台風25号の強風で受けた方、火災保険が適用できます

【台風21号、台風24号で被災された方へ 11/13更新】

 台風21号、台風24号の被害に遭われた皆さまにお見舞いを申し上げます。現在でも台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順治対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。
 台風で屋根に被害を受けた方・受けたかもしれない方、どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼるのは危険です。街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

古くなった天窓のお困り事・お悩み事、全て解決致します!

reform_toplight1-columns1
 「空からの光が入ってきてとっても開放的!!」
新築時にそんなメリットを感じた天窓(トップライト)も築年数が経ってしまった今ではお住まいのお荷物になっていないでしょうか。
reform_toplight2-columns1
reform_toplight3-simple
 以上のような理由から『天窓はもう、こりごり』、『できることなら外してしまいたい』という声も多く聞きます。街の屋根やさんでもお客様から『天窓から雨漏りして困っている』というご相談を受け、補修でお伺いすることがしばしばあります。

 皆様、同じように「新築の頃は良かったんだけど、古くなってくるとダメだね」とまるで判を押したように言います。

天窓には様々なメリットがあります

 お住まいを建てる計画をした時のこと、新築だった頃を思い出してください。天窓をつけたということはそれだけこだわりがあったということではないでしょうか。新築だった頃はかなり次のようなメリットを感じたのではないでしょうか。
reform_toplight4-columns1

天窓がお荷物になるには理由があります

reform_toplight5-simple
 新築時にこだわった天窓、どうして現在はお住まいのお荷物になってしまったのでしょうか。

 一つは新築時にメンテナンスの必要性の説明を充分に受けなかったからではないでしょうか。ハウスメーカーの担当者は現場でお住まいを施工するわけではないので、基本的な知識しか持ち合わせていません。お住まいの各部、細部に渡って全てに詳しいわけではありません。
reform_toplight6-simple

 また現在ではメンテナンスしたくてもできないような状態になってしまいました。
 市場規模が縮小され、最盛期には10社ほど存在したメーカーも現在では日本ベルックスとリクシルの2社だけとなってしまいました。いざ、部品を交換しようとしても会社が存在しないのだから、手に入らない状態なのです。

 現在、日本には設計耐用年数(25年~30年)を越えた天窓が100万窓あると言われています。
 屋根葺き替えや屋根カバー工法、屋根塗装などの屋根リフォームを行うのであれば、これらの天窓もメンテナンスしたいところですが、前述のように会社自体が存在しませんから、放置されているような状態なのです。
reform_toplight7-simple
 良心的な屋根施工店なら屋根リフォームの際にちょっとした補修をしてくれるでしょうが、根本的な解決にはなりません。そもそも耐用年数を過ぎているのですから。雨漏りのリスクを回避するにはこれまでは必然的に天窓を撤去する方向しかなかったのです。(建築基準法で定められている採光量の問題で取り外すことのできない天窓もあります)

 しかし現在は耐用年数を過ぎた天窓は雨漏りリスクを解決する方法として撤去、または交換を選べます。どのメーカーの天窓であっても比較的、簡単に日本ベルックスの新しい天窓へと交換できるのです。
reform_toplight8-columns1

交換のメリット・デメリット

reform_toplight91-columns1
reform_toplight10-columns1
reform_toplight11-columns1
reform_toplight12-simple
 現在の天窓は耐久性も上がり、丈夫になりました。交換のデメリットはメンテナンスだけです。これまで天窓があったというお住まいでは撤去してしまうと、採光がゼロになってしまうので何かと不便を感じると思います。
 街の屋根やさんのお勧めは撤去ではなく、交換です。

撤去のメリット・デメリット

reform_toplight131-columns1
reform_toplight14-columns1
reform_toplight15-simple
 定年退職した場合など、お住まいにいる時間が長くなります。快適に過ごすのだったら天窓は必需品です。天窓からの自然光は体のリズムを整えますし、その通風はお住まいの空気をフレッシュなものに入れ替えます。通風と採光はうまく利用すれば普段の快適を我慢せずに光熱費を削減することもできます。

 文化的なご趣味をお持ちの方なら、季節ごとの天窓越しの夜空で俳句を読むのも素敵ですし、天窓をファインダーと捉え、そこから切り取った空を絵にするのも楽しそうです。お孫さんにも素敵なお家と映るのではないでしょうか。
reform_toplight16-simple

 天窓を撤去してしまったお住まいと交換したお住まい、資産価値を維持しているのは当然、天窓を交換したお住まいです。
 例えば、ホテルならば天窓のあるスカイビューのお部屋と普通のお部屋、貴方はどちらに泊まりたいですか。天窓のあるスカイビューのお部屋ですよね。

 採光・通風・省エネと天窓からの風景というプレミアム、お住まいのリセールバリューが高くなるのは当たり前のことなのです。
reform_toplight17-columns1
reform_toplight18
ベルックススカイビューシリーズVS電動タイプ

 雨を感知して自動で閉まるタイプ。急な雨や閉め忘れたという時もお部屋への雨の侵入を防ぎます。操作もリモコンで楽々。網戸も装備されているので、防虫対策もバッチリです。
reform_toplight20

ベルックススカイビューシリーズVS手動タイプ

 ロッドを連結して手動で開閉を行うタイプ。ロッドを回して天窓をあけた時に風が通り抜けるのを感じると幸せな気分になれます。配線の必要がないのもメリットです。手元ハンドルでの操作も可能です。
reform_toplight22
ベルックススカイビューシリーズFSフィックスタイプ

 開閉しない固定タイプ。安価に自然光を得ることができます。固定タイプなので高い防水性が特徴です。天窓を複数つける場合、開閉タイプと組み合わせて使用するのがお勧めです。
reform_toplight24-columns1
reform_toplight25
ベルックスルーフウィンドウシリーズGGL/GGU手動タイプ

 手の届く傾斜面へ設置するのに最適なタイプ。中軸回転式で、180°回転するので、お掃除も楽々です。
reform_toplight27
ベルックスルーフウィンドウシリーズGGHタイプ

 前述のGGUをベースに作られた排煙用の天窓。手動タイプと電動タイプがあり、どちらも非常時には操作コードで開閉できます。
透明、網入り、固型板網入り、どのタイプも合わせガラスでガラスの種類も自由に選べます。
もちろん全てがLow-E&汚れのつきにくいNeatの強化ガラス。
reform_toplight291-columns3
昼でも夜でも空を眺めたいという人にはこれ。割れても落ちない、飛散しない安全な合わせ透明ガラスと透明の組み合わせです。汚れのつきにくいNeatがいつまでも曇りのないガラスを実現します。
reform_toplight30-columns3
ガラスの片面に模様をつけた視界を遮るガラスと透明ガラスの合わせガラス。日光が眩しいという方やプライバシーを確保したいという人にお勧めです。
reform_toplight31-columns3
割れた時の飛散を防ぐワイヤー入りガラスと透明ガラスの合わせガラス。ワイヤー入りガラスは防火設備用で延焼を防ぐために用いられます。

※ルーフウインドウシリーズのGGL/GGU手動タイプの選べるガラスは合わせ透明+透明、または網入り+透明になります。
※ルーフウインドウシリーズのGGHタイプの選べるガラスは網入り+透明のみになります。
※合わせガラスとは自動車のフロントウィンドウと同じ構造を持ったものです。ガラスとガラスの間に樹脂などを挟み、接着したものなので、割れても飛散しません。

ベルックスの天窓はブラインドの取り付けも可能です。

reform_toplight38

天窓に取り付けるブラインド、プリーツ

 直射光を拡散光へと変えることで眩しさを和らげます。風も通しますので、さわやかな室内を実現します。
 手動と電動の両タイプがございます。
reform_toplight34
天窓に取り付けるブラインド、ハニカム

 遮光性に優れたタイプなので、できるだけお部屋を暗くしたい寝室などに最適。室内を落ち着いた雰囲気に整えます。
 手動と電動の両タイプがございます。
reform_toplight36

街の屋根やさん

 羽根の角度で光をコントロールするブラインドで、目線を遮る方向を変えられます。洗面所などでのご利用をおすすめします。
 手動タイプのみ。 
reform_toplight38
天窓に取り付けるブラインド、ローラー

 GGLタイプとGGUタイプ専用の手動ローラーブラインド。直射光を拡散光へと変えることで眩しさを和らげます。通風性も高いのが特徴です。
 手動タイプのみ。
reform_toplight40
天窓に取り付けるブラインド、シェスタ

 GGLタイプとGGUタイプ専用の手動シェスタブラインド。強い遮光性を持つので、お部屋を真っ暗にすることも可能です。
 手動タイプのみ。 
reform_toplight42

天窓に取り付けるブラインド、防虫スクリーン

 GGLタイプとGGUタイプ専用の防虫スクリーン。回転式のため網戸を取り付けることのできないGGLタイプとGGUタイプで虫の侵入を防ぎます。 手動タイプのみ。 
reform_toplight44

天窓に取り付けるブラインド、オーニング

 GGLタイプとGGUタイプ専用の室外型ブラインド。Low-Eガラスと室内用ブラインドとの併用でお部屋に侵入する日射熱を最低限に抑えます。 

 街の屋根やさんは千葉県以外にも東京都、神奈川県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方の地域の街の屋根さんをお選びください。

屋根工事なら街の屋根やさんポータル

その他の地域の方はこちら



■お住まいの屋根工事ここがポイント

■点検・お見積り・ご相談無料!

ご不明点やご相談など屋根のことなら何でもお問い合わせください。


点検・お見積り・ご相談無料!お気軽にお問い合わせください!