瓦屋根のチェックポイント|瓦屋根の修理なら街の屋根やさん千葉

千葉の『街の屋根やさん』は千葉 市原 袖ヶ浦 木更津 君津を中心に 千葉県全域で屋根工事や屋根リフォーム、軽微な屋根の修理、屋根の塗り替え(屋根塗装)、古くなった屋根の葺き替え工事(屋根葺き替え)をおこなっています。

あなたの街の屋根工事 屋根塗装 屋根リフォーム 屋根のトラブルおまかせ下さい!

千葉県全域 あなたの街の屋根工事 屋根塗装 屋根リフォーム あなたの大切なお住まい、定期的にメンテナンスしてあげていますか? 高品質なサービスを、よりリーズナブルに「お客様にとって一番のおつきあい」 私たちはそんな街の屋根やさんです

株式会社シェアテック
〒292-0804 千葉県木更津市文京5-11-16 ST×BASE
TEL :0120-989-936 FAX :0438-38-3310
E-mail : info@sharetech.co.jp

お客様のインタビュー動画

屋根葺き替え工事をご依頼いただいた長生郡白子町のお客様より、竣工後の感想を伺いました。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん千葉 施工事例
街の屋根やさん千葉 お客様に聞いた「街の屋根やさんを選んだ理由」
2020年08月08 日更新 本日の現場ブログ
屋根工事のご依頼・ご相談が初めての方へ
雨漏りにお困りの方、お任せ下さい
屋根を軽くして耐震対策 地震に強い屋根
屋根の台風対策 強風と豪雨にご注意を!
散水検査
お客様の声その壱 お客様の声その弐 お客様の声その参
お客様の声の動画ページに移動
お客様の声を動画でご紹介
Company Profile
街の屋根やさんのご紹介
街の屋根やさんとは?
街の屋根やさんが選ばれる6つの理由
街の屋根やさん10のルール
街の屋根やさん、専門スタッフのご紹介
不安ゼロ宣言
マイスター制度
充実の長期保証
屋根工事を必要している方、屋根のことでお悩みの方へ
各種屋根工事の料金プラン屋根工事の料金について
弊社のご案内弊社のご案内
屋根の資料請求はコチラ 屋根やさん対応エリア

千葉県の市原市・袖ヶ浦市・木更津市・君津市を中心に千葉県全域が対応エリアとなっております。
その他の地域の方もお気軽にご相談下さい!

  • 一般リフォーム
  • 屋根リフォーム
  • 屋根工事
  • 屋根修理
  • 屋根塗装
  • 屋根葺き替え
  • カバー工法
  • 漆喰(しっくい)工事
  • 雨樋(あまどい)工事
  • 雨漏り修理
  • 雨漏り工事

屋根リフォームのことなら、どんなことでもご遠慮なくお問い合わせ下さい。

屋根の資料請求はコチラ 屋根やさん施工実績

 下に挙げたものは、1999年5月~2020年3月までに街の屋根やさんが直接施工した件数と地域です。小規模な屋根修理から大規模な屋根の葺き替え、一般のお住まいだけでなく大きな工場等の建築物の屋根にも幅広く対応しております。
最近の屋根工事事例やお客様の声は右側の各種メニューからご覧ください。

東葛飾エリア
市川・・195
松戸・・189
習志野・・140
流山・・94
鎌ヶ谷・・175
船橋・・340
野田・・83
柏・・94
我孫子・・80
浦安・・175

北総エリア
銚子・・72
佐倉・・143
四街道・・116
印西・・109
富里・・187
香取・・116
成田・・265
旭・・141
八街・・365
白井・・174
匝瑳・・107
印旛郡酒々井町・・91
印旛郡印旛村・・13
印旛郡本埜町・・14
印旛郡栄町・・30
香取郡神崎町・・27
香取郡多古町・・34
香取郡東庄町・・16

千葉エリア
千葉市中央区・・244
千葉市稲毛区・・170
千葉市緑区・・206
千葉市花見川区・・179
千葉市若葉区・・165
千葉市美浜区・・116
八千代市・・160
市原市・・670

九十九里エリア
茂原市・・147
勝浦市・・44
いすみ市・・100
東金市・・134
山武市・・90
山武郡大網白里町・・33
山武郡九十九里町・・67
山武郡芝山町・・24
山武郡横芝光町・・41
長生郡一宮町・・45
長生郡睦沢町・・13
長生郡長生村・・39
長生郡白子町・・48
長生郡長柄町・・21
長生郡長南町・・11
夷隅郡大多喜町・・19
夷隅郡御宿町・・17

南房総エリア
袖ケ浦・・221
木更津・・437
君津・・285
富津・・118
南房総・・63
安房郡鋸南町・・40
館山・・57
鴨川・・28

ご連絡先はこちらです ご連絡先はこちら

株式会社シェアテック
千葉県木更津市文京5-11-16 ST×BASE
TEL : 0438-38-3373
FAX : 0438-38-3310
E-mail : info@sharetech.co.jp

街の屋根やさん千葉

瓦屋根のチェックポイント|瓦屋根の修理なら街の屋根やさん千葉

瓦

あなたの屋根は瓦屋根

こまめな点検は必要だけど、
無理は禁物です!

 お住まいの不具合は早めに発見してあげ、迅速に補修してあげるのが基本です。お住まいの傷みも少なくて済みますし、軽微であればあるほど費用もお安くなります。
 不具合を早めに発見してあげるには定期的な点検の他、悪天候後の検査が必要です。しかし、屋根に上るのは危険です。
台風の時などにご自分のお住まいの心配をされ、屋根に上ってしまい、風に煽られ、落下してしまうという事故が毎年、発生しています。
無理せず、見える範囲で点検してあげましょう。

屋根に上ったり、梯子を使用せず、
お住まいの屋根をしっかりと見る方法

ご自宅近くに小高い場所があれば、そこから双眼鏡や望遠鏡を使って見るという方法もあります。 ただし、環境や立地によっては変質者に間違えられる可能性もあるので、あまりお奨めはできません。

屋根に上ったり、梯子を使用せず、
お住まいの屋根をしっかりと見る方法

ご自宅近くに小高い場所があれば、そこから双眼鏡や望遠鏡を使って見るという方法もあります。 ただし、環境や立地によっては変質者に間違えられる可能性もあるので、あまりお奨めはできません。

棟瓦の歪みをチェック
 屋根の頂上部分の瓦は真っ直ぐならば問題無し!
歪みは小さなものでも要注意!! 時間とともに大きくなり、最後は崩れてしまいます。
瓦 瓦の歪み
  棟に歪みはありませんか?
このまま放置すると少しずつ歪みが大きくなり崩れる危険性があります!
 
  初めは小さな歪みでも時間が経つにつれ、どんどん酷くなり最後には崩れてしまいます!
瓦屋根のご自分でできる簡単屋根診断

棟瓦の歪みをチェック

 屋根の頂上部分の瓦は真っ直ぐならば問題無し! 歪みは小さなものでも要注意!! 時間とともに大きくなり、最後は崩れてしまいます。

棟に歪みはありませんか? このまま放置すると少しずつ歪みが大きくなり崩れる危険性があります!

初めは小さな歪みでも時間が経つにつれ、どんどん酷くなり最後には崩れてしまいます!

瓦の割れや欠けをチェック
 強風時の飛来物や雹により、瓦が割れたり・欠けたりしてしまうことがあります。その割れや欠けの部分から雨水が浸入し、雨漏りに繋がることがあります。
瓦欠け 瓦の破損
  台風などの強風時の飛来物で瓦が欠けたり、割れてしまうことがあります
 
  瓦が破損してしまうと建物内部に雨水が侵入し、防水紙や野地板が腐食してしまいます!

瓦の割れや欠けをチェック

 強風時の飛来物や雹により、瓦が割れたり・欠けたりしてしまうことがあります。その割れや欠けの部分から雨水が浸入し、雨漏りに繋がることがあります。

台風などの強風時の飛来物で瓦が欠けたり、割れてしまうことがあります

瓦が破損してしまうと建物内部に雨水が侵入し、防水紙や野地板が腐食してしまいます!

瓦のズレや外れをチェック
  地震や強風で瓦が外れたり、ズレたりしてしまうことがあります。そのままだと落下する危険性があり大変危険です。また、外れたり、ズレたりした部分から雨水が浸入し、雨漏りに繋がることがあります。
瓦のずれ 瓦の外れ
  瓦がずれてしまうと落下による事故の危険性も高まります!
 
  瓦が落ちてしまうと下地材に直接雨があたり、腐食のスピードが速まります!

瓦のズレや外れをチェック

地震や強風で瓦が外れたり、ズレたりしてしまうことがあります。そのままだと落下する危険性があり大変危険です。また、外れたり、ズレたりした部分から雨水が浸入し、雨漏りに繋がることがあります。

瓦がずれてしまうと落下による事故の危険性も高まります!

瓦が落ちてしまうと下地材に直接雨があたり、腐食のスピードが速まります!

漆喰の剥がれや崩れを
チェック
 瓦と瓦を接着し、その隙間を埋めている漆喰が崩れたり、剥がれたりすると、その部分から雨水が浸入することがあります。
 また、瓦を固定している力が弱くなっていますので、ちょっとした風や地震でも瓦がズレたり、落下したりする危険性があります。
 剥がれた漆喰は雨樋内やベランダ、庭先に落ちてくることもありますので、見つけたら業者に点検してもらいましょう。
瓦の剥がれ 漆喰の剥がれ
  剥がれた漆喰は雨樋内やベランダ、庭先に落ちてくることもあります。
 
  漆喰が剥がれてしまうと雨漏りの危険性が高まります!

漆喰の剥がれや崩れをチェック

 瓦と瓦を接着し、その隙間を埋めている漆喰が崩れたり、剥がれたりすると、その部分から雨水が浸入することがあります。  また、瓦を固定している力が弱くなっていますので、ちょっとした風や地震でも瓦がズレたり、落下したりする危険性があります。  剥がれた漆喰は雨樋内やベランダ、庭先に落ちてくることもありますので、見つけたら業者に点検してもらいましょう。

剥がれた漆喰は雨樋内やベランダ、庭先に落ちてくることもあります。

漆喰が剥がれてしまうと雨漏りの危険性が高まります!

病状別 瓦屋根の補修

漆喰詰め増し

この程度の劣化ならば漆喰の詰め増し工事で済みます。

漆喰詰め増し・瓦一部交換

 ちょっとしたヒビや割れの部分的な補修です。軽微な場合は割れた部分にコーキング材を充填し、目立たぬよう部分的に塗装します。どんな小さいヒビであっても、そこから雨水が浸入してきますので、 早めに補修してあげましょう。

棟板金交換

漆喰がほとんどなくなってしまっています。この場合、棟瓦を取り外し、積み直す必要性があります。

棟取り直し工事

強棟瓦の漆喰の剥がれと崩れが進み、固定する強度に問題が出てきた場合、棟瓦を取り外し、積み直す工事を行います。 屋根の形状にも寄りますが、棟瓦を全て取り外し、積み直しますので、漆喰詰め増しや瓦一部交換よりも費用はかかってしまいます。

屋根葺き直し工事 屋根葺き直し工事

瓦事態に問題は無くても、下地の劣化が進んでいる場合もあります。屋根全体を工事するのまで、大規模になってしまいます。

屋根葺き直し工事

 瓦は非常に耐久性がある屋根材です。 漆喰の補修や瓦のズレなどを適切にメンテナンスしておかないと、その下の防水紙や野地板の方が先に老朽化してしまう場合もあります。 屋根から全ての瓦を取り外し、防水紙や野地板の補修、交換を行ってから、再び瓦を積み直す作業をします。

古い陶器瓦は欠けている事が多いが、入母屋などの場合は防水紙に水が回り、防水紙が劣化している事が多い。
工事中に敷地が狭い場合は瓦の保管場所を確保できず、運搬費用がかかることと、運搬時に割れる場合がある。(稀)
瓦は葺いてから年数がたつと間があいてくるが、躯体も歪んでいる事があるため、補足瓦という瓦が必要になる事がある。
廃材処理費が少なく済むため、比較的安価に工事可能
以前の瓦を使用するため、外観に大きく変化がない。

屋根葺き替え工事

瓦と下地の老朽化が進んでしまった場合、屋根の葺き替えが必要です。せっかくの屋根リフォーム機会ですので、耐震性のある金属屋根をお奨めしています。

屋根葺き替え工事

  瓦の劣化、下地の劣化、両方が激しい場合に行う工事です。 新しい屋根材の購入費、これまでの瓦の廃材処理費、そして工事費が掛かるので、かなりの費用になります。工事日数も多くなります。屋根リフォームの中で、一番大きな工事です。 最近は耐震性を考えて、老朽化が進む前に重い瓦屋根から軽い金属屋根に葺き替える方も多くなっております。

漆喰の詰増し
  この程度の劣化ならば漆喰の詰め増し工事で済みます。
漆喰詰め増し・瓦一部交換
  劣化が軽度な漆喰を詰め増し、割れてしまった一部の瓦などの交換をします。
  小規模なので、工事というより補修といった方が適切かもしれません。お住まいの不具合をこの程度でしたら、費用もお安く済みます。
漆喰がほとんどない
  漆喰がほとんどなくなってしまっています。この場合、棟瓦を取り外し、積み直す必要性があります。
棟取り直し工事
  棟瓦の漆喰の剥がれと崩れが進み、固定する強度に問題が出てきた場合、棟瓦を取り外し、積み直す工事を行います。
  屋根の形状にも寄りますが、棟瓦を全て取り外し、積み直しますので、漆喰詰め増しや瓦一部交換よりも費用はかかってしまいます。
屋根裏の木材の変形下地の劣化  瓦事態に問題は無くても、下地の劣化が進んでいる場合もあります。屋根全体を工事するのまで、大規模になってしまいます。
屋根葺き直し工事
  瓦は非常に耐久性がある屋根材です。
  漆喰の補修や瓦のズレなどを適切にメンテナンスしておかないと、その下の防水紙や野地板の方が先に老朽化してしまう場合もあります。
  屋根から全ての瓦を取り外し、防水紙や野地板の補修、交換を行ってから、再び瓦を積み直す作業をします。
古い陶器瓦は欠けている事が多いが、入母屋などの場合は防水紙に水が回り、防水紙が劣化している事が多い。
工事中に敷地が狭い場合は瓦の保管場所を確保できず、運搬費用がかかることと、運搬時に割れる場合がある。(稀)
瓦は葺いてから年数がたつと間があいてくるが、躯体も歪んでいる事があるため、補足瓦という瓦が必要になる事がある。
廃材処理費が少なく済むため、比較的安価に工事可能
以前の瓦を使用するため、外観に大きく変化がない。
下地の劣化
  瓦と下地の老朽化が進んでしまった場合、屋根の葺き替えが必要です。せっかくの屋根リフォーム機会ですので、耐震性のある金属屋根をお奨めしています。
屋根葺き替え工事
  瓦の劣化、下地の劣化、両方が激しい場合に行う工事です。
  新しい屋根材の購入費、これまでの瓦の廃材処理費、そして工事費が掛かるので、かなりの費用になります。工事日数も多くなります。屋根リフォームの中で、一番大きな工事です。
  最近は耐震性を考えて、老朽化が進む前に重い瓦屋根から軽い金属屋根に葺き替える方も多くなっております。
注意
こんな状態はお住まいが悲鳴をあげています
注意
こんな状態はお住まいが悲鳴をあげています
漆喰詰め増し

天井の壁紙の剥がれ

漆喰詰め増し

天井のシミ

漆喰詰め増し

屋根裏の木材の変形

天井の壁紙の剥がれ 天井のシミ 屋根裏の木材の変形
天井の壁紙の剥がれ
天井のシミ
屋根裏の木材の変形

「ひょっとしたら…」「もしかして…」

お住まいの屋根に異変や不安を感じたら、すぐさま街の屋根やさん千葉にご連絡下さい。
早めの対策がお住まいと財布の負担を軽くします。

 

調査、点検、お見積もりは無料です!

詳しくは下記までお問い合わせください。

調査、点検、お見積もりは無料です!

詳しくは下記までお問い合わせください。
瓦

関連するブログ一覧

  • 八千代市大和田にて棟の漆喰(しっくい)が剥がれた瓦屋根調査、棟取り直し工事をご提案

    八千代市大和田にて棟の漆喰が剥がれた瓦屋根調査

    瓦屋根調査の様子  八千代市大和田にて行った瓦屋根の調査の様子をご紹介致します。「棟の漆喰が剥がれているようなので点検してほしい。」と、お問い合わせをいただきました。  瓦屋根の調査の様子です。お問い合わせのきっかけになった漆喰は、屋根の頂点部分の棟に使用されており瓦と瓦を固定する接着剤のような役割を果たしています。また、雨水が浸入しないように防水効果も備えておりますので雨漏りを防ぐうえで重要な役...続きはこちら

  • 習志野市津田沼にて瓦屋根の棟の漆喰が剥がれて落下、棟取り直し工事をご提案

    瓦屋根の棟の漆喰の剥がれ

    瓦屋根の調査の様子  習志野市津田沼にて行った瓦屋根の調査の様子をご紹介致します。「屋根の漆喰が剥がれて落ちてきたので屋根を点検してほしい。」と、お問い合わせをいただきました。  瓦屋根に使用される漆喰は主に棟部分に使用されており、瓦と瓦を固定する接着剤のような役割を果たしております。漆喰が剥がれてしまうと棟を固定する力が弱くなってしまいますので、風の影響や地震などの揺れの影響により落下する危険性...続きはこちら

  • 鎌ケ谷市東道野辺にて漆喰が剥がれた瓦屋根の調査、漆喰詰め直し工事をご提案

    鎌ケ谷市東道野辺にて瓦屋根の漆喰が剥がれてしまいました

    瓦屋根の調査の様子  鎌ケ谷市東道野辺にて行った瓦屋根の調査の様子をご紹介致します。「屋根から漆喰が落ちてきたので点検してほしい。」と、お問い合わせをいただきました。漆喰は瓦と瓦を固定する接着剤のような役割を果たしておりますので剥がれてしまうと様々な不具合に繋がります。       漆喰は主に棟に使用されています。棟の面戸と呼ばれる部分や鬼瓦の廻りに使用されており、雨水の浸入を防ぐ重要な役割を果た...続きはこちら

  • 関連する施工事例一覧

    九十九里町小関にて昨年の台風により棟瓦が被災、棟瓦取り直し工事を行い復旧しました

    【施工内容】

    屋根補修工事 瓦屋根工事 棟瓦取り直し  雨樋交換

    富津市上飯野にて令和元年房総半島台風で瓦被害、屋根葺き替え工事で解消

    【施工内容】

    屋根葺き替え 金属屋根葺き替え工事

    木更津市太田にて令和元年房総半島台風によって被害に遭ったかわらUの屋根から金属屋根へ葺き替え

    【施工内容】

    屋根葺き替え

    関連するお客様の声一覧

    サッシより雨漏りが発生した流山市向小金N様のご感想

    【施工内容】
    雨漏り修理
    【一言メッセージ】
    調査結果を丁寧に説明してくれた。

    松戸市常盤平にてコロニアル屋根の雨漏り、点検後のI様のご感想

    【施工内容】
    屋根葺き替え
    【一言メッセージ】
    説明がわかりやすい

    袖ケ浦市横田で令和元年房総半島台風により瓦屋根が被災、棟取り直し工事で復旧

    【施工内容】
    棟瓦取り直し 
    【一言メッセージ】
    詳しく説明してくれる、信頼のできる会社です。

    街の屋根やさんは千葉県以外にも東京都、神奈川県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方の地域の街の屋根さんをお選びください。


    ■お住まいの屋根工事ここがポイント

    ■点検・お見積り・ご相談無料!

    ご不明点やご相談など屋根のことなら何でもお問い合わせください。


    点検・お見積り・ご相談無料!お気軽にお問い合わせください!

    お問い合わせ
    FAX番号