船橋市東船橋にて令和元年房総半島台風の影響により棟の漆喰が剥がれてしまいましたので棟取り直し工事を実施

千葉の『街の屋根やさん』は千葉 市原 袖ヶ浦 木更津 君津を中心に 千葉県全域で屋根工事や屋根リフォーム、軽微な屋根の修理、屋根の塗り替え(屋根塗装)、古くなった屋根の葺き替え工事(屋根葺き替え)をおこなっています。

あなたの街の屋根工事 屋根塗装 屋根リフォーム 屋根のトラブルおまかせ下さい!

千葉県全域 あなたの街の屋根工事 屋根塗装 屋根リフォーム あなたの大切なお住まい、定期的にメンテナンスしてあげていますか? 高品質なサービスを、よりリーズナブルに「お客様にとって一番のおつきあい」 私たちはそんな街の屋根やさんです

株式会社シェアテック
〒292-0804 千葉県木更津市文京5-11-16 ST×BASE
TEL :0120-989-936 FAX :0438-38-3310
E-mail : info@sharetech.co.jp

お客様のインタビュー動画

屋根葺き替え工事をご依頼いただいた長生郡白子町のお客様より、竣工後の感想を伺いました。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん千葉 施工事例
街の屋根やさん千葉 お客様に聞いた「街の屋根やさんを選んだ理由」
2021年05月11 日更新 本日の現場ブログ
屋根工事のご依頼・ご相談が初めての方へ
オンラインにて屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
雨漏りにお困りの方、お任せ下さい
屋根を軽くして耐震対策 地震に強い屋根
屋根の台風対策 強風と豪雨にご注意を!
散水検査
お客様の声その壱 お客様の声その弐 お客様の声その参
お客様の声の動画ページに移動
お客様の声を動画でご紹介
Company Profile
街の屋根やさんのご紹介
街の屋根やさんとは?
街の屋根やさんが選ばれる6つの理由
街の屋根やさん10のルール
街の屋根やさん、専門スタッフのご紹介
不安ゼロ宣言
マイスター制度
充実の長期保証
The kind of roofing work
屋根工事の種類
葺き替え工事のご案内葺き替え工事
屋根カバー工法のご案内カバー工法
屋根・外壁塗装工事のご案内屋根・外壁
塗装工事
棟板金工事のご案内板金工事
漆喰工事のご案内漆喰工事
雨樋工事のご案内雨樋工事
防水工事のご案内防水工事
屋根修理の費用
業者選びの完全ガイド
屋根葺き直し
瓦工事
破風・鼻隠し・ケラバの補修
不具合は雨漏りに繋がる!ケラバの修理方法をご紹介
軒天の雨染みと
剥がれは見逃し厳禁
庇の役割とメンテナンス方法
シーリングやコーキングの種類と使用法
ベランダ・バルコニーの雨漏りの原因と補修方法
意外と多い笠木が原因のベランダからの雨漏り
雨漏りにも強い立平葺き
雨樋の詰まりに落ち葉除けネットがお薦め
ポリカ波板屋根と防水工事でベランダをより強く
快適生活をサポートする
換気棟
屋根リフォームで夏の暑さ対策
落雪被害を防ぐ雪止め設置
タスペーサーの重要性
ウレタン防水が選ばれる理由とメンテナンス方法
シート防水が施工された屋上のメンテナンス方法
FRP防水が最強である理由
雨漏りの原因となりやすいパラペットのメンテナンス
セメント瓦・モニエル瓦
最適なメンテナンス方法
早期棟瓦修理で自然災害悪徳業者の不安を払拭
大波・小波スレートの最適なメンテナンス方法
複雑な形状の屋根の面積
係数を使って簡単算出
屋根の形
屋根の最も重要な部分
野地板のメンテナンス
工場や倉庫のメンテナンス
アパート・マンション、ビル
のメンテナンス
別荘のメンテナンス
様々な屋根の面積の求め方
天窓のお困り事・お悩み事
カーポートを自己負担なしで建て直せる条件・費用
RC造からの雨漏りを防ぐ適切なメンテナンス方法
3階建てビルの雨漏り補修工事の様子と費用をご紹介
屋根工事を必要している方、屋根のことでお悩みの方へ
お住まい、屋根のメンテナンスサイクル完全版
各種屋根工事の料金プラン屋根工事の料金について
弊社のご案内弊社のご案内
屋根の資料請求はコチラ 屋根やさん対応エリア

千葉県の市原市・袖ヶ浦市・木更津市・君津市を中心に千葉県全域が対応エリアとなっております。
その他の地域の方もお気軽にご相談下さい!

  • 一般リフォーム
  • 屋根リフォーム
  • 屋根工事
  • 屋根修理
  • 屋根塗装
  • 屋根葺き替え
  • カバー工法
  • 漆喰(しっくい)工事
  • 雨樋(あまどい)工事
  • 雨漏り修理
  • 雨漏り工事

屋根リフォームのことなら、どんなことでもご遠慮なくお問い合わせ下さい。

屋根の資料請求はコチラ 屋根やさん施工実績

 下に挙げたものは、1999年5月~2021年3月までに街の屋根やさんが直接施工した件数と地域です。小規模な屋根修理から大規模な屋根の葺き替え、一般のお住まいだけでなく大きな工場等の建築物の屋根にも幅広く対応しております。
最近の屋根工事事例やお客様の声は右側の各種メニューからご覧ください。

東葛飾エリア
市川・・234
松戸・・224
習志野・・146
流山・・102
鎌ヶ谷・・187
船橋・・387
野田・・103
柏・・125
我孫子・・88
浦安・・186

北総エリア
銚子・・75
佐倉・・158
四街道・・135
印西・・118
富里・・193
香取・・120
成田・・278
旭・・146
八街・・377
白井・・184
匝瑳・・115
印旛郡酒々井町・・96
印旛郡印旛村・・13
印旛郡本埜町・・14
印旛郡栄町・・33
香取郡神崎町・・27
香取郡多古町・・34
香取郡東庄町・・16

千葉エリア
千葉市中央区・・267
千葉市稲毛区・・192
千葉市緑区・・224
千葉市花見川区・・200
千葉市若葉区・・185
千葉市美浜区・・120
八千代市・・175
市原市・・741

九十九里エリア
茂原市・・173
勝浦市・・48
いすみ市・・104
東金市・・152
山武市・・100
山武郡大網白里町・・33
山武郡九十九里町・・70
山武郡芝山町・・26
山武郡横芝光町・・41
長生郡一宮町・・49
長生郡睦沢町・・14
長生郡長生村・・42
長生郡白子町・・54
長生郡長柄町・・22
長生郡長南町・・12
夷隅郡大多喜町・・19
夷隅郡御宿町・・20

南房総エリア
袖ケ浦・・253
木更津・・539
君津・・331
富津・・133
南房総・・74
安房郡鋸南町・・45
館山・・67
鴨川・・35

ご連絡先はこちらです ご連絡先はこちら

株式会社シェアテック
千葉県木更津市文京5-11-16 ST×BASE
TEL : 0438-38-3373
FAX : 0438-38-3310
E-mail : info@sharetech.co.jp

街の屋根やさん千葉
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

船橋市東船橋にて令和元年房総半島台風の影響により棟の漆喰が剥がれてしまいましたので棟取り直し工事を実施

before
horizontal
after

工事のきっかけを伺いました!


担当:岡野


 船橋市東船橋にお住まいのN様より「台風の影響で屋根の上に設置しているアンテナが倒れてしまい瓦がずれてしまったので屋根を点検してほしい。」と、お問い合わせをいただきました。N様邸にお伺いし、梯子を使い屋根に上がるとアンテナが倒れており瓦屋根の軒瓦がずれている状態でした。幸い、軒瓦は割れていませんでしたが、アンテナが倒れると衝撃で瓦が割れてしまうケースも少なくありません。調査を続けると棟の漆喰が剥がれているのを発見しました。台風による強風の影響で漆喰が剥がれてしまったと考えられます。台風などの自然災害でご自宅が被害を受けた場合にはご自宅に掛けてある火災保険が適用されます。保険の種類にもよりますが元の状態に復旧するための費用を保険会社が負担してくれますので工事と併せて申請する事で工事費用が抑えられます。棟の漆喰が剥がれてしまうと葺き土が露出してしまうので葺き土に雨水が浸透してしまい雨漏りに繋がります。また、漆喰は瓦と瓦を固定する接着剤のような役割を果たしていますので剥がれてしまうと棟を固定する力が弱くなり棟自体が崩れてしまう事に繋がり被害が拡大してしまいますのでお客様に調査のご報告をし、棟取り直し工事のご提案を致しました。
 船橋市東船橋にお住まいのN様より「台風の影響で屋根の上に設置しているアンテナが倒れてしまい瓦がずれてしまったので屋根を点検してほしい。」と、お問い合わせをいただきました。N様邸にお伺いし、梯子を使い屋根に上がるとアンテナが倒れており瓦屋根の軒瓦がずれている状態でした。幸い、軒瓦は割れていませんでしたが、アンテナが倒れると衝撃で瓦が割れてしまうケースも少なくありません。調査を続けると棟の漆喰が剥がれているのを発見しました。台風による強風の影響で漆喰が剥がれてしまったと考えられます。台風などの自然災害でご自宅が被害を受けた場合にはご自宅に掛けてある火災保険が適用されます。保険の種類にもよりますが元の状態に復旧するための費用を保険会社が負担してくれますので工事と併せて申請する事で工事費用が抑えられます。棟の漆喰が剥がれてしまうと葺き土が露出してしまうので葺き土に雨水が浸透してしまい雨漏りに繋がります。また、漆喰は瓦と瓦を固定する接着剤のような役割を果たしていますので剥がれてしまうと棟を固定する力が弱くなり棟自体が崩れてしまう事に繋がり被害が拡大してしまいますのでお客様に調査のご報告をし、棟取り直し工事のご提案を致しました。


担当:岡野

施工内容棟瓦取り直し  漆喰取り直し

築年数築35年

平米数棟取り直し工事:9.2m

施工期間1日間

使用材料シルガード

費用詳しくはお問い合わせください

ハウスメーカーハウスメーカー不明

保証お付けしておりません

【施工内容】
棟瓦取り直し  漆喰取り直し

築年数

築35年

平米数

棟取り直し工事:9.2m

施工期間

1日間

使用材料

シルガード

費用

詳しくはお問い合わせください

ハウスメーカー

ハウスメーカー不明

保証

お付けしておりません

調査の様子

台風の影響により袖瓦がずれていました   令和元年房総半島台風の影響でアンテナが倒れた瓦屋根の調査

 調査の様子です。瓦屋根の上に設置されているアンテナが倒れたとの事ですので梯子を使い屋根に上がります。倒れたアンテナは使用していないとの事で撤去を検討していた矢先に台風が通過し、屋根に被害が発生してしまいました。また、台風の影響により袖瓦がずれてしまっていました。軒瓦や袖瓦は釘や銅線で固定されていますが、このままですと落下に繋がります。

令和元年房総半島台風の影響でアンテナが倒れて軒瓦がずれた瓦屋根

 アンテナが倒れて接触し、軒瓦がずれていました。軒瓦がずれた箇所は防水紙が露出している状態です。このままですと、紫外線や風雨の影響で防水紙の劣化を早めてしまい軒天が傷んでしまいます。台風などの強風や突風の影響でアンテナが倒れてしまうケースは多く、屋根に被害を与えてしまいます。使用していないアンテナが設置されている方は、撤去する事で屋根の被害を防げます。

棟の漆喰が剥がれてしまうと雨漏りに繋がります

漆喰が剥がれた瓦屋根の棟   棟の漆喰が剥がれています

 調査を続けると棟の漆喰が剥がれているのを発見しました。漆喰が剥がれてしまうと棟の土台になっている葺き土が露出してしまいます。葺き土に雨水が浸透してしまうと浸透した雨水が建物内部へと浸入してしまいますので雨漏りに繋がりますので早めの対応が必要になります。

台風の影響で棟を固定している銅線が切れています

 棟を固定している銅線が切れている様子です。屋根の頂上部分の棟は台風などの強風や突風の影響を受けやすいので被害に遭いやすい部分になります。台風の影響で銅線が切れてしまうケースも少なくありません。銅線が切れてしまうと、固定している冠瓦やのし瓦が外れてしまい落下してしまいますので早めの対応が必要になります。

台風の影響でのし瓦や鬼瓦がずれてしまいました

 鬼瓦やのし瓦がずれている様子です。のし瓦は1枚欠損している状態でしたので飛散したと考えられます。このままですと、鬼瓦やのし瓦が外れて棟が崩れてしまい滑落する危険性があります。瓦は耐久性に優れていますが、瓦同士が干渉すると衝撃で割れてしまいます。滑落する際に周囲の瓦に干渉して割ってしまうと被害が拡大してしまい雨漏りが発生したりと二次被害に繋がります。

令和元年房総半島台風の影響で被害を受けた瓦屋根

 台風などの自然災害でアンテナが倒れたり、漆喰が剥がれてしまったりと被害を受けた場合は、ご自宅に掛けてある火災保険が適用されます。保険の種類にもよりますが、元の状態に復旧するための費用は保険会社が負担してくれますので工事と併せて申請する事で工事費用が抑えられます。N様も火災保険を申請し、棟取り直し工事と軒瓦、袖瓦のずれ補修工事を行う運びとなり工事費用を抑えることが出来ました。

棟取り直し工事の様子

棟取り直し工事にて既存の棟を解体撤去   棟取り直し工事にて既存の棟を解体撤去

 棟取り直し工事の様子です。棟取り直し工事は先ず、既存の棟を解体する工程から行います。棟を解体する際には、既存の棟に使用されている冠瓦やのし瓦に割れや欠け等の不具合が無いか確認しながら解体していきます。既存のアンテナは使用しておりませんでしたので、撤去致します。

既存の棟を解体したら清掃致します

棟取り直し工事にて既存の棟を解体し撤去致します

 既存の棟を解体し、冠瓦やのし瓦に不具合が無いようでしたら再利用致します。解体した瓦は屋根の下に降ろしてしまうと時間が掛かり作業の効率が悪くなってしまい、工事期間が長くなってしまいますので屋根の上に仮置きしておきます。既存の棟の解体作業が終了いたしましたら、葺き土等の残土を撤去し、必ず清掃してから次の工程に移ります。

新しい棟の土台を造ります

棟取り直し工事にて使用したシルガード   なんばん漆喰のシルガードで棟の土台を造ります

 新しい棟の土台を造る様子です。既存の棟は土台が葺き土でしたが、新しい棟は軽量シルガードを使用し、土台を造ります。軽量シルガードは葺き土が不要で一回で仕上げる事ができます。軽量骨材を使用していますので比重を大幅に低減しています。また、特殊なシリコンと防水剤を配合していますので防水率も低減しています。

棟取り直し工事にてシルガードで棟を形成

 棟の土台を造る際にはシルガードと瓦の破片を積み上げながら棟の土台を造ります。棟の幅を決める為や棟が真っ直ぐになる目安となる水糸を張り下段から積み直していきます。瓦の破片を積むことで漆喰の乾燥を早める効果や強度を保持する効果があります。のし瓦や冠瓦を固定する銅線も仕込んでおきます。

のし瓦を積んでいきます

棟取り直し工事にてのし瓦を積んでいきます   棟取り直し工事にてのし瓦を積む様子

 のし瓦を積む様子です。新しい棟の土台を造りましたらのし瓦を積んでいきます。のし瓦を積む際には、雨水を外側へ流すために片仮名の「ハの字型」になるように積んでいきます。ハの字型にしないと雨水が棟の中心部へと流れてしまうため雨漏りの原因になってしまうからです。また、雨水が入り込まないように継目をずらして積んでいきます。

冠瓦を積みます

棟取り直し工事にて冠瓦を積む様子

 冠瓦を積む様子です。のし瓦を積み終わりましたら、冠瓦をのし瓦の上に積み、予め仕込んでおいた銅線で結んで固定していきます。銅線を結ぶ事により、風に耐えられる強固な棟になります。

工事が完了致しました

軒瓦のずれを修正   台風でずれた袖瓦のずれを修正

 台風の影響によりずれてしまった軒瓦や袖瓦は釘や銅線、コーキング材で固定し直しました。固定し直した事で落下の心配もありません。

令和元年房総半島台風の影響で被害を受けた瓦屋根の棟取り直し工事が完了

 棟取り直し工事の完了の様子です。鬼瓦やのし瓦のずれや漆喰の剥がれも改善されましたので雨漏りや棟が崩れてしまう不安も解消されましたのでお客様に大変満足していただけました。

 私たち街の屋根やさんでは引き続き新型コロナウィルス対策を行っており、必ずマスク着用でお伺いさせていただいております。ソーシャルディスタンスを徹底し、お客様やスタッフの安全管理を徹底致します。

 

このページに関連するコンテンツをご紹介

屋根のメンテナンス・屋根工事・屋根リフォームはなぜ必要?
屋根のメンテナンス・屋根工事・屋根リフォームはなぜ必要?
 健全なお住まいに暮らしている場合、普段から屋根のメンテナンスやリフォームを意識して生活している人はほとんどいないでしょう。 しかし、どんな屋根であってもメンテナンスやリフォームが必要な時期がやってきます。屋根がどんな環境におかれているか想像してみてください。 晴れの日…続きを読む
台風被害に遭う前に屋根とお住まいの対策をしておきましょう
台風被害に遭う前に屋根とお住まいの対策をしておきましょう
 私たちの住んでいる日本は世界的に見ても台風や地震といった自然災害が非常に多い地域です。台風の数で言うと気象庁の発表では2000年以降462(年間平均24)の台風が発生し、58もの台風が日本に上陸しました。年間平均で3、最も多い2004年には10を超える台風が日本に上陸し私たちの生活を脅かしました。…続きを読む
瓦屋根の方へ、漆喰詰め直し・漆喰取直しで長寿命な屋根を目指しましょう
瓦屋根の方へ、漆喰詰め直し・漆喰取直しで長寿命な屋根を目指しましょう
 漆喰の歴史は古く、約5000年前から世界中で使われています。瓦や石材の接着、目地の充填、壁の上塗りなど漆喰は様々な場面に用いられてきました。日本が世界に誇る世界遺産「姫路城」、その白鷺と形容される美しい白壁にも漆喰が用いられています。瓦屋根では瓦の固定や接着に漆喰が用いられています。この漆喰も風雨…続きを読む
台風や地震の後は屋根にのぼらないこと、災害便乗商法に注意すること
台風や地震の後は屋根にのぼらないこと、災害便乗商法に注意すること
 日本全土のほとんどが台風の通り道であり、地震大国でもあるという日本、豊かな気候など温泉やメリットもあるのですが、災害が多いというデメリットもあります。 地震や台風で被災してしまった場合、最も大切なのは二次被害を防ぐということです。二次被害は心掛け次第でゼロにすることができるはず…続きを読む
令和元年台風15号・19号で被災され、屋根工事をお待ちいただいている方へ
令和元年台風15号・19号で被災され、屋根工事をお待ちいただいている方へ
令和2年6月1日更新  現在、台風に関するお問い合わせはだいぶ落ち着いてきており、現地調査や工事着工についても通常通りとなっております。台風による被害がなかったと思っても、時間が経つことで発覚する問題もございます。お住まいのことで気になることがありましたらお気軽にご相談ください。現在の千葉県(木更津…続きを読む
その台風による屋根への被災、予防できたかもしれません
その台風による屋根への被災、予防できたかもしれません
 台風銀座と呼ばれている沖縄・九州・地方・近畿地方南部だけでなく、毎年のようにさまざまな地域に被害をもたらす台風。台風の通過により各地で被害が発生し、毎年多くのお問合せをいただきます。また、台風の通過からかなりの日数が経っているというのに街の屋根…続きを読む

街の屋根やさん本社

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒292-0804
        千葉県木更津市文京5-11-16
        ST×BASE 1F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん本社のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      街の屋根やさんは千葉県以外にも東京都、神奈川県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方の地域の街の屋根さんをお選びください。

      棟瓦取り直し  漆喰取り直しに関連する新着ブログ

      モニエル瓦の雨漏りを調査  市原市若宮にお住いのお客様よりご相談を頂きました。ご相談の内容としましては「数年前に雨漏りが発生したので屋根の修理と塗装を行ったのだが、また雨漏りが発生したので原因を究明 ...続きを読む
      調査の様子  習志野市花咲にて行った瓦屋根の調査の様子をご紹介致します。「屋根の頂上の瓦がずれているように見えるので点検してほしい。」と、お問い合わせをいただき調査にお伺い致しました。私たち街の屋根 ...続きを読む
      調査の様子  千葉市緑区大膳野町にて行った築40年が経過した瓦屋根の調査の様子をご紹介致します。「瓦屋根の漆喰が剥がれているようなので点検してほしい。また、どのようなメンテナンスを行ったら良いか相談 ...続きを読む
      瓦の調査を行いました    千葉市中央区大森町で瓦屋根の調査を行いました。台風以降に屋根の状態を確認されておりまんでしたので今回お問い合わせをいただいております。瓦屋根のに登り確認致しますと軒 ...続きを読む

      棟瓦取り直し  漆喰取り直しに関連する新着施工事例

      船橋市習志野台にて漆喰の剥がれや冠瓦のずれが発生した屋根の棟取り直し工事を実施

      施工内容

      棟瓦取り直し  漆喰取り直し

      使用材料

      軽量なんばん漆喰

      鎌ケ谷市道野辺本町にて瓦の差し替え工事と棟取り直し工事を実施

      施工内容

      瓦屋根工事 棟瓦取り直し  漆喰取り直し

      使用材料

      シルガード

      棟瓦取り直し  漆喰取り直しを行ったお客様の声一覧

      市原市南国分寺台のK様へ棟瓦取り直し工事をご提案させていただきました

      工事前アンケート画像

      Q1.工事を検討したきっかけは何ですか?どんなことで悩まれていましたか?

      訪問してきた方から屋根がおかしいと言われたので

      Q2.弊社をどのように探しましたか?

      インターネット

      Q3.弊社を知りすぐにお問合せをされましたか?もし悩まれたとしたらどんなことがご不安でしたか?

      すぐにしました

      Q4.何が決め手となり弊社にお問合せをされましたか?

      ちかくで工事をしていた事

      Q5.実際に弊社担当者がお伺いしていかがでしたでしょうか?

      丁寧な方でした




      ■お住まいの屋根工事ここがポイント

      屋根工事の種類
      あなたの屋根はどのタイプ?
      選ばれる理由
      お客様にご安心を12のルール
      施工事例
      会社概要

      ■点検・お見積り・ご相談無料!

      ご不明点やご相談など屋根のことなら何でもお問い合わせください。


      点検・お見積り・ご相談無料!お気軽にお問い合わせください!

      お問い合わせ
      FAX番号