千葉の『街の屋根やさん』は千葉 市原 袖ヶ浦 木更津 君津を中心に 千葉県全域で屋根工事や屋根リフォーム、軽微な屋根の修理、屋根の塗り替え(屋根塗装)、古くなった屋根の葺き替え工事(屋根葺き替え)をおこなっていま す。
街の屋根やさん千葉

点検・調査・お見積りなど無料で承ります!お気軽にお問い合わせください

電話 お電話でのお問い合わせ[8時30分~20時まで受付]
0120-989-936
メール メールでのお問い合わせ
24時間受付
ホーム 施工事例一覧 会社概要 施工の流れ 屋根工事の種類 屋根の豆知識 屋根お役立ち情報 本日の現場ブログ お客様の声 お問い合わせ
お客様の声
施工事例
現場ブログ
専門家が教える屋根の基礎知識
専門家が教える
屋根の基礎知識
街の屋根やサンの施工実績
街の屋根やさん
施工実績
 下に挙げたものは、1999年5月~2022年3月までに街の屋根やさんが直接施工した件数と地域です。小規模な屋根修理から大規模な屋根の葺き替え、一般のお住まいだけでなく大きな工場等の建築物の屋根にも幅広く対応しております。
最近の屋根工事事例やお客様の声は右側の各種メニューからご覧ください。

東葛飾エリア
市川・・298
松戸・・265
習志野・・162
流山・・119
鎌ヶ谷・・188
船橋・・448
野田・・120
柏・・171
我孫子・・102
浦安・・199


北総エリア
銚子・・79
佐倉・・177
四街道・・154
印西・・124
富里・・203
香取・・123
成田・・292
旭・・191
八街・・388
白井・・191
匝瑳・・117
印旛郡酒々井町・・100
印旛郡印旛村・・13
印旛郡本埜町・・14
印旛郡栄町・・35
香取郡神崎町・・27
香取郡多古町・・35
香取郡東庄町・・17

千葉エリア
千葉市中央区・・291
千葉市稲毛区・・210
千葉市緑区・・231
千葉市花見川区・・222
千葉市若葉区・・202
千葉市美浜区・・131
八千代市・・199
市原市・・802

九十九里エリア
茂原市・・181
勝浦市・・49
いすみ市・・112
東金市・・169
山武市・・103
山武郡大網白里町・・33
山武郡九十九里町・・71
山武郡芝山町・・29
山武郡横芝光町・・46
長生郡一宮町・・52
長生郡睦沢町・・16
長生郡長生村・・43
長生郡白子町・・57
長生郡長柄町・・23
長生郡長南町・・13
夷隅郡大多喜町・・21
夷隅郡御宿町・・26

南房総エリア
袖ケ浦・・283
木更津・・633
君津・・355
富津・・154
南房総・・80
安房郡鋸南町・・45
館山・・71
鴨川・・40

新型コロナウィルス
対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

陸屋根などの屋上防水の膨れを防止!?脱気筒とは?

更新日 : 2020年06月18日

更新日 : 2020年06月18日

 皆様の中には、陸屋根など、屋上が存在するお家にお住まいの方もいらっしゃるかと思います。
『脱気筒』とは、陸屋根などの屋上に設置されている建材で、防水層の劣化を防ぐためにも重要なものとなっています。
この記事では、脱気筒についてや屋上の防水などについてご説明してまいります。

脱気筒とは?

脱気筒 屋上の脱気筒

 脱気筒とは、陸屋根などの屋上に設置されているものです。
脱気筒は、防水層と下地の間に発生する、水蒸気を排出するための筒で、つまり防水層の下の空気を抜く役割を担っています。
屋上などに脱気筒が設置されていないと、防水層が膨らんでしまうことになります。
では、防水層が膨らんでしまうことにより、どのようなことが起きるのでしょうか。

亀裂や穴が発生

 防水層が膨らむことにより、亀裂や穴が発生する可能性が高くなるのです。
防水層に亀裂や穴が発生してしまえば、そこから雨水が浸入し下地の劣化や雨漏りの原因にも繋がってしまうでしょう。

屋上劣化 亀裂

下地の破損や劣化

 防水層が膨らんでいたり浮きがあるということは、下地に水分が含まれている状況になります。
下地に水分が含まれているということは、雨漏りが発生している可能性がある、ということになるのです。

 防水層が膨らんでしまうと、亀裂が発生し下地等の劣化にも繋がります。
そして防水層が膨らむ原因には、下地に水分が含まれているということが挙げられます。
そのため、脱気筒を設置し、防水層と下地の間に発生する水蒸気等の水分を排出してあげる必要があるのです。

脱気筒の注意点

 脱気筒は、勾配が高い位置に設置します。理由は、水蒸気は上に逃げようとするからです。
設置個数は、メーカー仕様や防水仕様、屋上の面積にもよりますが50~100㎡に1つの間隔で設置することが多いです。
屋上の面積が小さいマンションでは脱気筒が設置されていないこともありますが、設置されていないことにより水蒸気が溜まり防水層が膨らんでしまうことも多くあります。
築年数を重ねればさらに膨れなどの劣化状態は悪化していくため、陸屋根等、屋上があるお家やマンションを選択する場合には脱気筒の設置もしっかりと考えた方が良いでしょう。
また、脱気筒が設置されている屋上でも、もちろん年月が経てば防水層が膨らむ等の劣化症状が現れます。
防水層の改修工事を行う場合には、脱気筒も新しいものを取り付けるなどし、劣化を防ぐことが重要です。

ちなみに・・・

 脱気筒は、防水層の膨れを防ぐためにも重要な役割を担っていますが、屋上にはもう一つ重要な役割を担っているものが存在します。
それは、『ドレン』というものです。

ドレン ドレン 劣化

 屋上には、実は勾配がつけられており、屋上に溜まった雨水が自然とドレンがある方向へ流れるような仕組みとなっているのです。
ドレンがなければ、屋上には雨水が溜まってしまい雨漏りの原因にも繋がってしまうでしょう。
ドレンは、雨樋と防水層を繋いでいる建材で、屋上の雨水を雨樋へと流すという重要な役割を担っているのです。
防水層が劣化をしていなくても、ドレンに詰まりがあったり劣化している場合には雨漏りに繋がってしまうため、ドレンにも注意が必要です。

 ここまで、脱気筒の役割や注意点についてお話してまいりましたが、では、陸屋根などの屋上に異常があった場合のメンテナンス方法とは一体何でしょうか?

脱気筒の設置方法

 ウレタン防水の場合の脱気筒設置の工程をご紹介いたします。
 下地がコンクリートの場合、コンクリートが発する蒸気による防水層の膨れを防ぐために通気性のある通気緩衝シートを敷きます。脱気筒を設置する場所(勾配の高い位置)を決めたら、その部分の通気緩衝シートを切り取ります。そこへビスを使って脱気筒をしっかりと固定します。コーキングのみで固定することもあるようですが、耐久性がなくすぐに取れてしまうのでビスで固定する方が良いです。脱気筒を設置したら、ウレタン防水材を塗布し、乾燥したらもう一度ウレタン防水材を重ね塗りします。重ねて塗ることで耐久性のある防水層を作ることができます。ウレタン防水は、液状の防水材を使用するので均一に仕上げるために職人さんの腕の見せ所です。2度目の防水材が乾燥したら、防水層を紫外線や歩行の衝撃から守るトップコートを塗布して完了です。
 脱気筒を設置した後に防水層を作るので、脱気筒を固定しているビスが隠れ馴染みます。ビスで固定しているとはいえ、衝撃が加わると折れたり取れたりする可能性があるので気をつけましょう。また、5年を目安にトップコートを塗り替えることをおすすめします。

陸屋根などの屋上のメンテナンス方法

トップコートの再塗装

 表面にヒビ割れが発生している場合には、トップコートという表面の保護膜が劣化している可能性があります。
トップコートにヒビ割れが発生してしまうと、トップコートの下のウレタン防水層が露出し、雨と紫外線による劣化の原因にも繋がるのです。
そのため、トップコートの再塗装をし保護をする必要があります。

補修 ウレタン防水

防水層の補修

 防水層に膨れや浮きが生じた場合には、防水層の補修が必要になります。
膨れや浮いてしまった部分を剥がし補修、状態によっては全体改修工事が必要になる場合もあります。

ウレタン防水の再施工

 トップコートのみでなく防水層までヒビ割れや亀裂が発生している場合、放置すると現在雨漏りが発生していなくても下地の劣化や腐食に繋がってしまいます。
防水層までヒビ割れや亀裂が発生している場合には、防水工事の再施工が必要になります。

まとめ

劣化した屋上 防水

 脱気筒とは、陸屋根などの屋上に設置されているものであり、防水層と下地の間に発生する水蒸気の排出の役割を担っています。
脱気筒を設置し、水蒸気を排出することにより防水層の膨れなどを防止し、雨漏りを防止することにもなります。
また、屋上には『ドレン』という排水口も存在し、屋上に溜まった雨水はドレンに流れ雨樋に流れていく仕組みになっています。
屋上が存在するお家にお住まいの方は、防水層はもちろん、脱気筒やドレン等にも不具合がないかチェックしてあげることが大切です。
私達、街の屋根やさんでは、防水工事も行っております。お困りのことがございましたら何でもお気軽にご相談ください。

街の屋根やさん本社

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒292-0804
        千葉県木更津市文京5-11-16
        ST×BASE 1F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん本社のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      街の屋根やさんは千葉県以外にも東京都、神奈川県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方の地域の街の屋根さんをお選びください。

      お問い合わせフォーム

      お名前 必須

      苗字

      名前

      ふりがな 【任意】

      苗字

      名前

      ご住所(工事地住所) 必須 ※郵便番号入力で町名まで自動入力されます。

      郵便番号

      番地・ビル・マンション名

      E-mail (半角英数) 必須

      電話番号 (半角英数) 【任意】

      お問い合わせ内容 【任意】

      点検・お見積り・ご相談無料!

      街の屋根やさん千葉

      点検・調査・お見積りなど無料で承ります!お気軽にお問い合わせください!

      電話 お電話でのお問い合わせ[8時30分~20時まで受付]
      0120-989-936
      メール メールでのお問い合わせ
      24時間受付中!

      点検・調査・お見積りなど無料で承ります!
      お気軽にお問い合わせください!

      ご不明点やご相談など屋根のことなら何でもお問い合わせください

      お電話でのお問い合わせは

      メールでのお問い合わせは

      屋根工事が初めての方へ
      街の屋根やさんの10のお約束
      オンライン見積もり
      最短1日!LINEで概算見積もり
      雨漏りでお困りの方、お任せください
      散水試験で雨漏りの原因を徹底追及
      被害に遭う前に台風対策
      屋根を軽くして地震に強い屋根に
      屋根工事の料金プラン
      リフォームローン
      火災保険を屋根工事に適用できます
      屋根塗装・外壁塗装の塗料について
      株式会社シェアテック
      ご連絡先はこちら
      ご連絡先はこちら
      株式会社シェアテック

      千葉県木更津市文京5-11-16
      ST×BASE
      TEL:0438-38-3373
      FAX:0438-38-3310
      E-mail:info@sharetech.co.jp

      株式会社シェアテック
      建設業許可:千葉県知事許可(般-29) 第 48193 号
      〒292-0804 千葉県木更津市文京5-11-16 ST×BASE
      TEL:0120-989-936 FAX:0438-38-3310
      E-mail:info@sharetech.co.jp
      千葉県・市原市・袖ケ浦市・木更津市・君津市を中心に千葉県全エリア対応中です。
      (その他の地域の方もご相談ください)
      屋根リフォーム / 屋根工事 / 屋根修理 / 屋根塗装 / 屋根葺き替え / 漆喰(しっくい)工事 / 雨樋(あまどい)工事 / 雨漏り修理 / 雨漏り工事 / 防水工事