破風板・鼻隠し・ケラバ、屋根の重要部分の補修方法

千葉の『街の屋根やさん』は千葉 市原 袖ヶ浦 木更津 君津を中心に 千葉県全域で屋根工事や屋根リフォーム、軽微な屋根の修理、屋根の塗り替え(屋根塗装)、古くなった屋根の葺き替え工事(屋根葺き替え)をおこなっています。

あなたの街の屋根工事 屋根塗装 屋根リフォーム 屋根のトラブルおまかせ下さい!

千葉県全域 あなたの街の屋根工事 屋根塗装 屋根リフォーム あなたの大切なお住まい、定期的にメンテナンスしてあげていますか? 高品質なサービスを、よりリーズナブルに「お客様にとって一番のおつきあい」 私たちはそんな街の屋根やさんです

株式会社シェアテック
〒292-0804 千葉県木更津市文京5-11-16 ST×BASE
TEL :0120-989-936 FAX :0438-38-3310
E-mail : info@sharetech.co.jp

お客様のインタビュー動画

屋根葺き替え工事をご依頼いただいた長生郡白子町のお客様より、竣工後の感想を伺いました。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん千葉 施工事例
街の屋根やさん千葉 お客様に聞いた「街の屋根やさんを選んだ理由」
2020年09月23 日更新 本日の現場ブログ
屋根工事のご依頼・ご相談が初めての方へ
雨漏りにお困りの方、お任せ下さい
屋根を軽くして耐震対策 地震に強い屋根
屋根の台風対策 強風と豪雨にご注意を!
散水検査
お客様の声その壱 お客様の声その弐 お客様の声その参
お客様の声の動画ページに移動
お客様の声を動画でご紹介
Company Profile
街の屋根やさんのご紹介
街の屋根やさんとは?
街の屋根やさんが選ばれる6つの理由
街の屋根やさん10のルール
街の屋根やさん、専門スタッフのご紹介
不安ゼロ宣言
マイスター制度
充実の長期保証
屋根工事を必要している方、屋根のことでお悩みの方へ
各種屋根工事の料金プラン屋根工事の料金について
弊社のご案内弊社のご案内
屋根の資料請求はコチラ 屋根やさん対応エリア

千葉県の市原市・袖ヶ浦市・木更津市・君津市を中心に千葉県全域が対応エリアとなっております。
その他の地域の方もお気軽にご相談下さい!

  • 一般リフォーム
  • 屋根リフォーム
  • 屋根工事
  • 屋根修理
  • 屋根塗装
  • 屋根葺き替え
  • カバー工法
  • 漆喰(しっくい)工事
  • 雨樋(あまどい)工事
  • 雨漏り修理
  • 雨漏り工事

屋根リフォームのことなら、どんなことでもご遠慮なくお問い合わせ下さい。

屋根の資料請求はコチラ 屋根やさん施工実績

 下に挙げたものは、1999年5月~2020年3月までに街の屋根やさんが直接施工した件数と地域です。小規模な屋根修理から大規模な屋根の葺き替え、一般のお住まいだけでなく大きな工場等の建築物の屋根にも幅広く対応しております。
最近の屋根工事事例やお客様の声は右側の各種メニューからご覧ください。

東葛飾エリア
市川・・195
松戸・・189
習志野・・140
流山・・94
鎌ヶ谷・・175
船橋・・340
野田・・83
柏・・94
我孫子・・80
浦安・・175

北総エリア
銚子・・72
佐倉・・143
四街道・・116
印西・・109
富里・・187
香取・・116
成田・・265
旭・・141
八街・・365
白井・・174
匝瑳・・107
印旛郡酒々井町・・91
印旛郡印旛村・・13
印旛郡本埜町・・14
印旛郡栄町・・30
香取郡神崎町・・27
香取郡多古町・・34
香取郡東庄町・・16

千葉エリア
千葉市中央区・・244
千葉市稲毛区・・170
千葉市緑区・・206
千葉市花見川区・・179
千葉市若葉区・・165
千葉市美浜区・・116
八千代市・・160
市原市・・670

九十九里エリア
茂原市・・147
勝浦市・・44
いすみ市・・100
東金市・・134
山武市・・90
山武郡大網白里町・・33
山武郡九十九里町・・67
山武郡芝山町・・24
山武郡横芝光町・・41
長生郡一宮町・・45
長生郡睦沢町・・13
長生郡長生村・・39
長生郡白子町・・48
長生郡長柄町・・21
長生郡長南町・・11
夷隅郡大多喜町・・19
夷隅郡御宿町・・17

南房総エリア
袖ケ浦・・221
木更津・・437
君津・・285
富津・・118
南房総・・63
安房郡鋸南町・・40
館山・・57
鴨川・・28

ご連絡先はこちらです ご連絡先はこちら

株式会社シェアテック
千葉県木更津市文京5-11-16 ST×BASE
TEL : 0438-38-3373
FAX : 0438-38-3310
E-mail : info@sharetech.co.jp

街の屋根やさん千葉

破風板・鼻隠し・ケラバ、屋根の重要部分の補修方法

破風・鼻隠しの補修

屋根の側面の重要部分が「破風板(はふいた)」と「鼻隠し(はなかくし)」です

 最近ではさまざまな形の屋根が増えましたが、やはり最も多いのは「切妻(きりつま)」と呼ばれる形状の屋根です。  ちょうど本を開いて伏せたような形状で、2面で構成される非常にシンプルでちょうど二等辺三角のような屋根です。

破風・鼻隠しは?

 この二等辺三角屋根の斜辺になっている端の付近をケラバと呼びます。このケラバの端の端、側面の部分を破風(はふ)と呼び、使われている建材の原料や形状から破風板(はふいた)と呼ばれることもあります。

雨樋設置個所
 斜辺を下った端、地面と水平になっている部分は軒や軒先と呼ばれます。  軒先の先端には鼻隠しと呼ばれる板が取り付けられることもあります。  破風と鼻隠し、どちらも屋根の先端にあるので混同しやすいのですが、雨樋の有無という大きな違いがあります。  破風には雨樋が設けられていませんが、鼻隠しには取り付けられているのです。

お住まいの各部位はこちら

破風
鼻隠し
ケラバ

お住まいの中で果たす役割は破風板と鼻隠しもほぼと同じです

 破風板と鼻隠しも外壁から張り出した屋根の先端に設けられたものですから、その役割はほぼ同じです。屋内への雨水の浸入と風が屋根内部へと浸入することを防いでいます。

 屋根はその種類と形状を問わず、吹き下ろしてくる風への耐性はかなり強いのですが、下から吹き上げられるような風にはかなり弱いという性質を持っています。
 吹き下ろしてくる風に対しては柱や耐力壁で支えることができますが、吹き上げてくる風に対しては屋根の自重と釘や接着剤の固定力だけが頼りなのです。  破風板や鼻隠しの板が一枚あるだけで、屋根を吹き上げるような風をかなり分散させることができます。
破風板
 台風などの強風時には雨が真横から吹き付けるように降ります。  そんな雨風も破風板・鼻隠しがあれば、屋根と外壁材の隙間からの吹き込みを防いでくれます。  前述の屋根の耐風性の向上とこの雨水の浸入防止はセットで考えてもよいでしょう。
延焼防止
 屋根の下地である野地板とそれを支えている垂木、お住まいの中身である構造はほとんどが隠すように作られています。  それが見えるというのはよろしくありません。神社・仏閣の垂木などが立派に見えるのは見られることを意識して設計されているからであり、そうではない建物は見えない方がすっきりと感じられるのです。
軒天美観の向上
 現在では木材が使われることは少なくなりましたが、昔は耐風性や雨水への対策を考えて、破風板には強度があり、ある程度の厚みを持った木材が用いられました。  厚みのある木材の場合、表面は燃えますが、炭化によって酸素が供給されにくくなるので、延焼までの時間を稼ぐことができるのです。
防火性への考慮
 雨樋を固定するところとして鼻隠しは最適です。もちろん、垂木などにも取り付けることは可能ですが、ちょっと複雑になってしまいますし、風に弱いものになってしまうでしょう。  鼻隠しは雨樋の取り付けのためにも必要なのです。
鼻隠しに雨樋を設置
破風板と鼻隠しは材料も共通
破風板と鼻隠し
 築年数がそれなりに経過しているお住まいの場合、破風板と鼻隠しには木材が使われることがほとんどです。  現在では耐火性と耐久性が重視され、燃えにくく、腐食しにくい窯業系サイディングものが多くを占めるようになりました。ガルバリウムなどの金属製のものもあります。

役割・素材と共通点は多いが、破風板の方が傷みやすい

 ケラバと軒先、似たようなところに設置され、担う役割も、材料もほぼ同じ… 何かと共通点の多い破風板と鼻隠しですが、環境的に厳しく、傷みが早くで安いのは破風板です。  鼻隠しは雨樋によってある程度、直射日光も防げ、ダイレクトに雨がかかることも少なくなります。それに対して破風板は直射日光があたる機会も多く、強い風にも堪えなくてはなりません。  鼻隠しよりも傷みやすいのです。鼻隠しが傷んでいる場合は破風板も、それ以上に傷んでいることが多いのです。
鼻隠しと破風
破風板と鼻隠しの補修方法

破風板と鼻隠し、不具合が出てしまった場合の補修方法もほぼ同じだが、 鼻隠しの場合は同時に
雨樋交換を行うとお得です!

破風・鼻隠しの補修軽度
塗膜が剥がれかかっている
塗装 (ケレンして塗装)
安い
普通
破風・鼻隠しの補修中度
塗膜が剥がれは進行しているが、木材は健全
板金撒き(破風板や鼻隠しを板金で撒いて覆ってしまう)

長い
※鼻隠しを板金撒きする場合、雨樋を取り外すので  新しい雨樋にした方がお得
破風・鼻隠しの補修重度
塗膜の剥がれが顕著、木材にも劣化や腐食あり
部分交換、または全交換
    (破風板や鼻隠しを部分的、または全面的に交換する)
高い
普通・長い
※鼻隠しを交換する場合、雨樋を取り外すので
 新しい雨樋にした方がお得
※木材から窯業系に変える場合、部分交換はできないので全交換
※部分的に交換する場合でも全体的に塗装となければならない
 新しい雨樋にした方がお得

一度の足場仮設でまとめて補修工事をしたほうがお得です

 お住まいが2階建の場合、1階部分よりも風雨が激しい 2階部分の方が傷みは出やすいという特徴があります。また、2階部分の工事には足場が必要なので、まとめて他の工事もやってしまった方がお得です。

 板金巻きや交換をする場合は雨樋も新しくしてしまった方がお得です。雨樋をはずして、取り付ければ、これまでのものでも、新しいものでも、脱着は1回です。  破風板や鼻隠しの補修だけという工事をすると、雨樋交換が必要になった時に足場の仮設、雨樋の脱着を再度、行わなければなりません。  工事中だと生活も落ち着かないし、費用の面でも大きな負担になってしまうでしょう。
足場仮設でリフォーム工事

関連するブログ一覧

  • 市原市ちはら台南にて台風による破風板の破損と屋根の塗装について調査を行いました

    台風により破損した破風板  今回は市原市ちはら台南にお住いのお客様よりご相談を頂きました。ご相談の内容としては「以前から屋根塗装を考えていて、他業者にて調査してもらったところ破風板と呼ばれる部分も破損していると言われた。値段が高かったので見積りを頂きたい」とのことでした。お客様のご自宅にお伺いするにあたり私たち街の屋根やさんでは現在、新型コロナウイルス対策としてマスクの着用を必須として、感染拡大防…...続きはこちら

  • 市原市国分寺台にて経年劣化が進んだ屋根、遮熱塗装工事と破風板金工事

    コロニアル屋根の調査を行いました  市原市国分寺台にてコロニアル屋根の調査を行いました。屋根塗装工事をご検討されておりお問い合わせいただいております。私達、街の屋根やさんでは新型コロナウイルス対策を行っておりますので先ずはご安心ください。コロニアル屋根はセメント質で板状に成形されており年数経過が原因で水を吸ってしまい苔やカビ、進行させてしまいますとヒビ割れも発生してしまいます。屋根を葺いて約15年…...続きはこちら

  • 破風板・鼻隠しの板金巻き補修は工事後ほぼメンテナンス不要になります

    この記事は破風板や鼻隠しについてご紹介しています。 目次【表示】 目次【非表示】 破風板と鼻隠しについて 破風板と鼻隠しの役割 傷みやすい破風板 破風板と鼻隠しのメンテナンス時期と補修方法 まとめ  お住いの中でも傷みやすい部分はどこかご存じでしょうか? 屋根や外壁はもちろんですが、その他にも破風板や鼻隠しなどと呼ばれている部分も実は傷みやすい部位なのです。お住いの形状にもよって異なりますが、雨や…...続きはこちら

  • 関連する施工事例一覧

    船橋市習志野台にて屋根はサーモアイ4F、外壁はファイン4Fセラミックを使用した屋根・外壁塗装工事を実施

    【施工内容】

    外壁塗装 屋根塗装

    印旛郡酒々井町の屋根リフォーム・外壁リフォーム|屋根カバー、外壁塗装|大武様

    【施工内容】

    屋根カバー工事 屋根塗装

    流山市の屋根リフォーム|棟板金交換工事、樹脂製心木|山崎様

    【施工内容】

    棟板金交換

    関連するお客様の声一覧

    屋根が破損、船橋市豊富町のお客様のアンケートをご紹介

    【施工内容】
    屋根補修工事
    【一言メッセージ】
    良いと思う

    花見川区こてはし台にてトタン屋根が飛散、O様のアンケート

    【施工内容】
    屋根補修工事
    【一言メッセージ】
    しっかりした対応されていました。

    花見川区検見川町にて瓦屋根の調査、お客様のご感想

    【施工内容】
    屋根補修工事
    【一言メッセージ】
    とても良かったです。

    街の屋根やさんは千葉県以外にも東京都、神奈川県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方の地域の街の屋根さんをお選びください。


    ■お住まいの屋根工事ここがポイント

    ■点検・お見積り・ご相談無料!

    ご不明点やご相談など屋根のことなら何でもお問い合わせください。


    点検・お見積り・ご相談無料!お気軽にお問い合わせください!

    お問い合わせ
    FAX番号