大網白里市大網にて瓦屋根で発生した雨漏りを確認、屋根葺き直し工事で雨漏りを解消

千葉の『街の屋根やさん』は千葉 市原 袖ヶ浦 木更津 君津を中心に 千葉県全域で屋根工事や屋根リフォーム、軽微な屋根の修理、屋根の塗り替え(屋根塗装)、古くなった屋根の葺き替え工事(屋根葺き替え)をおこなっています。

あなたの街の屋根工事 屋根塗装 屋根リフォーム 屋根のトラブルおまかせ下さい!

千葉県全域 あなたの街の屋根工事 屋根塗装 屋根リフォーム あなたの大切なお住まい、定期的にメンテナンスしてあげていますか? 高品質なサービスを、よりリーズナブルに「お客様にとって一番のおつきあい」 私たちはそんな街の屋根やさんです

株式会社シェアテック
〒292-0804 千葉県木更津市文京5-11-16 ST×BASE
TEL :0120-989-936 FAX :0438-38-3310
E-mail : info@sharetech.co.jp

お客様のインタビュー動画

屋根葺き替え工事をご依頼いただいた長生郡白子町のお客様より、竣工後の感想を伺いました。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん千葉 施工事例
街の屋根やさん千葉 お客様に聞いた「街の屋根やさんを選んだ理由」
2021年04月21 日更新 本日の現場ブログ
屋根工事のご依頼・ご相談が初めての方へ
オンラインにて屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
雨漏りにお困りの方、お任せ下さい
屋根を軽くして耐震対策 地震に強い屋根
屋根の台風対策 強風と豪雨にご注意を!
散水検査
お客様の声その壱 お客様の声その弐 お客様の声その参
お客様の声の動画ページに移動
お客様の声を動画でご紹介
Company Profile
街の屋根やさんのご紹介
街の屋根やさんとは?
街の屋根やさんが選ばれる6つの理由
街の屋根やさん10のルール
街の屋根やさん、専門スタッフのご紹介
不安ゼロ宣言
マイスター制度
充実の長期保証
The kind of roofing work
屋根工事の種類
葺き替え工事のご案内葺き替え工事
屋根カバー工法のご案内カバー工法
屋根・外壁塗装工事のご案内屋根・外壁
塗装工事
棟板金工事のご案内板金工事
漆喰工事のご案内漆喰工事
雨樋工事のご案内雨樋工事
防水工事のご案内防水工事
屋根修理の費用
業者選びの完全ガイド
屋根葺き直し
瓦工事
破風・鼻隠し・ケラバの補修
不具合は雨漏りに繋がる!ケラバの修理方法をご紹介
軒天の雨染みと
剥がれは見逃し厳禁
庇の役割とメンテナンス方法
シーリングやコーキングの種類と使用法
ベランダ・バルコニーの雨漏りの原因と補修方法
意外と多い笠木が原因のベランダからの雨漏り
雨漏りにも強い立平葺き
雨樋の詰まりに落ち葉除けネットがお薦め
ポリカ波板屋根と防水工事でベランダをより強く
快適生活をサポートする
換気棟
屋根リフォームで夏の暑さ対策
落雪被害を防ぐ雪止め設置
タスペーサーの重要性
ウレタン防水が選ばれる理由とメンテナンス方法
シート防水が施工された屋上のメンテナンス方法
FRP防水が最強である理由
雨漏りの原因となりやすいパラペットのメンテナンス
セメント瓦・モニエル瓦
最適なメンテナンス方法
早期棟瓦修理で自然災害悪徳業者の不安を払拭
大波・小波スレートの最適なメンテナンス方法
複雑な形状の屋根の面積
係数を使って簡単算出
屋根の形
屋根の最も重要な部分
野地板のメンテナンス
工場や倉庫のメンテナンス
アパート・マンション、ビル
のメンテナンス
別荘のメンテナンス
様々な屋根の面積の求め方
天窓のお困り事・お悩み事
カーポートを自己負担なしで建て直せる条件・費用
RC造からの雨漏りを防ぐ適切なメンテナンス方法
3階建てビルの雨漏り補修工事の様子と費用をご紹介
屋根工事を必要している方、屋根のことでお悩みの方へ
お住まい、屋根のメンテナンスサイクル完全版
各種屋根工事の料金プラン屋根工事の料金について
弊社のご案内弊社のご案内
屋根の資料請求はコチラ 屋根やさん対応エリア

千葉県の市原市・袖ヶ浦市・木更津市・君津市を中心に千葉県全域が対応エリアとなっております。
その他の地域の方もお気軽にご相談下さい!

  • 一般リフォーム
  • 屋根リフォーム
  • 屋根工事
  • 屋根修理
  • 屋根塗装
  • 屋根葺き替え
  • カバー工法
  • 漆喰(しっくい)工事
  • 雨樋(あまどい)工事
  • 雨漏り修理
  • 雨漏り工事

屋根リフォームのことなら、どんなことでもご遠慮なくお問い合わせ下さい。

屋根の資料請求はコチラ 屋根やさん施工実績

 下に挙げたものは、1999年5月~2021年3月までに街の屋根やさんが直接施工した件数と地域です。小規模な屋根修理から大規模な屋根の葺き替え、一般のお住まいだけでなく大きな工場等の建築物の屋根にも幅広く対応しております。
最近の屋根工事事例やお客様の声は右側の各種メニューからご覧ください。

東葛飾エリア
市川・・234
松戸・・224
習志野・・146
流山・・102
鎌ヶ谷・・187
船橋・・387
野田・・103
柏・・125
我孫子・・88
浦安・・186

北総エリア
銚子・・75
佐倉・・158
四街道・・135
印西・・118
富里・・193
香取・・120
成田・・278
旭・・146
八街・・377
白井・・184
匝瑳・・115
印旛郡酒々井町・・96
印旛郡印旛村・・13
印旛郡本埜町・・14
印旛郡栄町・・33
香取郡神崎町・・27
香取郡多古町・・34
香取郡東庄町・・16

千葉エリア
千葉市中央区・・267
千葉市稲毛区・・192
千葉市緑区・・224
千葉市花見川区・・200
千葉市若葉区・・185
千葉市美浜区・・120
八千代市・・175
市原市・・741

九十九里エリア
茂原市・・173
勝浦市・・48
いすみ市・・104
東金市・・152
山武市・・100
山武郡大網白里町・・33
山武郡九十九里町・・70
山武郡芝山町・・26
山武郡横芝光町・・41
長生郡一宮町・・49
長生郡睦沢町・・14
長生郡長生村・・42
長生郡白子町・・54
長生郡長柄町・・22
長生郡長南町・・12
夷隅郡大多喜町・・19
夷隅郡御宿町・・20

南房総エリア
袖ケ浦・・253
木更津・・539
君津・・331
富津・・133
南房総・・74
安房郡鋸南町・・45
館山・・67
鴨川・・35

ご連絡先はこちらです ご連絡先はこちら

株式会社シェアテック
千葉県木更津市文京5-11-16 ST×BASE
TEL : 0438-38-3373
FAX : 0438-38-3310
E-mail : info@sharetech.co.jp

街の屋根やさん千葉
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

大網白里市大網にて瓦屋根で発生した雨漏りを確認、屋根葺き直し工事で雨漏りを解消

before
horizontal
after

工事のきっかけを伺いました!


担当:黒川


 今回は大網白里市大網にお住いのお客様より瓦屋根の雨漏りについてご相談を頂きました。ご相談の内容としましては「5年ほど前に雨漏りが発生したので別の屋根業者の方に屋根を修理して頂いたが、それ以降たまに雨漏りが発生して困っている」とのことでしたのでまずは雨漏りの原因を調べるために屋根の調査にお伺いしました。
 調査にお伺いしたところ屋根全体としては大きな破損などはありませんでした。このような場合は屋根の下地に問題がある場合が多いので雨漏りが発生している部分をお客様からお伺いし雨漏り発生個所を確認します。調査の数時間前まで雨が降っていたこともありましたので気になる部分の瓦をめくって下地の状態を確認します。
 下地の状態を確認し、雨漏りが発生している部分を特定することができました。屋根の下地には杉皮を使用しており、隙間が空いてしまっている部分がありましたのでそこを補修する工事として屋根葺き直し工事をご提案し、工事を行うこととなりました。
 今回は大網白里市大網にお住いのお客様より瓦屋根の雨漏りについてご相談を頂きました。ご相談の内容としましては「5年ほど前に雨漏りが発生したので別の屋根業者の方に屋根を修理して頂いたが、それ以降たまに雨漏りが発生して困っている」とのことでしたのでまずは雨漏りの原因を調べるために屋根の調査にお伺いしました。
 調査にお伺いしたところ屋根全体としては大きな破損などはありませんでした。このような場合は屋根の下地に問題がある場合が多いので雨漏りが発生している部分をお客様からお伺いし雨漏り発生個所を確認します。調査の数時間前まで雨が降っていたこともありましたので気になる部分の瓦をめくって下地の状態を確認します。
 下地の状態を確認し、雨漏りが発生している部分を特定することができました。屋根の下地には杉皮を使用しており、隙間が空いてしまっている部分がありましたのでそこを補修する工事として屋根葺き直し工事をご提案し、工事を行うこととなりました。


担当:黒川

施工内容屋根葺き直し

築年数築40年程

平米数約5㎡(葺き直し部分)

施工期間1日間

使用材料新規防水紙

費用詳しくはお問い合わせください

ハウスメーカーハウスメーカー不明

保証お付けしておりません。

【施工内容】
屋根葺き直し

築年数

築40年程

平米数

約5㎡(葺き直し部分)

施工期間

1日間

使用材料

新規防水紙

費用

詳しくはお問い合わせください

ハウスメーカー

ハウスメーカー不明

保証

お付けしておりません。

瓦屋根で発生した雨漏りを調査

 大網白里市大網にお住いのお客様より瓦屋根で発生した雨漏りについてのご相談を頂きました。ご相談内容の詳細としましては「5年ほど前に雨漏りが発生したので別の屋根業者の方に雨漏りが発生している天井上の屋根を修理して頂いたが、それ以降に同じ部分でたまに雨漏りが発生して困っている。原因究明と修理をお願いしたい。」とのことでした。雨漏りはなかなか特定することが難しい場合も多いので調査の際、しっかりと原因を調べないと違う部分を直してしまう可能性もあります。

瓦屋根の状態

 さっそくお客様のご自宅へお伺いし屋根の状態を確認させていただきます。屋根に上がると以前修理した部分と瓦屋根の部分がありましたので丁寧に屋根の状況を確認していきます。屋根全体としましては大きな破損等はありませんでしたので雨漏りの原因は屋根の下地にあると推測しました。

屋根の状態 屋根の状況

 屋根に上がる前に雨漏りが発生してしまっている部分をお客様からお聞きしておりますのでその情報をもとに原因を考えます。雨漏りが発生していたのは瓦屋根の付近ではなく、以前修理した屋根の先端部分でした。以前修理した屋根自体に問題はありませんでしたのでその上の瓦に目を向けて原因を探ります。
 瓦屋根は1枚ずつ固定しているわけではありませんので数枚剥がすことで下地の状態を確認することができます。

雨漏り箇所の確認 雨漏り

 雨漏りが発生していた部分から一番近い瓦をめくって下地を確認します。調査を行った日は数時間前まで雨が降っておりました。瓦をめくると下地に雨水が侵入しているのが確認できます。瓦の下に雨水が侵入しても防水紙や杉皮などの下地材があるためすぐには雨漏りは発生しませんが、下地に隙間が出来てしまっておりました。おそらくここから雨水が侵入し、屋根の傾斜によって流れた雨が屋根の先端部分で雨漏りとなってしまっていたのでしょう。

破損した瓦 工事箇所

 雨漏りの原因がわかりましたのでその他に何か不具合などがないか屋根全体を確認していきます。瓦が1枚破損してしまっているのを確認しました。一昨年の台風などの強風にあおられて飛散してきたものがぶつかってしまったのでしょう。その他には問題ありませんでしたので屋根から降りてお客様に状況をご説明します。
 お客様へ雨漏りの原因をご説明し瓦屋根の下地を補修するために屋根葺き直し工事をご提案しました。雨漏りが発生してしまっていた部分より左側は以前に修繕したことがあったとのことで下地が杉皮ではなく防水紙となっておりましたので今回は左上の写真のように以前に修繕した部分より右側を屋根葺き直し工事を実施します。

 

屋根葺き直し工事及び破損瓦の差し替えを行いました

 それでは工事を行っていきますが私たち街の屋根やさんでは現在、新型コロナウイルス対策として調査や工事などでお客様と対面する際は必ずマスクを着用しソーシャルディスタンスに配慮するなどの対策を行うことで感染拡大防止に努めております。
 まずは破損してしまった瓦の交換をを行います。調査の時のように瓦は1枚ずつ剥がせるので破損してしまった瓦を撤去し、新しい瓦と交換します。今回はお客様が予備としてお持ちになられていた瓦を使用して交換を行いました。

破損した瓦の交換 破損瓦の交換

 次に屋根葺き直し工事を実施します。瓦が破損していない場合は再度利用することができますので慎重に移動していきます。その後、葺き直し工事を行う部分の杉皮を撤去していきます。
 杉皮の撤去が終わりましたら、杉皮を撤去した部分と杉皮の残っている部分で高さが変わってしまいますので野地板を設置して高さを調節します。少しの高さの違いでも瓦がきちんと並ばなくなる原因となりますので注意が必要です。

杉皮の撤去 野地板の設置

 野地板を設置した後は防水紙を敷設していきます。以前は杉皮で水の侵入を防いでいましたが現在はこの防水紙を敷設することにより雨水の侵入を防いでいます。防水紙の敷設後は瓦を引っ掛けるための瓦桟を設置していきます。この瓦桟も曲がって設置してしまったり既存の瓦桟と高さが違うと瓦がきれいに並びません。

防水紙の敷設 瓦桟設置

 最後に一旦移動しておいた瓦を戻していきます。瓦がきれいに並ばないと見た目が悪くなるだけでなく、雨水が侵入してしまったり隙間が出来てしまうことで風にあおられて捲れてしまうなどの被害が発生する場合が多くありますので丁寧に並べていきます。

瓦戻し作業 屋根葺き直し完了

 無事に屋根葺き直し工事が終了しました。瓦屋根はメンテナンスフリーなどといわれることが多くありますが頂上部分の漆喰や今回補修した下地など、メンテナンスを行わなければならない部分は多くあります。釉薬で焼かれている粘土瓦自体は耐用年数が非常に長く、メンテナンスを必要としませんがその他の部分は定期的にメンテナンスが必要となりますので注意が必要です。

工事完了

 今回のような雨漏りはしっかりと雨漏りの発生個所を特定せずに工事を進めてしまうと雨漏りが再発してしまう可能性が非常に高いため調査の段階で入念に調査を行います。雨漏り箇所が特定できない場合は散水試験を実施して雨漏り箇所を特定することをお勧めします。

工事を行なったM様のご感想をご紹介いたします

【工事前】

Q1.工事を検討したきっかけは何ですか?どんなことで悩まれていましたか?
雨もりが発生しており別の業者で工事をしたが雨もりが止まらなかった

Q2.弊社をどのように探しましたか?
ネット検索

Q3.弊社を知りすぐにお問合せをされましたか?もし悩まれたとしたらどんなことがご不安でしたか?
雨もりを止めることができる業者かと悩みました

Q4.何が決め手となり弊社にお問合せをされましたか?
ホームページ全体の印象と実績

Q5.実際に弊社担当者がお伺いしていかがでしたでしょうか?
雨もりの発生原因などをわかりやすく説明していただきました

【工事後】

Q1.当初、工事を依頼する会社にどんなことを期待されていましたか?
とにかく雨もりを止めてほしい

Q2.弊社にご依頼いただく際に他社と比較しました方はどこの会社と比較しましたか?
比較してません

Q3.弊社に工事をご依頼いただいた決め手は何ですか?
雨もりの発生原因に納得できたこと

Q4.工事が終わってみていかがですか?良かった事・嬉しかったことを忌憚なく頂戴出来ましたら幸いです。
工事後に数回雨がふりましたが、雨もりが止まり、安心しました

Q5.街の屋根やさんを他の方に紹介するとしたらなんと紹介しますか?
説明もわかりやすくとても親切な会社

M様のアンケートを詳しく見る→

このページに関連するコンテンツをご紹介

瓦屋根のさまざまな補修とリフォームの費用と価格
瓦屋根のさまざまな補修とリフォームの費用と価格
 瓦に飛来物が当たり割れてしまった場合、また風によって少しずれてしまっている場合、雨漏りが起きていなくとも防水紙の劣化に繋がりますので、補修は必要です。 瓦の差し替え工事 瓦の並び戻し工事  漆喰が剥がれることによって内部の土が露出し、雨…続きを読む
これまでの瓦を再利用!瓦屋根葺き直しの2つのメリット・デメリット
これまでの瓦を再利用!瓦屋根葺き直しの2つのメリット・デメリット
これまでの瓦を再利用して屋根を葺き替えるから地球に優しい 一旦、屋根材(瓦・天然スレート)を取り外し、防水紙や野地板を交換・補修してから、これまでの屋根材を再利用して屋根を葺き直す工事です。既存の屋根材を新しい屋根材に交換する屋根葺き替えと似ていますが、これまでの屋根材を再利用するところが大きく違い…続きを読む
4つのチェックポイントで瓦屋根の点検・メンテナンスのタイミングを知ろう
4つのチェックポイントで瓦屋根の点検・メンテナンスのタイミングを知ろう
 瓦屋根というと半世紀、またはそれ以上もの耐用年数を期待できる大変寿命の長い屋根材ですよね。そのため瓦屋根にお住まいの方の中にはどうしてもメンテナンスが怠りがちになってしまっているという方もいらっしゃるのではないでしょうか。 しかし瓦屋根と言えども経年劣化がまったくないかというと…続きを読む
重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要
重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要
 台風などの強風で被害に遭いやすく、他の部分へ被害を拡大してしまうケースも多いのが瓦屋根です。ずれてしまうだけならまだしも、災害の規模が大きいと屋根から瓦が落下してきます。重くて固い瓦が落下すると、まず間違いなく落下地点のものを傷つけ、破壊します。2階屋根から1階屋根に落下すれば、その部分の瓦がほぼ…続きを読む

街の屋根やさん本社

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒292-0804
        千葉県木更津市文京5-11-16
        ST×BASE 1F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん本社のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      街の屋根やさんは千葉県以外にも東京都、神奈川県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方の地域の街の屋根さんをお選びください。

      屋根葺き直しに関連する新着ブログ

      瓦の調査を行いました    千葉市中央区大森町で瓦屋根の調査を行いました。台風以降に屋根の状態を確認されておりまんでしたので今回お問い合わせをいただいております。瓦屋根のに登り確認致しますと軒 ...続きを読む
      瓦葺き直し工事を行います    千葉市千葉市若葉区若松町にお住いのお客様でした。先日の雨で突然雨漏りが発生してしまい大変お困りになられていました。現地調査を行いますと瓦屋根の下地材野防水紙の経 ...続きを読む
      セメント瓦屋根から雨漏り    市原市国分寺台でセメント瓦屋根から雨漏りが発生してしまい現地調査に伺ってきました。原因やメンテナンス方法など適切なご提案の為に必ず行っております。先ずは雨漏りし ...続きを読む
       屋根は、野地板・ルーフィング材(防水紙)・屋根材の順に取り付けられています。野地板やルーフィング材は、屋根材の下に敷かれていますので、経年劣化が進行してもなかなか気づくことは難しいです。しかし、それ ...続きを読む

      屋根葺き直しに関連する新着施工事例

      東金市家徳にて室内工事中に発覚した屋根下地の腐食を屋根葺き直し工事で復旧

      施工内容

      瓦屋根工事 屋根葺き直し

      使用材料

      新規防水紙

      屋根葺き直しを行ったお客様の声一覧

      君津市|セメント瓦葺き直し工事をされたM様

      headlinesbyline simple
      君津市 雨漏り セメント瓦 防水紙張替え 瓦葺き直し
      Q1.弊社にお問い合わせになる前にどんなことで悩んでいましたか?
      信用出来るかどうか

      Q2.何がきっかけでに弊社をお知りになりましたか?
      インターネット

      Q3.弊社を知りすぐにご連絡頂けましたか?もし決断されなかったとしたらどんなことがご不安でしたか?
      顔が見えないので少し不安でした

      Q4.何が決め手となり弊社にお問い合わせ頂きましたか?
      近くの業者さん数カ所にTelしました

      Q5.実際に弊社担当者がお伺いしていかがでしたか?
      とても感じよく親せつなお話で良かったです

      beforeafter
      before
      君津市 雨漏り セメント瓦 防水紙張替え 瓦葺き直し
      horizontal
      after
      君津市 雨漏り セメント瓦 防水紙張替え 瓦葺き直し
      headlinesbyline simple
      君津市 雨漏り セメント瓦 防水紙張替え 瓦葺き直し
      Q1.施工業者を決められる際にどんなことで悩んでいましたか?
      見えない部分なので本当にきちっと修理して下さるかどうかと言う事

      Q2.何がきっかけで弊社をお知りになりましたか?また何故弊社にお問い合わせをしようと思われたのですか?
      家の近くの会社がいいのかと。ネットで

      Q3.弊社への発注をすぐにご決断頂けましたか?もしご決断されなかったとしたらどんなことが不安になりましたか?
      来て見て下さった会社の方の人がらが信頼出来ると思った

      Q4.数ある会社の中から、弊社へ工事を発注して頂いた一番の決め手は何でしたか?
      話しがわかりやすく、きちっとこちらの質問にこたえていただけたから

      Q5.工事が終わってみていかがですか?忌憚のないご意見を頂戴できましたら幸いです。
      ほっとしています。屋根の仕事をして下さった方も信用できる感じがしましたし、これから何かあったらすぐ連絡出来そうに思います




      ■お住まいの屋根工事ここがポイント

      屋根工事の種類
      あなたの屋根はどのタイプ?
      選ばれる理由
      お客様にご安心を12のルール
      施工事例
      会社概要

      ■点検・お見積り・ご相談無料!

      ご不明点やご相談など屋根のことなら何でもお問い合わせください。


      点検・お見積り・ご相談無料!お気軽にお問い合わせください!

      お問い合わせ
      FAX番号