千葉の『街の屋根やさん』は千葉 市原 袖ヶ浦 木更津 君津を中心に 千葉県全域で屋根工事や屋根リフォーム、軽微な屋根の修理、屋根の塗り替え(屋根塗装)、古くなった屋根の葺き替え工事(屋根葺き替え)をおこなっていま す。
街の屋根やさん千葉

点検・調査・お見積りなど無料で承ります!お気軽にお問い合わせください

電話 お電話でのお問い合わせ[8時30分~20時まで受付]
0120-989-936
メール メールでのお問い合わせ
24時間受付
ホーム 施工事例一覧 会社概要 施工の流れ 屋根工事の種類 屋根の豆知識 屋根お役立ち情報 本日の現場ブログ お客様の声 お問い合わせ
お客様の声
施工事例
現場ブログ
専門家が教える屋根の基礎知識
専門家が教える
屋根の基礎知識
街の屋根やサンの施工実績
街の屋根やさん
施工実績
 下に挙げたものは、1999年5月~2021年3月までに街の屋根やさんが直接施工した件数と地域です。小規模な屋根修理から大規模な屋根の葺き替え、一般のお住まいだけでなく大きな工場等の建築物の屋根にも幅広く対応しております。
最近の屋根工事事例やお客様の声は右側の各種メニューからご覧ください。

東葛飾エリア
市川・・234
松戸・・224
習志野・・146
流山・・102
鎌ヶ谷・・187
船橋・・387
野田・・103
柏・・125
我孫子・・88
浦安・・186


北総エリア
銚子・・75
佐倉・・158
四街道・・135
印西・・118
富里・・193
香取・・120
成田・・278
旭・・146
八街・・377
白井・・184
匝瑳・・115
印旛郡酒々井町・・96
印旛郡印旛村・・13
印旛郡本埜町・・14
印旛郡栄町・・33
香取郡神崎町・・27
香取郡多古町・・34
香取郡東庄町・・16

千葉エリア
千葉市中央区・・267
千葉市稲毛区・・192
千葉市緑区・・224
千葉市花見川区・・200
千葉市若葉区・・185
千葉市美浜区・・120
八千代市・・175
市原市・・741

九十九里エリア
茂原市・・173
勝浦市・・48
いすみ市・・104
東金市・・152
山武市・・100
山武郡大網白里町・・33
山武郡九十九里町・・70
山武郡芝山町・・26
山武郡横芝光町・・41
長生郡一宮町・・49
長生郡睦沢町・・14
長生郡長生村・・42
長生郡白子町・・54
長生郡長柄町・・22
長生郡長南町・・12
夷隅郡大多喜町・・19
夷隅郡御宿町・・20

南房総エリア
袖ケ浦・・253
木更津・・539
君津・・331
富津・・133
南房総・・74
安房郡鋸南町・・45
館山・・67
鴨川・・35

新型コロナウィルス
対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

台風14号接近中、ご注意ください!

台風14号接近中、ご注意ください!

瓦のリサイクルについて

更新日 : 2016年06月20日

更新日 : 2016年06月20日

texts
21世紀に入り、リサイクルの重要性はますます高まってきています。たくさんの廃材が出てしまうリフォームでは特に無視できない問題とです。建材を作っている工場では品質を満たさなかったものをリサイクルする取り組みを進めています。
columns
積み上げられた瓦
撤去されるため積み上げられた瓦
撤去が進む瓦
撤去が進む屋根の様子
texts
最近は瓦から軽い金属への屋根葺き替えが多いのですが、不要となった瓦はどうなるのでしょうか。瓦の耐用年数は40年とも60年とも言われます。国宝の元興寺の瓦は飛鳥時代の建立から同じものが使われている部分もあります。1400年以上経過していることになりますから、もはや半永久的に持つといっても過言ではないでしょう。

以前、不要となった瓦はほとんどが捨てられていましたが、現在ではしっかりとリサイクルが進んでおります。
columns
一部が欠けた瓦
一部が欠けた瓦 もっと細かくなったものが瓦チップやシャモットと呼ばれる
住宅地の水田
水田の埋め立てにも瓦を砕いたものが使われている
texts
瓦の再利用として誰でも思いつくのが砕いて土壌に混ぜ込み、土地を改良する方法です。瓦を砕いたものは瓦チップやシャモットと呼ばれ、すでに流通しています。ネット通販でも出回っているので興味のある方は探してみるとよいでしょう。この土壌改良は水田を埋め立てるなどの大規模なものにも瓦チップやシャモットが使われることがあります。

瓦を砕いたものを固めてブロックにしたものも存在します。充分な強度があり、しかも透水性のものもあるのでガーデニングなどで使われる方が多いようです。

瓦工場で品質に満たなかった瓦を砕いて細かいシャモットにし、それで再度瓦を作ることをやっています。

こうして再利用されていることを知ると、何か良かったという気にさせられるのではないでしょうか。日本発の「もったいない」はいつまでも続けていきたいものです。
再利用

互屋根の葺き直しでこれまでの瓦を再利用する

 瓦の再利用は上記の他にも、屋根葺き直し工事で瓦の再利用を行うことができます。屋根の葺き直し工事は一度既存の屋根材を撤去し下の防水紙や野地板の補修を行ったうえで再度既存の屋根を設置していく工事です。既存の屋根を新しい屋根材に替える屋根葺き替え工事と似たような方法ですが、これまでの屋根材を再利用する点が大きく異なります。
ちなみに屋根の葺き直し工事は瓦や天然スレートなどの耐用年数の長い屋根材にしか行えません。屋根材を再利用することで廃材を出さずエコな屋根リフォームを行えるのです。
屋根 撤去工事

葺き直しが必要な理由

屋根裏 劣化
 瓦は耐用年数が非常に長いです。釉薬瓦で60年以上、いぶし瓦や素焼き瓦でも40~50年以上と言われております。そのため耐用年数の長い瓦屋根に葺き直し工事が必要になるのかと疑問に思われる方も多いのではないでしょうか。
確かに、瓦自体の耐用年数は長いのですが、実際その瓦の周りに使用されている建材、防水紙や漆喰の寿命はそこまで耐用年数がないのです。環境にもよって異なりますが防水紙の耐用年数は約20年、漆喰の耐用年数も約20年とされています。瓦よりも短いのです。

 屋根は表面の屋根材だけでなく、その下の防水紙も一体となって雨水の浸入を防いでくれています。弱い小雨などでしたら屋根材だけでも雨水の浸入は防ぐことができますが、台風などの横殴りの雨は屋根材の下へも浸入してきますので防水紙は必須です。

 耐用年数が過ぎてしまった防水紙はもちろん性能が落ちます。また地震や雨水の浸入などで野地板が剥がれてしまったり破れてしまったり、穴が開いてしまっていることもあります。そこに台風などの暴風雨が来ると雨漏りを引き起こしてしまうのです。耐用年数の長い瓦はまだまだ使用することができるので、瓦はそのままに、寿命がきてしまった防水紙や野地板の交換をし補修することが屋根葺き直し工事が必要な理由です。
雨漏り 雨染み

屋根葺き直し工事のメリットとデメリット

・メリット1
環境負荷が低いためエコ。
瓦などの屋根材を再利用するため、環境に負担をかけません。

・メリット2
外観が屋根葺き直し前と変わらない
既存の瓦を再利用するため、屋根の外観は工事前も後も変わることがありません

・デメリット1
同じ瓦を使用できるか分からない
葺き直し工事の際に一部瓦の欠けや割れが見られた場合、同じ瓦を必要になります。しかし製造中止などで手に入らない場合もあります。

・デメリット2
人件費が屋根葺き替え工事と変わらない
屋根葺き直し工事は屋根葺き替え工事と工程がほぼ同じですので人件費もほぼ同じです。

 上記の理由も踏まえて街の屋根屋さんではあまり屋根葺き直し工事をお勧めはしておりません。それは上記でもご説明したように同様な瓦を入手できるか分からないうえ、人件費が屋根葺き替え工事と変わらない為です。材料費分だけ費用を足せば新しい屋根材に葺き替えることができます。現在瓦屋根にお住まいの方の中には耐震性を心配されている方も多いのでないでしょうか。そういった場合は屋根葺き替え工事で新しく軽い金属屋根に葺き替えてしまうのも一つの方法です。街の屋根やさんでは耐震性の高いガルバリウム鋼板の屋根への葺き替えをお勧めすることが多いです。
新しい屋根 軽い屋根材

屋根葺き直し工事の施工の流れ

瓦撤去 瓦
①瓦の撤去
まずは既存の瓦を撤去していきます。漆喰なども一緒に剥がし撤去。外した瓦は再利用するため割れないように慎重に扱っていき、整理し保管をしておきます。

②土の撤去
土葺きで使用されていた土の撤去。古い工法で施工されている瓦屋根は土葺きになっていますので瓦の下には土があります。

③下地の補修や野地板のメンテナンス
野地板が傷んでいる場合は交換や補修を行います。

④防水紙の敷設、瓦桟木の設置
現在は土を使わず瓦桟木を取り付けその上に瓦を設置していきます。土を使用しないので屋根の総重量は約3分の2から2分の1程度まで減らすことが可能です。新しい防水紙を設置しその上に瓦桟木を一定の隔で取り付けていきます。

⑤葺き直し
一度撤去した瓦を再利用し葺き直しを行っていきます。以前の瓦を再利用するため廃材があまり出ません。

⑥漆喰の詰め直し
瓦を葺き直していくとともに棟瓦の漆喰を詰め直していきます。

⑦完工
漆喰の詰め直しが完了すれば屋根葺き直し工事の完了です。

瓦屋根で必要なメンテナンス

 瓦屋根は寿命が長いのが特徴ですが、定期的なメンテナンスはかかせません。瓦屋根のお住まいに必要なメンテナンスをご紹介いたします。

漆喰詰め直し
 棟と平板瓦の隙間を埋めているの漆喰です。漆喰は劣化すると剥がれてきて、棟を支えている土が流れてしまったり、棟が崩れてしまう恐れがあります。20年を目安に点検や補修を行うのがおすすめです。

棟瓦取り直し工事
 漆喰の劣化が進んでいる場合や、棟が歪んでいる場合に棟を構成している瓦、土などを全て撤去し再び瓦を積み直す工事です。一度撤去した棟瓦は再利用するので外観は工事前と変わりません。台風後に棟瓦が歪んでしまったというお問い合わせを多くいただきますので、台風後には一度業者に点検を依頼しましょう。街の屋根やさんでは無料点検を実施しております。

屋根葺き替え工事
 防水紙や野地板など屋根の下地が寿命を迎えた場合、屋根葺き直し工事または屋根葺き替え工事が必要となります。瓦を再利用する葺き直し工事に比べて、葺き替え工事では新しい屋根材に変えることができるので、軽量な屋根材を使って耐震性を向上させることができます。また外見も変わりますので、お住まいをイメージチェンジさせたい方にはおすすめです。ちなみに、よく葺き替え工事と比較される屋根カバー工法は、屋根全体がさらに重くなってしまうため瓦屋根のお住まいでは施工できません。

まとめ

 いかがでしたでしょうか、今回は瓦の再利用として屋根葺き直し工事のご紹介を行いました。屋根葺き直し工事は瓦を再利用するため環境負荷が低くエコなリフォームですが、やはり耐震性を考えておられる方は、屋根葺き直し工事ではなく屋根葺き替え工事を選択することがおすすめです。瓦は耐用年数も高いですが、どうしても他の屋根材と比較すると重量はあります。耐震性を機にされている方は軽い屋根材に葺き替えるように検討してみることもいいかもしれません。
 街の屋根やさん千葉では屋根葺き直し工事、屋根葺き替え工事どちらも対応致します。また葺き替え、葺き直しでお悩みの方はお気軽にご相談ください。点検や屋根のご相談、工事のお見積りは無料で行っております。

街の屋根やさん本社

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒292-0804
        千葉県木更津市文京5-11-16
        ST×BASE 1F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん本社のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      街の屋根やさんは千葉県以外にも東京都、神奈川県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方の地域の街の屋根さんをお選びください。

      お問い合わせフォーム

      『街の屋根やさん』ホームページをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。

      当社では、各種ご相談・お問合せを承っております。どうぞお気軽にお問合せください。

      下記フォームにお問合せ内容をご入力のうえ、ご送信ください。

      ※お問い合わせが完了しますと、受信確認メールを自動送信いたします。お客さまのご利用環境、また迷惑メール対策等の設定により、受信確認メールや返信メールがお届けできない場合がございます。「@sharetech.co.jp」からのメール受信が可能な設定にしていただきますようお願いいたします。

      ※お問い合わせの内容によって、ご回答までに多少お時間をいただく場合もございますので予めご了承くださいませ。

      お名前 必須

      苗字

      名前

      ふりがな 必須

      苗字

      名前

      ご住所 必須 ※郵便番号入力で町名まで自動入力されます。

      郵便番号

      番地・ビル・マンション名

      E-mail (半角英数) 必須

      電話番号 (半角英数) 必須

      ご希望の連絡時間帯 【任意】

      ご希望の工事
      (一つ以上項目を選択して下さい。)
      【任意】

      複数選択可

      屋根葺き替え屋根カバー工法屋根・外壁塗装棟板金交換雨樋工事漆喰詰め直し屋根葺き直し防水工事その他

      お問い合わせ内容 必須

      複数選択可

      ご相談・ご質問点検・お見積りその他

      お問い合わせ詳細 【任意】

      点検・お見積り・ご相談無料!

      街の屋根やさん千葉

      点検・調査・お見積りなど無料で承ります!お気軽にお問い合わせください!

      電話 お電話でのお問い合わせ[8時30分~20時まで受付]
      0120-989-936
      メール メールでのお問い合わせ
      24時間受付中!

      点検・調査・お見積りなど無料で承ります!
      お気軽にお問い合わせください!

      ご不明点やご相談など屋根のことなら何でもお問い合わせください

      お電話でのお問い合わせは

      メールでのお問い合わせは

      屋根工事が初めての方へ
      街の屋根やさんの10のお約束
      オンライン見積もり
      最短1日!LINEで概算見積もり
      雨漏りでお困りの方、お任せください
      散水試験で雨漏りの原因を徹底追及
      被害に遭う前に台風対策
      屋根を軽くして地震に強い屋根に
      屋根工事の料金プラン
      リフォームローン
      火災保険を屋根工事に適用できます
      屋根塗装・外壁塗装の塗料について
      株式会社シェアテック
      ご連絡先はこちら
      ご連絡先はこちら
      株式会社シェアテック

      千葉県木更津市文京5-11-16
      ST×BASE
      TEL:0438-38-3373
      FAX:0438-38-3310
      E-mail:info@sharetech.co.jp

      株式会社シェアテック
      建設業許可:千葉県知事許可(般-29) 第 48193 号
      〒292-0804 千葉県木更津市文京5-11-16 ST×BASE
      TEL:0120-989-936 FAX:0438-38-3310
      E-mail:info@sharetech.co.jp
      千葉県・市原市・袖ケ浦市・木更津市・君津市を中心に千葉県全エリア対応中です。
      (その他の地域の方もご相談ください)
      屋根リフォーム / 屋根工事 / 屋根修理 / 屋根塗装 / 屋根葺き替え / 漆喰(しっくい)工事 / 雨樋(あまどい)工事 / 雨漏り修理 / 雨漏り工事 / 防水工事