瓦の種類とその特徴についてをご紹介、瓦屋根も定期的にメンテナンスを行いましょう

千葉の『街の屋根やさん』は千葉 市原 袖ヶ浦 木更津 君津を中心に 千葉県全域で屋根工事や屋根リフォーム、軽微な屋根の修理、屋根の塗り替え(屋根塗装)、古くなった屋根の葺き替え工事(屋根葺き替え)をおこなっています。

あなたの街の屋根工事 屋根塗装 屋根リフォーム 屋根のトラブルおまかせ下さい!

千葉県全域 あなたの街の屋根工事 屋根塗装 屋根リフォーム あなたの大切なお住まい、定期的にメンテナンスしてあげていますか? 高品質なサービスを、よりリーズナブルに「お客様にとって一番のおつきあい」 私たちはそんな街の屋根やさんです

株式会社シェアテック
〒292-0804 千葉県木更津市文京5-11-16 ST×BASE
TEL :0120-989-936 FAX :0438-38-3310
E-mail : info@sharetech.co.jp

お客様のインタビュー動画

屋根葺き替え工事をご依頼いただいた長生郡白子町のお客様より、竣工後の感想を伺いました。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん千葉 施工事例
街の屋根やさん千葉 お客様に聞いた「街の屋根やさんを選んだ理由」
2020年09月28 日更新 本日の現場ブログ
屋根工事のご依頼・ご相談が初めての方へ
雨漏りにお困りの方、お任せ下さい
屋根を軽くして耐震対策 地震に強い屋根
屋根の台風対策 強風と豪雨にご注意を!
散水検査
お客様の声その壱 お客様の声その弐 お客様の声その参
お客様の声の動画ページに移動
お客様の声を動画でご紹介
Company Profile
街の屋根やさんのご紹介
街の屋根やさんとは?
街の屋根やさんが選ばれる6つの理由
街の屋根やさん10のルール
街の屋根やさん、専門スタッフのご紹介
不安ゼロ宣言
マイスター制度
充実の長期保証
屋根工事を必要している方、屋根のことでお悩みの方へ
各種屋根工事の料金プラン屋根工事の料金について
弊社のご案内弊社のご案内
屋根の資料請求はコチラ 屋根やさん対応エリア

千葉県の市原市・袖ヶ浦市・木更津市・君津市を中心に千葉県全域が対応エリアとなっております。
その他の地域の方もお気軽にご相談下さい!

  • 一般リフォーム
  • 屋根リフォーム
  • 屋根工事
  • 屋根修理
  • 屋根塗装
  • 屋根葺き替え
  • カバー工法
  • 漆喰(しっくい)工事
  • 雨樋(あまどい)工事
  • 雨漏り修理
  • 雨漏り工事

屋根リフォームのことなら、どんなことでもご遠慮なくお問い合わせ下さい。

屋根の資料請求はコチラ 屋根やさん施工実績

 下に挙げたものは、1999年5月~2020年3月までに街の屋根やさんが直接施工した件数と地域です。小規模な屋根修理から大規模な屋根の葺き替え、一般のお住まいだけでなく大きな工場等の建築物の屋根にも幅広く対応しております。
最近の屋根工事事例やお客様の声は右側の各種メニューからご覧ください。

東葛飾エリア
市川・・195
松戸・・189
習志野・・140
流山・・94
鎌ヶ谷・・175
船橋・・340
野田・・83
柏・・94
我孫子・・80
浦安・・175

北総エリア
銚子・・72
佐倉・・143
四街道・・116
印西・・109
富里・・187
香取・・116
成田・・265
旭・・141
八街・・365
白井・・174
匝瑳・・107
印旛郡酒々井町・・91
印旛郡印旛村・・13
印旛郡本埜町・・14
印旛郡栄町・・30
香取郡神崎町・・27
香取郡多古町・・34
香取郡東庄町・・16

千葉エリア
千葉市中央区・・244
千葉市稲毛区・・170
千葉市緑区・・206
千葉市花見川区・・179
千葉市若葉区・・165
千葉市美浜区・・116
八千代市・・160
市原市・・670

九十九里エリア
茂原市・・147
勝浦市・・44
いすみ市・・100
東金市・・134
山武市・・90
山武郡大網白里町・・33
山武郡九十九里町・・67
山武郡芝山町・・24
山武郡横芝光町・・41
長生郡一宮町・・45
長生郡睦沢町・・13
長生郡長生村・・39
長生郡白子町・・48
長生郡長柄町・・21
長生郡長南町・・11
夷隅郡大多喜町・・19
夷隅郡御宿町・・17

南房総エリア
袖ケ浦・・221
木更津・・437
君津・・285
富津・・118
南房総・・63
安房郡鋸南町・・40
館山・・57
鴨川・・28

ご連絡先はこちらです ご連絡先はこちら

株式会社シェアテック
千葉県木更津市文京5-11-16 ST×BASE
TEL : 0438-38-3373
FAX : 0438-38-3310
E-mail : info@sharetech.co.jp

街の屋根やさん千葉

瓦の種類とその特徴についてをご紹介、瓦屋根も定期的にメンテナンスを行いましょう

更新日 : 2020年06月09日

更新日 : 2020年06月09日

この記事は瓦の種類についてご紹介をしています。
おおよそ5分で読むことができます。

 

瓦やね

 最近ではほとんどのお住いがスレート屋根が主流となっているのではないでしょうか。
また昔から使用されている屋根材といえば瓦を思い浮かべる方は多いかと思います。瓦屋根は、形状や使用している材質によっても分類することができるのです。
本日は瓦の種類についてご紹介をしていきたいと思います。

 

瓦の種類と特徴

かわら 瓦屋根材

・粘土瓦
粘土瓦は粘土質の土を成型し、高温で焼き上げてつくられます。昔から使用されており日本の風土にも適している屋根材です。耐久性や遮音性にも優れており雨音が気になることもありません。しかし、粘土瓦は他の屋根材と比べると重量があり、重いことからお住い全体にかかる負荷が大きくなるため耐震性が低くなります。
ちなみに粘土瓦には釉薬瓦と無釉薬瓦の2タイプがあります。

・釉薬瓦
釉薬瓦は粘土を成形した後にガラス質の釉薬を塗布して作られた瓦のことを指します。瓦の色や艶に変化をつけることが可能です。
耐水性に優れており、色あせもしにくい釉薬瓦は存在感のある美しさを長く楽しむことができます。耐用年数は約60年といわれており、半永久的に使用できる屋根材となっております。基本的にメンテナンス不要とされていますが、漆喰部分や防水シートは経年劣化により傷むことがあるので定期的に点検とメンテナンスを行うことがお勧めです。

瓦屋根 綺麗な瓦

・無釉薬瓦
無釉薬瓦は釉薬瓦とは異なり釉薬を塗らずに焼き上げる瓦のことを指します。古くから残っているお城や神社でも無釉薬瓦を使用していることがみられるため、耐久力が高いことが確認できます。いぶし瓦や素焼き瓦、錬込瓦、窯変瓦などといった種類がありますが多く採用されているのはいぶし瓦と素焼き瓦です。
いぶし瓦は表面に炭素膜を作り味のある黒~銀の色味になっているのが特徴です。耐用年数は30~60年ほどといわれており、経年劣化により色や耐水性も落ちてくるのでその際には補修を行うことが必要です。
素焼き瓦は粘土を焼いた時の色がそのまま活かされるため自然な風合いを堪能できます。酸化炎焼成による赤色のため赤瓦と呼ばれることもあります。

・セメント瓦とコンクリート瓦
セメント瓦とコンクリート瓦はセメントと水、砂を主な原料としており、一般的には塗装で色を付けていきます。ちなみに、セメントに顔料を混ぜて色をつけているタイプの商品もあります。
粘土瓦とはことなり、セメント瓦やコンクリート瓦の場合は角がギザギザになってるのが特徴です。色やデザインが豊富で粘土瓦よりも寸法の狂いがないため施工しやすいです。
しかし屋根材の重さが重いため、耐震性が低く、粘土瓦に比べて耐久力が低いという欠点があり現在ではあまり製造されておりません。セメント瓦、コンクリート瓦は塗装によるメンテナンス工事が可能になりますが、下塗りに使用する材料が違うため種類の見分け方を間違えるとせっかくの塗装がすぐはがれる場合もあります。

 

塗装が必要な瓦と必要ではない瓦

黒 瓦

・塗装が必要ではない瓦
塗装が必要ではない瓦は粘土から作られています。そのような瓦には上記でもご説明したように釉薬によって色を付けられたものもありますし、焼くことで粘土の色の変化を楽しんだり、燻されて色をつけられるものもあります。
これらの瓦は色あせしますが、瓦自体がだめになってしまうことはありません。いぶし瓦などは渋い銀色に変化していくので経年による変化を楽しむ方もいらっしゃります。

・塗装が必要になる瓦
塗装が必要になる瓦にはセメント瓦とコンクリート瓦になります。これらは顔料や塗料によって色が付けられています。しかし塗料は経年劣化により色あせなどを引き起こします。また、防水性能を塗料が補っているため、雨水がしみこみやすくなった成分が水に溶けだして屋根自体がもろくなっていく可能性もありますし、凍害にも遭いやすくなります。
屋根の耐用年数を延ばすためにも塗装が必要になります。

 

まとめ

点検とメンテナンス

 いかがでしたでしょうか、本日は瓦の種類と特徴についてご紹介をしてきました。
瓦屋根というと耐用年数がたかく、メンテナンス不要と思われている方も多いのではないでしょうか。しかし、瓦屋根も定期的に点検やメンテナンスが必要です。特に漆喰や防水紙は経年劣化により漆喰の剥がれや防水紙の劣化がみられてきます。こうなると雨漏りに繋がる可能性もありますので定期的に点検やメンテナンスを行うことが大切です。

かわら種類 耐震性
 また、瓦屋根は耐用年数や耐久性は他の屋根材よりも高いですが、屋根材自体の重量が重いため耐震性が他の屋根材よりも低いです。そのため近年地震が多くなっていることもあり、瓦から軽い屋根材への葺き替えを検討されている方もいらっしゃいます。
街の屋根やさん千葉では、屋根葺き替え工事をはじめ屋根の工事全般を承っております。点検やお見積もり屋根に関するご相談は無料で承っておりますので、お気軽にご相談ください。

このページに関連するコンテンツをご紹介

4つのチェックポイントで瓦屋根の点検・メンテナンスのタイミングを知ろう
4つのチェックポイントで瓦屋根の点検・メンテナンスのタイミングを知ろう
 瓦屋根というと半世紀、またはそれ以上もの耐用年数を期待できる大変寿命の長い屋根材ですよね。そのため瓦屋根にお住まいの方の中にはどうしてもメンテナンスが怠りがちになってしまっているという方もいらっしゃるのではないでしょうか。 しかし瓦屋根と言えども経年劣化がまったくないかというと…続きを読む
お住まいの寿命を延ばす!季節別・築年数別のメンテナンスポイント
お住まいの寿命を延ばす!季節別・築年数別のメンテナンスポイント
  一生に一度のお買い物と言われるお住まい、手に入れるまでは相当な努力と苦労を伴います。何年もかけて貯めた頭金、購入してからはローンと大変です。手に入れたということで満足してしまい、そこでゴールという方も多いようです。  かつては新築だったお住まいも年月を経れば、どんなに大事にしていてもいろいろ…続きを読む
瓦屋根のチェックポイント|瓦屋根の修理なら街の屋根やさん千葉
瓦屋根のチェックポイント|瓦屋根の修理なら街の屋根やさん千葉
あなたの屋根は瓦屋根こまめな点検は必要だけど、無理は禁物です! お住まいの不具合は早めに発見してあげ、迅速に補修してあげるのが基本です。お住まいの傷みも少なくて済みますし、軽微であればあるほど費用もお安くなります。 不具合を早めに発見してあげるには定期的な点検の他、悪天候後の検査が必要です。しかし、…続きを読む

街の屋根やさん本社

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒292-0804
        千葉県木更津市文京5-11-16
        ST×BASE 1F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん本社のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      街の屋根やさんは千葉県以外にも東京都、神奈川県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方の地域の街の屋根さんをお選びください。




      ■お住まいの屋根工事ここがポイント

      ■点検・お見積り・ご相談無料!

      ご不明点やご相談など屋根のことなら何でもお問い合わせください。


      点検・お見積り・ご相談無料!お気軽にお問い合わせください!