台風後の点検忘れずに!

屋根リフォームブログ

年末の大掃除、不用品の処分時はアスベストに要注意
さまざまなことがあった2017年もいよいよ大詰め、師走も半ばを迎えました。これから大掃除をするという方もいるでしょう。大掃除というと、使わなくなった家電製品などの不用品を処分する時期でもあります。その...続きを読む
新築でも瓦屋根のお家が減っている理由
このところ、瓦屋根のお家が少なくなりました。街の屋根やさん千葉がある袖ケ浦市あたりは新築の戸建ても増えているのですが、瓦屋根という造りはやはり少なくなっているのが現状です。数ヶ月前、新築を建てた(購入...続きを読む
瓦は日本固有のものじゃない、世界各国に存在します
瓦というとほとんどの方は鈍い光沢を持った銀と黒の中間くらいの色のいぶし瓦を思い出すのではないでしょうか。地域によって差はありますが、瓦屋根のお家の場合、最も多く用いられているのがいぶし瓦です。そのため...続きを読む
見えない屋根の上の状況を知る方法
現在、住んでいるお家が戸建てが2階という方、大多数なのではないでしょうか。都市部にお住まいの方は3階やそれ以上という方も多いと思います。平屋でもない限り、見えない・見にくいのが屋根の上。できれば、異変...続きを読む
ご近隣で屋根工事を見かけたら貴方のお家もそろそろかも
「屋根リフォームっていつやったら良いのだろう?」、そういった疑問をお持ちの方も多いと思います。現在、お住まいになっている地域にもさまざまなタイプがあると思いますが、分譲地にお住まいでご近隣のお家が屋根...続きを読む
屋根工事だけでなく、リフォームはまとめた方がお得です
「屋根葺き替えをするなら、外壁も綺麗にしたい」、「棟板金を交換するのなら換気棟にして軒天も換気できるものにしたい」… 屋根に限らず、リフォームは一箇所を修繕することが決定すると、ついでに他の修繕されて...続きを読む
11月9日は換気の日、換気棟で冬の結露対策をしましょう
本日、11月9日は「換気の日」です。11で『いい』、9で『くう(き)』、『いい空気の日』ということで日本電機工業会が1987年に制定しました。寒くなってくると、どうしても窓を開ける機会が減ります。この...続きを読む
忘れてはならない屋根の冬支度「雪止め」
本日、11月7日は立冬で、冬の始まりとされています。この日から立春の前日までが冬に区分されます。実際にはまだ気温も高く、冬というよりは秋なのですが、お家の冬支度は早めに済ませるべきです。貴方の家の冬支...続きを読む
瓦・スレート(カラーベスト・コロニアル)など屋根材が割れてしまう原因は?
お家の上に道路や橋でもかかっていない限り、ほとんど見えない、もしくは全く見えない屋根の上。お客様の屋根を点検してみると、瓦が割れていたり、スレート(カラーベスト・コロニアル)が割れているということがよ...続きを読む
落ち葉除けネットや雪止め、屋根の冬への備えは大丈夫?
10月4週、10月5週、2週連続続いた台風が過ぎ去ったと思ったら、木枯らし1号が観測されるという何とも慌しい季節の移り変わりです。木枯らし1号と聞くと冬が始まったと感じられるのではないでしょうか。貴方...続きを読む
カラーベスト・コロニアル・スレート、どの呼び方が正しいの?
「私の家の屋根って、何と呼べばよいのかしら…」、街の屋根やさんにはよくこういったご質問が寄せられます。また、「業者は『スレート』と言っていたけど、新築時に保管しておいた図面や仕様書を見ると『カラーベス...続きを読む
台風22号発生、週末は2週連続で台風襲来
日本時間10月24日午後3時、日本の遥か南の海上にあった熱帯低気圧が発達し、台風22号が発生しました。台風と言えば、21号がつい昨日、去っていったばかりです。街の屋根やさんでは現在、台風の影響でお家に...続きを読む
台風21号対策、覚えておきたい土嚢の使い方・作り方
季節はずれの台風とでも言えばいいのでしょうか。台風21号が日本に近付いています。もし、本州に上陸すれば記録上、3番目に遅い台風となります。日本列島を縦断するという予報も出ており、充分な警戒と準備が必要...続きを読む
雨樋の不具合はお家全体に悪影響を及ぼします
「それほどでもないけども、雨樋から水が雫となって垂れてきている」、「雨が止んでから数時間、経ったのに雨樋の裏側が濡れたままで乾かない」、貴方のお家でこんな光景を見たことは無いでしょうか。『雫となって垂...続きを読む
絶対に覚えておきたい「正しい梯子の使い方」
戸建て住宅にお住まいの方、お庭にちょっと高い木がある方で梯子を所有しているという方も多いと思います。日常的には使用しないけど、高い木の枝を切ったり、ちょっと高い所の様子を見たりと年に数回程度、使用され...続きを読む
寿命が長いカラーベストをお探しの方へ、耐用年数30年「グラッサ」
「色が豊富」、「屋根材が薄くて軽快な感じいい」、「洋風のお家に合う」… 現在のお家の屋根の主流となっているカラーベスト(スレート・コロニアル)。屋根業者や建築関連の方はよく「価格が安いから普及した」と...続きを読む
酸性雨の屋根やお家への影響って深刻?
一時期、大きな社会問題として取り上げられて酸性雨。文化財が傷んでしまったり、銅像などが溶けてしまったりといろいろと問題になりましたが、最近はあまり話題に上りません。しかし、そういったことがあったのは事...続きを読む
屋根の色選びでお悩みの方へ
屋根塗装では屋根の色を自由に変えられます。また、屋根葺き替えや屋根カバーでも屋根材を選ぶことによって色を選べます。屋根がほとんど見えないという方はあまり気にならないかもしれませんが、屋根がよく見えると...続きを読む
昔のお家は軒先が長いのに今はどうして短いの?
神社や仏閣に限らず、古い家って軒先が長いことが多いですよね。「あれだけ長ければ、強い雨の時でも窓が開けれて便利そう」、「洗濯物を干している時に雨が降ってきても安心」と考えたことはないでしょうか。事実、...続きを読む
知っておくべき過去に起きた台風災害「岩内大火」
過去の災害から教訓を学ぶというのは非常に意味があることです。台風の影響で街が大火に包まれたといったら信じられるでしょうか。台風というと多くの方は豪雨と強風をイメージすると思います。ところが雨の前線がま...続きを読む
ソーラーパネルの重さってどれくらい?
再生可能エネルギーの買取が決定した時、私の家にもさかんに太陽光の訪問販売業者がやってきました。リフォームとは業種が異なりますが、やはり訪問販売業者はかなりいい加減です。「このお住まいなら屋根に3つぐら...続きを読む
台風18号に秋雨前線、週末にご注意を
来ると厄介、来なくても厄介という気象現象の一つが台風です。やってくるとお家をはじめとしたさまざまなものが暴風雨の被害を受けます。やってこないと確実に水不足になります。ほどほどの大きさで来てくれればいい...続きを読む
屋根工事の訪問販売の嘘にご注意ください
目を付けられているのか、たまたまなのか、私の家にはリフォームの訪問販売業者が年に数回やってきます。その中でも多いのが屋根リフォームと外壁塗装です。さすがに外壁はその場ですぐに確認できるため、あからさま...続きを読む
ベランダとバルコニー、どこが違うの?
お家の中でほぼ同じ場所にあり、ほとんど同じ機能を持っているのがベランダとバルコニーです。ベランダとバルコニーの違いとして挙げられるのが、屋根の有無です。ベランダは屋根有り、バルコニーは屋根無しが標準的...続きを読む
その場しのぎの屋根工事は結局、損をします
屋根というものは全く見えないというお家から少しだけ見えるお家がほとんどで、全体を隈なく見渡せるという方はかなり少ないと思います。年月を経て、だんだんと劣化と老朽化が進行しているのに見えないために気付く...続きを読む
9月1日は防災の日、お家の防災体制を見直してみませんか
9月1日は関東大震災が起こった日です。1923年(大正12年)に発生した大地震は神奈川県と東京を中心に隣接する静岡県や茨城県・千葉県まで甚大な被害を及ぼしました。最初の揺れは11時58分32秒頃に発生...続きを読む
台風や晩秋の落葉に落ち葉除けネットはいかがですか
季節を先取りというわけではないのですが、そろそろ台風の本格シーズンです。台風などの大風が吹いた後は街中に樹木の枝や葉が散らばっていることがあります。また、晩秋ともなれば紅葉も終わり、風景を美しく彩った...続きを読む
雨樋を交換するなら雨水タンクの設置はいかがですか
お家の屋根に降った雨は屋根の表面を伝って雨樋に流れ込み、やがては下水へと排出されます。この雨水、飲み水としては利用するのは難しいもののお庭の植物などの水撒きには充分使えますよね。雨樋を交換するのなら、...続きを読む
冷房が苦手という方へ、遮熱塗料はいかがですか
冷房が苦手という方、結構、おられるのではないでしょうか。そういった方のほとんどは「エアコンをつけないと過ごせない暑さだけど、冷房が効いた部屋にいると体調が悪くなる…」というお悩みをお持ちです。こういっ...続きを読む
改めて確認しておきたい瓦の定義
瓦というと皆様は何を思い浮かべるでしょうか。本来であれば、釉薬(陶器)瓦やいぶし瓦、素焼き瓦であるはずです。ところが、スレート(コロニアル・カラーベスト)もスレート瓦と呼ばれますし、金属屋根材も金属瓦...続きを読む
耐震基準と地震の話~お家は地震の度に強くなってきた
世界でも有数の地震国である日本。日本では震災が起こるたびに都市計画が見直されたり、耐震基準が改められてきました。今回は地震と耐震基準の関係について話を進めたいと思います。まずは今でもその震災時の遺物が...続きを読む
1981年6月以前・以降、耐震基準について知っておこう
お家の地震に対する強さを測るものとして耐震基準があります。1つの目安となるのが新耐震基準でこれは1981年6月以降に建築確認されたお家は全てこの基準で建てられています。2016年4月に発生した熊本地震...続きを読む
屋根の「唐草」ってどこのこと?
唐草と聞くとほとんどの方が唐草模様のことを思い出すのではないでしょうか。もしくはマメ科の越年草の唐草、「ウマゴヤシ」を思い浮かべるかもしれません。以外かも知れませんが、屋根にも唐草があることをご存知で...続きを読む
雹が降ってきたら天窓はどうなる?
千葉県では台風5号の影響もほぼありませんでした。台風の影響による雨で荒川水系ダムの取水制限も一時的ではありますが、解除されました。2017年7月18日、東京で雹が降ったことはさまざまなところで報道され...続きを読む
8月8日は「屋根の日」、たまには屋根の点検を
8月8日、漢数字で記載すると八月八日。この「八」という漢数字、何かの形に似ているとは思いませんか。そう、屋根の形です。切り妻屋根の破風ある面を正面から眺めた場合、八に似ていますよね。日本記念日協会から...続きを読む



■お住まいの屋根工事ここがポイント

■点検・お見積り・ご相談無料!

ご不明点やご相談など屋根のことなら何でもお問い合わせください。


点検・お見積り・ご相談無料!お気軽にお問い合わせください!