台風対策、雨漏りなどは街の屋根やさんへ

あなたの屋根はどのタイプ? 屋根材別のチェックポイント

あなたの屋根はどのタイプ?

金属スレート瓦
Your roof is what type?
ご近所を見ても分かるように、
屋根は形状も種類もさまざま

 現在は様々なデザインの建築が増えました。一般的なお住まいでも和風、洋風だけじゃなく、現代的であったり、伝統的であったりと実に多彩です。
また、それに合わせて屋根も多様になってきました。三角屋根から平らな屋根、斜面が一つしかない屋根、そして用いられる屋根材も伝統的な和瓦から最新のハイブリッドのものまで多種多様です。
ここでは住居に用いられることの多い屋根材について説明したいと思います。

金属屋根

金属屋根の重さ
1㎡あたりの屋根の重さ
約5kg
平均的な広さ(30坪 100㎡)に
 お住まいの場合、屋根の重さは
約600kg
軽自動車一台分の重さ
自動車
 金属屋根の素材は鋼板、アルミ、ステンレス、フッ素鋼板、それらを複合したものなど様々な種類があります。 中でも耐久性、耐候性に優れる「ガルバリウム鋼板」は、評価が高くお勧めです。 錆にも強いく、コストパフォーマンスに優れています。錆に強いといっても、放置すると錆てしまうこともありますので、定期的な点検が必要でしょう。
 また、材料自体が軽量かつ自由な形に加工できる事から、最近はカバー工法に利用される事が多い屋根材です。
天晴ルーフ
矢印
横のラインと、アヤメ折りの縦のラインで、意匠性に優れた屋根材
横暖ルーフ きわみ
矢印
横葺き金属瓦のスタンダードモデル
クラシックタイル
矢印
和瓦の意匠を取り入れ日本の建造物にもマッチした最上位モデル
メリット
金属屋根のメリット

軽い=>種類によるが比較的安価軽い=耐震性に優れる、経年劣化が少ない、燃えにくい=耐火性に優れる、防水性に優れる、加工しやすい=屋根の形状に合わせやすい

デメリット
金属屋根のデメリット

雨音が気になる=遮音性に劣る、熱が伝わりやすい=耐熱性に劣る、塩害による腐食が早まる(工業地帯、海岸沿い)

スレート屋根コロニアル、カラーベストメーカーによって呼び名が変わります
スレート屋根
1㎡あたりの屋根の重さ
約20kg
平均的な広さ(30坪 100㎡)に
 お住まいの場合、屋根の重さは
約2000kg
約3台分の重さ
車画像
 スレート、あるいはスレート瓦とは粘土版岩を薄い板状に加工したもののことです。
 天然スレート、石綿スレート、無石綿スレート、セメント系スレートなどがあります。
 昔は石綿(アスベスト)を原料にしたものが主流でしたが、現在は環境問題などにより無石綿スレートの方が多くなっています。
天然スレート
矢印赤
天然の堆積岩の一種を切り出したもの
薄型化粧スレート
矢印赤
住居に用いられるスレートと言えば一般的にコレ
波型スレート
矢印赤
写真のように波型に加工されたもの
メリット
スレート屋根のメリット

軽い=>地震に強い!
工期日数が短い、屋根瓦に比べ安い、 塗り替え7~8年ごと

デメリット
スレート屋根のデメリット

割れ・反り、接合部下地、釘抜け、ずれ、塗装の剥がれ等

瓦屋根

瓦屋根の重さ
1㎡あたりの屋根の重さ
約60kg
平均的な広さ(30坪 100㎡)に
 お住まいの場合、屋根の重さは
約5000kg
軽自動車約7~8台分の重さ
車
 一般に瓦と呼ばれるものは、粘土を素材とした焼き物の屋根材のことを言います。粘土瓦はまたは焼き瓦という名前で総称されます。
 その他洋瓦、セメント瓦があります。
屋根瓦のよい所は耐久性に優れ、断熱性も高いところです。
また、和瓦は他の屋根材のように塗装が必要ない為美しさを長期間保つことができます。
和瓦
矢印緑
お馴染みの日本の瓦
洋瓦
矢印緑
暖かみのある色合いが特徴
セメント瓦
矢印緑
複雑な成型が可能
メリット
瓦屋根のメリット

メンテナンス基本的に不要、耐久性に優れている、断熱性に優れている。、天然素材で健康。

デメリット
瓦屋根のデメリット

他より比較的高価重い=耐震性に劣る、衝撃により割れる恐れがある

屋根の重量は耐震性へ直結!軽い屋根は地震に強い。

屋根リフォームや屋根の葺き替えをお考えの方には、現在の屋根より軽い屋根材への葺き替えをお薦めしております。屋根の重量は耐震性へ直結しており、重ければ重いほど不利になるからです。詳しくは屋根葺き替えのページをご覧ください 屋根葺き替え工事>>

屋根の重さ

近年、一般的になってきたハイブリッドタイプの屋根材

ハイブリッドタイプ

住宅建材は年々、進化しています。
災害にも強く、環境にも優しく、住む人も快適に各メーカーの合言葉であり、各社とも従来以上の性能を目指して凌ぎを削っているのです。

ハイブリッドタイプの瓦
Hybrid type
ハイブリッド瓦
樹脂繊維と密閉された気泡を混ぜ込み、成型した瓦。軽くて割れにくい。
ストーンチップ鋼板
Stone chip
ストーンチップ鋼板
ガルバリウム鋼板にストーンチップ(石の粒)を焼き付けたもの。表面が石なので雷が落ちにくいという特徴もある。
銅葺きの屋根
銅葺きの屋根

新しい時は赤金(あかがね)と呼ばれる金属独特の光沢を放ち、年月を減ると美しい緑青に変化する。神社・仏閣の屋根に多い。個人宅に用いられることもある。

茅葺きの屋根
茅葺きの屋根

昭和中期まで農村でよく見られた屋根。用いられる材料によって、藁葺(わらぶき)・草葺(くさぶき)と区別されることもある。世界遺産の白川合掌号が有名だが、日本固有のものではなく、世界中に分布している。

板葺きの屋根
板葺きの屋根

文字通り、板で葺いた屋根。用いられる板の厚さによって、葺(こけらぶき)、木賊葺(とくさぶき)、栩葺(とちぶき)に区別される。厚い木片を互い違いに重ねた板屋根は大和葺(やまとぶき)と呼ばれ、法隆寺金堂の裳階だけに見られる。

天然スレート屋根

何億年も経た堆積岩の一種を切り出したもの。ヨーロッパに多く見られる。東京駅の丸の内駅舎が有名。宮城県石巻市とその周辺は産地であることから、数多くの家屋が見られたが、東日本大震災で多くが流失してしまった。

桧皮葺の屋根

ヒノキの立ち木から表皮を剥がし、成型したもので葺いた屋根。ヒノキを伐採せずに表皮だけを採取するので環境にやさしい。歴史ある神社・仏閣で見ることができる。

チタン瓦葺の屋根

観光地になっている神社・仏閣などで地震時の耐震性と観光客への安全面を考えて採用されることが多い。浅草寺の宝蔵門と本堂が有名。歴史的・文化的な建造物を改修する場合、元の材料と同じものを使用しないとその意義が失われてしまう恐れがあるため、その是非が議論されている。



■お住まいの屋根工事ここがポイント

■点検・お見積り・ご相談無料!

ご不明点やご相談など屋根のことなら何でもお問い合わせください。


点検・お見積り・ご相談無料!お気軽にお問い合わせください!