防災瓦で屋根の葺き替え、台風や地震の自然災害に負けない安心なお住まいへ

千葉の『街の屋根やさん』は千葉 市原 袖ヶ浦 木更津 君津を中心に 千葉県全域で屋根工事や屋根リフォーム、軽微な屋根の修理、屋根の塗り替え(屋根塗装)、古くなった屋根の葺き替え工事(屋根葺き替え)をおこなっています。

あなたの街の屋根工事 屋根塗装 屋根リフォーム 屋根のトラブルおまかせ下さい!

千葉県全域 あなたの街の屋根工事 屋根塗装 屋根リフォーム あなたの大切なお住まい、定期的にメンテナンスしてあげていますか? 高品質なサービスを、よりリーズナブルに「お客様にとって一番のおつきあい」 私たちはそんな街の屋根やさんです

株式会社シェアテック
〒292-0804 千葉県木更津市文京5-11-16 ST×BASE
TEL :0120-989-936 FAX :0438-38-3310
E-mail : info@sharetech.co.jp

お客様のインタビュー動画

屋根葺き替え工事をご依頼いただいた長生郡白子町のお客様より、竣工後の感想を伺いました。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん千葉 施工事例
街の屋根やさん千葉 お客様に聞いた「街の屋根やさんを選んだ理由」
2020年09月28 日更新 本日の現場ブログ
屋根工事のご依頼・ご相談が初めての方へ
雨漏りにお困りの方、お任せ下さい
屋根を軽くして耐震対策 地震に強い屋根
屋根の台風対策 強風と豪雨にご注意を!
散水検査
お客様の声その壱 お客様の声その弐 お客様の声その参
お客様の声の動画ページに移動
お客様の声を動画でご紹介
Company Profile
街の屋根やさんのご紹介
街の屋根やさんとは?
街の屋根やさんが選ばれる6つの理由
街の屋根やさん10のルール
街の屋根やさん、専門スタッフのご紹介
不安ゼロ宣言
マイスター制度
充実の長期保証
屋根工事を必要している方、屋根のことでお悩みの方へ
各種屋根工事の料金プラン屋根工事の料金について
弊社のご案内弊社のご案内
屋根の資料請求はコチラ 屋根やさん対応エリア

千葉県の市原市・袖ヶ浦市・木更津市・君津市を中心に千葉県全域が対応エリアとなっております。
その他の地域の方もお気軽にご相談下さい!

  • 一般リフォーム
  • 屋根リフォーム
  • 屋根工事
  • 屋根修理
  • 屋根塗装
  • 屋根葺き替え
  • カバー工法
  • 漆喰(しっくい)工事
  • 雨樋(あまどい)工事
  • 雨漏り修理
  • 雨漏り工事

屋根リフォームのことなら、どんなことでもご遠慮なくお問い合わせ下さい。

屋根の資料請求はコチラ 屋根やさん施工実績

 下に挙げたものは、1999年5月~2020年3月までに街の屋根やさんが直接施工した件数と地域です。小規模な屋根修理から大規模な屋根の葺き替え、一般のお住まいだけでなく大きな工場等の建築物の屋根にも幅広く対応しております。
最近の屋根工事事例やお客様の声は右側の各種メニューからご覧ください。

東葛飾エリア
市川・・195
松戸・・189
習志野・・140
流山・・94
鎌ヶ谷・・175
船橋・・340
野田・・83
柏・・94
我孫子・・80
浦安・・175

北総エリア
銚子・・72
佐倉・・143
四街道・・116
印西・・109
富里・・187
香取・・116
成田・・265
旭・・141
八街・・365
白井・・174
匝瑳・・107
印旛郡酒々井町・・91
印旛郡印旛村・・13
印旛郡本埜町・・14
印旛郡栄町・・30
香取郡神崎町・・27
香取郡多古町・・34
香取郡東庄町・・16

千葉エリア
千葉市中央区・・244
千葉市稲毛区・・170
千葉市緑区・・206
千葉市花見川区・・179
千葉市若葉区・・165
千葉市美浜区・・116
八千代市・・160
市原市・・670

九十九里エリア
茂原市・・147
勝浦市・・44
いすみ市・・100
東金市・・134
山武市・・90
山武郡大網白里町・・33
山武郡九十九里町・・67
山武郡芝山町・・24
山武郡横芝光町・・41
長生郡一宮町・・45
長生郡睦沢町・・13
長生郡長生村・・39
長生郡白子町・・48
長生郡長柄町・・21
長生郡長南町・・11
夷隅郡大多喜町・・19
夷隅郡御宿町・・17

南房総エリア
袖ケ浦・・221
木更津・・437
君津・・285
富津・・118
南房総・・63
安房郡鋸南町・・40
館山・・57
鴨川・・28

ご連絡先はこちらです ご連絡先はこちら

株式会社シェアテック
千葉県木更津市文京5-11-16 ST×BASE
TEL : 0438-38-3373
FAX : 0438-38-3310
E-mail : info@sharetech.co.jp

街の屋根やさん千葉

防災瓦で屋根の葺き替え、台風や地震の自然災害に負けない安心なお住まいへ

更新日 : 2020年03月06日

更新日 : 2020年03月06日

 防災瓦とはその名の通り、一般的な瓦よりも台風などの強風、地震などの揺れに強く、自然災害に遭う可能性を低下してくれる瓦です。特に台風の暴風や地震の揺れで瓦屋根は被害を受けやすいと思われがちですが、防災瓦を使えばこのような自然災害時でも安心して過ごすことも可能になります。このページでは防災瓦が自然災害に強い理由やメリットとデメリットなどをご紹介いたします。

防災瓦とは

 

 防災瓦とは、地震や台風などの自然災害に強い瓦を言います。
 ここ数年で自然災害について考えさせられることが多くなっており、最近では2019年の台風15号(令和元年房総半島台風)、台風19号(令和元年東日本台風)、2018年では西日本を中心に記録的な大雨をもたらした台風7号、大阪を中心に記録的な暴風で大きな被害を与えた台風21号が記憶残るところでしょう。さらに少しさかのぼって東日本大震災、阪神大震災などを経験している方にとって自然災害はとても脅威に感じています。2018年の北海道胆振東部地震、2016年の熊本大地震は日本は北から南まで大きな地震が来ないところないんじゃないかと恐怖を感じた方も多いでしょう。
 お住まいをこれから建てる方も、今のお住まいをリフォームする方にとっても台風や地震に強い建材を使いたいというニーズは多く、メーカーからもそれにこたえる建材が作っています。その中でも屋根材は台風では強烈な風でも吹き飛ばないこと、地震では揺れで崩れないこと・落下しないことが重要で、この条件を満たしたものが防災瓦と呼ばれるものです。

 

 

防災瓦が自然災害に強い理由

台風や地震に強いと一言でいっても、実際にどうして自然災害に強いのか疑問に感じるでしょう。

1、瓦同士が組み合わさっている
瓦の施工方法は数種類ありますが、古くは土葺きといって土の上に瓦を乗せて固定する工法がありました。この工法では強風で瓦がずれやすいことと、地震においては土と屋根材の重みから揺れが大きくなり瓦がずれたり棟が崩れたりといった問題が発生しやすいです。
防災瓦は屋根材同士が噛み合わせで組み合わさっているので、強風や地震の揺れでずれたり崩れるといったことがありません。

2、桟木に釘で固定している
瓦はスレートなどと違い釘で固定されていることがほとんどないため、地震や風でずれやすいのですが、防災瓦は瓦同士の組み合わせに加え、さらに釘によって固定することで固定がしっかりされます。

3、瓦といっても軽量なものもある
屋根材の重さはデメリットのほうが多いです。特に地震による揺れは重ければ重いほどダメージは大きくなりますので、地震に耐性を持たせる上で屋根を軽くすることが重要になります。特に瓦は重いイメージがありますが、防災軽量瓦は通常の瓦の14%~25%ほど軽量です。

 

 


 

防災瓦の防水性・遮音性・断熱性

 先ほどもお話した通り、防災瓦は地震や強風に強いことが魅力です。日本には各地域に、それぞれの地域で観測された台風の最大風速をもとに基準風速というものがあります。防災瓦はその基準風速の1.5~1.8倍の風にも耐えるほどの強さを持っています。実は、地震や強風だけでなく他にも魅力がたくさんあります。まずは防止性です。耐風性に加えて防水性の高い防災瓦も増えてきています。防水性の高い防災瓦は雨水が下へ流れ落ちやすいように作られています。防災瓦そのものが野地板との間に隙間を作るため、湿気を逃しやすく、結露しにくいので、屋根やお住まいの劣化も防ぐことができます。湿気や結露に強いことから、海の近くのお住まいにもおすすめです。また、遮音性にも優れているため、雨音の軽減にも役立ちます。耐風性、防水性、遮音性に優れている防災瓦は台風の多い日本では、まさに最強の瓦と言えるのではないでしょうか。さらには断熱性の高さも魅力です。野地板や軒先の熱が伝わりにくく、お住まいや屋根近くのお部屋の温度を快適にします。

防災瓦のメリットとデメリット

・メリット
強風や地震によるずれや飛散が少なくなる
瓦の固定に土などを使わないので比較的軽量、また軽量な防災瓦もあります
通常の瓦と同じく長持ちで錆びや色落ち、さらにはメンテナンスフリーです

・デメリット
通常の瓦よりも割高
軽量を謳っている瓦よりもやや重い
メンテナンスが一般の瓦と違う

 統括すると、地震や台風への備えとしては大きなメリットがあるが、その分費用は高くなります。また、瓦が組み合わさっているので、一部が割れたりした場合の交換も容易ではありません。しかし一般的な瓦よりもずれたりするようなことはないので、メンテナンス性による差はないでしょう。
 以前は防災瓦はそこまで認知がされていないこともあり、デザインの選択肢が少なかったのですが、最近では多く防災瓦が各メーカーから出ておりますので意匠性にこだわる方にもお勧めです。

 通常の瓦の割れは差し替えが容易ですが、防災瓦は瓦同士がロックされているので、部分的に交換するのはひと手間かかります。まず周辺の瓦のロックを外して瓦自体も割らないように慎重に外してからの設置となります。(右写真はuu40です。Hyper-Z(ハイパーゼット)という機能で同士をロックし強風や揺れでずれないようになっています)

 

軽量で災害にも強いハイブリッド瓦、ルーガ(ROOGA)

 強風や揺れに強い防災瓦。その理由は瓦同士が組み合わさっていることや、釘で桟木に固定していること。さらにはルーガは軽量であることが大きな特徴です。
一見すると普通の陶器瓦のようですが、その実素材の中には気泡が多く含まれており、それにより軽さを実現しています。気泡から雨水が染みたりしないの?と疑問に感じるかもしれませんが、気泡は樹脂膜で覆われているので気泡内への浸水はありません。
また、台風の被害で多いのは強風によるずれや飛散だけではありません。飛来物によって瓦が割れてしまうケースも多いのですが、ルーガは陶器瓦と違い繊維素材を使用しているため衝撃にも強く割れにくい瓦です。
ルーガにはラインナップが複数あり、一つがROOG雅、もう一つがROOGA鉄平です。

 

 

瓦は地震に弱い?実は誤解も含まれています

 阪神大震災や東日本大震災で多くの家が倒壊しました。その中でも瓦屋根の住宅が目立っており、瓦屋根は重いから倒壊しやすい。「重い屋根=地震に弱い」というイメージをもってしまったのでしょう。
 実は倒壊しやすい理由の一つに屋根の重さはありますが、一番の原因は建物の構造だったのです。阪神大震災以前の建物の建築基準は強度が低く、その基準で建てられた建物と瓦屋根の重さから倒壊などに繋がったといえます。一般的には1981年(昭和56年)に新耐震基準施行令改正以降に建てられた家は地震に強く、それよりも前に建てられた家は弱いと言われています。ただ、地震に対する建物の強さは単純に建物の構造だけでは決まらず、お家が建っている地盤の強さも大きく影響すると言われています。また、暮らし方に大きく左右される部分もあり、「歳を取って2階に上がるのが辛くなってきたので、ほぼ1階で暮らしいる。2階は倉庫代わり」といったようなライフスタイルになると危険度が増します。屋根の重い家が地震に弱いことと同様に、高い位置に重量物があるとより揺れやすくなり、建物もダメージを受けやすくなるのです。
ですので、これから家を建てたい、屋根のリフォームをしたいとお考えの方は瓦は地震に弱いから...と悲観することはありません。また、前項でお話ししたハイブリット瓦のROOGAや防災瓦を使うことで自然災害にも負けない、さらには軽量な屋根になります。
私達、街の屋根やさんではお住まいの状態だけでなく、お施主様のご要望、さらには自然災害なども考慮したご提案をいたします。防災瓦と一言で言って も、何を選んだらいいの?費用はどれくらい?今後のメンテナンスはどうしたらいいの?など多くの疑問がでてくるでしょう。そんな時はお気軽に街の屋根やさんの無料相談をご利用ください。また、現地調査や工事のお見積りも無料です。

 

 

※お問い合わせ、無料点検から工事までの流れはこちらのページをご覧ください。

 

このページに関連するコンテンツをご紹介

令和元年台風15号・19号で被災され、屋根工事をお待ちいただいている方へ
令和元年台風15号・19号で被災され、屋根工事をお待ちいただいている方へ
令和2年6月1日更新  現在、台風に関するお問い合わせはだいぶ落ち着いてきており、現地調査や工事着工についても通常通りとなっております。台風による被害がなかったと思っても、時間が経つことで発覚する問題もございます。お住まいのことで気になることがありましたらお気軽にご相談ください。現在の千葉県(木更津…続きを読む
震災による瓦工事に関して、東北地方太平洋沖地震でお困りの方へ
震災による瓦工事に関して、東北地方太平洋沖地震でお困りの方へ
2011年の大震災から四年以上が経過しました。以前に比べると余震は減りましたが、各地でまだ震度5弱の大きな揺れを観測することもあります。千葉県ではだいぶ仮養生(ビニールシートをかぶせた状態)のお宅の数が減り、ようやく工事が追いついているのではと思います。しかし、前回の3.11で特に屋根に被害がないと…続きを読む
その台風による屋根への被災、予防できたかもしれません
その台風による屋根への被災、予防できたかもしれません
 台風銀座と呼ばれている沖縄・九州・地方・近畿地方南部だけでなく、毎年のようにさまざまな地域に被害をもたらす台風。台風の通過により各地で被害が発生し、毎年多くのお問合せをいただきます。また、台風の通過からかなりの日数が経っているというのに街の屋根…続きを読む
重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要
重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要
 台風などの強風で被害に遭いやすく、他の部分へ被害を拡大してしまうケースも多いのが瓦屋根です。ずれてしまうだけならまだしも、災害の規模が大きいと屋根から瓦が落下してきます。重くて固い瓦が落下すると、まず間違いなく落下地点のものを傷つけ、破壊します。2階屋根から1階屋根に落下すれば、その部分の瓦がほぼ…続きを読む
お住まいの台風対策はお済みですか?
お住まいの台風対策はお済みですか?
  お住まいのメンテナンスをおろそかにしていると、度重なる台風に耐え切れるものではありません。被害に遭われてしまうことも多くなります。強風によって屋根材が飛ばされる、その箇所から雨水が浸入する、室内が水浸しになる、台風は様々な被害をもたらします。お住まいに不安のある方は台風シーズ…続きを読む

街の屋根やさん本社

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒292-0804
        千葉県木更津市文京5-11-16
        ST×BASE 1F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん本社のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      街の屋根やさんは千葉県以外にも東京都、神奈川県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方の地域の街の屋根さんをお選びください。

      防災瓦に関連する新着ブログ

      木更津市の塗装工事をお請けしている江川のN様邸。屋根は和型の瓦です。今流行りの防災瓦ではありませんがいい材料を使っているので劣化は少ない方です。とはいえ、漆喰は経年とともに傷むものです。今回は塗装工事の際に多少でも手を入れたほうが良い箇所をご提案し工事を行いました。鬼瓦周りのしっくい補修です。漆喰は南蛮漆喰ではなく本漆喰を使用しています。 ...続きを読む



      ■お住まいの屋根工事ここがポイント

      ■点検・お見積り・ご相談無料!

      ご不明点やご相談など屋根のことなら何でもお問い合わせください。


      点検・お見積り・ご相談無料!お気軽にお問い合わせください!