長生郡白子町剃金にて防水紙劣化による雨漏りを屋根葺き直し工事で改善

千葉の『街の屋根やさん』は千葉 市原 袖ヶ浦 木更津 君津を中心に 千葉県全域で屋根工事や屋根リフォーム、軽微な屋根の修理、屋根の塗り替え(屋根塗装)、古くなった屋根の葺き替え工事(屋根葺き替え)をおこなっています。

あなたの街の屋根工事 屋根塗装 屋根リフォーム 屋根のトラブルおまかせ下さい!

千葉県全域 あなたの街の屋根工事 屋根塗装 屋根リフォーム あなたの大切なお住まい、定期的にメンテナンスしてあげていますか? 高品質なサービスを、よりリーズナブルに「お客様にとって一番のおつきあい」 私たちはそんな街の屋根やさんです

株式会社シェアテック
〒292-0804 千葉県木更津市文京5-11-16 ST×BASE
TEL :0120-989-936 FAX :0438-38-3310
E-mail : info@sharetech.co.jp

お客様のインタビュー動画

屋根葺き替え工事をご依頼いただいた長生郡白子町のお客様より、竣工後の感想を伺いました。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん千葉 施工事例
街の屋根やさん千葉 お客様に聞いた「街の屋根やさんを選んだ理由」
2021年01月16 日更新 本日の現場ブログ
屋根工事のご依頼・ご相談が初めての方へ
オンラインにて屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
雨漏りにお困りの方、お任せ下さい
屋根を軽くして耐震対策 地震に強い屋根
屋根の台風対策 強風と豪雨にご注意を!
散水検査
お客様の声その壱 お客様の声その弐 お客様の声その参
お客様の声の動画ページに移動
お客様の声を動画でご紹介
Company Profile
街の屋根やさんのご紹介
街の屋根やさんとは?
街の屋根やさんが選ばれる6つの理由
街の屋根やさん10のルール
街の屋根やさん、専門スタッフのご紹介
不安ゼロ宣言
マイスター制度
充実の長期保証
The kind of roofing work
屋根工事の種類
葺き替え工事のご案内葺き替え工事
屋根カバー工法のご案内カバー工法
屋根・外壁塗装工事のご案内屋根・外壁
塗装工事
棟板金工事のご案内板金工事
漆喰工事のご案内漆喰工事
雨樋工事のご案内雨樋工事
防水工事のご案内防水工事
屋根葺き直し
瓦工事
破風・鼻隠し・ケラバの補修
不具合は雨漏りに繋がる!ケラバの修理方法をご紹介
軒天の雨染みと
剥がれは見逃し厳禁
庇の役割とメンテナンス方法
シーリングやコーキングの種類と使用法
意外と多い笠木が原因のベランダからの雨漏り
雨漏りにも強い立平葺き
雨樋の詰まりに落ち葉除けネットがお薦め
ポリカ波板屋根と防水工事でベランダをより強く
快適生活をサポートする
換気棟
屋根リフォームで夏の暑さ対策
落雪被害を防ぐ雪止め設置
タスペーサーの重要性
ウレタン防水が選ばれる理由とメンテナンス方法
シート防水が施工された屋上のメンテナンス方法
FRP防水が最強である理由
雨漏りの原因となりやすいパラペットのメンテナンス
セメント瓦・モニエル瓦
最適なメンテナンス方法
大波・小波スレートの最適なメンテナンス方法
複雑な形状の屋根の面積
係数を使って簡単算出
屋根の形
屋根の最も重要な部分
野地板のメンテナンス
工場や倉庫のメンテナンス
アパート・マンション、ビル
のメンテナンス
別荘のメンテナンス
様々な屋根の面積の求め方
天窓のお困り事・お悩み事
カーポートを自己負担なしで建て直せる条件・費用
RC造からの雨漏りを防ぐ適切なメンテナンス方法
屋根工事を必要している方、屋根のことでお悩みの方へ
お住まい、屋根のメンテナンスサイクル完全版
各種屋根工事の料金プラン屋根工事の料金について
弊社のご案内弊社のご案内
屋根の資料請求はコチラ 屋根やさん対応エリア

千葉県の市原市・袖ヶ浦市・木更津市・君津市を中心に千葉県全域が対応エリアとなっております。
その他の地域の方もお気軽にご相談下さい!

  • 一般リフォーム
  • 屋根リフォーム
  • 屋根工事
  • 屋根修理
  • 屋根塗装
  • 屋根葺き替え
  • カバー工法
  • 漆喰(しっくい)工事
  • 雨樋(あまどい)工事
  • 雨漏り修理
  • 雨漏り工事

屋根リフォームのことなら、どんなことでもご遠慮なくお問い合わせ下さい。

屋根の資料請求はコチラ 屋根やさん施工実績

 下に挙げたものは、1999年5月~2020年3月までに街の屋根やさんが直接施工した件数と地域です。小規模な屋根修理から大規模な屋根の葺き替え、一般のお住まいだけでなく大きな工場等の建築物の屋根にも幅広く対応しております。
最近の屋根工事事例やお客様の声は右側の各種メニューからご覧ください。

東葛飾エリア
市川・・195
松戸・・189
習志野・・140
流山・・94
鎌ヶ谷・・175
船橋・・340
野田・・83
柏・・94
我孫子・・80
浦安・・175

北総エリア
銚子・・72
佐倉・・143
四街道・・116
印西・・109
富里・・187
香取・・116
成田・・265
旭・・141
八街・・365
白井・・174
匝瑳・・107
印旛郡酒々井町・・91
印旛郡印旛村・・13
印旛郡本埜町・・14
印旛郡栄町・・30
香取郡神崎町・・27
香取郡多古町・・34
香取郡東庄町・・16

千葉エリア
千葉市中央区・・244
千葉市稲毛区・・170
千葉市緑区・・206
千葉市花見川区・・179
千葉市若葉区・・165
千葉市美浜区・・116
八千代市・・160
市原市・・670

九十九里エリア
茂原市・・147
勝浦市・・44
いすみ市・・100
東金市・・134
山武市・・90
山武郡大網白里町・・33
山武郡九十九里町・・67
山武郡芝山町・・24
山武郡横芝光町・・41
長生郡一宮町・・45
長生郡睦沢町・・13
長生郡長生村・・39
長生郡白子町・・48
長生郡長柄町・・21
長生郡長南町・・11
夷隅郡大多喜町・・19
夷隅郡御宿町・・17

南房総エリア
袖ケ浦・・221
木更津・・437
君津・・285
富津・・118
南房総・・63
安房郡鋸南町・・40
館山・・57
鴨川・・28

ご連絡先はこちらです ご連絡先はこちら

株式会社シェアテック
千葉県木更津市文京5-11-16 ST×BASE
TEL : 0438-38-3373
FAX : 0438-38-3310
E-mail : info@sharetech.co.jp

街の屋根やさん千葉

長生郡白子町剃金にて防水紙劣化による雨漏りを屋根葺き直し工事で改善


担当:白石



担当:白石

beforeafter
before
瓦屋根の雨漏り
horizontal
after
棟の取り直し工事
headlinesheadline

お問い合わせのきっかけ

texts
1年前に発生した台風によって瓦が飛散し、雨漏りが発生してしまっているとご相談をいただいたのは長生郡白子町剃金にあるH様邸です。全体的な屋根メンテナンスはご希望されていないため、雨漏りを起こしている原因を特定した上でピンポイントの屋根補修を実施することとなりました。瓦屋根の雨漏りにはいくつか原因がありますので、あわせてご紹介したいと思います。
headlinesheadline

点検の様子

columns
雨漏り
セメント瓦の経年劣化
texts
1年程前から瓦のズレが見られるようですが一度補修は行ったようです。しかしその後雨漏りが発生したことで補修方法が悪かったのか、その時点から既に雨漏りを発生させていたのか、どこまで補修を行わなければならないのか?と不安が大きくなってしまったようです。以前飛散した瓦の部分は元の位置に戻され、更にシーリング材でずれないように固定されていました。瓦の重なり部分の隙間を完全に塞ぐほどシーリング材が施工されているため瓦の内部が確認できませんでしたが、これほどまで行わないにしてもシーリング材で浮きやズレを防ぐラバーロック工法は、瓦を剥がすことが出来なくなってしまいます。
columns
苔の付着
コーキング材の打設跡
texts
今回屋根に使用されているのは塗装メンテナンスが必要なセメント瓦ですが、塗膜が劣化したため吸水し苔やカビの付着が著しく目立ち、表面が苔で覆われている事で屋根材本体の劣化が全く分かりません。苔自体が劣化を引き起こすわけではありませんが、苔は雨水の流れを滞留させ、更に吸水と繁殖を繰り返します。塗膜に保護されていないセメント瓦は更に劣化が進行してしまう為、雨漏り改善後に塗装メンテナンスを検討していきましょう。棟瓦を見ると棟の並びよりも外側に漆喰とシーリング材が施工されていました。実はこのような施工が雨漏りを引き起こす原因にもなります。通常雨が降ると棟の外側を伝い平瓦にスムーズに流れていきますが、漆喰やシーリング材が瓦よりも外側に施工している事によって雨水をせき止め、棟の内部に雨水を浸入させてしまう恐れがあります。
columns
ラバーロック工法
ベランダの撤去
texts
外壁との取り合い部分にもシーリング材で隙間を埋めていることによって、雨水をせき止めている可能性があります。シーリング材は雨水を通さないため、確実な雨漏り対策として考えられる方もいらっしゃいますが、屋根からの雨漏りを防いでいるのは屋根材の直下に葺かれている防水紙ですので、シーリング材での過剰な施工をしてかえって雨漏りを引き起こさないようご注意ください。
headlinesbyline texts
瓦屋根からの雨漏りは防水紙の劣化が原因ですので、中途半端な補修工事では改善しません。そこで今回は棟の取り直し工事と防水紙の葺き直し工事をご提案致しました。屋根葺き直し工事では瓦を一度剥がす必要がありますので、屋根に取り付けられたベランダ等はお住まいの状況によって取り外す必要がございます。その場合取り外しと組み立て直しが必要ですので、雨漏り補修工事とは別に費用がかかります。雨漏りを起こしてしまった、補修をご検討中の方はお気軽にご相談ください。点検・お見積りは無料にて承っております。
headlinesheadline

棟の取り直し工事

columns
棟瓦の撤去
既存粘土の撤去
texts
屋根の葺き直し工事です。まずは平瓦の固定も行っている棟の解体を行っていきます。瓦屋根は全体の重量が非常に重たいのですが、瓦だけでなく粘土を積むこの「湿式工法」が更に重たく仕上げている原因です。現在はアルミシートと透湿シートが一体になったシートを棟に取り付けることで雨漏りを防ぐ「乾式工法」も採用されています。まだまだ湿式工法が多いのですが、いずれは乾式工法が一般的になるかもしれませんね。今回は既存の状態と同じく湿式工法で補修を行いました。
columns
棟の撤去
防水紙の経年劣化
texts
棟を取り外してから平瓦を剥がしていきます。瓦は引っ掛ける為の桟木が下地に取り付けられています。桟木に引っ掛けて葺く前は土葺きを行い調湿を行っていたようですので、防水紙と桟木での工法も乾式工法になります。桟木には木材が使用されていることが多い為、もちろん防水紙同様劣化してしまいます。桟木を固定する釘は防水紙を突き破っていますので、メンテナンスフリーと言われる瓦でも定期的なメンテナンスが必要になります。
columns
防水紙と桟木
棟積み直し
texts
新たな防水紙と桟木を取り付け直し、元通りに瓦を葺き直していきます。今回棟の積み直しには粘土ではなく、南蛮漆喰を詰めていきます。南蛮漆喰とは本来の漆喰にシリコン等の防水材を混合させることで雨水に強く、屋根の補修に多く使用されます。黒色と白色がありますが、黒色の方が安価で施工後徐々に白っぽく色が変化し、本来の漆喰のような仕上がりになります。
columns
棟の取り直し工事
棟の積み直し工事
texts
のし瓦と呼ばれる短冊状の瓦を積み、最後に冠瓦をかぶせ棟の積み直し工事は完了です。棟は漆喰の剥がれや少しのズレが生じることで雨漏りを引き起こしてしまいます。地震の多い日本では崩れることもありますので、必ず定期的な並び修正を行っていきましょう。セメント瓦は瓦補修に加え屋根塗装工事が必要ですので、イニシャルコストは少し安いのですが陶器瓦と較べてメンテナンスコストが掛かってしまいます。しかししっかりとメンテナンスを行っていれば決して耐久性の低い屋根材ではありませんので、寿命を迎えるまで丁寧に取り扱ってあげましょう。
columns
銅線の締め直し
瓦の差し替え
texts
棟は内部に取り付けられた銅線で囲い固定しています。銅線は今回のような囲い止めと外部に露出しない中止めがありますが、どちらでも施工上は問題ありません。銅線も経年により緩みや切れが生じますので、チェックを心がけましょう。ラバーロック工法で留められていた瓦は再利用が出来ないことが多い為、同形状の瓦で差し替えを行いました。セメント瓦は既に廃盤になっていますので部分補修が難しく、全体葺き替えを余儀なくされることも少なくありません。今回のような部分補修・差し替えが可能かどうかは、瓦のサイズ・形状によって異なりますので一度ご相談ください。
headlinesstrapline

工事を終えて

columns
漆喰の再施工
防水紙の耐用年数は約20年、漆喰は10年程度からひび割れや剥がれを起こし始めます。塗装も必要なく高い耐久性を維持する瓦屋根ですが、他の屋根材同様定期的なメンテナンスは必要です。築10~15年で漆喰補修、20年で棟の取り直し工事や葺き直し工事を検討していきましょう。また誤った施工を行ってしまうとかえって雨漏りを引き起こしていますので、瓦屋根に熟知した専門業者へ補修を依頼しましょう。一度しっかりと補修を行えば雨漏りを起こさない屋根に仕上げる事が出来ますので、雨漏りの原因を特定し根本からの改善を図りましょう。

このページに関連するコンテンツをご紹介

これまでの瓦を再利用!瓦屋根葺き直しの2つのメリット・デメリット
これまでの瓦を再利用!瓦屋根葺き直しの2つのメリット・デメリット
これまでの瓦を再利用して屋根を葺き替えるから地球に優しい 一旦、屋根材(瓦・天然スレート)を取り外し、防水紙や野地板を交換・補修してから、これまでの屋根材を再利用して屋根を葺き直す工事です。既存の屋根材を新しい屋根材に交換する屋根葺き替えと似ていますが、これまでの屋根材を再利用するところが大きく違い…続きを読む

街の屋根やさん本社

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒292-0804
        千葉県木更津市文京5-11-16
        ST×BASE 1F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん本社のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      街の屋根やさんは千葉県以外にも東京都、神奈川県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方の地域の街の屋根さんをお選びください。

      に関連する新着ブログ

      経年劣化による屋根の傷みについてご相談  今回は佐倉市中志津にお住いのお客様よりご相談を頂きました。ご相談の内容としましては「しばらく屋根をメンテナンスしていないので屋根の状況を調査して頂きたい。ま ...続きを読む
       いつ何時発生するのか分からない自然災害によって、建物が被害に遭われてしまうこともありますよね。匝瑳市栢田にお住まいのお客様は自然災害により、倉庫の屋根が破損してしまったようです。  火災保険を適用 ...続きを読む
      瓦の状況についてのご相談 今回は佐倉市宮前にお住いのお客様よりご相談を頂きました。ご相談の内容としましては「現在、特に雨漏りなどで困っているわけではないが瓦屋根をメンテナンスしていないので状況を見て ...続きを読む
      調査の様子  千葉市緑区にて行ったコロニアル屋根の調査の様子をご紹介致します。「屋根に苔が生えて汚れてきたので点検してほしい。」と、お問い合わせをいただきました。私たち街の屋根やさんでは引き続き新型 ...続きを読む

      に関連する新着施工事例

      千葉市若葉区にて令和元年房総半島台風の影響で棟瓦が外れて落下、棟取り直し工事を実施

      施工内容

      瓦屋根工事 棟瓦取り直し  漆喰取り直し

      使用材料

      なんばん漆喰

      を行ったお客様の声一覧

      南房総市にて瓦屋根の調査を実施、A様のアンケート

      工事後アンケート画像

      Q1.当初、工事を依頼する会社にどんなことを期待されていましたか?

      屋根工事をしっかり行える。

      Q2.弊社にご依頼いただく際に他社と比較しました方はどこの会社と比較しましたか?

      比較はしていない

      Q3.弊社に工事をご依頼いただいた決め手は何ですか?

      貴社ホームページ

      Q4.工事が終わってみていかがですか?良かった事・嬉しかったことを忌憚なく頂戴出来ましたら幸いです。

      納期が半年以上と長かったのでほっとしている。

      Q5.街の屋根やさんを他の方に紹介するとしたらなんと紹介しますか?

      屋根の確かな専門でした




      ■お住まいの屋根工事ここがポイント

      屋根工事の種類
      あなたの屋根はどのタイプ?
      選ばれる理由
      お客様にご安心を12のルール
      施工事例
      会社概要

      ■点検・お見積り・ご相談無料!

      ご不明点やご相談など屋根のことなら何でもお問い合わせください。


      点検・お見積り・ご相談無料!お気軽にお問い合わせください!

      お問い合わせ
      FAX番号