片流れ屋根は雨漏りしやすい?片流れ屋根のメリット・デメリットをご紹介

千葉の『街の屋根やさん』は千葉 市原 袖ヶ浦 木更津 君津を中心に 千葉県全域で屋根工事や屋根リフォーム、軽微な屋根の修理、屋根の塗り替え(屋根塗装)、古くなった屋根の葺き替え工事(屋根葺き替え)をおこなっています。

あなたの街の屋根工事 屋根塗装 屋根リフォーム 屋根のトラブルおまかせ下さい!

千葉県全域 あなたの街の屋根工事 屋根塗装 屋根リフォーム あなたの大切なお住まい、定期的にメンテナンスしてあげていますか? 高品質なサービスを、よりリーズナブルに「お客様にとって一番のおつきあい」 私たちはそんな街の屋根やさんです

株式会社シェアテック
〒292-0804 千葉県木更津市文京5-11-16 ST×BASE
TEL :0120-989-936 FAX :0438-38-3310
E-mail : info@sharetech.co.jp

お客様のインタビュー動画

屋根葺き替え工事をご依頼いただいた長生郡白子町のお客様より、竣工後の感想を伺いました。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん千葉 施工事例
街の屋根やさん千葉 お客様に聞いた「街の屋根やさんを選んだ理由」
2020年07月02 日更新 本日の現場ブログ
屋根工事のご依頼・ご相談が初めての方へ
雨漏りにお困りの方、お任せ下さい
屋根を軽くして耐震対策 地震に強い屋根
屋根の台風対策 強風と豪雨にご注意を!
散水検査
お客様の声その壱 お客様の声その弐 お客様の声その参
お客様の声の動画ページに移動
お客様の声を動画でご紹介
Company Profile
街の屋根やさんのご紹介
街の屋根やさんとは?
街の屋根やさんが選ばれる6つの理由
街の屋根やさん10のルール
街の屋根やさん、専門スタッフのご紹介
不安ゼロ宣言
マイスター制度
充実の長期保証
屋根工事を必要している方、屋根のことでお悩みの方へ
各種屋根工事の料金プラン屋根工事の料金について
弊社のご案内弊社のご案内
屋根の資料請求はコチラ 屋根やさん対応エリア

千葉県の市原市・袖ヶ浦市・木更津市・君津市を中心に千葉県全域が対応エリアとなっております。
その他の地域の方もお気軽にご相談下さい!

  • 一般リフォーム
  • 屋根リフォーム
  • 屋根工事
  • 屋根修理
  • 屋根塗装
  • 屋根葺き替え
  • カバー工法
  • 漆喰(しっくい)工事
  • 雨樋(あまどい)工事
  • 雨漏り修理
  • 雨漏り工事

屋根リフォームのことなら、どんなことでもご遠慮なくお問い合わせ下さい。

屋根の資料請求はコチラ 屋根やさん施工実績

 下に挙げたものは、1999年5月~2020年3月までに街の屋根やさんが直接施工した件数と地域です。小規模な屋根修理から大規模な屋根の葺き替え、一般のお住まいだけでなく大きな工場等の建築物の屋根にも幅広く対応しております。
最近の屋根工事事例やお客様の声は右側の各種メニューからご覧ください。

東葛飾エリア
市川・・195
松戸・・189
習志野・・140
流山・・94
鎌ヶ谷・・175
船橋・・340
野田・・83
柏・・94
我孫子・・80
浦安・・175

北総エリア
銚子・・72
佐倉・・143
四街道・・116
印西・・109
富里・・187
香取・・116
成田・・265
旭・・141
八街・・365
白井・・174
匝瑳・・107
印旛郡酒々井町・・91
印旛郡印旛村・・13
印旛郡本埜町・・14
印旛郡栄町・・30
香取郡神崎町・・27
香取郡多古町・・34
香取郡東庄町・・16

千葉エリア
千葉市中央区・・244
千葉市稲毛区・・170
千葉市緑区・・206
千葉市花見川区・・179
千葉市若葉区・・165
千葉市美浜区・・116
八千代市・・160
市原市・・670

九十九里エリア
茂原市・・147
勝浦市・・44
いすみ市・・100
東金市・・134
山武市・・90
山武郡大網白里町・・33
山武郡九十九里町・・67
山武郡芝山町・・24
山武郡横芝光町・・41
長生郡一宮町・・45
長生郡睦沢町・・13
長生郡長生村・・39
長生郡白子町・・48
長生郡長柄町・・21
長生郡長南町・・11
夷隅郡大多喜町・・19
夷隅郡御宿町・・17

南房総エリア
袖ケ浦・・221
木更津・・437
君津・・285
富津・・118
南房総・・63
安房郡鋸南町・・40
館山・・57
鴨川・・28

ご連絡先はこちらです ご連絡先はこちら

株式会社シェアテック
千葉県木更津市文京5-11-16 ST×BASE
TEL : 0438-38-3373
FAX : 0438-38-3310
E-mail : info@sharetech.co.jp

街の屋根やさん千葉

片流れ屋根は雨漏りしやすい?片流れ屋根のメリット・デメリットをご紹介

更新日 : 2020年04月10日

更新日 : 2020年04月10日

こちらのページは片流れ屋根についてのメリットやデメリットをご紹介しております。

 これまで街中でもあまり見かけることがなかった片流れの屋根ですが、数年前には実に新築の20%以上がこの形状の屋根を選択するようになったそうです。ご自宅でエネルギーを作り出すことができるZEH住宅の税制的な優遇と太陽光発電を屋根に多く載せられるという形状が受け入れられたということなのではないでしょうか。今後もこの傾向が続くと言われています。これからお家を建てようと思っている方で片流れの屋根を選択しようと思っている方も、既に片流れの屋根のお住まいを立ててしまっているという方もぜひ、そのメリットとデメリットを知ってもらいたいと思います。ぜひ、今後のメンテナンスにお役立てください。
※この記事は6分程度で読了できます。

片流れ屋根とは

f40962e42c704de4e80a8cf5910b2e20

お住いの屋根の形状は様々です。なかでも最近流行りつつある「片流れ屋根」はおしゃれなイメージが強く人気の屋根の形状ではないでしょうか。片流れ屋根とはどのような形状なのか、片流れ屋根は一方向だけに傾斜があるとてもシンプルな屋根です。また、太陽光発電パネルの設置場所としてもとても適している屋根の形状になります。最近は汎用性が低いということであまり人気がありませんが、エネルギー効率は太陽光発電の3~6倍のという太陽熱温水器を設置することも可能です。よりエネルギー効率の高いお家を構築できるのです。

 

太陽光パネル 平屋

●片流れ屋根は平屋に多い?

最近戸建て住宅の中でも流行っている平屋、ワンフロアで広く見せられるほか、階段の上り下りがないため高齢になっても暮らしやすいのではないでしょうか。そういった将来のことを考えて平屋を建てる方も増えています。
平屋の屋根を片流れ屋根にすることで、軒先のない壁面に高さが出て高い位置に窓を設置することができます。高い位置に窓を設置することで、光を多く取り入れることができるため、お部屋の中が明るくなり過ごしやすい環境になるため、平屋に片流れ屋根を選ばれることも多いそうです。

この記事では、片流れ屋根のメリットとデメリットについてご紹介をしたいと思います。

 

片流れ屋根のメリット

●他の形状の屋根よりも太陽光パネルが多く設置できる

上記でも少しご説明したように、片流れ屋根の場合は他の屋根に比べて屋根面がとても広く、太陽光パネルの設置にとても向いています。また、屋根の傾斜の向きを南にすることで、太陽光発電の効率がよくなることもあり、片流れ屋根にする場合は南向きにしているケースが多いそうです。

 

●費用が安く済む

片流れ屋根はシンプルな構造でできているため、他の屋根に比べて屋根材費や工事費用が抑えられるメリットがあります。屋根は定期的にメンテナンスを行うことが大切ですが、片流れ屋根の場合はメンテナンスや修理する費用も多くかからないため経済的なのです。

 

●屋根裏にスペースを作れる

片流れ屋根は傾斜のついた屋根ですので、天井との間にスペースが生まれます。このスペースを有効活用し、収納部屋としてつかうことが可能です。

パネル設置 余計な出費

 

太陽光パネルを設置した場合の注意点

上記でもご説明したように、片流れ屋根の場合太陽光パネルをとりつける方も多いかと思います。しかし、太陽光パネルを設置した場合、屋根のメンテナンスはできるのか?と思われる方も多いのではないでしょうか。
屋根に架台を取り付けて太陽光パネルを設置するタイプと屋根と一体化しした太陽光パネルがありますが、その状況に応じて屋根塗装を行うことが可能です。

 

●太陽光パネルを脱着し屋根全体を塗装

部分的な雨漏りが発生したことにより太陽光パネルを脱着する機会があれば全体の屋根塗装を行うことが可能です。また、屋根全体を塗装したい場合は一度太陽光パネルの脱着を行うことが必要です。この場合は足場仮設と屋根塗装費用に加えて太陽光パネルの脱着費が最低でも20万円ほど必要になります。
費用が通常の塗装よりもかかってしましますが、屋根全体の耐久性を維持することができます。

 

●太陽光パネルの箇所を除いた屋根塗装

太陽光パネルを脱着した場合メンテナンス費用が通常よりもかかってしまうことから、中にはパネルを設置していない箇所だけ塗装をお願いしたいとのご相談もあります。
しかし、太陽光パネルが設置されている箇所以外の塗装を行った際は太陽光パネルを撤去した際に屋根の色が異なる場所が残ってしまいます。設置前に塗装を行うか撤去した後に塗装を行うことがベストですが、1度であればパネルを設置したまま屋根塗装を行うことも可能です。

 

片流れ屋根のデメリット

つづいて片流れ屋根のデメリットについてご紹介いたします。

●屋根や外壁が劣化しやすい

一般的な寄棟屋根の場合、4方向に傾斜があるため、雨風が外壁に当たりにくい構造になっており劣化の速度を抑えられますが、片流れ屋根の場合、屋根は一方向にしかありませんので軒先のない外壁は紫外線や雨風の影響を受けやすいデメリットがあります。
他にも、一方向にしか雨水が流れないため、雨を受ける雨樋の劣化もしやすくなってしまうのです。また、片流れ屋根の場合は構造によって換気がしにくく、小屋裏の換気がうまくできない傾向にあります。そのため、結露が発生しカビや木材の腐食、シロアリなどの発生につながる可能性もあります。幸いにも現在では片流れの屋根が流行りはじめてから結構な年月が経過しました。小屋裏の換気などについては対策部品の商品化も進んでおり、これからも良い品が出てくるでしょう。また、太陽光と蓄電池を組み合わせれば強制的に換気させることも可能です。工夫次第で対応できるようになってきたのは嬉しいところです。

 

外壁劣化 屋根劣化

小屋裏 腐食

●雨漏りしやすい

 片流れ屋根は寄棟屋根などとは異なり、接続部分がないため雨漏りしにくいと思われがちですが、実際は他の形状の屋根同様に破風板や野地板のなどの境目から雨漏りが発生することもあります。
また、上記でもご説明したように、結露による劣化で雨漏りが起こることもあります。


デメリットの対策

片流れ屋根のデメリットをお話しましたが、対策を行うことで雨漏りや屋根・外壁の劣化を抑えることができます。
まず一つ目は、透湿ルーフィングを使用することです。透湿ルーフィングとは湿気を逃がす防水紙です。小屋裏の結露によって、屋根材や野地板、垂木などが劣化してしまうのを防いでくれます。加えて、雨漏りも防いでくれます。透湿ルーフィングの耐用年数は50~60年ととても長いのも魅力的です。防水紙は外側から見えないので、お家の外観を変えずに雨漏り、屋根の劣化を防ぐことができます。
また、片流れ屋根のお家を建てる際、施工会社に「小屋裏喚起を多くしてほしい」と伝えるのも有効的です。換気棟を増やしたり、軒天換気を設置したり、送風ファンを設置するなど様々な方法があります。費用は高くなってしまいますが、屋根や外壁が劣化してしまって工事をすることになった際の費用を考えると、事前に対策をしておいたほうが安心に過ごせるかと思います。
完全な片流れ屋根にするのではなく、一般的な山型の屋根の左右の長さを変えることで、片流れ屋根のようなデザインにする工事もあります。見た目は片流れ屋根のように見えますが、山型の屋根なので雨漏りや屋根、外壁の劣化を抑えることができます。

片流れ屋根のまとめ

火災保険 太陽熱温水器
 片流れ屋根はおしゃれなイメージがありますが、実際に雨漏りのしやすい屋根形状でもあります。雨漏りは発生してしまうとお住い内部の腐食やシロアリの発生にもつながりますので、定期的なメンテナンスや点検を行うことが大切です。
 街の屋根やさん千葉では屋根の点検やお見積もり、ご相談を無料で承っておりますのでお気軽にご相談ください。

街の屋根やさん本社

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒292-0804
        千葉県木更津市文京5-11-16
        ST×BASE 1F
        店舗詳細はこちら
    1. お問い合わせはこちらから

      街の屋根やさんは千葉県以外にも東京都、神奈川県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方の地域の街の屋根さんをお選びください。




      ■お住まいの屋根工事ここがポイント

      ■点検・お見積り・ご相談無料!

      ご不明点やご相談など屋根のことなら何でもお問い合わせください。


      点検・お見積り・ご相談無料!お気軽にお問い合わせください!

      質問してね!

      私は街の屋根やさんの人工知能、AIコンシェルジュ!
      何を知りたい?

      9:03

      質問してね!