屋根葺き替え|街の屋根やさん千葉

6月9日までQUOカードキャンペーンを実施中

屋根葺き替え
工事の
ご案内

屋根葺き替え工事

  これまでの屋根を撤去し、新しく屋根に葺き替える工事です。古い屋根材を取り外しますので、その下地や土台となっている野地板といった手の入れにくい部分も同時にメンテナンスや補修を行うことができます。
  老朽化した屋根の葺き替えから、耐震対策としての屋根の葺き替えまで、お客様の事情や好みに応じて様々な葺き替え工事を行っております。

屋根葺き替えのGifアニメ

施工前

施工前

屋根工事・屋根リフォーム専門店
建設業許可票 建設業許可弊社は信頼の証である建設業許可を取得!
安心のリフォーム瑕疵保険登録事業者です
リフォーム瑕疵保険 リフォーム瑕疵保険JIO株式会社日本住宅保証検査機構

屋根工事・屋根リフォーム専門店

弊社は信頼の証である建設業許可を取得!
安心のリフォーム瑕疵保険登録事業者です

建設業許可票建設業許可
街の屋根やさん(株式会社シェアテック)
千葉県知事建設業許可(般-24)第48193号
リフォーム瑕疵保険リフォーム瑕疵保険
JIO
株式会社日本住宅保証検査機構

屋根の葺き替えをご検討している方へ

安心して暮らせる、災害に強い屋根、あります

  万が一の地震でも揺れが少なく、強風や突風でも瓦などが飛散しない屋根に興味はございませんか。

  地震時の揺れは家屋の重心位置に大きく左右されます。屋根が重い場合、重心がどうしても高くなってしまうため、不安定さが増し、大きく揺れてしまうのです。

  一般的な瓦屋根の場合、その重さは約6tにもなります(一般的な広さの家屋、100㎡、30坪の場合)。実に軽自動車(約800kg)7~8台分に相当する重さなのです。自分の頭の上にこれだけの重さの物があるなんて、何とも恐ろしいことです。これを金属屋根に葺き替えますと、重さは10分の1、約600㎏になります。軽自動車1台分未満になってしまうのです。

6t

※一般的な広さの家屋、
100㎡、30坪の場合

瓦屋根の重さは軽自動車8台分

瓦屋根の重さ

軽自動車(約800kg)
7~8台分に相当

金属屋根は
瓦屋根の
1/10
未満の重さ

600kg

金属屋根の重さは軽自動車1台分未満

金属屋根の重さ

軽自動車
1台分未満

瓦屋根

瓦屋根の場合
屋根が重いため重心が高い

負担が大きく
揺れも大きい

重い屋根の重心位置

瓦屋根

金属屋根の場合
屋根が軽いため重心が低い

負担が少なく
揺れも少ない

軽い屋根の重心位置

  実際の揺れでは先端になればなるほど遠心力が大きく働くため、重さの数倍以上の力が加わることになります。つまり、軽ければ軽いほど、耐震性に優れ、減震が期待できることになるのです。

  また、金属屋根は瓦と違い、一枚一枚を屋根に積むわけではないので、地震時に落下する危険性もありません。強風で飛ばされる心配もありません。 昔は「金属屋根だと雨音が大きくて気になる」なんてことも言われましたが、現在のものは消音性にも優れているので、気になりません。

  もちろん、金属屋根以外にも軽い屋根材がございます。どうぞ、お気軽にご相談下さい。

瓦屋根にこだわりがある方へ

瓦でも災害に強い屋根にできます!!

  日本の家屋の屋根といえば、やっぱり瓦です。住宅のデザインが多様になった現在でも、「屋根はやっぱり瓦が良い」という方はたくさんおられます。

  現在は見た目も質感も従来の瓦とほとんど変わらない、軽くて丈夫、しかも重量は半分というハイブリッドタイプの瓦が発売されております。下に施工例がありますので、ぜひご覧ください。

  また、関東以北では少ないのですが、『土葺き』と呼ばれる工法が用いられている瓦屋根の場合、『から葺』工法で葺き直しますと、従来の瓦を使用しても屋根の総重量を約3分の2から2分の1程度にまで減らせます。

  先程も述べましたように、実際の揺れでは先端になればなるほど遠心力が働くため、重さの数倍以上の力が加わります。

  重量の3分の1というと約2tです。これだけの重さを減らせれば、十分な耐震効果が期待できます。

6t

※一般的な広さの家屋、
100㎡、30坪の場合

瓦屋根の重さは軽自動車8台分

従来の瓦屋根の
重さ

軽自動車(約800kg)
7~8台分に相当

ハイブリッド瓦の
屋根は
1/2
未満の重さ

3t

金属屋根の重さは軽自動車4台分未満

ハイブリッド瓦屋根の
重さ

軽自動車
4台分未満

工事内容と流れ

01.

従来の屋根材の撤去
これまでの瓦を撤去します

瓦を撤去していく様子

 新しい屋根へと葺き替えるので、これまでの瓦を撤去していきます。瓦は結構な重量があるので、事故やお客様のお住まいを傷つけないよう慎重に扱います。

クレーンでの作業

 瓦の撤去と新しい屋根材を屋根に上げるのに、今回はクレーンを使用しました。クレーンを上げるときは周りの電線などにも注意が必要なので、事前に何度も打合せをします。

02.

防水紙と屋根材の敷設
新しい防水紙と設置していきます

防水紙の敷設

 瓦など屋根材の下には防水紙が敷かれています。家屋内部に雨水が浸入しないようにするためです。これまでのものは劣化していたので、新しいものへと取り替えました。

ハイブリッド瓦「ROOGA 雅」

  防水紙を敷いた後、新しく屋根を葺いていきます。今回はハイブリッドタイプの瓦、「ROOGA 雅」を使用しました。軽くて割れない上に耐久性も高いというお薦めの屋根材です。

03.

棟部分の工事
これまでと違う新しい工法で施工

棟部分の施工

 ROOGA 雅は棟部分にも専用の部材を使用しております。まずは棟部分に貫板となる木材を設置し、その上に「乾式自在面戸W」(右写真)を被せます。

乾式自在面戸W

 乾式自在面戸WはROOGAの軽量性に合わせ、より屋根を軽くするために開発されました。通常の漆喰を使用する工法よりも、屋根を軽量にすることができます。

04.

棟部分の仕上げ
棟瓦を固定していきます

棟部分の仕上げ

 棟瓦を仮固定して、歪みがないかを確認します。写真をよく見ればお分かりになるように、この段階ではビスがまだ閉めこまれていません。

棟部分の仕上げ2

 歪みがないことを確認したら、本固定に入ります。ゆるみが出ないよう、しっかりと固定していきます。新しい屋根の完成目前です。

05.

工事完了
弊社スタッフが点検・確認した後、さらにお客様と一緒に最終点検と確認を致します。

ハイブリッド瓦ルーガ雅の屋根完成 ハイブリッド瓦ルーガ雅の屋根完成

 屋根の葺き替えが完了しました。弊社スタッフが点検・確認した後、さらにお客様と一緒に最終点検と確認を致します。この後、足場の撤去やお住まい周辺の清掃をして、保証書をお渡ししたら、全ての工程が終了です。
 アフターサービスとしてスタッフが定期点検にお伺いしますので、よろしくお願い致します。

屋根の葺き替えをご依頼いただいた方々の声をご紹介

お客様の声アイコン 千葉市花見川区
ROOGA 雅で屋根葺き替えを行ったM様(上の施工事例です)

Customer’s
Voice!

M様

施工された内容屋根葺き替え工事

施工情報  
工事内容 屋根葺き替え工事 ROOGA雅
工期 10日間
総額 お客様のご希望により非公開
数ある業者の中で私達をお選びになった理由をお教えください
お選びになった理由 HPを見て、雨漏りについての説明がくわしくしてあったから…
雨漏り点検(無料)が、あったから…  
仕上りはいかがでしたか?
仕上りの満足度 とても満足しています。
担当営業に一言お願いします
担当営業に一言 色々な希望をクリアにする為、新しい工法をみつけてくださり、助かりました。
梅雨前までにと、厳しい要望にもこたえていただきありがとうございました。
弊社へのご要望等御座いましたらご記入ください。
>弊社へのご要望等 ※記載無し

お客様の声アイコン 千葉県四街道市
横暖ルーフ きわみで屋根葺き替えを行った木村様

数ある業者の中で私達をお選びになった理由をお教えください
お選びになった理由 いつも頼んでいるところだから  
仕上りはいかがでしたか?
仕上りの満足度 すぐに来てくれて良かったです。
担当営業に一言お願いします
担当営業に一言 ※記載無し
当社へのご要望等御座いましたらご記入ください。
>弊社へのご要望等 ※記載無し
弊社注
木村様からは屋根葺き替え工事の完了後、雪止め設置のご依頼を受けました。ありがたいことに、弊社ではこうしてリピーターになっていただけるお客様が数多くいらっしゃいます。

Customer’s
Voice!

木村様

施工された内容屋根葺き替え工事

施工情報  
工事内容 屋根葺き替え工事 横暖ルーフきわみ
工期 9日間
総額 お客様のご希望により非公開
街の屋根やさん千葉 メールでのお問い合わせはコチラ

■街の屋根やさん千葉のおすすめ屋根材

オススメ屋根材その一、ルーガ雅

ROOGA 雅
厚くて軽い、強くて美しい瓦です。屋根面の横方向には重厚感のある波打つライン、そして縦方向にはシャープな直線ラインを持たせ、縦と横の絶妙なバランスにより、屋根全体にやわらかでモダンな印象を与えます。

ルーガ写真

ROOGA 雅の特徴
リストスタイルの四角 厚くて軽い
軽さの秘密は、樹脂の壁を持つ無数の気泡
リストスタイルの四角 割れにくい
繊維材料の”粘り”が、強い衝撃や荷重を吸収
リストスタイルの四角 キレイが長持ち
色褪せしにくく、汚れがつきにくい 
リストスタイルの四角 優れた防災性能
大雨、強風、地震、火災などから住まいを守る

オススメ屋根材その2、プレミアムグラッサ

プレミアムグラッサ
天然石の質感や風合いをリアルに再現した、細やかな石目調のテクスチャーが特徴のスレートです。割石の断面形状を強調したランダムな前端ラインがお住まいをシャープに演出します。

プレミアムグラッサ写真

プレミアムグラッサの特徴
リストスタイルの四角 強くて軽い
軽い屋根の減震効果で、地震の揺れを軽減
リストスタイルの四角 キレイが長持ち
色褪せし対策を何重にも施した独自の化粧層
リストスタイルの四角 選べるデザイン
住まいのスタイルに合わせ、組み合わせ自由自在

オススメ屋根材その3、横暖ルーフ プレミアム

横暖ルーフ
プレミアム
耐久性に優れたフッ素塗装に遮断性能をプラスした金属屋根材です。
耐震対策にお薦めです。

横暖ルーフ プレミアム写真

横暖ルーフ
プレミアムの特徴
リストスタイルの四角 優れた耐久性
耐久性に優れたフッ素樹脂遮熱鋼板を採用
リストスタイルの四角 軽さに優れる
金属屋根材なので瓦やスレートよりも軽く、減振効果が期待できる

様々な屋根材について

屋根の葺き替えに使われている屋根材は、大きく分けると
 スレート 金属 ハイブリッド に分類されます!!

屋根のメンテナンスが基本的に必要ない。 屋根に対する厳しい環境の耐久性に優れている。 断熱性に優れている。 天然素材で健康、環境にやさしい。
スレート
瓦に較べ、屋根の重量が軽くなる。 施工が比較的容易で、工期日数が短くて済む。 金額が瓦に較べて安価。 7~8年ごとに塗り替えが必要。
金属
最も軽量なので、地震対策に適している。 屋根を被せるリフォームのカバー工法に適している。 加工しやすいのでデザイン性に優れる。瓦やスレート葺きではできない形状の屋根を作ることがでる。
ハイ
ブリッド
瓦や金属の利点を活かしつつ、弱点を克服したもの。 様々な材料からなる複合的(ハイブリッド)な屋根材で、耐久性も優れている。 瓦よりも軽く、デザインも様々なものがあり、注目が高まっている。

お住まいの外観や予算に合わせて
使用する屋根材を検討していくとよいでしょう。
詳しい説明はこちらの屋根材についてをご覧ください。

屋根材の詳細はコチラへ



■お住まいの屋根工事ここがポイント

■点検・お見積り・ご相談無料!

ご不明点やご相談など屋根のことなら何でもお問い合わせください。


点検・お見積り・ご相談無料!お気軽にお問い合わせください!