木更津市清見台にて火災保険を利用し、パミールの割れをスーパーガルテクトによる屋根カバー工法で改善

施工内容屋根カバー工事

使用材料スーパーガルテクト(Sシェイドブルー)

before
ニチハのパミール
horizontal
after
スーパーガルテクト,シェイドブルー
木更津市清見台にお住まいのO様より、強風によって屋根材が割れてしまったとご相談をいただきました。屋根材は既に廃盤にもなっているニチハのパミールですので、火災保険を利用し軽量な金属屋根材での屋根カバー工法を実施することとなりました。今回はパミールの特徴と屋根材が破損した際の補修方法もあわせてご紹介したいと思います。

破損や経年劣化が見られるニチハのパミール

スレート屋根調査
屋根材の破損
調査を行ったのは片流れ屋根と切妻屋根を組み合わせているスタイリッシュな屋根です。今回強風によってスレート屋根材が割れて飛散してしまったことで補修のご相談をいただきました。屋根材が破損してしまってもすぐに雨漏りを起こすという事はありません。画像で見ると分かりますが屋根材の下には防水紙と呼ばれる緑色のシートが葺かれています。このシートが雨水の浸入を防ぐ最大の要ですので、防水紙に異常が見られなければ雨漏りは発生しません。しかしこのまま防水紙が露出している状態が続くと太陽光や雨水に晒され傷んでしまいますので、破損に気づいた時点で補修していきましょう。今回は強風(自然災害)による破損ですので、火災保険や共済にご加入されているお住まいの場合はもちろん補修に利用することが可能です。
ニチハのパミール
通常スレート屋根材が破損した場合の補修方法は大きく分けて2パターンです。屋根材は軒先から棟に向かって重ね葺きされていますので破損した部分まで剥がし、屋根材を補修後復旧していく方法が1つ目です。この場合、既存屋根材を最大限利用できますので補修費用を抑えることが可能です。しかし屋根材を剥がす過程で他のスレート屋根材が割れる可能性もありますので、追加費用が発生する恐れもあります。
2つ目は屋根カバー工法や葺き替え工事で屋根材自体を変更する方法です。部分補修よりも費用はかかりますが、新たな屋根材にすることが出来ますのでしばらくメンテナンス等を気にされる心配がありません。今回割れてしまった屋根材は既に販売中止となっているニチハのパミールですので、屋根カバー工法か葺き替えを行わなければなりません。また例え割れ等が起きていなくとも屋根塗装が出来ない屋根材です。
層間剥離
スレート屋根材の割れ
パミールはノンアスベスト屋根材の先駆け製品ですが、屋根材がミルフィーユの様に層間剥離を起こしてしまうという特徴があります。塗装工事を行う際の高圧洗浄で屋根材表面が一気に剥がれ落ちてしまいますので、剥がれが見られない状態でもパミールかどうかを見極め補修方法を検討しましょう。表面の剥がれがパミールの最も分かりやすい経年劣化ですが、アスベストが含まれていないためヒビ割れも起こります。更にはパミールの固定に使用されているラスパート釘は、釘頭が腐食することで屋根材の滑落を引き起こす危険性もありますので、調査時にも十分な注意が必要です。
今回はパミールを撤去せずに上から新規屋根材を被せる屋根カバー工法で補修していきたいと思います。屋根カバー工法は撤去・処分費も発生せず、二重の屋根材に仕上げることで高い遮音性・断熱性にも期待が持てます。屋根下地を補修することが出来ないため、築年数の経過や雨漏りによって野地板が傷んでいる可能性がある場合は、葺き替え工事で下地から補修・補強を行っていきましょう。

スーパーガルテクトによる屋根カバー工法

軒先唐草,スターター
タディスセルフ
まずは軒先に改修用唐草と呼ばれる役物を取り付けていきます。軒先と屋根の位置を変えることなく施工が出来ますが、状態によっては雨樋の交換・位置調整も必要となるケースがありますので、気になる方はお気軽にご相談ください。続いて防水紙をパミールの上に葺いていきます。使用したタディスセルフは粘着型のルーフィングシートで、施工してから数時間で下地に粘着し防水機能を発揮させます。また釘穴を埋めるシーリング性が高い為、屋根材設置後の雨漏りリスクを最小限に抑えることが出来ます。
棟の防水紙
片流れ屋根の防水紙敷設
雨水が隙間から入り込まないよう、防水紙も屋根材も必ず軒から棟に向かって重ねていきます。片流れ部分も必ず棟の部分を巻き込むように葺き雨水の浸入を防いでいきます。
スーパーガルテクト
役物ビスのシーリング施工
使用屋根材はアイジー工業のスーパーガルテクト(色:Sシェイドブルー)です。約20kg/1㎡のスレートよりも非常に軽い金属屋根材(約5kg/1㎡)を葺き重ねることで、仕上がりは瓦よりも遥かに軽い屋根になります。また錆びにくいガルバリウム鋼板は割れる心配もない為、長期間に渡ってお住まいを保護することが可能です。メーカー保証は塗膜15年、赤錆20年、穴あき25年と、従来のガルテクトよりも性能が向上しています。屋根材と断熱材が一体にもなっていますので、屋根葺き替え工事で薄くて軽い金属屋根材を使用したいという方にもお奨めの屋根材です。
屋根カバー工法
雪止め金具取り付け
軒からスーパーガルテクトを取り付け、錆びにくいステンレス製ビスでしっかり固定していきます。更にビス穴から雨水が入り込まないよう、ビス部分にはシーリング材を打設していきます。屋根カバー工法の途中で同質の雪止め金具も取り付けていきます。近年今まで降雪のなかった地域でも積雪が見られますので、隣家や道路が近いお住まいや数年間の間に積雪量が増えた地域は雪止め金具を設置しておきましょう。工事後に後付けも可能ですが、別途足場仮設費用がかかるケースもありますので、まとめての設置を検討しましょう。
屋根材の加工
外壁との取り合い
屋根の形状に合わせて金属屋根材を加工しながら綺麗に葺き重ねていきます。雨水が入り込む恐れのある取り合い部分はシーリング材を打設後にビスでしっかり固定していきます。もちろん屋根下部に雨水が入り込むことが想定されているため防水紙が葺かれているのですが、防水紙が傷むリスクを防ぐには雨水の浸入口を減らす必要があるのです。
シーリング施工
屋根カバー工法
同じ施工方法で進め棟部分以外の屋根カバー工事が完了しました。特殊なちぢみ塗装を採用することで高い質感と高級感を感じさせる仕上がりになりました。今回はSシェイドブルーを使用しましたが他にもブラック・ブラウン・モスグリーン・チャコールと全5色ありますので、外壁と相性の良い色で仕上げましょう。
樹脂製貫板
棟板金取り付け
最後に棟板金取り付けを行います。棟板金の下地となる貫板(ぬきいた)を設置しますが、新築時も含め多くの場合は木材が使用されます。しかし雨水の吹き込み等で劣化・腐食を起こすことも考えられますので、今回は腐食しにくいプラスチック樹脂製の貫板を使用しています。貫板は露出しないため屋根に向かって垂直にビス留めしていきます。対して棟板金はビス穴から雨水が入り込み雨漏りを起こすケースがありますので必ず屋根とは平行に、側面でビスを留めていきます。一度穴を開けてしまうと、補修しない限りは雨漏りのリスクを抱えますのでご自身で応急措置を行う場合も充分にご注意ください。
屋根カバー工法完了
強風で破損してしまったニチハのパミールに、スーパーガルテクトによる屋根カバー工法を行ったおかげで今後長期に渡る雨漏りを防ぐことが出来ました。ニチハのパミールは破損に関係なく、補修時メーカー保証により代替屋根材の支給がされるのですが築10年以内の場合に限ります。2018年で販売期間から10年が経過してしまいましたので、今後は火災保険を利用しない限りは自己負担での補修となり大きな負担になってしまいます。もし自然災害に心当たりがあり被災後3年以内でしたら、火災保険の申請が可能ですので気になる方はお気軽に街の屋根やさんへご相談ください。点検・お見積りは無料にて承っておりますので、ご安心下さい。
屋根カバー工事698,000円~(消費税・諸経費別)

街の屋根やさん本社

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒292-0804
        千葉県木更津市文京5-11-16 ST×BASE 1F
    1. 街の屋根やさん千葉中央店

      1. 電話 0120-990-366
        株式会社シェアテック
        1. 〒261-8501
          千葉県千葉市美浜区中瀬1-3幕張テクノガーデンCB棟3階MBP設立準備室
      1. お問い合わせはこちらから

         街の屋根やさんは千葉県以外にも東京都、神奈川県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方の地域の街の屋根さんをお選びください。

        屋根工事なら街の屋根やさんポータル

        その他の地域の方はこちら

        屋根カバー工事に関連する新着ブログ

        富津市二間塚にて雨漏りのご相談、屋根カバー工法にて雨漏り補修を行いました
        富津市二間塚にお住まいの方より、屋根と外壁のメンテナンスを考えているとのご相談をいただきました。 詳しくお話をお伺いすると、雨漏りがしてしまっている為、まず屋根のメンテナンスだけでも行いたいとのこと ...続きを読む
        君津市芋窪にて雨漏りの発生、原因は屋根の縁切り作業が行われていないためでした
        君津市芋窪にて雨漏りしてしまっているので点検をお願いしたいとのご相談をいただきました。 お話をお伺いすると、以前から雨漏りはしていたそうですが、なかなか業者に点検にきてもらう時間がなく、放置してしま ...続きを読む
        木更津市朝日にて築36年の屋根を点検、塗膜の剥がれや色褪せが進んでおりました
        木更津市朝日にお住まいのお客様より、屋根のメンテナンスを考えているとのことで、点検をまずはお願いしたいとのご相談をいただきました。 お話をお伺いすると、築36年ほどのお住まいだそうで、前回屋根のメン ...続きを読む
        袖ケ浦市下新田で天井のシミと雨漏り、屋根カバーと天井の塗り替えを行いました
        袖ケ浦市下新田にお住まいのお客様より、雨漏りがひどく天井のシミも目立ってきているのでメンテナンスを考えているとのご相談をいただきました。 お話をお伺いすると、屋根のシミはだいぶ前からできていたそうで ...続きを読む

        屋根カバー工事に関連する新着施工事例

        袖ケ浦市長浦駅前で台風被害復旧工事、スーパーガルテクトによる屋根カバー工法で雨漏り改善ビフォー
        袖ケ浦市長浦駅前で台風被害復旧工事、スーパーガルテクトによる屋根カバー工法で雨漏り改善アフター
        施工内容
        屋根補修工事 破風板板金巻き工事 屋根カバー工事 雨樋交換 雨漏り修理
        使用材料
        スーパーガルテクト(Sシェイドチャコール)

        屋根カバー工事を行ったお客様の声一覧

        S様とスタッフ
        S様 君津市 工事前アンケート
        Q1.屋根工事を検討したきっかけは何ですか?どんなことで悩まれていましたか?
        雨もり。

        Q2.屋根工事会社をどのように探しましたか?
        インターネット

        Q3.街の屋根やさんを知りすぐお問合せをされましたか?もし悩まれたとしたらどんなことがご不安でしたか?
        すぐ連絡しました。費用

        Q4.何が決め手となり街の屋根やさんにお問い合わせ頂きましたか?
        近くの会社ですぐ来てくれそうだったから。

        Q5.実際に弊社担当者がお伺いしていかがでしたか?
        大変感じが良い。安心出来そうです。

        before
        雨漏り 点検
        horizontal
        after
        屋根カバー工事
        S様 君津市 工事後アンケート
        Q1.工事を依頼する会社を決める時にどんなことで悩まれていましたか?
        アフターサービス

        Q2.当社にご依頼いただく際にどのような点を比較・検討されましたか?
        価格と工法

        Q3お見積り提出後すぐに工事をご依頼されましたか?もしご依頼されなかったとしたらどんな点が不安でしたか?
        ひかくてき早くにきめた。

        Q4.数ある会社の中から当社に工事をご依頼いただいた決め手は何ですか?
        信頼できそうだからかな?

        Q5.工事が終わってみていたがですか?忌憚のないご意見を頂戴出来ましたら幸いです。
        職人さん達も感じが良く、とても丁寧に仕事をしてくれたようです。



        ■お住まいの屋根工事ここがポイント

        ■点検・お見積り・ご相談無料!

        ご不明点やご相談など屋根のことなら何でもお問い合わせください。


        点検・お見積り・ご相談無料!お気軽にお問い合わせください!