屋根リフォームブログ

雨樋の不具合はお家全体に悪影響を及ぼします
「それほどでもないけども、雨樋から水が雫となって垂れてきている」、「雨が止んでから数時間、経ったのに雨樋の裏側が濡れたままで乾かない」、貴方のお家でこんな光景を見たことは無いでしょうか。『雫となって垂...続きを読む
絶対に覚えておきたい「正しい梯子の使い方」
戸建て住宅にお住まいの方、お庭にちょっと高い木がある方で梯子を所有しているという方も多いと思います。日常的には使用しないけど、高い木の枝を切ったり、ちょっと高い所の様子を見たりと年に数回程度、使用され...続きを読む
寿命が長いカラーベストをお探しの方へ、耐用年数30年「グラッサ」
「色が豊富」、「屋根材が薄くて軽快な感じいい」、「洋風のお家に合う」… 現在のお家の屋根の主流となっているカラーベスト(スレート・コロニアル)。屋根業者や建築関連の方はよく「価格が安いから普及した」と...続きを読む
酸性雨の屋根やお家への影響って深刻?
一時期、大きな社会問題として取り上げられて酸性雨。文化財が傷んでしまったり、銅像などが溶けてしまったりといろいろと問題になりましたが、最近はあまり話題に上りません。しかし、そういったことがあったのは事...続きを読む
屋根の色選びでお悩みの方へ
屋根塗装では屋根の色を自由に変えられます。また、屋根葺き替えや屋根カバーでも屋根材を選ぶことによって色を選べます。屋根がほとんど見えないという方はあまり気にならないかもしれませんが、屋根がよく見えると...続きを読む
昔のお家は軒先が長いのに今はどうして短いの?
神社や仏閣に限らず、古い家って軒先が長いことが多いですよね。「あれだけ長ければ、強い雨の時でも窓が開けれて便利そう」、「洗濯物を干している時に雨が降ってきても安心」と考えたことはないでしょうか。事実、...続きを読む
知っておくべき過去に起きた台風災害「岩内大火」
過去の災害から教訓を学ぶというのは非常に意味があることです。台風の影響で街が大火に包まれたといったら信じられるでしょうか。台風というと多くの方は豪雨と強風をイメージすると思います。ところが雨の前線がま...続きを読む
ソーラーパネルの重さってどれくらい?
再生可能エネルギーの買取が決定した時、私の家にもさかんに太陽光の訪問販売業者がやってきました。リフォームとは業種が異なりますが、やはり訪問販売業者はかなりいい加減です。「このお住まいなら屋根に3つぐら...続きを読む
台風18号に秋雨前線、週末にご注意を
来ると厄介、来なくても厄介という気象現象の一つが台風です。やってくるとお家をはじめとしたさまざまなものが暴風雨の被害を受けます。やってこないと確実に水不足になります。ほどほどの大きさで来てくれればいい...続きを読む
屋根工事の訪問販売の嘘にご注意ください
目を付けられているのか、たまたまなのか、私の家にはリフォームの訪問販売業者が年に数回やってきます。その中でも多いのが屋根リフォームと外壁塗装です。さすがに外壁はその場ですぐに確認できるため、あからさま...続きを読む
ベランダとバルコニー、どこが違うの?
お家の中でほぼ同じ場所にあり、ほとんど同じ機能を持っているのがベランダとバルコニーです。ベランダとバルコニーの違いとして挙げられるのが、屋根の有無です。ベランダは屋根有り、バルコニーは屋根無しが標準的...続きを読む
その場しのぎの屋根工事は結局、損をします
屋根というものは全く見えないというお家から少しだけ見えるお家がほとんどで、全体を隈なく見渡せるという方はかなり少ないと思います。年月を経て、だんだんと劣化と老朽化が進行しているのに見えないために気付く...続きを読む
9月1日は防災の日、お家の防災体制を見直してみませんか
9月1日は関東大震災が起こった日です。1923年(大正12年)に発生した大地震は神奈川県と東京を中心に隣接する静岡県や茨城県・千葉県まで甚大な被害を及ぼしました。最初の揺れは11時58分32秒頃に発生...続きを読む
台風や晩秋の落葉に落ち葉除けネットはいかがですか
季節を先取りというわけではないのですが、そろそろ台風の本格シーズンです。台風などの大風が吹いた後は街中に樹木の枝や葉が散らばっていることがあります。また、晩秋ともなれば紅葉も終わり、風景を美しく彩った...続きを読む
雨樋を交換するなら雨水タンクの設置はいかがですか
お家の屋根に降った雨は屋根の表面を伝って雨樋に流れ込み、やがては下水へと排出されます。この雨水、飲み水としては利用するのは難しいもののお庭の植物などの水撒きには充分使えますよね。雨樋を交換するのなら、...続きを読む
冷房が苦手という方へ、遮熱塗料はいかがですか
冷房が苦手という方、結構、おられるのではないでしょうか。そういった方のほとんどは「エアコンをつけないと過ごせない暑さだけど、冷房が効いた部屋にいると体調が悪くなる…」というお悩みをお持ちです。こういっ...続きを読む
改めて確認しておきたい瓦の定義
瓦というと皆様は何を思い浮かべるでしょうか。本来であれば、釉薬(陶器)瓦やいぶし瓦、素焼き瓦であるはずです。ところが、スレート(コロニアル・カラーベスト)もスレート瓦と呼ばれますし、金属屋根材も金属瓦...続きを読む
耐震基準と地震の話~お家は地震の度に強くなってきた
世界でも有数の地震国である日本。日本では震災が起こるたびに都市計画が見直されたり、耐震基準が改められてきました。今回は地震と耐震基準の関係について話を進めたいと思います。まずは今でもその震災時の遺物が...続きを読む
1981年6月以前・以降、耐震基準について知っておこう
お家の地震に対する強さを測るものとして耐震基準があります。1つの目安となるのが新耐震基準でこれは1981年6月以降に建築確認されたお家は全てこの基準で建てられています。2016年4月に発生した熊本地震...続きを読む
屋根の「唐草」ってどこのこと?
唐草と聞くとほとんどの方が唐草模様のことを思い出すのではないでしょうか。もしくはマメ科の越年草の唐草、「ウマゴヤシ」を思い浮かべるかもしれません。以外かも知れませんが、屋根にも唐草があることをご存知で...続きを読む
雹が降ってきたら天窓はどうなる?
千葉県では台風5号の影響もほぼありませんでした。台風の影響による雨で荒川水系ダムの取水制限も一時的ではありますが、解除されました。2017年7月18日、東京で雹が降ったことはさまざまなところで報道され...続きを読む
8月8日は「屋根の日」、たまには屋根の点検を
8月8日、漢数字で記載すると八月八日。この「八」という漢数字、何かの形に似ているとは思いませんか。そう、屋根の形です。切り妻屋根の破風ある面を正面から眺めた場合、八に似ていますよね。日本記念日協会から...続きを読む
台風接近前・接近中にやってはいけない3つのこと
台風5号が日本に接近しています。関東にも8~9日にかけてやってくると予想されています。強い台風ですから、充分に警戒が必要でしょう。台風の上陸に伴い、必ず発生する事故があります。「屋根にのぼって転落して...続きを読む
棟板金の耐用年数はどれくらい?
非常に強い台風第5号が日本に接近しており、週半ばからその影響を受けるのではないかと言われています。台風通過後、街の屋根やさんで最も多いお問い合わせが棟板金についてです。「屋根の一番上にある金属が飛んで...続きを読む
暑い屋根の上からの助言「熱中症にご注意ください」
毎日、暑い日が続きます。この暑い中、私達は毎日のように屋根に上っています。屋根の上は風通しは良いのですが、とても暑いのです。屋根の表面温度が70℃を超えることなんてざらです。私達がしたいのは苦労の自慢...続きを読む
助成金を使ってお得に屋根リフォームする方法
屋根リフォームに限らず、リフォームはいずれも高額です。できるだけ、安く済ませたいと思うのは当然ですよね。相見積りで、できるだけ安い業者を探すというのもよいのですが、自治体の助成金を活用してみてはいかが...続きを読む
台風シーズン前にやっておきたい屋根メンテナンス「棟板金交換」
数日前に梅雨明けが発表されたと思ったら、今度は海上に台風が3つも発生している状態になりました。現在、台風5号、台風6号、台風8号が発生しています。幸いにも日本への影響はなさそうということで安心ですが、...続きを読む
屋根カバー工法以外にもリフォームにはさまざまなカバー工法があった
思い込みとは恐ろしいものです。カバー工法というと一般的には屋根カバー工法を指すものだと思っていたのですが、世の中にはさまざまなカバー工法がありました。リフォーム業界でカバー工法と同じ外装分野でもさまざ...続きを読む
訪問販売の悪徳業者が遮熱塗料による屋根塗装を勧めてきた
暑い日が続いています。この暑さを利用して訪問販売しているリフォーム業者がいるというから驚きです。昨年、残暑が厳しい中、お客様からご相談を受けた暑さを理由に飛び込みで訪問販売しているリフォーム業者の例を...続きを読む
ラジカル制御の屋根用遮熱塗料「パーフェクトクーラーベスト」
暑い夏を快適に過ごすために屋根にできる工夫と言えば、換気棟の設置の他、遮熱塗料による屋根塗装です。室内の温度を約3℃低下させますから、お部屋が暑くて困っているという方にお勧めです。遮熱塗料というと塗料...続きを読む
屋根塗装用ラジカル制御塗料ファインパーフェクトベスト
皆様はラジカル制御形塗料というものをご存知でしょうか。近年、外壁塗装で人気のある塗料で、紫外線による塗膜の劣化を防ぐ機能を持っています。紫外線と言えば、あらゆるものを劣化させ、風化させていくという困っ...続きを読む
雨樋からの水漏れを放置してはいけません|千葉県
雨の日にいつもより雨音が大きく感じられ、外に出て確認してみると、雨樋から水が溢れていた… 梅雨の時期はお客様からこのようなご相談をよく受けます。「幸いにもジャブジャブ溢れているわけではないし、お家に影...続きを読む
屋根の表面温度は屋根材による差はほとんどなかった
私達、屋根やさんにとって今年も過酷な季節がやってきました。屋根の上って風通しはいいのですが、照り返しというか屋根からの輻射熱がとにかく暑いのです。条件によっては80℃以上にもなると言われており、体感的...続きを読む
台風通過後のお家の点検は暑さに要注意
今年、西日本から東日本にかけて今年初の台風が上陸するとあって、各地で警戒態勢が続いています。今回の台風3号は幸いにも規模が小さく、通過速度が速いため、大雨以外の被害は少なそうです。台風というと、危険な...続きを読む
勾配天井、吹き抜けのあるお家は暑さに注意
梅雨明けはまだですが、7月となり暑さも厳しくなってきました。「瓦屋根のお住まいは涼しい」、「金属屋根の建物は暑い」とよく言われますが、お部屋の温度は屋根材のだけでなく、その下の造りによっても左右される...続きを読む



■お住まいの屋根工事ここがポイント

■点検・お見積り・ご相談無料!

ご不明点やご相談など屋根のことなら何でもお問い合わせください。


点検・お見積り・ご相談無料!お気軽にお問い合わせください!