お住まいの台風対策はお済みですか?

6月9日までQUOカードキャンペーンを実施中
被害に遭ってからでは遅い!!台風対策はお済ですか?

  お住まいのメンテナンスをおろそかにしていると、度重なる台風に耐え切れるものではありません。被害に遭われてしまうことも多くなります。強風によって屋根材が飛ばされる、その箇所から雨水が浸入する、室内が水浸しになる、台風は様々な被害をもたらします。お住まいに不安のある方は台風シーズン到来前に街の屋根やさんの無料点検を受けてみてはいかがでしょうか。

台風のイメージ

普段の雨では大丈夫でも台風のときは違います

仕切り線

  屋根材が強風によって吹き飛ばされたり、天井から雨漏りを起こすなど、今まで気づかなかったお住まいの劣化に、台風の被害に遭われてから気づくことが多いです。また横殴りの雨風が外壁のひび割れや、軒天の隙間から浸入するなど、普段では考えられないところから台風の被害が出てしまいます。いつも大丈夫だからと安心せず、台風が来る前にお住まいのメンテナンスをしてあげましょう。
お住まいに雨が降るイラスト

お住まいのチェックポイント  問題が見つかった方は要注意!!

仕切り線

  • check漆喰

    棟瓦を支える漆喰が劣化していると、瓦を固定する力が弱くなってしまいます。

    漆喰の写真
  • check棟板金

    棟板金が浮いてると、屋根材との隙間に強風が入り込み、飛散する可能性があります。

    棟板金の写真
  • checkスレートや瓦

    ひび割れやズレが起きてると、そこから雨漏りすることがあります。また、強風によって飛散する恐れもあります。

    スレート屋根の写真
  • check雨樋

    雨樋が詰まっていると、排水がうまくいかず、普段とは違う経路で雨水が浸入し雨漏りを起こすことがあります。

    雨樋の写真
  • check軒天

    台風の吹き上げる雨風が軒天などの隙間から入り込んでしまいます。

    軒天の写真
  • check外壁

    横殴りの雨が外壁のクラックやコーキングのひび割れに浸入して、雨漏りに発展することがあります。

    外壁の写真

お住まいは、長年雨風にさらされダメージが蓄積しています。
台風が来る前にお住まいの状態をしっかり確認しておきましょう。

台風接近中に屋根には絶対に上らないでください!!
  台風に備えて、メンテナンスが必要だからといって、ご自身で屋根に上るのは非常に危険です。勾配がきつくて足を踏み外したり、苔で足を滑らすなどの恐れがあります。特に台風接近中では、いつ突風が吹いてもおかしくありません。実際に、台風のときに屋根から落ちる事故は起きています。危険な目に遭われる前に、屋根専門家のプロにお任せください。
複数の屋根写真

台風前にお住まいのメンテナンスをして、台風に備えましょう

仕切り線

屋根アイコン

スレートや瓦のズレや浮き
スレートがズレたり浮いている場合は適切な位置に戻します。破損したものやひび割れのあるものは新しいのに取り替えます。

ズレた屋根 コーキング

ズレているスレートを1度外し、そこにコーキングを詰め込みます。

ズレ 補修 スレート

外しておいたスレートを元の位置に戻します。コーキングにしっかり密着させ固定します。

屋根アイコン

棟板金の浮き
釘が浮いているため板金を固定する力が弱まっています。棟板金や中の貫板の劣化がひどいときは、新しいものに交換する必要があります。

棟板金 浮き

棟板金が強風によってめくれあがっています。

新しい 棟板金 交換

新しい貫板と棟板金を取り付け、ビスでしっかり固定します。こちらのお住まいでは、塗装のご依頼もいただきました。

詳しくはこちらから

屋根アイコン

漆喰の剥がれ
漆喰が劣化した箇所を撤去し、新しい漆喰を詰め直します。瓦にズレがある場合は修正し、銅線を結び直してしっかり固定させます。

漆喰 剥がれ

棟瓦を支えている漆喰が剥がれて、中の土がむき出しの状態になっています。劣化した漆喰を全て取り除きます。

漆喰 棟瓦取り直し 工事

新しい漆喰を詰め直します。銅線も結び直し棟瓦をしっかり固定します。漆喰の状態によっては、棟瓦を1度外して、全て新しい漆喰に取り変える、棟瓦取り直し工事もあります。

詳しくはこちらから

屋根アイコン

外壁のクラック(ひび割れ)
クラックを放置すると、溝が広がり、そこから雨が外壁の中に浸入し、雨漏りに発展します。シーリングを充填して、ひび割れの溝を埋めます。

外壁 クラック

外壁のひび割れた部分を削り、コーキングを詰めるための隙間を作ります。

外壁 コーキング クラック 補修

ひび割れた部分にコーキング詰め込み、隙間を埋めます。この後に外壁塗装をすれば違和感無く仕上がります。

屋根アイコン

コーキングのひび割れ
ひび割れを起こしたコーキング全てを取り外します。そこに新しいコーキングを詰め直します。

コーキング 劣化 ひび割れ

古くなって、ひび割れしているコーキングを全て取り外します。

コーキング 詰め直し

新しいコーキングを詰め直していきます。はみ出たコーキングをヘラで均一に整えきれいに仕上げます。

お住まいだけでなく、周りにも気をつけましょう

仕切り線

植木鉢 プランター

◈植木鉢やプランターなど

  強風によって飛ばされた植木鉢やプランターがお住まいにぶつかり、外壁に穴があいたりひび割れを起こす可能性があります。強風で飛ばされぬよう、紐で固定するか、お住まいの中に入れるなどの対策をしてください。

◈すだれ

  飛散物を窓にぶつかるのを防ぐこともありますが、すだれ自体が吹き飛んでしまっては意味がありません。雨戸を閉めたほうが効果的です。垂らしてあるすだれを畳んで外しておくか、紐で固定してください。

すだれ
カーポート

◈カーポート

  カーポートの屋根は薄くて面積が広いため風の影響を受けやすく、飛散する被害も多いです。 ネジが緩んで、屋根を固定する力が弱くなってないか、しっかり確認してください。

◈ペットやペット小屋

  台風が恐いのは人間だけではありません。ペットも台風時に外にいると危険です。お住まいの中や、丈夫な建物に入れてください。またペット小屋も風で吹き飛ばされる恐れがあるので、紐で固定するなどの対策をしてください。

ペット 犬小屋
物置

◈物置

  重量のある物置ですが、面積が大きいため、風の影響を受けやすいです。しっかりと地面に固定させ、扉が開かないように補強するなどの対策をしてください。

台風の脅威!!  お住まいに起きた被害の様子

仕切り線

スレートや瓦の割れや欠け
スレートや瓦の割れや欠け
台風の強風で飛ばされてきた飛来物が、スレートや瓦にぶつかり、破損してしまうことがあります。
スレートや瓦の飛散
スレートや瓦の飛散
スレートや瓦がズレていると、浮いた隙間に強風が入り込み、飛散する可能性があります。
棟板金の変形や飛散
棟板金の変形や飛散
棟板金が浮いていると、スレートとの間に隙間まができてしまいます。そこから強風が入り込み、吹き飛ばされる可能性があります。
漆喰の剥がれ
漆喰の剥がれ
棟瓦を支えている漆喰が劣化していると、強風にあおられ剥がされてしまいます。
外壁からの雨漏り
外壁からの雨漏り
上から降る普段の雨と違い、横殴りの雨が外壁のクラックやコーキングのひび割れから浸入し、雨漏りを起こしてしまいます。
漆喰の剥がれ
軒天の破損
軒天が老朽化していると、通常の雨風では大丈夫でも、台風の強風に耐え切れず、破損するケースもあります。
室内の雨漏り
室内の雨漏り
台風のときでは通常とは違う経路から雨が浸入する場合があります。台風時に突然雨漏りを起こすことがあります。
雨樋が破損
雨樋の破損
雨樋が強風によって飛散しています。雨樋を止める金具が老朽化していると、固定する力が弱まり、飛散しやすいのでご注意ください。

台風で特に多いのは棟板金の飛散と変形です

仕切り線

劣化 棟板金 釘 錆
棟板金 飛散 貫板
  高所にある屋根は、遮るものが少ないため風の影響を受けやすいです。吹き付ける強風が屋根の勾配を上り、その角や頂上に風が集まります。そこにある棟板金は想像以上の風圧を受けています。棟板金の中の貫板が腐食していると、棟板金を固定する力が弱まり、吹き飛ばされてしまいます。強風の中を飛び回る棟板金がもたらす被害を考えただけで、とても恐ろしいです。
棟板金のお取り替えをご検討中の方は、以前より強く、安心できる素材に交換がおすすめです。»詳しくはこちらから プラスチック貫板 錆に強いステンレスビス

お住まいだけでなく、周りにも気をつけましょう

仕切り線

火災保険の内容をご確認ください!!
  火災保険は、その名の通り火災で遭われた被害にしか、適用できないと思われがちです。しかし、ご契約された内容によっては、自然災害でも、火災保険が適用されることがあります。ご契約された内容や条件によって保障は異なりますが、台風の被害を受けてしまった方、これから加入しようという方、保障内容をしっかり確認することをお勧めします。ご不明な点がございましたら街の屋根やさんにご相談ください。
火災保険 台風 適用

台風通過後に起こる様々な危険

仕切り線

ケース01台風被害便乗の悪徳業者にご注意!!
  台風が通り過ぎた後を狙う悪質な業者もいます。これまでにも高額な工事を勧める、悪質業者にだまされたという方のご相談を沢山受けてきました。全てのケースが悪質とは限りませんが、突然の訪問営業や業者選びには十分に気をつけましょう。特に高齢者の一人暮らしは悪質業者に狙われやすいです。もしも、少しでも不安があるときは、街の屋根やさんにご相談ください。
台風被害を狙う、悪質業者の手口
①台風被害とは関係ない、不要な工事を勧める。
②非営利団体を装い「ボランティアで点検いたします」と近づいてくる。
③特に問題なくても「お住まいに問題があります」と飛び込みで営業が来る。
④説明も十分にせず、とにかく契約を急がせる。
⑤災害後、頼んでも無いのに、お宅に訪問し、雨よけのブルーシートをかけ、工事を断ると高額請求する。
⑥「補助金」・「保険金」が使えるから無料と言っておきながら、最終的には高額を請求する。
飛び込み 営業 無料 点検 悪質業者
被害に遭わないためにはどうすれば?
①すぐに契約を結ばず、複数の会社でお見積もりを比較する。
②家族や知人に相談する。
③点検・お見積もり・契約内容をよく確認する。
④クーリング・オフが適用されるか確認する。
⑤不審な営業や電話がかかってきたら消費者センターなどに相談する。
悪質業者 断る 比較 
ケース02台風被害による近隣とのトラブル
  台風によって飛ばされたスレートや瓦が、近隣の車やお住まいに傷をつけてしまうことがあります。また、歩いていた人に大怪我させてしまうことがあります。状況によっては取り返しのつかないこともありえます。そうなっては、ご自身が苦労されることはもちろん、近隣の方との仲も悪くなりかねません。多くの車や人通る道に面しているお住まいでは、それだけ危険も高くなります。台風によって悲惨な二次被害がでる前に、今一度お住まいの状況を確認しておきましょう。
近隣 トラブル 飛散 棟板金
台風通過後 屋根 上 危険
ケース03台風通過後でも屋根の上は危険!!
  台風が通り過ぎた後に、屋根の状況が気になっても、すぐには上らないでください。雨で濡れた屋根は予想以上に滑ります。また、台風通過後では風がやんだかのように思えても、強い突風が吹く可能性があり非常に危険です。台風の進路によっては、通過後でも強風がやまないことがあります。もしも、台風通過中に異様な音が聞こえたり、通過後に不安を感じられた場合は、街の屋根やさんにご相談ください。



■お住まいの屋根工事ここがポイント

■点検・お見積り・ご相談無料!

ご不明点やご相談など屋根のことなら何でもお問い合わせください。


点検・お見積り・ご相談無料!お気軽にお問い合わせください!