台風対策、雨漏りなどは街の屋根やさんへ

屋根がセキスイかわらUの方へ、起こっている問題と不安の解消方法

お住まいの屋根がセキスイかわらUの方へ、アスベストの有無でメンテナンス方法が 異なることをご存知ですか?

セキスイかわらUの特徴とメンテナンス

屋根がセキスイかわらUなんです!本当に困ってます! どうしたら良いのでしょう…
 「屋根がセキスイかわらUなんです。」というご相談を受けることがあります。お客様でご自宅の屋根にどの屋根材を使用しているかをご存知の方は正直な所多くはありません。

 「セキスイ」の「かわらU」 は37年間販売され続けた屋根材です。そして頭を抱える問題を出してきた屋根材でもあります。

ご自宅の屋根材が 未だにセキスイかわらUという方、必見です。この屋根材の 経緯と問題 、 また 今後の対処法 について紹介していきます。

1970年から2007年に渡って販売されてきた
積水屋根システム株式会社(旧セキスイルーフテック)の代表屋根材でした。

全国50万棟もの住宅に 採用された屋根材 「 セキスイかわらU 」
 まさにセキスイというブランド力と、瓦の形状でありながら、軽くて強いと謳われ、カバー工法が可能というメンテナンス性の特徴から、全国50万棟もの住宅に採用されたようです。

 2007年に販売中止、現在アフターメンテナンスのみの取り扱いを行っているようですが、未だにセキスイかわらUによって悩みを抱えているお客様が多数いらっしゃいます。

■ 1970年
アスベスト含む屋根材、セキスイかわらU販売
■ 1990年8月
ノンアスベストのセキスイかわらU再販売
(一部岡山工場でアスベスト屋根材の製造続く)
■ 1990年以降
ノンアスベストのセキスイかわらUの割れで トラブル・クレーム
■ 2007年
販売終了
 販売当初1975年から1990年の15年間、セキスイかわらUにはおよそ10~15%のアスベストが含まれていました。しかし、段階的にアスベストに対する規制が厳しくなり、1990年8月にノンアスベストのセキスイかわらUを販売しました。

 と、ここで大きな問題が発生しました。そもそもノンアスベストの屋根材は販売実績がなく、全く違う材料を使用して屋根材を作っているのです。アスベストに代わるような材料はなく、セキスイかわらUはとても脆い状態で販売され続けました。
この時点で、かわらUには2種類の屋根材が存在しています。 アスベストとノンアスベストです。 どちらかによって今後の 補修方法も変わります ので、 見分け方 も含めて紹介します。

セキスイかわらUは瓦でありながら、スレートや金属屋根に屋根カバー工法が出来る屋根材でした。

その為、既存屋根材にカバー工法をすることでメリットがあったかと思います。
 しかし、カバー工法ならではのデメリットも存在します。
セキスイかわらUのメリット
  • 例えば金属屋根材にカバーをした場合、雨音の軽減・断熱性の向上・気温差の軽減があります。
  • スレートや瓦屋根からの葺き替え工事では屋根材自体の軽量化から耐震性が向上します。
セキスイ瓦Uのデメリット
  •   屋根の軽量化を図るために葺き替え工事をされる場合、すでに二重になっている為、屋根の撤去費用は単純に二倍になります。
     一時の屋根メンテナンスを簡単にしたために後々の負担がかかることはセキスイかわらUに関わらず起こりますのでご承知おきください。

セキスイかわらUからの葺き替え工事をご検討中の方へ

セキスイかわらUは瓦の中でも軽量に作られており、
平板スレートよりも軽い仕上がりになっています。

 セキスイかわらUは瓦の中でも軽量に作られており、平板スレートよりも軽い仕上がりになっています。その為、瓦への葺き替えは耐震構造の問題から不向きになります。 住宅への負担を考慮した場合、金属屋根材での葺き替え工事が最善です。このように屋根材も限定されてしまいますのでご注意ください。

屋根葺き替え工事の詳細はこちらから

1990年以降のセキスイかわらUに関しては
セキスイに対するクレーム・お問い合わせがひっきりなしに起こっています。

 ビニロンを加え柔軟性がない弱く脆い屋根材は、経年劣化によって大変割れやすく、瓦の破片が落下する住宅もしばしば…更に表面の塗膜が剥がれやすく、屋根材自体が露出する白化現象を起こします。
経年劣化によって大変割れやすい
塗膜が剥がれ屋根材自体が露出
 そうすることで水分を含みやすくなり苔の発生と屋根材の劣化、更に屋根材が割れやすくなってしまいます。セキスイかわらUが割れから水分を多く含んでいると凹むような柔らかい印象を持ちます。
水分を含みやすくなり苔が発生
屋根材自体が傷んでしまう
劣化が早くてびっくり!屋根のメンテナンスは まだまだしないつもりだったのに
 ここまで劣化してしまえば屋根材の機能性は乏しいでしょうね。この屋根材は点検の為に業者が上り、下りる際に割れを増やしてしまう程脆い屋根材です。徐々に屋根材としての機能を果たせなくなり補修も困難になります。

 これがお客様からのクレームです。既存の屋根材の劣化に伴い、セキスイかわらUでカバー工法をしたら割れやすくなってしまい全面葺き替え工事に至る。という事は少なくありません。
高圧洗浄で塗膜が更に 剥がれてしまう可能性も!
 また、割れやすく表面が剥がれやすいのであれば塗装で保護をしよう!と考える方もいらっしゃいます。しかし高圧洗浄の高水圧によって表面が更に剥がれ塗装をしてもすぐに剥がれる、塗装メンテナンスすら出来ないといったトラブルも発生してしまいます。

 このように自体が悪化すればするほど手の打ちどころがなくなり、業者も頭を抱えてしまう屋根材なんです。

ノンアスベスト屋根材の問題は
セキスイかわらUだけではありません。

ニチハのパミール、松下電工のレサス、シルバスは
スレート屋根材のセキスイかわらU版になります。

 ノンアスベスト屋根材に切り替わった当初はまだ耐久性に対してというよりも、アスベストに代わる材料の模索中、耐久性には特に注目されず販売されていたのでしょう。
 割れやすい・剥がれやすいと問題が多発してから初めて、アスベストの耐久性に気づきそれに代わる素材がないことに気付いたのでしょう。

ノンアスベストの初期の屋根材を使用している住宅は、
築15~25年程度の住宅に多いのではないでしょうか?

かわらUと聞くと割れやすいという印象が強いのですが、
先ほども申し上げた通りアスベストが含まれているセキスイかわらUも当然存在します。

 築年数でもおおよそ分かりますが、なんとノンアスベストに切り替わってからも岡山の工場ではアスベストを含んだかわらUを製造していたようです。つまり岡山産であれば製造時期では判断できないアスベスト屋根材があるということです。
確実に見分ける方法は大きく2つです。
劣化
屋根材の割れが少ない場合は 塗装での表面保護
屋根の劣化が見られる場合は 屋根葺き替え工事
ノンアスベストかわらUの場合
屋根材自体が大変脆い為 屋根葺き替え工事のみ
セキスイかわらU工事の様子
before
ビフォア
horizontal
after
アフター

こちらのセキスイかわらUから屋根葺き替え工事の詳細はこちら

大手メーカー日本ペイントが セキスイかわらUは 塗装不可と設定
 補修費用を抑えるために屋根葺き替え工事ではなく、塗装で何とかしたいという方。
 弊社ではセキスイかわらUへの塗装補修は承っておりません。これはまず大手メーカー日本ペイントがかわらUは塗装不可と設定している屋根材という事をご理解ください。

 また塗装メンテナンスを行ったとしてもすぐに剥がれを起こすリスクは避けられません。

塗装を行ったとしてもすぐに 剥がれを起こすリスクが!
 もし塗装作業中にセキスイかわらUを踏み割ってしまうとコーキング補修等の簡易補修では手が足りません。セキスイかわらUは既に廃盤にもなっている為、部分的な葺き替え工事等は不可能です。すると、塗装をしてメンテナンス時期を後伸ばしにするよりも、屋根葺き替え工事で一新させてしまった方がトータルコストも抑えられます。

屋根葺き替え工事を行う場合

アスベストの含有量によって
セキスイかわらUの撤去・処分費に差が出ます。

 業者によっては屋根材の撤去の際に、アスベストが含まれていると見越して、高い予算を伝えた上で、工事を行います。しかしノンアスベストのセキスイかわらUを高い費用を出して処分するのは納得がいきませんよね。




弊社では「セキスイかわらゼロアスベスト証明書」
メーカーから取得した上で処分費の削減に努めています。

 この証明書を取得するには、屋根材の刻印・屋根全体写真・ひび割れ等の写真が必要になります。割れやすい屋根に上がらなくてはいきませんので大変危険な作業です。必ず屋根の専門業者に依頼してください。

アスベストからビニロンに変更し脆くなってしまったセキスイかわらUの
経験を活かした屋根材KMEWのROOGA(ルーガ)

ROOGA [ 雅 ]
 有機繊維強化セメント瓦として、アスベストからビニロンに変更して粘性が無くなった分脆くなってしまったセキスイかわらUですが、この経験を活かし、販売された屋根材があります。

 それがKMEWのROOGA(ルーガ)です。無機材料と素材の粘りを生む補強繊維を強く結びつけることで屋根材に耐衝撃性(柔軟性)を持たせています。

 KMEWはクボタと松下電工が合併した会社です。ROOGA(ルーガ)は同時期に問題を起こしたレサスやシルバスを含め、セメント瓦セキスイかわらUに改良を加えた屋根材になります。

セキスイかわらUのブログ一覧

千葉市稲毛区|セキスイ瓦u撤去後のカバー工事がスタート

千葉市稲毛区|セキスイ瓦u撤去後のカバー工事がスタート

千葉市稲毛区にお住まいのK様邸の工事が着工しました。工事内容は現在コロニアル屋根の上にカバーされているセキスイ瓦Uを撤去し、新しくガルバリウム鋼板の屋根をカバーする工事となります。本日の作業スタッフは...続きを読む

千葉市稲毛区でセキスイ瓦Uのメンテナンス調査に伺いました

千葉市稲毛区でセキスイ瓦Uのメンテナンス調査に伺いました

千葉市稲毛区にお住まいのK様。昨日お電話をいただきました。ご自身で足場を仮設して外壁塗装工事を行っているとのことでした。屋根も塗ろうとお考えだったようですが劣化がひどいので塗装では対応できないのではな...続きを読む

君津市|屋根材によるメンテナス方法、セキスイのかわらu

君津市|屋根材によるメンテナス方法、セキスイのかわらu

君津市でセキスイのかわらuのような屋根材のメンテナンスをご検討されているN様よりご相談がありました。言わずと知れた大手メーカーの屋根材。その後、問題が発覚すると本体の商品ではないような状態になり、今で...続きを読む

セキスイかわらUの施工事例一覧



■お住まいの屋根工事ここがポイント

■点検・お見積り・ご相談無料!

ご不明点やご相談など屋根のことなら何でもお問い合わせください。


点検・お見積り・ご相談無料!お気軽にお問い合わせください!