富里市根木名にてひび割れが発生していた浄化槽施設陸屋根のウレタン塗膜防水通気緩衝工法を実施

千葉の『街の屋根やさん』は千葉 市原 袖ヶ浦 木更津 君津を中心に 千葉県全域で屋根工事や屋根リフォーム、軽微な屋根の修理、屋根の塗り替え(屋根塗装)、古くなった屋根の葺き替え工事(屋根葺き替え)をおこなっています。

あなたの街の屋根工事 屋根塗装 屋根リフォーム 屋根のトラブルおまかせ下さい!

千葉県全域 あなたの街の屋根工事 屋根塗装 屋根リフォーム あなたの大切なお住まい、定期的にメンテナンスしてあげていますか? 高品質なサービスを、よりリーズナブルに「お客様にとって一番のおつきあい」 私たちはそんな街の屋根やさんです

株式会社シェアテック
〒292-0804 千葉県木更津市文京5-11-16 ST×BASE
TEL :0120-989-936 FAX :0438-38-3310
E-mail : info@sharetech.co.jp

お客様のインタビュー動画

屋根葺き替え工事をご依頼いただいた長生郡白子町のお客様より、竣工後の感想を伺いました。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん千葉 施工事例
街の屋根やさん千葉 お客様に聞いた「街の屋根やさんを選んだ理由」
2021年04月21 日更新 本日の現場ブログ
屋根工事のご依頼・ご相談が初めての方へ
オンラインにて屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
雨漏りにお困りの方、お任せ下さい
屋根を軽くして耐震対策 地震に強い屋根
屋根の台風対策 強風と豪雨にご注意を!
散水検査
お客様の声その壱 お客様の声その弐 お客様の声その参
お客様の声の動画ページに移動
お客様の声を動画でご紹介
Company Profile
街の屋根やさんのご紹介
街の屋根やさんとは?
街の屋根やさんが選ばれる6つの理由
街の屋根やさん10のルール
街の屋根やさん、専門スタッフのご紹介
不安ゼロ宣言
マイスター制度
充実の長期保証
The kind of roofing work
屋根工事の種類
葺き替え工事のご案内葺き替え工事
屋根カバー工法のご案内カバー工法
屋根・外壁塗装工事のご案内屋根・外壁
塗装工事
棟板金工事のご案内板金工事
漆喰工事のご案内漆喰工事
雨樋工事のご案内雨樋工事
防水工事のご案内防水工事
屋根修理の費用
業者選びの完全ガイド
屋根葺き直し
瓦工事
破風・鼻隠し・ケラバの補修
不具合は雨漏りに繋がる!ケラバの修理方法をご紹介
軒天の雨染みと
剥がれは見逃し厳禁
庇の役割とメンテナンス方法
シーリングやコーキングの種類と使用法
ベランダ・バルコニーの雨漏りの原因と補修方法
意外と多い笠木が原因のベランダからの雨漏り
雨漏りにも強い立平葺き
雨樋の詰まりに落ち葉除けネットがお薦め
ポリカ波板屋根と防水工事でベランダをより強く
快適生活をサポートする
換気棟
屋根リフォームで夏の暑さ対策
落雪被害を防ぐ雪止め設置
タスペーサーの重要性
ウレタン防水が選ばれる理由とメンテナンス方法
シート防水が施工された屋上のメンテナンス方法
FRP防水が最強である理由
雨漏りの原因となりやすいパラペットのメンテナンス
セメント瓦・モニエル瓦
最適なメンテナンス方法
早期棟瓦修理で自然災害悪徳業者の不安を払拭
大波・小波スレートの最適なメンテナンス方法
複雑な形状の屋根の面積
係数を使って簡単算出
屋根の形
屋根の最も重要な部分
野地板のメンテナンス
工場や倉庫のメンテナンス
アパート・マンション、ビル
のメンテナンス
別荘のメンテナンス
様々な屋根の面積の求め方
天窓のお困り事・お悩み事
カーポートを自己負担なしで建て直せる条件・費用
RC造からの雨漏りを防ぐ適切なメンテナンス方法
3階建てビルの雨漏り補修工事の様子と費用をご紹介
屋根工事を必要している方、屋根のことでお悩みの方へ
お住まい、屋根のメンテナンスサイクル完全版
各種屋根工事の料金プラン屋根工事の料金について
弊社のご案内弊社のご案内
屋根の資料請求はコチラ 屋根やさん対応エリア

千葉県の市原市・袖ヶ浦市・木更津市・君津市を中心に千葉県全域が対応エリアとなっております。
その他の地域の方もお気軽にご相談下さい!

  • 一般リフォーム
  • 屋根リフォーム
  • 屋根工事
  • 屋根修理
  • 屋根塗装
  • 屋根葺き替え
  • カバー工法
  • 漆喰(しっくい)工事
  • 雨樋(あまどい)工事
  • 雨漏り修理
  • 雨漏り工事

屋根リフォームのことなら、どんなことでもご遠慮なくお問い合わせ下さい。

屋根の資料請求はコチラ 屋根やさん施工実績

 下に挙げたものは、1999年5月~2021年3月までに街の屋根やさんが直接施工した件数と地域です。小規模な屋根修理から大規模な屋根の葺き替え、一般のお住まいだけでなく大きな工場等の建築物の屋根にも幅広く対応しております。
最近の屋根工事事例やお客様の声は右側の各種メニューからご覧ください。

東葛飾エリア
市川・・234
松戸・・224
習志野・・146
流山・・102
鎌ヶ谷・・187
船橋・・387
野田・・103
柏・・125
我孫子・・88
浦安・・186

北総エリア
銚子・・75
佐倉・・158
四街道・・135
印西・・118
富里・・193
香取・・120
成田・・278
旭・・146
八街・・377
白井・・184
匝瑳・・115
印旛郡酒々井町・・96
印旛郡印旛村・・13
印旛郡本埜町・・14
印旛郡栄町・・33
香取郡神崎町・・27
香取郡多古町・・34
香取郡東庄町・・16

千葉エリア
千葉市中央区・・267
千葉市稲毛区・・192
千葉市緑区・・224
千葉市花見川区・・200
千葉市若葉区・・185
千葉市美浜区・・120
八千代市・・175
市原市・・741

九十九里エリア
茂原市・・173
勝浦市・・48
いすみ市・・104
東金市・・152
山武市・・100
山武郡大網白里町・・33
山武郡九十九里町・・70
山武郡芝山町・・26
山武郡横芝光町・・41
長生郡一宮町・・49
長生郡睦沢町・・14
長生郡長生村・・42
長生郡白子町・・54
長生郡長柄町・・22
長生郡長南町・・12
夷隅郡大多喜町・・19
夷隅郡御宿町・・20

南房総エリア
袖ケ浦・・253
木更津・・539
君津・・331
富津・・133
南房総・・74
安房郡鋸南町・・45
館山・・67
鴨川・・35

ご連絡先はこちらです ご連絡先はこちら

株式会社シェアテック
千葉県木更津市文京5-11-16 ST×BASE
TEL : 0438-38-3373
FAX : 0438-38-3310
E-mail : info@sharetech.co.jp

街の屋根やさん千葉
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

富里市根木名にてひび割れが発生していた浄化槽施設陸屋根のウレタン塗膜防水通気緩衝工法を実施

before
horizontal
after

工事のきっかけを伺いました!


担当:岡野


富里市根木名にて行った浄化槽施設の陸屋根のウレタン防水通気緩衝工法の様子をご紹介致します。お問い合わせのきっかけは、以前に別の棟の陸屋根の防水工事を施工させていただき、施工の様子を見て信頼できると感じていただき再度お声をかけていただきました。
調査にお伺いし、梯子を使い陸屋根に上がると排水口の周辺に苔が発生しており、土埃が溜まっていました。苔や土埃が溜まってしまうと排水口が埋まってしまいますので排水不良を起こしてしまいます。立上りには経年によるひび割れが発生していましたので排水不良により滞留した雨水がひび割れた箇所から建物内部へと浸入し雨漏りに繋がる危険性もありましたので、お客様に調査のご報告をし、ウレタン塗膜防水工事の通気緩衝工法にてメンテナンスをご提案したところ工事のご依頼をいただきました。
富里市根木名にて行った浄化槽施設の陸屋根のウレタン防水通気緩衝工法の様子をご紹介致します。お問い合わせのきっかけは、以前に別の棟の陸屋根の防水工事を施工させていただき、施工の様子を見て信頼できると感じていただき再度お声をかけていただきました。
調査にお伺いし、梯子を使い陸屋根に上がると排水口の周辺に苔が発生しており、土埃が溜まっていました。苔や土埃が溜まってしまうと排水口が埋まってしまいますので排水不良を起こしてしまいます。立上りには経年によるひび割れが発生していましたので排水不良により滞留した雨水がひび割れた箇所から建物内部へと浸入し雨漏りに繋がる危険性もありましたので、お客様に調査のご報告をし、ウレタン塗膜防水工事の通気緩衝工法にてメンテナンスをご提案したところ工事のご依頼をいただきました。


担当:岡野

施工内容陸屋根工事  防水工事

築年数築35年

平米数35.5㎡

施工期間6日間

使用材料DSカラー・ゼロ

費用詳しくはお問い合わせください

ハウスメーカーハウスメーカー不明

保証10年

【施工内容】
陸屋根工事  防水工事

築年数

築35年

平米数

35.5㎡

施工期間

6日間

使用材料

DSカラー・ゼロ

費用

詳しくはお問い合わせください

ハウスメーカー

ハウスメーカー不明

保証

10年

調査の様子

苔や土埃が溜まった陸屋根の調査の様子   苔や土埃が溜まった陸屋根の調査の様子

 調査の様子です。梯子を使い屋根に上がると苔や土埃が溜まっていました。陸屋根は勾配のある屋根と比較すると勾配が殆ど無いため土埃が溜まりやすい形状になっています。最初のうちは雨水は排水口に流れていきますが、徐々に土埃が溜まると排水が上手くいかず滞留してしまい、雨水を吸収した土埃に苔が発生してしまいます。

土埃や苔が溜まった陸屋根の排水口

 排水口の周りの様子です。陸屋根の中心部に土埃や苔が溜まっておらず、排水口の周囲に溜まっているという事は勾配に問題が無いという事が分かりますが、排水口が埋もれていますので十分な排水が出来ていない状態です。

陸屋根の笠木にひび割れ   陸屋根の立上りにひび割れ

 笠木と立上りのひび割れの様子です。経年によりひび割れが発生していました。このままですと、ひび割れ箇所から雨水が浸入し雨漏りに繋がります。また、排水口が土埃や苔で埋もれてきている状態ですので排水口が詰まって雨水が滞留してしまうと立上がりのひび割れ箇所から雨水が浸入してしまう危険性があります。溜まっている土埃や苔を高圧洗浄等で除去すれば十分な排水は確保できますが、ひび割れが発生しており雨漏りに繋がる事から通気緩衝工法にて陸屋根防水工事を行う運びとなりました。

 通気緩衝工法は既存の下地がコンクリートに使用する工法になります。下地がコンクリートの場合、密着工法で防水工事を行うとコンクリートが発する蒸気により防水層の内部から膨れが発生してしまうからです。この膨れを防止するために通気性能がある通気緩衝シートと脱気筒を設ける事で蒸気を逃がし、膨れを解消します。

施工の様子

陸屋根防水工事にて高圧洗浄作業の様子   ウレタン防水通気緩衝工法にて高圧洗浄で土埃や苔を除去

 施工の様子です。陸屋根防水工事の際には先ず、高圧洗浄を行います。溜まっている土埃や苔を除去し、下地を綺麗にするために丁寧に行っていきます。

陸屋根防水工事にて高圧洗浄が完了

 高圧洗浄作業が完了した様子です。溜まっていた土埃や苔、下地に付着していた汚れが除去できました。高圧洗浄を行った後は、十分に乾燥させてから次の工程に移ります。

樹脂モルタルで下地の処理を行います

陸屋根防水工事にて下地処理の様子   防水工事にて下地処理の様子

 下地処理の様子です。高圧洗浄が完了し、十分に乾燥致しましたら樹脂モルタルでひび割れ等を埋めていきます。笠木や立上がり、床面に塗布する事で下地調整を行います。

プライマーで密着性を高めます

陸屋根通気緩衝工法にてプライマー塗布   陸屋根通気緩衝工法にてプライマー塗布

 プライマー塗布の様子です。樹脂モルタルにて下地調整が完了致しましたら、下地との密着性を高めるためのプライマーを塗布していきます。こちらも笠木や立上がり、平場に塗布していきます。

通気緩衝シートを貼ります

通気緩衝工法にて通気緩衝シートを貼ります   通気緩衝シートの継目をテープで処理

 通気緩衝シートを貼る様子です。プライマーの塗布が終わりましたら通気緩衝シートを貼っていきます。下地のコンクリートに含まれる水分や蒸気による防水層の膨れを防ぎ、下地の挙動を緩衝します。

ウレタン塗膜防水通気緩衝工法にて通気緩衝シート敷設

 通気緩衝シートの継目にはジョイントテープで処理し、隙間の無いようにします。通気緩衝シートを貼り終わりましたら脱気筒を設置致します。脱気筒を設置する事で防水層の下にある水蒸気を逃がしますので膨れや剥がれを防ぎます。

笠木や立上がりはメッシュシートにて補強

陸屋根防水工事にて立上がりや笠木部分をメッシュシートで補強   陸屋根防水工事にて笠木や立上がりを防水塗装

 笠木や立上がりの防水処理の様子です。笠木や立上がりは通気緩衝工法が出来ない部分になりますのでメッシュシートを張り合わせて補強を行ってから立上り専用の防水材を使用致します。

陸屋根の立上り専用防水材

 今回のウレタン塗膜防水通気緩衝工法で使用した塗料は株式会社ダイフレックスのDSカラー・ゼロを使用致しました。DSカラー・ゼロは特定化学物質を含んでいません。シックハウス症候群を引き起こす原因とされる物質を含みませんので安心して使用できます。立上り用の防水材は平場用と比較すると粘度が高いのでダレにくい仕様となります。

平場の施工の様子

ウレタン塗膜防水通気緩衝工法にてダイフレックスのDSカラー・ゼロを使用

 平場用のDSカラー・ゼロです。立上り用、平場用は共に2成分形ウレタン塗膜防水材ですので主剤と硬化剤を撹拌させる必要があります。

通気緩衝工法にてウレタン塗膜防水1層目   通気緩衝工法にてウレタン塗膜防水1層目

 平場の施工の様子です。平場用のDSカラー・ゼロを専用のローラーで塗布を行い、均一にしていきながら丁寧に防水層の1層目を形成していきます。乾燥時間は時期にもよりますが10時間以上は必要ですので十分に乾燥させてから次の工程に移ります。

ウレタン塗膜防水の2層目を形成していきます

ウレタン塗膜防水2層目

 ウレタン塗膜防水の2層目の塗布の様子です。2層目も1層目と同様に塗布していきます。外壁塗装工事等で使用する塗料よりも厚みのある塗膜ができますので膜厚になります。防水層を複層にすることで強い防水層になります。

トップコートで仕上げます

ウレタン塗膜防水通気緩衝工法にてトップコートで仕上げます   ウレタン塗膜防水通気緩衝工法にてトップコートで仕上げます

 トップコートを塗布する様子です。ウレタン塗膜防水の2層目の塗布が終わりましたらトップコートを塗布し、仕上げていきます。ウレタン防水層は耐久性に優れていますが、トップコートを塗布する事でウレタン防水層を紫外線等から保護しますので耐久性の保持に繋がります。

工事が完了致しました

ウレタン塗膜防水通気緩衝工法にてドレン改修   ウレタン塗膜防水通気緩衝工法にて脱気筒設置

ウレタン塗膜防水通気緩衝工法にて行った陸屋根防水工事が完了

 工事完了の様子です。お客様に工事の仕上がりを確認していただきウレタン塗膜防水工事が完了となります。排水口の詰まりやひび割れから雨水が浸入する心配も解消され、お客様に大変満足していただけました。

 私たち街の屋根やさんでは引き続き新型コロナウィルス対策を行っており、必ずマスク着用でお伺いさせていただいております。ソーシャルディスタンスを徹底し、お客様やスタッフの安全管理を徹底致します。

 

このページに関連するコンテンツをご紹介

屋根のメンテナンス・屋根工事・屋根リフォームはなぜ必要?
屋根のメンテナンス・屋根工事・屋根リフォームはなぜ必要?
 健全なお住まいに暮らしている場合、普段から屋根のメンテナンスやリフォームを意識して生活している人はほとんどいないでしょう。 しかし、どんな屋根であってもメンテナンスやリフォームが必要な時期がやってきます。屋根がどんな環境におかれているか想像してみてください。 晴れの日…続きを読む
陸屋根のチェックポイントとメンテナンス方法
陸屋根のチェックポイントとメンテナンス方法
 陸屋根とは勾配のない(実際には排水のため勾配が設けられています)、平らな屋根の形状を言います。 一般的に家屋の「屋根」というと本を逆さで閉じたような三角形の形をしていたり、単純な三角形ではなくとも勾配がある屋根が多いですよね。それと比較すると陸屋根は感じるほどの勾配がなく、ビル…続きを読む

街の屋根やさん本社

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒292-0804
        千葉県木更津市文京5-11-16
        ST×BASE 1F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん本社のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      街の屋根やさんは千葉県以外にも東京都、神奈川県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方の地域の街の屋根さんをお選びください。

      陸屋根工事  防水工事に関連する新着ブログ

      ベランダの下地調整工事    木更津市大久保でベランダ防水工事を実施させていただいております。排水溝廻りのウレタン層が切れてしまい雨漏りを起こしておりました。弱くなっている下地を全て撤去作業を ...続きを読む
      雨漏りの調査を行いました    木更津市畑沢南で雨漏りの調査を行いました。天井から雨漏りがあるとの事で大変お困りでした。室内にはバケツで雨受をされており天井から雨漏りでクロスも剥がれてきていま ...続きを読む
      経年劣化されたモルタルのベランダ    市原市郡本でモルタルのベランダをウレタン密着工法で防水工事を行いました。雨量がある日は天井などから雨漏りをするとの事で現地調査をさせていただいております ...続きを読む
      雨漏りの調査を実施(ジプトーンに雨染み)    市原市辰巳台にて雨漏りの調査を行いました。天井に黒い雨染みが出てきてしまい私達、街の屋根やさんにお問い合わせをいただいております。クズクズにな ...続きを読む

      陸屋根工事  防水工事に関連する新着施工事例

      市原市姉崎海岸にて排水溝からの雨漏りと笠木のシールが劣化、ウレタン防水と笠木シーリング工事で解決しました

      施工内容

      陸屋根工事  防水工事

      使用材料

      DSカラー・ゼロ,オートンイクシード

      陸屋根工事  防水工事を行ったお客様の声一覧

      市原市青葉台のK様邸の陸屋根調査を実施しました

      工事前アンケート画像

      Q2.工事を検討したきっかけは何ですか?どんなことで悩まれていましたか?

      築後定期点検(15年目)屋根防水工事の検討していたため

      Q3.弊社をどのように探しましたか?

      インターネット

      Q4.弊社を知りすぐにお問合せをされましたか?もし悩まれたとしたらどんなことがご不安でしたか?

      すぐ問合せ実施

      Q5.何が決め手となり弊社にお問合せをされましたか?

      HP 建築業許可ありであること

      Q6.実際に弊社担当者がお伺いしていかがでしたでしょうか?

      現場を良く見ている 説明もわかりやすい




      ■お住まいの屋根工事ここがポイント

      屋根工事の種類
      あなたの屋根はどのタイプ?
      選ばれる理由
      お客様にご安心を12のルール
      施工事例
      会社概要

      ■点検・お見積り・ご相談無料!

      ご不明点やご相談など屋根のことなら何でもお問い合わせください。


      点検・お見積り・ご相談無料!お気軽にお問い合わせください!

      お問い合わせ
      FAX番号