最も安い屋根材を徹底比較!屋根材の価格と特徴から最適な屋根材を選びましょう

千葉の『街の屋根やさん』は千葉 市原 袖ヶ浦 木更津 君津を中心に 千葉県全域で屋根工事や屋根リフォーム、軽微な屋根の修理、屋根の塗り替え(屋根塗装)、古くなった屋根の葺き替え工事(屋根葺き替え)をおこなっています。

あなたの街の屋根工事 屋根塗装 屋根リフォーム 屋根のトラブルおまかせ下さい!

千葉県全域 あなたの街の屋根工事 屋根塗装 屋根リフォーム あなたの大切なお住まい、定期的にメンテナンスしてあげていますか? 高品質なサービスを、よりリーズナブルに「お客様にとって一番のおつきあい」 私たちはそんな街の屋根やさんです

株式会社シェアテック
〒292-0804 千葉県木更津市文京5-11-16 ST×BASE
TEL :0120-989-936 FAX :0438-38-3310
E-mail : info@sharetech.co.jp

お客様のインタビュー動画

屋根葺き替え工事をご依頼いただいた長生郡白子町のお客様より、竣工後の感想を伺いました。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん千葉 施工事例
街の屋根やさん千葉 お客様に聞いた「街の屋根やさんを選んだ理由」
2020年09月24 日更新 本日の現場ブログ
屋根工事のご依頼・ご相談が初めての方へ
雨漏りにお困りの方、お任せ下さい
屋根を軽くして耐震対策 地震に強い屋根
屋根の台風対策 強風と豪雨にご注意を!
散水検査
お客様の声その壱 お客様の声その弐 お客様の声その参
お客様の声の動画ページに移動
お客様の声を動画でご紹介
Company Profile
街の屋根やさんのご紹介
街の屋根やさんとは?
街の屋根やさんが選ばれる6つの理由
街の屋根やさん10のルール
街の屋根やさん、専門スタッフのご紹介
不安ゼロ宣言
マイスター制度
充実の長期保証
屋根工事を必要している方、屋根のことでお悩みの方へ
各種屋根工事の料金プラン屋根工事の料金について
弊社のご案内弊社のご案内
屋根の資料請求はコチラ 屋根やさん対応エリア

千葉県の市原市・袖ヶ浦市・木更津市・君津市を中心に千葉県全域が対応エリアとなっております。
その他の地域の方もお気軽にご相談下さい!

  • 一般リフォーム
  • 屋根リフォーム
  • 屋根工事
  • 屋根修理
  • 屋根塗装
  • 屋根葺き替え
  • カバー工法
  • 漆喰(しっくい)工事
  • 雨樋(あまどい)工事
  • 雨漏り修理
  • 雨漏り工事

屋根リフォームのことなら、どんなことでもご遠慮なくお問い合わせ下さい。

屋根の資料請求はコチラ 屋根やさん施工実績

 下に挙げたものは、1999年5月~2020年3月までに街の屋根やさんが直接施工した件数と地域です。小規模な屋根修理から大規模な屋根の葺き替え、一般のお住まいだけでなく大きな工場等の建築物の屋根にも幅広く対応しております。
最近の屋根工事事例やお客様の声は右側の各種メニューからご覧ください。

東葛飾エリア
市川・・195
松戸・・189
習志野・・140
流山・・94
鎌ヶ谷・・175
船橋・・340
野田・・83
柏・・94
我孫子・・80
浦安・・175

北総エリア
銚子・・72
佐倉・・143
四街道・・116
印西・・109
富里・・187
香取・・116
成田・・265
旭・・141
八街・・365
白井・・174
匝瑳・・107
印旛郡酒々井町・・91
印旛郡印旛村・・13
印旛郡本埜町・・14
印旛郡栄町・・30
香取郡神崎町・・27
香取郡多古町・・34
香取郡東庄町・・16

千葉エリア
千葉市中央区・・244
千葉市稲毛区・・170
千葉市緑区・・206
千葉市花見川区・・179
千葉市若葉区・・165
千葉市美浜区・・116
八千代市・・160
市原市・・670

九十九里エリア
茂原市・・147
勝浦市・・44
いすみ市・・100
東金市・・134
山武市・・90
山武郡大網白里町・・33
山武郡九十九里町・・67
山武郡芝山町・・24
山武郡横芝光町・・41
長生郡一宮町・・45
長生郡睦沢町・・13
長生郡長生村・・39
長生郡白子町・・48
長生郡長柄町・・21
長生郡長南町・・11
夷隅郡大多喜町・・19
夷隅郡御宿町・・17

南房総エリア
袖ケ浦・・221
木更津・・437
君津・・285
富津・・118
南房総・・63
安房郡鋸南町・・40
館山・・57
鴨川・・28

ご連絡先はこちらです ご連絡先はこちら

株式会社シェアテック
千葉県木更津市文京5-11-16 ST×BASE
TEL : 0438-38-3373
FAX : 0438-38-3310
E-mail : info@sharetech.co.jp

街の屋根やさん千葉

最も安い屋根材を徹底比較!屋根材の価格と特徴から最適な屋根材を選びましょう

更新日 : 2020年02月25日

更新日 : 2020年02月25日

 屋根材とは屋根を作る時に使用される建築資材で、その種類は素材と形状別に大きく分けると瓦(粘土、セメント)・スレート・金属の3つになります。このページでは「安い」屋根材ということに言及するだけでなく、その屋根材のメリットやデメリット、さらに安い部分は材料なのか、それとも施工費なのか、はたまたランニング費用なのかなど、様々な視点からお話しいたします。
※この記事は6分程度で読了が可能です。

最も安い屋根材は?

 屋根材は降雨を屋内に侵入浸入させないために、非常に重要な部材です。単純に安さだけで選ぶというのも躊躇してしまうかもしれませんが、それでもやっぱり材料の費用は気になるとこですよね。ここでは材料と工賃としての「安さ」について考えてみましょう。

コロニアル屋根材

1位:コロニアル(スレート、カラーベスト)

瓦、コロニアル(スレート、カラーベスト)、金属の中で一番価格が安いのはコロニアルやカラーベストと呼ばれる化粧スレートです。街の屋根やさんでは屋根葺き替え工事を行った場合、コロニアル(スレート、カラーベスト)は㎡あたり5,500円~となっております。

スレートの詳細ページはこちら
金属屋根

2位:金属

コロニアル(スレート、カラーベスト)に続いて安いのは金属屋根材になります。屋根葺き替え工事で金属屋根材のスーパーガルテクトは㎡あたり6,800円~になります。とても軽量なので、地震対策で重い瓦から金属屋根に変える方も多いことが特徴です。どんなものでも高い部分が重いと不安定になりますが、これは建物も同じです。単純に屋根の重量を減らすだけでも耐震性は高まります。

金属屋根の詳細ページはこちら

瓦

3位:瓦

 瓦はインターネット通販などでも売られていますが、その価格は安いと一枚あたり150円~400円ほどです。しかし、瓦によっては非常に高額なものもあり、一枚1500円以上するものもあります。これが㎡あたり15枚ほど使用されます。が、瓦の施工は専門技術が必要で加工や設置までの工賃を考えると一番高額になっております。

瓦についての詳細ページはこちら

価格の安さでいうとコロニアルスレートが一位です。屋根に必要とされる機能性については雨を防いだり、強烈な夏場の紫外線にも耐えうる屋根材であることから近年、新築にも多く使われている屋根材です。続いて金属、瓦と価格は上がっていきますが、その分長持ちであったり軽量といった利点があります。

屋根材によってメンテナンスによっても費用が変わります

新築時に選んだ屋根材もランニング10年、20年と年月を経ていくとどうしてもメンテナンスが必要になります。それで屋根材ごとのメンテナンス費用について考えてみましょう。

コロニアル(スレート、カラーベスト)のメンテナンスについて

まず価格で一番安いコロニアル(スレート、カラーベスト)ですが、このラインナップの中では一番耐用年数が短く20年~25年程になります。経年による変化として、まずは苔や藻などの付着、変色、さらに時間が経つと割れや変形といった問題が出てきます。そこで10年ほどの周期で屋根塗装を行っていくことで寿命を延ばすことができますが、25年以上になると屋根材自体がダメになり屋根材の交換として屋根葺き替え工事や屋根カバー工法を行う必要があります。

屋根塗装は使う塗料によって金額は変わりますが、街の屋根やさんでは弱溶剤シリコン塗料の場合は168,000円からです。もちろん高圧洗浄、縁切りのタスペーサー設置、計3回塗り(下塗り、中塗り、上塗り)が入った金額です(屋根面積60㎡までとなります)。

スレート屋根の塗装塗装で重要な下地処理の一つ、高圧洗浄の様子です。

苔が生えた屋根も塗装をすればご覧の通り輝きを取り戻します。

金属屋根材のメンテナンスについて

現在、金属屋根材で主流な材はガルバリウム鋼板です。この金属は錆びに強く、とても長持ちです。スーパーガルテクトを例にしますと、赤さび15年、穴あきは25年のメーカー保証が付いていますので安心です。耐用年数で言えば30年以上はゆうにあるといえるでしょう。

耐用年数が長といってもやはり定期的な塗装は必要で、その場合は事前のさび落としや錆び止めの塗布。その上で下塗り、中塗り、上塗りと仕上げていきます。

 

金属屋根材は定期的な塗装をしないと、塗膜が無くなったところから錆が発生します。

錆止めを塗布している様子です。この作業の前にケレンといって研磨用たわしなどで錆を除去してから錆止めを塗ります。

瓦屋根のメンテナンスについて

瓦には以下の種類があります。

・釉薬瓦(陶器瓦)

粘土瓦ですが、表面に釉薬を施しているため、光沢があり表面を触るとつるつるとしています。陶磁器にも釉薬処理されていることから釉薬瓦のことを陶器瓦ともいいます。釉薬で表面が覆われているため耐用年数がとても長く60年以上持ちます。

 

・無釉薬瓦

一般的に多くみられるのがこの瓦です。シンプルで素朴な素材感を持つのが無釉薬瓦です。釉薬処理されていない素焼きの瓦で、素焼き瓦とも言われます。釉薬されていない分若干耐用年数が短く50年程ですが、それでもかなり長持ちと言えるでしょう。

 

・いぶし瓦

釉薬を使わず、いぶすことでギングロやいぶし銀と呼ばれる色をつけた瓦です。ギングロやいぶし銀と呼ばれる色は炭素被膜で釉薬と同じくらいの強さがあります。この炭素被膜は表面だけでなく、内部にも染みわたっており、割ってみると表面も中身も同じ色をしていることが分かります。経年によってこの炭素被膜が色を変えることも特徴でだんだんと薄くなっていきます。耐用年数は40年以上と言われており、いぶし工程の良し悪しで寿命が変わるともいわれています。経年で色が薄くなってくることを楽しむ方もおられます。

 

・セメント瓦

粘土ではなくセメントで作られた瓦です。耐久性を高めるために表面に塗装がされていることが多く、なかには釉薬を施したものもあります。しかし瓦だけで比較すると耐用年数は20年程度とちょっと短いです。

 

・ハイブリッド瓦

 ハイブリッドの名の通り、複数の主成分から作られた瓦です。街の屋根やさんではROOGAシリーズのハイブリッド瓦を使用しています。特徴は樹脂混入繊維補強軽量セメントで軽くて割れにくい、まさに粘土瓦の弱点を解消した屋根材といえるでしょう。

 

 粘土瓦(釉薬、無釉薬)、ハイブリッド瓦は塗装などのメンテナンスが不要で、とても長持ちです。台風で飛来物が飛んできたりすると割れることもありますが、そのようなケースを除けば100年以上持つ場合もあります。

 セメント瓦に関してはスレートや金属屋根材と同様、屋根塗装を定期的に行っていく必要があります。

 釉薬瓦はご覧の通り光沢があり、太陽光が当たると光が反射しています。とても長持ちで60年以上ノーメンテナンスですが、屋根材の下の防水紙は20年ほどで交換が必要になります。

 年数が経ったセメント瓦です。表面の塗装が剥がれて苔なども生えています。この状態は屋根塗装を行う必要があります。

【まとめ】屋根材は価格以外に特徴や用途によって選びましょう

 屋根材を選ぶ時はやはり価格だけでなく、その後のメンテナンスや特徴を考える必要があります。特に最近は地震や台風などの自然災害に強いお住まいを検討している方が多いです。地震については屋根の重さがあると、揺れによるダメージが大きくなるため、軽量な屋根材がお勧めです。また、台風による強風に対して瓦はずれやすいため、屋根材が固定できるタイプが望ましいと言えるでしょう。
 つまりは軽くて、固定するタイプがお薦めということです。

 軽量でさらに強風にも強い屋根材となると、一つは金属屋根材、もしくはROOGAなどのハイブリッド瓦などがお勧めです。もちろん、価格や機能だけでなく屋根はお住まいの印象を決める部分でもあるため、意匠性に優れた屋根材をご希望の方もいるでしょう。

街の屋根やさんではそれらのご要望に合わせ、屋根のタイプや今後のメンテナンスも考慮したご提案をいたします。これから屋根リフォームをご検討中で、屋根材選びにお困りの方はお気軽にご相談ください。

このページに関連するコンテンツをご紹介

瓦・スレート・金属 あなたの屋根はどのタイプ?
瓦・スレート・金属 あなたの屋根はどのタイプ?
 和風と洋風のテイスト、現代的と伝統的の時代感、現在はそれらの枠を飛び越えた様々なデザインの建築が増えました。一般的なお住まいも実に多彩です。 また、それに合わせて屋根の形状も多様になってきました。オーソドックスな三角屋根、地球環境に配慮し太陽光発電を数多く載せられるように南斜面を広く取った屋根、そして用いられる屋根材も伝統的な和瓦から最新のハイブリッドのものまで多種多様です。これから屋根…続きを読む
あなたの屋根はどのタイプ? 屋根材別のチェックポイント
あなたの屋根はどのタイプ? 屋根材別のチェックポイント
あなたの屋根はどのタイプ? Your roof is what type? ご近所を見ても分かるように、 屋根は形状も種類もさまざま  現在は様々なデザインの建築が増えました。一般的なお住まいでも和風、洋風だけじゃなく、現代的であったり、伝統的であったりと実に多彩です。 また、それに合わせて屋根も多様になってきました。三角屋根から平らな屋根、斜面が一つしかない屋根、そして用いら…続きを読む
各種屋根材の耐久性ランキング
各種屋根材の耐久性ランキング
 お住まいの中で最も過酷な環境に晒されている部位を問われたら、多くの方が屋根だと答えるでしょう。 高いから強風の影響を受けやすく、寒暖・雨・直射日光といった天候の影響をダイレクトに受ける、本当にとんでもないところです。 寒い地方になれば、降雪や降雹はもちろんのこと、軒に氷柱ができます。積雪の重みにも耐えなければなりません。美観やデザインのことを別にすれば、やは…続きを読む

街の屋根やさん本社

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒292-0804
        千葉県木更津市文京5-11-16
        ST×BASE 1F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん本社のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      街の屋根やさんは千葉県以外にも東京都、神奈川県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方の地域の街の屋根さんをお選びください。

      最も安い 屋根材に関連する新着ブログ

       皆様のお住いの屋根はスレートですか?それともトタンや瓦でしょうか?  一般的なお住いでよく使用されている屋根材といえば最近はスレートが一番多く使用されているかと思いますが、屋根材にはスレート以外に ...続きを読む
      屋根調査の様子  船橋市東船橋にて行った築13年の屋根調査の様子をご紹介致します。「屋根材のようなものが家の周りに落ちているので、屋根を点検してほしい。」と、お問い合わせをいただきました。   ...続きを読む
      スレート屋根の調査の様子  千葉市若葉区にて行ったスレート屋根の調査の様子をご紹介致します。「台風でアンテナが倒れてしまった。その影響かは分からないが屋根材にひびが入ってしまったので点検してほしい。 ...続きを読む
      屋根調査の様子  鎌ケ谷市東初富にて行った築13年のコロニアル屋根の調査の様子をご紹介致します。「屋根材が傷んでいるように見えるので点検してほしい。」と、お問い合わせをいただきました。     ...続きを読む



      ■お住まいの屋根工事ここがポイント

      ■点検・お見積り・ご相談無料!

      ご不明点やご相談など屋根のことなら何でもお問い合わせください。


      点検・お見積り・ご相談無料!お気軽にお問い合わせください!