アスファルトシングル屋根のチェックポイントとメンテナンス方法

千葉の『街の屋根やさん』は千葉 市原 袖ヶ浦 木更津 君津を中心に 千葉県全域で屋根工事や屋根リフォーム、軽微な屋根の修理、屋根の塗り替え(屋根塗装)、古くなった屋根の葺き替え工事(屋根葺き替え)をおこなっています。

あなたの街の屋根工事 屋根塗装 屋根リフォーム 屋根のトラブルおまかせ下さい!

千葉県全域 あなたの街の屋根工事 屋根塗装 屋根リフォーム あなたの大切なお住まい、定期的にメンテナンスしてあげていますか? 高品質なサービスを、よりリーズナブルに「お客様にとって一番のおつきあい」 私たちはそんな街の屋根やさんです

株式会社シェアテック
〒292-0804 千葉県木更津市文京5-11-16 ST×BASE
TEL :0120-989-936 FAX :0438-38-3310
E-mail : info@sharetech.co.jp

お客様のインタビュー動画

屋根葺き替え工事をご依頼いただいた長生郡白子町のお客様より、竣工後の感想を伺いました。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん千葉 施工事例
街の屋根やさん千葉 お客様に聞いた「街の屋根やさんを選んだ理由」
2020年11月27 日更新 本日の現場ブログ
屋根工事のご依頼・ご相談が初めての方へ
オンラインにて屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
雨漏りにお困りの方、お任せ下さい
屋根を軽くして耐震対策 地震に強い屋根
屋根の台風対策 強風と豪雨にご注意を!
散水検査
お客様の声その壱 お客様の声その弐 お客様の声その参
お客様の声の動画ページに移動
お客様の声を動画でご紹介
Company Profile
街の屋根やさんのご紹介
街の屋根やさんとは?
街の屋根やさんが選ばれる6つの理由
街の屋根やさん10のルール
街の屋根やさん、専門スタッフのご紹介
不安ゼロ宣言
マイスター制度
充実の長期保証
The kind of roofing work
屋根工事の種類
葺き替え工事のご案内葺き替え工事
屋根カバー工法のご案内カバー工法
屋根・外壁塗装工事のご案内屋根・外壁
塗装工事
棟板金工事のご案内板金工事
漆喰工事のご案内漆喰工事
雨樋工事のご案内雨樋工事
防水工事のご案内防水工事
屋根葺き直し
瓦工事
破風・鼻隠し・ケラバの補修
軒天の雨染みと
剥がれは見逃し厳禁
庇の役割とメンテナンス方法
シーリングやコーキングの種類と使用法
意外と多い笠木が原因のベランダからの雨漏り
雨漏りにも強い立平葺き
雨樋の詰まりに落ち葉除けネットがお薦め
ポリカ波板屋根と防水工事でベランダをより強く
快適生活をサポートする
換気棟
屋根リフォームで夏の暑さ対策
落雪被害を防ぐ雪止め設置
タスペーサーの重要性
ウレタン防水が選ばれる理由とメンテナンス方法
シート防水が施工された屋上のメンテナンス方法
FRP防水が最強である理由
雨漏りの原因となりやすいパラペットのメンテナンス
セメント瓦・モニエル瓦
最適なメンテナンス方法
大波・小波スレートの最適なメンテナンス方法
複雑な形状の屋根の面積
係数を使って簡単算出
屋根の形
屋根の最も重要な部分
野地板のメンテナンス
工場や倉庫のメンテナンス
アパート・マンション、ビル
のメンテナンス
別荘のメンテナンス
様々な屋根の面積の求め方
天窓のお困り事・お悩み事
カーポートを自己負担なしで建て直せる条件・費用
RC造からの雨漏りを防ぐ適切なメンテナンス方法
屋根工事を必要している方、屋根のことでお悩みの方へ
お住まい、屋根のメンテナンスサイクル完全版
各種屋根工事の料金プラン屋根工事の料金について
弊社のご案内弊社のご案内
屋根の資料請求はコチラ 屋根やさん対応エリア

千葉県の市原市・袖ヶ浦市・木更津市・君津市を中心に千葉県全域が対応エリアとなっております。
その他の地域の方もお気軽にご相談下さい!

  • 一般リフォーム
  • 屋根リフォーム
  • 屋根工事
  • 屋根修理
  • 屋根塗装
  • 屋根葺き替え
  • カバー工法
  • 漆喰(しっくい)工事
  • 雨樋(あまどい)工事
  • 雨漏り修理
  • 雨漏り工事

屋根リフォームのことなら、どんなことでもご遠慮なくお問い合わせ下さい。

屋根の資料請求はコチラ 屋根やさん施工実績

 下に挙げたものは、1999年5月~2020年3月までに街の屋根やさんが直接施工した件数と地域です。小規模な屋根修理から大規模な屋根の葺き替え、一般のお住まいだけでなく大きな工場等の建築物の屋根にも幅広く対応しております。
最近の屋根工事事例やお客様の声は右側の各種メニューからご覧ください。

東葛飾エリア
市川・・195
松戸・・189
習志野・・140
流山・・94
鎌ヶ谷・・175
船橋・・340
野田・・83
柏・・94
我孫子・・80
浦安・・175

北総エリア
銚子・・72
佐倉・・143
四街道・・116
印西・・109
富里・・187
香取・・116
成田・・265
旭・・141
八街・・365
白井・・174
匝瑳・・107
印旛郡酒々井町・・91
印旛郡印旛村・・13
印旛郡本埜町・・14
印旛郡栄町・・30
香取郡神崎町・・27
香取郡多古町・・34
香取郡東庄町・・16

千葉エリア
千葉市中央区・・244
千葉市稲毛区・・170
千葉市緑区・・206
千葉市花見川区・・179
千葉市若葉区・・165
千葉市美浜区・・116
八千代市・・160
市原市・・670

九十九里エリア
茂原市・・147
勝浦市・・44
いすみ市・・100
東金市・・134
山武市・・90
山武郡大網白里町・・33
山武郡九十九里町・・67
山武郡芝山町・・24
山武郡横芝光町・・41
長生郡一宮町・・45
長生郡睦沢町・・13
長生郡長生村・・39
長生郡白子町・・48
長生郡長柄町・・21
長生郡長南町・・11
夷隅郡大多喜町・・19
夷隅郡御宿町・・17

南房総エリア
袖ケ浦・・221
木更津・・437
君津・・285
富津・・118
南房総・・63
安房郡鋸南町・・40
館山・・57
鴨川・・28

ご連絡先はこちらです ご連絡先はこちら

株式会社シェアテック
千葉県木更津市文京5-11-16 ST×BASE
TEL : 0438-38-3373
FAX : 0438-38-3310
E-mail : info@sharetech.co.jp

街の屋根やさん千葉

アスファルトシングル屋根のチェックポイントとメンテナンス方法

アスファルトシングル屋根のチェックポイントとメンテナンス方法

 皆さんは「屋根材」というとどのような屋根を思い浮かべるでしょう?多くの方は瓦やスレートではないでしょうか?新築を検討されている方や最近リフォームをされた方であれば金属屋根材も注目しているかと思います。これらはすべて日本国内の住宅で上記3種類の屋根材を使用しており毎日意識せずとも見ているからですよね?

 では他国の屋根材はいかがでしょう?例えばヨーロッパでは、瓦といってもJ形の日本瓦や平板のF形ではなく、緩いカーブを描いたS形の瓦が主流です。一方アメリカでは8割近くがアスファルトシングルという屋根材を使用しております。そのアスファルトシングルですが日本でも使用されているのです。

 しかしまだまだシェア率が低い為補修方法を知らない屋根業者が存在すること、メンテナンス方法を知らないという方も少なくありません。

安心して生活するためにも屋根材の特徴や補修方法・注意点は少なくとも把握しておかなければなりません。そこで今回は他の屋根材とは性質が異なるアスファルトシングルについてチェックポイントやリフォーム時のメンテナンス方法について詳しくご紹介させていただきたいと思います。

アスファルトシングルとは

 日本ではあまり見ることのないアスファルトシングルですが、実は北米で開発されてから100年以上も使われ続けている歴史の長い屋根材です。現在でもほとんどの住宅で使用されていますので、日本での和瓦と同じく、アメリカ国民からすれば屋根材=アスファルトシングルなのでしょう。日本では2007年から、建築基準法改正によってアスファルトシングルが戸建てやマンションにも使用されるようになりました。

北米で開発され100年以上の歴史の長い屋根材、アスファルトシングル

アスファルトシングル

 アスファルトシングルはガラス繊維を基盤に道路の舗装にも使用されるアスファルトを浸透させコーティングした屋根材です。表面には傷がつかないよう着色された砂粒が吹き付けられているのですが、最大の特徴はその形状です。粘土を焼いて固く形成された瓦やセメントを圧縮したスレートとは違い、アスファルトシングルはアスファルトをしみこませたシートですので柔らかく、曲げることもカッターで切ることもできるので、下葺き材の防水紙(ルーフィング)の仕上げ屋根材バージョンと考えていただいたほうがしっくりくるでしょう。

日本の近年建築されている住宅寿命は平均30年といわれています。一方アメリカは70年以上、リフォームを続けながら住宅を使うライフスタイルです。屋根材が剥がれれば自身でも貼り直す、正に生活にマッチする屋根材という事です。

ちなみに…
 日本でも築100年超の古民家がありますよね?昔の住宅は大きな柱で大きな梁を支え、風通しが良く寿命も長い住宅でした。それこそ長寿命の住宅を守るには塗装の必要がない和瓦が最適だったのです。

 しかし月日が経つごとに核家族世帯が増え、住宅の大きさではなく快適なライフスタイルを求めコスト・間取り・導線・設備が重要視されるようになりました。結果、現在の住宅は世代を越え住み続けるではなく、建て替える・引っ越すという考えにシフトしたため、高く重たい瓦よりも軽く安価なスレートが人気になりつつあるのです。

核家族世帯が増え、建て替える・引っ越すという考えにシフトしスレートが人気

柔軟かつ洋風な雰囲気を漂わせるアスファルトシングル

 柔軟かつ洋風な雰囲気を漂わせるアスファルトシングルは現在、複雑な屋根形状の住宅やログハウスに使用されているケースが多いように感じますが、加工が簡単な為DIYが趣味の方も注目しているのではと思います。
 アスファルトシングルの歴史と魅力についてご紹介しましたが続いてチェックすべきはそのメンテナンス方法です。アスファルトシングルが気になっている、アスファルトシングルを施工してから数年経過する、メンテナンスを検討中という方はしっかり確認しておきましょう。

あなたの屋根はアスファルトシングル

二重のチェックで不具合を早期発見!

 お住まいもお体と同じです。悪いところは早期に発見し、迅速にケアして上げれば、大事に至ることはありませんし、費用もお安くなります。

定期的な点検の他、悪天候後も検査してあげれば完璧でしょう。しかし、屋根に上るのは危険ですし、体の病状の判断と同じように、その道の専門家でなければ不具合を見逃してしまうことも考えられます。

定期的な点検

悪天候後の点検は街の屋根やさんへ!

 台風の時などにご自分のお住まいの心配をされ、屋根に上り、風に煽られ、落下してしまうという事故が毎年、後を絶ちません。

 点検は無理をしないで、見える範囲だけでも大丈夫です。それ以上のことは私たち街の屋根やさんにお任せください。無料点検のご利用がお得です。

街の屋根やさんの無料点検はこちら

立地次第では2階の屋根もしっかり見える?

ご自宅近くにお住まいよりも高い場所があり、そこからの見晴らしが良ければ、2階の屋根もしっかりとチェックできるでしょう。

 多少遠かろうと、双眼鏡や望遠鏡を使えば、バッチリです。ただし、そういった道具を使った場合、他人には明らかに怪しい人に映るので注意が必要です。お勧めはできません。

立地次第では2階の屋根もしっかり見える

私たち街の屋根やさんではドローンを使用した屋根点検も承っておりますので、急勾配屋根・3階建て以上の住宅、狭小地住宅のいずれかに当てはまる方もお気軽にご相談ください。 (※飛行禁止区域に該当する一部地域ではドローン点検は行えません)

ドローンによる屋根点検も承っております!

屋根材を傷つけることなく急こう配や3階建て、狭小地のお住まいでも安全に点検できます

簡単屋根診断アスファルトシングル編

1.剥がれ(浮き)をチェック

1.剥がれ(浮き)をチェック

 アスファルトシングルは釘と接着材(セメント)を併用して固定していきます。接着材や圧着が不足しているとそこから剥がれてきます。釘で固定されているので、脱落してしまうことはないのですが、アスファルトシングルは柔らかい屋根材ですので剥がれた状態で風に煽られ続けますと千切れてしまうこともあります。

普段から風が強く当たる方角を入念にチェックしてあげてください。台風などの強風後も目視でいいですから点検してあげましょう。

メリット 接着力が不足していたためか、強風で持ち上げられてしまいました。
デメリット 風に煽られ続けますと、最悪の場合、千切れて飛散してしまいます。

台風・地震後の二次被害を防ぐために

2.剥がれ(脱落・飛散)をチェック

剥がれ(脱落・飛散)をチェック

 アスファルトシングルはそのデザインからかログハウスなどに用いられることが多いようです。ログハウスというと急勾配の屋根が多く、緩い勾配の屋根より風の影響を強く受けます。決して風に弱い屋根材というわけではないのですが、使用環境を考えるとかなり過酷と言えるでしょう。

 台風などの強風後、「何枚か屋根材が剥がれて飛散してしまった」とご相談を受けることもしばしばあります。

色が変化しているところが剥がれて飛散した部分

 色が変化しているところが剥がれて飛散した部分。剥がれている部分に規則性を感じられるので、特に風当たりが強かったのかもしれません。

アスファルトシングルの下の防水紙も破れてしまったケース

 アスファルトシングルの下の防水紙も破れてしまったケース。アスファルトシングルそのものに元から接着剤がついているものもあるので、そういった製品では剥がれてしまうと防水紙に影響を与えるケースも考えられます。

3.表面の劣化をチェック

表面の劣化をチェック

 アスファルトシングルは表面に天然砕石や彩色砂が貼り付けてあります。この石粒は工事の時に剥がれる事を考慮して余分につけられたものなので、施工後1年くらいは落下してきます。その後は止まるのですが、劣化が進むと石粒が層となって剥離してきます。ここまで来ると下地のフェルト紙も露出してしまうので、屋根材としては限界です。

 前述のようにアスファルトシングルはログハウスの屋根に使われることが多く、それを別荘として所有している方もいらっしゃいます。久しぶりに訪れたら、屋根がボロボロになっていたとお問い合わせをいただくことも珍しいことではありません。

 劣化が進み、アスファルトシングルの表面が崩れてきたケース

 劣化が進み、アスファルトシングルの表面が崩れてきたケース。下地のフェルト紙が露出してしまっている。こうなると雨水はフェルト紙を通過し、内部へと入り込んでいく。

劣化と風雨によって、完全に表面の石粒が取り除かれてしまったケース

 劣化と風雨によって、完全に表面の石粒が取り除かれてしまったケース。恐らく内部では漏水が始まっているでしょう。

アスファルトシングルの補修方法

1.剥がれた(浮いている)箇所の補修

剥がれた(浮いている)箇所の補修

 剥がれている部分の補修です。剥がれている部分とその周りを綺麗に清掃し、専用の接着剤(セメント)を用いて貼り合わせます。

 早期であれば、浮き上がっていたことが分からないくらい綺麗になります。風に煽られて千切れてしまわないうちに補修してあげましょう。

Befor

beforから

After

Befor

beforから

After

2.屋根塗装

屋根塗装

  表面の石粒の剥離が心配な場合は屋根塗装によって保護してあげることもできます。
 ただし油性(溶剤)塗料を使用するとアスファルトの成分が溶け出し美観性を損ねるだけでなく耐久性も著しく低下させてしまいますので、使用する塗料は水性のものに限られます。

 アスファルトシングルが部分的に脱落したり、千切れてしまったりした場合はタッカーなどで固定・セメントで接着してからの塗装も可能です(状態によります)。

Befor

beforから

After

Befor

beforから

After

詳しくは屋根塗装工事のページへ

3.屋根カバー工法

屋根カバー工法

 屋根全体の傷みが激しくても、下地が健全である場合は屋根の葺き替えではなく、屋根カバー工法をご提案しています。これまでの屋根の上に新しい屋根を被せる屋根カバー工法は廃材がほぼ発生しません。したがって、廃材処理費もほぼ発生しないので、おススメの工事です。

 アスファルトシングルは屋根カバー工法にも使える屋根材ですが、弊社では実績のある金属屋根材での施工をお勧めしています。表面の石粒が「好きだ」、「拘っている」という方もご安心ください。金属屋根材にも石粒を葺きつけた製品がございます。

Befor

beforから

After

Befor

beforから

After

※葺き替え後の屋根材画像は金属屋根材のエコグラーニ

詳しくは屋根カバー工法のページへ

片流れ屋根のメリット

片流れ屋根のメリット

表面のアスファルトシングル、その下の防水紙を解体し、下地から屋根を造りなおす工事になります。屋根リフォームの中では大規模なもので、解体費、廃材処理費、新しい屋根材の材料費、そして工事費が掛かるので、高額になりますし、工期も長めとなります。

Befor

beforから

After

Befor

beforから

After

 アスファルトシングルも軽い屋根材ですが、それよりも軽いのが金属屋根材です。耐震性を考えた場合、軽い屋根の方が有利ですから、私たち街の屋根やさんでは金属屋根材をお勧めしております。耐久性も高く工事後のメンテナンスも少なくてすみます。前述のように石粒が吹き付けられた屋根材がよいという方にはそのような金属屋根材をご紹介いたします。

詳しくは屋根葺き替え工事のページへ

街の屋根やさんオススメのアスファルトシングル屋根材

 アスファルトシングル屋根材と一言で言っても様々な屋根材メーカーが販売しております。しなやかな仕様は変わりませんが、保証等からアスファルトシングルが高い性能を持つ屋根材という事がお分かりいただけるかと思いますのでいくつかご紹介したいと思います。

リッジウェイ

リッジウェイ

 旭ファイバーグラス株式会社のリッジウェイはランダムなカラーによって立体感をより一層感じさせるアスファルトシングル屋根材です。個性的な屋根カラーですが落ち着いた仕上がりですので、和洋折衷のお住まいにもピッタリな屋根材です。製品保証は10年、この間に製品不具合による雨漏り・飛散が生じた場合に保証が受けられます。屋根材のメンテナンス時期といわれている10年間、不安なく生活できるとなれば安心ですね。

リッジウェイについて詳しくはこちら

オークリッジスーパー

オークリッジスーパー

 オーウェンスコーニング社が製造・販売するアスファルトシングル屋根材オークリッジスーパーの最大の特徴は【ライフタイムワランティー】です。簡単に説明すると制限があるものの長期的に製品の保証をするというものです。制限は経過年数によって異なり、施工費・材料費の〇%保証するというものですが、施工後40年が経過した際にも保証がついているというのは他の屋根材を探してもありません。

 カラーは7種類、独特なグラデーションが屋根に立体感と上品な印象を与え、日本で滅多に見ることのできない素敵な洋風住宅に仕上がります。

 他にもニチハのアルマ、田島ルーフィング光触媒仕上げのSINGLEなど特徴的なアスファルトシングルが多くございます。デザインで決めるも良し、性能で決めるも良し、日本の環境に合わせて考えられたアスファルトシングルでお住まいのイメージチェンジを図るのも楽しみですね。

片流れ屋根のメリット

 アスファルトシングルの屋根診断と補修方法についてご紹介しましたが、普及率が多くない屋根材だからこそ誰に聞いても曖昧な返答ばかり。施工業者に任せているだけではいずれ「もっと知っていれば良かった…」という後悔をしてしまうことも…。そこでアスファルトシングルを使用する際にチェックしておいていただきたい項目をまとめましたので、施工時にぜひ参考にしてみてください。

① 施工・補修できない屋根業者が存在する!

経験のない屋根業者大丈夫かしら…

 これは先ほども申し上げましたが、日本国内でのアスファルトシングル施工実績は多くありません。アスファルトシングルを施工したことが無いという屋根工事業者がいても不思議ではないのです。

 しかし敢えて申告する業者もいないでしょう。知っているだろうと甘い考えで工事を頼んだ結果施工方法を誤り雨漏りを起こしてしまった…というトラブルが起きないよう、前もって施工実績があるのか、施工上の注意点を把握しておいて再確認など、業者任せにすることがないようチェックしておきましょう。

② 軽量だけどもっと軽い屋根材がある!

1㎡あたりの重さの比較

 シート状のアスファルトシングルは軽いというイメージがありますよね?実際屋根材の中でも軽量屋根材に分類されます。較べてみるとスレート屋根材が1㎡あたり20㎏アスファルトシングルは1㎡あたり12㎏です。

 しかし金属屋根材の場合は1㎡あたり5~6㎏です。以上のことから屋根カバー工法時にはアスファルトシングルではなく金属屋根材をお薦めしているという事です。屋根リフォーム時には見た目や印象に惑わされないよう使用屋根材の特徴を把握しておきましょうね。

③ 雪止めは先付けが安心!

雪止め

 どの屋根材にもその屋根材に適した雪止め金具があり、施工時もしくは後付けも対応が可能になっています。もちろんアスファルトシングルにも雪止め金具が用意されているのですが、先付けをお薦めしております。

 もちろん固定の問題からアスファルトシングルに限ったことではありませんが、アスファルトシングルは特にです。

  というのも、アスファルトシングルは釘だけでなく接着材も使って固定しているため、施工の状況次第では捲って差し込めない場所が存在するという事です。強風で剥がれないよう接着させているため正しい本来の施工方法ですが雪止め設置が一段と難しい場面となります。

 元より近隣住宅が近い、カーポート等の破損リスクがある、近年雪が降る地域は施工の段階で雪止めを設置しておくようにしましょう。

屋根にのぼるのは危険です!

④ 滑りやすい屋根上に注意!

 屋根表面に石粒があるからザラザラで滑りにくそう。そう思っている方は要注意です。確かに石粒のお陰でツルツルの屋根面よりは安心感があると思います。しかし石粒は吹き付けているだけであって経年劣化で剥がれ落ちる可能性もあります。運悪く足元の石粒がまとめて剥離するようなことがあれば落下する危険がありますので、DIY時にも注意しましょう。(可能な限り屋根に上ることは避けていただき、屋根の調査やメンテナンスが必要な際は専門業者に依頼しましょう。)

屋根表面の石粒が剥がれ滑りやすい

 またもう一つ滑りやすくなる要因としてコケやカビが挙げられます。スレート屋根の場合オレンジ色に見えているものがコケやカビに該当しますが、表面に石粒があるアスファルトシングルは見えにくい場所に苔やカビが繁殖している可能性があるのです。アメリカで落下・事故事例がなくとも高温多湿な日本だからこそ危険が潜んでいます。ご自身で軽微な補修を行う場合でも充分な確認を行ってから作業を行うようにしましょう。

コケやカビが発生し滑りやすい

軽微な補修・全面リフォームも街の屋根やさんにお任せください

 アスファルトシングルは大きなホームセンターでは販売されており、上述した通り簡単に加工できる為ご自身で物置等の屋根を施工することも可能です。DIYで少しの剥がれが補修できるのであればそれほど効果の高い節約は他にないでしょう。

しかしなぜ屋根工事を屋根工事業者が行うのか、

一つは高所作業が危険だから

一つは屋根が単純な構造ではないから

一つは誤った補修で雨漏りを起こす可能性があるからです。

 屋根塗装時には縁切りが必要ですし、屋根工事時にはアスファルトシングルの継ぎ目同士が重ならないように施工しなければならず、劣化の状況次第では葺き替えを行わなければならない、そういったことを屋根上で対応しなければなりません。

客様のご希望と屋根に必要な補修を考慮し最適なメンテナンス方法をご提案します!

 軽微な補修をプロに任せても断られそう、大規模な工事を提案されそうと不安を感じる方も多いかと思いますが、私たち街の屋根やさんはお客様のご希望と屋根に必要な補修を考慮したうえで最適なメンテナンス方法をご提案させていただきます。もちろん点検・お見積りは無料ですのでご安心ください。

軽微な補修もお任せください

無料点検について詳しくはこちら

点検・ご相談お見積りは無料です!お気軽にご相談ください!

アスファルトシングルに関するまとめ

●アスファルトシングルとはガラス繊維にアスファルトを浸透させたシート状の屋根材です。加工が簡単で曲面も施工できるアメリカで主流となっている屋根材です。

●アスファルトシングルに限りませんが、屋根の異常に気付いた時点で対応することで被害も補修費用も最小限に抑えることができます。

●釘と接着剤で強固に固定されているアスファルトシングルですが、柔らかいため強風に煽られ剥がれる被害もあります。劣化が酷いケースでは千切れて飛散することもあるため定期的なメンテナンスが必要不可欠です。

●部分的な破損であれば接着剤で貼り直すことができます・表面の劣化が気になる場合は屋根塗装も可能ですが、屋根材の性質上【水性塗料】しか使用できません。

●アスファルトシングルには屋根カバー工法も可能ですので屋根全体の重量や劣化の程度を見極め、葺き替え工事を行うのかを検討していきましょう。

●日本国内ではアスファルトシングルの実績数は多くない為、知識が十分でない屋根工事業者も存在します。施工後に後悔しないようご自身でも正しい知識を身に付け屋根工事・リフォーム・DIYに取り組みましょう。

●アスファルトシングルは軽微な補修が何度か必要になる屋根材です。プロに頼みにくいと思っていても屋根上での作業は大変危険ですので、状態が気になる・補修が必要だとお困りの方は私たち街の屋根やさんへお気軽にご相談ください。

街の屋根やさんは千葉県以外にも東京都、神奈川県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方の地域の街の屋根さんをお選びください。


■お住まいの屋根工事ここがポイント

■点検・お見積り・ご相談無料!

ご不明点やご相談など屋根のことなら何でもお問い合わせください。


点検・お見積り・ご相談無料!お気軽にお問い合わせください!

お問い合わせ
FAX番号