君津市俵田にて瓦屋根の台風被害、屋根葺き直しと棟取り直し工事で復旧

千葉の『街の屋根やさん』は千葉 市原 袖ヶ浦 木更津 君津を中心に 千葉県全域で屋根工事や屋根リフォーム、軽微な屋根の修理、屋根の塗り替え(屋根塗装)、古くなった屋根の葺き替え工事(屋根葺き替え)をおこなっています。

あなたの街の屋根工事 屋根塗装 屋根リフォーム 屋根のトラブルおまかせ下さい!

千葉県全域 あなたの街の屋根工事 屋根塗装 屋根リフォーム あなたの大切なお住まい、定期的にメンテナンスしてあげていますか? 高品質なサービスを、よりリーズナブルに「お客様にとって一番のおつきあい」 私たちはそんな街の屋根やさんです

株式会社シェアテック
〒292-0804 千葉県木更津市文京5-11-16 ST×BASE
TEL :0120-989-936 FAX :0438-38-3310
E-mail : info@sharetech.co.jp

お客様のインタビュー動画

屋根葺き替え工事をご依頼いただいた長生郡白子町のお客様より、竣工後の感想を伺いました。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん千葉 施工事例
街の屋根やさん千葉 お客様に聞いた「街の屋根やさんを選んだ理由」
2020年11月30 日更新 本日の現場ブログ
屋根工事のご依頼・ご相談が初めての方へ
オンラインにて屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
雨漏りにお困りの方、お任せ下さい
屋根を軽くして耐震対策 地震に強い屋根
屋根の台風対策 強風と豪雨にご注意を!
散水検査
お客様の声その壱 お客様の声その弐 お客様の声その参
お客様の声の動画ページに移動
お客様の声を動画でご紹介
Company Profile
街の屋根やさんのご紹介
街の屋根やさんとは?
街の屋根やさんが選ばれる6つの理由
街の屋根やさん10のルール
街の屋根やさん、専門スタッフのご紹介
不安ゼロ宣言
マイスター制度
充実の長期保証
The kind of roofing work
屋根工事の種類
葺き替え工事のご案内葺き替え工事
屋根カバー工法のご案内カバー工法
屋根・外壁塗装工事のご案内屋根・外壁
塗装工事
棟板金工事のご案内板金工事
漆喰工事のご案内漆喰工事
雨樋工事のご案内雨樋工事
防水工事のご案内防水工事
屋根葺き直し
瓦工事
破風・鼻隠し・ケラバの補修
軒天の雨染みと
剥がれは見逃し厳禁
庇の役割とメンテナンス方法
シーリングやコーキングの種類と使用法
意外と多い笠木が原因のベランダからの雨漏り
雨漏りにも強い立平葺き
雨樋の詰まりに落ち葉除けネットがお薦め
ポリカ波板屋根と防水工事でベランダをより強く
快適生活をサポートする
換気棟
屋根リフォームで夏の暑さ対策
落雪被害を防ぐ雪止め設置
タスペーサーの重要性
ウレタン防水が選ばれる理由とメンテナンス方法
シート防水が施工された屋上のメンテナンス方法
FRP防水が最強である理由
雨漏りの原因となりやすいパラペットのメンテナンス
セメント瓦・モニエル瓦
最適なメンテナンス方法
大波・小波スレートの最適なメンテナンス方法
複雑な形状の屋根の面積
係数を使って簡単算出
屋根の形
屋根の最も重要な部分
野地板のメンテナンス
工場や倉庫のメンテナンス
アパート・マンション、ビル
のメンテナンス
別荘のメンテナンス
様々な屋根の面積の求め方
天窓のお困り事・お悩み事
カーポートを自己負担なしで建て直せる条件・費用
RC造からの雨漏りを防ぐ適切なメンテナンス方法
屋根工事を必要している方、屋根のことでお悩みの方へ
お住まい、屋根のメンテナンスサイクル完全版
各種屋根工事の料金プラン屋根工事の料金について
弊社のご案内弊社のご案内
屋根の資料請求はコチラ 屋根やさん対応エリア

千葉県の市原市・袖ヶ浦市・木更津市・君津市を中心に千葉県全域が対応エリアとなっております。
その他の地域の方もお気軽にご相談下さい!

  • 一般リフォーム
  • 屋根リフォーム
  • 屋根工事
  • 屋根修理
  • 屋根塗装
  • 屋根葺き替え
  • カバー工法
  • 漆喰(しっくい)工事
  • 雨樋(あまどい)工事
  • 雨漏り修理
  • 雨漏り工事

屋根リフォームのことなら、どんなことでもご遠慮なくお問い合わせ下さい。

屋根の資料請求はコチラ 屋根やさん施工実績

 下に挙げたものは、1999年5月~2020年3月までに街の屋根やさんが直接施工した件数と地域です。小規模な屋根修理から大規模な屋根の葺き替え、一般のお住まいだけでなく大きな工場等の建築物の屋根にも幅広く対応しております。
最近の屋根工事事例やお客様の声は右側の各種メニューからご覧ください。

東葛飾エリア
市川・・195
松戸・・189
習志野・・140
流山・・94
鎌ヶ谷・・175
船橋・・340
野田・・83
柏・・94
我孫子・・80
浦安・・175

北総エリア
銚子・・72
佐倉・・143
四街道・・116
印西・・109
富里・・187
香取・・116
成田・・265
旭・・141
八街・・365
白井・・174
匝瑳・・107
印旛郡酒々井町・・91
印旛郡印旛村・・13
印旛郡本埜町・・14
印旛郡栄町・・30
香取郡神崎町・・27
香取郡多古町・・34
香取郡東庄町・・16

千葉エリア
千葉市中央区・・244
千葉市稲毛区・・170
千葉市緑区・・206
千葉市花見川区・・179
千葉市若葉区・・165
千葉市美浜区・・116
八千代市・・160
市原市・・670

九十九里エリア
茂原市・・147
勝浦市・・44
いすみ市・・100
東金市・・134
山武市・・90
山武郡大網白里町・・33
山武郡九十九里町・・67
山武郡芝山町・・24
山武郡横芝光町・・41
長生郡一宮町・・45
長生郡睦沢町・・13
長生郡長生村・・39
長生郡白子町・・48
長生郡長柄町・・21
長生郡長南町・・11
夷隅郡大多喜町・・19
夷隅郡御宿町・・17

南房総エリア
袖ケ浦・・221
木更津・・437
君津・・285
富津・・118
南房総・・63
安房郡鋸南町・・40
館山・・57
鴨川・・28

ご連絡先はこちらです ご連絡先はこちら

株式会社シェアテック
千葉県木更津市文京5-11-16 ST×BASE
TEL : 0438-38-3373
FAX : 0438-38-3310
E-mail : info@sharetech.co.jp

街の屋根やさん千葉

君津市俵田にて瓦屋根の台風被害、屋根葺き直しと棟取り直し工事で復旧

before
horizontal
after

工事のきっかけを伺いました!


担当:黒川


 昨年の台風15号(令和元年房総台風)により屋根の瓦が飛ばされてしまっている状態。2階の瓦が1階の屋根に落ちてきたことによって1階の瓦もかなり割れてしまっているとのご連絡を頂きました。まずはお客様のご自宅にお伺いし現地調査を行いました。2階屋根は瓦が捲れていたり飛ばされてしまっている状態でした。飛散した2階屋根の瓦が1階屋根に落ち、1階屋根の瓦を破損してしまっている状態でした。今回は棟瓦取り直し工事と瓦が捲れてしまっている部分の葺き直し工事を行うこととなりました。
 昨年の台風15号(令和元年房総台風)により屋根の瓦が飛ばされてしまっている状態。2階の瓦が1階の屋根に落ちてきたことによって1階の瓦もかなり割れてしまっているとのご連絡を頂きました。まずはお客様のご自宅にお伺いし現地調査を行いました。2階屋根は瓦が捲れていたり飛ばされてしまっている状態でした。飛散した2階屋根の瓦が1階屋根に落ち、1階屋根の瓦を破損してしまっている状態でした。今回は棟瓦取り直し工事と瓦が捲れてしまっている部分の葺き直し工事を行うこととなりました。


担当:黒川

施工内容屋根葺き直し 棟瓦取り直し 

築年数40年

平米数6.2m(棟取り直し部分)

施工期間2日間

使用材料なんばん漆喰

費用詳しくはお問い合わせください

ハウスメーカーハウスメーカー不明

保証お付けしておりません

【施工内容】
屋根葺き直し 棟瓦取り直し 

築年数

40年

平米数

6.2m(棟取り直し部分)

施工期間

2日間

使用材料

なんばん漆喰

費用

詳しくはお問い合わせください

ハウスメーカー

ハウスメーカー不明

保証

お付けしておりません

台風による被害状況を調査しました

今回は君津市俵田にお住いのお客様よりお問い合わせを頂きました。お問い合わせの内容は「台風15号により屋根の瓦が飛ばされてしまい瓦が割れてしまっている。2階屋根の瓦がめくれている付近から雨漏りがするので調査と修理をお願いしたい」とのことでした。
さっそくお客様のご自宅にお伺いし屋根の状況を確認します。1階の屋根から調査を行います。1階屋根の多くは2階の屋根から落ちてきた瓦によって割れてしまっている状態でした。

瓦の割れ 1階屋根の瓦の割れ

2階屋根から落ちてきた瓦には熨斗瓦もありますので棟瓦が被害を受けてしまっているようです。1階下屋根の棟瓦も部分的に飛ばされてしまっています。
棟瓦は屋根の棟と呼ばれる部分にある瓦のことです。棟とは屋根と屋根が合わさる部分(頂上など)のことを棟と呼びます。瓦屋根の場合は棟瓦があり、スレートや金属屋根の場合は棟板金と呼ばれる板金で棟を覆っています。

2階から落ちてきた瓦 棟瓦の飛散

2階屋根に上がり調査を行います

次に2階の状況を確認します。1階の屋根に多くの瓦が落ちていることから予想はできましたが瓦の捲れや瓦のズレが多く発生しておりました。瓦が捲れてしまっている部分は防水紙が劣化していることが確認できました。お客様の仰っていた雨漏りは防水紙が劣化してしまっていることによるものでした。

捲れた瓦 2階屋根の捲れた瓦

2階の屋根も1階屋根と同様に熨斗瓦が落ちてしまっていました。漆喰も劣化していた為崩れている部分が数か所確認できました。棟瓦は台風や地震の際に崩れてしまう可能性もあります。台風などで被害にあう前に定期的にメンテナンスを行うことをおすすめします。

2階屋根の棟瓦 瓦のズレ

調査が終了しましたのでお客様に状況をご説明し割れてしまった瓦の差し替え。瓦が捲れてしまっている部分は防水紙の劣化がありますので部分的に葺き直しを行います。棟瓦を積み直す棟瓦取り直し工事を行うこととなりました。

 

割れた瓦の差し替えを行います

工事を行うにあたり私たち街の屋根やさんでは現在、新型コロナウイルス対策として現場スタッフの体調管理を徹底し毎日の検温を行うなどの対策を行い感染拡大防止に努めております。

まずは割れてしまった瓦は1枚ずつ新しい瓦へ差し替えを行います。割れてしまった部分を1枚ずつ交換できるのは瓦のメリットでもあります。瓦は1枚ずつ固定されておりませんので割れてしまった瓦は1枚ずつ交換することができます。

割れた瓦 瓦の差し替え

部分葺き直しで下地も補修

瓦の捲れてしまった部分の葺き直し工事を行います。葺き直し工事を行う際に割れていない瓦は再利用することができますので一度撤去し、下地を補修した後に撤去した瓦を再度使用し葺き直しを行います。
まずは捲れてしまった部分の瓦を避け、瓦桟を撤去します。この瓦桟に瓦を引っ掛けるような形で瓦は固定されています。

瓦の撤去 瓦桟の撤去

瓦桟の撤去後は新しい防水紙を敷設し、瓦桟を設置します。その後、一度避けておいた瓦を再度葺き直していきます。

防水紙と瓦桟の設置 瓦の葺き直し

部分葺き直しが終了しました。今回のように普段目にすることのない防水紙などの下地の劣化は普通に暮らしている中では判断ができませんがとても重要な部分になります。

部分葺き直し

瓦は長く使えることや1枚ずつ交換することができたりとメリットもありますが、もちろんデメリットもあります。1枚ずつ固定されていないことから台風などで飛散するリスクが高まり、飛散した瓦によって2次被害が発生することも多くあります。

棟瓦取り直し工事を実施

次に棟瓦取り直し工事を行います。棟瓦取り直し工事は既存の棟瓦を撤去し、土台から新しく積み直していく工事になります。棟瓦取り直し工事でも葺き直しの時と同様に割れていない瓦は再利用します。

棟瓦の状態

まず被害を受けてしまった2階の棟瓦を撤去していきます。現在では使用していませんが以前は棟瓦を積むにあたり葺き土と呼ばれるものを使用しておりました。この葺き土が年数が経つにつれて雨風によって少しずつ流されてしまいます。そのことにより瓦にズレや歪みが発生してしまいます。

棟瓦の撤去 棟瓦を撤去

葺き土もきれいに撤去し既存の棟瓦の撤去が終わりました。次は漆喰を使用して新しく土台を作っていきます。以前使用していた葺き土に比べ漆喰はシリコンなどの防水材が含まれているため劣化しにくい素材となっております。現在は棟瓦取り直し工事を行う際、漆喰を使用して積み直しを行います。

棟瓦撤去後 土台となる漆喰

漆喰で土台を作り終えたら撤去した熨斗瓦を積んでいきます。今回は熨斗瓦を4段まで積んでいきます。熨斗瓦と漆喰を交互に使用し歪みやズレなどがないように慎重に積んでいきます。

棟瓦積み のし瓦積み

熨斗瓦の上に冠瓦を乗せます。最後にズレ防止などに重要な銅線を回して棟瓦取り直しが完了となります。これで台風などでも安心して過ごすことができます。

棟瓦の銅線 

続いて2階と同様に1階の棟瓦も積み直していきます。積み直しを行う手順は2階屋根の時と同じになりますが熨斗瓦の段数に違いがあります。2階は熨斗瓦が4段でしたが1階は3段になります。
熨斗瓦の段数が増えるほど雨水の侵入を防ぐ効果が高まることやデザイン性が高まり、豪華絢爛に見えますが、風や地震の影響を受けやすく修理費用も高くなってしまいます。

1階棟瓦の撤去 1階屋根のし瓦積み

1階の棟瓦取り直し工事も無事に終わりました。お客様からも「これで雨漏りの心配もせずにゆっくりと過ごせる」と大変満足していただけました。

1階棟瓦取り直し工事完工 1階屋根完工

台風などの災害では火災保険が適用となりますので火災保険にご加入の方はご相談ください。経験豊富なスタッフが丁寧にご説明させていただきます。また、災害復旧工事と一緒に外壁塗装などのメンテナンスを行うことで費用を節約することができますのでおすすめです。

棟瓦取り直し工事完工

今回のような台風被害を防ぐためにも定期的なメンテナンスはとても重要です。瓦に割れや捲れなどの目につくような被害がなくてもお気軽にご相談ください。点検とお見積は無料で行っております。

君津市で令和元年房総半島台風・令和元年東日本台風によって被災してしまった方へ

 2019年9月9日の台風15号、10月12日の台風19号の勢力は凄まじく、各地より被害のご相談をいただきました。君津市にお住まいのお客様からもお問合せをいただき、私たち街の屋根やさんでは、数多くの災害復旧工事を実施してきました。
 台風発生当時に比べて、ブルーシートがかかった屋根を見かける機会も減り、それだけ復旧工事が進んでいるように感じますが、中には、まだ工事を行えていない方もいらっしゃると思います。台風シーズン前にしっかりと補修を行いましょう。

令和元年房総半島台風・令和元年東日本台風に関する君津市特設ページはこちら

このページに関連するコンテンツをご紹介

瓦屋根のさまざまな補修とリフォームの費用と価格
瓦屋根のさまざまな補修とリフォームの費用と価格
 瓦に飛来物が当たり割れてしまった場合、また風によって少しずれてしまっている場合、雨漏りが起きていなくとも防水紙の劣化に繋がりますので、補修は必要です。 瓦の差し替え工事 瓦の並び戻し工事  漆喰が剥がれることによって内部の土が露出…続きを読む
これまでの瓦を再利用!瓦屋根葺き直しの2つのメリット・デメリット
これまでの瓦を再利用!瓦屋根葺き直しの2つのメリット・デメリット
これまでの瓦を再利用して屋根を葺き替えるから地球に優しい 一旦、屋根材(瓦・天然スレート)を取り外し、防水紙や野地板を交換・補修してから、これまでの屋根材を再利用して屋根を葺き直す工事です。既存の屋根材を新しい屋根材に交換する屋根葺き替えと似ていますが、これまでの屋根材を再利用するところが大きく違い…続きを読む
4つのチェックポイントで瓦屋根の点検・メンテナンスのタイミングを知ろう
4つのチェックポイントで瓦屋根の点検・メンテナンスのタイミングを知ろう
 瓦屋根というと半世紀、またはそれ以上もの耐用年数を期待できる大変寿命の長い屋根材ですよね。そのため瓦屋根にお住まいの方の中にはどうしてもメンテナンスが怠りがちになってしまっているという方もいらっしゃるのではないでしょうか。 しかし瓦屋根と言えども経年劣化がまったくないかというと…続きを読む
令和元年台風15号・19号で被災され、屋根工事をお待ちいただいている方へ
令和元年台風15号・19号で被災され、屋根工事をお待ちいただいている方へ
令和2年6月1日更新  現在、台風に関するお問い合わせはだいぶ落ち着いてきており、現地調査や工事着工についても通常通りとなっております。台風による被害がなかったと思っても、時間が経つことで発覚する問題もございます。お住まいのことで気になることがありましたらお気軽にご相談ください。現在の千葉県(木更津…続きを読む
瓦屋根のチェックポイント|瓦屋根の修理なら街の屋根やさん千葉
瓦屋根のチェックポイント|瓦屋根の修理なら街の屋根やさん千葉
あなたの屋根は瓦屋根こまめな点検は必要だけど、無理は禁物です! お住まいの不具合は早めに発見してあげ、迅速に補修してあげるのが基本です。お住まいの傷みも少なくて済みますし、軽微であればあるほど費用もお安くなります。 不具合を早めに発見してあげるには定期的な点検の他、悪天候後の検査が必要です。しかし、…続きを読む
その台風による屋根への被災、予防できたかもしれません
その台風による屋根への被災、予防できたかもしれません
 台風銀座と呼ばれている沖縄・九州・地方・近畿地方南部だけでなく、毎年のようにさまざまな地域に被害をもたらす台風。台風の通過により各地で被害が発生し、毎年多くのお問合せをいただきます。また、台風の通過からかなりの日数が経っているというのに街の屋根…続きを読む
重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要
重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要
 台風などの強風で被害に遭いやすく、他の部分へ被害を拡大してしまうケースも多いのが瓦屋根です。ずれてしまうだけならまだしも、災害の規模が大きいと屋根から瓦が落下してきます。重くて固い瓦が落下すると、まず間違いなく落下地点のものを傷つけ、破壊します。2階屋根から1階屋根に落下すれば、その部分の瓦がほぼ…続きを読む
お住まいの台風対策はお済みですか?
お住まいの台風対策はお済みですか?
  お住まいのメンテナンスをおろそかにしていると、度重なる台風に耐え切れるものではありません。被害に遭われてしまうことも多くなります。強風によって屋根材が飛ばされる、その箇所から雨水が浸入する、室内が水浸しになる、台風は様々な被害をもたらします。お住まいに不安のある方は台風シーズ…続きを読む

街の屋根やさん本社

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒292-0804
        千葉県木更津市文京5-11-16
        ST×BASE 1F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん本社のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      街の屋根やさんは千葉県以外にも東京都、神奈川県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方の地域の街の屋根さんをお選びください。

      屋根葺き直し 棟瓦取り直し に関連する新着ブログ

      雨漏りについてご相談  今回ご相談をくださいましたのは茂原市早野にお住いのお客様です。ご相談の内容としましては「雨漏りが発生してしまった。自宅のそばに高台があるので雨漏り箇所の付近を確認してみたが、 ...続きを読む
      屋根調査の様子  千葉市緑区にて行った瓦屋根の調査の様子をご紹介致します。「屋根の漆喰が剥がれて落ちてきているので点検してほしい。」と、お問い合わせをいただきました。私たち街の屋根やさんでは引き続き ...続きを読む
      屋根調査の様子  鎌ケ谷市中沢にて行った瓦屋根の調査の様子をご紹介致します。「壁の漆喰が剥がれて瓦が落ちてきそうなので点検してほしい。」と、お問い合わせをいただきました。私たち街の屋根やさんでは引き ...続きを読む
      屋根調査の様子  鎌ケ谷市南初富にて行った瓦屋根の調査の様子をご紹介致します。「家の周りに漆喰のようなものが落ちているので屋根を点検してほしい。」と、お問い合わせをいただきました。私たち街の屋根やさ ...続きを読む

      屋根葺き直し 棟瓦取り直し に関連する新着施工事例

      南房総市白浜町白浜にあるご実家の瓦屋根が昨年の台風により被災、屋根葺き直し工事で復旧

      施工内容

      瓦屋根工事 屋根葺き直し 雨樋交換

      使用材料

      新規防水紙

      屋根葺き直し 棟瓦取り直し を行ったお客様の声一覧

      袖ケ浦市蔵波台にて台風により瓦が飛散、K様の工事前後アンケート

      工事前アンケート画像

      Q1.工事を検討したきっかけは何ですか?どんなことで悩まれていましたか?

      台風15号で瓦が飛んでいたので

      Q2.業者や工事会社をどのように探されましたか?

      インターネット

      Q3.当社を知りすぐにお問合せをされましたか?もし悩まれたとしたらどんなことがご不安でしたか?

      すぐに問合せしました

      Q4.何が決め手となり当社にお問合せをされましたか?

      近くだし施工数が多かったので

      Q5.実際に当社担当者がお伺いしていかがでしたでしょうか?

      とても良い対応をしていただきました。

      工事後アンケート画像

      Q1.当初、工事を依頼する会社にどんなことを期待されていましたか?

      同じ瓦があるか不安だった。

      Q2.街の屋根やさんにご依頼いただく間に他社と比較しました方はどこの会社と比較しましたか?

      ムトウ

      Q3.街の屋根やさんに工事をご依頼いただいた決め手は何ですか?

      神子さんの知識、トーク(やわらかい感じ)

      Q4.工事が終わってみていかがですか?良かった事・嬉しかったことを忌憚なく頂戴出来ましたら幸いです。

      親方が掛声をして職人が動きムダな作業がない。施工スピードが早くとても良かった。

      Q5.街の屋根やさんを他の方に紹介するとしたらなんと紹介しますか?

      すごくいいよ~神子さん




      ■お住まいの屋根工事ここがポイント

      屋根工事の種類
      あなたの屋根はどのタイプ?
      選ばれる理由
      お客様にご安心を12のルール
      施工事例
      会社概要

      ■点検・お見積り・ご相談無料!

      ご不明点やご相談など屋根のことなら何でもお問い合わせください。


      点検・お見積り・ご相談無料!お気軽にお問い合わせください!

      お問い合わせ
      FAX番号