千葉の『街の屋根やさん』は千葉 市原 袖ヶ浦 木更津 君津を中心に 千葉県全域で屋根工事や屋根リフォーム、軽微な屋根の修理、屋根の塗り替え(屋根塗装)、古くなった屋根の葺き替え工事(屋根葺き替え)をおこなっていま す。
街の屋根やさん千葉

点検・調査・お見積りなど無料で承ります!お気軽にお問い合わせください

電話 お電話でのお問い合わせ[8時30分~20時まで受付]
0120-989-936
メール メールでのお問い合わせ
24時間受付
ホーム 施工事例一覧 会社概要 施工の流れ 屋根工事の種類 屋根の豆知識 屋根お役立ち情報 本日の現場ブログ お客様の声 お問い合わせ
お客様の声
施工事例
現場ブログ
専門家が教える屋根の基礎知識
専門家が教える
屋根の基礎知識
街の屋根やサンの施工実績
街の屋根やさん
施工実績
 下に挙げたものは、1999年5月~2021年3月までに街の屋根やさんが直接施工した件数と地域です。小規模な屋根修理から大規模な屋根の葺き替え、一般のお住まいだけでなく大きな工場等の建築物の屋根にも幅広く対応しております。
最近の屋根工事事例やお客様の声は右側の各種メニューからご覧ください。

東葛飾エリア
市川・・234
松戸・・224
習志野・・146
流山・・102
鎌ヶ谷・・187
船橋・・387
野田・・103
柏・・125
我孫子・・88
浦安・・186


北総エリア
銚子・・75
佐倉・・158
四街道・・135
印西・・118
富里・・193
香取・・120
成田・・278
旭・・146
八街・・377
白井・・184
匝瑳・・115
印旛郡酒々井町・・96
印旛郡印旛村・・13
印旛郡本埜町・・14
印旛郡栄町・・33
香取郡神崎町・・27
香取郡多古町・・34
香取郡東庄町・・16

千葉エリア
千葉市中央区・・267
千葉市稲毛区・・192
千葉市緑区・・224
千葉市花見川区・・200
千葉市若葉区・・185
千葉市美浜区・・120
八千代市・・175
市原市・・741

九十九里エリア
茂原市・・173
勝浦市・・48
いすみ市・・104
東金市・・152
山武市・・100
山武郡大網白里町・・33
山武郡九十九里町・・70
山武郡芝山町・・26
山武郡横芝光町・・41
長生郡一宮町・・49
長生郡睦沢町・・14
長生郡長生村・・42
長生郡白子町・・54
長生郡長柄町・・22
長生郡長南町・・12
夷隅郡大多喜町・・19
夷隅郡御宿町・・20

南房総エリア
袖ケ浦・・253
木更津・・539
君津・・331
富津・・133
南房総・・74
安房郡鋸南町・・45
館山・・67
鴨川・・35

新型コロナウィルス
対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

台風16号接近中、台風への備>えは出来ていますか?

台風16号接近中、台風への備>えは出来ていますか?

互屋根の構造について、屋根を構成する部材や部位についてご紹介いたします

更新日 : 2021年01月08日

更新日 : 2021年01月08日

 お住いの内部の構造について知っている方は少ないのではないでしょうか。瓦屋根がズレてしまったり割れてしまったりすると雨漏りしてしまうのではと思われる方は多いかと思います。瓦のズレや割れといった原因で雨漏りが発生することはありますが、しかし、瓦の下にある防水紙が劣化していたりしなければすぐに雨漏りすることはありません。
 皆さんがいつも目にする屋根の下には屋根材の他にもいくつかの部材が設置されています。今回は屋根内部の構造についてご紹介していきたいと思います。
 こちらの記事はおおよそ5分で読むことができます。


建築現場

屋根内部の構成と部材、部位について

 「屋根」と言われて思い浮かべるものは皆さんがよく目にするスレートや瓦などの屋根材ではないでしょうか。しかし屋根は決して屋根材だけでお住まいを守っているわけではありません。新築を建てる際のお住まいの状態を思い出していただければわかるかもしれません。木材が組まれ、屋根の形を作り、そこに板を貼り、防水紙や屋根材などが設置されていくのです。
 そこでまずは一般的な屋根の構造についてご紹介していきます。

垂木(たるき)

垂木 屋根裏

 屋根の傾斜に沿って上から下へ流れている構造材です。この材料が屋根の基本となっています。勾配ある屋根であればどんな屋根では必ず設置されています。屋根面の荷重を支える役割を担っています。垂木は一般的に約45センチ間隔で設置されており屋根材の固定なども垂木に合わせて釘を打てば屋根の強度向上に繋がります。また雨漏りの可能性も少なくできるのです。

野地板(のじいた)

 垂木の上に設置しているものが野地板になります。以前は18cmくらいの幅で厚さ5mm位の板(小巾板)を重ねて設置していましたが最近は厚さ9mm、または12mmの構造用合板(1800mm×900mm)を使うことが主流となっています。野地板は表から見えることはないためあまり知られていない部位ではないでしょうか。しかし屋根の土台であり屋根内部の構造の中でも重要な部位になります。耐用年数が20~30年であるため屋根の葺き替え時などに一緒にメンテナンスを行うことがおすすめです。

屋根構造 屋根内部

防水紙

 野地板の上部に設置するシートになります。雨から室内を守ってくれるのが防水紙です。そのため屋根構造の中でも特に重要な役割になります。多くの方が屋根材の破損や飛散で雨漏りに発展してしまうと考えるかと思いますが、屋根材に不具合が出てしまっても防水紙に不具合がなければ雨漏りに発展することはありません。屋根からの雨漏りを防いでくれているのは防水紙なのです。防水紙には様々な種類があります。新築時にはそこまで拘ったという方は少ないかと思います。しかし屋根の雨漏りに防止に重要な材料ですので葺き替え時やカバー工法といったリフォームをする際には良質な材料を選ぶことがおすすめです。ちなみに、防水紙の種類には一般的な防水紙から改質アスファルトルーフィング、粘着タイプのもの、厚手の粘着タイプのものなど種類は多くあります。最近では遮熱タイプのものも出ております。

劣化 雨漏り

屋根材

 屋根構造の最後の仕上げとして防水紙の上に設置されるものが屋根材です。皆様が最も目にすることのある部材です。屋根材は一年を通して雨風や紫外線を浴びていますので紫外線や雨風に強い屋根材がいろいろと出ています。屋根材はお住まいの見た目としての役割、また一時防水としての役割を担っています。一次防水とは屋根材が受けた雨水を適切に雨樋まで受け流す役割ですが、屋根の防水はこの屋根材の一次防水、そして万が一屋根材の内部に雨水が浸入しても防水紙(ルーフィング)によって雨漏りを防ぐ二次防水とで守られています。

 以上、上記でご紹介しました様々な屋根の部材によってお住まいは守られているのです。特に防水紙は雨漏りを防止するとても大切な部材ですので、定期的にメンテナンスを行うことがおすすめです。また、上記の部材以外にも、棟や鼻隠し、破風といった部材も存在します。これらも専門的な用語であまり知られていないかと思いますがお住まいにとって重要な役割を担っています。

スレート 瓦


瓦屋根の構造の特徴

 瓦屋根の構造もスレートや金属屋根などとほぼ同じです。しかし、瓦屋根では防水紙の上に瓦桟(かわらざん)という木材を軒に対して平行に設置し、そこへ瓦を引っ掛けます。これを引っ掛け瓦桟葺き工法といい、現在の瓦屋根ではこの工法が使われています。瓦を釘やビスで一枚一枚固定しているわけではないので、強風や地震でずれたり落ちてしまったりする場合もありますが、現在では瓦を一枚ごとに固定する防災瓦も登場しています。

・棟
 棟はお住まいの1番高いところにある場所を指しますが、瓦屋根の場合棟にもさまざまな部材が使用されています。まず、土を乗せその上にのし瓦という少しカーブのかかった瓦を乗せます。じつはこののし瓦は、瓦割りパフォーマンスで使われる瓦で真ん中に線が入っており綺麗に2つに割れるようになっているのです。さらにのし瓦の上に土を乗せ、最後に半円状の冠瓦を被せて棟は構成されています。屋根の斜面に使用されている瓦とのし瓦との間は漆喰で隙間なく埋めて、棟を支えています。
 このように土を使った棟はやはり重量があるため耐震性の心配をされる方もいらっしゃるかと思います。棟に使用されている土を撤去し、棟補強金具などを使った乾式工法で軽量化することができます。

まとめ

 いかがでしょうか?今回や屋根の構造についてご紹介いたしました。屋根と言ってもさまざまな部材で構成されており、そして各部材にはそれぞれ重要な役割を担っているのです。これらの劣化はお住まいの雨漏りを引き起こす可能性が高くなります。雨漏りは発生した状態をそのままにしておくとお住まい内部の腐食やシロアリの発生にも繋がるのです。そのため定期的にお住まいの屋根の点検とメンテナンスを行うことがおすすめです。街の屋根やさん千葉では屋根の点検やお見積り、ご相談を無料で承っております。ぜひこの機会にお住まいのメンテナンスをお考えの方はご相談ください。

無料点検

街の屋根やさん本社

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒292-0804
        千葉県木更津市文京5-11-16
        ST×BASE 1F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん本社のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      街の屋根やさんは千葉県以外にも東京都、神奈川県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方の地域の街の屋根さんをお選びください。

      お問い合わせフォーム

      『街の屋根やさん』ホームページをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。

      当社では、各種ご相談・お問合せを承っております。どうぞお気軽にお問合せください。

      下記フォームにお問合せ内容をご入力のうえ、ご送信ください。

      ※お問い合わせが完了しますと、受信確認メールを自動送信いたします。お客さまのご利用環境、また迷惑メール対策等の設定により、受信確認メールや返信メールがお届けできない場合がございます。「@sharetech.co.jp」からのメール受信が可能な設定にしていただきますようお願いいたします。

      ※お問い合わせの内容によって、ご回答までに多少お時間をいただく場合もございますので予めご了承くださいませ。

      お名前 必須

      苗字

      名前

      ふりがな 必須

      苗字

      名前

      ご住所 必須 ※郵便番号入力で町名まで自動入力されます。

      郵便番号

      番地・ビル・マンション名

      E-mail (半角英数) 必須

      電話番号 (半角英数) 必須

      ご希望の連絡時間帯 【任意】

      ご希望の工事
      (一つ以上項目を選択して下さい。)
      【任意】

      複数選択可

      屋根葺き替え屋根カバー工法屋根・外壁塗装棟板金交換雨樋工事漆喰詰め直し屋根葺き直し防水工事その他

      お問い合わせ内容 必須

      複数選択可

      ご相談・ご質問点検・お見積りその他

      お問い合わせ詳細 【任意】

      点検・お見積り・ご相談無料!

      街の屋根やさん千葉

      点検・調査・お見積りなど無料で承ります!お気軽にお問い合わせください!

      電話 お電話でのお問い合わせ[8時30分~20時まで受付]
      0120-989-936
      メール メールでのお問い合わせ
      24時間受付中!

      点検・調査・お見積りなど無料で承ります!
      お気軽にお問い合わせください!

      ご不明点やご相談など屋根のことなら何でもお問い合わせください

      お電話でのお問い合わせは

      メールでのお問い合わせは

      屋根工事が初めての方へ
      街の屋根やさんの10のお約束
      オンライン見積もり
      最短1日!LINEで概算見積もり
      雨漏りでお困りの方、お任せください
      散水試験で雨漏りの原因を徹底追及
      被害に遭う前に台風対策
      屋根を軽くして地震に強い屋根に
      屋根工事の料金プラン
      リフォームローン
      火災保険を屋根工事に適用できます
      屋根塗装・外壁塗装の塗料について
      株式会社シェアテック
      ご連絡先はこちら
      ご連絡先はこちら
      株式会社シェアテック

      千葉県木更津市文京5-11-16
      ST×BASE
      TEL:0438-38-3373
      FAX:0438-38-3310
      E-mail:info@sharetech.co.jp

      株式会社シェアテック
      建設業許可:千葉県知事許可(般-29) 第 48193 号
      〒292-0804 千葉県木更津市文京5-11-16 ST×BASE
      TEL:0120-989-936 FAX:0438-38-3310
      E-mail:info@sharetech.co.jp
      千葉県・市原市・袖ケ浦市・木更津市・君津市を中心に千葉県全エリア対応中です。
      (その他の地域の方もご相談ください)
      屋根リフォーム / 屋根工事 / 屋根修理 / 屋根塗装 / 屋根葺き替え / 漆喰(しっくい)工事 / 雨樋(あまどい)工事 / 雨漏り修理 / 雨漏り工事 / 防水工事