本社移転のご案内


詳細はこちらから

長生郡白子町剃金にて防水紙劣化による雨漏りを屋根葺き直し工事で改善

before
瓦屋根の雨漏り
horizontal
after
棟の取り直し工事

お問い合わせのきっかけ

1年前に発生した台風によって瓦が飛散し、雨漏りが発生してしまっているとご相談をいただいたのは長生郡白子町剃金にあるH様邸です。全体的な屋根メンテナンスはご希望されていないため、雨漏りを起こしている原因を特定した上でピンポイントの屋根補修を実施することとなりました。瓦屋根の雨漏りにはいくつか原因がありますので、あわせてご紹介したいと思います。

点検の様子

雨漏り
セメント瓦の経年劣化
1年程前から瓦のズレが見られるようですが一度補修は行ったようです。しかしその後雨漏りが発生したことで補修方法が悪かったのか、その時点から既に雨漏りを発生させていたのか、どこまで補修を行わなければならないのか?と不安が大きくなってしまったようです。以前飛散した瓦の部分は元の位置に戻され、更にシーリング材でずれないように固定されていました。瓦の重なり部分の隙間を完全に塞ぐほどシーリング材が施工されているため瓦の内部が確認できませんでしたが、これほどまで行わないにしてもシーリング材で浮きやズレを防ぐラバーロック工法は、瓦を剥がすことが出来なくなってしまいます。
苔の付着
コーキング材の打設跡
今回屋根に使用されているのは塗装メンテナンスが必要なセメント瓦ですが、塗膜が劣化したため吸水し苔やカビの付着が著しく目立ち、表面が苔で覆われている事で屋根材本体の劣化が全く分かりません。苔自体が劣化を引き起こすわけではありませんが、苔は雨水の流れを滞留させ、更に吸水と繁殖を繰り返します。塗膜に保護されていないセメント瓦は更に劣化が進行してしまう為、雨漏り改善後に塗装メンテナンスを検討していきましょう。棟瓦を見ると棟の並びよりも外側に漆喰とシーリング材が施工されていました。実はこのような施工が雨漏りを引き起こす原因にもなります。通常雨が降ると棟の外側を伝い平瓦にスムーズに流れていきますが、漆喰やシーリング材が瓦よりも外側に施工している事によって雨水をせき止め、棟の内部に雨水を浸入させてしまう恐れがあります。
ラバーロック工法
ベランダの撤去
外壁との取り合い部分にもシーリング材で隙間を埋めていることによって、雨水をせき止めている可能性があります。シーリング材は雨水を通さないため、確実な雨漏り対策として考えられる方もいらっしゃいますが、屋根からの雨漏りを防いでいるのは屋根材の直下に葺かれている防水紙ですので、シーリング材での過剰な施工をしてかえって雨漏りを引き起こさないようご注意ください。
瓦屋根からの雨漏りは防水紙の劣化が原因ですので、中途半端な補修工事では改善しません。そこで今回は棟の取り直し工事と防水紙の葺き直し工事をご提案致しました。屋根葺き直し工事では瓦を一度剥がす必要がありますので、屋根に取り付けられたベランダ等はお住まいの状況によって取り外す必要がございます。その場合取り外しと組み立て直しが必要ですので、雨漏り補修工事とは別に費用がかかります。雨漏りを起こしてしまった、補修をご検討中の方はお気軽にご相談ください。点検・お見積りは無料にて承っております。

棟の取り直し工事

棟瓦の撤去
既存粘土の撤去
屋根の葺き直し工事です。まずは平瓦の固定も行っている棟の解体を行っていきます。瓦屋根は全体の重量が非常に重たいのですが、瓦だけでなく粘土を積むこの「湿式工法」が更に重たく仕上げている原因です。現在はアルミシートと透湿シートが一体になったシートを棟に取り付けることで雨漏りを防ぐ「乾式工法」も採用されています。まだまだ湿式工法が多いのですが、いずれは乾式工法が一般的になるかもしれませんね。今回は既存の状態と同じく湿式工法で補修を行いました。
棟の撤去
防水紙の経年劣化
棟を取り外してから平瓦を剥がしていきます。瓦は引っ掛ける為の桟木が下地に取り付けられています。桟木に引っ掛けて葺く前は土葺きを行い調湿を行っていたようですので、防水紙と桟木での工法も乾式工法になります。桟木には木材が使用されていることが多い為、もちろん防水紙同様劣化してしまいます。桟木を固定する釘は防水紙を突き破っていますので、メンテナンスフリーと言われる瓦でも定期的なメンテナンスが必要になります。
防水紙と桟木
棟積み直し
新たな防水紙と桟木を取り付け直し、元通りに瓦を葺き直していきます。今回棟の積み直しには粘土ではなく、南蛮漆喰を詰めていきます。南蛮漆喰とは本来の漆喰にシリコン等の防水材を混合させることで雨水に強く、屋根の補修に多く使用されます。黒色と白色がありますが、黒色の方が安価で施工後徐々に白っぽく色が変化し、本来の漆喰のような仕上がりになります。
棟の取り直し工事
棟の積み直し工事
のし瓦と呼ばれる短冊状の瓦を積み、最後に冠瓦をかぶせ棟の積み直し工事は完了です。棟は漆喰の剥がれや少しのズレが生じることで雨漏りを引き起こしてしまいます。地震の多い日本では崩れることもありますので、必ず定期的な並び修正を行っていきましょう。セメント瓦は瓦補修に加え屋根塗装工事が必要ですので、イニシャルコストは少し安いのですが陶器瓦と較べてメンテナンスコストが掛かってしまいます。しかししっかりとメンテナンスを行っていれば決して耐久性の低い屋根材ではありませんので、寿命を迎えるまで丁寧に取り扱ってあげましょう。
銅線の締め直し
瓦の差し替え
棟は内部に取り付けられた銅線で囲い固定しています。銅線は今回のような囲い止めと外部に露出しない中止めがありますが、どちらでも施工上は問題ありません。銅線も経年により緩みや切れが生じますので、チェックを心がけましょう。ラバーロック工法で留められていた瓦は再利用が出来ないことが多い為、同形状の瓦で差し替えを行いました。セメント瓦は既に廃盤になっていますので部分補修が難しく、全体葺き替えを余儀なくされることも少なくありません。今回のような部分補修・差し替えが可能かどうかは、瓦のサイズ・形状によって異なりますので一度ご相談ください。

工事を終えて

漆喰の再施工
防水紙の耐用年数は約20年、漆喰は10年程度からひび割れや剥がれを起こし始めます。塗装も必要なく高い耐久性を維持する瓦屋根ですが、他の屋根材同様定期的なメンテナンスは必要です。築10~15年で漆喰補修、20年で棟の取り直し工事や葺き直し工事を検討していきましょう。また誤った施工を行ってしまうとかえって雨漏りを引き起こしていますので、瓦屋根に熟知した専門業者へ補修を依頼しましょう。一度しっかりと補修を行えば雨漏りを起こさない屋根に仕上げる事が出来ますので、雨漏りの原因を特定し根本からの改善を図りましょう。

街の屋根やさん本社

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒299-0261
        千葉県袖ヶ浦市福王台2-21-10 セントラルビル1F
    1. 街の屋根やさん千葉中央店

      1. 電話 0120-990-366
        株式会社シェアテック
        1. 〒261-8501
          千葉県千葉市美浜区中瀬1-3幕張テクノガーデンCB棟3階MBP設立準備室
      1. お問い合わせはこちらから

         街の屋根やさんは千葉県以外にも東京都、神奈川県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方の地域の街の屋根さんをお選びください。

        屋根工事なら街の屋根やさんポータル

        その他の地域の方はこちら



        ■お住まいの屋根工事ここがポイント

        ■点検・お見積り・ご相談無料!

        ご不明点やご相談など屋根のことなら何でもお問い合わせください。


        点検・お見積り・ご相談無料!お気軽にお問い合わせください!