金属屋根のチェックポイント|金属屋根の修理なら街の屋根やさん千葉

スレート

あなたの屋根は金属屋根

こまめな点検は必要だけど、
無理は禁物です!

  お住まいの不具合は早めに発見してあげ、迅速に補修してあげるのが基本です。お住まいの傷みも少なくて済みますし、軽微であればあるほど費用もお安くなります。
  不具合を早めに発見してあげるには定期的な点検の他、悪天候後の検査が必要です。しかし、屋根に上るのは危険です。台風の時などにご自分のお住まいの心配をされ、屋根に上ってしまい、風に煽られ、落下してしまうという事故が毎年、発生しています。
  無理せず、見える範囲で点検してあげましょう。

屋根に上ったり、梯子を使用せず、
お住まいの屋根をしっかりと見る方法

ご自宅近くに小高い場所があれば、そこから双眼鏡や望遠鏡を使って見るという方法もあります。 ただし、環境や立地によっては変質者に間違えられる可能性もあるので、あまりお奨めはできません。

屋根に上ったり、梯子を使用せず、
お住まいの屋根をしっかりと見る方法

ご自宅近くに小高い場所があれば、そこから双眼鏡や望遠鏡を使って見るという方法もあります。 ただし、環境や立地によっては変質者に間違えられる可能性もあるので、あまりお奨めはできません。

金属屋根のご自分でできる簡単屋根診断

屋根材の浮きや
剥がれをチェック
 金属屋根も老朽化してくると固定している力が弱まり、浮いてしまったり、剥がれてきてしまったりします。浮いてしまった部分や剥がれてしまった部分は風の影響と抵抗が増えますので、より浮き上がりやすい状態になり、最終的にはめくれあがってしまう場合もあります。
瓦 瓦の歪み
  経年による劣化などで屋根材が剥がれてしまうことがあります。
  放置すればそこからさらに被害が悪化します。
 
  屋根材が剥がれていた箇所は強風などにより完全にめくれてしまいます。
  この状態では屋根の内部に直に雨水が当たり、お住まい全体が傷んでしまいます。
色褪せや傷、
サビをチェック
 色褪せは塗装が弱ってきた状態です。放っておけば、遠からぬうちにサビてしまうでしょう。また、塗装が剥げてしまうような傷も要注意です。塗膜が取れ、剥き出しになってしまった金属は非常にサビに弱いのです。そこがサビの起点となり、全体に及んでしまいます。サビは金属を脆くしますので、酷い場合には穴が開いて雨漏りの原因になります。
瓦 瓦の歪み
  塗料による防水性能が失われた結果、金属部分が錆てしまいます。
  放置すると腐食が始まり、穴が空いてしまいます。
 
  錆た状態を放置した結果、腐食が進んで穴が空いてしまいます。
  穴から雨水が侵入し雨漏りを起こしてしまいます。

病状別 金属屋根の補修と工事

部分交換

部分的な浮きや腐食なら一部交換で対応できます。

部分交換工事

 屋根の一部が傷んだり、腐食している場合、その部分だけを交換します。  お住まいへのダメージや費用の面からもこの程度で済ませたいものです。

塗装工事

屋根が傷まないようにするには定期的な塗り替えが必要です。使用する塗料によって塗り替え時期は変わってきます

塗装工事

 塗装が色褪せ、保護する機能に衰えが見え始めた頃に行います。軽度のサビならば、しっかりとケレン(最適な塗装が行えるように下地を調整すること。ここではサビ落とし)した後に丁寧な塗装を行えば、保護機能が蘇ります。  ケレン後は汚れなどを高圧洗浄機で洗い流し、下塗り、中塗り、上塗りと最低3回は重ね塗りを行います。屋根の状態によって、サビ止め用塗料を使い分け、最適な塗装を施します。また、最近は遮熱や防汚といった機能を持った塗料もございますので、お気軽にお問い合わせ下さい。。

屋根カバー工法

屋根カバー工法には屋根が二重になるので、断熱性が増すというメリットもございます。

屋根カバー工法

 金属の傷みが激しく、塗装では手に負えない場合に行う屋根のリフォームです。文字通り、屋根で屋根をカバーする、つまり今までの屋根の上に新しい屋根を被せる工事です。今までの屋根を解体しませんので、廃材がほとんど出ません。その分、工期が短くて済み、解体費用や廃材費処理費もほぼゼロになります。  ただし、屋根が二重になるので、重量は増してしまいます。そのため、街の屋根やさんでは軽いガルバリウム鋼板でのカバーをお薦めしています。

屋根葺き替え

大規模な屋根リフォームなので費用もかさんでしまいます。こうなる前にお住まいの異変を発見してあげましょう。

屋根葺き替え

 屋根材だけでなく、その下の防水紙や下地まで劣化や腐食が進んでしまった場合、全面的な屋根の改築が必要になります。  通常、屋根材の下には防水紙が敷かれているため、少々の穴では雨漏りしません。  よって、雨漏りしはじめた時は、既に防水紙と下地はボロボロだったということもあります。

漆喰の詰増し
 部分的な浮きや腐食なら一部交換で対応できます。
部分交換工事
 屋根の一部が傷んだり、腐食している場合、その部分だけを交換します。
 お住まいへのダメージや費用の面からもこの程度で済ませたいものです。
漆喰の詰増し
 屋根が傷まないようにするには定期的な塗り替えが必要です。使用する塗料によって塗り替え時期は変わってきます
塗装工事
 塗装が色褪せ、保護する機能に衰えが見え始めた頃に行います。軽度のサビならば、しっかりとケレン(最適な塗装が行えるように下地を調整すること。ここではサビ落とし)した後に丁寧な塗装を行えば、保護機能が蘇ります。
 ケレン後は汚れなどを高圧洗浄機で洗い流し、下塗り、中塗り、上塗りと最低3回は重ね塗りを行います。屋根の状態によって、サビ止め用塗料を使い分け、最適な塗装を施します。また、最近は遮熱や防汚といった機能を持った塗料もございますので、お気軽にお問い合わせ下さい。
漆喰の詰増し
 屋根カバー工法には屋根が二重になるので、断熱性が増すというメリットもございます。
屋根カバー工法
 金属の傷みが激しく、塗装では手に負えない場合に行う屋根のリフォームです。文字通り、屋根で屋根をカバーする、つまり今までの屋根の上に新しい屋根を被せる工事です。今までの屋根を解体しませんので、廃材がほとんど出ません。その分、工期が短くて済み、解体費用や廃材費処理費もほぼゼロになります。
 ただし、屋根が二重になるので、重量は増してしまいます。そのため、街の屋根やさんでは軽いガルバリウム鋼板でのカバーをお薦めしています。
下地の劣化
 大規模な屋根リフォームなので費用もかさんでしまいます。こうなる前にお住まいの異変を発見してあげましょう。
屋根葺き替え
 屋根材だけでなく、その下の防水紙や下地まで劣化や腐食が進んでしまった場合、全面的な屋根の改築が必要になります。
 通常、屋根材の下には防水紙が敷かれているため、少々の穴では雨漏りしません。
 よって、雨漏りしはじめた時は、既に防水紙と下地はボロボロだったということもあります。
注意
こんな状態はお住まいが悲鳴をあげています
注意
天井の壁紙の剥がれ 天井のシミ 屋根裏の木材の変形
天井の壁紙の剥がれ
天井のシミ
屋根裏の木材の変形
漆喰詰め増し

天井の壁紙の剥がれ

漆喰詰め増し

天井のシミ

漆喰詰め増し

屋根裏の木材の変形

「ひょっとしたら…」「もしかして…」

お住まいの屋根に異変や不安を感じたら、すぐさま街の屋根やさん千葉にご連絡下さい。
早めの対策がお住まいと財布の負担を軽くします。

 

調査、点検、お見積もりは無料です!

詳しくは下記までお問い合わせください。

調査、点検、お見積もりは無料です!

詳しくは下記までお問い合わせください。
瓦



■お住まいの屋根工事ここがポイント

■点検・お見積り・ご相談無料!

ご不明点やご相談など屋根のことなら何でもお問い合わせください。


点検・お見積り・ご相談無料!お気軽にお問い合わせください!