陸屋根には必須、勾配のある屋根の外観を大変化させるパラペットとは

千葉の『街の屋根やさん』は千葉 市原 袖ヶ浦 木更津 君津を中心に 千葉県全域で屋根工事や屋根リフォーム、軽微な屋根の修理、屋根の塗り替え(屋根塗装)、古くなった屋根の葺き替え工事(屋根葺き替え)をおこなっています。

あなたの街の屋根工事 屋根塗装 屋根リフォーム 屋根のトラブルおまかせ下さい!

千葉県全域 あなたの街の屋根工事 屋根塗装 屋根リフォーム あなたの大切なお住まい、定期的にメンテナンスしてあげていますか? 高品質なサービスを、よりリーズナブルに「お客様にとって一番のおつきあい」 私たちはそんな街の屋根やさんです

株式会社シェアテック
〒292-0804 千葉県木更津市文京5-11-16 ST×BASE
TEL :0120-989-936 FAX :0438-38-3310
E-mail : info@sharetech.co.jp

お客様のインタビュー動画

屋根葺き替え工事をご依頼いただいた長生郡白子町のお客様より、竣工後の感想を伺いました。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん千葉 施工事例
街の屋根やさん千葉 お客様に聞いた「街の屋根やさんを選んだ理由」
2020年09月24 日更新 本日の現場ブログ
屋根工事のご依頼・ご相談が初めての方へ
雨漏りにお困りの方、お任せ下さい
屋根を軽くして耐震対策 地震に強い屋根
屋根の台風対策 強風と豪雨にご注意を!
散水検査
お客様の声その壱 お客様の声その弐 お客様の声その参
お客様の声の動画ページに移動
お客様の声を動画でご紹介
Company Profile
街の屋根やさんのご紹介
街の屋根やさんとは?
街の屋根やさんが選ばれる6つの理由
街の屋根やさん10のルール
街の屋根やさん、専門スタッフのご紹介
不安ゼロ宣言
マイスター制度
充実の長期保証
屋根工事を必要している方、屋根のことでお悩みの方へ
各種屋根工事の料金プラン屋根工事の料金について
弊社のご案内弊社のご案内
屋根の資料請求はコチラ 屋根やさん対応エリア

千葉県の市原市・袖ヶ浦市・木更津市・君津市を中心に千葉県全域が対応エリアとなっております。
その他の地域の方もお気軽にご相談下さい!

  • 一般リフォーム
  • 屋根リフォーム
  • 屋根工事
  • 屋根修理
  • 屋根塗装
  • 屋根葺き替え
  • カバー工法
  • 漆喰(しっくい)工事
  • 雨樋(あまどい)工事
  • 雨漏り修理
  • 雨漏り工事

屋根リフォームのことなら、どんなことでもご遠慮なくお問い合わせ下さい。

屋根の資料請求はコチラ 屋根やさん施工実績

 下に挙げたものは、1999年5月~2020年3月までに街の屋根やさんが直接施工した件数と地域です。小規模な屋根修理から大規模な屋根の葺き替え、一般のお住まいだけでなく大きな工場等の建築物の屋根にも幅広く対応しております。
最近の屋根工事事例やお客様の声は右側の各種メニューからご覧ください。

東葛飾エリア
市川・・195
松戸・・189
習志野・・140
流山・・94
鎌ヶ谷・・175
船橋・・340
野田・・83
柏・・94
我孫子・・80
浦安・・175

北総エリア
銚子・・72
佐倉・・143
四街道・・116
印西・・109
富里・・187
香取・・116
成田・・265
旭・・141
八街・・365
白井・・174
匝瑳・・107
印旛郡酒々井町・・91
印旛郡印旛村・・13
印旛郡本埜町・・14
印旛郡栄町・・30
香取郡神崎町・・27
香取郡多古町・・34
香取郡東庄町・・16

千葉エリア
千葉市中央区・・244
千葉市稲毛区・・170
千葉市緑区・・206
千葉市花見川区・・179
千葉市若葉区・・165
千葉市美浜区・・116
八千代市・・160
市原市・・670

九十九里エリア
茂原市・・147
勝浦市・・44
いすみ市・・100
東金市・・134
山武市・・90
山武郡大網白里町・・33
山武郡九十九里町・・67
山武郡芝山町・・24
山武郡横芝光町・・41
長生郡一宮町・・45
長生郡睦沢町・・13
長生郡長生村・・39
長生郡白子町・・48
長生郡長柄町・・21
長生郡長南町・・11
夷隅郡大多喜町・・19
夷隅郡御宿町・・17

南房総エリア
袖ケ浦・・221
木更津・・437
君津・・285
富津・・118
南房総・・63
安房郡鋸南町・・40
館山・・57
鴨川・・28

ご連絡先はこちらです ご連絡先はこちら

株式会社シェアテック
千葉県木更津市文京5-11-16 ST×BASE
TEL : 0438-38-3373
FAX : 0438-38-3310
E-mail : info@sharetech.co.jp

街の屋根やさん千葉
台風12号接近中!台風への備えはできていますか?
台風12号接近中!台風への備えはできていますか?

陸屋根には必須、勾配のある屋根の外観を大きく変化させるパラペットとは

更新日 : 2020年04月30日

更新日 : 2020年04月30日

 「パラペット」、という言葉を聞いたことはなくても、誰しも一度は目にしたことがあるはずです。そのパラペットについて説明していきます。
※この記事は6分程度で読了できます。


パラペットとは

陸屋根

 陸屋根の屋上の外周を取り囲む低い壁、この職業につくまではかなり不思議な存在でした。高い壁ならば転落防止になるため、歩行可能な屋上として使用可能です。しかし、膝までもない低い壁では転落は防げませんし、その存在意義が分からなかったのです。「途中で予算が足りなくなって、屋上として使用することを諦めたのだろう」とも思っていました。

 その陸屋根の外周を取り囲む低い壁、「パラペット」と言います。このパラペット、実はすごい役割を果たしていたのです。

 

パラペットの役割

雨の日の屋上 手摺りの取り付けられたパラペット

外壁やサッシへの雨水がかかることを低減する

 雨水を外壁やサッシにできる限り、掛けないようにるというのがパラペットの主な役割です。テーブルの上に水をこぼしますと、端から床に水が落ちていきますよね。あれと同じことが平らな陸屋根でも起こりえます。外周にパラペットがない場合、陸屋根の端まで流れた雨水はそのまま外壁を伝って地上へと流れていきます。外壁の途中には繋ぎ目やサッシがあります。雨水の量が多ければ、繋ぎ目やサッシから浸入する可能性が高まり、それだけ雨漏りしやすくなるのです。

 パラペットは陸屋根(屋上)の床面よりも高くなっていますから降ってきた雨を堰き止めて、外壁に伝うことを防止してくれるのです。堰き止められた雨水は陸屋根の勾配に従い、排水溝へと向かい、排水口へと集められ、雨樋を通じて下水などに排水されます。

 
街に溢れる看板 パラペットの看板

看板などの設置ができる

 陸屋根だけでなく、切妻屋根や寄棟屋根など一般的な屋根にもパラペットが取り付けられることがあります。商店などでは周囲にアピールするために看板を掲げますよね。パラペットは外壁と一体になっており、なおかつ高い位置にありますから、この看板を掲げるのにも最適なのです。ご自宅が店舗を兼ねている場合、パラペットが供えられた屋根という方も多いのではないでしょうか。

 

キューブ型3階建て住宅 キューブ型陸屋根住宅

スタイリッシュなデザインにできる

 シンプルな四角いデザイン、モダンでスタイリッシュなキューブ型住宅をカッコいいと思う方もかなりの数に上るのではないでしょうか。実はキューブ型住宅の屋根は見た目そのまま陸屋根のものとパラペットの内側に片流れの屋根が隠されているものが存在します。片流れの屋根をパラペットで3方向(場合によって4方向)囲ってしまうことによって、キューブ型のデザインに見せている建物も多いのです。キューブ型の住宅で3方向をパラペットに囲まれている場合、裏側に回ると雨樋(軒樋)がついていることが分かります。

 切妻や寄棟であっても、外周をパラペットで囲み、四角く見せている建物もあります。

 

箱樋 寄棟屋根のパラペット

パラペットとその周辺は雨漏りの原因となりやすい

 パラペットの天端は笠木などで覆われていることがほとんどです。この笠木、ほぼ水平に取り付けられているために雨漏りの原因となりやすい場所です。高い防水性が求められるだけに水を通すことのいい金属製のものが使われることが多いのですが、それでも繋ぎ目から雨水が浸入したきたり、手摺りを取り付けたビス穴から雨水が染み込んでくることがあります。

 また、パラペットの内側は4方向や3方向を壁に囲まれているため、飛来してきたゴミや砂、土が堆積しやすいのです。パラペットの外周がほぼ垂直に立ち上がっているので、風が遮られるので、飛来してきたゴミや砂、土が再度、風によってどこかに運ばれることも少なくなります。飛来してきたゴミや砂、土が多ければ、雨が降る度に排水口付近へと流されていきます。排水口には大きなゴミが雨樋の中に入り込まないように排水口カバーが取り付けられています。排水口カバーを通り抜けることができないゴミがつかえると排水能力が低下し、やがては詰まって雨水を溢れさせることになるでしょう。雨水が溢れてくれば、やがては雨漏りに繋がります。パラペットの内側に箱樋などが設けられている場合でも、雨水を貯めるようにはできていないので、雨漏りに繋がるのです。雨樋は雨水を貯めるものではなく、流すためのものです。


パラペットの補修方法

 パラペットが劣化した場合、放置するのは危険です。劣化した場合にはどのような補修をするのかご説明します。

・つなぎ目や笠木のヒビ
 笠木とはパラペットやベランダなどの最上部に被せる仕上げ材のことをいいます。実はこの笠木は雨漏りの原因となりやすい部分です。パラペットの外壁のつなぎ目や笠木にひび割れを見つけたときはコーキングでの修理が必要です。

・内樋
 内樋は屋上に溜まった雨水が集まる場所で、劣化しやすい部分です。内樋が雨漏りの原因の場合、内樋の補修が必要です。ゴミがたまりやすい場所なのでこまめに掃除をすることが大切です。ゴミが内樋の奥まで詰まってしまっている場合は業者に依頼して清掃をしてもらいましょう。

・防水シートの破損
 パラペットには防水シートが設置してあります。防水シートも劣化するので、交換が必要です。穴があいていたり破れていた場合、放置するとそこから雨水が侵入し雨漏りを引き起こしますので、早めの交換が必要です。

 パラペットが設けられた屋根と言うのは基本的に他の屋根よりも多くのメンテナンスを必要とします。点検の間隔を短くししたり、屋根塗装や防水工事といったメンテナンスの頻度も他の屋根よりも高くなります。さまざまなところに記載されているとは思いますが、屋根にのぼるのは大変危険な行為です。点検の必要性を感じたら、またの屋根やさんの無料点検をご利用いただければと思います。

このページに関連するコンテンツをご紹介

屋根リフォームの際に注意したい屋根勾配のお話
屋根リフォームの際に注意したい屋根勾配のお話
 普段、生活している限り、屋根のことはあまり気にしない方がほとんどだと思います。それでも、屋根というと大半の方は三角屋根を思い浮かべるのではないでしょうか。見慣れた街並みを思い出してください。大方の屋根には勾配(傾斜)が付けられています。 屋根勾配は雨水を効率良く流すのに必要です。積雪地ではその勾配を大きくして、雪が自然に落下するように屋根を作ることもあります。  屋根勾配は屋根材の…続きを読む

街の屋根やさん本社

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒292-0804
        千葉県木更津市文京5-11-16
        ST×BASE 1F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん本社のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      街の屋根やさんは千葉県以外にも東京都、神奈川県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方の地域の街の屋根さんをお選びください。




      ■お住まいの屋根工事ここがポイント

      ■点検・お見積り・ご相談無料!

      ご不明点やご相談など屋根のことなら何でもお問い合わせください。


      点検・お見積り・ご相談無料!お気軽にお問い合わせください!