千葉の『街の屋根やさん』は千葉 市原 袖ヶ浦 木更津 君津を中心に 千葉県全域で屋根工事や屋根リフォーム、軽微な屋根の修理、屋根の塗り替え(屋根塗装)、古くなった屋根の葺き替え工事(屋根葺き替え)をおこなっています。
街の屋根やさん千葉

点検・調査・お見積りなど無料で承ります!お気軽にお問い合わせください

電話 お電話でのお問い合わせ[8時30分~20時まで受付]
0120-989-936
メール メールでのお問い合わせ
24時間受付
ホーム 施工事例一覧 会社概要 施工の流れ 屋根工事の種類 屋根の豆知識 屋根お役立ち情報 本日の現場ブログ お客様の声 お問い合わせ
お客様の声
施工事例
現場ブログ
専門家が教える屋根の基礎知識
専門家が教える
屋根の基礎知識
街の屋根やサンの施工実績
街の屋根やさん
施工実績
 下に挙げたものは、1999年5月~2024年3月までに街の屋根やさんが直接施工した件数と地域です。小規模な屋根修理から大規模な屋根の葺き替え、一般のお住まいだけでなく大きな工場等の建築物の屋根にも幅広く対応しております。
最近の屋根工事事例やお客様の声は右側の各種メニューからご覧ください。

東葛飾エリア
市川市・・525
松戸市・・356
習志野市・・205
流山市・・137
鎌ヶ谷市・・190
船橋市・・597
野田市・・157
柏市・・252
我孫子市・・124
浦安市・・233


北総エリア
銚子市・・84
佐倉市・・211
四街道市・・182
印西市・・138
富里市・・214
香取市・・131
成田市・・306
旭市・・198
八街市・・409
白井市・・201
匝瑳市・・120
印旛郡酒々井町・・101
印旛郡印旛村・・13
印旛郡本埜町・・14
印旛郡栄町・・39
香取郡神崎町・・27
香取郡多古町・・36
香取郡東庄町・・17

千葉エリア
千葉市中央区・・325
千葉市稲毛区・・251
千葉市緑区・・265
千葉市花見川区・・258
千葉市若葉区・・244
千葉市美浜区・・152
八千代市・・246
市原市・・897

九十九里エリア
茂原市・・202
勝浦市・・54
いすみ市・・121
東金市・・191
山武市・・115
大網白里市・・48
山武郡九十九里町・・77
山武郡芝山町・・30
山武郡横芝光町・・52
長生郡一宮町・・54
長生郡睦沢町・・17
長生郡長生村・・48
長生郡白子町・・61
長生郡長柄町・・24
長生郡長南町・・16
夷隅郡大多喜町・・24
夷隅郡御宿町・・33

南房総エリア
袖ケ浦市・・332
木更津市・・786
君津市・・411
富津市・・179
南房総市・・90
安房郡鋸南町・・47
館山市・・80
鴨川市・・43

雨が多くなる夏に向けて!夏のAmazonギフト券プレゼントキャンペーン実施中

雨が多くなる夏に向けて!夏のAmazonギフト券プレゼントキャンペーン実施中

屋根に雪止めを設置した際のメリットとデメリット

更新日 : 2024年04月24日

更新日 : 2024年04月24日

 屋根の上に積もった雪の落雪を防ぐのが雪止めです!

 2023年2月、千葉県北西部では雪やみぞれが降り、大雪注意報が発表されました。
 千葉県の年間を通じた降雪日数は意外に多く14日となっており、全都道府県では27番目に雪が降る地域となっています。

 ただ、降ったといっても「積もる事の無い雨混じりの降雪」や「数分程度しか降らなかった場合」も含まれますので「本当に積もる程の降雪は数年に1回程度」です。
 実際の降雪日となると年間数日程度というのが実情と言えます。

 しかし、油断は禁物です!
 雪止めなどの対策をしていない場合、その数回のうちの降雪で落雪が起き、様々なトラブルを招く可能性があります。


雪止め金具とは

屋根に設置された雪止め

 雪止め金具は、屋根の上に積もった雪が一度に大量に落下するのを防ぐために設置される部材です!

 屋根は雨水を排水する為に傾斜が設けられており、特に金属屋根材などは表面がツルツルとしている事から屋根に降り積もった雪が滑る様に落雪しやすいです。
 そこで、屋根材に雪止めを設置する事で落雪を起因とする事故や建物への損傷を未然に防ぐことができます。

 しかし、冒頭でもお伝えしました通り日本では雪がほとんど降らない地域も多い事から、雪止めが軽視されがちな傾向にあります。
 1年に数回しか降らないような地域であっても、その降雪で重大な事故を引き起こさない為に雪止めの設置をおすすめいたします!

雪止め金具の種類・特徴

 雪止めは大きく分けて、金具タイプ・アングルタイプ・ネットタイプ・雪止め瓦の4つに分類されます。
 以下に、それぞれの特徴をご紹介いたします!

●金具タイプ

屋根に設置された雪止め金具 雪止め金具

 金具タイプの雪止めは屋根の瓦や金属板の重なり部に取り付けられる小さな金具で、L型や扇型、羽根型などの種類があります。
 扇型はその名の通り扇のような形をしており、積雪を広範囲にわたって支えることができます。

 また、羽根型はより多くの雪を捉える設計になっている為、扇型よりもさらに高い雪止め効果が期待できます。

 しかし、表面が滑りやすい太陽光パネルが設置されている場合、雪止め金具では完全に落雪を止められない可能性があります。
 その為、太陽光パネルの設置屋根にはさらに雪止め効果が高い、後述するネットタイプがおすすめです。

●アングルタイプ

アングルタイプの雪止め

 

 アングルタイプは屋根に沿って設置される棒状の金属素材です。
 間隙が生じることなく屋根全体に渡り雪を均等に支えることが可能である事から、金具タイプと比較して落雪防止効果が高いと言えます。

 ですが、設置には手間が掛かる為、施工コストは高くなりがちです。

●ネットタイプ

ネットタイプの雪止め 軒先に設置されたネットタイプの雪止め

 ネットタイプの雪止めは、屋根の軒先近くに設置される網状の部材です。
 雪止め効果が高い事から、特に落雪が生じやすい太陽光パネル設置屋根や比較的降雪量の多い地域で採用されます。

 ネットは広範囲の雪をキャッチし、その重さに耐えうるように設計されています。
 また、「ネット」と名が付くものの他のタイプに比べて視覚的にも目立たず、建物の美観を損ねにくいという特徴があります。

●雪止め瓦

雪止め瓦 雪止め瓦が取り付けられた瓦屋根

 雪止め瓦は雪止めと瓦が一体型になっている瓦で、通常の瓦と交換して使用します。
 瓦屋根の景観を損なうことなく雪止めを設置する事が出来ます!

メリットだらけの雪止め、果たしてデメリットはあるのか

車に積もった雪 屋根に積もった雪

 雪の積もることが年間数日程度しかない木更津市でも、雪止めの設置は必須です。

 屋根からの落雪はかなりの重量がありますから、カーポートなどの屋根に落ちれば屋根が破壊されるだけでなく支柱ごと曲がってしまう場合もあります。
 駐車されている車へのダメージも免れません!

 また、お隣との距離が近ければ落雪がお隣の敷地内に落ちてしまうこともあります。
 お隣の敷地内に何か壊れやすいものがあれば、落雪により損害を生じさせてしまうリスクにも繋がります。

 さらに、民法第218条では「土地の所有者は、直接に雨水を隣地に注ぐ構造の屋根その他の工作物を設けてはならない」ということが定められています。
 落雪は雨水ではありませんが、固体となった雨水が隣地に落ちるという解釈もできます。

 屋根への雪止めの設置は、法的にも必要と言えます!

屋根に雪止めを設置するメリット

屋根に設置された雪止め 瓦屋根に設置された雪止め金具

 屋根からの落雪を防ぐことにより引き起こされるさまざまな被害を防止できるというのが、「雪止め」が持つ最大のメリットです!

 雪止めがない場合、屋根に積もった雪は滑り落ちてきて雨樋にもたれ掛かります。
 こうなると雨樋が雪の重みを支えることになるので、変形・破損の原因となります。

 また、積雪による影響で出入り口が塞がれてしまうケースもあります。

 雨樋や日常生活を守るという意味でも、雪止めは非常に大切です!

豆知識、雪止めが不要な屋根材もあります

ディーズルーフィング アスファルトシングル

 屋根材の中には、雪止めが不要な屋根材もあります!

 例えば、ジンカリウム鋼板の屋根材表面に石粒を吹き付けた「ディーズルーフィング」、同じくグラスファイバーなどに石粒を吹き付けて製造される「アスファルトシングル」などは表面がザラザラとしており、雪が滑りにくく落雪しにくい屋根として知られています。

 北海道科学大学の実験によると、アスファルトシングルは「雪止め機能」を有すると評価されています。

屋根に雪止めを設置した際のデメリット

錆が流れれている雪止め金具 雪止めが設置された金属屋根

 雪止めは金属製であることから「錆び」が生じてしまう可能性があります。
 錆びによる影響は、美観の悪化に限らず様々です!

 まず、金属は「もらい錆」という現象があり、錆びていない金属部に雨などで流れてきた錆が付着するとそこから錆が拡がってしまうリスクがあります。
 金属屋根をご使用されている場合、雪止めに生じた錆が金属屋根材に広がってしまう可能性がありますので、特に注意しましょう。

 アルミ製やステンレス製等、できるだけ錆びにくいものを素材の雪止めを選定する事が大切です。

 また、降雪量が著しい雪国では、雪止めの設置が逆にデメリットとなります。
 雪国では屋根から雪下ろしすることも多いため、スコップなどが引っかかってしまう為です。

 雪国では雪下ろしの邪魔になる為、雪止めが設置されません!

 ちなみに新築14年以内で垂木寸法が4.5cm×4.5cm、取り付けピッチが45cmの場合、屋根の上の積雪100cm以上が雪下ろしの目安とされています。

雪止めは正しく取り付けてくれる信頼できる業者に依頼しましょう

箱に入った雪止め金具 屋根材に固定された雪止め

 街の屋根やさんでは、雪止めについてのご相談を非常に多くいただいております!
 しかし、そうした中で雪止めが外れてしまい雨樋の中に落ちてしまっているケースや、「他業者に取り付けてもらった雪止めが何個か屋根から落下してきた」とご相談を頂いたケースもあります。

 残念ながら、こうしたトラブルは雪止め設置業者の施工不良が原因である場合が多いです。
 年間で数日~1週間程度しか雪止めを必要としない木更津市では、雪止め設置を施工したことのない業者も多いのかこれらのようなトラブルが多い印象です。

 また、雪止めは設置する位置も重要です。
 通常は外壁の真上となる屋根の上に取り付け、他の部分に設置する場合は雪の重みが集中しないように配置にします。

 雪止め設置というと、余程大きな屋根でもない限り1日以内に終わってしまう工事です。
 しかし、お住まいの工事はどの様な施工内容であってもやはり信頼できる業者を選ぶことが重要です!

街の屋根やさんは雪止め設置工事の実績も豊富です!

雪止め設置を含む屋根カバー工事をご依頼頂いたO様

O様よりご依頼いただいた雪止め設置を含む屋根カバー工事の施工事例

 前述の通り、雪止めの設置工事は施工実績が豊富な信頼できる施工業者にご依頼する事が大切です。
 私達街の屋根やさんでは、雪止めの設置工事の実績も豊富ですのでご安心ください!

 また、雪止めの設置には「足場」が必要となりますので、この機会に足場を必要とする屋根塗装・外壁塗装の同時施工もおすすめです。
 点検~お見積りの作成まで無料にて承っておりますので、まずはお気軽にご相談下さい!

 

2024年最新情報!補助金でお得にリフォーム!

関連動画をチェック!

どのリフォームが最適?屋根リフォームの種類【街の屋根やさん】

 今回の記事で登場した工事やお住まいのトラブルに関連する動画をご紹介します!


 こちらの動画では、工事の内容やお住まいのトラブルの対処方法などをより詳しく説明しています 。
 お役立ち情報が満載ですのでぜひご覧になってみてください。


このページに関連するコンテンツをご紹介

落雪防止の雪止め設置は後からも可能!4つの雪止めタイプをご紹介
落雪防止の雪止め設置は後からも可能!4つの雪止めタイプをご紹介
あまり雪が降らない地域であっても、雪止めの設置をお勧めします。温暖な地域ではお住まいの造りが積雪に備えたものになっていないので、ちょっとした降雪でも屋根からの落雪で結構な被害がでます。それを防いでくれるのが雪止めです。…続きを読む
降雪による屋根の被害にご注意ください
降雪による屋根の被害にご注意ください
積雪による瓦の割れ【原因】 老朽化が進んでいた場合に起こりやすい現象です。劣化が進んでいる瓦は雪の重みで簡単に割れてしまいます。 割れた部分から、雪が内部へ侵入し、内部を腐らせてしまうことも・・・ 屋根の構造材の破損(折れ)【原因】 もともと弱っていた構造材が雪の重さに耐えきれなくなり、折…続きを読む

お問い合わせはこちらから

街の屋根やさんは千葉県以外にも東京都、神奈川県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方の地域の街の屋根さんをお選びください。

お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 東京都 神奈川県 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県

雪止め デメリットに関連する新着ブログ

住まいのデザインが多様化してきた現在、「軒の短い」もしくは「軒の全くない」住宅が多くみられるようになりました。 いわゆるキューブ型住宅など、スタイリッシュな外観が人気を博しています(^_^)/ ...続きを読む
屋根の要である屋根材には、様々な種類があります。 今回は、素材別に屋根材ごとの特徴(メリット・デメリット)を紹介しますので、ぜひご参考ください(^_^)/ スレート スレートは新築時 ...続きを読む
  ドーマー屋根ってご存じですか? あまり耳にしたことがない人も多いのではと思います(^_^)/ 欧風建築によくみられ、一度は憧れたことがあるという人も多いはずです ...続きを読む
天窓は、お家の中に自然光を取り入れたり、空を眺めたりすることができる素晴らしいアイテムです(^_^)/ しかし、耐用年数を過ぎた天窓はお荷物になってしまうこともあります((+_+)) 日本 ...続きを読む

お問い合わせフォーム

お名前 必須

ふりがな 【任意】

ご住所(工事地住所) 必須 ※郵便番号入力で町名まで自動入力されます。

郵便番号

番地・ビル・マンション名

E-mail (半角英数) 必須

電話番号 (半角英数) 【任意】

お問い合わせ内容 【任意】

点検・お見積り・ご相談無料!

街の屋根やさん千葉

点検・調査・お見積りなど無料で承ります!お気軽にお問い合わせください!

電話 お電話でのお問い合わせ[8時30分~20時まで受付]
0120-989-936
メール メールでのお問い合わせ
24時間受付中!

点検・調査・お見積りなど無料で承ります!
お気軽にお問い合わせください!

ご不明点やご相談など屋根のことなら何でもお問い合わせください

お電話でのお問い合わせは

メールでのお問い合わせは

その業者、違法かも!?違法業者を避けるために知っておきたい足場の法改正
2024年最新情報!補助金でお得にリフォーム!
住まいの外壁リフォーム無料相談受付中!屋根材外壁材のショールームはこちら
屋根工事が初めての方へ
街の屋根やさんの10のお約束
オンライン見積もり
最短1日!LINEで概算見積もり
雨漏りでお困りの方、お任せください
散水試験で雨漏りの原因を徹底追及
被害に遭う前に台風対策
屋根を軽くして地震に強い屋根に
屋根工事の料金プラン
リフォームローン
火災保険を屋根工事に適用できます
知って得する屋根工事の基礎知識
知って得する
屋根工事の基礎知識
屋根塗装・外壁塗装の塗料について
対応エリア
対応エリア一覧
株式会社シェアテック
ご連絡先はこちら
ご連絡先はこちら
株式会社シェアテック

千葉県木更津市文京5-11-16
ST×BASE
TEL:0438-38-3373
FAX:0438-38-3310
E-mail:info@sharetech.co.jp
ショールーム:木更津支店はこちら

点検・調査・お見積りなど無料で承ります!!お電話でのお問い合わせは0120-989-936へ。8時半から20時まで受付中!メールでのお問合せは24時間受付中。

株式会社シェアテック
建設業許可:千葉県知事許可(般-29) 第 48193 号
〒292-0804 千葉県木更津市文京5-11-16 ST×BASE
TEL:0120-989-936 FAX:0438-38-3310
E-mail:info@sharetech.co.jp
ショールーム:木更津支店はこちら
千葉県・市原市・袖ケ浦市・木更津市・君津市を中心に千葉県全エリア対応中です。
(その他の地域の方もご相談ください)
屋根リフォーム / 屋根工事 / 屋根修理 / 屋根塗装 / 屋根葺き替え / 漆喰(しっくい)工事 / 雨樋(あまどい)工事 / 雨漏り修理 / 雨漏り工事 / 防水工事