屋根リフォームブログ

花粉症に影響の少ない千葉県特産「サンブスギ」
この季節、「朝、起きたら一晩で屋根が苔だらけで一面黄色くなっていた。心配だからすぐに来てほしい」というご相談をたまに受けます。そのようなお住まいに到着し、屋根を点検してみると苔は生えているのですが、一...続きを読む
千葉県で発生した屋根からの落下による死亡事故
街の屋根やさんでは常日頃から「絶対に屋根に上らないでください」と皆様にお伝えしています。その理由はとてもシンプルで、落下すると怪我をするどころか、お亡くなりになるケースもあるからです。一般の方々が滅多...続きを読む
数十メートルの距離でも風の強さは大違い|袖ケ浦市
街の屋根やさん千葉は袖ケ浦市に会社があります。会社の目の前は国道16号なのですが先日、その歩道を歩いていたら、あることを体験し、とんでもない事実に気付きました。風を遮る障害物などがなくても、下り車線側...続きを読む
311を忘れないために千葉県の東日本大震災被害まとめ
2011年3月11日、午後2時46分に東日本大震災が発生しました。日本周辺における観測史上最大の地震でその規模はモーメントマグニチュード 9.0、千葉県では成田市や印西市で震度6弱の揺れを記録していま...続きを読む
軒天補修にはケイカル板の張替えがお勧めです|袖ケ浦市
そろそろ野鳥が巣を作り始める季節です。軒天などの近辺に巣を作られるといろいろと困ったことが起こりますから、今度の休みの日はご自宅の軒天などをじっくり点検してみてはいかがでしょうか。染みができていたり、...続きを読む
千葉は風が強いから風速について詳しくなろう
先日は春一番が吹き、「棟板金が落下してきた」、「屋根から音がするようになった」と多くのお客様からご相談を受けました。このブログで何度か触れていますが、他県から千葉県に引っ越してきた方は必ずといっていい...続きを読む
千葉県内で稀に見かける間違いだらけの屋根補修~漆喰編
お客様からご相談を受けて、屋根を点検していると「どうしてこうなった?」ということが稀にあります。専門職なら絶対にやらないであろう、間違った施行がなされていることがあるのです。弊社が目撃した間違いだらけ...続きを読む
屋根のメンテナンスの為に千葉県の気候を知っておこう
千葉県に定住している方はあまり意識しないかも知れませんが、千葉県は本当に不思議な場所です。関東地方では標高1000メートル以上のところにしか育たないと言われている高山植物が標高300メートル程度のとこ...続きを読む
千葉県海岸沿いの強風に耐える雨樋の取り付け方
皆様がお住まいになっている地域、風は強い方ですか。風が強いとなると、お住まいにもそれなりに対策が必要となってきます。台風通過後などに弊社がよくご相談を受けるのが雨樋です。実は雨樋はその地域によって推奨...続きを読む
木更津周辺限定?屋根の太陽熱温水器について
日本の太陽熱温水器の歴史は何と70年以上もあるそうで、1970年代から普及がかなり進んだそうです。一時は設置に対して補助金を出していた自治体もあったくらいですから(袖ケ浦町も出していました)、かなり画...続きを読む
房総で災害に強い土地を手に入れる方法
地震大国と呼ばれる日本、湿潤なモンスーン気候に属することから季節によっては多量の雨が降る日本、できるだけ地盤が固くて、洪水などの心配がない地域に住みたいですよね。これから土地を探して一戸建て住宅を建て...続きを読む
市原市で2色の銅製の庇を点検、緑青と変色
市原市のお客様から「庇が見事に2色に変色していてとても不安」というご相談を受けました。庇、霧除けとも呼ばれるところには金属が用いられることがほとんどです。色褪せなどで変色するのは理解できるのですが、2...続きを読む
冬の恐怖「静電気」、ドアノブに金属が多い理由
冬というと乾燥した地方では静電気の季節でもあります。人によっては寒さよりも静電気の方が嫌いという方もいます。確かにビックリしますし、結構な痛みを感じることもありますから、結構な恐怖です。静電気の電圧は...続きを読む
屋根や外壁に使われていた生子板とは?
地方によってはおせち料理にも入っているというナマコ、ナマコと聞くと建築では海鼠壁を思い浮かべることがほとんどでしょうが、実は他にもナマコ(生子)と呼ばれる建材があることをご存知でしょうか。最近ではあま...続きを読む
雪止めを外壁の真上付近に付ける理由
今年の積雪は多いのでしょうか、少ないのでしょうか。昨年の11月は観測史上、初めての積雪が東京で観測されるという記録が生まれました。そのことから考えると、いざという時の備えはしておいた方が良さそうです。...続きを読む
お寺と神社では屋根が違います
皆様、初詣はお済みでしょうか。これからという方は神社に詣でる場合も、お寺に詣でる場合も屋根に注目してください。現在では年月が経ってしまったため、さまざまな神社・仏閣が存在しますが、どちらも基本的な建築...続きを読む
新築も中古物件も屋根は切り妻がお勧めの理由
お住まいのメンテナンスコスト、できるだけ抑えたいものですよね。屋根材にもよりますが、屋根の形状でいうと最もメンテナンス費が優れているのは切り妻屋根です。切り妻屋根はいわゆる三角屋根で、屋根の中でも最も...続きを読む
屋根瓦って切断できることをご存知ですか
弊社のホームページの瓦屋根の施工事例やブログを見て、不思議に思ったことはないですか。瓦屋根の谷板金(屋根が谷になっていて、雨水を集める部分事)や寄棟の下り棟の部分の画像に斜めにカットされた瓦が写ってい...続きを読む
古くから営業している業者を電話番号から知る方法
長年、営業している業者って、それだけで信用がありますよね。大切なお住まいの屋根リフォームをするなら、そういったところに頼みたいものです。古くから営業している業者を知るのに電話番号が手がかりになることが...続きを読む
優良リフォーム業者を電話番号から見抜く方法
貴方が屋根リフォームをしようと思った時、業者はどこで選びますか。「できるだけ自分の家に近くて、やる気があって頑張っている会社や業者」を選びたいのは当然ですよね。そういう時は電話番号に注目してみるのも一...続きを読む
雪の重みで日本は少し沈んでいた
冬になったらお住まいの倒壊のを防ぐために雪下ろしをしなくてはならないというのは豪雪地帯の常識です。実は冬になると、この雪の重みで日本海側が数センチ沈み込むということをご存知でしたか。大地が沈み込むので...続きを読む
屋根瓦は塀にも使われています~土塀
最近は瓦屋根のお住まいが減ったと言われていますが、住宅の約4割は瓦屋根であり、最もシェアが多い屋根材です(昔は7割以上だったらしいですが)。瓦は屋根材として使われることが普通ですが、海鼠壁のように外壁...続きを読む
瓦屋根や藁葺き屋根が素敵な古民家にツートーンが多い理由
瓦屋根や藁葺き屋根が素敵な古民家、または古民家風のお住まいや建物って外壁の上部と下部で違う外壁材が使われていることが多いですよね。現代のお住まいでも1階と2階と塗り分けたり、違う種類の建材を使ったりす...続きを読む
屋根の下地や軒天に使われるベニヤ、コンパネ、構造用合板の違い
お住まいにあまり詳しくない人でも「ベニヤ」や「ベニヤ板」という言葉を聞いたことがあると思います。ホームセンターなどに行くとさまざまなものが売られていますよね。屋根葺き替えなどでは野地板に補強を兼ねてコ...続きを読む
インフルエンザを防ぐ!掃除の勧め
寒い季節になると毎年、猛威を振るうのがインフルエンザです。マスクやうがいといった方法で自衛をしている方も多いのではないでしょうか。実はお住まいを掃除することでもインフルエンザを予防できることをご存知で...続きを読む
山中や内陸部でも塩害は起こりえます
一般的に塩害というと、海の近くで起こります。しかし、それが海水や潮風とは無縁の山の中や内陸部でも起こるといったら貴方は信じますか。山の中といっても、海に面している山の中ではありませんし、死海のような塩...続きを読む
遮熱塗料で屋根塗装すると冬は寒くなる?
まだ冬が始まったばかりだというのに夏の暑さに恋焦がれてしまいます。夏は夏で冬のキリッとした寒さを懐かしく感じるのだから、人間とは矛盾だらけの生き物です。「頼まれもしないのに雪が見たいなんていわない事だ...続きを読む
光熱費を節約できる暖房機の賢い使い方
朝晩の冷え込みが厳しくなってきました。日中も暖房が欠かせない季節です。この時期、寒さを我慢せずに光熱費を節約できたら、素敵だと思いませんか。今回は光熱費を節約しつつ、快適に過ごす暖房器の使い方をご紹介...続きを読む
冬は屋根工事の時間が短くなりがちです
一般的に関東の冬は乾燥しており、寒いけど天気の良い日が多いのですが、屋根工事の作業時間はどうしても短くなりがちです。まず日の入りの時間が短くなります。調べてみたところ、今冬で一番早い日没時間は16時2...続きを読む
木の屋根材の耐用年数はどれくらい?
歴史的な建造物である神社・仏閣の屋根に用いられる屋根材として檜の皮があります。世界遺産である厳島神社、京都の観光名所である清水寺はこの檜の皮、桧皮葺(ひわだぶき)の屋根です。檜の表面の皮を剥がして加工...続きを読む
寒い、暖かい、湿気は体感温度を左右します
この季節、天気予報を見ていると「明日は乾燥した北風が吹きますから、いつも以上に寒くなります。暖かくしてお出かけください。」というフレーズをよく聞きます。北の冷たいところから吹き込んでくる北風が寒いのは...続きを読む
天井断熱と屋根裏断熱の違い
寒くなってくると、お部屋と廊下の温度差が気になりますね。廊下がいくら寒いといっても、外に較べれば格段の差です。お住まい内部の温度を保っているのが断熱材なのです。断熱材は外壁と内壁の間や屋根の下、天井裏...続きを読む
屋根にはのぼらない、歩かない方がよい理由
アニメで描かれる忍者などはよく屋根の上を走っていますが、現実にそれを実行しようとする人はまずいません(パルクールというスポーツでは体一つで陸屋根によじ登ったり、そこから降りたりしていますが…)。言うま...続きを読む
屋根の不具合、今年のことは今年のうちに
11月も月末です。いよいよ今年も残すところ1ヶ月となりました。お住まいに不安がある場合、年内中に解決しておきたいと思いませんか。12月も月末となればほとんどの業者がお休みを取ります。土日、祝日、関係な...続きを読む
ご自分でできるサッシの結露を防止する方法
冬になるとサッシの結露に悩まされるという方は多いのでないでしょうか。サッシというのは窓枠のことで、狭義では金属製のものを指すのだそうです。結露に悩まされている方のほとんどはサッシはアルミ製だと思います...続きを読む



■お住まいの屋根工事ここがポイント

■点検・お見積り・ご相談無料!

ご不明点やご相談など屋根のことなら何でもお問い合わせください。


点検・お見積り・ご相談無料!お気軽にお問い合わせください!