千葉の『街の屋根やさん』は千葉 市原 袖ヶ浦 木更津 君津を中心に 千葉県全域で屋根工事や屋根リフォーム、軽微な屋根の修理、屋根の塗り替え(屋根塗装)、古くなった屋根の葺き替え工事(屋根葺き替え)をおこなっていま す。
街の屋根やさん千葉

点検・調査・お見積りなど無料で承ります!お気軽にお問い合わせください

電話 お電話でのお問い合わせ[8時30分~20時まで受付]
0120-989-936
メール メールでのお問い合わせ
24時間受付
ホーム 施工事例一覧 会社概要 施工の流れ 屋根工事の種類 屋根の豆知識 屋根お役立ち情報 本日の現場ブログ お客様の声 お問い合わせ
お客様の声
施工事例
現場ブログ
専門家が教える屋根の基礎知識
専門家が教える
屋根の基礎知識
街の屋根やサンの施工実績
街の屋根やさん
施工実績
 下に挙げたものは、1999年5月~2021年3月までに街の屋根やさんが直接施工した件数と地域です。小規模な屋根修理から大規模な屋根の葺き替え、一般のお住まいだけでなく大きな工場等の建築物の屋根にも幅広く対応しております。
最近の屋根工事事例やお客様の声は右側の各種メニューからご覧ください。

東葛飾エリア
市川・・234
松戸・・224
習志野・・146
流山・・102
鎌ヶ谷・・187
船橋・・387
野田・・103
柏・・125
我孫子・・88
浦安・・186


北総エリア
銚子・・75
佐倉・・158
四街道・・135
印西・・118
富里・・193
香取・・120
成田・・278
旭・・146
八街・・377
白井・・184
匝瑳・・115
印旛郡酒々井町・・96
印旛郡印旛村・・13
印旛郡本埜町・・14
印旛郡栄町・・33
香取郡神崎町・・27
香取郡多古町・・34
香取郡東庄町・・16

千葉エリア
千葉市中央区・・267
千葉市稲毛区・・192
千葉市緑区・・224
千葉市花見川区・・200
千葉市若葉区・・185
千葉市美浜区・・120
八千代市・・175
市原市・・741

九十九里エリア
茂原市・・173
勝浦市・・48
いすみ市・・104
東金市・・152
山武市・・100
山武郡大網白里町・・33
山武郡九十九里町・・70
山武郡芝山町・・26
山武郡横芝光町・・41
長生郡一宮町・・49
長生郡睦沢町・・14
長生郡長生村・・42
長生郡白子町・・54
長生郡長柄町・・22
長生郡長南町・・12
夷隅郡大多喜町・・19
夷隅郡御宿町・・20

南房総エリア
袖ケ浦・・253
木更津・・539
君津・・331
富津・・133
南房総・・74
安房郡鋸南町・・45
館山・・67
鴨川・・35

新型コロナウィルス
対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

流山市向小金にて瓦屋根に雨漏り発生、屋根部分葺き直し工事と棟取り直し工事で解消

before
horizontal
after

工事のきっかけを伺いました!


担当:岡野


 流山市向小金にお住いのN様より「2階の部屋で雨漏りしているので見に来てほしい。」と、お問い合わせをいただきました。N様邸にお伺いすると2階の居室の天井から壁に伝い窓枠より雨水が浸入している形跡がありました。浸入経路を確認するために小屋裏を確認すると野地板と天井材に雨染みを発見致しました。野地板に雨染みがあるという事は雨水が屋根から浸入していますので梯子を使い屋根に上がると、雨漏りが発生している居室上部の屋根の防水紙が切れているのを発見しました。雨染みが発生していた野地板の位置と同じ個所になりますので雨漏り発生の原因は防水紙の破れと考えられますので防水紙のメンテナンスが必要になります。調査を続けると棟の漆喰が剥がれているのを発見しました。漆喰が剥がれてしまい棟の土台になっている葺き土が露出しています。葺き土が露出してしまうと雨水が浸透してしまいますので雨漏りの原因になってしまいますので棟取り直し工事が必要になります。N様に調査のご報告をし、防水紙のメンテナンスと棟取り直し工事が必要な事をお伝えし、雨漏りが発生している居室上部の屋根面の屋根部分葺き直し工事と屋根全体の棟の漆喰に剥がれ等の劣化が見られますので、全ての棟の棟取り直し工事をご提案したところ工事のご依頼をいただきました。
 流山市向小金にお住いのN様より「2階の部屋で雨漏りしているので見に来てほしい。」と、お問い合わせをいただきました。N様邸にお伺いすると2階の居室の天井から壁に伝い窓枠より雨水が浸入している形跡がありました。浸入経路を確認するために小屋裏を確認すると野地板と天井材に雨染みを発見致しました。野地板に雨染みがあるという事は雨水が屋根から浸入していますので梯子を使い屋根に上がると、雨漏りが発生している居室上部の屋根の防水紙が切れているのを発見しました。雨染みが発生していた野地板の位置と同じ個所になりますので雨漏り発生の原因は防水紙の破れと考えられますので防水紙のメンテナンスが必要になります。調査を続けると棟の漆喰が剥がれているのを発見しました。漆喰が剥がれてしまい棟の土台になっている葺き土が露出しています。葺き土が露出してしまうと雨水が浸透してしまいますので雨漏りの原因になってしまいますので棟取り直し工事が必要になります。N様に調査のご報告をし、防水紙のメンテナンスと棟取り直し工事が必要な事をお伝えし、雨漏りが発生している居室上部の屋根面の屋根部分葺き直し工事と屋根全体の棟の漆喰に剥がれ等の劣化が見られますので、全ての棟の棟取り直し工事をご提案したところ工事のご依頼をいただきました。


担当:岡野

施工内容屋根葺き直し 棟瓦取り直し  漆喰取り直し

築年数築25年

平米数葺き直し部分(7.1㎡)棟取り直し(28.3m)

施工期間4日間

使用材料軽量シルガード

費用詳しくはお問い合わせください

ハウスメーカーハウスメーカー不明

保証詳しくはお問い合わせください

【施工内容】
屋根葺き直し 棟瓦取り直し  漆喰取り直し

築年数

築25年

平米数

葺き直し部分(7.1㎡)棟取り直し(28.3m)

施工期間

4日間

使用材料

軽量シルガード

費用

詳しくはお問い合わせください

ハウスメーカー

ハウスメーカー不明

保証

詳しくはお問い合わせください

室内の雨漏りの様子

雨水が浸入し鴨居に雨染みがあります   屋根からの雨漏りにより敷居に雨染みが発生

 室内の調査の様子です。N様に雨漏りが発生している居室をご案内していただくと雨水が天井から柱を伝い鴨居や敷居、障子に雨染みが発生しているのを発見しました。N様に雨漏り発生時の状況をお伺いすると、通常の雨天時には雨漏りは発生しないが風向きによって雨漏りが発生するとの事でした。

小屋裏の雨漏りの調査の様子

 小屋裏の雨漏りの様子です。雨水の浸入経路を確認するために小屋裏の調査を行わせていただくと屋根から雨水が浸入した事により野地板や天井材に雨染みが発生していました。雨漏りの原因は屋根からだという事が分かりました。

屋根調査の様子

流山市向小金にて瓦屋根の雨漏り調査   瓦屋根の防水紙の穴開きにより雨漏りが発生

 瓦屋根の調査の様子です。雨漏りの原因を調査するため梯子を使い屋根に上がると雨漏りが発生している居室の上部の瓦は綺麗に並んでおり、ズレや割れは見当たりませんでした。確認した小屋裏の上部の瓦を剥がし防水紙を調査すると防水紙が破れているのを発見しました。防水紙は雨水の浸入を防ぐ重要な役割を果たしておりますが、破れてしまったり捲れてしまうと雨漏りの原因になるのです。風向きにより雨漏りが発生していた原因は、瓦と瓦が重なる部分の隙間から雨水が吹き込み、吹き込んだ雨水が防水紙が破れている箇所から浸入した事が考えられますので、雨漏りを解消するには防水紙のメンテナンスが必要になります。

棟の調査の様子

棟の漆喰が剥がれてしまい瓦がずれて落下する危険性があります   漆喰が剥がれて葺き土が露出

 棟の調査の様子です。棟を調査すると漆喰が剥がれて葺き土が露出しているのを発見しました。棟の漆喰は瓦と瓦を固定する接着剤のような役割を果たしています。漆喰が剥がれてしまうと瓦がずれて落下してしまい人身事故に繋がる危険性があります。また、落下した瓦がご自宅やご近隣のカーポートの屋根を破損させてしまうケースも少なくありません。

漆喰が剥がれて葺き土が露出

 漆喰が剥がれて葺き土が露出してしまうと、葺き土に雨水が浸透してしまいます。浸透した雨水は建物内部へと浸入してしまいますので雨漏りの原因になってしまいます。また、長期間葺き土が雨水に晒されてしまうと固定する力が弱くなって崩れてしまいますので棟自体の崩れに繋がります。棟が崩れてしまうと棟瓦が周囲の瓦に干渉し、周囲の瓦を割ってしまう危険性があります。瓦は耐久性に優れていますが、瓦同士が干渉すると割れやすく、割れた部分から雨水が浸入してしまい二次被害が発生してしまいます。

屋根部分葺き直し工事の様子

屋根部分葺き直し工事で既存の瓦を解体   屋根部分葺き直し工事で既存の瓦を撤去して綺麗に清掃します

 屋根部分葺き直し工事の様子です。屋根葺き直し工事は既存の瓦を解体し、新しい防水紙を敷設して既存の瓦を葺き直す工事になります。葺き直す範囲は雨漏りが発生している居室の屋根面になります。既存の瓦を解体する際にひび割れ等の不具合が無ければ再利用できますので確認しながら取外していきます。葺き直す屋根面に接している棟も同様に解体していきます。葺き直す部分の瓦と瓦桟を解体しましたら綺麗に清掃します。取外した瓦は一度下まで降ろしてしまいますと時間が掛かり、効率が悪くなってしまいますので、屋根の上に仮置きをしておきます。

防水紙を敷設します

屋根葺き直し工事で防水紙にカッパルーフを使用   屋根葺き直し工事で新しい防水紙の敷設と瓦桟の設置

 防水紙の敷設と瓦桟の設置の様子です。新しい防水紙は日新工業株式会社のカッパルーフを使用致しました。防水紙を敷設する際には必ず軒先から屋根上部へと重ねて敷設していきます。重ねて固定する際には建築用のホッチキスのタッカーで野地板に固定していきます。カッパルーフは品質の高い改質アスファルトの効果によりタッカーの芯をしっかりシールしてくれますので雨水の浸入を防ぎます。また、2枚の合成繊維不織布を使用する事により軽量且つ高耐久の屋根下葺材になります。

 防水紙の敷設が完了致しましたら、新しい瓦桟を設置していきます。瓦桟は桟木とも呼ばれ桟瓦を引っ掛けるものになり、瓦が落下しないように固定する役割を果たしています。真っ直ぐ桟瓦を葺く為の目安となる水糸を張りながら設置していきます。

既存の桟瓦を葺き直します

屋根葺き直し工事で防水紙敷設後に既存の桟瓦を葺き直します

 既存の桟瓦を葺き直す様子です。新しい防水紙を敷設し、瓦桟を設置しましたら屋根の上に仮置きをしていた既存の桟瓦を葺き直します。同じ瓦を使用する事で環境負荷が低く、廃材があまり出ません。また、同じ外観も維持できます。

棟取り直し工事の様子

棟取り直し工事で既存の棟を解体   棟取り直し工事で既存の棟を解体

棟取り直し工事の様子です。棟取り直し工事は既存の棟を解体し、新しい棟を作り直す工事になりますので、先ずは既存の棟を解体する工程から行います。解体する際には既存の瓦にひび割れ等の不具合が無いか確認しながら取外し、問題が無ければ再利用できますので屋根の上に仮置きしておきます。棟の土台となっていた葺き土や漆喰は解体しながら土嚢袋に入れていき処分致します。

新しい棟を造ります

棟取り直し工事でシルガードを使用   棟取り直し工事で銅線を仕込みます

 既存の棟を解体致しましたら綺麗に清掃し、新しい棟を造っていきます。新しい棟は葺き土を使用せず、漆喰で土台を造ります。新しい漆喰は「軽量シルガード」を使用致しました。軽量シルガードは葺き土が不要で一回で仕上げる事ができます。軽量骨材を使用していますので比重を大幅に低減しています。また、特殊なシリコンと防水材を配合していますので防水率も低減しています。防水性や耐久性に優れていますので近年の漆喰工事では主流の材料になっています。

棟取り直し工事で下地材のタフモックを設置します   棟取り直し工事で下地材のタフモックを固定

 下地材のタフモックを設置する様子です。漆喰で土台を造りましたら、その上に下地材の貫板を設置致します。貫板は棟瓦を固定する重要な役割を果たします。使用した下地材は樹脂製貫板のタフモックを使用致しました。タフモックは樹脂製で水分を吸収しませんので劣化しにくく耐久性に優れていますので従来の棟と比較すると強固になります。タフモックを設置する際には、予め仕込んでおいた銅線を固定しながら設置していきます。

棟取り直し工事で専用のコテで棟の形を調整します   棟取り直し工事で専用のコテで棟の形を整えます

 タフモックを設置後、専用のコテを使い幅、表面を整えていきます。棟の土台の漆喰を整えましたら棟瓦を設置していくのですが、設置する際に重要になるのが雨仕舞です。雨仕舞は雨水を適切に誘導し排水させることです。漆喰は単純に多く使用すれば雨水の浸入を防げるという事ではなく、棟瓦からはみ出すほどの漆喰で土台を造ってしまうと、土台の漆喰に雨水が直接当たり劣化を早めてしまう事や屋根内部への雨水の浸入に繋がります。

棟瓦設置の様子

棟取り直し工事で棟瓦を設置する様子です

 棟瓦を設置する様子です。既存の棟瓦にひび割れや欠け等の不具合はありませんでしたので再利用致します。棟瓦の「七寸丸瓦」を設置する際には屋根の下部から上部へと重ねて設置していきます。

棟取り直し工事でSUSビスを使用して棟を固定します   棟取り直し工事で棟瓦をSUSビスで固定していきます

 棟瓦を固定する様子です。棟瓦を設置しましたら下地材のタフモックと棟瓦を固定します。固定する際にはSUSビスを使用致しました。SUSビスはステンレス製ですので錆びにくく、パッキンも付いていますので防水性に優れています。

工事が完了致しました

棟取り直し工事が完了   棟取り直し工事が完了

屋根部分葺き直し工事と棟取り直し工事が完了致しました

 屋根部分葺き直し工事と棟取り直し工事の全ての工程が完了致し、お客様に確認をいただいて工事は竣工となります。雨漏りや漆喰の劣化による瓦のずれの不安から解消されましたのでN様に大変満足していただけました。

 私たち街の屋根やさんでは引き続き新型コロナウィルス対策を行っており、必ずマスク着用でお伺いさせていただいております。ソーシャルディスタンスを徹底し、お客様やスタッフの安全管理を徹底致します。

工事を行なったN様のご感想をご紹介いたします

【工事前】

工事前お客様写真

Q1.工事を検討したきっかけは何ですか?どんなことで悩まれていましたか?
雨漏り

Q2.業者や工事会社をどのように探されましたか?
グーグル

Q3.当社を知りすぐにお問合せをされましたか?もし悩まれたとしたらどんなことがご不安でしたか?
すぐ電話した

Q4.何が決め手となり当社にお問合せをされましたか?

Q5.実際に当社担当者がお伺いしていかがでしたでしょうか?
調査結果を丁寧に説明してくれた。

N様のアンケートを詳しく見る→

このページに関連するコンテンツをご紹介

雨漏り修理・雨漏り改修工事は街の屋根やさん千葉
雨漏り修理・雨漏り改修工事は街の屋根やさん千葉
※梯子をかけず、高所作業とならない(下屋・陸屋根・屋上・バルコニー)詳細:明らかに破損していたり、穴が開いていたりする箇所に対しコーキングまたは防水テープにて、訪問担当者が即時対応・補修が可能な場合に限る。 皆さんは常に大切なお住まいで雨漏りが起きる事を想像しながら想像して生活している訳で…続きを読む
瓦屋根のさまざまな補修とリフォームの費用と価格
瓦屋根のさまざまな補修とリフォームの費用と価格
 瓦に飛来物が当たり割れてしまった場合、また風によって少しずれてしまっている場合、雨漏りが起きていなくとも防水紙の劣化に繋がりますので、補修は必要です。 瓦の差し替え工事 瓦の並び戻し工事  漆喰が剥がれることによって内部の土が露出し、雨…続きを読む
これまでの瓦を再利用!瓦屋根葺き直しの2つのメリット・デメリット
これまでの瓦を再利用!瓦屋根葺き直しの2つのメリット・デメリット
これまでの瓦を再利用して屋根を葺き替えるから地球に優しい 一旦、屋根材(瓦・天然スレート)を取り外し、防水紙や野地板を交換・補修してから、これまでの屋根材を再利用して屋根を葺き直す工事です。既存の屋根材を新しい屋根材に交換する屋根葺き替えと似ていますが、これまでの屋根材を再利用するところが大きく違い…続きを読む
4つのチェックポイントで瓦屋根の点検・メンテナンスのタイミングを知ろう
4つのチェックポイントで瓦屋根の点検・メンテナンスのタイミングを知ろう
 瓦屋根というと半世紀、またはそれ以上もの耐用年数を期待できる大変寿命の長い屋根材ですよね。そのため瓦屋根にお住まいの方の中にはどうしてもメンテナンスが怠りがちになってしまっているという方もいらっしゃるのではないでしょうか。 しかし瓦屋根と言えども経年劣化がまったくないかというと…続きを読む
重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要
重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要
 台風などの強風で被害に遭いやすく、他の部分へ被害を拡大してしまうケースも多いのが瓦屋根です。ずれてしまうだけならまだしも、災害の規模が大きいと屋根から瓦が落下してきます。重くて固い瓦が落下すると、まず間違いなく落下地点のものを傷つけ、破壊します。2階屋根から1階屋根に落下すれば、その部分の瓦がほぼ…続きを読む

街の屋根やさん本社

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒292-0804
        千葉県木更津市文京5-11-16
        ST×BASE 1F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん本社のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      街の屋根やさんは千葉県以外にも東京都、神奈川県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方の地域の街の屋根さんをお選びください。

      屋根葺き直し 棟瓦取り直し  漆喰取り直しに関連する新着ブログ

       鎌ケ谷市道野辺本町にお住まいのお客様邸は瓦屋根です。「1階の瓦が割れているので補修をお願いしたい」とご相談を頂きました。破損箇所は丁度、棟付近でしたので平部のように簡単に差し替えることはできません。 ...続きを読む
      瓦屋根の調査   千葉市花見川区検見川町で瓦屋根の現地調査に伺ってきました。現状では雨漏り等などの不具合は無いとの事でしたが、台風なども進路も気になるとの事で今回お問い合わせいただいておりま ...続きを読む
      瓦屋根の調査    市川市国分で瓦屋根の調査に伺ってきました。長い間、メンテナンスをされてこなかった事や同じ築年の近所の方が屋根工事を行っている事もあり調査と工事内容のご提案をご希望されており ...続きを読む
      調査の様子  市川市塩焼にて行った瓦屋根の調査の様子をご紹介致します。「屋根の漆喰が落ちてきたのでメンテナンスを検討しているのですが点検していただけますか。」と、お問い合わせをいただき調査にお伺い致 ...続きを読む

      屋根葺き直し 棟瓦取り直し  漆喰取り直しに関連する新着施工事例

      千葉市中央区都町にて瓦屋根被害、棟取り直し工事を行い復旧致しました

      施工内容

      屋根葺き直し 棟瓦取り直し 

      使用材料

      シルガード漆喰

      千葉市美浜区磯辺にて鬼瓦が落下し桟瓦が割れてしまったので瓦差し替え工事と棟取り直し工事を実施

      施工内容

      棟瓦取り直し  漆喰詰め直し 漆喰取り直し

      使用材料

      シルガード

      屋根葺き直し 棟瓦取り直し  漆喰取り直しを行ったお客様の声一覧

      2019年の台風で東金市大沼田にあるご実家の瓦屋根の漆喰が剥がれたとのお問い合わせ

      工事前アンケート画像

      Q2.工事を検討したきっかけは何ですか?どんなことで悩まれていましたか?

      息子がさがしてくれた

      Q3.弊社をどのように探しましたか?

      ネット

      Q4.弊社を知りすぐにお問合せをされましたか?もし悩まれたとしたらどんなことがご不安でしたか?

      すぐに問い合わせた

      Q5.何が決め手となり弊社にお問合せをされましたか?

      ネットで説明がわかりやすい

      Q6.実際に弊社担当者がお伺いしていかがでしたでしょうか?

      ていねいな説明で良かった

      点検・お見積り・ご相談無料!

      街の屋根やさん千葉

      点検・調査・お見積りなど無料で承ります!お気軽にお問い合わせください!

      電話 お電話でのお問い合わせ[8時30分~20時まで受付]
      0120-989-936
      メール メールでのお問い合わせ
      24時間受付中!

      点検・調査・お見積りなど無料で承ります!
      お気軽にお問い合わせください!

      ご不明点やご相談など屋根のことなら何でもお問い合わせください

      お電話でのお問い合わせは

      メールでのお問い合わせは

      屋根工事が初めての方へ
      街の屋根やさんの10のお約束
      オンライン見積もり
      雨漏りでお困りの方、お任せください
      散水試験で雨漏りの原因を徹底追及
      被害に遭う前に台風対策
      屋根を軽くして地震に強い屋根に
      屋根工事の料金プラン
      リフォームローン
      火災保険を屋根工事に適用できます
      屋根塗装・外壁塗装の塗料について
      株式会社シェアテック
      ご連絡先はこちら
      ご連絡先はこちら
      株式会社シェアテック

      千葉県木更津市文京5-11-16
      ST×BASE
      TEL:0438-38-3373
      FAX:0438-38-3310
      E-mail:info@sharetech.co.jp

      株式会社シェアテック
      建設業許可:千葉県知事許可(般-29) 第 48193 号
      〒292-0804 千葉県木更津市文京5-11-16 ST×BASE
      TEL:0120-989-936 FAX:0438-38-3310
      E-mail:info@sharetech.co.jp
      千葉県・市原市・袖ケ浦市・木更津市・君津市を中心に千葉県全エリア対応中です。
      (その他の地域の方もご相談ください)
      屋根リフォーム / 屋根工事 / 屋根修理 / 屋根塗装 / 屋根葺き替え / 漆喰(しっくい)工事 / 雨樋(あまどい)工事 / 雨漏り修理 / 雨漏り工事 / 防水工事