台風対策、雨漏りなどは街の屋根やさんへ

屋根お役立ち情報

  屋根のメンテナンスと聞いて ピンと来ない方も多いかもしれないけれど、 屋根にはメンテナンスが絶対に必要です!
  屋根のメンテナンスやリフォームというと、老朽化が進んだ家と決め付けてしまう方も多いようですが、実は違います。昔に較べて住宅の建材の性能は飛躍的に伸びました。そのことで、安心している方も多いでしょう。  では、昔に較べて天候の方はどうでしょうか。季節を問わず発生する爆弾低気圧、毎年恒例となった記録的な夏の酷暑、地球温暖化の影響からか年々大型化する台風、ゲリラ豪雨に竜巻、冬の積雪… 近年より過酷になっていること間違いありません。年中日ざらし・雨ざらしの屋根にはダメージが蓄積され続けているのです。

年中日ざらし
雨ざらしの
屋根には
ダメージが蓄積

屋根の
定期的な点検と
メンテナンスで
屋根の寿命を
延ばす!

  さらには屋根や家屋にダメージを与えるものとして地震があります。東日本大震災からの復興はまだ途中です。
  屋根リフォームやメンテナンスはダメージを蓄積し続けている屋根に対し、雨漏りの防止の他、暴風や地震時に備えて屋根材が飛散や落下しないように予防を目的として行われます。補修や塗装を行うことによってダメージを回復し、寿命を延ばすことができるのです。
  これまで点検を受けたことのない方、何となく不安だったけど先延ばしにしてきた方、街の屋根やさんの無料点検を受けてみてはいかがでしょうか。私たちは年間600~700件のお住まいを点検していますが、本当に工事が必要とされ、実際に工事を引き受けるのは200件程になります。梅雨や台風シーズン前に点検を受けておけば、長雨の時も、暴風の時もすっきりお過ごしいただけると思います。

新築から10年が一つの目安

メンテナンスの時期を知っておきましょう!

仕切り線

  屋根の葺き替えカバー工法などの大規模リフォームは極度の劣化や老朽化、雨漏りがなければ必要ありません。ただし、定期的なメンテナンスを忘れてはなりません。スレート(コロニアル・カラーベスト)、瓦、金属、様々な素材がありますが、新築から10年を一つの目安として考えましょう。

  もちろん、10年経過する前に点検を行い、メンテナンスをしておけば、大規模リフォームを行わなくてはならないリスクを軽減することができます。屋根とお住まいが受けるダメージは立地と環境によって大きく左右されます。早め早めの点検メンテナンス屋根の寿命を延ばしトータルでのコストを下げるのです。

Point!

定期点検で気をつけたいポイント

スレート(コロニアル・カラーベスト)屋根

棟板金の釘の浮き

棟板金の釘の浮き

  板金を固定している力が弱まっています。中の貫板に異常がないようなら、釘やビスの打ち増しをすると良いでしょう。

棟板金の釘の浮

棟板金の浮き・変形

  強風で煽られると屋根材との隙間ができてしまいます。隙間があればあるほど、風の影響も受けますし、雨水も浸入してきます。隙間が小さく、中の貫板に異常がなければ、釘やビスの打ち増しで元に戻すこともできますが、棟板金を交換した方が良いケースもあります。

屋根材の欠け

屋根材の割れや欠け

  強風時の飛来物などによって屋根材に割れや欠けが生じることがあります。軽微なものならば、補修可能です。

瓦屋根

漆喰の剥がれ

漆喰の剥がれ

  瓦と瓦の間に詰まっている漆喰が崩れてしまうと瓦の固定力が弱まります。瓦はメンテナンスフリーと言われていますが、この部分だけはお手入れが必要です。漆喰の詰め増しや棟瓦の取り直しが必要になります。

銅線のゆがみ

銅線の緩み

  瓦をまとめている銅線が緩むと、瓦がずれてしまう恐れがあります。揺れや強風時に引っ掛かったビニール袋が原因でゆるむことがあるようです。

瓦のズレ

瓦のズレ

  強風や揺れでずれてしまうことがあります。ずれると、そこから雨水が浸入してくる恐れがあります。正常なの位置へ戻しましょう。

瓦の割れ、欠け

瓦の割れ、欠け

  瓦の弱点は割れやすいところです。強風時の飛来物で割れてしまう場合があります。部分的な交換が必要です。

金属屋根

表面の色褪せ

表面の劣化

  表面の色褪せは劣化している証拠です。放置するとサビにつながり、屋根全体を侵食していきます。

表面の傷

表面の傷

  飛来物などで表面が傷つきますと、そこからサビがはじまります。最近はサビに強い金属屋根材も発売されていますが、それでも弱点には変わりありません。

屋根工事と屋根リフォームのお得情報

仕切り線

お得情報01

工事をおまとめしてコストカット!!

  屋根は高所作業となるため、多くの工事で足場が必要となります。「雨樋の掃除や交換」、「軒天や破風の塗装」、「外壁塗装」など他の足場が必要となる工事を一緒に行いますと、足場の架設費用が1回分となりますので、お得になります。

工事をまとめて足場費用がお得!
お得情報02

自然災害による屋根の補修には
火災保険が適用されるケースが多くあります。

  火災保険は火災による損害だけを補償するものではありません。「台風による棟板金の飛散」、「大雪による雨樋の破損」などにも対応しています。保証の適用は契約内容や損害額によっても変ってきますので、改めて加入している保証内容を確認しておくことが大切です。

火災保険が適用される場合がある
お得情報03

自治体によっては
リフォーム助成金やヒートアイランド対策に対する
助成金制度があります。

  詳しくは各自治体にお問い合わせください。

自治体により助成金制度がある

リフォーム会社を選ぶ6つのポイント

仕切り線

Point

01.

地元で長く営業している
会社を選択肢に

  遠方から作業に来る業者はその手間が加算され、工事金額が高くなる傾向にあります。遠方の場合、何かあったときのアフターサービスも心配です。
  地元での信用がない限り、その地域で長く営業することは不可能です。地元で長く営業している会社はそれなりに信頼できるはずです。地元の業者はその地域の噂を気にするため、万が一施工後に何かあっても、すぐに駆けつけてくれるでしょう。

Point

02.

施工事例の写真などを
見せてもらう

  リフォームを依頼しようとしている会社が、信頼できるかどうかの判断材料の一つは、その会社が過去に手がけた施工例の写真などを快く見せてくれるかどうかです。実際の施工例はその会社の実績であり、財産です。宣伝や営業の材料にもなるので、信頼できる会社なら大切に保管しています。施工の善し悪しなどを確認するのは難しいかもしれませんが、ある程度のことは分かると思います。その会社ですでにリフォームを行った方に評判や感想を聞ける機会があれば、ぜひ聞いておきましょう。

Point

03.

担当者との相性

  信頼できる会社とは、信頼できる営業マン、信用できる担当者で成り立っているものです。信用できる担当者とは、あなたの家の屋根の状態を的確に正しく伝えてくれる担当者になります。美観だけを求めて多額のリフォームをすることは正直あまりお勧めできません。屋根の役割とは、家全体を日差しや、雨風、雪から守り、換気がしっかりできることです。あなたの希望に対し、誠実に必要なリフォームの提案をしてくれる担当者であれば安心して良いでしょう。費用、工期、近隣対策、さらにアフターサービスまでの全てを考えて、「この人なら大丈夫」と思える担当者を見つけましょう。時間をかけて、丁寧に話を聞いてくれる担当者ならば、お客さまの様々な悩みをや考えを聞いて、現状を把握し、トータルして「何が最善の解決策か」を提案してくれるはずです。

Point

05.

「飛び込み」の
営業にご注意!!

  ある日突然、作業服を着たリフォーム会社の社員だと名乗るものが訪問してきて・・
  「このままだと雨漏りがする」、「すぐに工事をやったほうが良い」とお客様の不安をあおる人もいます。実際に私もそのような経験をした方を何人も知っています。その業者が悪徳かどうかの判断は難しいのですが本来、必要のない工事を薦められることが多いようです。最近は大分減ったようですが、未だにリフォーム業界全体が抱える問題となっています。このような会社は殆どが地元で営業をしていません。まずはリフォームする必要があるのかを冷静になって考え、心配であれば、地元の信頼できる会社に屋根の点検をしてもらいましょう。

足場の架設 点検風景
金属屋根の葺き替え 高圧洗浄
Point

04.

価格だけの判断は危険

  新聞広告やインターネット、様々なメディアで情報が入手でき、お値段の比較もしやすい時代になりました。ついつい安さに惹かれてしまいがちですが、よくよく話を聞いて見ると「足場代は別途」とか「キャンペーン終了」とか価格や値段は業者の思惑でどうにでもなります。ハッキリ言って、やりたい放題です。値段はあくまで数ある判断基準の内の1つと考えましょう。逆に安さだけを売りにしている業者は工事の品質が心配です。工事内容や材料費・作業費を明確にしてくれる会社ならば、貴方も選びやすく、納得できると思います。

Point

05.

「飛び込み」の
営業にご注意!!

  ある日突然、作業服を着たリフォーム会社の社員だと名乗るものが訪問してきて・・
  「このままだと雨漏りがする」、「すぐに工事をやったほうが良い」とお客様の不安をあおる人もいます。実際に私もそのような経験をした方を何人も知っています。その業者が悪徳かどうかの判断は難しいのですが本来、必要のない工事を薦められることが多いようです。最近は大分減ったようですが、未だにリフォーム業界全体が抱える問題となっています。このような会社は殆どが地元で営業をしていません。まずはリフォームする必要があるのかを冷静になって考え、心配であれば、地元の信頼できる会社に屋根の点検をしてもらいましょう。

足場の架設 点検風景
Point

06.

値引きばかりをちらつかせる
大胆値引きをする 業者にご注意!!

  お住まいは一軒一軒異なるものですから、見積りもそのお住まいによって変わります。たとえ全く同じに造られたお住まいであっても、立地、環境、使用状況などで変わります。また、「お客様にとって必要なもの」、「お客様にとって価値があるもの」がお客様それぞれ異なるので、それによってもお見積もりは変わってきます。
  お客様にとって最高の提案をしたはずの「お見積もり書」のはずなのに「今だけ~○○円値引きします」、「お客様だけ○○円引きますから」というのはどういうことなのでしょうか。値引きは嬉しいものですが、あまりにも値引きしてくれたのではお見積もりの意味がありません。そもそも、そのお見積もりは正確なものなのでしょうか。こんな会社の場合、見積の精度を疑ってしまいます。
  見積書の内容正しく誠意を持って説明してくれる、その工事内容や材料費・作業費を明確にしてくれる会社を選びましょう。

せっかく手に入れたお住まいです。
屋根のリフォームやメンテナンスをしてくれる業者も
信頼できる業者に頼みたいものです。



■お住まいの屋根工事ここがポイント

■点検・お見積り・ご相談無料!

ご不明点やご相談など屋根のことなら何でもお問い合わせください。


点検・お見積り・ご相談無料!お気軽にお問い合わせください!