓦を葺き直します   屋根葺き直し工事で軒瓦を葺き直すため釘で固定致します

 既存の瓦を葺き直す様子です。瓦桟の設置、固定が完了致しましたら屋根の上に仮置きをしておいた既存の袖瓦、軒瓦、桟瓦を並べて葺き直します。屋根葺き直し工事は、同じ瓦を再利用する事で環境負荷が低く、廃材があまり出ません。

屋根葺き直し工事で既存の瓦を葺き直します   屋根葺き直し工事で既存の瓦を葺き直します

 既存の瓦を葺き直す際には、防水紙と同様に軒先から上部へと設置していきます。軒瓦や袖瓦はずれないように釘や銅線で固定しながら設置していきます。

新しい棟を造ります

屋根葺き直し工事で新しい棟を造ります   屋根葺き直し工事で新しい棟を造ります

 既存の瓦を屋根上部まで葺き直す作業が完了致しましたら、新しい棟を取り直します。既存の棟は葺き土が土台になっていましたが、新しい棟は葺き土は使用せずに漆喰で土台を造ります。使用致しました漆喰は「軽量シルガード」になります。軽量シルガードは葺き土が不要で一回で仕上げる事ができます。特殊なシリコンと防水材を配合していますので吸水率が少なく水に強いのが特長です。葺き土としても漆喰としても使用でき、防水性や耐久性に優れた漆喰になります。

屋根葺き直し工事で新しい棟ののし瓦を積んでいきます   屋根葺き直し工事で新しい棟の冠瓦を積んでいきます

 棟ののし瓦を積んでいく様子です。漆喰で土台を造りましたら既存ののし瓦を積み直します。のし瓦を積む際には雨水を棟の外側へ流すために片仮名のハの字型になるように積んでいきます。ハの字型に積まないと雨水が棟の中心部に流れてしまい、雨漏りの原因となってしまいます。

工事が完了致しました

棟を積み直して屋根葺き直し工事が完了   棟を積み直して屋根葺き直し工事が完了

令和元年房総半島台風の被害を受けた瓦屋根の屋根葺き直し工事が完了

 既存ののし瓦を積み直しましたら、冠瓦を設置し、予め仕込んでおいた銅線で固定して棟の取り直しは完了となり、屋根部分葺き直し工事が完了となります。令和元年房総半島台風の影響で瓦が外れて防水紙が破れてしまい、雨漏りも懸念されましたが、雨漏りが発生することなく工事が完了致しましたので、お客様に大変喜んでいただけました。

 私たち街の屋根やさんでは引き続き新型コロナウィルス対策を行っており、必ずマスク着用でお伺いさせていただいております。ソーシャルディスタンスを徹底し、お客様やスタッフの安全管理を徹底致します。

工事を行なったS様のご感想をご紹介いたします

【工事前】

Q1.工事を検討したきっかけは何ですか?どんなことで悩まれていましたか?
台風15号及び19号により、1F・2Fの屋根が破損してしまいました。その後1?2ヶ月後の大雨により雨漏りをするようになってしまいました。数件の業者に依頼しましたがなかなか難しいとのことで断られてしまいました。

Q2.業者や工事会社をどのように探されましたか?
インターネットにて調べて探しました

Q3.当社を知りすぐにお問合せをされましたか?もし悩まれたとしたらどんなことがご不安でしたか?
約1ヶ月くらい悩みました。屋根の業者さんがあまり知り合いがいないのではっきり言って信頼できるのかどうか悩みました。

Q4.何が決め手となり当社にお問合せをされましたか?
雨もりの度合いがひどくなってきたので迷っている場合ではないと思い連絡しました。

Q5.実際に当社担当者がお伺いしていかがでしたでしょうか?
第一印象がよく、お願いしようと思いました。

S様のアンケートを詳しく見る→

このページに関連するコンテンツをご紹介

台風被害に遭う前に屋根とお住まいの対策をしておきましょう
台風被害に遭う前に屋根とお住まいの対策をしておきましょう
 私たちの住んでいる日本は世界的に見ても台風や地震といった自然災害が非常に多い地域です。台風の数で言うと気象庁の発表では2000年以降462(年間平均24)の台風が発生し、58もの台風が日本に上陸しました。年間平均で3、最も多い2004年には10を超える台風が日本に上陸し私たちの生活を脅かしました。…続きを読む
瓦屋根のさまざまな補修とリフォームの費用と価格
瓦屋根のさまざまな補修とリフォームの費用と価格
 瓦に飛来物が当たり割れてしまった場合、また風によって少しずれてしまっている場合、雨漏りが起きていなくとも防水紙の劣化に繋がりますので、補修は必要です。 瓦の差し替え工事 瓦の並び戻し工事  漆喰が剥がれることによって内部の土が露出し、雨…続きを読む
これまでの瓦を再利用!瓦屋根葺き直しの2つのメリット・デメリット
これまでの瓦を再利用!瓦屋根葺き直しの2つのメリット・デメリット
これまでの瓦を再利用して屋根を葺き替えるから地球に優しい 一旦、屋根材(瓦・天然スレート)を取り外し、防水紙や野地板を交換・補修してから、これまでの屋根材を再利用して屋根を葺き直す工事です。既存の屋根材を新しい屋根材に交換する屋根葺き替えと似ていますが、これまでの屋根材を再利用するところが大きく違い…続きを読む
4つのチェックポイントで瓦屋根の点検・メンテナンスのタイミングを知ろう
4つのチェックポイントで瓦屋根の点検・メンテナンスのタイミングを知ろう
 瓦屋根というと半世紀、またはそれ以上もの耐用年数を期待できる大変寿命の長い屋根材ですよね。そのため瓦屋根にお住まいの方の中にはどうしてもメンテナンスが怠りがちになってしまっているという方もいらっしゃるのではないでしょうか。 しかし瓦屋根と言えども経年劣化がまったくないかというと…続きを読む
台風や地震の後は屋根にのぼらないこと、災害便乗商法に注意すること
台風や地震の後は屋根にのぼらないこと、災害便乗商法に注意すること
 日本全土のほとんどが台風の通り道であり、地震大国でもあるという日本、豊かな気候など温泉やメリットもあるのですが、災害が多いというデメリットもあります。 地震や台風で被災してしまった場合、最も大切なのは二次被害を防ぐということです。二次被害は心掛け次第でゼロにすることができるはず…続きを読む
令和元年台風15号・19号で被災され、屋根工事をお待ちいただいている方へ
令和元年台風15号・19号で被災され、屋根工事をお待ちいただいている方へ
令和2年6月1日更新  現在、台風に関するお問い合わせはだいぶ落ち着いてきており、現地調査や工事着工についても通常通りとなっております。台風による被害がなかったと思っても、時間が経つことで発覚する問題もございます。お住まいのことで気になることがありましたらお気軽にご相談ください。現在の千葉県(木更津…続きを読む
その台風による屋根への被災、予防できたかもしれません
その台風による屋根への被災、予防できたかもしれません
 台風銀座と呼ばれている沖縄・九州・地方・近畿地方南部だけでなく、毎年のようにさまざまな地域に被害をもたらす台風。台風の通過により各地で被害が発生し、毎年多くのお問合せをいただきます。また、台風の通過からかなりの日数が経っているというのに街の屋根…続きを読む
重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要
重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要
 台風などの強風で被害に遭いやすく、他の部分へ被害を拡大してしまうケースも多いのが瓦屋根です。ずれてしまうだけならまだしも、災害の規模が大きいと屋根から瓦が落下してきます。重くて固い瓦が落下すると、まず間違いなく落下地点のものを傷つけ、破壊します。2階屋根から1階屋根に落下すれば、その部分の瓦がほぼ…続きを読む

街の屋根やさん本社

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒292-0804
        千葉県木更津市文京5-11-16
        ST×BASE 1F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん本社のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      街の屋根やさんは千葉県以外にも東京都、神奈川県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方の地域の街の屋根さんをお選びください。

      屋根葺き直しに関連する新着ブログ

      雨漏りされています    市川市大野町で雨漏りしてしまいお困りでお問い合わせいただいております。詳しく調査を行いに伺ってきました。先ずは2階の雨漏り箇所の確認となります。目透かし天井で雨染みが ...続きを読む
      瓦屋根の調査    船橋市藤原で瓦屋根のズレがあるとの事で現地調査に伺ってきました。瓦屋根に登りにますと瓦の隙間にコーキング処理を行っておりました。瓦のズレが以前から発生しているようで業者さん ...続きを読む
      瓦屋根の調査   千葉市花見川区幕張町で瓦屋根の調査に伺ってきました。令和元年房総半島台風によって瓦屋根に被害が出てしまいお困りになられていました。また火災保険を使用した屋根工事をご希望でし ...続きを読む
      瓦屋根の調査   千葉市若葉区桜木町で瓦屋根の調査に伺いました。瓦屋根は割れてしまう以外では50年以上もつとも言われる程耐久性の高い屋根材です。現状は築30年で不具合などは無いと仰せでしたが ...続きを読む

      屋根葺き直しに関連する新着施工事例

      千葉市中央区都町にて瓦屋根被害、棟取り直し工事を行い復旧致しました

      施工内容

      屋根葺き直し 棟瓦取り直し 

      使用材料

      シルガード漆喰

      屋根葺き直しを行ったお客様の声一覧

      千葉市花見川区|瓦屋根葺き直し|鈴木様

      点検・お見積り・ご相談無料!

      街の屋根やさん千葉

      点検・調査・お見積りなど無料で承ります!お気軽にお問い合わせください!

      電話 お電話でのお問い合わせ[8時30分~20時まで受付]
      0120-989-936
      メール メールでのお問い合わせ
      24時間受付中!

      点検・調査・お見積りなど無料で承ります!
      お気軽にお問い合わせください!

      ご不明点やご相談など屋根のことなら何でもお問い合わせください

      お電話でのお問い合わせは

      メールでのお問い合わせは

      屋根工事が初めての方へ
      街の屋根やさんの10のお約束
      オンライン見積もり
      最短1日!LINEで概算見積もり
      雨漏りでお困りの方、お任せください
      散水試験で雨漏りの原因を徹底追及
      被害に遭う前に台風対策
      屋根を軽くして地震に強い屋根に
      屋根工事の料金プラン
      リフォームローン
      火災保険を屋根工事に適用できます
      屋根塗装・外壁塗装の塗料について
      株式会社シェアテック
      ご連絡先はこちら
      ご連絡先はこちら
      株式会社シェアテック

      千葉県木更津市文京5-11-16
      ST×BASE
      TEL:0438-38-3373
      FAX:0438-38-3310
      E-mail:info@sharetech.co.jp

      株式会社シェアテック
      建設業許可:千葉県知事許可(般-29) 第 48193 号
      〒292-0804 千葉県木更津市文京5-11-16 ST×BASE
      TEL:0120-989-936 FAX:0438-38-3310
      E-mail:info@sharetech.co.jp
      千葉県・市原市・袖ケ浦市・木更津市・君津市を中心に千葉県全エリア対応中です。
      (その他の地域の方もご相談ください)
      屋根リフォーム / 屋根工事 / 屋根修理 / 屋根塗装 / 屋根葺き替え / 漆喰(しっくい)工事 / 雨樋(あまどい)工事 / 雨漏り修理 / 雨漏り工事 / 防水工事