台風15号被害に便乗した悪徳業者に要注意

台風に負けない強い屋根はどれなのか、形状別、屋根材別に徹底検証

更新日:2019年11月22日
※この記事は8分程度で読むことができます。

2019年の台風15号、台風19号で木更津市とその周辺、房総半島全体はとてつもないダメージを負いました。瓦屋根でその瓦がほぼ全部なくなってしまったお家、夜中にいきなり雨漏りが始まったお家、夜空が見えるようになってお家… 被災された皆様、ならびにそのご家族の皆様に心よりお見舞い申し上げます。皆様の安全と被災地の一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。 被災しているのに業者が混み合っていて養生もできない、停電で電話もつながらない、ブルーシートも品切れ… このような時、誰もが台風に負けない強い屋根はないものかと考えたのではないでしょうか。このページでは台風に強い屋根を形状別、屋根材別に考察していきます。

豪雨と暴風に耐え切れる屋根が強い屋根

豪雨
暴風雨による倒木
台風の際に起こることと言えば決まっていますよね。豪雨と暴風です。つまりは豪雨に耐え、暴風を乗り切れる屋根が台風に負けない強い屋根ということです。屋根は形状によって雨漏りしやすいものもありますが、正しい施工とメンテナンスをされていれば、雨漏りすることはありません。また、基本的に雨に弱い屋根材なんてものは存在しませんから、暴風に耐えられる屋根材を探していければいいのです。

形状別、台風に強い屋根

さまざまな形状の屋根
屋根にはさまざまな形状のものがあります。その形状によっても強風に対する強さが違います。基本的に屋根の面の数が少ない形状のものほど面で受ける風量が増すため、強風に弱くなります。傾斜が1方向にしかなく、屋根が1面の片流れが最も風に弱い形状になります。

上部が切妻屋根、下部が寄棟屋根の入母屋や、2面で構成されるシンプルな切妻も比較的風に弱いとされています。

屋根が4面で構成される寄棟、ピラミッド型の方形が最も風に強い形状と言われています。傾斜のない陸屋根は風の影響を受けにくいのですが、大きな折板屋根などは軽く、面積も大きいため、風の影響を強く受けてしまいます。風に対する強度は施工や工法によるところも大きいので、必ずしも寄棟が切妻よりも強いわけではないことも知っておいてください。

屋根材別、台風に強い屋根

さまざまな屋根
一般的に戸建て住宅に使われる屋根材は瓦、スレート、金属、アスファルトシングルとさまざまなものがあります。これらのうち、強風に強い屋根はどれなのでしょうか。それぞれの特徴から考えていきましょう。
強風でずれてしまった瓦
強風でずれてしまった瓦
ビス止めされた防災互
ビス止めされた防災互
瓦屋根の場合、棟や軒先などの特定の部位以外、屋根材が固定されていないことがほとんどで、桟木という部分に引っ掛けられているだけなのです。ずれたりしてもすぐ直せますし、下地の点検も容易で何かと利便性は高いのですが、固定されていないので強風でずれたり、飛散することがあります。気象庁によりますと風速25m程度から飛散する可能性があるそうです。このような瓦屋根は台風に強いとは言えません。

一方で現在では防災瓦という台風と地震に強いものも登場しています。瓦同士が噛み合うロック構造と瓦1枚1枚を釘やビスで固定するため、飛散や落下も起こりにくくなっています。こちらの瓦は風速46m耐える台風性能を持っています。
スレートの割れ
割れて脱落したスレート
スレートの踏み割れ
横方向の割れは施工時の踏み割れの可能性が高い
台風時のスレート屋根のトラブルというと、棟に取り付けられている棟板金が飛散するケースが非常に多いのですが、2019年の台風15号や台風19号では木更津市周辺で剥がれて落下してきたというケースもかなりのご相談をいただきました。

横方向にひびが入り、割れてしまう横割れは施工時の踏み割れや釘の打ち込みが原因だと言われています。スレートが新品の施工時は誤って踏んで後に割れに繋がるような事態になっても、まず気付くことはありません。この時はまだ傷は微細だからです。その後、降雨による吸水と乾燥による収縮、主原料であるセメントの中性化によって脆くなり、割れてしまうのです。

屋根塗装を定期的に行わないと降雨の度に吸水が起こり、セメントの中性化がより進み、脆くなります。踏み割れなどが起こっていなくても、強風で欠けることもあるようです。
台形が連なる折板屋根
台形の連なる折板屋根
立平葺き
縦葺きの立平葺き
棟から軒まで継ぎ目なしのシームレス、1枚の板金で葺ける瓦棒や立平葺きは非常に雨漏りしにくい屋根として知られています。折板屋根は工場や倉庫といった規模の大きな建物でよく見かけます。 実はこれらの屋根は台風に関しては不利な面があることをご存知でしょうか。金属屋根はいずれも軽いことが特徴です。そして、瓦棒や立平葺き、折板屋根は雨水の浸入箇所となるような継ぎ目を少なくするため、屋根材1枚1枚のサイズが大きいのです。大きいとなれば、それだけ風を受ける面積が大きく、しかも軽いとなれば強風の影響を大きく受けます。 過去には台風で飛ばされた折板屋根が数キロ先で見つかったというニュースもありました。 同じ金属屋根材でもスーパーガルテクトや横暖ルーフ、エコグラーニなどピースを組み立てていくものは1つ1つの面積も小さいので風の影響も少なくなります。しかもしっかりとビスで固定されているため、強風にも負けません。これらの金属屋根材は屋根材同士を噛み合わせて固定させるロック工法で固定されるため、エコグラーニなどは60m/sの暴風に耐えられると発表されています。
棟の近くが剥がれてしまったアスファルトシングル
棟の近くが剥がれてしまったアスファルトシングルの屋根
切れて落下してきたアスファルトシングル
切れて落下してきたアスファルトシングル
アスファルトシングルはグラスファイバーなどの繊維をシート状にして、表面を砂粒でコーティングしている屋根材です。そのため、曲面にも貼れる柔軟性があり、防水性も高いことが特徴です。

釘で止めてセメントと呼ばれる接着剤で接着するという工法で屋根に固定されています。上端は釘による物理的な固定ですが、下端は接着剤という化学的な固定なので、接着力が落ちてくると、下端から剥がれてきます。そのままにしておくと、風に吹かれた際にさらに剥がれ、やがては千切れて飛散します。他の屋根材よりもこまめに点検し、剥がれを見つけたらすぐに補修してあげれば、飛散することも少なくなります。

風に対する強さですが、リッジウェイの場合、釘4本で固定し、接着剤はセルフシーラント(屋根材に予め塗布してある接着剤のみの標準仕様で風速38m/sにも耐えられます。釘6本で固定し、屋根材1枚につきシングルセメント3箇所で接着した強風仕様では風速46m/sにも耐えられます。メンテナンスを怠らなければ、それほど弱い屋根材でもないのです。

結論1、屋根材が固定されている屋根は強い

ビスで固定されたスーパーガルテクト
垂木にビス止め
当たり前ですが、屋根材が屋根に固定されていた方が強風の際に剥がれたり、飛散するケースが少ないのです。なお、固定の際にはどこでもよいわけではなく、垂木にしっかりと固定することが重要です。固定されていない瓦屋根の場合は強風時や地震の際に不安が残りますよね。今回、木更津市で被災された瓦屋根の方の多くは「屋根も古くなっているし、これを機に金属屋根に葺き替える」とおっしゃっていました。

また、当然ですが耐用年数が長い屋根材の方が被災する割合も少なくなります。そういう意味では防災互がお薦めなのですが、瓦屋根へと葺き替えられるのは現在のお家が瓦屋根の方のみです。屋根葺き替えの際に現在よりも重い屋根材を使用するのは耐震性の上でNGなのです。1㎡あたり5kg前後の金属屋根なら、どんな屋根にも対応可能です。また、必然的に屋根の重量増となってしまう屋根カバー工法にも最適です。

結論2、屋根材が強くても飛来物には勝てないが近隣に迷惑をかけないためにも飛散しにくい屋根にしましょう

飛来物で割れた瓦
ブルーシートで養生
私事で恐縮ですが、2019年の台風15号通過後、私の家の1階の屋根の上には瓦が落下しており、その所為で金属屋根に大穴が開いていました。もちろん、防水紙も破れていました。自宅の2階の屋根の瓦が落下してきたと思ったのですが、よく見るといぶし瓦です。私の家は釉薬瓦ですから、これは強風での飛来物で間違いありません。どうやら20m程度離れている家から飛んできたようです。

こういった飛来物に耐えられるような屋根材は今のところありません。全ての建築物の屋根材を屋根に固定されているものにすれば、こうした被害は少なくなるかもしれませんが、樹木などが飛んでくれば同じことです。しかし、これから先、屋根葺き替えを検討している方はぜひ、屋根材が屋根に固定されているものにしてください。ご近所やご近隣に迷惑をかける可能性がほぼなくなります。やはり屋根材を直接、屋根に固定する金属屋根がお薦めです。
屋根葺き替え813,000円~(消費税・諸経費別)屋根カバー工事698,000円~(消費税・諸経費別)

街の屋根やさん本社

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒292-0804
        千葉県木更津市文京5-11-16 ST×BASE 1F
        店舗詳細はこちら
    1. お問い合わせはこちらから

       街の屋根やさんは千葉県以外にも東京都、神奈川県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方の地域の街の屋根さんをお選びください。

      屋根工事なら街の屋根やさんポータル

      その他の地域の方はこちら

      屋根葺き替えに関連する新着ブログ

      流山市美田で台風による強風の影響でスレートが飛散、屋根カバー工事をご提案
      流山市美田で行った築25年のスレート屋根の調査の様子をご紹介します。「台風でスレートが飛んでしまったので屋根を点検してほしい。」と、お問い合わせをいただきました。屋根材のスレートが飛散し、お家の周りに ...続きを読む
      君津市内蓑輪にて雨漏りを点検、瓦の下に敷かれた防水紙の劣化を確認
      君津市内蓑輪にお住いのお客様より、屋根の点検をお願いしたいとのご相談をいただきました。 お話をお伺いすると、天井から雨漏りがしているとのことです。雨漏りは以前から発生しており、前回の台風の際に瓦が飛 ...続きを読む
      市原市辰巳台にて経年劣化されたスレートに屋根カバー工事実施
      市原市辰巳台で屋根カバー工事を実施致しました。以前屋根塗装工事をされてから約10年程経過されている事からスレート屋根の調査のご依頼を承りました。スレート屋根の状態ですがチョーキングやヒビ割れなどの経年 ...続きを読む
      市原市光風台にてアスファルトシングル屋根から雨漏り発生、剝離とは別の原因でした
      市原市光風台にお住まいのお客様になります。台風後雨漏りをされてしまったとの事で調査を実施させていただきました。室内に上がらせていただき雨漏り箇所の確認です。壁紙クロスが剥がれてしまっていて茶色に雨染み ...続きを読む

      屋根葺き替えに関連する新着施工事例

      柏市今谷上町で雨漏りしている瓦屋根をディートレーディングのディプロマット(オニキス)で屋根葺き替え工事ビフォー
      柏市今谷上町で雨漏りしている瓦屋根をディートレーディングのディプロマット(オニキス)で屋根葺き替え工事アフター
      施工内容
      屋根葺き替え 雨樋交換 防水工事
      使用材料
      ディートレーディング ディプロマット
      千葉市若葉区若松町で防水性低下のスレート屋根を金属カバー工事で防水性・耐久性アップビフォー
      千葉市若葉区若松町で防水性低下のスレート屋根を金属カバー工事で防水性・耐久性アップアフター
      施工内容
      屋根カバー工事
      使用材料
      アイジー工業製のスーパーガルテクト

      屋根葺き替えを行ったお客様の声一覧

      u様 千葉市美浜区 工事前アンケート
      Q1.屋根工事を検討したきっかけは何ですか?どんなことで悩まれていましたか?
      そろそろ屋根塗装の年数になるので何かいい方法がないかさがしていました。

      Q2.業者や工事会社をどのように探しましたか?
      インターネットで屋根工事を知り、評判の良い会社を探しました。

      Q3.当社を知りすぐお問合せをされましたか?もし悩まれたとしたらどんなことがご不安でしたか?
      すぐに問合せをしました。

      Q4.何が決め手となり当社にお問い合わせをされましたか?
      カバー工法のエコグラーニ(オニキス)が気に入り、問合わせてもらいました。

      Q5.実際に当社担当者がお伺いしていかがでしたでしょうか?
      ていねいな説明でよかったです。



      ■お住まいの屋根工事ここがポイント

      ■点検・お見積り・ご相談無料!

      ご不明点やご相談など屋根のことなら何でもお問い合わせください。


      点検・お見積り・ご相談無料!お気軽にお問い合わせください!