君津市|瓦の葺き直し・棟の取り直し工事で雨漏り改善

千葉の『街の屋根やさん』は千葉 市原 袖ヶ浦 木更津 君津を中心に 千葉県全域で屋根工事や屋根リフォーム、軽微な屋根の修理、屋根の塗り替え(屋根塗装)、古くなった屋根の葺き替え工事(屋根葺き替え)をおこなっています。

あなたの街の屋根工事 屋根塗装 屋根リフォーム 屋根のトラブルおまかせ下さい!

千葉県全域 あなたの街の屋根工事 屋根塗装 屋根リフォーム あなたの大切なお住まい、定期的にメンテナンスしてあげていますか? 高品質なサービスを、よりリーズナブルに「お客様にとって一番のおつきあい」 私たちはそんな街の屋根やさんです

株式会社シェアテック
〒292-0804 千葉県木更津市文京5-11-16 ST×BASE
TEL :0120-989-936 FAX :0438-38-3310
E-mail : info@sharetech.co.jp

お客様のインタビュー動画

屋根葺き替え工事をご依頼いただいた長生郡白子町のお客様より、竣工後の感想を伺いました。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん千葉 施工事例
街の屋根やさん千葉 お客様に聞いた「街の屋根やさんを選んだ理由」
2020年10月26 日更新 本日の現場ブログ
屋根工事のご依頼・ご相談が初めての方へ
雨漏りにお困りの方、お任せ下さい
屋根を軽くして耐震対策 地震に強い屋根
屋根の台風対策 強風と豪雨にご注意を!
散水検査
お客様の声その壱 お客様の声その弐 お客様の声その参
お客様の声の動画ページに移動
お客様の声を動画でご紹介
Company Profile
街の屋根やさんのご紹介
街の屋根やさんとは?
街の屋根やさんが選ばれる6つの理由
街の屋根やさん10のルール
街の屋根やさん、専門スタッフのご紹介
不安ゼロ宣言
マイスター制度
充実の長期保証
屋根工事を必要している方、屋根のことでお悩みの方へ
各種屋根工事の料金プラン屋根工事の料金について
弊社のご案内弊社のご案内
屋根の資料請求はコチラ 屋根やさん対応エリア

千葉県の市原市・袖ヶ浦市・木更津市・君津市を中心に千葉県全域が対応エリアとなっております。
その他の地域の方もお気軽にご相談下さい!

  • 一般リフォーム
  • 屋根リフォーム
  • 屋根工事
  • 屋根修理
  • 屋根塗装
  • 屋根葺き替え
  • カバー工法
  • 漆喰(しっくい)工事
  • 雨樋(あまどい)工事
  • 雨漏り修理
  • 雨漏り工事

屋根リフォームのことなら、どんなことでもご遠慮なくお問い合わせ下さい。

屋根の資料請求はコチラ 屋根やさん施工実績

 下に挙げたものは、1999年5月~2020年3月までに街の屋根やさんが直接施工した件数と地域です。小規模な屋根修理から大規模な屋根の葺き替え、一般のお住まいだけでなく大きな工場等の建築物の屋根にも幅広く対応しております。
最近の屋根工事事例やお客様の声は右側の各種メニューからご覧ください。

東葛飾エリア
市川・・195
松戸・・189
習志野・・140
流山・・94
鎌ヶ谷・・175
船橋・・340
野田・・83
柏・・94
我孫子・・80
浦安・・175

北総エリア
銚子・・72
佐倉・・143
四街道・・116
印西・・109
富里・・187
香取・・116
成田・・265
旭・・141
八街・・365
白井・・174
匝瑳・・107
印旛郡酒々井町・・91
印旛郡印旛村・・13
印旛郡本埜町・・14
印旛郡栄町・・30
香取郡神崎町・・27
香取郡多古町・・34
香取郡東庄町・・16

千葉エリア
千葉市中央区・・244
千葉市稲毛区・・170
千葉市緑区・・206
千葉市花見川区・・179
千葉市若葉区・・165
千葉市美浜区・・116
八千代市・・160
市原市・・670

九十九里エリア
茂原市・・147
勝浦市・・44
いすみ市・・100
東金市・・134
山武市・・90
山武郡大網白里町・・33
山武郡九十九里町・・67
山武郡芝山町・・24
山武郡横芝光町・・41
長生郡一宮町・・45
長生郡睦沢町・・13
長生郡長生村・・39
長生郡白子町・・48
長生郡長柄町・・21
長生郡長南町・・11
夷隅郡大多喜町・・19
夷隅郡御宿町・・17

南房総エリア
袖ケ浦・・221
木更津・・437
君津・・285
富津・・118
南房総・・63
安房郡鋸南町・・40
館山・・57
鴨川・・28

ご連絡先はこちらです ご連絡先はこちら

株式会社シェアテック
千葉県木更津市文京5-11-16 ST×BASE
TEL : 0438-38-3373
FAX : 0438-38-3310
E-mail : info@sharetech.co.jp

街の屋根やさん千葉

君津市|瓦の葺き直し・棟の取り直し工事で雨漏り改善

工事のきっかけを伺いました!

火災保険アイコン 棟瓦取り直しアイコン

施工内容棟瓦取り直し

beforeafter
before
雨漏り,棟,取り直し,葺き直し
horizontal
after
棟,取り直し工事,葺き直し工事
headlinesstrapline

お問い合わせのきっかけ

texts
君津市のM様邸、夏のひどい台風で初めて雨漏りを起こしてしまったようです。しかし、その後はぱったりと落ち着き雨漏りに対しての対処もしていなかったようです。しかし、冬になり雪が降り始めるとどことなく室内の雨染みが広がってきたと感じたようです。
風災・雪害etc...自然災害による住宅の被害は火災保険での補償対象に入ります。M様は火災共済に加入されています。補修と共済の補償についてみていきましょう!
headlinesstrapline

工事内容

texts
棟の取り直し工事
瓦葺き直し工事
headlinesbyline columns
室内,雨漏り
家,瓦,雨漏り
texts
室内への雨漏り調査です。雨漏りが発生したのは夏ごろ。一度酷い台風があったのを今でも思い出しますが、まさにその時に雨染みが残る程の雨漏りを起こしてしまったようです。

瓦屋根が雨漏りを起こす原因としては、瓦の割れや浮き・ズレ、漆喰の剥がれ、谷樋の雨仕舞の不備が考えられます。
しかし、いずれにしても下地の防水紙の破れ・劣化によって水が侵入してきてしまいます。どこから雨漏りをしているのか、またどのような施工で改善できるのか見ていきましょう。
columns
瓦,どかし,調査,防水紙
防水紙,雨漏り
texts
早速瓦屋根を見ていきます。瓦はスレート屋根や金属屋根とは違い、全てが固定されているわけではないので簡単に防水紙の状況を見ることが出来ます。
瓦の長所がそこで、仮に強風に煽られ瓦が落ちてしまったとしても1枚のみの差し替えで済みます。スレートや金属屋根となるとかかわりのある場所まで上部から剥がしていき、交換できたとしてもまた直していかないとなりません。
瓦がずれて…とお問い合わせと固定の依頼を頂く事がありますが、瓦の良さは固定しないことにある事をご理解ください。

防水紙の状態確認になります。瓦桟に溜まっているゴミも気になりますが、防水紙の重ね部分が捲れてしまっています。

columns
雨漏り,防水紙,ルーフィング
軒天,雨染み,雨漏り
texts
また防水紙自体にも破れが見られますので雨漏りを起こした原因はこちらでしょう。
瓦桟にゴミが溜まっているのにも問題があります。防水紙の上を雨水が流れて捌けている状態なのにゴミがあることによって、水も溜まり溢れてしまいます。
施工の段階で掃除が不十分な住宅もありますが、鳥が入り込んだ場合に巣やゴミの持ち込みがあります。良い材料を使用して屋根工事をしたからと言って万能ではないのが怖い所ですね。


headlinesbyline columns
瓦,棟,漆喰
防水紙,コーキング,瓦
texts
棟も瓦にも見て分かりますがコーキングが施工されています。ラバーロック工法と言われる瓦の固定方法です。瓦同士を接着させることで瓦の浮き・ズレを防ぐものですが、良い事ばかりではありません。
まず瓦の差し替えの際にコーキングによって剥がせない、少しずつでもずれてしまう事があります(これは左の棟を見てもらえばわかります。施工前からずれていたのかはわかりませんが、のし瓦に少しずつズレがあります。)
そして誤ったラバーロック工法が行われていた場合、間違いなく雨漏りを起こしてしまいます。今回、部分的に劣化している防水紙の葺き直し工事と棟瓦のズレ補修に棟取り直し工事を行います。

火災共済の件につきましても弊社にてお見積書等書類の準備をさせて頂きます。保険の申請につきご不明な点がありましたらお気軽にお問い合わせください。
columns
瓦,屋根,葺き直し
瓦,撤去
texts
まずは瓦を剥がしていきます。落下防止に木材を這わせているのはまさに桟木と同じ要領ですね。棟から防水紙の葺き直しを行う場所まで広範囲に渡りますが、剥がしていきます。

columns
瓦,外し
防水紙,瓦桟
texts
瓦の剥がしを終わらせて清掃をします。破れている防水紙にはテープ等で補修の上、新しく防水紙を敷いていきます。
このように部分的な葺き直し工事も可能ですが、他の部分が雨漏りを起こしていないという事が前提なのはもちろん、次回別の場所からの雨漏りが起きた場合には、同じように再施工しなければならないという事は前もってご了承ください。

columns
棟,取り直し,工事
棟,取り直し,工事
texts
瓦は見て分かる通り下から上に重ねていきます。軒先から鼻桟・ヌキ・メンドの処理を行ってから軒・袖・平瓦と順々に設置していきますが、今回は部分的でしたので移動させたのは平瓦のみです。

瓦桟を取り付け瓦の復旧を行ってから棟の積み直しを行っていきます。
棟にスクリュー釘で銅線を巻き打ち付けます。この銅線にも鬼吊り・巴吊りと別々の役割があり、銅線での結び方も棟瓦の中で結ぶ中止めと、瓦の周りを止める大回し止め・トンボ止めと、止め方にも種類があります。
columns
鬼瓦,銅線
鬼瓦
texts
瓦屋根で特徴的な鬼瓦ですが、先ほどの下地積みの際の鬼吊りが使われます。鬼瓦の裏の竜頭という穴に銅線を通し固定し落下防止をします。
columns
南蛮漆喰
棟,積み直し
texts
まずは南蛮漆喰で土台を作りのし瓦をのせていきます。施工の段階で真っ黒な漆喰ですが、経年によって水分を含んでいくと白くなる特徴があります。

棟はのし瓦を互い違いに積んでいきます。1枚分から積み始めたら2段目は半分に割ったのしと、決して継ぎ目が同じ部分にならない構造となります。

水糸を張りズレが起きないように施工していくわけですが、積む段によっても水糸の張り幅というのは変わってきます。
columns
針金,漆喰
のし瓦,棟,瓦,積み直し
texts
段々と積みながらのし瓦同士を銅線で結んでいきます。こののし瓦、並行ではなく粘土によって少しずつ勾配が付いています。こうすることで雨水の流れを良くし、更に雨漏り防止に繋がります。

最後に丸瓦を乗せ銅線で止め終了です。丸瓦の上で銅線が丸まっている光景、良く目にすると思いますが、ビニール袋等の飛んできたものが引っかからないようにするためです。

美観を維持するための気遣いがうかがえますね。
simple
漆喰,棟,取り直し工事
部分葺き直し工事と棟の取り直し工事完工です。

瓦はズレや漆喰のメンテナンスを怠らない限り、長期的に使える屋根材です。

築年数が経っているからと雨漏りは放置せず、まずは今後の方向性とお悩みの点をお気軽にご相談ください。


このページに関連するコンテンツをご紹介

重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要
重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要
 台風などの強風で被害に遭いやすく、他の部分へ被害を拡大してしまうケースも多いのが瓦屋根です。ずれてしまうだけならまだしも、災害の規模が大きいと屋根から瓦が落下してきます。重くて固い瓦が落下すると、まず間違いなく落下地点のものを傷つけ、破壊します。2階屋根から1階屋根に落下すれば、その部分の瓦がほぼ…続きを読む

街の屋根やさん本社

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒292-0804
        千葉県木更津市文京5-11-16
        ST×BASE 1F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん本社のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      街の屋根やさんは千葉県以外にも東京都、神奈川県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方の地域の街の屋根さんをお選びください。

      棟瓦取り直しに関連する新着ブログ

      軒天の剥がれについてご相談を頂きました 今回は南房総市和田町沼にお住いのお客様より「劣化により軒天が剥がれてしまっているので修理をお願いしたい、それ以外の部分に関しても修理したほうがいいところがあるか見ていただきたい」とのご相談を頂きました。 剥がれや傷みがあるところから雨水が入り込み、雨漏りが発生する場合があるため軒天の剥がれをそのままにするのは厳禁です。 ...続きを読む
      台風の影響により漆喰が剥がれています 松戸市二ツ木で行った瓦屋根の調査の様子をご紹介します。「近所の人から屋根の漆喰が剥がれていると言われたので点検してほしい。」と、お問い合わせをいただきました。瓦屋根で漆喰が使われている部分は主に棟部分になります。棟の面戸部分に使用されており、棟瓦と桟瓦とを固定する役割や雨水が棟部分から浸入しないように防水の役割を果たしております。 ...続きを読む
      瓦屋根の調査の様子 松戸市栄町西で行った瓦屋根の調査の様子をご紹介します。「台風で屋根の瓦がずれてしまい、落ちそうなので点検してほしい。」と、お問い合わせをいただきました。お客様にご案内していただくと片流れ屋根の棟の瓦が今にも落下しそうな状態でした。棟は葺き土が土台となっており形成していますが、このままですと葺き土に雨水が浸透してしまいます。浸透した雨水は建物内部へ浸入 ...続きを読む
      漆喰が劣化してしまっていました 今回は袖ヶ浦市野里にお住いのお客様よりお問い合わせを頂きました。「瓦屋根なのだが、台風での被害はなかったがしばらく補修などを行っていなかったため点検を行いたい」との内容でした。 実際にお客様のご自宅に伺い調査を行うと漆喰の劣化が発生し、漆喰が崩れてしまっていました。 ...続きを読む

      棟瓦取り直しに関連する新着施工事例

      棟瓦取り直しを行ったお客様の声一覧

      山武市井之内で棟瓦取り直し工事をしました

      headlinesbyline simple
      s様 山武市 工事後アンケート
      Q1.工事を依頼する会社を決める時にどんなことで悩まれていましたか?
      自然災害なので迅速に対応してくれる会社はどこか?

      Q2.当社にご依頼いただく際にどのような点を比較・検討されましたか?
      見積りの下見作業が速かったから

      Q3.お見積り提出後すぐに工事をご依頼されましたか?もしご依頼されなかったとしたらどんな点が不安でしたか?
      見積りの下見から、見積書の案内がなかなか届かず工事の依頼が進まずにいたこと。

      Q4.数ある会社の中から当社に工事をご依頼いただいた決め手は何ですか?
      見積りの下見が速かったから

      Q5.工事が終わってみていかがですか?忌憚のないご意見を頂戴出来ましたら幸いです。
      結果的に月を超えないで作業が終了したので、まあよかったのではないかと思います。




      ■お住まいの屋根工事ここがポイント

      屋根工事の種類
      あなたの屋根はどのタイプ?
      選ばれる理由
      お客様にご安心を12のルール
      施工事例
      会社概要

      ■点検・お見積り・ご相談無料!

      ご不明点やご相談など屋根のことなら何でもお問い合わせください。


      点検・お見積り・ご相談無料!お気軽にお問い合わせください!

      お問い合わせ
      FAX番号