台風対策、雨漏りなどは街の屋根やさんへ

棟板金工事|街の屋根やさん千葉

棟板金
工事の
ご案内

板金工事

  家屋で板金(ばんきん)というと、主にスレート(カラーベスト・コロニアル)系の屋根を留めている金属部分のことを指します。 右下の図をご覧になれば分かるように、屋根と屋根の面が合わさる山状の接合部分、ここを覆い、保護し、なおかつ屋根材を固定している金属部分が板金です

屋根葺き替えのGifアニメ

千葉 棟板金交換工事 施工前

千葉 棟板金交換工事 施工後

 この屋根と屋根の面が合わさる山状の接合部分を『棟(むね)』と呼び、屋根の形状にもよりますが頂上にあるものを『大棟』、その端から四隅へ対角線上に伸びているものを『隅棟』と呼びます。
棟と板金が合わさって、「棟板金」と言われたりもします。
 棟は屋根の頂上部分(大棟)や四隅(隅棟)にあるため、風の影響を受けやすく、強風の被害に遭いやすい部分です。
屋根の上という確認しづらい場所にあるため、浮き上がってしまったり、飛んでいってしまったりしても気付かないことが多く、いつの間にか雨漏りしていたなんてこともあるのです。

棟板金の劣化・自然災害の被害の様子
千葉 棟板金の被害 棟板金のめくれ 千葉 棟板金の被害 棟板金の浮き 千葉 棟板金の被害 棟板金の飛散 千葉 棟板金の被害 棟板金の劣化
板金が浮いてしまったり、飛んでしまったりすることで、その下にある貫板がむき出しになってしまいます。
雨水などが屋根の仲、家全体に入り込んでしまい、雨漏りを起こす原因となります。
屋根工事・屋根リフォーム専門店
建設業許可票 建設業許可弊社は信頼の証である建設業許可を取得!
安心のリフォーム瑕疵保険登録事業者です
リフォーム瑕疵保険 リフォーム瑕疵保険JIO株式会社日本住宅保証検査機構

屋根工事・屋根リフォーム専門店

弊社は信頼の証である建設業許可を取得!
安心のリフォーム瑕疵保険登録事業者です

建設業許可票建設業許可
街の屋根やさん(株式会社シェアテック)
千葉県知事建設業許可(般-24)第48193号
リフォーム瑕疵保険リフォーム瑕疵保険
JIO
株式会社日本住宅保証検査機構

定期的な点検をしてあげましょう

 「風が吹くと、屋根から変な音が聞こえるようになった」などの心配事、「キチンと点検してもらって安心したい」などの要望はございませんか。
弊社では無料で点検・調査を承っております。
お気軽にご相談下さい。

工事するなら以前より強く、安心できる素材で

 板金が浮いたり、飛んで行ってしまう原因の多くは固定している貫板(芯木とも呼ばれる部分、板金を留めるための木材)や釘の劣化です。劣化するとどうしても固定する力が弱くなり、風に負けてしまうのです。
 最近の貫板には木製だけでなく、プラスチック樹脂製(商品名:タフモック ケイミュー社)もあります。弊社ではお客様のお住まいの状況に合わせて、最適なものをご提案しております。

千葉 木製貫板

木製の貫板

プラスチック樹脂製
と比べると
劣化しやすい

千葉 プラスチック樹脂製貫板

プラスチック樹脂製の貫板

木製と比べると
水分を吸収しないので
劣化しにくい

千葉 釘が浮いた棟板金は音がする

 プラスチック樹脂製の貫板は水分を吸収しませんので、木材よりも劣化しにくいのが特長です。板金を固定するのにも釘ではなく、SUSビス(ステンレス製のネジ)を使用します。
やはり、これもサビなどの劣化に強いからです。これらによって、風に強い板金とお住まいの安心を手に入れることができます。

千葉 板金固定ビス SUSビス
錆などの劣化に強い
SUSビス
(ステンレス製のネジ)

工事内容と流れ

01.

既存の棟板金・貫板の撤去
既存の棟板金を撤去し、清掃を行っていきます。

千葉 棟板金交換工事 既存棟板金撤去 千葉 棟板金交換工事 既存貫板撤去

 強風で浮き上がり、変形してしまった板金と劣化した貫板を外していきます。
釘で固定されているため、釘を抜いて撤去していきます。

02.

屋根材・防水紙の確認
既存の棟板金を撤去後、屋根材・防水紙のチェックを行います。

千葉 棟板金交換工事 既存棟解体後 千葉 棟板金交換工事 屋根材固定釘の浮き

 雨水が侵入した跡がないかをチェックし、溜まっていたゴミや埃も清掃します。
釘が浮いていた場合は固定しなおします。

03.

下地の補修と調整
劣化(穴や切れ目)などが見つかった場合は補強を行います。

千葉 棟板金交換工事 下地調整 防水紙劣化 千葉 棟板金交換工事 下地調整 コーキング補修

 今回防水紙に穴が見つかりました。
幸い大きな穴ではなかったため、コーキングで穴をふさぎます。

04.

新しい貫板の設置
新しい樹脂性貫板を設置していきます。

千葉 棟板金交換工事 新規貫板設置 プラスチック樹脂製貫板 千葉 棟板金交換工事 新規貫板設置 プラスチック樹脂製貫板

 木材よりも耐久性のあるプラスチック樹脂製の貫板を使用します。
万一、雨水が浸透してきても、それによって腐食することはありません。
板金を固定しておく力が弱まりにくいので、安心です。

05.

新しい板金の設置
既存の棟板金を撤去し、清掃を行っていきます。

千葉 棟板金交換工事 新規棟板金設置 千葉 棟板金交換工事 棟板金加工

 プラスチック樹脂製の貫板の上に、新しい板金をSUSビスで固定しています。
板金はガルバリウム鋼板でサビや腐食に強い耐久性を持っています。
SUSビスは釘と違い、打ち込みではなく、ねじ込みなので、風で煽られて外れることはほとんどなくなります。
棟板金はお住まいの屋根の形状に合わせてその場で加工する場合もあります。

06.

接合部コーキング
仕上げに棟板金の接合部をコーキングし、防水処理を行います。

千葉 棟板金交換工事 棟板金接合部コーキング 千葉 棟板金交換工事 屋根材割れ コーキング補修

 接合部は防水のためにコーキング処理を行います。
また、今回は棟板金近くの屋根材にヒビがみられたため、サービスでコーキング処理を行いました。

07.

板金交換完了
棟板金交換工事のすべての工程が完了しました。

千葉 棟板金交換工事 完工後 千葉 棟板金交換工事 完工後

 これで板金交換工事の完了です。
完成後は弊社スタッフが点検・確認した後、さらにお客様と一緒に最終点検と確認を致します。
この後、足場の撤去やお住まい周辺の清掃をして、保証書をお渡ししたら、全ての工程が終了です。
以前よりも強くて耐久性のある板金になりました。安心して生活できます。
…とは言っても、定期的な点検は必要です。スタッフが定期点検にお伺いしますので、よろしくお願い致します。

屋根の棟板金交換工事をご依頼いただいた方々の声をご紹介

お客様の声アイコン 千葉県流山市で
棟板金交換工事を行った山崎様(上の施工事例です)

Customer’s
Voice!

山崎様

千葉 棟板金工事完工後 お客様の声

施工された内容棟板金交換工事

施工情報  
工事内容 棟板金交換工事
工期 1日
総額 お客様のご希望により非公開
数ある業者の中で私達をお選びになった理由をお教えください
お選びになった理由  対応が早いのと、親切丁寧に説明してくれたことです。  
仕上りはいかがでしたか?
仕上りの満足度  良かったです。
担当営業に一言お願いします
担当営業に一言  アンテナの撤去はいつ頃でしょうか?
担当営業者より
「6月1日、1ヶ月点検時に対応させて頂きました。
10月に再度定期点検にお伺い致します。」
弊社へのご要望等御座いましたらご記入ください。
>弊社へのご要望等 ※記載無し

お客様の声アイコン 千葉県内で
棟板金交換工事を行ったS様

数ある業者の中で私達をお選びになった理由をお教えください
お選びになった理由  ホームページを見て利用者の声を見て。  
仕上りはいかがでしたか?
仕上りの満足度  写真で確認した結果、きちんとやっていただいたようです。
担当営業に一言お願いします
担当営業に一言  誠実に対応していただきました。
当社へのご要望等御座いましたらご記入ください。
>弊社へのご要望等 ※記載無し

Customer’s
Voice!

木村様

千葉 棟板金工事完工後 お客様の声

施工された内容棟板金交換工事

施工情報  
工事内容 棟板金交換工事
工期 お客様のご希望により非公開
総額 お客様のご希望により非公開



■お住まいの屋根工事ここがポイント

■点検・お見積り・ご相談無料!

ご不明点やご相談など屋根のことなら何でもお問い合わせください。


点検・お見積り・ご相談無料!お気軽にお問い合わせください!