防水性の低くなった屋根は危険!屋根塗装で防水性を回復

千葉の『街の屋根やさん』は千葉 市原 袖ヶ浦 木更津 君津を中心に 千葉県全域で屋根工事や屋根リフォーム、軽微な屋根の修理、屋根の塗り替え(屋根塗装)、古くなった屋根の葺き替え工事(屋根葺き替え)をおこなっています。

あなたの街の屋根工事 屋根塗装 屋根リフォーム 屋根のトラブルおまかせ下さい!

千葉県全域 あなたの街の屋根工事 屋根塗装 屋根リフォーム あなたの大切なお住まい、定期的にメンテナンスしてあげていますか? 高品質なサービスを、よりリーズナブルに「お客様にとって一番のおつきあい」 私たちはそんな街の屋根やさんです

株式会社シェアテック
〒292-0804 千葉県木更津市文京5-11-16 ST×BASE
TEL :0120-989-936 FAX :0438-38-3310
E-mail : info@sharetech.co.jp

お客様のインタビュー動画

屋根葺き替え工事をご依頼いただいた長生郡白子町のお客様より、竣工後の感想を伺いました。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん千葉 施工事例
街の屋根やさん千葉 お客様に聞いた「街の屋根やさんを選んだ理由」
2021年01月27 日更新 本日の現場ブログ
屋根工事のご依頼・ご相談が初めての方へ
オンラインにて屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
雨漏りにお困りの方、お任せ下さい
屋根を軽くして耐震対策 地震に強い屋根
屋根の台風対策 強風と豪雨にご注意を!
散水検査
お客様の声その壱 お客様の声その弐 お客様の声その参
お客様の声の動画ページに移動
お客様の声を動画でご紹介
Company Profile
街の屋根やさんのご紹介
街の屋根やさんとは?
街の屋根やさんが選ばれる6つの理由
街の屋根やさん10のルール
街の屋根やさん、専門スタッフのご紹介
不安ゼロ宣言
マイスター制度
充実の長期保証
The kind of roofing work
屋根工事の種類
葺き替え工事のご案内葺き替え工事
屋根カバー工法のご案内カバー工法
屋根・外壁塗装工事のご案内屋根・外壁
塗装工事
棟板金工事のご案内板金工事
漆喰工事のご案内漆喰工事
雨樋工事のご案内雨樋工事
防水工事のご案内防水工事
屋根葺き直し
瓦工事
破風・鼻隠し・ケラバの補修
不具合は雨漏りに繋がる!ケラバの修理方法をご紹介
軒天の雨染みと
剥がれは見逃し厳禁
庇の役割とメンテナンス方法
シーリングやコーキングの種類と使用法
意外と多い笠木が原因のベランダからの雨漏り
雨漏りにも強い立平葺き
雨樋の詰まりに落ち葉除けネットがお薦め
ポリカ波板屋根と防水工事でベランダをより強く
快適生活をサポートする
換気棟
屋根リフォームで夏の暑さ対策
落雪被害を防ぐ雪止め設置
タスペーサーの重要性
ウレタン防水が選ばれる理由とメンテナンス方法
シート防水が施工された屋上のメンテナンス方法
FRP防水が最強である理由
雨漏りの原因となりやすいパラペットのメンテナンス
セメント瓦・モニエル瓦
最適なメンテナンス方法
大波・小波スレートの最適なメンテナンス方法
複雑な形状の屋根の面積
係数を使って簡単算出
屋根の形
屋根の最も重要な部分
野地板のメンテナンス
工場や倉庫のメンテナンス
アパート・マンション、ビル
のメンテナンス
別荘のメンテナンス
様々な屋根の面積の求め方
天窓のお困り事・お悩み事
カーポートを自己負担なしで建て直せる条件・費用
RC造からの雨漏りを防ぐ適切なメンテナンス方法
屋根工事を必要している方、屋根のことでお悩みの方へ
お住まい、屋根のメンテナンスサイクル完全版
各種屋根工事の料金プラン屋根工事の料金について
弊社のご案内弊社のご案内
屋根の資料請求はコチラ 屋根やさん対応エリア

千葉県の市原市・袖ヶ浦市・木更津市・君津市を中心に千葉県全域が対応エリアとなっております。
その他の地域の方もお気軽にご相談下さい!

  • 一般リフォーム
  • 屋根リフォーム
  • 屋根工事
  • 屋根修理
  • 屋根塗装
  • 屋根葺き替え
  • カバー工法
  • 漆喰(しっくい)工事
  • 雨樋(あまどい)工事
  • 雨漏り修理
  • 雨漏り工事

屋根リフォームのことなら、どんなことでもご遠慮なくお問い合わせ下さい。

屋根の資料請求はコチラ 屋根やさん施工実績

 下に挙げたものは、1999年5月~2020年3月までに街の屋根やさんが直接施工した件数と地域です。小規模な屋根修理から大規模な屋根の葺き替え、一般のお住まいだけでなく大きな工場等の建築物の屋根にも幅広く対応しております。
最近の屋根工事事例やお客様の声は右側の各種メニューからご覧ください。

東葛飾エリア
市川・・195
松戸・・189
習志野・・140
流山・・94
鎌ヶ谷・・175
船橋・・340
野田・・83
柏・・94
我孫子・・80
浦安・・175

北総エリア
銚子・・72
佐倉・・143
四街道・・116
印西・・109
富里・・187
香取・・116
成田・・265
旭・・141
八街・・365
白井・・174
匝瑳・・107
印旛郡酒々井町・・91
印旛郡印旛村・・13
印旛郡本埜町・・14
印旛郡栄町・・30
香取郡神崎町・・27
香取郡多古町・・34
香取郡東庄町・・16

千葉エリア
千葉市中央区・・244
千葉市稲毛区・・170
千葉市緑区・・206
千葉市花見川区・・179
千葉市若葉区・・165
千葉市美浜区・・116
八千代市・・160
市原市・・670

九十九里エリア
茂原市・・147
勝浦市・・44
いすみ市・・100
東金市・・134
山武市・・90
山武郡大網白里町・・33
山武郡九十九里町・・67
山武郡芝山町・・24
山武郡横芝光町・・41
長生郡一宮町・・45
長生郡睦沢町・・13
長生郡長生村・・39
長生郡白子町・・48
長生郡長柄町・・21
長生郡長南町・・11
夷隅郡大多喜町・・19
夷隅郡御宿町・・17

南房総エリア
袖ケ浦・・221
木更津・・437
君津・・285
富津・・118
南房総・・63
安房郡鋸南町・・40
館山・・57
鴨川・・28

ご連絡先はこちらです ご連絡先はこちら

株式会社シェアテック
千葉県木更津市文京5-11-16 ST×BASE
TEL : 0438-38-3373
FAX : 0438-38-3310
E-mail : info@sharetech.co.jp

街の屋根やさん千葉

防水性の低くなった屋根は危険!屋根塗装で防水性を回復

防水性の低くなった屋根は危険!屋根塗装で防水性を回復

屋根塗装・外壁塗装をご検討中の片

塗り替えついでに猛暑でも暑くない、汚れにくいお住まいにしてみませんか?

 前述の通り、屋根塗装・外壁塗装の主な目的は「お住まいの耐久性を保持する」ことです。近年ではそれに「快適な室温にする」、「汚れがつきづらくする」といった機能を追加できるようになりました。

快適な室内と屋根のイメージ

断熱・遮熱・低汚染を塗装で実現できます!・一般のものよりも値段は張りますがトータルではお得!

断熱塗料・遮熱塗料
 夏の暑さと冬の寒さを軽減してくれる断熱塗料は夏の冷房と冬の暖房、二つの季節の光熱費を削減してくれます。一方、遮熱塗料は夏のエアコンの使用を控えることができます。電気の多くは化石燃料を燃やして作られているので、節電できればそれだけ二酸化炭素の削減にも繋がります。また、地球温暖化の一因とされているヒートアイランド現象も抑えることもできるので、ダブルで地球環境にも優しいと言えるでしょう。

断熱塗料、夏の暑さと冬の寒さを軽減、室内に熱をつたえない、暖気を外に逃がさない

遮熱塗料・夏の暑さを軽減、赤外線を反射、熱源の太陽光を反射、ご存じのとおり太陽光は熱に変換されます。その中でも最も熱に変換されやすいのが目に見えない赤外線です。遮熱塗料はその赤外線を効率よく反射して室温の上昇を抑えます。

 東日本大震災以来、夏場の電力不足が懸念されています。節電を心掛けるのは社会貢献にもなるわけです。家計も助かる、地球も助かる、社会も助かる、まさに一石三鳥、トリプルのオトクです。 

低汚染(耐汚染・防汚染)塗料
 汚れと水捌けの関係は前述の通りで、どちらも劣化の原因であり、スパイラル効果でそのスピードを加速させます。低汚染塗料は汚れを寄せ付けにくく、汚れても雨水で洗い流されるので、長く美観を保つことができる上、塗装面も劣化しにくいのです。使われている素材にもよっても異なりますが、塗り替えまでの期間を長くすることができます。塗り替えまでの期間を長くすることが出来るということは、これまた地球環境にも良いことです。塗料の原料も石油であり、作られる時には少なからず電力を必要とします。塗り替えまでの期間を長くし、回数を減らせれば、それだけ資源の節約に繋がるということなのです。

低汚染塗料、汚れにくく自浄作用あり、汚れにくい上に汚れてしまっても降雨で洗い流されるのは低汚染(耐汚染・防汚染)です。塗り立てのきれいが長い間持続します。

お役立ち情報、遮熱と断熱の違いとは

 似ているようで違うのが「遮熱」と「断熱」です。
 まず遮熱からご説明します。太陽光の中でも目に見えない赤外線が最も熱に変換されやすいのです。赤外線は物体に当たって吸収されると分子振動が起こり、熱に変換されます。この赤外線を吸収しなければ熱は発生しないので、効率よく反射するのが「遮熱塗料」になります。
 一方、断熱とは熱を伝わりにくくすることを指します。熱は高いところから低いところへ伝わります。この熱量の移動を最小限するのが「断熱塗料」です。保温機能のあるポットや水筒(魔法瓶)は周りに熱を伝えない、周りの熱が内部に伝わらない構造をしています(お湯の場合は熱を周りに伝えない、冷水の場合は周りの熱が伝わらないようにしている)。寒い冬に重ね着をして保温し、体温を逃がさないようにするのも断熱です。

遮熱・熱源となる赤外線を効率よく反射する 断熱高い熱の伝導をできるだけ少なくする

お役立ち情報ヒートアイランド現象とは

 昼間、日光に照らされたアスファルトやコンクリートは熱を蓄積し、夜になると放出します(前述の通り、熱は高い所から低いところへ伝わります)。そのため、アスファルトやコンクリートの多い都心では夜中になっても気温があまり下がりません。これがヒートアイランド現象です。地球温暖化や熱帯夜の原因とされています。 遮熱塗料は効率良く日光を反射するため、蓄熱を最小限に抑えられます。そのため、夜の熱の放出がほとんどなく、都心部ではヒートアイランド現象への対策の一つとして遮熱塗料が注目されています。

街並みのイメージ

車が通るイメージ

塗り替え後の我が家はどんな感じ?カラーシミュレーション

塗り替え前に、塗り替え後のイメージが分かります!

塗り替え前に、塗り替え後のイメージが分かります!

「イメージチェンジしてみたいけど、失敗したらどうしよう…」、屋根や外壁の色をこれまでのものと変える場合、期待と不安が入り混じります。そこで活躍するのがカラーシミュレーションです。色の組み合わせは自由自在。どんな色でも、どんなパターンでもシミュレーション可能です。ツートンにしてみる、1階と2階を塗り分けてみる、部分的に違う色にしてみるなど、納得のいく組み合わせを探すことができます。

カラーシミュレーション

オリジナル

オリジナル

濃青系

濃青系

グリーン系

グリーン系

イエロー&ブラウン系

イエロー&ブラウン系

カラーシミュレーション

オリジナル

オリジナル

濃青系

濃青系

グリーン系
イエロー&ブラウン系

屋根・外壁塗装ビフォアアフター01の施工例

実際にカラーシミュレーションをお試しいただいたお客様の声

実際にカラーシミュレーションをお試しいただいたお客様の声

 初めての屋根・外壁塗装で、これまでの色で塗り直すかイメージチェンジするかかなり迷っておられました。 「寒色系から暖色系へ変えて、暖かみのあるお住まいのシミュレーションも試してみたい」とのご希望から、パターンCをご提案しました。塗装工事中は大変不安なようでしたが、完成後は大変満足されたようです。お客様のご希望で、屋根は遮熱塗料、外壁は耐汚染塗料で塗っております。

カラーシミュレーション

オリジナル

オリジナル

クリーム系

クリーム系

ベランダツートンイエロー&グリーン

ベランダツートン
イエロー・グリーン系

ピンク系・これを採用

ピンク系

屋根・外壁塗装ビフォアアフター02の施工例

工事の流れ

1高圧洗浄

塗装の前に高圧洗浄を行います。

屋根の高圧洗浄

外壁の高圧洗浄

 150kgの高圧水流でお住まいを丸洗いします。高圧洗浄を行わずに塗装をすると、汚れの上に塗料が乗るので剥がれやひび割れを起こしてしまいます。そうならないように、しっかりと汚れや古くなって浮いた塗膜を洗い流す必要があります。

次へ

2縁切りと棟板金のケレン

タスペーサーを使った縁切りと、棟板金のケレンを行います。

縁切り設置

棟板金のケレン

 左写真が縁切りの様子です。ご覧のように屋根材の重なった部分にタスペーサーを挿入し、塗料で塞がないように適度な隙間を作っています。隙間がなくなると屋根材の下の通気が悪くなり、湿気を逃がせなくなります。また、毛細管現象によって水分を内部に引き込んでしまい、雨漏りの原因にもなります。右写真は棟板金のケレン(塗装をするために錆や汚れを取り除き下地を整えること)の様子です。

次へ

3下塗り

プライマーで下塗りを行います。

棟板金に下塗り

屋根にプライマーの塗布

 左写真は棟板金に錆止めを塗布している様子です。右写真はプライマーを使ってスレートに下塗りを行っています。今回は遮熱塗料のアレスクールを使用しますので、下塗りにも専用のプライマーを使います。このプライマーにも遮熱効果があり、一緒に使うことでより高い効果を得ることが出来ます。

次へ

4中塗りと上塗り

塗りを重ねて厚い塗膜を作ります。

中塗りの様子

上塗りの様子

 中塗りと上塗りにはアレスクールを使用します。左写真が中塗りで、右写真が上塗りの様子です。中塗りだけでも問題なさそうに思えますが、塗料の性能を十分に引き出すには上塗りまで行う必要があります。

次へ

5屋根塗装完了

上塗りが終われば屋根塗装は完了です。

屋根塗装完了

屋根塗装完了

 アレスクールは赤外線を反射し屋根の温度を下げてくれます。屋根の温度が下がると、室内の温度上昇も抑えることができるので、結果エアコンの使用頻度も少なくなります。ここ数年でかなり遮熱塗料が普及していますので、その効果を体感している方も多いはずです。屋根塗装によってエコな生活を始めてみてはいかがでしょうか?

次へ

6カラーシミュレーション

カラーシミュレーションを使って色選びを行いました。

イエロー

イエロー

 現在のお住まいの写真を加工し、様々な色の外壁をシミュレートします。シミュレーションであれば、選びにくい大胆な配色も試すことができます。数パターン作成し、その中から塗装する色をお選びいただけます。左写真は薄いピンクを基調にし、帯部分をブラウンにしたパターンです。右写真は帯部分のみをグレーにしたパターンです。

フィラーを塗布

フィラーを塗布

 左写真はクリームイエローの外壁に、帯部分をブランにしたパターンです。右写真は帯部分のみを深いグリーンにしたパターンです。今回はこちらのパターンでの外壁塗装をご依頼いただきました。

次へ

7下塗り

フィラーを使って下塗りを行います。

中塗りの様子

中塗りの様子

 高圧洗浄を行った後、外壁の下塗りを行います。ナノコンポジットWという耐汚染性塗料を中塗りから使用しますので、下塗りにはナノコンポジットW専用のフィラーを使います。この工程では白い塗料を使っていますが、この後にご依頼いただいた色の塗料と使いますので問題ありません。

次へ

8中塗り

ナノコンポジットWで中塗り行います。

上塗りの様子

上塗りの様子

 下塗り後、時間を置いてしっかりと乾かしてから中塗りを行います。時間はかかりますが、強く美しい塗膜を作るには手間をかけて仕上げることが大事です。白い塗料で下塗りを行った上から、ご依頼いただいたクリームイエローの塗料を塗り重ねます。

次へ

9上塗り

中塗り後、上塗りを行います。

上塗りの様子

上塗りの様子

 最後に上塗りを行って仕上げます。もちろん中塗りの塗料を十分乾かしてから、上塗りを行います。街の屋根やさんでは、この様に下塗り、中塗り、上塗りの計3回の重ね塗りによって、強い塗膜を作り上げます。

次へ

10外壁塗装完了

上塗りが終われば屋根塗装・外壁塗装は完了です。

釘穴の補修

釘穴の補修

 カラーシミュレーション通りの仕上がりにお施主様もご満悦です! 今回は耐汚染性塗料のナノコンポジットWを使用しましたので、この美しさを長期に渡って保持することができます。お住まいのイメージも変り、これからは新しい気持ちでお過ごしいただけるのではないでしょうか。

 屋根や外壁の耐久性と防水性を保つために行わなくてはならないのが塗装です。屋根と外壁は建築されたその時から日光や風雨、寒暑に晒され続けています。風で飛んでくる砂や埃に叩かれ続けています。屋根と外壁の経年による風化と劣化はどうしても避けられないものなのです。 風化と劣化によるダメージを回復し、耐久性と防水性を保持するためには塗装が必要になります。屋根や外壁を傷んだままにしておきますと雨水が浸透してしまうので、大変な被害を及ぼすことになりかねません。塗り替えはお住まいのお手入れであり、定期的なメンテナンスなのです。

屋根の下地塗装の様子

外壁塗装の様子

 もちろん、塗り替えにはお住まいの美観の保持という目的もあります。実は美観と防水性には密接な関係があり、お住まいが「何となくくすんで見える」・「薄汚れて見える」と感じた場合はほぼ間違いなく塗り替え時期です。防水性が落ちると、水捌けが悪くなるのでどうしても汚れが付着しやすくなるのです。汚れが付着した部分はさらに水捌けが悪化するので、汚れ付着スパイラルが発生します。水分は劣化のスピードを早めます。こうして、全体的に傷みが広がっていきます。 

  また、塗り替えはお住まいをイメージチェンジできるチャンスでもあります。屋根と外壁の色が変われば、お住まいのイメージも違ったものになります。「明るめからシックな感じに」、「落ち着いた雰囲気から明るく清潔感のある感じへ」などいろいろなプランがあるでしょう。弊社では塗り替え前にどんな仕上がりになるかを確認できるカラーシミュレーションも行っています。様々な配色や塗り替えパターンを試せますので、ぜひご利用下さい。

オリジナルの外壁

カラーシミュレーション黄色

カラーシミュレーションピンク

カラーシミュレーション

街の屋根やさんは千葉県以外にも東京都、神奈川県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方の地域の街の屋根さんをお選びください。


■お住まいの屋根工事ここがポイント

■点検・お見積り・ご相談無料!

ご不明点やご相談など屋根のことなら何でもお問い合わせください。


点検・お見積り・ご相談無料!お気軽にお問い合わせください!

お問い合わせ
FAX番号