瓦屋根各部位の名称と役割・メンテナンス方法についてご紹介します!

千葉の『街の屋根やさん』は千葉 市原 袖ヶ浦 木更津 君津を中心に 千葉県全域で屋根工事や屋根リフォーム、軽微な屋根の修理、屋根の塗り替え(屋根塗装)、古くなった屋根の葺き替え工事(屋根葺き替え)をおこなっています。

あなたの街の屋根工事 屋根塗装 屋根リフォーム 屋根のトラブルおまかせ下さい!

千葉県全域 あなたの街の屋根工事 屋根塗装 屋根リフォーム あなたの大切なお住まい、定期的にメンテナンスしてあげていますか? 高品質なサービスを、よりリーズナブルに「お客様にとって一番のおつきあい」 私たちはそんな街の屋根やさんです

株式会社シェアテック
〒292-0804 千葉県木更津市文京5-11-16 ST×BASE
TEL :0120-989-936 FAX :0438-38-3310
E-mail : info@sharetech.co.jp

お客様のインタビュー動画

屋根葺き替え工事をご依頼いただいた長生郡白子町のお客様より、竣工後の感想を伺いました。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん千葉 施工事例
街の屋根やさん千葉 お客様に聞いた「街の屋根やさんを選んだ理由」
2020年12月03 日更新 本日の現場ブログ
屋根工事のご依頼・ご相談が初めての方へ
オンラインにて屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
雨漏りにお困りの方、お任せ下さい
屋根を軽くして耐震対策 地震に強い屋根
屋根の台風対策 強風と豪雨にご注意を!
散水検査
お客様の声その壱 お客様の声その弐 お客様の声その参
お客様の声の動画ページに移動
お客様の声を動画でご紹介
Company Profile
街の屋根やさんのご紹介
街の屋根やさんとは?
街の屋根やさんが選ばれる6つの理由
街の屋根やさん10のルール
街の屋根やさん、専門スタッフのご紹介
不安ゼロ宣言
マイスター制度
充実の長期保証
The kind of roofing work
屋根工事の種類
葺き替え工事のご案内葺き替え工事
屋根カバー工法のご案内カバー工法
屋根・外壁塗装工事のご案内屋根・外壁
塗装工事
棟板金工事のご案内板金工事
漆喰工事のご案内漆喰工事
雨樋工事のご案内雨樋工事
防水工事のご案内防水工事
屋根葺き直し
瓦工事
破風・鼻隠し・ケラバの補修
軒天の雨染みと
剥がれは見逃し厳禁
庇の役割とメンテナンス方法
シーリングやコーキングの種類と使用法
意外と多い笠木が原因のベランダからの雨漏り
雨漏りにも強い立平葺き
雨樋の詰まりに落ち葉除けネットがお薦め
ポリカ波板屋根と防水工事でベランダをより強く
快適生活をサポートする
換気棟
屋根リフォームで夏の暑さ対策
落雪被害を防ぐ雪止め設置
タスペーサーの重要性
ウレタン防水が選ばれる理由とメンテナンス方法
シート防水が施工された屋上のメンテナンス方法
FRP防水が最強である理由
雨漏りの原因となりやすいパラペットのメンテナンス
セメント瓦・モニエル瓦
最適なメンテナンス方法
大波・小波スレートの最適なメンテナンス方法
複雑な形状の屋根の面積
係数を使って簡単算出
屋根の形
屋根の最も重要な部分
野地板のメンテナンス
工場や倉庫のメンテナンス
アパート・マンション、ビル
のメンテナンス
別荘のメンテナンス
様々な屋根の面積の求め方
天窓のお困り事・お悩み事
カーポートを自己負担なしで建て直せる条件・費用
RC造からの雨漏りを防ぐ適切なメンテナンス方法
屋根工事を必要している方、屋根のことでお悩みの方へ
お住まい、屋根のメンテナンスサイクル完全版
各種屋根工事の料金プラン屋根工事の料金について
弊社のご案内弊社のご案内
屋根の資料請求はコチラ 屋根やさん対応エリア

千葉県の市原市・袖ヶ浦市・木更津市・君津市を中心に千葉県全域が対応エリアとなっております。
その他の地域の方もお気軽にご相談下さい!

  • 一般リフォーム
  • 屋根リフォーム
  • 屋根工事
  • 屋根修理
  • 屋根塗装
  • 屋根葺き替え
  • カバー工法
  • 漆喰(しっくい)工事
  • 雨樋(あまどい)工事
  • 雨漏り修理
  • 雨漏り工事

屋根リフォームのことなら、どんなことでもご遠慮なくお問い合わせ下さい。

屋根の資料請求はコチラ 屋根やさん施工実績

 下に挙げたものは、1999年5月~2020年3月までに街の屋根やさんが直接施工した件数と地域です。小規模な屋根修理から大規模な屋根の葺き替え、一般のお住まいだけでなく大きな工場等の建築物の屋根にも幅広く対応しております。
最近の屋根工事事例やお客様の声は右側の各種メニューからご覧ください。

東葛飾エリア
市川・・195
松戸・・189
習志野・・140
流山・・94
鎌ヶ谷・・175
船橋・・340
野田・・83
柏・・94
我孫子・・80
浦安・・175

北総エリア
銚子・・72
佐倉・・143
四街道・・116
印西・・109
富里・・187
香取・・116
成田・・265
旭・・141
八街・・365
白井・・174
匝瑳・・107
印旛郡酒々井町・・91
印旛郡印旛村・・13
印旛郡本埜町・・14
印旛郡栄町・・30
香取郡神崎町・・27
香取郡多古町・・34
香取郡東庄町・・16

千葉エリア
千葉市中央区・・244
千葉市稲毛区・・170
千葉市緑区・・206
千葉市花見川区・・179
千葉市若葉区・・165
千葉市美浜区・・116
八千代市・・160
市原市・・670

九十九里エリア
茂原市・・147
勝浦市・・44
いすみ市・・100
東金市・・134
山武市・・90
山武郡大網白里町・・33
山武郡九十九里町・・67
山武郡芝山町・・24
山武郡横芝光町・・41
長生郡一宮町・・45
長生郡睦沢町・・13
長生郡長生村・・39
長生郡白子町・・48
長生郡長柄町・・21
長生郡長南町・・11
夷隅郡大多喜町・・19
夷隅郡御宿町・・17

南房総エリア
袖ケ浦・・221
木更津・・437
君津・・285
富津・・118
南房総・・63
安房郡鋸南町・・40
館山・・57
鴨川・・28

ご連絡先はこちらです ご連絡先はこちら

株式会社シェアテック
千葉県木更津市文京5-11-16 ST×BASE
TEL : 0438-38-3373
FAX : 0438-38-3310
E-mail : info@sharetech.co.jp

街の屋根やさん千葉

瓦屋根各部位の名称と役割・メンテナンス方法についてご紹介します!

更新日 : 2020年11月16日

更新日 : 2020年11月16日

 皆様の住宅では、どのような屋根材が使用されていますか?が使用されている住宅もあれば、スレート金属が使用されている住宅もあるでしょう。古くから存在し今も尚、人気を誇っている瓦屋根ですが、部位によって使用される瓦は異なります。万が一、台風や地震などの自然災害で破損してしまった場合、どこの瓦が被害を受けてしまったのかが全く分からなければ不安ですし、補修依頼をするのも大変です。
 そこで今回は、瓦屋根の部位ごとにどのような瓦が使用されており、どんな役割を果たしているのか、破損や劣化してしまった際のメンテナンス方法についてご紹介したいと思います。

瓦屋根の各部位の名称と役割をご説明します

1.瓦屋根の各部位の名称とその役割

棟部

瓦 棟部 冠瓦のみの棟

 屋根の頂上である棟は、雨や風の影響を受けやすく、雨漏りも発生しやすい箇所です。そんな棟には、熨斗(のし)瓦・冠瓦と呼ばれる2種類の瓦が使用されています(棟のデザインによっては、隅に鬼瓦が使用されていることもあります)。漆喰(南蛮漆喰)で形成された土台の上に熨斗瓦を積み、最後に冠瓦をかぶせ、銅線で固定されているのです。
 熨斗瓦は、数段積めるよう、長方形の四角い形状をしており、反りや薄さは種類によって異なります。数段積むことで、棟の防水性を高めています。住宅によっては、熨斗瓦が使用されておらず、冠瓦のみ取り付けられていることもありますが、特に問題はありません。
 棟の中でも最も高い部分に載せられる冠瓦は、半円状の形状をしています。積み上げられた熨斗瓦の頂上にふたをする役割を担っており、これが無くては雨漏りを防ぐことはできません。

ケラバ

ケラバ ケラバ瓦

 ケラバとは、切妻屋根や片流れ屋根において、雨樋のついていない面の端を指します。瓦屋根の場合、L字型のケラバ瓦で保護されているのですが、強風の影響を受けやすい為、浮きやずれを起こす可能性があります。ですので、台風通過後には必ず、被害を受けていないのか確認しましょう。
 浮きやずれは、二次被害をもたらす危険性もありますし、隙間から鳥が入り込み、巣を作ってしまう可能性もあります。そうなれば、追加工事をしなくてはなりませんので、劣化や破損症状が軽いうちに補修しましょう。

平部

瓦屋根 平部

 屋根の平面な部分を平部と言います。平部に葺かれる瓦は、平瓦(ひらがわら)や地瓦(じがわら)、桟瓦(さんがわら)などと呼ばれています。しかし、それ以外にも、様々な瓦が使用されていますので簡単にご紹介致します。

・軒瓦
 軒先に使用する瓦を指します。軒瓦には、普通の瓦にない「垂れ」が付いており、屋根の上から流れてきた雨水が、屋根材を伝って裏側に回り込むのを防いでいます。垂れが無ければ、裏側に回り込んだ雨水が屋根の内部に浸入し、下地を腐食させてしまいます。

・袖瓦
 屋根の左右両端に用いる瓦です。地上から見て、右に使用されているのが右袖(大袖瓦)、左に使用されているのが左袖(小袖瓦)になります。袖瓦もケラバ瓦同様、強風の影響を受けやすいので、台風通過後の確認を怠らないようにしましょう。

・角瓦(かどがわら)
 軒瓦と袖瓦の交わる角に用いられる瓦です。軒瓦と袖瓦を組み合わせたものなので別名、袖角瓦(そでかどかわら)と呼ばれることもあります。袖瓦と同じく、左右勝手があります。

2.瓦屋根の点検とメンテナンス工事

瓦屋根の点検

1.棟瓦の歪み
 屋根の頂上に詰まれた棟瓦がズレていないか・歪んでいないか確認しましょう。少しでも歪んでいた場合には、要注意です。次第に歪みが大きくなり、最終的に崩れてしまう危険性があります。

2.漆喰の剥がれ・欠け
 棟瓦の土台に使用されている漆喰(南蛮漆喰)は、経年劣化によって、剥がれや欠けなどの症状が見られやすくなります。不具合が見られなかったとしても、漆喰の耐用年数は20年程度と言われていますので、時期が来ましたら点検・メンテナンスを行いましょう。

3.瓦の割れや欠け
 飛来物によって、瓦が割れたり欠けてしまうことがあります。破損してしまえば、そこから雨水が浸入し、雨漏りを引き起こす危険性も高まります。気づいた時点で、速やかに補修工事を依頼しましょう。

4.瓦のズレと外れ
 地震や強風によって、瓦がズレてしまったり外れてしまうことがあります。ズレや欠けが生じると、落下する恐れがあり、大変危険です。また雨漏りのリスクも高まりますので、早めに補修しましょう。

メンテナンス工事

漆喰詰め直し工事
 棟の漆喰に劣化症状が見られ、傷みが軽度だった場合に行うメンテナンス工事です。劣化した部分を取り除き、新しい漆喰を詰め直します。(漆喰詰め直し工事について)

棟取り直し工事
蛇行した棟 棟取り直し工事で棟の歪みを解消
 漆喰の劣化が進み、棟瓦が歪んでしまった場合に行います。一旦、棟瓦を全て撤去し、土台からつくりかえますので、棟に耐久性が蘇ります。(棟取り直し工事について)

屋根葺き直し工事
 屋根に葺かれている全ての瓦を取り外し、防水紙や野地板の補修・交換を行ってから、再び瓦で葺く工事です。屋根の下地である防水紙や野地板のお手入れをしたい時に行います。(屋根葺き直し工事について)

屋根葺き替え工事
屋根葺き替え前 屋根葺き替え後
 瓦と下地の劣化が激しい場合に行います。瓦の廃材処理費と新しい屋根材の費用、そして工事費が掛かりますので高額になります。しかし、軽い屋根材にすることで、耐震性を上げることが可能です。(屋根葺き替え工事について)

3.まとめ

 瓦屋根の各部位の名称や点検・メンテナンス方法についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。屋根の上はご自分で確認することが困難な為、点検やメンテナンスを検討した際には必ず、業者に依頼しましょう。私たち街の屋根やさんでは、瓦屋根の点検やメンテナンスも数多く行っていますので、お気軽にご相談下さい。

このページに関連するコンテンツをご紹介

重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要
重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要
 台風などの強風で被害に遭いやすく、他の部分へ被害を拡大してしまうケースも多いのが瓦屋根です。ずれてしまうだけならまだしも、災害の規模が大きいと屋根から瓦が落下してきます。重くて固い瓦が落下すると、まず間違いなく落下地点のものを傷つけ、破壊します。2階屋根から1階屋根に落下すれば、その部分の瓦がほぼ…続きを読む
お住まいの寿命を延ばす!季節別・築年数別のメンテナンスポイント
お住まいの寿命を延ばす!季節別・築年数別のメンテナンスポイント
  一生に一度のお買い物と言われるお住まい、手に入れるまでは相当な努力と苦労を伴います。何年もかけて貯めた頭金、購入してからはローンと大変です。手に入れたということで満足してしまい、そこでゴールという方も多いようです。  かつては新築だったお住まいも年月を経れば、どんなに大事にしていてもいろいろ…続きを読む
知っておきたいお住まいの各部位の名前
知っておきたいお住まいの各部位の名前
 「屋根」、「外壁」、お住まいで大きい部分や面積の広い部分の名称は分かっても細かい部分は分からないところが多いですよね。いざ、お住まいに補修が必要になった場合、名称が分からないためにどこのことだか説明できなかったり、業者から説明を受けた際にどこを工事するのか分からなかったりすると困ってしまいますよね…続きを読む

街の屋根やさん本社

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒292-0804
        千葉県木更津市文京5-11-16
        ST×BASE 1F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん本社のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      街の屋根やさんは千葉県以外にも東京都、神奈川県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方の地域の街の屋根さんをお選びください。

      瓦屋根 名称に関連する新着ブログ

      屋根の形状はどんな時に考えるのでしょうか  屋根の形状を意識するのは、まずは新築で建てる場合になるでしょう。屋根の形状によってお住まいの印象は大きく変わります。好みの形状であることだけでなく、形 ...続きを読む



      ■お住まいの屋根工事ここがポイント

      ■点検・お見積り・ご相談無料!

      ご不明点やご相談など屋根のことなら何でもお問い合わせください。


      点検・お見積り・ご相談無料!お気軽にお問い合わせください!