千葉の『街の屋根やさん』は千葉 市原 袖ヶ浦 木更津 君津を中心に 千葉県全域で屋根工事や屋根リフォーム、軽微な屋根の修理、屋根の塗り替え(屋根塗装)、古くなった屋根の葺き替え工事(屋根葺き替え)をおこなっていま す。
街の屋根やさん千葉

点検・調査・お見積りなど無料で承ります!お気軽にお問い合わせください

電話 お電話でのお問い合わせ[8時30分~20時まで受付]
0120-989-936
メール メールでのお問い合わせ
24時間受付
ホーム 施工事例一覧 会社概要 施工の流れ 屋根工事の種類 屋根の豆知識 屋根お役立ち情報 本日の現場ブログ お客様の声 お問い合わせ
お客様の声
施工事例
現場ブログ
専門家が教える屋根の基礎知識
専門家が教える
屋根の基礎知識
街の屋根やサンの施工実績
街の屋根やさん
施工実績
 下に挙げたものは、1999年5月~2021年3月までに街の屋根やさんが直接施工した件数と地域です。小規模な屋根修理から大規模な屋根の葺き替え、一般のお住まいだけでなく大きな工場等の建築物の屋根にも幅広く対応しております。
最近の屋根工事事例やお客様の声は右側の各種メニューからご覧ください。

東葛飾エリア
市川・・234
松戸・・224
習志野・・146
流山・・102
鎌ヶ谷・・187
船橋・・387
野田・・103
柏・・125
我孫子・・88
浦安・・186


北総エリア
銚子・・75
佐倉・・158
四街道・・135
印西・・118
富里・・193
香取・・120
成田・・278
旭・・146
八街・・377
白井・・184
匝瑳・・115
印旛郡酒々井町・・96
印旛郡印旛村・・13
印旛郡本埜町・・14
印旛郡栄町・・33
香取郡神崎町・・27
香取郡多古町・・34
香取郡東庄町・・16

千葉エリア
千葉市中央区・・267
千葉市稲毛区・・192
千葉市緑区・・224
千葉市花見川区・・200
千葉市若葉区・・185
千葉市美浜区・・120
八千代市・・175
市原市・・741

九十九里エリア
茂原市・・173
勝浦市・・48
いすみ市・・104
東金市・・152
山武市・・100
山武郡大網白里町・・33
山武郡九十九里町・・70
山武郡芝山町・・26
山武郡横芝光町・・41
長生郡一宮町・・49
長生郡睦沢町・・14
長生郡長生村・・42
長生郡白子町・・54
長生郡長柄町・・22
長生郡長南町・・12
夷隅郡大多喜町・・19
夷隅郡御宿町・・20

南房総エリア
袖ケ浦・・253
木更津・・539
君津・・331
富津・・133
南房総・・74
安房郡鋸南町・・45
館山・・67
鴨川・・35

新型コロナウィルス
対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

台風14号接近中、ご注意ください!

台風14号接近中、ご注意ください!

屋根材の種類と特徴、メリットやデメリットとは?

更新日 : 2020年05月12日

更新日 : 2020年05月12日

 屋根材には「瓦」や「スレート」、「金属」等、様々な種類が存在します。
屋根材によって外観はもちろん異なりますし、特徴もそれぞれ存在しメンテナンス方法も異なります。
この記事では、屋根材の種類や特徴、それぞれのメリットやデメリットについてご紹介してまいります。

 屋根材には様々な種類がありますが、皆様がよく耳にする屋根材は「瓦」「スレート」「金属」ではないでしょうか。
屋根材にももちろん、それぞれメリットやデメリットが存在し、メンテナンス方法も異なります。
「瓦」「スレート」「金属」の屋根材のそれぞれの特徴をお伝えしてまいります。

屋根材:化粧スレート

メリット

・初期費用が安い
・塗装で外観のイメージを変更できる
・普及率が高いためスレートに対応可能な業者が多い
・重量が軽いため耐震性が高い

デメリット

・定期的に塗装のメンテナンスが必要
・衝撃に弱いため割れてしまう飛来物がぶつかり割れる可能性がある
・劣化した際に苔や藻が発生し外観を損なう場合がある

スレート屋根 化粧スレート 塗装

 化粧スレートは、初期費用も安価であり対応している業者も多いため現在最も普及率が高い屋根材です。
しかし定期的に塗装のメンテナンスが必要だったり割れやすいというデメリットもあります。
化粧スレートの屋根材をご検討の際には、メンテナンス面のことも視野に入れると良いでしょう。
 また、実はスレートの屋根材にはもう一つ種類があり、「天然スレート」という屋根材も存在します。
天然スレートはその名の通り天然素材からできた屋根材であり、日本の街中ではあまり見かけることは少ないですが、実は東京駅の屋根材としても使用されています。
天然スレートは化粧スレートの特徴とは異なり塗装も必要ありません。
同じ「スレート」という名前の屋根材でも特徴が全く違ってくるのです。

化粧スレートのチェックポイント

・棟板金に異常がないか
・屋根材にヒビや欠け、割れ等がないか
・色褪せや苔や藻が発生していないか

板金の釘の浮き 化粧スレート 苔

 化粧スレートで一番被害が多いのがやはり「棟板金」です。
下から葺き上げられた屋根材を貫板という板で抑え、貫板の上から被せた板金を棟板金といいます。
棟板金を固定している釘の浮きや、剥がれ等の異常が発生すると、雨漏りする確率も非常に高くなります。
 また、化粧スレートは塗膜が劣化してくると色褪せたり、苔や藻が発生します。
屋根材の塗膜が劣化してしまうと雨漏り発生の原因にも繋がってしまう場合もあるため、約10年に一度は塗装のメンテナンスをし防水性を回復させてあげることが必要になります。
塗装をし、しっかりと防水性を備えることで凍害を防ぐことも可能になります。
屋根材が色褪せたり苔や藻が発生している状態をそのまま放置すると、さらに劣化状態が悪化する場合もありますし、もちろん外観も損なうことになってしまいます。
新築から10年経過し、未だメンテナンスを一度も行ったことがない場合は、専門の業者に点検を依頼しましょう。

屋根材:瓦

メリット

・耐久性が高い
・塗装のメンテナンスが不要
・瓦屋根特有の外観

デメリット

・他の屋根材に比べると耐震性に劣る
・初期費用が高い

瓦屋根 漆喰の劣化

瓦屋根とは、そのままの文字の通り瓦でできた屋根材です。
粘土瓦である日本瓦は耐久性に非常に優れており、塗装等も不要のためメンテナンス費用を抑えることができます。
(※セメント瓦やコンクリート瓦のように塗装メンテナンスが必要な瓦も存在します。)
瓦は重量が重いため化粧スレートやガルバリウム鋼板等の屋根材と比べると耐震性には劣りますが、あくまで他の屋根材と比較した場合なのであって特別地震に弱いわけではありません。
初期費用は高いため、瓦屋根のお家をご検討中の方は費用のことも含めご検討してみると良いでしょう。

瓦屋根のチェックポイント

・漆喰の剥がれがないか
・瓦にヒビや割れ等がないか
・棟瓦が歪んでいないか

 屋根材が瓦の場合に注意する点は、漆喰の剥がれです。
漆喰が剥がれてしまうと、瓦の固定力も弱まりますし、隙間から雨水が浸入する原因にもなります。
また、瓦の固定力が弱まることにより瓦が落下してしまうこともあります。お家のお庭に瓦が落ちていた、なんてことも珍しくはありません。
屋根材に何か異変を感じたらすぐに点検を依頼しましょう。

屋根材:金属

メリット

・耐久性が高い
・防水性が高い
・重量が軽いため耐震性が高い

デメリット

・サビが発生する場合がある
・劣化し穴が開くことがある
・断熱性、遮音性が低い

金属屋根 屋根材 金属

金属屋根の種類には、トタンやガルバリウム鋼板、ステンレス等存在します。
金属屋根は、化粧スレートと同様、重量が軽いため耐震性が高い屋根材です。
現在では屋根材を瓦からガルバリウム鋼板等の金属に葺き替える方も多くなっています。
 また、工法等にもよりますが他の屋根材と比較すると継ぎ目が少ないため、防水性も高くなっています。
スレートや瓦等の他の屋根材と異なる特徴は、劣化すると「サビ」が発生する場合があることです。
しかし、金属の屋根材の中でも「ガルバリウム鋼板」は、比較的サビにくい屋根材のため、私達、街の屋根やさんでは、ガルバリウム鋼板の使用をお勧めしています。
アイジー工業のスーパーガルテクトは、ガルバリウム鋼板と断熱材を一体化させた屋根材のため、非常にお勧めの屋根材です。

金属屋根のチェックポイント

・色褪せや傷、サビが発生していないか
・屋根材の浮きや剥がれがないか

サビてしまった屋根材 サビが発生した屋根材

 屋根材が金属の場合の最大の敵は、やはりサビでしょう。
屋根材に傷があった場合、そこからサビが拡がる可能性もありますし、深刻化すると最悪穴が開き雨漏りが発生してしまうこともあります。
また、塩害で屋根材がサビることもあります。金属屋根をご検討中の方で、海沿いにお住まいの方や凍結防止剤を散布する地域にお住まいの方は塩害のことも考慮してご検討した方が良いでしょう。

屋根材別メンテナンス方法

化粧スレート屋根

・10年前後で塗装
 化粧スレートは防水機能を持っていないため、塗装による防水が欠かせません。しかし塗料も毎日当たり続ける紫外線によって劣化しますので10年を目安に塗り替えを行いましょう。

・10〜15年で棟板金交換
 棟板金は当たり前ですが雨が当たりやすく、風の影響を受けやすい場所です。先ほどもお話したように経年で釘の緩みや錆が発生しますので10年〜15年で棟板金を交換すれば、雨漏りなどの心配することなくお過ごしいただけます

・20年〜30年で葺き替え工事orカバー工法
 化粧スレートの耐用年数は20年〜30年と言われています。屋根材だけでなくその下の防水紙の寿命もきている頃なので、屋根材と一緒に交換を行うことをおすすめします。

瓦屋根

・漆喰
 棟瓦を支えているのが漆喰です。漆喰が劣化すると棟瓦が歪み、最終的には瓦全体が崩れてしまいますので定期的に漆喰工事を行いましょう。

金属屋根

・10年前後で屋根塗装
 塗り替えを行うことで屋根の撥水効果が向上し、錆が発生しにくくなります。塗り替えの際に軽度な錆であれば、ケレンという錆を落とす作業を行えば新築時のようなきれいな状態になります。

・葺き替え工事orカバー工法
 錆が多く発生し、塗装ではメンテナンスできない場合吹き替え工事かカバー工法を検討しましょう。また錆が多く発生している場合、下地も劣化している可能性が高いので一度点検してもらうことをおすすめします。

屋根材の費用・コストパフォーマンス・耐久性ランキング

初期費用が安い屋根材
1位 化粧スレート(葺き替えを行った場合、1㎡あたり5,500円〜)
2位 金属屋根(葺き替えを行った場合、1㎡あたり6,800円〜)
3位 瓦(1枚150円ほどのものから1500円のものまで。1㎡あたり約15枚の瓦を使用。)

 1番安い屋根材は化粧スレートですが、10年毎の塗装が必要だったり耐用年数が金属屋根や瓦に比べて低いといったデメリットもあります。初期費用の高い瓦は、その分耐久性が高いといった利点もあります。

コストパフォーマンスが高い屋根材
1位 瓦
2位 金属屋根
3位 化粧スレート

 初期費用は高くてもその分耐久性が高いのでメンテナンス頻度が少なく、コストパフォーマンスが高くなります。将来のことを考えると初期費用よりメンテナンスコストを含めたコストパフォーマンスで屋根材を選ぶことも一つの手段です。

耐久性の高い屋根材
1位 瓦(耐用年数50〜100年)
2位 金属屋根(耐用年数30年)
3位 化粧スレート(耐用年数20〜30年)

 お寺などでは何百年も前の創建当時の瓦が現在も使われているほど耐久性があるのが瓦です。瓦自体が割れない限り、使い続けることができますが防水シートや野地板、垂木の補修や交換は必要です。

屋根材のまとめ

 屋根材には様々な種類があり、それぞれ特徴が異なります。
屋根材を選択する場合には、それぞれのメリットやデメリットを理解し、希望に合った屋根材を選択すると良いでしょう。
また、皆様が住んでいらっしゃるお家の屋根材で何か少しでも異常を感じた場合には専門業者に点検を依頼しましょう。
私達、街の屋根やさんでは、無料で点検も行っております。お困りの際は、何でもお気軽にご相談ください。

街の屋根やさん本社

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒292-0804
        千葉県木更津市文京5-11-16
        ST×BASE 1F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん本社のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      街の屋根やさんは千葉県以外にも東京都、神奈川県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方の地域の街の屋根さんをお選びください。

      屋根材に関連する新着ブログ

       お住いの屋根には和風や洋風などさまざまなデザインのものがあります。またそれらに合わせて屋根の形状も多様になってきました。一般的な三角屋根のほかにも太陽光パネルを設置できるように工夫された屋根など 様 ...続きを読む
       市川市中山にお住まいのお客様より「敷地内で屋根の破片を見つけたので点検してほしい」とのご依頼をいただき現地調査へ伺いました。ご自宅の屋根材かどうか分からないということで、ご心配の様子でした。強風(台 ...続きを読む
       屋根は常に紫外線や雨、風の影響を受けていますので、築年数が経過するにつれて劣化症状も見られやすくなります。築20年、30年頃になると、屋根葺き替え工事や屋根カバー工事をご検討される機会も増えてくると ...続きを読む
       街中では、ソーラーパネルが設置された屋根を見かける事が増えたように思います。屋根にソーラーパネルを取り付ければ、太陽光で発電する事ができます。ソーラーパネルには、省エネ効果や電気代の節約だけではなく ...続きを読む

      お問い合わせフォーム

      『街の屋根やさん』ホームページをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。

      当社では、各種ご相談・お問合せを承っております。どうぞお気軽にお問合せください。

      下記フォームにお問合せ内容をご入力のうえ、ご送信ください。

      ※お問い合わせが完了しますと、受信確認メールを自動送信いたします。お客さまのご利用環境、また迷惑メール対策等の設定により、受信確認メールや返信メールがお届けできない場合がございます。「@sharetech.co.jp」からのメール受信が可能な設定にしていただきますようお願いいたします。

      ※お問い合わせの内容によって、ご回答までに多少お時間をいただく場合もございますので予めご了承くださいませ。

      お名前 必須

      苗字

      名前

      ふりがな 必須

      苗字

      名前

      ご住所 必須 ※郵便番号入力で町名まで自動入力されます。

      郵便番号

      番地・ビル・マンション名

      E-mail (半角英数) 必須

      電話番号 (半角英数) 必須

      ご希望の連絡時間帯 【任意】

      ご希望の工事
      (一つ以上項目を選択して下さい。)
      【任意】

      複数選択可

      屋根葺き替え屋根カバー工法屋根・外壁塗装棟板金交換雨樋工事漆喰詰め直し屋根葺き直し防水工事その他

      お問い合わせ内容 必須

      複数選択可

      ご相談・ご質問点検・お見積りその他

      お問い合わせ詳細 【任意】

      点検・お見積り・ご相談無料!

      街の屋根やさん千葉

      点検・調査・お見積りなど無料で承ります!お気軽にお問い合わせください!

      電話 お電話でのお問い合わせ[8時30分~20時まで受付]
      0120-989-936
      メール メールでのお問い合わせ
      24時間受付中!

      点検・調査・お見積りなど無料で承ります!
      お気軽にお問い合わせください!

      ご不明点やご相談など屋根のことなら何でもお問い合わせください

      お電話でのお問い合わせは

      メールでのお問い合わせは

      屋根工事が初めての方へ
      街の屋根やさんの10のお約束
      オンライン見積もり
      最短1日!LINEで概算見積もり
      雨漏りでお困りの方、お任せください
      散水試験で雨漏りの原因を徹底追及
      被害に遭う前に台風対策
      屋根を軽くして地震に強い屋根に
      屋根工事の料金プラン
      リフォームローン
      火災保険を屋根工事に適用できます
      屋根塗装・外壁塗装の塗料について
      株式会社シェアテック
      ご連絡先はこちら
      ご連絡先はこちら
      株式会社シェアテック

      千葉県木更津市文京5-11-16
      ST×BASE
      TEL:0438-38-3373
      FAX:0438-38-3310
      E-mail:info@sharetech.co.jp

      株式会社シェアテック
      建設業許可:千葉県知事許可(般-29) 第 48193 号
      〒292-0804 千葉県木更津市文京5-11-16 ST×BASE
      TEL:0120-989-936 FAX:0438-38-3310
      E-mail:info@sharetech.co.jp
      千葉県・市原市・袖ケ浦市・木更津市・君津市を中心に千葉県全エリア対応中です。
      (その他の地域の方もご相談ください)
      屋根リフォーム / 屋根工事 / 屋根修理 / 屋根塗装 / 屋根葺き替え / 漆喰(しっくい)工事 / 雨樋(あまどい)工事 / 雨漏り修理 / 雨漏り工事 / 防水工事