千葉の『街の屋根やさん』は千葉 市原 袖ヶ浦 木更津 君津を中心に 千葉県全域で屋根工事や屋根リフォーム、軽微な屋根の修理、屋根の塗り替え(屋根塗装)、古くなった屋根の葺き替え工事(屋根葺き替え)をおこなっていま す。
街の屋根やさん千葉

点検・調査・お見積りなど無料で承ります!お気軽にお問い合わせください

電話 お電話でのお問い合わせ[8時30分~20時まで受付]
0120-989-936
メール メールでのお問い合わせ
24時間受付
ホーム 施工事例一覧 会社概要 施工の流れ 屋根工事の種類 屋根の豆知識 屋根お役立ち情報 本日の現場ブログ お客様の声 お問い合わせ
お客様の声
施工事例
現場ブログ
専門家が教える屋根の基礎知識
専門家が教える
屋根の基礎知識
街の屋根やサンの施工実績
街の屋根やさん
施工実績
 下に挙げたものは、1999年5月~2021年3月までに街の屋根やさんが直接施工した件数と地域です。小規模な屋根修理から大規模な屋根の葺き替え、一般のお住まいだけでなく大きな工場等の建築物の屋根にも幅広く対応しております。
最近の屋根工事事例やお客様の声は右側の各種メニューからご覧ください。

東葛飾エリア
市川・・234
松戸・・224
習志野・・146
流山・・102
鎌ヶ谷・・187
船橋・・387
野田・・103
柏・・125
我孫子・・88
浦安・・186


北総エリア
銚子・・75
佐倉・・158
四街道・・135
印西・・118
富里・・193
香取・・120
成田・・278
旭・・146
八街・・377
白井・・184
匝瑳・・115
印旛郡酒々井町・・96
印旛郡印旛村・・13
印旛郡本埜町・・14
印旛郡栄町・・33
香取郡神崎町・・27
香取郡多古町・・34
香取郡東庄町・・16

千葉エリア
千葉市中央区・・267
千葉市稲毛区・・192
千葉市緑区・・224
千葉市花見川区・・200
千葉市若葉区・・185
千葉市美浜区・・120
八千代市・・175
市原市・・741

九十九里エリア
茂原市・・173
勝浦市・・48
いすみ市・・104
東金市・・152
山武市・・100
山武郡大網白里町・・33
山武郡九十九里町・・70
山武郡芝山町・・26
山武郡横芝光町・・41
長生郡一宮町・・49
長生郡睦沢町・・14
長生郡長生村・・42
長生郡白子町・・54
長生郡長柄町・・22
長生郡長南町・・12
夷隅郡大多喜町・・19
夷隅郡御宿町・・20

南房総エリア
袖ケ浦・・253
木更津・・539
君津・・331
富津・・133
南房総・・74
安房郡鋸南町・・45
館山・・67
鴨川・・35

新型コロナウィルス
対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

日本瓦の葺き直し工事とは?メリット・デメリットと施工の流れをご紹介

更新日 : 2021年09月19日

更新日 : 2021年09月19日

 屋根葺き直し工事というメンテナンス方法があるのをご存じでしょうか。屋根葺き直し工事は屋根葺き替え工事や屋根カバー工法とは異なりこれまでの屋根材を再利用し屋根をふき直す工事になります。既存の屋根材を再利用するという点で屋根葺き替え工事屋根カバー工法とは大きく異なります。
 また、屋根葺き直し工事が行えるのは耐用年数の長い屋根材で瓦や天然スレート葺きの屋根に限られています。このページでは屋根葺き直し工事のメリットやデメリット、施工方法についてご紹介いたします。

瓦葺き直し工事

 

屋根葺き直し工事が必要な理由

 瓦の耐用年数は非常に長く釉薬瓦で約60年以上、燻瓦や素焼き瓦でも約40~50年以上と言われています。しかし、瓦の周りに使用されている建材、防水紙や野地板、漆喰の寿命は瓦自体の耐用年数よりも短いです。環境などにもより異なりますが防水紙の耐用年数は約20年、漆喰の耐用年数も約20年とされています。
 屋根は表面の屋根材のみでなく、その下の防水紙も一体となって雨水の浸入を防いでいます。ですので耐用年数が過ぎてしまった防水紙をそのまま使用していると雨漏りの原因になります。そのため耐用年数を超えてしまう前に防水紙や野地板のメンテナンスが必要です。耐用年数が長い瓦はまだまだ使用できるため、寿命がきてしまった防水紙や劣化してしまった野地板の交換や補修を行い再度既存の瓦屋根を再利用するのが屋根葺き直しです。

屋根葺き直しのメリットとデメリット

メリット

①環境負荷が低くエコな工事
 瓦など屋根材の再利用を行う為環境に負荷がかかりません。

②外観が吹き直し前と変わらない
 既存の瓦を再利用することで屋根の外観はほとんど変わらないためお住いの印象を維持できます。

環境 葺き直しと変わらない

デメリット

①同じ瓦の入手が難しく再利用できない場合も
 葺き直し時に瓦を再利用しますが、元から一部割れてしまっていたり欠けてしまっている瓦がある場合は同じ瓦を入手し差し替える必要があります。しかし使用している瓦が製造中止などで入手できない場合があります。

②人件費が葺き替え工事と変わらない
 既存屋根材の再利用で廃材費などは節約できますが、工程が屋根葺き替え工事と同様のため人件費はほぼ同じになります。

瓦 人件費

屋根葺き直し工事の流れ

①瓦の撤去
 まずは既存の瓦を撤去していきます。瓦は再利用するため撤去時に割らないように慎重に外していき整理し保管しておきます。

②土の撤去
 土葺きで使用されていた土を撤去していきます。古い工法で施工された瓦屋根は土葺きになっていますので、瓦の下に土があります。

瓦撤去 清掃

③下地の補修、野地板のメンテナンス
 野地板が傷んでいる場合は交換や補修を行います。細い野地板が使われている場合はコンパネを増し張りして強度を上げます。

④防水紙の敷設と瓦桟木の設置
 防水紙を設置し瓦桟木を設置します。葺き土を使用しないことで屋根の総重量を約3分の2から2分の1程度まで減らすことが可能です。

野地板 防水紙設置

⑤葺き直し
 先ほど撤去した瓦を再度葺き直していきます。既存屋根材を使用することで廃材費の節約と環境負荷の軽減ができます。

⑥漆喰詰め直し
 棟瓦に漆喰を詰め直していきます。漆喰は瓦を固定する役割を担っており定期的に点検とメンテナンスが必要です。
 漆喰は経年によって劣化し剥がれます。漆喰の剥がれなどは棟瓦の歪みやズレ、落下を招き最悪の場合雨漏りを引き起こす原因にもなります。雨漏りは最終的にお住いの木部の腐食やシロアリの発生につながりますので気を付けましょう。

葺き直し完了 棟取り直し完了

 以上で屋根葺き直し工事の完了となります。

まとめ

 屋根葺き直し工事は屋根葺き替え工事や屋根カバー工法と似ている工事でもありますが、既存の屋根材を使用して葺き直すという工程が大きく異なります。既存の屋根材を使用することで廃材費の節約や環境負荷の軽減につなげることができます。
 しかし最近では大きな地震が頻繁に起こるということから屋根の重量を減らしお住いの耐震性を向上しようと考えている方も多くなってきています。瓦屋根の場合は他屋根材よりも重量があるためどうしても耐震性に優れないといったデメリットがあります。瓦屋根から葺き替え工事で軽量な屋根材に変更することからお住いの耐震性を向上することができます。
 街の屋根やさん千葉ではお住いの状態やお客様のご要望を考え最適なお住いのメンテナンス方法をご提案いたします。現在お住いの屋根のメンテナンスでお悩みの方、メンテナンスを考えている方はお気軽にご相談ください。
 お住いのお悩みやご相談、点検・調査、必要な工事のご提案、お見積もりまで無料で行っております。是非お気軽に街の屋根やさん千葉の無料点検をご活用ください。

このページに関連するコンテンツをご紹介

瓦屋根のさまざまな補修とリフォームの費用と価格
瓦屋根のさまざまな補修とリフォームの費用と価格
・瓦工事の補修方法と概算費用  -瓦の割れやズレ  -漆喰の剥がれ  -棟のズレや破損  -雨漏りを起こした場合の屋根葺きなおし工事  -雨漏りの状態が酷い場合の屋根葺き替え工事 ・瓦屋根の耐震について…続きを読む
これまでの瓦を再利用!瓦屋根葺き直しの2つのメリット・デメリット
これまでの瓦を再利用!瓦屋根葺き直しの2つのメリット・デメリット
これまでの瓦を再利用して屋根を葺き替えるから地球に優しい 一旦、屋根材(瓦・天然スレート)を取り外し、防水紙や野地板を交換・補修してから、これまでの屋根材を再利用して屋根を葺き直す工事です。既存の屋根材を新しい屋根材に交換する屋根葺き替えと似ていますが、これまでの屋根材を再利用するところが大きく違い…続きを読む
重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要
重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要
 台風などの強風で被害に遭いやすく、他の部分へ被害を拡大してしまうケースも多いのが瓦屋根です。ずれてしまうだけならまだしも、災害の規模が大きいと屋根から瓦が落下してきます。重くて固い瓦が落下すると、まず間違いなく落下地点のものを傷つけ、破壊します。2階屋根から1階屋根に落下すれば、その部分の瓦がほぼ…続きを読む

街の屋根やさん本社

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒292-0804
        千葉県木更津市文京5-11-16
        ST×BASE 1F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん本社のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      街の屋根やさんは千葉県以外にも東京都、神奈川県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方の地域の街の屋根さんをお選びください。

      お問い合わせフォーム

      『街の屋根やさん』ホームページをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。

      当社では、各種ご相談・お問合せを承っております。どうぞお気軽にお問合せください。

      下記フォームにお問合せ内容をご入力のうえ、ご送信ください。

      ※お問い合わせが完了しますと、受信確認メールを自動送信いたします。お客さまのご利用環境、また迷惑メール対策等の設定により、受信確認メールや返信メールがお届けできない場合がございます。「@sharetech.co.jp」からのメール受信が可能な設定にしていただきますようお願いいたします。

      ※お問い合わせの内容によって、ご回答までに多少お時間をいただく場合もございますので予めご了承くださいませ。

      お名前 必須

      苗字

      名前

      ふりがな 必須

      苗字

      名前

      ご住所 必須 ※郵便番号入力で町名まで自動入力されます。

      郵便番号

      番地・ビル・マンション名

      E-mail (半角英数) 必須

      電話番号 (半角英数) 必須

      ご希望の連絡時間帯 【任意】

      ご希望の工事
      (一つ以上項目を選択して下さい。)
      【任意】

      複数選択可

      屋根葺き替え屋根カバー工法屋根・外壁塗装棟板金交換雨樋工事漆喰詰め直し屋根葺き直し防水工事その他

      お問い合わせ内容 必須

      複数選択可

      ご相談・ご質問点検・お見積りその他

      お問い合わせ詳細 【任意】

      点検・お見積り・ご相談無料!

      街の屋根やさん千葉

      点検・調査・お見積りなど無料で承ります!お気軽にお問い合わせください!

      電話 お電話でのお問い合わせ[8時30分~20時まで受付]
      0120-989-936
      メール メールでのお問い合わせ
      24時間受付中!

      点検・調査・お見積りなど無料で承ります!
      お気軽にお問い合わせください!

      ご不明点やご相談など屋根のことなら何でもお問い合わせください

      お電話でのお問い合わせは

      メールでのお問い合わせは

      屋根工事が初めての方へ
      街の屋根やさんの10のお約束
      オンライン見積もり
      最短1日!LINEで概算見積もり
      雨漏りでお困りの方、お任せください
      散水試験で雨漏りの原因を徹底追及
      被害に遭う前に台風対策
      屋根を軽くして地震に強い屋根に
      屋根工事の料金プラン
      リフォームローン
      火災保険を屋根工事に適用できます
      屋根塗装・外壁塗装の塗料について
      株式会社シェアテック
      ご連絡先はこちら
      ご連絡先はこちら
      株式会社シェアテック

      千葉県木更津市文京5-11-16
      ST×BASE
      TEL:0438-38-3373
      FAX:0438-38-3310
      E-mail:info@sharetech.co.jp

      株式会社シェアテック
      建設業許可:千葉県知事許可(般-29) 第 48193 号
      〒292-0804 千葉県木更津市文京5-11-16 ST×BASE
      TEL:0120-989-936 FAX:0438-38-3310
      E-mail:info@sharetech.co.jp
      千葉県・市原市・袖ケ浦市・木更津市・君津市を中心に千葉県全エリア対応中です。
      (その他の地域の方もご相談ください)
      屋根リフォーム / 屋根工事 / 屋根修理 / 屋根塗装 / 屋根葺き替え / 漆喰(しっくい)工事 / 雨樋(あまどい)工事 / 雨漏り修理 / 雨漏り工事 / 防水工事